今井姉弟とバンド物語   作:ドレガイザードファブニル

45 / 320
皆さんどーもこんにちは(  ̄ー ̄)ノ
本日3回目の更新でそのうちネタギレなるんじゃないか不安になってるドレガイザードファブニルです
前回出したアンケート思ったよりもパスパレ派が多いんですね
あ、今回からしばらくの間はテニスを紫閻くん達(←ここ重要)がします
ちなみに舞台は第4章で紫閻くんと紗夜さんが苦労人限定の会を開いたときありましたよね?
その翌日です

では本編へレッツゴー


今井紫閻とテレビ出演

・・・ん?ふぁ~(/0 ̄)おはよう読者諸君

 

リ「おはよ!紫閻!!」

俺「ちょっと待て何であんたの声が直ぐ聞こえるんだよ」

リ「え、何でって昨日紫閻が寝てる間にこっそり侵入したからだよ?」

俺「それさヤベーこと言ってる自覚ある?何まるで当たり前みたいに言ってるんだよ」

リ「え、嫌だったの?」

俺「うん、凄く」

リ「酷い!?」

俺「全く…」プルルルルルルルルプルルルルルルルル

リ「紫閻?電話だよ?」

俺「あ、ホントだ、もしもーし」

『おはようございます、紫閻さん』

俺「その声は阿部さん!てっきり彩かまーちゃんのどっちかかと思って切る準備してましたよ」

『それは…何か可哀想なのでやめてあげてください』

俺「あはは…ところで阿部さんから連絡が来るってめっちゃ珍しいんですけど何か大事な話でもあるんですか?」

『あ、はい実はですね…』

俺「はい」

『灼熱の体育会TVという番組をご存知ですか?』

俺「あー、あの土曜日の夜にやってるあの?」

『はい、その体育会TVです』

俺「その体育会TVがどうしました?」

『実は今度スポーツの秋企画ということでパスパレのメンバーがテニスに挑戦することになったんですよ』

俺「ハァ」

『それでその教える方を探していてあなたにお願いしようかと思いまして』

俺「へ?何で俺に?」

『こちらで調べたところ中学校の頃から今までテニス部に所属してるようですね』

俺「はい」

『あなたにお願いすればパスパレの皆さんにとっては1番身近でこちらはテニス部の方にお願いできるのでパスパレの皆さんにとっても我々にとってもwin-winなので』

俺「分かりました」

『本当ですか!?』

俺「ただもう1人ペアとして誰か呼んで良いですか?お手本を見せるにしても2人いないと無理なので…」

『分かりました、誰を選ぶかはおまかせします』

俺「ありがとうございます」

『じゃあその方と一緒に来週の日曜日に事務所の方に来てください時間は朝11時に…ということで』

俺「了解しました」

『それでは楽しみにしていますね』

俺「はい、失礼しまーす」プツン

リ「誰からだったの?敬語で話してたみたいだけど…」

俺「ん?阿部さんからだった」

リ「あー、紫閻をスカウトしたあの人か~」

俺「うん」

リ「何だって?」

俺「体育会TVに出てくれないか、だって」

リ「嘘!?何で!?」

俺「何かスポーツの秋企画でパスパレがテニスに挑戦する企画やるんだってさそれでコーチとして出てほしいんだって」

リ「良いなー!あたしも出たいなー!」

俺「それでもう1人連れてっても良いですかって聞いたの」

リ「え、それってあたし?」

俺「まさか、秀人でも連れてこうかと」

リ「えー!?あたしじゃないの!?」

俺「当たり前だろ」

リ「じゃあ「良いよ」って言うまでお姉ちゃん今日ここから動かない」

俺「は?出てって」

リ「いーやー!お姉ちゃんここから動かない!」

俺「あんた何歳(いくつ)だよ…」

リ「まだピチピチの女子高生だよ!!」

俺「(!そうだ良いこと思いついた)分かった連れてくから出てってよ」

リ「良いの!?」

俺「あぁ」ニヤリ

リ「ねぇ何でそんなほくそ笑むような笑い方してるの?」

俺「気のせい気のせい」

 

 

~パスパレside~

阿「というわけで来週の日曜日には再来週の土曜日に放送する体育会TVのスポーツの秋企画の撮影があります」

千「ちなみに何をやるんですか?」

阿「テニスです、皆さんと同じ高校生のテニス部の方が教えてくださいます」

彩「テニスか~、そういえばさひまりちゃんもテニス部だな~」

日「リサちーが来るのかな?」

イ「ミサキさんかもしれません!」

千「何れにせよ頑張らなきゃね」

『うん!』




それじゃ次回もテニス回です
「やったことあるよ!」って人は紫閻くん側、「テニスか~やったことないな~」って人はパスパレ側の気持ちになって読んでくださいね
では感想やリクエスト、活動報告の返信待ってます

今度オリジナル回を作るとしたら…

  • 紫閻くんとリサ姉のイチャイチャ回
  • 紫閻くんと彩ちゃんのイチャイチャ回
  • その他

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。