Gジェネユニット紹介   作:青いカンテラ

2 / 8
100億番煎じくらいされてそう。


コズミック・イラ
第一回『ジン』


 ―――3

 

 ―――2

 

 ―――1

 

 

 

ジョン・ドゥ

「ジョン・ドゥと」

 

ジェシカ

「ジェシカの」

 

二人

「「Gジェネユニット紹介!」」

 

ジョン・ドゥ

「毎週木曜の深夜にこんにちわ。

「本番組はタイトルの通り「SDガンダムGジェネレーション」通称「Gジェネ」シリーズに登場するユニットの紹介、および解説を、ラジオの対談形式でしていくものだ」

 

ジェシカ

「参考元はwiki(と作者の独断と偏見)です。思い込み、勘違い等々あるかと思いますが大目に見てもらえると助かります」

 

ジョン・ドゥ

「紹介、解説するユニットは放送1回につき1機か・・・まあ、多くて2機になるだろうと思う。あまり一気に紹介するのも大変だからな」

 

ジェシカ

「それで、今回はどのユニットを取り扱うんですか?」

 

ジョン・ドゥ

「ン・・・。1回目だし、主力量産機にしよう。

「というわけで、今回紹介するのは『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する汎用傑作MS『ジン』だ」

 

ジェシカ

「『ジン』ですか。量産型MSらしく低コストで作れて数を揃えやすいことから、ゲーム序盤でお世話になる機体ですね」

 

ジョン・ドゥ

「ああ。MS『ジン』は『ガンダムSEED』の世界で初めて開発された実戦用MSであり、同時に『ザフト軍*1』初の制式主力機でもある」

 

ジョン・ドゥ

「その高い汎用性と拡張性から、多くの専用カスタム機やバリエーション機が存在している。GジェネシリーズでもSEED系が参戦するときには大体出てくるから、SEEDといえばこの機体ってくらいに馴染みのある人もいるだろう」

 

ジェシカ

「えーと、性能は以下の通りですね」

 

 

 

 スペック

 

形式番号:

 ZGMF-1017

 

全高:

 21.43m

 

重量:

 78.5t

 

主動力:

 バッテリー

 

武装:

 MA-M3 重斬刀

 MMI-M8A3 76mm重突撃機銃 他

 

 

 

ジェシカ

「あれ、バッテリーで動くんですね」

 

ジョン・ドゥ

「ああ。SEEDの世界・・・C.E.(コズミック・イラ)では、とある理由から原子力発電が使えなくなっていてな。

「そのことから、C.E.に登場するMSは一部の例外を除きバッテリーが主動力になっているんだ」

 

ジェシカ

「へー。なんだか電気自動車みたいでエコ! ですね!」

 

ジョン・ドゥ

「・・・。エコかどうかはさておき、MS『ジン』の登場はその後の兵器開発に多大な影響を与えた。

「なにせこの機体はあらゆる勢力を問わず、後に開発されるMSの基礎になっているからな。さて、それでは概要について軽く触れていこう」

 

ジェシカ

「は、はい! えーと、資料資料・・・」

 

 

 

 試作一号機~制式量産まで。

 

ジョン・ドゥ

「まず『ジン』の源流となるのは、ジョージ・グレン*2の木星探査船『ツィオルコフスキー』に搭載された宇宙服だとされている。

「この宇宙服はある種のパワード・スーツで、補助動力付き外骨格を装備しているタイプだったらしい」

 

ジェシカ

「MSの始まりは宇宙服だったんですね・・・」

 

ジョン・ドゥ

「ここからMSの雛型と言える『パワーローダー』が開発され、これを足掛かりとして「戦艦並みの火力」「戦車並みの装甲」「戦闘機並みの機動性」の三つの要素を高い水準で満たす機動兵器・・・つまりはMSが生み出されるにいたるわけだな」

 

ジェシカ

「戦艦並みの火力・・・はともかくとして、確かに戦車並みの装甲はありますよね。何せ『メビウス』のリニアガンの直撃にも耐えられますし」

 

ジョン・ドゥ

「劇中の演出にしても硬すぎる気はするがな・・・。

「話を戻すが、C.E.65年にMSの試作一号機『ザフト』がロールアウトした。さらに2年後のC.E.67年には『プロトジン』が完成する。これを実戦用MSとして制式量産したのが・・・」

