新たな融合世界   作:真宮寺さくら

2978 / 3092
巨大ランボーグ爆弾を浄化せよ

「え」

 

「コーラルは僕を持つペン」

 

「新しい奴はおいらを持つニャン」

 

 

「「「何この力は?」」」

 

「この力とさくらと一緒に戦えばきっとあいつを浄化出来るラビよ」

 

「「「うんわかったよ」」」

 

「さくらさん行こう」

 

「ええ」

 

そしてさくら達がメインで戦い始めた。

 

「直哉本当にこれでよかったラビ?」

 

「あの時よりはまだいい方ですね」

 

「「「確かに」」」

 

直哉の言葉にグレース達が同意する。

 

「お久しぶりですヨヨさん」

 

「あ、直哉さん久しぶりね今日はどうしたの?」

 

「ああ、ソラさん達がスカイランドに行けるようになったので見回りのようなものですよイベントに違いのないかね」

 

「そう、それなら直哉さん達もスカイランドに行ってくれない?」

 

「一応聞きますけど何故ですか?」

 

「少し厄介な事が起きたのよ。アンダーグ帝国が・・・」

 

「あの時医療のプリキュアの敵のメガビョーゲンだったかしらランボーグ以外にメガビョーゲンをも使っているとましろさんから連絡を受けたの」

 

「「「通常のメガビョーゲンなら私達で浄化が出来る」」」

 

「そうだからこそヨヨさんが僕達に連絡をしたんでしょうね」

「良いのかい君達?」

 

「「はい」」

 

「それじゃあ頼むよ」

 

「ですが、プリキュアになった彼女達が融合世界に関連する世界に来た事により彼女達と敵対する者達も融合世界もしくは友好世界に現れる可能性も出てきてもおかしくないので」

 

「確かにその可能性もあるわね」

 

ヨヨがそう言う。

 

「ですので、ソラさんとましろさん達はどういう理由でどんな相手と戦ってるんですか?教えて下さいヨヨさん」

 

「あの時に医療のプリキュアについて言いましたからね」

 

「そうだね直哉君私達もお城に行く?」

 

「いえやめておきましょう。僕達はスカイランドで注目になりすぎるのは控えたいですしね」

 

「そう、それなら直哉さん達もスカイランドに行ってくれない?」

 

「一応聞きますけど何故ですか?」

 

「少し厄介な事が起きたのよ。アンダーグ帝国が・・・」

 

「あの時医療のプリキュアの敵のメガビョーゲンだったかしらランボーグ以外にメガビョーゲンをも使っているとましろさんから連絡を受けたの」

 

「それにお城に行けばスカイランドの騎士団に色々調べられそうですからね」

 

僕としては・・・」

 

「確かにそれは否定しねえけど・・・結果的に紫藤直哉が助けたんだからそれでよくねえの?」

 

「誰が助けたとか、関係ないだろうな奏お前が響君の世界の自分だったら呪いをかけるか?彼女が死にかけで」

 

『それはしねえよ。生きていて欲しいと思う」

 

「だな、俺もそう思うが、響君の世界では聖遺物の紛失を隠す事に俺達が手いっぱいで生存者に対するフォローをしてなかったんだろうな」

 

 

「ええ、響さんは自分の世界によって殺されかけたんですよ」

 

「別に翼さんと響さんが戦うのは僕達としては問題ありませんが、そうしないと翼さんの中で納得できないと思いますし」

 

 

「ただ僕や、響さん達が協力するのは国ではなく、二課と言う貴女達なんですよ」

 

「貴女達は国から立花響とその技術を手に入れろとでも言われていますよね?弦十郎さん」

 

 

「・・・ああ君の言う通りそれに近い事を言われている」

 

「そしてここでの会話も聞かれていると思うので言いますね。変な動きをしようとするすべての国に通達します。立花響に関する全ての情報及び身柄確保を目論む国は、滅ぼしますよ。特に二課のある政府さんは身をもって知ってますよね・・・以上」

 

「あんな苦労はしたくないんですよ」

 

「「「「成程」」」」

 

直哉がそう説明を終えると巨大ランボーグはキュアスカイとキュアプリズムの協力浄化技によって浄化されたのだが、バッタモンダ―は不敵な笑みを浮かべていた。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。