腐り目、Cクラスに入るってよ   作:トラファルガー

11 / 56
料理

「……どうぞ、入ってくれ」

 

「はい。お邪魔します」

 

自分の部屋のドアを開けると椎名が部屋の中に入る。しかしコイツ、一応男子の部屋にもかかわらず一切躊躇いがないな。

 

俺はため息を吐きながら部屋に入り鍵をかけて靴を脱ぐ。夕食を一緒に作ろうと誘われた俺だが、最初は断わろうとした。

 

しかしその後に理系科目を教えると言われ、教わっている身としては断れなかったのだ。

 

「意外と物は置いてないですね」

 

「趣味が読書以外ないからな」

 

「チェスボードと本がありますが、それは?」

 

「Aクラスの坂柳に勧められて、やり始めた」

 

以前椎名が茶道部の方に顔を出している時に図書館で坂柳と会って、チェスをしてボコボコにされて、坂柳にこれから強くなり私を楽しませろと言われてチェスボードと本をプレゼントされた。

 

最初は面倒だと思ったが、わざわざプレゼントした物を無下にするのもアレだからと時間の合間に色々勉強している。

 

「ま、今は料理だ。折角和牛ステーキ肉を奮発したし、早く食いたい」

 

無料コーナーには僅かな挽肉や鶏そぼろ肉しかなかったからな。今日は龍園からポイントが支給される事もあり、つい買ってしまった

 

そ、ここで携帯が鳴るので取り出すと、スーパーで交渉した先輩から小テストと中間試験の問題用紙と回答用紙の写真が送られてきた。

 

「椎名。テストのコピーが来たから俺は精査する。先に飯を作っていてくれ」

 

「わかりました」

 

椎名から了承を得たので、俺は机の上の中から自分の小テストを取り出し、1問1問確認すると……

 

(全問一字一句同じか……となるとやっぱりこれが正しい攻略法だな)

 

俺はその写真を保存してそのまま龍園の携帯にメールで送る。送信完了が告げたのを確認すると携帯をポケットにしまい、キッチンに向かう。そこでは椎名が米を洗っているので俺は野菜を取り出して細かく切る。

 

「どうでしたか?」

 

「一字一句同じだった。間違いなく正しい攻略法だな」

 

言いながらも野菜を切り終えてステーキ肉をフライパンに乗せて焼き始める。ステーキなんて入学して以来一度も食ってないから楽しみだ。ポイントがすごく溜まったら、高級レストランで美味いステーキを食いたいものだ。

 

「比企谷君、手慣れてますね」

 

「中学の頃からやってきたからな」

 

元々妹がやっていたが、修学旅行以降仲違いして俺の家事をやらなくなり、必然的に自分がやる事になったからな。おかげで洗濯や食事などの家事は問題なくこなせる。

 

そういやアイツ、俺の事をごみいちゃんとか言って見下していた癖に、総武中の受験に失敗してからは覇気が無くなったな。

 

んで俺が日本トップクラスのこの学校に合格したら両親が今までの態度とは打って変わり俺をメチャクチャ褒めるようになり、それ以降アイツは学校にも行かずに引き篭もるようになったが、今も引き篭もってるのか?

 

ま、どうでもいいな。俺がどう考えようが3年は関わる事はないし、その時にアイツが引き篭もってようが俺には関係ない。

 

俺は意識を切り替えて肉を焼く。肉の良い匂いが部屋を充満する。今まで節約してからか食欲を刺激する。

 

今回は奮発してステーキ肉を買ったが、明日からはまた節約の日々だ。ポイントに余裕があるとはいえ、一度贅沢を覚えてしまうと浪費癖がついてしまい地獄を見るだろう。

 

現にDクラスの生徒が食堂や自販機でブツクサ文句を言いながら無料の山菜定食やミネラルウォーターを買っているのをよく見かける。その事から察するにDクラスの生徒の大半はポイントを碌に残してないのは明白だ。

 

俺からしたら馬鹿極まりない。Sシステムについて見抜けなくとも、普通は予想外のことが起こっても良いように2、3万は取っておくはずだ。

 

加えて100回近い遅刻欠席に400回近くの私語や携帯弄り……他人を見下す事は好きじゃないが、Dクラスについては不良品呼ばわりされても否定するのは難しい。

 

ともあれこの学校には謎が多く、今後何が起こるかはわからないので、今月はもうステーキなどの高い物は食わず無料コーナーにある食品で頑張っていこう。高い食い物はポイントが50万を超えてからだ。

 

と、ここで香ばしい匂いがしたので、バターを使って旨味を高める。隣では椎名が味噌汁を作っているが、女子が味噌汁を作るって家庭力があって良いなぁ。これでエプロンを着けてくれたならパーフェクトとしか言いようがない。

 

そんなアホな事を考えながらも調理しているとポケットにある携帯が鳴り出す。見れば隣にいる椎名のポケットからも音が聴こえてくる。

 

このタイミングと2人同時に鳴っている事からして十中八九龍園からのポイント送金だろう。しかし今は調理中だから後にしよう。

 

「もう直ぐ焼ける。そっちは?」

 

「まだかかりそうですね。さっきのメールはポイントですよね?」

 

「同時に来たからな。しかし中間試験ってクラスポイントが貰えるイベントなのか?」

 

