世界最強の兵器はここに!?   作:ピラフドリア

3 / 3
 第2話  【村への滞在を許可します】

 

 

 

「…………システム異常ナシ、メモリー破損ナシ、起動オブジェクト正常、コレヨリ通常運転デ“再起動“ヲ開始シマス」

 

 

 

 少女の目が開き、“紅い瞳“がパトの姿を映し出す。

 

 

 

「“保護対象“『パト・エイダー』ヲ確認。コレヨリ“平和プロジェクト“ヲ開始シマス」

 

 

 

 少女はその場で立ち上がる。

 少女とパトの鼻が擦れ合い、二人は“目“を合わせる。

 

 

 

「君は……一体…………なんで、俺の名前を……?」

 

 

 

 一度も見たことのない少女。しかし、少女はパトの“名前“を確かに言った。

 そしてパトはその“疑問“と同時に、その少女の“瞳“に吸い込まれるような“不思議“な感覚を覚えた。

 

 

 

「私ノ名前ハ『ヤマブキ』。“カナル様“の命二ヨリ、パト、アナタヲ“主人“トシ、“守リ“マス」

 

 

 

「俺を“主人“として、“守る“……?」

 

 

 

「ハイ、イツデモ、アナタ(パト)ヲ“保護“デキルヨウニ、アナタノ家ヘノ、“居住“ヲ希望シマス」

 

 

 

「な、な、なぁ!?」

 

 

 

 パトは驚きながら、三歩下がる。

 

 

 

「何を言ってるんだ!! 君は!!」

 

 

 

「何カ、問題デモアリマスカ?」

 

 

 

「問題ありありだ!! なんで、見ず知らずの人間を、家に泊めないといけないんだ!!」

 

 

 

 ヤマブキは“表情“を一つも変えないまま、首を傾げる。

 

 

 

「駄目デスカ」

 

 

 

「駄目というか、……そうだなぁ〜、困っているなら力を貸してあげたいが、まだ素性の分からない君を、“村長代理“である俺としては、簡単に“村“に入れることはできない…………」

 

 

 

 パトは焦りながらも、冷静に村長代理としてヤマブキを“警戒“する。しかし、ヤマブキに“敵意“を向けるわけにはいかない。

 “敵意“を向ければ、向こうからも“敵意“を向けられるかもしれない。警戒し過ぎれば、向こうからも強い“警戒心“を持たれるかもしれない。

 

 

 

 出来る限り穏便にことを進め、相手について知る必要がある。パトはまずヤマブキについて“情報“を得ようとする。

 

 

 

「ヤマブキさんは、どこから来たん、ですか?」

 

 

 

 素朴な質問。だが、それがとても重要である。この質問への回答次第で、パトはヤマブキに対する行動を変えなければならない。

 

 

 

 だが、パトのヤマブキが答えようと口を開くと同時に、後ろにいたライトが大きな声で叫んだ。

 

 

 

「パト君や!! “モンスター“じゃ!!」

 

 

 

「なっ!? 本当ですか!? ライトさん!!」

 

 

 

 パトは即座に槍を拾い、構える。

 

 

 

「ど、どこですか!!」

 

 

 

「その娘の後ろの、草むらの奥じゃ!!」

 

 

 

 パトはヤマブキの後ろへ移動し、ヤマブキを守ろうと立ち塞がる。

 

 

 

「ガルルルゥゥ!!」

 

 

 

 低い唸り声と共に、草が揺れ、“影“が蠢く。

 

 

 

「…………そこか」

 

 

 

 パトは“影“に槍を向ける。

 

 

 

「グルルゥゥ、ガゥウ!」

 

 

 

 草むらから“白い獣“が、牙を剥き出しにしてパトの首元に飛び込んでくる。

 パトは槍を横に持つと、槍を獣に噛ませて攻撃を防ぐ。押し倒されそうになりながらも、何とか耐えて獣を振り払う。

 

 

 

「はぁ、はぁ、……ハ!?」

 

 

