霊能者情報交換所   作:Take it easy.

2 / 2
第2話

 

フリーチャットルーム 「霊能者情報交換所」 へようこそ。

ここでは、誰でも自由に発言をすることができます。

 

 ◇

 

三代目:

 いや、メリーさんの電話の話を聞いたときには震えたね。

 重いパートナーにめっちゃ束縛されてぇ……!

 

刀買います:

 三代目さん、もしかしなくても童貞なの?

 彼女いなさそうだもんねー。

 

切り捨て御免:

 そういう言い方はやめるでござる。思わぬところで飛び火するでござるよ。

 

妖怪専門:

 言うとくが、実物を相手にしたらそんなこと言う余裕あらへんで。

 

三代目:

 え、じいさん、実物見たことがあんの?

 どう、美人だった? 美人だった?

 

残酷な真実:

 ジジイ、自重しろよ。こないだみたいなのは無しだからな。

 

妖怪専門:

 捨てた人形が電話かけてくるってんでなぁ、話す怪異は珍しいから興味あってん。

 祓う前に少し話そう思ってしまったんや。それがそもそもの間違いやった。

 

妖怪専門:

 何度説得しても、元の持ち主んところに帰るのを諦めへんのや。

 怖がらせたいんやない。ただ、元鞘に戻りたい言うんや。でも、瘴気ダダ漏れでなぁ。

 祓ったら祓ったで自我失うやろ? それは怪異にとっては「死」や。

 勿論、そのままは戻せへん。瘴気そんままやと、持ち主に影響でるんでな。

 怪異になった結果、持ち主のところに戻ろうとして、怪異になった結果戻せへんのや。

 最後は泣かれなてなぁ……。それでも歯ぁ食いしばって祓って、中身抜けた骸だけ持ち主に返したんや。

 もっとうまいやり方があったんやないかって、今でも思い出すたびに悔やんどる。

 

 

妖怪専門:

 おう? どうしたんや? 急に静かになってん。

 

 

刀買います:

 今はちょっと無理。

 

> 刀買います さん が OUT しました。

> 2020/3/17 2:33`12

 

妖怪専門:

 はて?

 

残酷な真実:

 ジジイが小学生の女の子を泣かしやがった……!

 

三代目:

 メリーさんを幸せにしてやりてぇ……!

 

 ◇

 

切り捨て御免:

 メリーさんの話を聞いたときには、怒りと悲しみで目の前が真っ白になったでござる。

 百合の間に男を挟んだ同人を読んだ時以来の衝撃でござった。

 

壺と額縁:

 草。設定にガチになりすぎだって。

 

切り捨て御免:

 だから設定ではござらん……!

 

壺と額縁:

 まぁ、口先でごまかすなら俺の専門だから、言葉が通じる相手なら俺ならどうにかしてみせたと思うよ?

 お化けだろうと妖怪だろうと、設定の中から「出てこれたら」お相手してあげてもいいかな?

 

三代目:

 へぇ……それなら、壺と額縁さんの力が必要になったら協力してくれるのか?

 

壺と額縁:

 いいよー。金次第だけどね。

 

三代目:

 言質は取った。

 

壺と額縁:

 そう言うけど、結局はこないだみたいに電波な水平思考ゲームをクリアーさせられるだけでしょ?

 本物がいるなら、一度は見てみたいけどね。

 

 ◇

 

切り捨て御免:

 最近、 隙間女 を斬る依頼が多いでござる。隙間の奥に逃げ込まれるから追うのが面倒でござるよ。

 何か、うまい対策はないのでござるか?

 

妖怪専門:

 現代の怪異はパスやなー。力になれへん。

 

周回中:

 そうでもないでしょ。じいさんが怪異関係で本当に約立たずだったのは雲外鏡相手だけ。

 

妖怪専門:

 その件はホンマにすまんと思うとる。

 

三代目:

 字面だけ追うと、Gみたいだよな。奥に逃げ込まれると面倒って部分。

 

壺と額縁:

 スプレーして、むせて出てきたところを斬っちゃえば?

 

切り捨て御免:

 いや、それはそのままGの対策ではござらんか?

 

 ◇

 

> 狼男 さん が IN しました。

> 20XX/3/21 23:33`44

 

狼男:

 おい、今ここに誰がいる?! 急ぎだ、助けてくれ!

 

切り捨て御免:

 どうしたでござるか?

 

狼男:

 助かった、切り捨て御免さん、地縛霊専門だったよな! 幽霊屋敷の勝手はわかるか!?

 

切り捨て御免:

 ものにもよるでござるが、おおよそは。

 

狼男:

 ××市の3丁目の廃屋、殺人事件で一家皆殺しにあったとこって言ったら通じるか!?

