世界最強の闇夜、魔王たちと共に   作:R0

2 / 11
異世界召喚

両手で顔を庇い、目をギュッと閉じていたハジメは、ざわざわと騒ぐ無数の気配を感じてゆっくりと目を開いた。そして、周囲を呆然と見渡した。

 

まず目に飛び込んできたのは巨大な壁画だった。縦横十メートルはありそうなその壁画には、後光を背負い長い金髪を靡かせうっすらと微笑む中性的な顔立ちの人物が描かれていた。背景には草原や湖、山々が描かれ、それらを包み込むかのように、その人物は両手を広げている。美しい壁画だ。素晴らしい壁画だ。だがしかし、ハジメはなぜか薄ら寒さを感じて無意識に目を逸らした。

 

よくよく周囲を見てみると、どうやら自分達は巨大な広間にいるらしいということが分かった。

 

素材は大理石だろうか?美しい光沢を放つ滑らかな白い石造りの建築物のようで、これまた美しい彫刻が彫られた巨大な柱に支えられ、天井はドーム状になっている。大聖堂という言葉が自然と湧き上がるような荘厳な雰囲気の広間である。

 

 ハジメ達はその最奥にある台座のような場所の上にいるようだった。周囲より位置が高い。周りにはハジメと同じように呆然と周囲を見渡すクラスメイト達がいた。どうやら、あの時、教室にいた生徒は全員この状況に巻き込まれてしまったようである。

 

ハジメはチラリと背後を振り返った。そこには、やはり呆然としてへたり込む香織の姿があった。怪我はないようで、ハジメはホッと胸を撫で下ろす。辺りを見渡すと唯一、輝夜だけが毅然とした様子で立っていた。そんな輝夜の姿にハジメは感心していた。

 

そして、その輝夜が向いている視線の先……おそらくこの状況を説明できるであろう台座の周囲を取り囲む者達への観察に移った。

 

そう、この広間にいるのはハジメ達だけではない。少なくとも30人近い人々が、ハジメ達の乗っている台座の前にいたのだ。まるで祈りを捧げるように跪き、両手を胸の前で組んだ格好で。彼等は一様に白地に金の刺繍がなされた法衣のようなものを纏い、傍らに錫杖のような物を置いている。その錫杖は先端が扇状に広がっており、円環の代わりに円盤が数枚吊り下げられていた。

 

その内の一人、法衣集団の中でも特に豪奢で煌びやかな衣装を纏い、高さ30センチ位ありそうなこれまた細かい意匠の凝らされた烏帽子のような物を被っている70代くらいの老人が進み出てきた。もっとも、老人と表現するには纏う覇気が強すぎる。顔に刻まれた皺や老熟した目がなければ50代と言っても通るかもしれない。

 

そんな彼は手に持った錫杖をシャラシャラと鳴らしながら、外見によく合う深みのある落ち着いた声音でハジメ達に話しかけた。

 

「ようこそ、トータスへ。勇者様、そしてご同胞の皆様。歓迎致しますぞ。私は、聖教教会にて教皇の地位に就いておりますイシュタル・ランゴバルドと申す者。以後、宜しくお願い致しますぞ」

 

そう言って、イシュタルと名乗った老人は、好々爺然とした微笑を見せた。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

現在、ハジメ達は場所を移り、10メートル以上ありそうなテーブルが幾つも並んだ大広間に通されていた。

 

この部屋も例に漏れず煌びやかな作りだ。素人目にも調度品や飾られた絵、壁紙が職人芸の粋を集めたものなのだろうとわかる。

 

おそらく、晩餐会などをする場所なのではないだろうか。上座に近い方に畑山愛子先生と光輝達4人組が座り、後はその取り巻き順に適当に座っている。ハジメと輝夜は最後方だ。

 

ここに案内されるまで、誰も大して騒がなかったのは未だ現実に認識が追いついていないからだろう。イシュタルが事情を説明すると告げたことや、カリスマレベルMAXの光輝が落ち着かせたことも理由だろうが。

 

教師より教師らしく生徒達を纏めていると愛子先生が涙目だった。

 

全員が着席すると、絶妙なタイミングでカートを押しながらメイドさん達が入ってきた。そう、生メイドである!地球産の某聖地にいるようなエセメイドや外国にいるデップリしたおばさんメイドではない。正真正銘、男子の夢を具現化したような美女・美少女メイドである!