 

 獣を振り払うと同時に、パトとヤマブキを囲み、四方の草むらも揺れ出す。

 

 

 

「な、まさか……」

 

 

 

「パト君や!! 一匹じゃない、五匹じゃ」

 

 

 

 ライトの言う通り、草むらから残り四匹のベアウルフが姿を見せる。

 

 

 

「…………これは……」

 

 

 

 【ベアウルフ】。

 “狼“と“熊“の『魔素』を核にし、“モンスター“と化した魔素の『集合体』。群れを成し、陣形を組みながら人間や動物を襲う。

 しかし、“ベアウルフ“は狼や熊の多く生息している、大陸の北東にある“エルノム山“に多く発生する。サージュ村の周囲で発生するのは極めて珍しい。

 

 

 

「…………これも、“モンスターの大量発生“と関係があるのか……」

 

 

 

 五匹のベアウルフは、二人にゆっくりと迫ってくる。完全に囲まれた状態で、二人が“無事“に逃げるのは難しい。

 

 

 

 ガオに村を任されたパトは命に変えても、村と村人を“守る“と決めていた。パトはライト、ヤマブキを“守る“ため、“決死の決断“をする。

 

 

 

「……一度しか言いません。聞いてください。ヤマブキさん」

 

 

 

 パトは槍を強く握りしめる。

 

 

 

「俺が道を作って、時間を稼ぎます。その間にライトさんと一緒に“逃げて“ください」

 

 

 

 ベアウルフたちがゆっくりと、二人との距離を詰めてくる。

 パトは一匹のベアウルフに狙いを定めて、槍を投げる!!

 

 

 

「グゥワァ!」

 

 

 

 しかし、槍は簡単に避けられ、ベアウルフたちは“一斉“に襲いかかって来る。

 パトは“槍を避けたベアウルフ“に駆け寄り、飛びかかって口を塞ぐ。

 

 

 

「逃げて!! ヤマブキさん!!」

 

 

 

 パトは一匹のベアウルフの動きを止め、ヤマブキを逃がそうとする。

 

 

 

「早く!!」

 

 

 

 しかし、ヤマブキはその場から“一歩も動かない“。

 

 

 

「ヤマブキさん!?」

 

 

 

「防衛システム起動。コレヨリ“殲滅“ヲ開始シマス」

 

 

 

 ヤマブキの胸元にある“宝石“が蒼く光、身体の中で何かが動き、回転しセットされる。

 そしてヤマブキの背中が扉の様に開き、そこから円柱状の何かが姿を覗かせる。

 

 

 

「戦闘システムR0005。追尾型拡散ミサイル発射」

 

 

 

 爆発音と共に、円柱状の何かが火花を散らし、ヤマブキの背中から外へと放たれる。

 それは空中で半円を描きながら、四匹のベアウルフ達に降り注ぐ。

 

 

 

「こ、これは!? ……まさか!? 《ミサイル》かぁ!?」

 

 

 

 ベアウルフ達は避けようと、草むらに飛び込むが、“ミサイル“は軌道を変え、ベアウルフを追跡し、“確実“に一匹一匹仕留めていく。

 

 

 

 五秒も経たず、四匹のベアウルフは駆除され、残りはパトの押さえるベアウルフのみ。

 

 

 

「す、凄い……」

 

 

 

 パトが“ヤマブキ“、そして“ミサイル“に見惚れていると、ヤマブキは背中の扉を閉じ、パトの方へ右手を伸ばす。

 

 

 

「ん?」

 

 

 

「戦闘システムB0006。機関銃発射準備」

 

 

 

「…………」

 

 

 

 ヤマブキの腕が音を立てながら、変形し、穴の開いた鉄の塊になる。

 パトは嫌な予感がして、ベアウルフから手を離し、草むらに飛び込んで姿勢を低くする。

 

 

 

「……発射」

 

 

 

 光を放ち、連続で発せられる爆音。ヤマブキの腕から飛ばされた小さな鉄の弾は、ベアウルフを無残な肉の塊へと変えていく。

 

