今井姉弟とバンド物語   作:ドレガイザードファブニル

43 / 98
皆さんどーもこんにちは(  ̄ー ̄)ノ
今日でようやく冬期講習も終わるしこれからはもう部活もないし始業式まで学校行かなくて良いことに内心フィーバー状態のドレガイザードファブニルです
本日はいよいよ本編の最終回!
いやーまさか5ヶ月で完結するとはなー
今回は前回も言った通り舞台は数十年後です
あ、数十年後っていっても10年、20年後くらいですからね

それじゃあ本編へレッツゴー


今井紫閻と愛する人

俺「ただいまー」

彩「お帰り!紫閻くん!!」

俺「お、彩ただいま」

彩「お仕事お疲れ様」

俺「彩もね」

 

・・・ん?あ、居たのか読者諸君

えーっと君達からすると

「おい何で彩ちゃんがいるんだよ」ってなってることだろう

じゃあここ数年(数十年?)で俺の生活の中で変わったことを教えてやろう

1つ目は彩と同棲したこと…かな

まぁ過程を言うと長くなっちまうから勝手に想像しといてくれ

2つ目はパスパレが解散したことだな

これは事務所からの方針でこの間のパスパレ結成10周年のときに解散したんだ

たしかイヴはモデル、彩はアイドル、千聖s…

 

「さんはいらないんじゃないかしら?」

 

・・・あれ?今なんか聞こえた気が…

ま、良いか話を戻そう

千聖は女優、日菜さんは…えーっと…あ!そうだ確かソロギタリスト、まーちゃんは…機材の知識を買われていろんな音楽雑誌に載るようになってたんだ

まだまだ出すとキリがねぇからこんくらいにしといてやる

ちなみになぜ数十年も経ってるのに同棲止まりなのか?

それは…お互いが忙しすぎて婚姻届出す暇がなくってな…

 

俺「あ、そうだ彩」

彩「ん?どうかしたの?」

俺「今日久しぶりに外食でも行かねぇか?」

彩「良いの!?」

俺「あぁ」

彩「それじゃ着替えるから待っててね」

俺「おう、俺も着替えなきゃだし」

 

 

 

 

 

~数十分後~

彩「お待たせ~!」

俺「良いよ、それじゃ行くか」

彩「うん!楽しみだな~」

俺「随分嬉しそうだね」

彩「久しぶりに君とお出かけするんだもん!今まではお互い忙しくってどこにも行けなかったからさ…」

俺「まぁな」

 

あ、言い忘れたが俺はあれから彩のマネージャーになったんだー

だからお互い忙しくってな…っと話をしてる間にどうやら着いたようだな

 

俺「よし着いたぞ」

彩「ここって…」

俺「そ、彩が昔バイトしてたファーストフード店だよ」

彩「懐かし~!」

俺「ま、とにかく入ろうか」

彩「うん!!」

 

 

 

 

 

俺「えーっと…俺は…このハンバーグ定食にしようかな」

彩「じゃあ私もそれにする!」

俺「オッケー、すいませーんお願いしまーす」

???「はいただいま」

彩「あ!花音ちゃんだ!!」

花「え?・・・あ!誰かと思えば彩ちゃんと紫閻くん!!いらっしゃい」

彩「久しぶり!花音ちゃん!!」

花「うん久しぶりだね・・・あ、ご注文お伺いします」

俺「ハンバーグ定食2つで」

花「畏まりました、以上でよろしいですか」

彩「うん!」

花「それじゃあごゆっくりお過ごしください」タッタッタ

彩「それにしてもさ…」

俺「?どした?」

彩「今日はどうしたの?突然外食行こうなんて誘って…」

俺「あぁ、それはね…」ガサゴソ

彩「?」

俺「普段の感謝とこれ渡したくて…」

彩「何々!?開けて良いの!?」

俺「あぁ」

彩「それじゃあ開けるね…わぁ~!!綺麗な指輪~!」

俺「誕生日おめでと、彩」

彩「覚えててくれたんだ!」

俺「あぁ、これからもよろしくね」

彩「うん!こちらこそ!早速付けて良い!?」

俺「あぁ」

彩「ホントに綺麗だな~、でも高かったんじゃない?ホントに良いの?」

俺「おう、彩の喜ぶ顔見れたから」

彩「ありがとう!大好きだよ!!紫閻くん」

俺「俺もだよ、彩」




はい、無事にハッピーエンドです
それじゃあこれから番外編もやってくのでこれからもよろしくお願いします
じゃ感想やリクエスト、活動報告の返信待ってますね

今度オリジナル回を作るとしたら…

  • 紫閻くんとリサ姉のイチャイチャ回
  • 紫閻くんと彩ちゃんのイチャイチャ回
  • その他

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。