 

こんな状況でも思春期男子の飽くなき探究心と欲望は健在でクラス男子の大半がメイドさん達を凝視している。もっとも、それを見た女子達の視線は、氷河期もかくやという冷たさを宿していたのだが……

 

ハジメも傍に来て飲み物を給仕してくれたメイドさんを思わず凝視……しそうになってなぜか背筋に悪寒を感じ咄嗟に正面に視線を固定した。チラリと悪寒を感じる方へ視線を向けると、なぜか満面の笑みを浮かべた香織がジッとハジメを見ていた。ハジメは見なかったことにした。そんな2人のやり取りを見ていた輝夜は「何やっているんだ」と呆れていた。

 

そして、全員に飲み物が行き渡るのを確認するとイシュタルが話し始めた。

 

「さて、あなた方においてはさぞ混乱していることでしょう。一から説明させて頂きますのでな、まずは私の話を最後までお聞き下され」

 

そう言って始めたイシュタルの話は実にファンタジーでテンプレで、どうしようもないくらい勝手なものだった。

 

要約するとこうだ。

 

まず、この世界はトータスと呼ばれている。そして、トータスには大きく分けて三つの種族がある。人間族、魔人族、亜人族である。

 

人間族は北一帯、魔人族は南一帯を支配しており、亜人族は東の巨大な樹海の中でひっそりと生きているらしい。

 

この内、人間族と魔人族が何百年も戦争を続けている。

 

魔人族は、数は人間に及ばないものの個人の持つ力が大きいらしく、その力の差に人間族は数で対抗していたそうだ。戦力は拮抗し大規模な戦争はここ数十年起きていないらしいが、最近、異常事態が多発しているという。

 

それが、魔人族による魔物の使役だ。

 

魔物とは、通常の野生動物が魔力を取り入れ変質した異形のことだ、と言われている。この世界の人々も正確な魔物の生体は分かっていないらしい。それぞれ強力な種族固有の魔法が使えるらしく強力で凶悪な害獣とのことだ。今まで本能のままに活動する彼等を使役できる者はほとんど居なかった。使役できても、せいぜい一、二匹程度だという。その常識が覆されたのである。

 

これの意味するところは、人間族側の〝数〟というアドバンテージが崩れたということ。つまり、人間族は滅びの危機を迎えているのだ。

 

「あなた方を召喚したのは〝エヒト様〟です。我々人間族が崇める守護神、聖教教会の唯一神にして、この世界を創られた至上の神。おそらく、エヒト様は悟られたのでしょう。このままでは人間族は滅ぶと。それを回避するためにあなた方を喚ばれた。あなた方の世界はこの世界より上位にあり、例外なく強力な力を持っています。召喚が実行される少し前に、エヒト様から神託があったのですよ。あなた方という〝救い〟を送ると。あなた方には是非その力を発揮し、〝エヒト様〟の御意志の下、魔人族を打倒し我ら人間族を救って頂きたい」

 

イシュタルはどこか恍惚とした表情を浮かべている。おそらく神託を聞いた時のことでも思い出しているのだろう。

 

イシュタルによれば人間族の九割以上が創世神エヒトを崇める聖教教会の信徒らしく、度々降りる神託を聞いた者は例外なく聖教教会の高位の地位につくらしい。

 