 

 

 やがて、光と爆音は止み、ヤマブキの腕から現れた鉄の塊は体の中へと戻っていく。

 

 

 

「敵対反応消失。防衛システムヲ終了シマス」

 

 

 

 パトとライトが腰を抜かし、動けずにいると、村の入り口の方から誰かが走って来る。

 

 

 

「おーい!! パト!! ライトさん!! 大丈夫か!? 今、凄い音が聞こえたが!!」

 

 

 

 医者を呼びに行ったエス。そしてサージュ村の女医ザミーネ。その娘のリーラだ。

 三人は完全に討伐されたベアウルフの姿を見て驚く。

 

 

 

「こ、これは……ベアウルフ!? 襲われたのか!?」

 

 

 

「ああ、でも、ヤマブキさんが助けてくれた」

 

 

 

 パトはその場に座りながら、エスの質問に答える。

 

 

 

 まだ心の底では“動揺“しているが、村人たちに“不安“を与えないように、“冷静さ“を失うわけにはいかない。

 

 

 

 三人は同時にヤマブキを見る。

 ヤマブキも三人の視線に気づき、三人に顔を向けるが、表情は全く変わらない。

 

 

 

 ザミーネは右目を掛かった前髪を耳に掛け、ヤマブキに近づく。

 リーラはその母親の後ろで隠れながらヤマブキを見つめる。

 

 

 

 ヤマブキの目の前に着くと、長身であるザミーネは膝を曲げて、目線を合わせる。

 

 

 

「ありがとね。えーっと、名前は……」

 

 

 

「『ヤマブキ』デス」

 

 

 

「ヤマブキちゃん。パト君とライトさんを守ってくれたのね。感謝するわ」

 

 

 

 ザミーネは本当にヤマブキがベアウルフを倒したか半信半疑のようだ。

 しかし、状況やこの場にいる人間を見て、ヤマブキ以外にベアウルフを退治できる者はいないと判断した。

 

 

 

 そしてそれが善であれ悪であれ、同じく村に住む者を救ってくれたことに感謝をしている。

 

 

 

 しかし、ザミーネの言葉にヤマブキは反応することはない。

 その場にまさに石の銅像であるかのように、“無表情“で立ち尽くす。

 

 

 

「…………あ、………」

 

 

 

 母親の後ろに隠れながら、リーラは顔を覗かせ、ヤマブキの顔を凝視する。

 

 

 

 ヤマブキもリーラの視線に気づき、体を動かさず、顔を下に向ける。

 

 

 

 リーラは小さな声で、顔を赤くし、恥ずかしがりながらも、ヤマブキに質問する。

 

 

 

「…………その、……ヤマブキさん…………は、“冒険者“なんです?」

 

 

 

 しかし、ヤマブキは“否定“する。

 

 

 

「イイエ、私ハ、“平和プロジェクト“用アンドロイド『三号』デス」

 

 

 

 その回答はこの“世界“では聴き慣れない言葉。この場にいるほとんどの人物は理解することはできなかった。ある一人の人物を除いて。

 

 

 

 アンドロイドと聞き、パトは驚き立ち上がる。

 

 

 

「まさか、ヤマブキさん……君は、“科学文明“から生まれたのか……」

 

 

 

 ヤマブキは否定をしなければ、肯定もしない。

 

 

 

「もし、そうであるなら、お願いがある」

 

 

 

 パトはヤマブキに近づき、頭を下げる。

 

 

 

「俺にその“技術“を見せてくれ!! 俺は科学文明(アルシミー)が一体どんな“技術“と“力“を持っていたのか……それが“知りたい“んだ。頼む!!」

 

 

 

 パトがさらに深く頭を下げる。

 

 

 

 今までずっと、“科学文明(アルシミー)“を調べてきた。だが、この機会を逃せば、もう二度とヤマブキ(科学文明と繋がりがある人物)のような人に出会えないだろう。

 

 

 

