どこにでもいるような高校生……俺――佐倉霜夜(さくらそうや)――が唾棄していた日常は、その日を境に消滅してしまった。
 登校中に、突然グルグルバット百万回分の強烈な目眩と吐き気に襲われた俺は、路傍で気分が戻るのを待つ内に意識を失ってしまい…………気付けばマイナスイオン溢れる森の中にいた。

 突然の遭難に混乱していると、そこに空飛ぶ人形を連れた金髪の少女が現れ、元の世界に帰れる場所という博麗神社に案内される。しかし、そこで伝えられたのは自宅までの道のりなどではなく、ここから帰す訳にはいかないという監禁宣言であった。

 そして明かされたのは、俺は生まれながらにして世界に害をもたらしかねない、おっかない力を持った人間という事実。全てを変貌させてしまうほどの、悪魔の能力の持ち主だということ。

 ……そんなことはさておき、自宅で俺の帰宅を待っていたであろうマイPCとマイベッドと永遠のお別れをすることになった俺は、この人間と妖怪達が棲まう世界で、出来れば気楽に、願わくば平和に、文句無しに快適に生活できるよう、不思議で幻想的な努力をしていくことになる。

 これは怠惰で厭世的な俺が、幻想の少女達と出会い、繋がり……それ以上の関係になるかもしれない、そんな物語である。
始まりの日
  プロローグ()
第一章 変貌する退屈な日常
  第一話 今日はもう学校に行かなくていい2019年11月05日(火) 00:17()
  第二話 現実と相容れない2019年11月29日(金) 02:03()
  第三話 目指せ、妖精以下脱却!2019年12月07日(土) 21:01()
  第四話 少し休んで2019年12月09日(月) 01:27()
  第五話 知らない場所で迷子になると死ぬ2019年12月11日(水) 07:35
  第六話 これが……家……?2019年12月16日(月) 00:57
  第七話 紫と深夜の逢瀬2019年12月20日(金) 07:23
  第八話 幻想に翼は要らない2019年12月26日(木) 00:42
  第九話 魔法使いと職について2020年01月01日(水) 19:10()
  第十話 教師はつらいよ2020年01月03日(金) 09:25
  第十一話 準備は終わっていく
 ▲ページの一番上に飛ぶ