ハジメが、〝神の意思〟を疑いなく、それどころか嬉々として従うのであろうこの世界の歪さに言い知れぬ危機感を覚えていた。隣の輝夜も訝しげに見ていた。すると、突然立ち上がり猛然と抗議する人が現れた。

 

それは愛子先生だった。

 

「ふざけないで下さい!結局、この子達に戦争させようってことでしょ!そんなの許しません!ええ、先生は絶対に許しませんよ!私達を早く帰して下さい!きっと、ご家族も心配しているはずです!あなた達のしていることはただの誘拐ですよ!」

 

ぷりぷりと怒る愛子先生。彼女は今年25歳になる社会科の教師で非常に人気がある。150センチ程の低身長に童顔、ボブカットの髪を跳ねさせながら、生徒のためにとあくせく走り回る姿はなんとも微笑ましく、そのいつでも一生懸命な姿と大抵空回ってしまう残念さのギャップに庇護欲を掻き立てられる生徒は少なくない。

 

〝愛ちゃん〟と愛称で呼ばれ親しまれているのだが、本人はそう呼ばれると直ぐに怒る。なんでも威厳ある教師を目指しているのだとか。ちなみにハジメは普通に“先生”、輝夜は“先生”か“畑山先生”と呼んでいる。

 

今回も理不尽な召喚理由に怒り、ウガーと立ち上がったのだ。「ああ、また愛ちゃんが頑張ってる……」と、ほんわかした気持ちでイシュタルに食ってかかる愛子先生を眺めていた生徒達だったが、次のイシュタルの言葉に凍りついた。

 

「お気持ちはお察しします。しかし……あなた方の帰還は現状では不可能です」

 

場に静寂が満ちる。重く冷たい空気が全身に押しかかっているようだ。誰もが何を言われたのか分からないという表情でイシュタルを見やる。

 

「ふ、不可能って……ど、どういうことですか!?喚べたのなら帰せるでしょう!?」

 

愛子先生が叫んだ。生徒たちも同じ気持ちだった。

 

「先程言ったように、あなた方を召喚したのはエヒト様です。我々人間に異世界に干渉するような魔法は使えませんのでな、あなた方が帰還できるかどうかもエヒト様の御意思次第ということですな」

 

「そ、そんな……」

 

愛子先生が脱力したようにストンと椅子に腰を落とした。そして、同時に周りの生徒たちも口々に騒ぎ始めた。

 

「うそだろ…?帰れないってなんだよ!」

 

「いやよ!なんでもいいから帰してよ!」

 

「戦争なんて冗談じゃねぇ!ふざけんなよ!」

 

「なんで、なんで、なんで……」

 

パニックになる生徒達。そんな生徒たちを見て、輝夜は隣のハジメに話しかけた。

 

「ハジメ、大丈夫か?」

 

「う、うん。僕はこの手のラノベを何度も読んだことあるし、輝夜と一緒に過ごしたことで身についた神経の図太さがあるからね。輝夜は……言うまでもないか」

 

ハジメは苦笑いながら、そんなことを言った。輝夜と一緒にいると問題が起きた場合、輝夜が常識外れの方法で片付けることが多いのだ。そのため、たいていのことは動じなくなったのだ。クラスメイトの睨んでくる視線もそのため平気だったのだ。クラスメイト全員の睨みよりも輝夜の本気の睨みのほうが怖いのだ。

 

「そんな軽口を叩けるなら心配無さそうだな。お前の薦めで読んだラノベで最悪なパターンはたしか、言うこと聞かなければ奴隷にさせるってやつだった気がするが、幸い俺たちのことを上客として扱うみたいだな」

 

誰もが狼狽える中、イシュタルは特に口を挟むでもなく静かにその様子を眺めていた。

 

だが、ハジメは、なんとなくその目の奥に侮蔑が込められているような気がした。今までの言動から考えると「エヒト様に選ばれておいてなぜ喜べないのか」とでも思っているのかもしれない。

 