 本来なら、家にヤマブキが住む事も許してしまいたい気持ちのパトであるが、それは村長代理として許されない。

 

 

 

 

 

 ──それでも──

 

 

 

 

 

 その時、ライトがパトの肩を叩く。

 

 

 

「それなら、これはどうじゃ? 理由は分からんが、ヤマブキ君はパト君の近くで暮らす必要があるんじゃろ。じゃったら、そうすればええ。パト君もヤマブキ君について知りたいなら丁度ええじゃろ」

 

 

 

「それは……」

 

 

 

 パトは迷う。まだヤマブキについて何も分かっていない。盗賊のスパイだったりしたら、村を危険な目に合わせることになる。

 

 

 

 しかし、この機会を逃せば、もう二度と……。それに、この人(ヤマブキ)は……

 

 

 

「パト君や…………君はヤマブキ君をどう思うんじゃ?」

 

 

 

 頭の中では“信用“できていない。正直なところ、パトはヤマブキに危険な目に遭わされた。

 少し遅れていれば、ベアウルフと同じ運命を辿っていただろう。

 

 

 

 だが、そんな事も気にならないほど、パトの“心“には残ったものがある。

 

 

 

 それは二人が初めて“目“を合わせた時。

 

 

 

 

 

 ──瞳の中に、“鎖に繋がれた少女“の姿を見た──

 

 

 

 

 

 パトの“心(たましい)“は、その少女に引き寄せられる。……元のところに帰るような。不思議な感覚を覚えた。

 

 

 

 それは自分の“器“。自分と言う物を入れる専用の“器“。“この世に一つしかない“はずの、自分の“器“が二つ存在し、“波長“している。

 

 

 

 遠くであり、近くである。

 左右反転した物ではなく、“完全“に一致した。

 “別“の物……。

 

 

 

 

 

 ──ヤマブキさんは危険ではない。いや、危険とか、そう言う問題じゃない。“ヤマブキ“さんは“俺“、俺自身──

 

 

 

 

 

「…………でも」

 

 

 

 それでも、パトはヤマブキを村に入れるわけにはいかない。

 

 

 

 ガオとの“約束“がある。

 一人の意見や考えで、村を危険に晒すわけにはいかない。

 それが“村長代理“である者の定め。

 

 

 

「良いんじゃよ。パト君や、やりたいようにやれば。いつも、君や、君のお父さんの頑張りは知っておる。わしらのやりたい事をいつも手伝ってくれたじゃろ。今回はわしらがパト君を支える番じゃ」

 

 

 

 ライトはそう言い、みんなに相槌を求める。

 それに反応して、エスが答える。

 

 

 

「まぁ、俺は構わない。村長たちの頑張りは知ってるし……」

 

 

 

 続いて、ザミーネとリーラが答える。

 

 

 

「ええ、ライトさんの言う通り。いつも頑張ってるんだから、たまには私たちが支えるわ。他の村人たちも同じ意見だろうし」

 

 

 

「……はい。私も…………パトさんは、いつも頑張ってますし……。それにこの人、……悪い人じゃなさそう」

 

 

 

 ライトは次に、ヤマブキの方を向いて言う。

 

 

 

「お主も、この村でみんなと一緒に暮らす。それに異論はないじゃろ」

 

 

 

「ハイ。問題アリマセン」

 

 

 

「そう言う事じゃ、パト君や。後は君の意見に任せるぞ」

 

 

 

 

 

 ──俺の、意見──

 

 

 

 

 

「…………ヤマブキさん……」

 

 

 

 

 

 ──みんな──

 

 

 

 

 

「君の村の滞在を許可します」

 

 

 

 

 

 ──ありがとう──

 

 

 

 

 

続く

 




 どうも、ピラフドリアです。
 さぁって、今回は『世界最強の兵器はここに!?』の二話を投稿しました。


 遅くなってしまい申し訳ございません。今後の投稿ペースもこのようなペースになると思いますが、読んでいただけると嬉しいです。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。