「……難しいですね。定期考査は学校において重要なのは否定しませんが、この学校は異質ですから」

 

そうなんだよな。この学校はこれまで培った常識が通じない事が多いんだよな。監視カメラを使ってリアルタイムで生徒を査定したり、赤点を取ったら即退学だったり、普通の学校じゃ有り得ない。

 

すると……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ただ……大丈夫とは思いますが比企谷君は退学にならないでくださいね。大切なお友達が居なくなるのは寂しいですから」

 

っ……!だからコイツは恥ずかしい事を平然と言うなよ……こっちとしては恥ずかしくて仕方ない。

 

……まあ椎名の言葉には含むものはなく、優しさしかないから嫌じゃないんだけどさ。今まで罵倒ばかり受けていた俺からしたら余りにも新鮮過ぎて慣れてないだけだ。

 

「……当然だ。俺だって退学になるのは御免だ」

 

そう言ってから俺は意識を椎名からキッチンに向ける。正直言ってこれ以上椎名に意識を向けたらマジで頭がおかしくなりそうだからな。

 

 

 

 

 

 

その後俺は調理に集中した為、調理中は椎名に話しかけられなかったが、完成して一緒に食べる際は向かい合って話しかけられて凄い恥ずかしい思いをしたのは言うまでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

3時間後……

 

「では私はこれで失礼します」

 

「ああ。付き合ってくれてありがとな」

 

「はい。それではまた明日」

 

夕飯を食べ、俺に理系科目の勉強を見てくれた椎名は夜10時になった所で俺に挨拶をして部屋から出て行く。椎名が見えなくなるまで見送った俺は大きく伸びをしてドアを閉める。

 

そして息を吐いてベッドに倒れこむ。頭に浮かぶのは椎名の事だけだ。入学してから椎名は持ち前の天然っぷりと本好きを思い切り発揮して俺にガンガン迫ってくるようになった。当初、俺は他人と関わるのを苦手により遠回しに拒否してもだ。

 

それが続いていく内にいつのまにか椎名と一緒に過ごす事が当然のようになってきている。

 

ーーークラス間の争いをするよりも、比企谷君と一緒に本を読むのが1番楽しいですからーーー

 

 

 

ーーーただ……大丈夫とは思いますが比企谷君は退学にならないでくださいね。大切なお友達が居なくなるのは寂しいですからーーー

 

 

 

っ!ダメだ。思い出すだけで顔が熱くなるし夜風を浴びに行こう。

 

俺は首を横に振ってベッドから降りて、そのまま部屋を出てエレベーターに乗って一階に降りる。

 

そして自販機に向かおうとすると、寮の隅にて1人の男が裏手の方をこっそり眺めていた。何だアイツは?ストーカー?それとも男女の中を覗き見する出歯亀か?

 

疑問を抱いていると男は物凄いスピードで裏手に入っていく。何事かと思って、さっきまで男がいた場所から路地裏を除くと……

 

(おいおいマジかよ?)

 

そこでは生徒会長の堀北学がさっき覗き見していた男と戦っていた。

 

(とりあえず記録しとくか。場合によっては交渉カードになるし)

 

俺は気配を殺し、携帯を録画モードにして撮影する中、会長は裏拳を放つと男は半身を仰け反り回避する。が、会長は直ぐに急所を狙った蹴りを放つ。素人の俺でもアレはヤバイと思う。

 

凄まじい勢いの蹴りを男は手ではたき落とす。すると会長は手を伸ばして男の服を掴もうとするが、男もそれも手ではねのけた。

 

どっちも怪物だ。俺が戦ったら3秒で気絶する自信がある。

 

「いい動きだな。立て続けに避けられるとは思わなかった。何か習っていたのか?」

 

「ピアノと書道なら。小学校の時、全国音楽コンクールで優勝したこともあるぞ」

 

絶対嘘だ。もしそうなら俺も今から習うわ。

 

「お前もDクラスか?中々ユニークな男だな。鈴音、お前に友達がいるとは驚いたぞ」

 

会長がそう言って男から目を逸らした先には女生徒がいた。彼女は怯えているように見えるが何があったんだ?

 

「彼は……友達なんかじゃありません。ただのクラスメイトです」

 

彼女がそう返すと……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相変わらず、孤高と孤独を履き違えてるようだな。ところで……そこで動画を撮っているのもお前の知り合いか?」

 

ば、バレてる……




もしもガイルキャラが高度育成高等学校に入学したら?
 
高度育成高等学校学生データベース (4/6時点)
 
氏名 材木座義輝
 
クラス 1年D組
 
学籍番号 S01T004662
 
部活 無所属
 
誕生日 11月23日
 
評価
 
学力 D+
 
知性 D
 
判断力 D
 
身体能力 E+
 
協調性 E
 
 
面接官コメント
 
突出したものはなく平均以下の生徒であり、協調性に欠けるためDクラス配属とする。歴史に関する知識は豊富であり、その方面に関する研究に相性が良い可能性がある。また喋り方が独特であるのは社会で問題視されるので、卒業する前に改善する事が望まれる。

好きなキャラは?

  • 軽井沢恵
  • 椎名ひより
  • 一之瀬帆波
  • 坂柳有栖

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。