 

ジェシカ

「『ジン』ですね!」

 

ジョン・ドゥ

「ああ。『ジン』は世界初の制式量産型MSだが、仮想敵であるMA『メビウス*3』を圧倒する性能を有していた。

「人の手を模したマニピュレーターは、様々な武器を状況に応じて持ち替えて使い分けることができ、背中に背負う翼状の推進器は『メビウス』に容易く追いすがるほどの機動性を持つ。両脚は宇宙空間ではAMBAC(アンバック)肢として機能するし、地上ならば地形を問わずに移動できる走破性を誇っている」

 

ジョン・ドゥ

「また、耐弾防御性能もかなりのもので劇中ではMA『メビウス』のリニアガンの直撃を受けてもほぼ無傷だったな」

 

ジェシカ

「装甲材質は不明ってなってますけど、実はガンダリウム合金だったりしません?」

 

ジョン・ドゥ

「宇宙の環境でしか作れない特殊な合金という可能性はあるかもしれないが、ガンダリウム合金はないな」

 

ジェシカ

「あ、そうですよね! ガンダリウムだとガンダムになっちゃうから、ジンダリウム合金ですよね!」

 

ジョン・ドゥ

「合金から離れろ」

 

 

 

 武装

 

ジョン・ドゥ

「さて、次は武装について話そう。拡張性に重点を置いている『ジン』は固定武装の類を一切装備していない。その代わりに多数のオプション装備が用意されているが、ほとんどは実弾兵器だな」

 

ジェシカ

「装備一覧は以下の通りですね」

 

 各種装備

 

MA-M3 重斬刀

MMI-M8A3 76mm重突撃機銃

M66キャニス 短距離誘導弾発射筒

M68パルデュス 3連装短距離誘導弾発射筒

M68キャットゥス 500mm無反動砲

M69バルルス改 特化重粒子砲

115mmレールガン シヴァ

強襲用屍衣 アサルトシュラウド

 

ジェシカ

「・・・あれ? シヴァって使ってましたっけ?」

 

ジョン・ドゥ

「元々はジンの装備として用意されていたものを、デュエルにアサルトシュラウドを着せる時に転用したものだからな」

 

ジェシカ

「そういえば、そういう設定でしたっけ」

 

ジョン・ドゥ

「ま、Gジェネで拾われることはなさそうだが・・・。

「ちなみに名前のついているものは対要塞、対艦攻撃用の装備だ。劇中では『ヘリオポリス』攻撃の際に使われたな」

 

ジェシカ

「Gジェネシリーズでは貴重な高火力武器ですね。特に500mm無反動砲の有る無しは大きいです」

 

ジョン・ドゥ

「確かにそうだな。連射武器は削りには使えるんだが、メインで使うとなるとダメージの振れ幅が激しくて困る」

 

 

 

 巻き巻きー。

 

ジョン・ドゥ

「さて最後にバリエーションでも・・・と思ったが、時間が押しているから今回はここまでにしよう」

 

ジェシカ

「もうそんな時間ですか? 時間が経つのは早いですね・・・」

 

ジョン・ドゥ

「まあ何分こういうのは初めてだし、多少ぐだぐだでも大目に見てもらえるだろう。・・・そんなわけで第一回ユニット紹介はどうだっただろうか」

 

ジェシカ

「私たちの紹介が、あなたがGジェネシリーズや参戦元の作品に触れる切っ掛けになると幸いです」

 

ジョン・ドゥ

「それではまた、次があれば会おう」

*1
複数のスペースコロニーから成る国家『プラント』の国防を担う武装組織。

*2
ファーストコーディネイター。C.E.世界では知らぬ者はいないほどの超有名人。木星探査船『ツィオルコフスキー』に乗り込み木星探査へと出発する際、自身が受精卵の段階で遺伝子操作を受けて誕生した存在(つまりはデザイナーベビー)であると告白した。

*3
『地球連合軍』の主力MA。どんどん出てきてばんばん倒されるやられメカ。




※某銃器紹介SSの影響を多分に受けています。

次に紹介するユニットはどの時代がいいでしょうか?

  • (引き続き)コズミック・イラ
  • 宇宙世紀
  • ポスト・ディザスター
  • アフターウォー
  • アフターコロニー

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。