無冠の帝王   作:玄武 水滉

1 / 1
未来

 

 

 

「ってなんでこいつら銃持ってんだよ!!!」

「右に避けてください!!」

 

 少年の腕の中から、少女が叫ぶ。その声に応じる様に慌てて右に跳ねると、体があった場所を縦断が通過していった。

 もしそのままいたら……と考えるとゾッとする。が、そんな事を考えている場合ではない。背後から迫る軍隊の様な服を着込んだ集団が、鬼の形相で迫ってくる。

 

 どうしてこんなことになってしまったのだろうか。夏休みを謳歌する為にゲーセンに繰り出したのがいけなかったのだろうか。いや、重い荷物を背負っているおばあちゃんを見過ごしたからだろうか。何しろこれが天罰だと思うしかない。銃とは無縁の世界で生きていた筈だからだ。

 兎も角、足を止めるわけには行かない。だけれども勿論人間ではあるので、いずれ疲労によって捕まってしまうだろう。逃げる場所が必要だ。

 

「hey! saki!」

「AIみたいに呼ばないで下さい! とりあえずもう少ししたら裏路地があるので、その壁を伝ってビルの屋上を目指しましょう」

「俺に壁を登れって言ってる?」

「はい! ショウゴなら余裕でしょう?」

「お前が重くなければな!」

 

 凶弾が迫る。既に足や腕に掠っている以上、もう受けたくないので必死の思いで身体を捻った。ギリギリの所で躱す事に成功するが、筋肉が悲鳴を上げている。

 そもそもこんなにショウゴ──轟翔吾はアグレッシブなタイプではなかった。学校では常に机に突っ伏して寝ている上、話す友達も居なく、ましてやスポーツなんてありえない。強いて言えば目付きが悪いので、よくスキルアウトに絡まれる事ぐらいだろうか。その度にボロボロになりながら帰宅する。それが轟翔吾の人生だった。

 それが今では、白髪の少女を抱えて銃弾から逃げるなんて。昨日の自分に言ったら信じてもらえないだろう。と、ため息を吐きながら、言われた通り右に曲がって裏路地に入った。

 ゴミ箱が散乱する様な汚い路地を駆け抜け、排気口に足をかけて壁を登っていく。腕の中でそのスピード感が気に入ったのか、キャッキャと騒ぐ少女を見て再びため息。

 

「……とりあえず撒いたか?」

「はい! 暫くは大丈夫でしょうね」

 

 所々汚れた白のワンピースをひらつかせて、少女は笑う。そんな笑顔を見る余裕もなく、ビルの屋上に大の字になって寝転ぶ翔吾。

 そんな翔吾の頬を突きながら、ニコニコしている少女。この彼女に、翔吾は問いたださなければいけない。

 

「なぁ」

「はい?」

「なんでお前は追われたんだ?」

 

 んーと可愛らしい声で考える素振りを見せながら、くるくると回る。白い髪が夜空に浮かび、少女は笑った。

 

「さっきも言ったじゃないですか。私の能力が狙われてるって」

「……能力なんだっけ?」

「え!? さっき言ったというか、じゃあなんで指示に従ってくれたんですか!?」

「いやまぁ……あんな経験したの初めてだったしな。余裕がなかったというか」

 

 その言葉にビクッと反応し、申し訳なさそうに目を伏せる少女。

 

「そう、ですよね。すみません、私が巻き込んでしまって」

「いや、別に巻き込んだ事に関して怒ってはない。ただ、なんでだっけって。原因を考えていけば、きっと追われる事もいつか──

 

「それはないです。絶対に」

 

 キッパリと言う少女に目を向けると、彼女の目は翔吾が見た誰もよりも暗かった。まるで無理だと。そんな事はあり得ないと言わんばかりの視線に、思わず目を逸らしてしまう。

 少女はぺたんと翔吾の隣に座り、口を開いて語り始めた。

 

