ハイスクールd×d〜サソリの剣士〜   作:日光助真

1 / 3
初投稿です。 小説書くのって難しい。 楽しんでくれると嬉しいです。


サソリ・転生

「お主死んだから転生なのじゃ」

 

八丈一間の和室でコタツに入り、蜜柑を食べながら自分にそう告げたのは、白髪のお爺さんだった。

 

「ほれ、いつまでもそんな所で立っとらんでこっちにこんか」

 

お爺さんに促されるまま、自分は部屋に入り襖を閉めコタツに入った。

 

「暖かい」

 

思わず口から出た言葉にお爺さんは笑いながら頷き

 

「ほれ蜜柑食べるか、大福も茶もあるぞい」

 

コタツの真ん中にドン、と山積みにされていた蜜柑の他にいつの間にか

大福とお茶が出現していた。

山積みの蜜柑を一つ取り、皮を剥き食べてみる。

 

「甘くて、美味しい」

 

その言葉を聞きお爺さんは嬉しそうにウンウンと何度も頷き

 

「そうじゃろう、そうじゃろう。なんと言ってもワシ自らの手で育てたからのう、さて食べながらで良いからワシの話を聞くのじゃぞ」

 

俺は、蜜柑と大福を交互に食べながら頷いた。

 

「うむ、ではまずは軽く確認からじゃ」

 

そう言うお爺さんの手にはいつの間にか、数枚のプリントがあり、それらを読み上げて行く。

 

「瀬田侑大、24歳、フリーター、死因は落雷じゃな。」

 

肯く。

 

「うむ。では次は転生先じゃな、このボックスから一枚紙を取るのじゃ

其処に書かれておるところがお主が転生する世界じゃ」

 

お爺さんに渡されたのは、赤色の四角い箱でそこには金色で"転生先”

という文字が書かれていた、俺は箱に手を入れ一枚の紙を取りお爺さん

に渡した。

 

「ハイスクールd×d……悪魔や天使、堕天使なんかがおる世界じゃな、

さぁ、次は転生特典じゃ今度は此方の方のボックスから三枚引くのじゃ」

 

“転生特典“と書かれた青色の四角い箱に手を入れ三枚引きお爺さんに渡した。

 

「ふむ。一つ目は"仮面ライダーサソードの変身セット"か」

 

サソード、良いと思う。坊っちゃま好き。

 

 

「では次、二つ目じゃ。"原作キャラの家族として転生出来る"(ランダム)じゃ」

 

面白そう。OK。

 

「三枚目、ハーレム特権Cじゃ、良かったのうモテモテじゃぞい】

 

良かった……のか?

 

「何はともあれ、これで良い」

 

そう言い、お爺さんは手を差し出す。

 

「ホレ、握手じゃ」

 

そう言われ自分も手を差し出し、お爺さんと握手する。

 

「良い来世を」

 

体が淡く金色に輝いていき、握手している手が粒子となって消えていく

驚きはしたが、不思議と恐怖はない。

 

「ありがとう。行ってきます」

 

そうお爺さんに言い、俺は金色の粒子となって消えて行った。

 

 

 

★ ★ ★ ★ ★

 

 

 

〜16年後〜

 

夕暮れ時の公園のベンチに腰掛けながら、コンビニで買った唐揚げを食べている。どうやら最近この廃れた公園でバケモノが出ると自称凄腕の情報屋の友人"久利原"が言ていた。

 

真偽はどうあれ火のない所になんとやら、取り敢えず確かめにやって来

たのだが……。

 

かれこれ1時間くらい待ってはいるが何も起きず、やはりデマだったのかと思いベンチから立ち上がり近くあったゴミ箱にゴミを捨て帰ろうと

立ち上がった時、不快な嗤い声が聞こえて来た。

 

「キヒャヒャヒャヒャッも〜う帰ってシマウのかイ?かえれる?かえれナイヨ?お前は今日のゴハン!ひさしぶりノニンゲンの肉ダァァァ」

 

 

現れたのは、上半身が男下半身が百足の全長8m位はあるであろう文字道理のバケモノだった。

 

俺は落ちていた木の棒を拾い上へ投げる、すると落ちて来たのは木の棒では無く、サソードヤイバーであった。

 

「ギギッ!オマエ、マジュツシノ類いカァ!」

 

バケモノは驚いた素振りを見せたが直ぐに気を取り直したのか、カサカサと無数にある百足の脚を動かし近付き、左腕を甲殻類の鋏のように変化させ攻撃して来た。

 

バケモノが仕掛けて来た攻撃を横に跳び回避。

 

《STAND-BY》

 

サソードヤイバーから電子音が流れ出し、地中からサソードゼクターが現れる。プルプルと体を揺らし土を払う姿に戦闘中にも関わらず、可愛いと思ってしまう。

 

手に向かって跳んで来たサソードゼクターを掴み、サソードヤイバーにセット。

 

「…変身」

 

《HENSHIN》

 

六角形が身体を覆いアーマーを構築。

 

【サソードマスクドフォーム】に変身した。

 

「ナンダァァ、そノ姿は〜オマエェ神器使いだったノかァァ!」

 

バケモノは、変化させた左腕の鋏を力任せに振り下ろしてくる。

 

振り下ろされた左腕の鋏をサソードヤイバーで斬り落としバケモノとの距離を一気に詰め、跳躍する。

 

「グギャャアアアッ!」

 

斬り落とされた部位から黒い血液を流し絶叫するバケモノ。

 

「……終わりにする」

 

バケモノを優に超える高さから、サソードヤイバーを構え、振り下ろす。

 

「ギギッ!?ユ、ユルジーー」

 

バケモノが許しを乞うが……もう遅い。

 

振り下ろされた刃はバケモノを捉え一刀両断にし、綺麗に二つに分かれたのち粒子となって消えて行った。

 

「……ダイナミックスラッシュ、なんて」

 

ぼそっと今思い付いた必殺技名を呟いてみる。

 

そんな事をしているとサソードゼクターがサソードヤイバーから分離し変身が解除され、ゼクターは何処かに行ってしまった。

 

辺りはすっかり暗くなっていた。

 

「俺も帰ろ」

 

今日の晩ご飯に思いを馳せながら家に帰って行った。

 

 

 

 

 

 

 




描写難しい。 かっこいい戦闘シーン書きたい。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。