カゲヒサのハチャメチャな日常   作:黒い幻想

17 / 19
カゲチヨ事変

 

カゲチヨ「今回の依頼は研究所の調査か・・・」

 

ヒサメ「もしかしたらトッププレデターかも・・・」  

 

カゲチヨ「あと暗いから足元気をつけろよ?」

 

ヒサメ「子供扱いしないで!」

 

カゲチヨ「ヒサは子供だろ・・・ぐっ!?」

 

ヒサメ「カゲ!?」

 

???「」ササッ

 

カゲチヨ「な、何か吸われたような気がする・・・力がまともに入らねえ・・・」

 

ヒサメ「カゲ!?一旦カレコレ屋に戻る?」

 

カゲチヨ「あ、ああ。」

 

カゲチヨ「・・・(何か変な感じがするぜ・・・まあ、寝たら直るか。)」

 

~翌日~

 

ヒサメ「カ、カゲ!?」

 

カゲチヨ「何だよヒサ?そんなに驚いて・・・」

 

ヒサメ「混血になる前の姿に戻ってるよ!?」

 

カゲチヨ「は、はぁっ!?ほ、本当だ・・・」

 

ヒサメ「(パニックになった私はカゲを病院に連れて行きましたが、理由は分からずにそのまま学校に行く事になりました。)」

 

~学校~

 

女子A「今日のカゲチヨ君可愛い~。」

 

カゲチヨ「ちょっとやめろよ///」

 

女子B「照れちゃって~このこの~」

 

カゲチヨ「だから・・・むぅ。」

 

アサヲ「カゲチヨが女にモテてる・・・だと!?」

 

チダイ「こんな事ありえん・・・!」

 

ルイ「色変わっただけだよね?」

 

マチャソ「女子というのは分からんな。」

 

ヒサメ「・・・」

 

ミキ「どうしたのヒーちゃん?まさか嫉妬?」

 

ヒサメ「そんなんじゃないよ!私の知ってるカゲが否定されてるみたいでちょっと・・・」

 

ミキ「へぇ~?」

 

~カレコレ屋~

 

ヒサメ「何でいきなりこうなったんだろうね?」

 

カゲチヨ「そうだな・・・」

 

パリィィィィン!

 

ヒサメ「え!?(これは・・・睡眠ガス!?)」

 

カゲチヨ「ヒサ・・・逃げ」

 

ドタッ・・・

 

数分後

 

シディ「カゲチヨとヒサメはどこに行ったんだ・・・ん!?これは・・・」

 

~どこかの研究所~

 

カゲチヨ「はっ!?起きろヒサ!」

 

ヒサメ「カゲ・・・眠いって・・・えっ!?どこここ!」

 

シディ「カゲチヨ!ヒサメ!」

 

???「来ましたかカレコレ屋!」

 

カレコレ屋一同「・・・!?」

 

カゲチヨ「お前は・・・トッププレデターか!?」

 

???「正確には元が付きますがね。私はゾフレ、トッププレデターの研究員だった者です。」

 

カゲチヨ「!?」

 

ヒサメ「エイファと同じ・・・!」

 

シディ「まさかカゲチヨの様子がおかしいのも、お前の仕業か!」

 

ゾフレ「はい、腐血の能力は素晴らしいのでこのブラッドジャッカーで奪わせてもらいました。弱点が有るのかすら解らない不死の力に、自由自在に生成と操作が出来るウイルスの力の魅力が分からない凡骨共の所為で人類の叡智が失われかけた。能力をキチンと解明しクローンを大量に作れば、トッププレデターより先に人類の覇権を取り戻す事は夢じゃない!」

 

シディ「そんな事させると思っているのか?」

 

ヒサメ「カゲのDNAを悪用するなんて許せない!」

 

ゾフレ「私に逆らうというならこうするしかありません。来なさい!」

 

フィーア「・・・」

 

ゼクス「・・・」

 

ズィーベン「・・・」

 

アハト「・・・」

 

ヒサメ「カンナちゃん!?それに・・・」

 

シディ「俺が戦った正規品まで。」

 

カゲチヨ「でも様子がおかしいような・・・」

 

ゾフレ「腐血のDNAを注入し、完全に眷属に変えたんですよ・・・」

 

ヒサメ「ひ、酷い!」

 

シディ「あの四人はカゲチヨとは違うんだぞ!?ゾンビか吸血鬼のウイルスに感染にでもしたら・・・」

 

ゾフレ「無能共が作った混血児など所詮使い捨て、倒れても貴方達を捕らえれば良い事です。」

 

カゲチヨ「チッ・・・胸糞悪い・・・」

 

ヒサメ「カゲ、下がってて。」

 

シディ「コイツは俺達が何とかする。」

 

カゲチヨ「悪い・・・」

 

アハト「・・・」

 

シディ「あまり君とは戦いたくないが・・・はぁっ!」

 

ボオオオオオ!