「さっきも言った様に私の能力、簡単に言えば未来予知が、どうやら学園都市の研究者様方は欲しいらしくて」

「…………」

「どうにかして私から引き抜こうとしているらしいです」

「引き抜く?」

「はい、能力をです」

 

 そんな事出来るはずない。とは言えなかった。ただの気休めに過ぎないからではなく、()()()()()()()()()()()()()()()()()と思ったからだ。

 彼女の予知能力が何処まで見れるのかは翔吾には分からない。ただ、全てが見えている可能性もある。自分が助からない未来。能力を抜かれる未来。それらが見えていて、翔吾がかけられる言葉なんて物はこの世に存在しない。

 

「それで、なんで絶対って言えるんだ」

「見たんです。自分の未来を。私の能力は最大で1ヶ月後まで未来を見る事ができます」

 「…………」

「1ヶ月。その間に私は確実に捕まります。そして二度と逃げられない様に縛られて、そして能力を抜かれます」

「もう、そこまで見えてるのか……」

 

 ぽつりと語る少女に、翔吾はどう言う顔をすればいいか分からなかった。もう確定した未来。そんな未来を見据えて、それでも屈託のない笑顔を向けてくる少女に、どんな言葉をかけたらいいのか。生きてきた人生経験は頼りにはならなかった。

 

「……じゃあ未来が確定した。もう逃げても無駄。でもなんで脱走したんだ? 研究所?から」

「海が見たかったんです」

「海?」

「はい。研究所の中で見る絵本の中にありました。海という素晴らしく広大で綺麗なものがあるって」

 

 目をキラキラさせながら話すその表情に、翔吾は何とも言えない気持ちになった。

 翔吾からすればたかが海だ。潮臭く、海水でベタついて熱いなんてイメージしかない。

 ただ、少女からすればそれは素晴らしい光景なのだろう。そして、それが見る事も叶わない。だって、彼女には1ヶ月先まで未来が見えているのだから。

 

「私は必ず捕まります。そして二度と研究所から出る事はできない。それでも、きっと海ならば、見る事ぐらいは出来ると思ったんです。たとえ未来が見えていたとしても、それでも諦められなかったんです」

「そうか」

「だから──

 

「悪りぃな。そいつは叶わないわ」

 

 

 ──刹那、圧倒的な暴力の波が翔吾を攫った。

 

 轟音と共に、吹き飛ばされる翔吾。少女──サキは一瞬何が起こったか分からなかった。突然の暴風と共に、隣で話していた少年がいなくなったからだ。

 そして、サキは未来を見る。

 

「あ、あぁ……!」

 

 屈強な肉体の男は、吹き飛ばした翔吾の頭を踏み付けた。何かが壊れる音と共に、コンクリートの床にヒビが入った。よく見ると、翔吾の頭から肩にかけてコンクリートに埋まっていた。それ程の脚力で踏みつけられた頭は一体無事なのだろうか。

 

「あああぁあああ!!!!」

 

 ──未来は、見えなかった。

 

「ガキを痛ぶる趣味はねぇんだ。一度しか言わないからよく聞けよ? 素直に捕まれ」

「ショウゴ! ショウゴッ!」

 

 埋まった体からドクドクと赤黒い血が溢れてくる。

 未来は、未だ見えない。ショウゴの生きている未来が見えない。

 

「ごめんなさいごめんなさい」

「ん? まぁいいや。そんじゃあ連れてくか」

 

 もし関わっていなければ。あの時、追いかけられている自分を見て、伸ばした手を振り払っていれば。全く関係のないショウゴは死ぬ筈なかった。

 サキの未来予知にて、見えないというのは即ち死を指す。これは例外なく絶対だ。幾つもの死を見てきた、そのデータはほぼ確実な物だろう。

 溢れる懺悔が止まらない。きっとショウゴはこれからも生きていけた筈だ。その命が目の前で、自分のせいで散っていった。その事実だけがサキを懺悔の渦に駆り立てた。

 

