新たな融合世界   作:真宮寺さくら

3066 / 3096
第73章 新たな世界と融合世界序編
それぞれの世界から転移された者


「そうですね、とりあえず僕達のターゲットはメガ降魔です」

 

そして特殊遊撃部隊は、メガ降魔を浄化する為に動きだした。

 

その頃真宮寺直哉達の方にも援軍の先行部隊が到着していた。

 

「はあ、はあ、千明貴女どうしてここに?」

 

「千明さん」

 

「エリカさん直哉君とさくらさんの体力の回復お願いします」

 

「はい、グラース・オ・スィエール」

 

エリカの霊力によって、周囲の仲間の失った体力が、回復される。

 

「くっおのれーー小角の子孫めまた私の邪魔をするのか?」

 

「カルマあんたもいい加減しつこいわよ」

 

「私は人間の欲望がある限り、不滅だーー死ねー小娘共

 

カルマの怒りの攻撃が放たれたが、何とか直哉達は回避する事が出来たが、ZENKIがダメージを受けると、さくらと直哉の二人もダメージを受けていた。

 

「前鬼はこのイベントを経験した時間軸から来たと言う事ですか?」

 

「そうですねただあっているかは確信持って言えませんが、前鬼君の状況を見たらそう言う可能性もあると言うだけなのですが・・・」

 

「ふむふむ私もわからないですね」

 

千明がそう言う。

 

「そうですよね少なくとも前鬼君の封印は解けたんですから前進しましたね」

 

「そうだと良いですが・・・」

 

「それで直哉さんはこれからどうするんです?」

 

「そうですね・・・」

 

「「「トリプルハートチャージ!」」」

 

「「届け!」」

 

「「癒やしの!」」

 

「「パワー!」」

 

「「「プリキュア ヒーリング・オアシス!」」」

 

「「ヒーリンググッパイ」」

 

「「「「お大事に」」」」

 

「何なんだお前達は?まさか俺様のメガビョーゲンを浄化するとは、やってくれたな」

 

そして巨大メガビョーゲン浄化した事で大地は元に戻った。

 

「貴方がどこでメガビョーゲンを手に入れたかが知らないけど貴方がメガビョーゲンを使うのなら私達が貴方を止めるよ」

 

「ちっまあいいさ、今回はここまでにしておくさ」

 

バッタモンダーがそう言い残し撤退した。

 

「グレースさん達ありがとうございます」

 

プリズムがそう言う。

 

「今来たんです?」

 

「ああ、それは・・・」

 

「・・・成程あれが今回アンダーグ帝国が用意した本命かも知れませんね」

 

「「「「本命?」」」」

 

「ええ、そうです」

 

「あの巨大なランボーグを作り出す条件を満たす為に・・・」

「そうか異世界の人間として私は悪に見えるか?」

 

「それは見えませんよ。ただDCを手に入れたいと考えている人間がDC内部にいますが」

 

「でもビアン博士はそれすらもわかった上で好きにさせているように感じますが」

 

「フッ君にもそう見えるか?」

 

「はい、実際にお年寄りの博士に絡まれる可能性があったので」

 

「ああ、アードラ博士か」

 

「確かに彼等の研究はそう遠くない未来にDCの理念を忘れ暴走するだろうな」

 

「そんな彼等の野望ごとDCを止める者が現れる事をワシは期待している」

 

「成程ビアン博士は自分が悪になる事で異星人に負けない地球人の軍隊を作り出そうとしているんですね、そして地球の内乱として見せれば異星人側が早急に地球に手を出さないだろうと考えての事なんですね」

 

「君みたいに察しが良い人間だけならどれだけ楽か・・・」

 

「いやいやそんな人ばかりだと個性が無くて面白くないですよ」

 

「シュウさんもそう思いませんか?」

 

「そうですね私としたらマサキのような相手はしたくないですね」

 

「直哉が見た新しめの世界にはそんな余裕があるのかしら?」

 

「それは・・・」

 

「とりあえずキューティーハニー世界に行きなさい」

 

「わかりました」

 

「とりあえず千明さん達の状況確認出来たのでトワの依頼は終了ですね」

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。