 

切り捨て御免:

 無理でござる。狼男さんのことは忘れないでござるよ。

 

狼男:

 俺じゃない! 高校生くらいの少年が3人で入っているのを見かけたんだよ!

 入った途端にニオイが途絶えやがった! 絶対やばいやつだよな?! 

 

切り捨て御免:

 不法侵入するような輩とはいえ、未成年でござるかー……。うーん。

 外法でござるが、方法がないわけではござらん。しかし、あまり気は進まないでござる。

 

狼男:

 気が進む進まないじゃなくて、子供の命を優先してくれ!

 

切り捨て御免:

 ねごしえいと、と言う方法でござる。ただ、嘘を付くことになる上、成功するかは半々でござるよ?

 

 ◇

 

刀買います:

 狼男さん、いつも何かに巻き込まれてるねー。

 

三代目:

 首をつっこんでいる、っていうのが正しいと思うけどな。

 正直、狼男さんはもう少し自分の身の安全を考えたほうが良いと思ってる。

 

妖怪専門:

 わいはヤツみたいな男が世ん中に一人くらいおってもええと思うで。

 

壺と額縁:

 まぁ設定の中の話じゃん? 

 

 ◇

 

切り捨て御免:

 霊障遭遇の際、救出が到着するまでの時間が長引けば長引くほど被害者の生存率は低下するでござる。

 神隠しなど特殊なものを除けば、1時間で2%低下し、3日以上なら絶望的でござる。

 ただ、そういう霊障はこちらが近づこうとしない限り、その場を動かないものでござるよ。

 

切り捨て御免:

 地方に行けば、封印されている祠をちょくちょく見かけるののでござる。

 そういうものは、中身が空の場合も、人々の信仰を受けて実際にカミになっているものもあるでござる。

 蓋を開けるまでは、どっちかはわからないでござるから、「絶対に近づかない」のが鉄則でござる。

 

三代目:

 あー、師匠のメモにも「捕まったら諦めろ」って書いてあるな。

 でも何か下に、「じゃなきゃ油揚げ」って書いてあるんだが。これってどういうこと?

 

切り捨て御免:

 有名な昔ばなしのことではござらんか。

 土地神と一種の契約を交わしている場合には、禁を犯しても許される場合があるでござるよ。

 こどもが稲荷様の祠を荒したあと、熱を出して寝込んでしまった。

 親が祠を修理して、油揚げを捧げたところ、熱が収まった。昔話にそういうものがござろう?

 

刀買います:

 神様だから、謝れば許してくれるってこと?

 

切り捨て御免:

 正確には、謝り、相手の要求を満たすことでござる。

 これが、「ねごしえいと」の基本的な考え方でござるよ。

 祓えないほど強大な相手にはそうするしかないのでござる。

 

残酷な真実:

 で、訊くが。狼男にはどうしろ、って言ったんた?

 

切り捨て御免:

 ……花を。

 

三代目:

 花?

 

切り捨て御免:

 花を捧げるように言ったでござる。

 あとは……正直、どうかと思う方法を勧めてしまったでござる。

 狼男殿は無事であればよいが……。

 

周回中:

 どうせ無事だよ。彼が死んだところを見たことがないからね。

 

三代目:

 そりゃ、周回中さんはそうかもしれないけどけどさ。

 

 ◇

 

切り捨て御免:

 耳袋の中に、 隙間女 の類話を見つけたでござるが。江戸時代からいる妖怪なのでござろうか?

 であれば。妖怪専門殿、何かしらうまい手立てをご存知なのではござらぬか?

 

妖怪専門:

 やから、ちゃうで。耳袋の方のは「居る」だけで家主に害は無い。とぼけたもんや。

 なんや知らんけど、家主を狂わせる 隙間女 は「憑き物」のたぐいで全く別物や。ワイの専門ちゃうで。

 

三代目:

 じいさんの線引きがどこにあるか、それがわからん(わからん)。

 

妖怪専門:

 やから、伝承にあるような妖怪専門や。なるべく有名なものがええ。

 昭和以降のはノウハウがあらへんから、簡単そうなのは祓うんやが、無理そうなら断っとる。

 

残酷な真実:

 口裂け女もメリーさんもそんなに簡単なやつじゃねぇだろ。俺だけか……?

 

サイキッカー:

 まぁ、戦後以降、都市伝説やネット上の噂から生まれたのを対処するのは僕らのほうが得意でしょうね。

 とりあえず、 隙間女 を壁の中でねじ切ればいいんですよね?

