七医贓   作:右足首の頭蓋骨

1 / 2
始まりは突然にしかし噛み砕くように

 七医臟(ないぞう)、それは最悪の戦い。

 七医臟、それは古代の医術。

 七医臟、それは許されざるゲーム。

 今夜、七人の戦士が戦う、最後に生き残った者はどんな病もどんな傷も一度だけ治すことができる。

 命懸けの、いや、命賭けの戦いが、今、始まる。

 

「モエっちはさーもっと女々(おんなおんな)したカッコの方が良いと思うんよー」

 俺は憂奈空彼(うなあか) 盛鐫留世(もえるよ)どこにでもいる女子高校生だ。

「ヒーちゃんにソレ言われたらオシマイだぜぇ、お前こそもっと男らしい格好しろや」

 そして俺と一緒に登校してるコイツが一柱(ひとばしら) ヒート、俺の幼馴染で外国人の母親の影響でカワイイもん(萌って言ったっけな)に目が無い。

「そゆとこー、もーモエっち〜彼氏できないよー」

 チャンスだ!俺はコイツに惚れている、だから今から告白する。

「ヒーちゃん、俺はヒーちゃんに俺のかれ……」

 立ち止まって振り返って全神経を集中して言葉を発そうとした、だから気が付かなかった車が俺に向かって突っ込んできていることに。

「モエ!」

 ヒーちゃんの全体重が乗ったタックルに俺は後ろに思わず後ろに飛んだ、次の瞬間、俺のいた場所でトラックが壁とキスをした。

「無事でよかった……」

 ヒーちゃんの体はエゲツないことになった。

 

 これが俺がこの戦いに出場する理由だ。

 

 ヒーちゃんは生きてる、けど会話はできない、植物状態のヒーちゃんのお見舞いに毎日行った、そんなある日に。

「お嬢さん、どんな傷も、どんな病も治すことができると言ったら、貴女は何を捧げれますか?」

 この怪しい男と出会った、そんで俺はこの戦いに参加した。

 聞けばこの戦いは儀式だそうだ、病院を建てる前にこの儀式をするとその病院は儲かるらしい、まあ俺にはそんなことは関係無かった、ただ見せられてしまった、前回の勝者がコールドスリープされた脳味噌から人間を作り出す瞬間を、人がほとんど死んだ状態から生き返る瞬間を、だから俺は信じないわけにはいかなかった。

 

 つまり俺達は集められた、部屋の中には俺を含めて七人の男女がいる、俺はこいつらがどんな人間かは知らない、知る必要もない、これから俺はコイツらを殺す、人を助ける為に戦おうとしてるコイツらは悪人じゃないんだろう、だけど殺す、仮に悪人だったとしてもそれは殺しが許される理由にはならない、だから殺す、仮に善人だったとしてもそれも殺さない理由にはならない、殺す。

 部屋の扉が開かれる。

 広い広い空き地、俺達は一度見た、けどその空き地の中心にあるそれを、俺は初めて見た、大きな丸い……石?

「初めまして、地球です」

 鮮やかな青に色付き宙に浮く、地球を名乗ったソレの周囲に小さな球が7つ出現し、そのうちの一つの赤い球が俺の胸に飛んできた、思わず叩いたがすり抜け俺の胸の中に入り込む。

「あなた達は力を得ました、私は見ています」

 地球?はそんなことを言って溶け落ちるように落下し地面に消えた。

 もう、始まってるのか……?

「相手を殺す魔法」

 突然、若い男が近くにいる女性を指差してそう言った、何も起こらない、男は首をひねり、そしてズボンの社会の扉に手を入れ自分のチンコを引き抜いた、待って!チンコって取れるの!?

「エゲツな!」

 俺は思わず唖然として声を出し口を開けて眺めてしまった、チンコと一緒になんか色々と引っ付いてる、それがねじれて一本の棒みたいになってその先からレーザーが出た。

「なっ!」

 俺以外も驚いてる、そして、さっき指差された女性の首を焼き切りふっ飛ばした。

「なるほどな」

 男はそう言った、そして杖の先は俺に向けられた。

「キィヤァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

「クソッぉおお!もう始まってんのかよ!」

「七色の球……地球……陰陽……」

「やってやんよぉおおおお!」

 殺す、俺は目の前の男を殺す、レーザーが迫る中で、そう考えた時、腹が、胃の中、胸が燃えるように熱くなった手を入れて取り出そうと思うほど、私は気が付いたら皮を突き抜けて心臓を掴んでいた。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。