仮面ライダージオウ 〜この素晴らしい王者に祝福を!〜   作:ハトラル変化

1 / 2
ブレスオブザワイルドの方も同時にやっていますが、こちらも投稿したくなったので出しました。
しばらくはこちらがメインになります。

こう言った形で、私個人の気まぐれにより作品の投稿頻度の変動や新規投稿をする可能性がありますので、それでも大丈夫という方は、私の駄文をお楽しみ下さい。


かわたれ時の空

「流石だ、我が魔王。……世界は救われた」

 

 静寂。

 人々の叫びは静まり、人々の涙は止まり、人々の嘆きは収まる。

 まるで、さっきまでの世界終焉の如き光景が、悪い夢だったかの様に。

 そこには、ただ2人。

 魔王として誕生した(オレ)と、そんな私を前に地に膝を付く、黒い外套に身を包んだ家臣の姿のみあった。

 

「改めて忠誠を誓おう。君はこの世界に君臨する……未来永劫に渡って」

 

 この世界の歴史を……ライダーの歴史を奪い、王として己の世界に君臨しようとしたスウォルツを俺が倒した事で、この世界の終焉は免れ、俺は最低最悪の魔王(オーマジオウ)としてこの世界に君臨する事となる。

 俺は、最高最善の魔王になりたかったのにな……。

 今にも、涙が出てきそうだ。

 ゲイツが死に、ツクヨミも消え、俺のせいでこの世界も……。

 

 しかし……、

 

「…………そうはならないよ」

「……何故だい? 最強王者になったというのに……」

 

 いや、だからこそ……

 

 

 

「……この時空を、私が破壊するから……」

「……え?」

 

 

 ————それが、お前のお前の選択か————

 

 ふと、どこからかそんな声が聞こえた。

 その声は、俺が変えようと必死に抗った未来。

 ゲイツ達が恨んだ、最悪の未来。

 かつて、最低最悪の魔王と称された、時の王者(未来のオレ)

 

 気がつくと、俺の目の前には玉座に座した時の王者が居た。

 

「王として、君臨する資格があるのだぞ? お前が、世界を救った」

 

「……違うよ」

 

 世界を救ったのは……

 ゲイツ達や……

 ツクヨミや……

 

 ライダー達みんなの力だ。

 

 

 ふと、おじさんやゲイツ達との思い出が、走馬灯のように脳裏に浮かぶ。

 一緒に朝食を食べて……

 時々ゲイツと喧嘩して……

 それをツクヨミとおじさんが止めて……

 

 

「……みんなのいない世界で……」

 

 

 おじさん……

 ウォズ……

 ツクヨミ……

 ゲイツ……

 

 

「……俺一人が王様になったって仕方ない……」

 

「覇道より……王道を取るか」

「ただ破壊するだけ?」

「創造の前に、破壊が必要だからな」

「だよね」

 

 ならば、俺の王道は一つ。

 

「……じゃあやり直(創造)させてもらう。世界を……作り直す」

 

「二度と……王にはなれんぞ?」

 

 なれるよ。

 

 

「なんか、いける気がする」

 

 

 時が、無機質に刻む音がする。

 

「……時計の針はさ、未来にしか進まない。グルっと一周して、元に戻った様に見えても……一秒先(みらい)に進んでるんだ」

「……フフフフハハハハハ! 面白かったぞ、自分(お前)に会えて」

 

「若き日の、私よ……」

 

 

 

 

 俺は両腕を組み、世界を破壊する。

 

 時流が乱雑し、

 空が割れ歪み、

 宇宙が……あらゆる概念が、形を無くして溶けていく。

 

 全てが混ざる。

 全てが分かれる。

 

 

 

 俺とウォズは、カタチの無い眩い奔流に飲まれていく……。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。