ホロライブラバーズ トロフィー『悪意は善意に』獲得ルート   作:EVOL2019

59 / 60
(気がつけば1周年だったので)初投稿です


Part.58 水も滴る美少女たち

遠距離縛りミニゲームが開催されるホロラバ始まるよー!

 

前回!海水浴に着た幽真くん、お嬢、フブキングは、偶然会ったノエフレコンビと一緒に楽しむことに!そして、その第一のミニゲームが、まさかの水鉄砲で相手のポイを狙うサバイバルミニゲーム!

遠距離弱々投稿主がゲームマスターフブキング、身体能力がエグい団長とお嬢、遠距離攻撃キャラのフレアに挑みます!

 

 

 

>『はぁ!』

 

「危なっ!?幽真くんまさかの白上狙いとは、返り討ちにしてあげますよっ!!」

 

>『チッ』

 

>フブキから放たれた水の弾丸をバックステップで躱す。先手必勝とばかりに白上のポイを狙い撃ったのだが、放たれた水の弾丸は何処かへと飛んでいく。

 

>アタッシュショットガンやオーソライズバスターより水鉄砲がはるかに軽すぎて照準が合わせづらい。

 

「フブちゃんだけじゃないからね!」

 

>『しまった!?』

 

>すかさず、フレアからの攻撃でポイが一つ破れる。フレアの持つ武器は弓型の水鉄砲。あれ?水鉄砲か?普通にプラスチック製の矢に水風船括り付けてるだけだろ?

 

「水風船がついてるのでOKです!」

 

>『そうかよっ!!』

 

「やはり、避けるか。幽真!」

 

「これでも、くらってください!」

 

>『なんで揃いも揃って俺を狙うのかね!?』

 

「「「「そりゃ、1人だから」」」」

 

>『俺だって好きで1人でやってるんじゃないんだよ!!』

 

 

 

うーん、このみんなの連携力よ。そりゃ、幽真くん1人だけども、もう少し手心とかは……あ、ない。そうですか………。まぁ、幽真くんって1人でもなんとかしそうっていうイメージついてそうですよね。実際今まで一人で立ち向かったりすることとか多かったですし。

とりあえず、この状況をどう打破するか考えないと勝ち目がないですね!!

 

 

 

>4人からの水鉄砲の攻撃も止むこともなく、ただひたすらに避ける。攻めに入ろうと思えば着実に頭に乗った最後のポイが撃ち抜かれることは容易に想像ができる。

 

>『だったら!』

 

>サブウェポンとして、ランチャー型の水鉄砲から水風船を放つ。

 

「フレア、危ない!」

 

「苦し紛れに水風船を!?でも、残念だったね!」

 

>『持ってけ!Wだ!!』

 

>一発だけだと油断していたフレアに 2発目の水風船を放つ。

 

「もう一発!?・・・フブちゃんごめん、破けちゃった」

 

 

ヨシっ!(現場猫]とりあえずフレアを落とせました!次はお嬢か団長を落として全員対等の状態にしちゃいましょう!!そしたら、少しは勝気が上がるはずです!

 

 

 

「そんなフレアが!?」

 

「フブキちゃん、スキあり!」

 

「くっ、フレアの仇は取りますからね!」

 

>『とりあえず、1人』

 

>次弾を装填して、次へと備える。次の標的はあやめかノエルのどっちかだ。だが、今の手は2人には効かないだろうから、何か別の手を考えないと。

 

「あらよっと!!」

 

>『それ水鉄砲じゃねぇだろ!?』

 

>突如ノエルによって投げられた巨大な水風船が地面に着弾する。なんとか、躱すが、いちめん水浸しだ。

 

「水を使ってるので水鉄砲です!」

 

>『とんでも理論言いやがったぞ!?この聖騎士!?』

 

>すかさず、メインウェポンのショットガン型で攻撃を仕掛けられる。腕を盾にしてなんとかポイを守る。

 

>ちらりとフブキたちの方を見ると、あちらも激戦のようでこちらに構っていられる暇はなさそうだ。なら、こちらも集中して・・・

 

>『何個あるんだ!?それ!?』

 

「団長が持てる分だけあります!」

 

>『の割には、手に持って・・・収納系のスキル持ちかよ!?』

 

>ノエルの手に先ほどと同じ水風船がどこからともなく現れる。

 

「白銀聖騎士団所属の人は全員持ってますよっと!」

 

>『サブウェポンが全然サブじゃないんだが!?』

 

 

 

何やってんだよ!団長!!サブウェポンはあくまでサブなだけであってそうポンポン使われたら全然サブウェポンじゃないのよぉ!!

メインちゃんと使ってる?その腰につけている水鉄砲は飾りか!!

