ナイト・ライズ・オンライン   作:SXIYON

20 / 20
・対決!アブソリュート・ナティア!

 

チェイスグランプリを止めるために参加者を洗脳している機械がある場所に潜入し、破壊しようと試みた俺達だったが、そこに立ち塞がったのはアブソリュート・ナティアだった。現在までアブソリューティアンの行動は未だに観測されなかったのはスフィア天界に登録されていない俺と浮代英澄の世界で暗躍していたからだ。

 

そんな俺達は洗脳マシンを守っているナティアを戦うが、あまりの強さに大苦戦してしまう…

 

戦兎「以前よりも強くなってる!?」

 

龍我「どうなってんだよこれ…」

 

ナティア「アナタ達が私をほったからかしにして…他のアブソリューティアンに手を出したからよ!」

 

と、2つ持っていた剣を連結。弓のような武器に変形させて俺達に矢を放った…

 

ショウ「強いな…だが!」

 

ドラゴンフルーツエナジー!

 

戦兎「まさかそれを隠し玉として!」

 

戦況が不利と見た俺は懐からドラゴンフルーツエナジーロックシードを取り出してレモンエナジーロックシードと交換。デュークの別の姿へと変貌する。

 

ソーダッー!ドラゴンエナジーアームズ!

 

デューク:ドラゴンエナジーアームズにチェンジした俺はソニックアローでナティアを攻撃。このアームズの高出力に彼女は同様せざるを得なかった。

 

ナティア「何よその力…そんな力は一体どこから!」

 

ショウ「世の中にはお前が知らなくていいこともあるんだよ!」

 

戦兎「決めるぞ!」

 

龍我「あぁ!」

 

ドラゴンエナジースパーキング!

 

Lady Go!ジーニアスフィニッシュ!

 

ボルケニックフィニッシュ!

 

俺達は同時ライダーキックでナティアに放ち、壁際に吹き飛ばした…そこに嶺賀達が合流。ナティアは状況から不利と見たのか…

 

ナティア「また会えるのを楽しみにしてるわよ…ブルーライダーボーイ!」

 

と言いながら霧を発して俺達の目を曇らせた。霧がすぐに晴れるが、すでにナティアの姿はなかった。

 

嶺賀「逃げられた…」

 

輝夜「これで一件落着なのかな?」

 

ショウ「いや……そうとも思えない…」

 

そういって俺は参加者を洗脳している機械を止める…すると…

 

渚那「見ろ!参加者が次々と倒れていくぞ!」

 

シェン「まさか死んじゃったの!?」

 

煉「いや…それはないはずだ…まさか。」

 

ショウ「……」

 

しばらく無言になった俺は変身を解除した後に近くにあった自動シャッターを開ける。目の前には外が広がっており、今にもバイクや車でドライブしたい気分だった。

 

俺はG3シューターに乗った後にヘルメットを装着。エンジンを起動して発進しようとする。

 

光刃「行くのか?」

 

ショウ「どうも胸騒ぎがしてな?ゲーマーの感……ってところかな?」

 

そう言った俺はアブソリューティアンの基地を後にし、女王レヴェーナがいる城へと向かったのであった…

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。