 

切り捨て御免:

 サイキッカー殿、助太刀かたじけないでござる。

 

 ◇

 

壺と額縁:

 へー……花を捧げさせて、「犯人が捕まって、事件は解決しましたよ」って言わせる、か。

 斬り捨て御免さんも面白いこと考えるね。

 執着が薄くなるようなことを言って、霊障を弱めるって発想か。うん、面白いよ。

 

切り捨て御免:

 面白くはござらん。狼男殿が戻らないところを見ると、共倒れやもしれぬ。

 諦めるように説得するべきでござった……。

 

壺と額縁:

 でも、それって設定の上の話だよね? そんなことより、俺の仕事に興味ない?

 頭使う仕事だけど、この板にいるような人は向いていると思うよ。

 設定に話を合わせることができるのは才能だよ。ここの板の人は皆上手だよね。

 

切り捨て御免:

 詐欺に勧誘するのは止すでござる……。あと設定ではござらん。

 

壺と額縁:

 いや、上の話って、あの新聞記事のやつでしょ? 廃屋に侵入した高校生3人が補導されたってやつ。

 

切り捨て御免:

 ちょっと待ってくだされ。何の話でござるか?

 

壺と額縁:

 切り捨て御免さんって、○×新聞とってる? 小さい記事だけど確かに載っているよ。

 22日深夜に××市で廃屋に高校生が3人で肝試し目的に侵入、通行人に通報されて補導、って。

 

壺と額縁:

 まぁ、廃屋ってのがどこの廃屋なのかはボカしているけど、十中八九、3丁目のあの家のことでしょ?

 これ、通報したの狼男さんってことでしょ?

 

切り捨て御免:

 ……マジでござるか? 高校生は無事なのでござるか?

 

壺と額縁:

 ま、現実の新聞記事の説得力には及ばないよね。結局は設定どまりだよ。

 狼男さんも忙しいだけなんでしょ?

 

切り捨て御免:

 高校生は無事なのに、狼男どのは帰ってこない?

 

切り捨て御免:

 何故?

 

切り捨て御免:

 ちょっ、これマズイやつなのではござらぬか?

 

切り捨て御免:

 ……嘘をついたことに気がとがめて、「謝りに戻った」とか? 狼男殿ならあり得るでござる。

 え、3日はとっくの昔にぶっちぎって、でも満月と被っていたりは……?

 ちょ、今の月齢がいつかわかるでござるか?!

 

壺と額縁:

 いや、その前にトドメいい? そもそも、嘘をつくことが無理じゃん。犯人捕まっているよ。

 

切り捨て御免:

 まことでござるか!?

 

壺と額縁:

 補導の隣の記事見て。この間の殺人主婦の自供の中に、その家の事件のこと入ってるよ。

 怖いよねー。わかっている人数が既に10人超えたのに、まだ増えるかもしれないって。

 

切り捨て御免:

 かたじけなし! ちょっと、3丁目に行ってくるでござる!

 

> 切り捨て御免: さん が OUT しました。

> 20XX/3/27 3:12`42

 

壺と額縁:

 えっ、これ俺の勝ちだよね。ガチャ切りで逃げるのはずるくない?

 

 ◇

 

> 狼男 さん が IN しました。

> 20XX/4/1 23:13`12

 

> 切り捨て御免 さん が IN しました。

> 20XX/4/1 23:13`24

 

切り捨て御免:

 狼男殿のバーカ! バーカ! お人好し! 早死したいでござるか!? マジで信じられねーでござる!

 

狼男:

 切り捨て御免さん、悪かったよ、ごめん。そして、ありがとう。

 

切り捨て御免:

 壺と額縁殿にも感謝するでござるよ! あの気付きがなければ、 マジで死んでたでござるよ!?

 

狼男:

 ああ、そうする。二人は命の恩人だ。

 

切り捨て御免:

 本当に反省するでござるよ!? 謝りに戻るとか自殺行為だと考えてわかるでござろう!?

 

狼男:

 ……でも、そのままにしておけなかった。それじゃ俺の気がすまなかった。ごめん。

 

 ◇

 

壺と額縁:

 あーあ。レスバにエビデンスまで持ち込んだのに、負けを認めないんだもんな。

 

切り捨て御免:

 だから設定ではないでござるよ。

 

狼男:

 壺と額縁さんには感謝している。嘘じゃない。

 

壺と額縁:

 俺が欲しいのはそういう言葉じゃないんだよ。まぁ、いいや。

 そういえば 隙間女 の話ってどうなったの? まだ続いている?