 ぺたりと座って泣くサキを抱えようと、屈強な男が歩き出した所で──

 

「いってぇな……」

 

「あ、え?」

 

 ──声が聞こえた。

 

 フラフラと血溜まりから立ち上がり、男を睨みつける翔吾。

 未来は、見える。確実に、ショウゴが更に此処から殴り殺される未来が。

 

「逃げて! ショウゴ!」

「……んだよ」

「私が素直に捕まるから! もうあの人に手を出さないで!」

 

 頭蓋骨にきっとヒビは入っているだろう。肩にも上手く力が入らなく、左肩はぐちゃぐちゃだ。ピクリとも動かない左腕を確認して、翔吾はよろよろと歩き始めた。

 その姿を見て口笛を鳴らす男。思った以上のタフネスに驚いている様だが、この男はプロだ。一撃で仕留められなかった悔しさが少し心の中で渦巻く。

 口の中を切ったせいで出た血を吐き、翔吾はサキを見た。

 

「そんで、お前はどうすんだ」

「諦めるから。もう逃げないから。夢を見るのは辞めるから──

 

「海、見るんじゃなかったのかよ」

 

 ──翔吾の未来は見えない。

 

 だが、その目は死んでなかった。顔を血で濡らしても。目の前に絶対に勝てない敵がいたとしても。翔吾の目は死んでいなかった。

 男は確実に邪魔する物を排除しようと、拳を構えた。鍛え上げられた拳が、翔吾に向けられた。

 それでも、翔吾の目は訴えていた。お前は夢を諦めるのかと。そのままでいいのかと。

 

 

 

 

「……やだよ」

 

 

 

 

 

「嫌だよッ!!!!」

 

 

 

 

「海も見たいッ! 美味しいものも食べたいッ! 恋もしてみたいッ! 結婚もしてみたい!」

 

 

 

 

「もっともっと、自由に生きたいッッ!!!!!!」

 

 

 

 

 

 剛腕が迫る。ビルの屋上に吹き荒れる風を切り裂くかの如く、拳が唸る。

 

 ──翔吾の未来は、見えない。

 

 男の踏み込みで床が割れた。

 男の拳で大気が鳴った。

 男の拳で未来が見えなくなった。

 

 

 

 

「じゃあ勝手に諦めんなよ」

 

 ──翔吾の未来は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え?」

 

 サキはその瞬間、男の顔に拳が差さっているのを見た。

 

 ──見える。

 ──翔吾の未来は、見える。

 

 

 錐揉み回転しながら、男がコンクリートの地面に倒れる。だが、上手く受け身を取った様で、拳をもう一度構え──

 

「勝手に諦めんじゃねぇよ」

 

 迅速とも言わんばかりの速度で、翔吾の拳が飛ぶ。

 その拳の振るい方は素人に過ぎない。ただ、人の領域を超えたその速度が、彼の拳をここまで戦えるものに仕上げていた。

 

「欲張れよ。今まで辛かったんだろ? だったらもっと我儘言えよ!」

 

「ッ! このガキが!!!!!」

 

 非弱そうな少年に負けるとは男のプライドが許さないのか、怒りに満ちた表情で顔を向ける。鬼の形相にも怯む事なく、翔吾はその迅速の拳を振るった。

 屈強な肉体が吹き飛ぶ。

 蹴りが男の腕を容易く折る。

 幾度となく立ち向かってくる波を、難なく跳ね除けていく。誰がどう見ても翔吾が優勢だった。

 

 そこでサキは思い出す。読んだとある絵本の内容を。

 明らかに格上の相手から、勝利をもぎ取るその姿。負けるはずの未来を掻き消し、勝利で塗り潰す番狂わせ。

 人々はそんな勇者に敬意を評し、彼の事をこう呼んだ。

 

「助けてって言えよ!」

 

 ──『起死回生(ジャイアント・キリング)』と。

 

 

 

 

 

 






評価してくれると更新スピードが上がります。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。