とある元憲兵《現提督》の日常   作:瑞鶴

2 / 39
一応続き
戦闘シーンは書けませんすみませんm(__)m




第2話

 

 

憲兵「あ、それとこの中で海風・夕雲・長波は今はまだ非戦闘員だから覚えておいてくれ。」

 

加賀「それは何故?」

 

憲兵(それは、あの子達が今産休に入っているからだ。)

 

全艦娘((・・・・・・・・・・・・・・・・え?Σ(; ゚Д゚))

 

憲兵(だから産ky[ええーーーーーーーー⁉︎ Σ(; ゚Д゚)

 

瑞鶴(この変態、何駆逐艦に手を出してるのよこのクソクズ提督。

 

?鎮守府・曙・霞( >д<)、;'.・ ヘクチッ

 

憲兵(酷い(´;ω;`)ブワッ

憲兵(と言うかお前の方があの子達より小さいだろ、どこがとは言わないが。)

 

瑞鶴(何ですってーーーーーーーー!全機爆装、準備出来次第発艦目標ロリコン変態憲兵さん殺っちゃって。)

 

憲兵(Σ(; ゚Д゚)「ギャアアアアアア」

 

憲兵(_(:3 」∠ )_ チーン

 

憲兵(( ゚Д゚)ハッ

 

憲兵(てめー俺を殺す気か(# ゜Д゜)

 

瑞鶴(もう一回、逝っとく?(^ω^#)

 

憲兵(すんません、マジ勘弁して下さい…m(__)m)

 

憲兵(とま〜とりあえずうちの子達でキス島攻略するから安心しろ資材わ俺の同期で提督やっている親友に協力してもらえる様にお願いしておいた。)

 

榛名(その同期の提督さんは信頼して大丈夫なのでしょうか?)

 

憲兵(ああ、それは俺が保証する、あいつはここの無能とは違って艦娘を大切にしているからな、また今度演習しにこっちに来てくれるからその時に金剛や比叡を連れて来てもらえるように頼んどくよ。)

 

榛名・霧島((金剛お姉様と比叡お姉様に会えるのですか‼︎))

 

憲兵(ああ)

 

憲兵(そいつの所属は呉鎮守府で階級はここの無能と同じ大将だ。)

 

その次の日

 

キス島は無事攻略された。

 

そんな時大本営から限定海域の情報が出た。

 

無能提督(今日ここに集まってもらったのわ限定海域の攻略をしてもらうためだ、分かってると思うが失敗すれば旗艦には全責任を取ってもらうぞ。

わかったな、1時間後出撃だ。)

 

第一艦隊(((はい)))

第一艦隊(((もう嫌だ、誰か助けて。)))

 

そして、イベント最終海域のボスまで何とか辿り着けた第一艦隊は相手の編成を見て絶望する。

相手は12艦いる上に姫級・エリート級・フラグシップ級・鬼級が殆どだ。

こちらは、陸奥と霧島が中破状態な上に基地航空隊支援も無し、それプラス連合艦隊でも無い上に別働隊で深海棲艦が6隻此方に近づいているため圧倒的にこちらが不利、第一艦隊の皆は死を覚悟した。

そんな時インカムから声がした。

 

憲兵(おい、そんな所で棒立ちしてないで最後まで足掻いて見せろよ。)

 

第一艦隊(((なっ‼︎憲兵[さん]どうして逃げないんですか⁉︎)))

 

憲兵(あぁ、何でお前らを見捨てて俺だけ逃げなきゃいけねんだよ、それにもう少ししたらお前らの所に送ったうちの水雷戦隊と俺の親友の所の艦隊が援護射撃に入るからもう少し粘れ。)

 

第一艦隊((((((了解))))))

 

そして、呉鎮守府の提督が率いる艦

旗艦:金剛さん

随伴艦:

1.榛名さん(改二)

2.北上(改二)

3.大井(改二)

4.赤城さん(改)

5.加賀さん(改)

   +

憲兵が率いる艦隊

 