 

三代目:

 それなんだけど……俺も手伝いに出たんだけど、難航しているんだよな。地味に。

 

サイキッカー:

 対症療法だと、また「出る」みたいなんですよね、 隙間女 。

 

 ◇

 

妖怪専門:

 害がない妖怪は逆に祓えんもんや。ケセランパセランみたいにな。そういう場合、放置が正解なんや。

 おっても害が無い、せやけん、気にせんとけばそのうち消えとる。意識するほうが逆効果や。

 

妖怪専門:

 そんで強い霊障起こすやつほど、逆に物理が通るんようになるのは有名な話やが……。

 

三代目:

 家族の依頼で、「彼女が家にいるから出かけられない」って繰り返す被害者宅に行ったぜ。

 明らかに精神になんらかの干渉を受けてる。性格を改変するレベルの霊障で間違いない。

 ここまで来ると、普通に物理攻撃でどうにかなるよな?

 

サイキッカー:

 たしかにねじ切った感覚はありました。

 

残酷な真実:

 で。再発したと。

 ダッシュババアを轢き殺すのは無意味、みたいに、バックボーンで耐性持ってんのか?

 

三代目:

 斬るのもねじり殺すのもダメって普通はありえなくね?

 調べてもバックボーンがわっからねーんだよ。突発的な都市伝説はこれだから面倒だよな、マジで。

 

切り捨て御免:

 他に思いつくものはおおよそ試したでござる。隙間を目張りするのは逆に意識を向けるようでござる。

 暴れる被害者を当て身で眠らせて、棲家を変える、ということもやってみたでござるが……。

 

刀買います:

 霊障汚染を広げただけだったよねー♡

 引越し前と引っ越し後の家を二軒とも 隙間女 が出るようにするとか意味わからないんですけど。

 せめて、「隙間のない部屋」を用意するくらい考えつかなかったの?

 

切り捨て御免:

 返す言葉もない。

 

壺と額縁:

 ちなみにその 隙間女 って喋るの? 

 

三代目:

 喋らない。なんか隙間に立ってじっと見てくるだけ。

 

壺と額縁:

 じゃあ、俺はパスだね。設定の話にパスも何も無いとは思うけど。

 

妖怪専門:

 (しきみ)が効果あらへんのやろ? なら、そもそも悪い霊魂やない。

 はて、正体は何なんやろな?

 

壺と額縁:

 ねぇ、そろそろ突っ込んでもいい? 妖怪なんているわけないし、カウンセラーの仕事じゃない?

 

三代目:

 カウンセラー?

 

壺と額縁:

 いや、だってさ。幻覚見えてて、その幻覚のせいで家を出られないんでしょ?

 何らかの精神症じゃない? 素人があまり勝手なことするのは悪化させるだけだよ。

 絶対に良くないって、それ。

 

三代目:

 幻覚が、先で、その幻覚から、影響を受ける?

 あー……もしかして、順序が逆だったのか?

 霊障が人に害をなしているんじゃなくて、害のある霊障を人が生み出しているのか?

 

切り捨て御免:

 そのような気がするでござるな。意識すると逆効果なこともこの説の裏付けになるのでござらんか?

 

サイキッカー:

 あー、そうですね。それなら物理で対処できないのも納得できます。

 存在の核はそもそも精神世界内に存在するんだから、手出しできませんよね。

 

壺と額縁:

 え、何この流れ?

 

妖怪専門:

 嬢ちゃん、お手柄やで。

 

壺と額縁:

 いや、ごめん。ちょっと厳しいこと言ったかなーって思ったからさ。

 このあとさ、「妖怪を彼女扱いとか、童貞をこじらせてそうだよねwww」って冗談飛ばす用意がさ。

 

残酷な真実:

 へぇ…… 隙間女 ってのは、童貞コンプが形を変えて出たものかもしれない、か。

 まぁ、何か悩んでいる時に霊的存在の影響を受けやすくなるのは半分常識だしな。

 額縁さん、すげーキレッキレだな。これって、もうほぼ解決じゃないか?

 

三代目:

 すげーよ……! 壺と額縁さんには一体いくつ先が見えているんだ……!

 

壺と額縁:

 ちょ、マジで何なのこの流れ?

 

 ◇

 

三代目:

 部屋に彼女がいるので今日は出かけられねぇ。

 

切り捨て御免:

 奇遇でござるな。拙者も部屋に彼女がいるので出かけられぬでござる。

 

壺と額縁:

 二人共、この間からずっとこの調子だけど、どうしたの?

 

残酷な真実:

 祓ってたこっちが霊障にあてられるってのは少なくないんだよ。

 何十回も 隙間女 を祓ってたんだが、どうやら二人とも、その……何て言えばいいのかな。

 経験が、無かったようでな。

 

壺と額縁:

 草。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。