FAIRY TAILと伝説の人斬り   作:虎太郎

1 / 3
主人公紹介です。


原作開始前
主人公紹介


霧谷零 本作の主人公。18歳。原作開始の10年前にフェアリーテイルのギルドに入った青年。

幻覚魔法を得意としており、ギルドの中でもかなりの切れ者である。

さまざまな仕事をこなし、S級魔導士の資格を持っている。

ギルドからかなりの信頼をされており、特に、ナツ、グレイ、エルザ、マカロフ、ミラジェーン3姉弟妹、ミストガンはかなり仲がいい。

だがそれは表の顔で、彼には裏の顔及び正体がある。

彼の裏の顔及び、彼の正体はるろうに剣心の世界から来た、あの樋村剣心(人斬り抜刀斎)と肩を並ぶ実力を持っており、世間では、情報の探りと殺しの切れ者で闇の人斬りと呼ばれていた伝説の人斬り霧谷抜刀斎だった。

彼は最大の敵、志々雄真実と雪代縁との戦いを樋村剣心と共に志々雄と雪代を倒し、全てが終わり、剣心と仲間達と別れ、旅に出た。

その途中、彼は魔法を使える謎の老人に出会い、自分が若返る薬を飲み、薬を飲んだら、彼は、6歳まで身体が縮んだものの、精神年齢は20代のままだった。そして彼は、魔法の基本と、幻覚魔法を2年間学び、そして彼は再び旅に出た。

そして彼が着いた世界は、原作開始10年前のFAIRY TAILの世界だった。そして彼はフェアリーテイルのマスターマカロフの誘いでフェアリーテイルのギルドに入った同時に、ある人物の協力が始まった。

零はギルドの仕事やギルドに来るときは私服で来るが、るろうに剣心の闇の人斬りの姿は、着物と笠を被って人斬り活動と行動をしていた。

FAIRY TAILの世界では、フードを被るか、着物と笠を被り、協力者以外は顔を見せないようにしている。

その協力者はミストガンだった。

ミストガンは互いに異世界から来たという共通点があったため、零とミストガンは協力者になった。

零はミストガンの素顔、FAIRY TAILの世界である、アースランドと、エドラスの存在、アースランドとエドラスの魔法が分けられている事、ミストガンはアニマを止めるためにアースランドに来たという事、自分はアニマという魔法の存在を知る。ミストガンは零の正体と本来の実力を知る。

零はミストガン以外でのギルドのメンバー、自分の通常クエストとS級クエスト、ギルドの手助けは幻覚魔法を使うが、ミストガンの手合わせするときは、互いの正体と真実を知ってるため、普段の姿か、人斬り霧谷抜刀斎の姿で戦う。

零が霧谷抜刀斎の正体を知っているのは、ミストガンとマカロフしか零の正体は知らないがある事件で零の正体である霧谷抜刀斎を対面した人物がいる。

それはミラジェーンだった。

原作開始2年前に弟のエルフマンが暴走し、リサーナを失う前に、零はフードを被り、ミラは一度だけ零の正体である霧谷抜刀斎と対面したことがあり、エルフマンの暴走を止める手助けと足止めを食らったが、それ以降ミラは霧谷抜刀斎を見ていない。

そしてある事件でフェアリーテイルのメンバーは主人公の過去と、零の正体である、霧谷抜刀斎である事を聞き、仲間と認めるが、零がある事件を真選組から聞いたきっかけで零はフェアリーテイルを抜け、1人で京都に向かう。




次回は、零は主人公紹介したように、ミストガンと出会い、ミストガンと協力者となり、零がフェアリーテイルのギルドに入る回です。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。