人生コンティニューしたら内浦在住のチートゲーマーになった   作:巌の上にも千年

3 / 33




はじめまして!今回初めて投稿する巌さんSです。

初めてかつ思いつきで始めた投稿なので文章がとてつもなく拙いですが、それでも見てくれる方はお慶び申し上げます。






第1期  サンシャインと内浦の秘密
プロローグ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

............世の中ってのは、つくづく愚かだなと思う。一流企業に入るために大学に行く、大学に行くために中高一貫校へ入るとか。そんなものは人間の造物そんなのゲームと大差ないじゃないか。要はクソゲーだ。止めることのできないクソゲー。そんなものをご丁寧に攻略するってことはまさに『時は金なり』という言葉を身に染みてわからせるほどのことだ。

 

 

 

 

 

 

そっか—————()()()()()()()って手があったな...........

 

コンティニューする方法なら———いくらでもある..........!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—————※——————

 

 

 

目に刺さる広い輝き。この純白の輝きが、俺の目を覚醒せよとしつこく語りかけてくる。

 

訴えに負けた俺は、ようやく目を覚醒と判定できるほどの大きさに開く。

 

目に広がる真っ白な世界。目の錯覚なのか、白の密閉空間のようにも感じられる。妙な高揚感に包まれていたのが一転、突然自分が取り返しのつかないようなことをしてしまったのではないかと怖気ずく。

 

 

 

「お前は————確かに命を粗末にした......だが、決して悪いことだとは言い切れん。」

「えっ!?」

 

 

突然現れた発言に感嘆の声が出る。これが死んで初めて出した言葉なんて恥ずかしいものだ。

 

声の主は————そう、『ライダー』と描かれた覆面を付けた者。だが、覆面よりもその豪華な装飾に目がいった。黄金の勲章を左肩からかけ、全身は金と黒の踊り竜のようなスーツ。腰には黄金のベルトを携える者。

 

 

「えっと......ライダー?」

「私のことを知らないのか?ならば教えてやろう。私はオーマジオウ————過去と未来をしろしめす時の王者だ。」

「—————あっ!思い出した!確か、ライダー最強論を終わらせたライダー話題になってた奴か。」

「お前たちの世界ではそのような話題で盛り上がっていたか—————だが、私は実在する。並行世界の秩序を維持するために存在する。」

 

 

「で?オーマジオウ様が俺になんか用?」

「ああ、実は最近新たな時空ができたのだが........どうやら、色々と問題が起こっているのだ。」

「問題って?」

「その世界はお前たちの世界と同じように異能な世界ではないのだが、時空の歪みで最近仮面ライダーの敵が現れはじめたのだ。お前には......原因を探ると同時にその敵から仮面ライダーとなって人類を救って欲しい。」

「その世界って、どんな世界なんだ?」

「本質的にはお前たちの世界と同じなのだが、違うところと言えばスクールアイドルなる物が存在することだ。」

「それって、μ'sとかAqoursのことか?」

「なんだ、知っているのか?」

「俺らの世界ではムーブになってるアニメに出てくるアイドルだ。」

「そうか...実は、お前にはそのAqoursのマネージャーを務めてもらおうと思っている。」

「はぁ.........は!?」

「お前には、仮面ライダーエグゼイドムテキゲーマーの変身者になってもらう。転生後の人間的なスペックは私に任せておけ。」

 

「ちょちょ、待て待て!まだ話は——————」

 

 

 

 

 

次の瞬間には、話すこともオーマジオウの姿も消えていた。

 

 

 

 

 

 








オーマジオウって神を超えてるもんね..........?

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。