幻想最終録〜世界の融合と全ての終わり〜   作:Uさんたちの部屋

52 / 62
前回までのあらすじ
Uはダメージか回復した為、無事復帰。しかし、春香の事で心が傷付いた彼に元気は無かった。一方、メテオは研究者のネルスの話を聞き、Uを生け捕りにしようとする………


第5章 光闇魔道士と高速の騎士
第52話 止まらない刺客


白宮家を離れたU達。あずさは電子コンパスを手にし………

あずさ「………幻想郷まで数えられるくらいにまで近づいた来たわね。」

U「………ああ。ここら辺まで来ると見覚えがあるよ。」

美咲「師匠、本当に調子は大丈夫なんですか?」

U「………大丈夫だよ。」

美咲「(………せっかく幻想郷に近づいて行っているのに、師匠の元気は日に日に無くなっている………)」

冬香「何かあったら私に言ってね、最近回復魔法を覚えたから………お姉ちゃんみたいなのは無理だけど。」

ソフィー「いや………あれは春香ちゃんが天才過ぎるだけだと思うわ………」

ガイア「………同感ですな。」

天風「おいおい、Uの奥さん、どんだけやばい人なんだよ………?」

U「………」

レナ「やめろ、U殿はただでさえその春香殿の出来事で傷ついているというのに………」

U「いや、大丈夫だよ………それに天風の言っている事だって一理あるさ。」

レナ「U殿………」

エメリス「………私は憧れているよ、春香さんのこと。Uの話を聞いただけだけど………優しくて、家事が得意で、とても強い魔法使いで………Uの心の支えである春香さんを………」

ミリン「姫様………」

のぞみ「………確かに聞いた話では、白宮春香は素晴らしい人物と聞いているわ。Uにはもったいない人物だと………正直思ったわ。」

あずさ「ちょっ!?、のぞみちゃん、いくらなんでもそれは………!」

U「………よく言われるよ。春香はお前にはもったいない人だって。」

あずさ「そんな事ないと思うわ………!」

U「………それは君の感想だろ。」

あずさ「………本当に私はそうは思わない!、U君だって誰かの為に戦い、誰かに優しくする事が出来る。春香さんはU君のそんなところに惹かれたんだと思うよ!!」

U「君に僕が惹かれた理由が分かるわけないよ!!」

あずさ「え………?」

U「………春香はこの戦いでさらわれて………挙句嫌われた………仮に君の言う通りの理由なら………そんな簡単に嫌われるわけないだろ!!」

Uはそう告げた。そして少しするとUは我に返り………

U「ご、ごめん………つい感情的になってしまって………」

あずさ「だ、大丈夫よ………」

謝るU。だが、あずさはUの心のダメージは深刻である事を思い知らされた。

????「………見つけたぞ、Uとやら………」

そんな彼等の前に、新たな敵が現れた。

U「………誰だ。」

????「………俺はグレント。メテオ様の命令だ。お前を生け捕りにする。」

突如としてU達の前に現れたメテオの刺客グレント。果たして彼の強さは………?

To be continued………




次回予告
グレントはUを捕らえようとする。Uはグレントに立ち向かおうとするが、春香の事が彼の頭を過り、戦いどころでは無くなってしまう………
次回「戦えない心」

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。