スキル「メンテ」で、俺は全てを魔改造する!追放先でみんなの真の力を開放したら世界最強パーティになっていた件。〜勇者のスキルが暴走?知らんがな!〜   作:手嶋ゆっきー

32 / 42
第31話 暴走(1)——side 元・王都ギルマス・デーモ

——元・王都ギルマス・デーモ視点

 

 

 数人の騎士と、捜査官、衛兵たちが、王都ギルド本部にやってきた、あの日。

 オレは全てを奪われた。

 

 

「全てフィーグのせいだ。アイツのせいで、オレはこんな目に——」

 

 

 オレはどうしてもボヤいてしまう。

 

 そして——。

 

 

 薄暗い石づくりの冷たい部屋。

 鉄の棒が綺麗に並んでいて、廊下と繋がっている部屋。

 常に監視の目がある部屋。

 

 カビと、かすかな腐臭が漂うこの牢獄にオレ、元王都ギルマス・デーモはいる。

 

 あの日から、何日経ったのだろう。

 最初の十日までは数えていた。しかし……今は記憶も途切れることがあり、無理だ。

 

 尋問と拷問と食事、そして眠るだけの日々。

 

 近くの牢屋には、アクファ同盟の面々がいたのだが、彼らはオレよりマシのようだ。

 あくまでトカゲの尻尾のように切り捨てられたと判断されている。厳しい尋問ではあるが、それだけだ。

 

 強制労働などの罰が与えられるかもしれない。いつ終わるかは別としても、生きていられる。

 

 一方オレは、度重なる拷問による痛みで、夜も眠ることが出来ない。

 もっとも、陽の光など何日も見ていないので、もう日中のどの時間帯なのか分からなくなっていた。

 

 

「デーモ、尋問の時間だ」

 

 

 看守がそう言って牢の鍵を開け、オレを床に繋いでいる足かせを外した。

 牢屋の中では、俺は歩き回ることもできない。

 

 そして、永遠に続くような尋問が始まる。

 

 

「それで、あの魔導爆弾はどこで手に入れた?」

 

 

 拷問官が、鞭でオレの背を打ちながら尋問する。

 

 ビシッ、ビシッ。

 

 鞭が背中を打つ度に、引き裂かれるような痛みが襲ってくる。

 やめろ……やめてくれ。

 いくら言ったところで、尋問は終わらない。

 

 背中はミミズ腫れで酷い見た目なのだろう。

 意識が途切れそうになると、水を顔にかけられ強引に戻される。

 それをひたすら繰り返すのだ。

 

 

「だから……分からないんだ。

 いつの間にか、手にしていて、気がついたらアイツら、アクファ同盟に……」

 

「そんな言い訳が通用すると思っているのか?

 あの魔導爆弾は、王国を危機にさらす危険なものだ。エリゼ殿より、必ず聞き出せとの命を受けている。

 さあ言え! 誰から受け取った!?」

 

「だから……記憶が無いと……」

 

「じゃあ、なんで使い方を知っていた?

 アクファ同盟のやつらごと消そうと、わざわざ起動の呪文を教えていたではないか!」

 

 

 そう言われても事実なのだ。

 魔導爆弾をくれたのは誰か、いつの間にか思い出せなくなっている。

 前は確かに覚えていたような気がするのだ。

 

 魔導爆弾について語り合ったような気もするが……思い出せない。

 

 

「ふん。まあ今日はこれくらいにしておいてやるか」

 

「えっ?」

 

 

 オレは喜びと同時に不審にも感じる。

 始まって間もないのに終わり? いつもは、もっと何倍も時間をかけているのに。

 

 

「おっと、終わると言っても、俺の出番がという意味だ」

 

「な……なに……?」

 

「さすがにこのままでは埒が明かないからな。助っ人を呼んだ。麗しい美女に相手して貰えるんだ。喜べ、デーモ」

 

 

 美女ねえ……あのエリゼとか言う女騎士か? 確かに美人だったが……あの女は拷問もするのか?

 潔癖に生きてきました、というような典型的な公爵令嬢だと思っていたし、まあ違うか。

 

 その予想は、当たっていた。

 

 

「はーい。デーモさん。こんばんは♡」

 

「おわあああっ!!」

 

 

 突然女がオレの前に現れたので、思わず悲鳴を上げてしまった。この国でも珍しい黒髪の女だ。

 肌が多く露出した水着のようなドレスを身につけている。

 

 確かに美人だ。しかし、瞳は鋭く光り、口元の笑みは妖艶でありながら、どこか恐ろしくもある。こんな奴は見たことがない。

 

 

「ふふ……。私の名前はサートナよ。よろしくね♡ どうですぅ? 私みたいな可愛い子ちゃんが来るとは思わなかったでしょう?」

 

「くっ。何だお前は……?」

 

「あらあらぁ。まだまだ元気そうですねえ♡ じゃあ、じっくり……時間をかけて楽しみましょ」

 

 

 その女は、その柔肌に似つかわしくない、鈍く光る金属製の棒を持っている。その先は鋭く尖っている。

 

 

「おい! やめろ!! 何をするつもりだ!!!」

 

「うふふ……安心してくださいねぇ。私は優しくしますから。デーモさんの大事なところは傷つけませんから……ねっ♡ そ・の・か・わ・り、色々思い出してくださいねぇ」

 

「ひいっ」

 

「うふふふ……」

 

 

 サートナが口元を緩め、舌なめずりをしている。

 こいつ……。

 

 拷問官は二種類いると聞く。仕事として淡々と行う者と、こいつのように拷問を楽しむ奴だ。

 そんな噂を自分の身をもって確認することになるとは。 

 

 

「じゃあ始めますねえ〜。まずは、魔導爆弾の入手経路についてお聞きしつつ、遊びましょう」

 

「待て。やめてくれ! 頼むから!!」

 

「問答無用〜♡」

 

 

 オレは必死に抵抗するが、手足が拘束されている以上、逃げられない。

 

 

「うふふ、いい顔ですわねえ。では、スキル【混乱(コンフュージョン)】起動!」

 

「ぐっ……グアッァッ……」

 

 

 世界がぐにゃりと歪み、頭の中をかき回される感触がある。

 精神に影響をおよぼす魔法を受けている。

 

 

「はあいデーモさん。お薬ですよぉ♡」

 

 

 体内に差し込まれる異物の感覚に、オレの身体がのけぞる。

 

 

「ぐが……」

 

 

 世界が真っ白になった。かと思えば、色とりどりの蝶が舞い、かと思えば突然山のてっぺんに立ち身がすくむ。

 痛みと頭の混乱で狂いそうになる……が、それさえ許されず、精神を蝕んでいく。

 

 

「拷問を楽しむやつほど厄介な奴はいない。奴らは、人間の限界を知り、そのギリギリまで精神を追い込むからな」

 

 

 噂は本当だったのだ。

 

 オレは何回もの精神攻撃を受けた。

 永遠のような長い時間、俺は肉体的な痛みとは別の、精神的な苦痛を受け続ける。

 

 

 そして。

 

 どれくらい時間がかかったのか分からないが、突然意識がハッキリとし、頭がクリアになった。

 

 これは……。

 まさか……。

 

 記憶が蘇った?

 

 不鮮明なヴェールに包まれた映像が、今ハッキリと頭の中に思い浮かぶ。

 俺が黒い禍々しい丸い塊を受け取った時のこと。

 

 まるで、たまごのような黒いものを、オレは確かに()から受け取った。

 

 そうだ。

 

 俺に魔導爆弾を渡してきたのはアイツ。

 

 勇者アクファだ……。

 

 やっと思い出した——。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。