(異世界の住人が余所の世界の崇めている神のことを聞いて、『はい、そうですか』って言う訳ないだろ)

 

輝夜もイシュタルの考えていることに想像がついて、内心で毒を吐いていた。

 

未だパニックが収まらない中、光輝が立ち上がりテーブルをバンッと叩いた。その音にビクッとなり注目する生徒達。光輝は全員の注目が集まったのを確認するとおもむろに話し始めた。

 

「皆、ここでイシュタルさんに文句を言っても意味がない。彼にだってどうしようもないんだ。……俺は、俺は戦おうと思う。この世界の人達が滅亡の危機にあるのは事実なんだ。それを知って、放っておくなんて俺にはできない。それに、人間を救うために召喚されたのなら、救済さえ終われば帰してくれるかもしれない。……イシュタルさん?どうですか?」

 

「そうですな。エヒト様も救世主の願いを無下にはしますまい」

 

「俺達には大きな力があるんですよね?ここに来てから妙に力が漲っている感じがします」

 

「ええ、そうです。ざっと、この世界の者と比べると数倍から数十倍の力を持っていると考えていいでしょうな」

 

「うん、なら大丈夫。俺は戦う。人々を救い、皆が家に帰れるように。俺が世界も皆も救ってみせる!!」

 

ギュッと握り拳を作りそう宣言する光輝。無駄に歯がキラリと光る。同時に、彼のカリスマは遺憾なく効果を発揮した。絶望の表情だった生徒達が活気と冷静さを取り戻し始めたのだ。光輝を見る目はキラキラと輝いており、まさに希望を見つけたという表情だ。女子生徒の半数以上は熱っぽい視線を送っている。

 

「へっ、お前ならそう言うと思ったぜ。お前1人じゃ心配だからな。……俺もやるぜ?」

 

「龍太郎……」

 

「今のところ、それしかないわよね。……気に食わないけど……私もやるわ」

 

「雫……」

 

「え、えっと、雫ちゃんがやるなら私も頑張るよ!」

 

「香織……」

 

いつものメンバーが光輝に賛同する。後は当然の流れというようにクラスメイト達が賛同していく。愛子先生はオロオロと「ダメですよ~」と涙目で訴えているが光輝の作った流れの前では無力だった。正直、ハジメもこの状況に不安を抱いていた。しかし、自分なんかが言ったところで黙ってろと言われるのがオチなため、口をつぐむことしかできなかった。そんなとき、輝夜の口から静かだがはっきりした声が辺りに響いた。

 

「悪いが俺はこの戦争に参加するのは反対だ」

 

輝夜の言葉に周りは静かになった。光輝には確かにカリスマがあった。だが、それはこのクラスに対して発揮していないだけであって、輝夜にもそれ以上のものを兼ね備えていた。なんたって、輝夜は前世で世界最強の組織のトップに立っていたのだ。そして、そこで一癖も二癖もある多くの猛者共を率いていたのだ。普段はヘイトばかり集まっている状況でも注目を自分に集めさせる位、朝飯前だった。周りの視線が全て、自分に集まるのを確認すると輝夜は再び口を開いた。

 

「そもそも、この戦争はこの世界の住人の問題だろ。なぜ、余所者の俺たちが命をかけて、お前らの尻拭いをしなければいけないんだ」

 

輝夜の言葉を聞いて、光輝がガタンと立ち上がった。

 

「光城…。君はこの世界の人たちがどうなってもいいと言うのか!?」

 

「天之河。俺は無関係な人間を巻き込まずに自分たちで決着をつけろって言っているんだ」

 

「だけど、俺たちは選ばれたんだ!そして、彼らは助けを求めているんだぞ!助けるのは当然じゃないのか!?」

 

光輝の言葉に輝夜はため息をついて、視線は光輝に、だがこの場にいる全員に向けて、言った。

 