 

 

 

>ノンストップで投げられるバスケットボールサイズの水風船を横に飛んだり上にかわしたりとするが、中々に攻撃のチャンスが回ってこない。

 

>このままじゃ埒があかない。なら・・・

 

>『自分で切り開く!!』

 

「なっ!?水風船を空中で!?前が見えないっ!」

 

>水風船を空中で射抜き目眩しをさせると、即座に背後に回り込む

 

「はっ!?幽真くんは何処に!?」

 

>『これでチェックメイトだ』

 

「そんな!?」

 

>ノエルの頭のポイを狙い撃ち、破る。これで全チーム残り1人・・・だと思ったが、

 

「フブキちゃん強すぎ・・・」

 

「そういうあやめちゃんもどういう反射神経してるんですか・・・あの近距離でかわされるとは思いませんでしたよ」

 

>どうやら、あちらも決着がついたのかあやめのポイは破かれていた。

 

「残りは幽真くんあなただけですよ!」ビシッ!

 

>『すぐに終わらせてやる』

 

>水鉄砲の空になったタンクを外し、新しいタンクを装填する。フブキ相手に耐久勝負は明らかに不利。

 

>『はぁ!』

 

「甘いッ!」

 

>ランチャー型で先制攻撃を行うがフブキはそれを少し身をずらすことで躱し、反撃を入れてくる。

 

>『なんでこうも強いんだよ・・・いつも使ってる武器とは違うだろ』

 

「「戦場において、武器がどうとか言ってられないんですよ(だよ)!!」」

 

>『っ!?』

 

>なんとか身をかわして砂浜に降り立つ。

 

>なんだ、今の違和感。今フブキの声が二つに聞こえた。そして、一瞬だが黒い幻影が見えた・・・なんだ。今の・・・

 

「って、黒ちゃん何出てきてるんですか!」

 

「面白そうだから私にもやらせろよ」

 

「駄目だよ!幽真くんに黒ちゃんの正体バレたらバトロワの時対策されちゃうじゃないですか」

 

「対策がなんだ。そんなもの私が上からねじ伏せる」

 

>何やらぶつくさ言っているが、誰と話しているのだろうか?

 

「次のバトロワまで我慢してください」

 

「ったく、仕方ねぇな」

 

「それじゃ、幽真くん行きますよ!」

 

>『話は終わったのか?』

 

「な、なんのことですかねー?」

 

>『いやだって今誰かと「話してません!!」……え、あ、はい』

 

>強引に押し切られたが、今はそのことを気にかけてる暇はなさそうだ。

 

 

 

おっとぉ?これもしかしなくてもさぁ・・・黒様やん。間違いなく黒様じゃん!!

 

黒様が分からない方に説明を入れておきましょう。黒様というのは『黒上フブキ』の呼称で、白上フブキと同棲しているキャラクターです。

 

ホロラバ界隈でかなり有名で、白上のルートを辿れば半分の確率でこの子が絡んできます。

様々な登場方法、神出鬼没さに頭を抱える走者も跡を立たないくらいです。

 

え?それだけじゃ、対したキャラクターじゃないだろって?はい、その通りです。黒様が厄介なのはその神出鬼没性だけではありません。

 

黒様が数多くの走者を苦しめたのは、普通に強いホロメンたちより上を行く戦闘能力に圧倒的なまでの戦闘センス、スキルなしでも普通に中ボスをコテンパンにできるほどの実力を持ち合わせているからです。ここに白上より強い魔法とか使ってくるんだから頭イカれてると思うんだ。

 

まさかこのルートで彼女をお目にかかれるとは思いませんでした・・・。幽真くんが前フブキングが以前より強くなっている気がすると言っていたのは黒様のことだったんですね。

あの感じですと、黒様はフブキングの別人格としての登場ですかね?それなら、まだマシなんかなぁ・・・。フブキングと黒様が別だったら、このコンビはホロラバ最強コンビの一組なので戦うのは避けたいところです。

 

まぁ、これを相手する前に同じく最強コンビのmiCometと遭遇しちゃってる時点で結構やばいんですけどねー。なんでこうも、つよつよコンビと当たるのだ・・・。

 

次のバトロワ、001の力あるから楽勝って言っていた昔の自分を殴りたい。何が楽勝だよ、miComet、黒様&白上、ロボ子さん、覚醒したお嬢におかゆんがいるわけだから、マジで難易度かなり鬼ですね

 

時間もいいですし、今日はここまでにしておきましょう。では、次回もお楽しみに〜。Ciao〜。




いやぁ、皆さんのおかげでこの度ホロライブラバーズ『悪意は善意に』獲得ルート1周年(1週間前ほどに通り過ぎたけど)ですよ!!
飽き性の自分としてはよく続いたなと思ってます。これからも何卒応援のほどをよろしくお願いします!
では最後に・・・・

我が魂はぁぁぁぁ!!ホロライブと仮面ライダーと共にありぃぃぃぃぃぃ!!

《50話記念》作者に本音ぶちまけようキャンペーン ホロライブラバーズトロフィー『悪意は善意に』獲得ルート 小説の形式は今まで通りでいい?

  • 問題ない
  • 改善を求む
  • さっさと投稿すんだよ!

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。