 

アハト「!?」

 

シディ「あっさり攻撃が効いた(いや、あの時は赤髪の吸血鬼との戦いや夜である事もあったから当然か・・・)」

 

アハト「・・・」

 

シディ「傷が回復した・・そうか、カゲチヨのDNAを与えられているから・・・!?」

 

フィーア「・・・」ドゴッ

 

シディ「ぐはっ・・・」

 

ヒサメ「シディ!」

 

ゼクス「・・・」ヒュオオオオオ

 

ヒサメ「やばっ・・・きゃっ!?」

 

(地面に叩きつけられた音)

 

ズィーベン「・・・」炎と水の球体を作る

 

ヒサメ「だったら電撃で・・・」

 

バチバチバチ!

 

ズィーベン「!?」

 

ヒサメ「流石に効いたよね・・・?」

 

ズィーベン「・・・」ピンピン

 

ヒサメ「(え!?そういえばあのゼクスって子も、平然と立ち上がって来たような・・・)」

 

カゲチヨ「(俺も何かしないと・・・!?)」

 

ゾフレ「貴方の対策をしていないと思いましたか?事前にこの辺りにウイルスを撒いておきました。」

 

カゲチヨ「クソォ・・・」

 

ヒサメ「カゲ!?」

 

シディ「早く決着をつけないとまずいな。」

 

~~

 

ヒサメ「ぐふっ・・・」

 

シディ「がはっ・・・」

 

カゲチヨ「はぁ・・・はぁ・・・(何とか動けるが、力が入らねえ・・・)」

 

ゾフレ「おや、やはり完全にDNAを吸い切れていなかったようですね。ウイルスに感染していても動けるんですから・・・」

 

カゲチヨ「くそっ・・・俺はまた失うのか・・・また何も出来ずに」ポロポロ

 

ゾフレ「さてとカレコレ屋に止めを刺して全員捕獲と行きますか。」

 

ヒサメ「(ウイルス・・・DNA・・・)少し作戦があるんだけど・・・」

 

シディ「!?」

 

カゲチヨ「何だよ。」

 

ヒサメ「カゲ、血を吸ってくれる?」

 

カゲチヨ「!?」

 

シディ「どういうつもりだ?」

 

ヒサメ「前にゾンビになった時、私の血をなめたら元に戻ったから何か変化があるかもしれないでしょ?」

 

※「ゾンビ化したらどうなるのか」を参照

 

シディ「ヒサメ!自分が何を言っているのかわかっているのか!?カゲチヨは人間の血を吸ったら暴走して手がつけられなくなる。さらに状況が悪化したら・・・それにヒサメの命も・・・」

 

ヒサメ「でも今の状況を何とかするにはこれしか・・・」

 

シディ「だがカゲチヨがあの状態になったとしても、弱体化している手前全員に勝てる保証は・・・」

 

ヒサメ「やってみなきゃ分かんないじゃん!」

 

カゲチヨ「・・・」

 

ヒサメ「カゲチヨ、私の血をあげるから・・・お願い。」

 

カゲチヨ「悪いシディ・・・」

 

シディ「?」

 

ギュッ・・・

 

ヒサメ「え?」

 

カゲチヨ「これしか勝てる方法が思い付かねえ・・・ヒサメ、本当にいいんだな?」

 

ヒサメ「うん・・・私は大丈夫だから。」

 

ガブッ・・・

 

ヒサメ「痛っ・・・」

 

チュルル・・・

 

カゲチヨ「グッ・・・グワアアアアアア!」

 

ヒサメ「!?」

 

シディ「まずい!だから・・・」

 

ヒサメ「待って・・・」

 

カゲチヨ「グゥゥゥゥゥ・・・!?」

 

バチバチバチ・・・

 

カゲチヨ「な、何だこれ・・・」

 

シディ「カゲチヨ・・・お前・・・」

 

ヒサメ「髪の色が・・・白い・・・」

 

カゲチヨ「何だこれ・・・」

 

ヒュオオオオオ・・・

 

バチバチバチ・・・

 

カゲチヨ「雪・・・それに電気も走ってやがる・・・どうなってんだ?」

 

ヒサメ「これって・・・私の能力?」

 

ゾフレ「そ、想定外すぎる・・・危険だ!やれ!」

 

ヒサメ「……カゲ。」

 

カゲチヨ「ああ。」

 

バリバリバリバリ・・・

 

フィーア・ゼクス・ズィーベン・アハト「!?」

 

ゾフレ「これは・・・電撃の檻だと!?バカな、あれは氷電のあの形態でしか使えないはずでは・・・」

 

カゲチヨ「ヒサ!今だ!」

 

ヒサメ「くらえ!」

 

チュドーーーン!