「お前らは、根本的に理解していないんだよ。戦争ってものをな。戦争ってのは、いわば、集団の殺し合い合戦。俺たちはそれに参戦しろって言われたんだ。お前らには、自分たちの手を敵の血で汚す覚悟はあるのか?」

 

自分の右手をヒラヒラさせながら言った輝夜の言葉に生徒たちは顔を青ざめた。目から逸らしていた現実に向き合わせられたみたいだ。そんな生徒たちの態度に輝夜は「甘過ぎるんだよ」と呆れていた。ちなみに輝夜なら即答で覚悟があると答える。前世で戦争をいくつも経験したことのある輝夜にとっては今更な話だからだ。ただ、自分に無関係な戦いに関わりたくないだけだ。

 

「それに選ばれたとか、力を手に入れたとか、そんなもの戦争で絶対に死なない保証にはならない。死ぬときはあっさり死ぬんだ。地球での歴史上の有名な人物たちでも最期が呆気ないのは、そこそこいたはずだろ」

 

輝夜の言葉に生徒たちは自分たちが死ぬかもしれないという事実にさらに青ざめた。

 

「さらに付け加えるなら、自分の身に有り余る力を手に入れた奴はオモチャを与えられたガキのようにはしゃぐ。そして、その力に溺れて、周りや自分を傷つけるのがオチだ」

 

「そ、そんなことない!」

 

輝夜がそう言うと、光輝が叫んだ。

 

「俺たちは決して、力に呑まれたりなんかしない!仮にそうなったとしても、皆がいれば乗り越えることができる!」

 

光輝がそこで話を区切ると周りの皆に呼び掛けるように話した。

 

「大丈夫だ、皆!俺たちは1人じゃない!皆が力を合わせば、決して負けない!そして、俺が皆を死なせない!」

 

そんな感じで光輝の長い演説が始まって、結局、全員、現実から目を背けながらも戦争に参加することになってしまった。

 

輝夜も「これは、口でいくら言っても無駄だな」と諦めていた。そして、そんなことを考えながら輝夜はそれとなくイシュタルを観察した。彼は実に満足そうな笑みを浮かべている。輝夜とハジメは気がついていた。イシュタルが事情説明をする間、それとなく光輝を観察し、どの言葉に、どんな話に反応するのか確かめていたことを。

 

正義感の強い光輝が人間族の悲劇を語られた時の反応は実に分かりやすかった。その後は、ことさら魔人族の冷酷非情さ、残酷さを強調するように話していた。おそらく、イシュタルは見抜いていたのだろう。この集団の中で誰が一番影響力を持っているのか。

 

そして、輝夜が口を挟んだとき、イシュタルは「余計なことを」と言わんばかりに顔をしかめて、輝夜を睨んでいた。 

 

世界的宗教のトップなら当然なのだろうが、油断ならない人物だと、ハジメは頭の中の要注意人物のリストにイシュタルを加えるのだった。輝夜に関してはもうイシュタルのことを、そして、自分たちを召喚したエヒトのことを99%信用していなかったのだった。




光城輝夜……略したら、光輝………。ただの偶然なんですけどね。



それはそうと、言い忘れていましたが、ありふれキャラに死ぬ気の炎を取り入れようと思っています。誰が何の炎を使うのかはまだ、決まっていませんが…。

死ぬ気の炎はリボキセで出てきた17種類です。

大空の七属性
大空・嵐・雨・雲・晴・雷・霧

大地の七属性
大地・氷河・森・山・沼・川(オリジナル)・砂漠

第8の属性


オリジナル炎
光・闇


後は複合してできた炎ですね。

傲慢(大空+嵐+雨+雲+晴+雷+霧)
憤怒(大空+嵐)
怠惰(大空+雨)
暴食(大空+雲)
嫉妬(大空+晴)
強欲(大空+雷)
色欲(大空+霧)

光天(大空+光)
闇夜(闇+夜)

活動報告にも載せておくので良かったら、見てください。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。