1.川内改二    1.由良改二    1.阿武隈改二

2.神通改二    2.時雨改二    2.鬼怒改二

3.那珂改二    3.夕立改二    3.山風改

4.雪風改     4.五月雨改    4.浦風丁改

5.時津風改    5.涼風改     5.浜風丁改

6,天津風改    6.江風改二    6.満潮改二

 

そして無事最終海域を突破して鎮守府に戻ると憲兵さんや他の鎮守府の仲間が待っていた。

 

憲兵(お疲れ様、とりあえず補給と入渠を済ませてこい、目のやり場に困る。)

 

出撃していた艦娘達(((ε=(///ω///)=33)))

 

その晩、入渠が完了した子から食堂に集合していた。

 

瑞鶴(そう言えば提督は?)

 

利根(吾輩は知らぬぞ?)

筑摩(私も、いつの間にか居なくなってました。)

大井(北上さんは何か聞いてます?)

北上(私も知らな〜い。)

 

そこえ憲兵さんが食堂の扉を開けて入ってきた。

 

憲兵(おぉ、全員揃ったな、それじゃあ今から言う言葉を心して聞く様に、まぁ簡潔に言うとさっきの戦いで深海棲艦側が勝ちそうになったときにあの無能はお前ら家族を見捨てて逃げやがった、最後まで戦おうともせずにな。 

だから新しい提督を此方に派遣してくれないかどうかを元帥に明日言いにいこうと思う。

少なくとも1週間は提督が居ないから今まで辛かっただろうしこの1週間で出来るだけ英気を養ってくれれ。)

 

憲兵(潜水艦の子達ももうオリョクルに行かなくていいからな、じゃあ解散)

 

艦娘達(((((はい)))))

 

次の日

憲兵(それじゃあ、行ってくる。)

 

水雷艦娘達((((行ってらっしゃい))))

 

その頃食堂では、

皆んなどんな提督が来てくれるのかなと言う会話をしていた。

だけど皆満場一致で憲兵さんが提督ならいいな〜と言う結論に至った。

 

そして1週間後遂にその時がやってきた。

 

鎮守府にある体育館の様な建物の中に全艦娘が集合していた、そして1番奥にある教壇に優しそうな雰囲気のお爺さんが立っていた。

 

元帥(ワシが元帥の〇〇じゃ、早速で悪いのじゃがこのトラック泊地の前の状態をここにいた憲兵君に聞いた、すまなかった。)

 

大淀(いえ、貴方が悪いわけでわないので誰も貴方のことを恨んでわいませんよ。)

 

元帥(そうか、だがそれではこちらの気がすまんので暫くは必要な物資をこのトラック泊地は定期的に送る様にしょう。)

 

艦娘達(ありがとうございます。)

 

元帥(次にここの新しい提督についてだが。

 

摩耶(その前に質問してもいいか?)

 

元帥(何じゃ?)

 

摩耶(憲兵は?)

 

艦娘達(ざわざわ)

 

元帥(彼なら、憲兵をクビになったよ。)

 

艦娘達(・・・・・・・・・・・は?)

 

鈴谷熊野((何で⁉︎)ですの⁉︎)

 

駆逐艦娘(ぐすっ)泣

 

戦艦娘(くっ)怒

 

元帥(彼がクビになった理由わ、艦娘に子供を孕ませたからじや。)

 

元帥(元々憲兵には、鉄の掟があるのじゃ理由がどうであれ艦娘の子達に子供を孕ませてしまったのなら憲兵を続けることわ出来ない。)

 

元帥(それじゃあ、本題に入るぞここに来る新しい提督は今外で待たせてある、もし気に入らなかったら新しい提督を追い出せばいい。

それじゃあ、教壇に上がってもらおうか新しい提督よ。)

 

?(はい)

 

艦娘達(⁉︎)

 

憲兵=提督(本日からこのトラック泊地の提督になる〇〇だよろしく。)

 

艦娘達(・・・・・・・・・はい?)

 

元帥(こう言うことじゃ、後は任せたぞ期待の新人くん。)

 

提督(はっ)

 

そして、ここからトラック泊地が生まれ変わる。

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。