 

フィーア・ゼクス「」

 

ドタッ・・・

 

ゾフレ「奴め・・・フィーアを避雷針にして近くにいたゼクスも巻き込んだのか。」

 

ズィーベン「・・・!?」

 

アハト「・・・!?」

 

ゾフレ「凍っている・・・いつの間に・・・」

 

カゲチヨ・ヒサメ「・・・」

 

ドゴッ・・・

 

ズィーベン・アハト「」

 

ゾフレ「そんな・・・いつの間に・・・」

 

カゲチヨ「これで後はお前だけだな。」

 

ヒサメ「カゲの力は返してもらうから。」

 

ゾフレ「くっ・・・こうなったら」

 

???「キシャアアアアア!」

 

カゲチヨ「!?」

 

ヒサメ「あれは・・・」

 

ムシュフシュ「グオオオオオ!」

 

ゾフレ「私が飼い慣らした異宙の生物です・・・これで全員仕留めてあげ」

 

???「そうはさせるかー!」

 

カゲチヨ「!?」

 

ヒサメ「貴方は・・・!」

 

シディ「何でここにいるんだ、ゼノン?」

 

ゼノン「そんな事はどうでもいい・・・よくもカゲヒサを痛め付けてくれたなぁ・・・」

 

ゾフレ「邪魔をするなら容赦はしませんよ?行け!」

 

ムシュフシュ「キシャアアアアア!」

 

ゼノン「!?」ササッ

 

ゾフレ「(ムシュフシュは毒蛇の頭とサソリの毒針を持つ生物ですが、これは特別仕様で異宙の生物の能力を封じる毒を爪に仕込んであるんです・・・あのゼノンは異宙人、戦況はこっちが)」

 

ゼノン「チッ・・・埒が開かねえ・・・なら、これでどうだ!」

 

ブゥゥゥゥン・・・

 

カゲチヨ「体の一部が蝿になった!?」

 

ヒサメ「うえぇ、ちょっと気持ち悪い・・・」

 

シディ「この能力・・・まさか・・・ベルゼブブ!?」

 

ムシュフシュ「グオオオオオ!?」

 

ドタッ・・・

 

ゼノン「蝿を通じて神経毒をうった・・・これで動けねえだろ。ベルゼブブの異能の力、なめんなよ!」

 

シディ「お前、ベルゼブブと何の関係が?」

 

ゼノン「俺はベルゼブブの異能を持っているんだよ!」

 

ゾフレ「お、おのれぇ!」

 

ゼノン「来い!ゼノンカイザー!変形だ!」

 

ゼノンカイザー「・・・」

 

ウィィィィン・・・

 

ゼノン「カゲヒサLOVEキャノン!」

 

ナレーション「説明しよう!カゲヒサLOVEキャノンとはゼノンが今まで見てきたカゲヒサのイチャイチャの記憶を込めて強力なビームを放つ武器なのだ!」

 

ヒサメ「何かナレーション入ったんだけど!?」

 

カゲチヨ「今回カオスだな・・・」

 

ゼノン「くらええええええ!」

 

ゾフレ「ちょ、ま。」

 

ドガアアアアアアン!

 

ゾフレ「ぎゃああああああ!?」

 

こうして、カゲチヨが元に戻った後

 

カゲチヨ「これで決着がついたな・・・」

 

ヒサメ「そうだ、カンナちゃん・・・」

 

ゼクス「それならここだ。」

 

カレコレ屋一同「!?」

 

ヒサメ「カンナちゃんを離せ!」

 

フィーア「まさか私がこのような者に操られるとは・・・撤退しますよ。」

 

ゼクス「ああ。ズィーベンとアハトは俺の仲間だ。貴様らが口を出していい話じゃない。」

 

ヒュン・・・

 

ヒサメ「カンナちゃん・・・」

 

カゲチヨ「ヒサ・・・」

 

シディ「ヒサメ・・・」

 

ゼノン「・・・」

 

~その夜 ベッドの中~

 

カゲチヨ「(クソ、今日の記憶がちらついて眠れねえ・・・ヒサがいてくれたら、いやヒサに迷惑かけるわけには)」

 

カゲチヨ「ヒサ・・・」

 

ヒサメ「どうしたのカゲ?」

 

カゲチヨ「!?ヒサ、何でベッドの中に・・・」

 

ヒサメ「私も眠れないからかな・・・?」

 

カゲチヨ「いやヒサが気にする事でも・・・」

 

ヒサメ「でも私とシディも足引っ張っちゃったし・・・今日はありがとね、あの後シディには怒られちゃったけど私のわがまま聞いてくれて。」

 

カゲチヨ「いや、俺もそれしかないって思ってたから・・・その///」

 

ヒサメ「ふふっ。」ナデナデ

 

カゲチヨ「///(ボティスの時も思ったけど・・・俺は仲間を…そして大切な人を護りたい・・・だから少しだけでもいい、強くならないとな・・・)」ウトウト

 

ヒサメ「眠くなってきた?」

 

カゲチヨ「う、うん。」

 

そして

 

カゲチヨ「すぅ・・・すぅ・・・」

 

ヒサメ「ふふ、子供みたいな寝息立てて可愛い。」

 

カゲチヨ「ヒサ・・・好き・・・」

 

ヒサメ「ふぇっ!?な、何だ寝言か・・・カゲ見てたら、私も眠くなってきた・・・」

 

カゲチヨ「すぅ・・・すぅ・・・」

 

ヒサメ「お休み、カゲ。」

 

 

~終わり~

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。