カゲヒサのハチャメチャな日常   作:黒い幻想

19 / 19
特級呪物

 

カゲチヨ「ったく、ヒサのやつ、別にあそこまで言わなくてもいいじゃねえかよ・・・」

 

???「ククッ・・・来たかカレコレ屋・・・」

 

カゲチヨ「・・・」スドオリ

 

???「無視するな!おい!」

 

カゲチヨ「誰だお前?」

 

???「僕の名は漆黒の堕天勇者レクイエム!秘密結社ダークサクリファイスを滅ぼすためにユーベルファイブのサブメンバーとなった者だ!」

 

カゲチヨ「お前・・・」

 

レクイエム「フフッ・・・驚いてるようだな」

 

カゲチヨ「厨二病か?」

 

レクイエム「厨二病ではない!僕は本当に・・・」

 

カゲチヨ「ああいうのは大人になったら恥ずかしくなるもんだから、今のうちに止めといた方がいいぜ?」

 

レクイエム「そうなの?」

 

カゲチヨ「それよりユーベルファイブのサブメンバーが何しに来たんだよ?」

 

レクイエム「カゲチヨとヒサメに何かしてこいとユーベルファイブの主、ゼノンに言われたからこの特級呪物で貴様らを戦慄」

 

カゲチヨ「それレプリカだろ?」

 

レクイエム「レプリカではない!漆黒の電脳領域で手に入れたアイテムだ!」

 

カゲチヨ「漆黒の電脳領域?何処で手に入れたんだ?」

 

レクイエム「ダークウェブだ!」

 

カゲチヨ「絶対偽物だろ・・・」

 

レクイエム「み、見てろよ!?今からこの特級呪物で貴様らを・・・」

 

カゲチヨ「特級呪物・・・?これは使えるな・・・」

 

レクイエム「?」

 

~カレコレ屋~

 

ヒサメ「全くカゲったらいつもだらしないんだから!」

 

ガチャ・・・

 

シディ「?」

 

カゲチヨ「大変だ!ヒサ、シディ!」

 

ヒサメ「どうしたのカゲ?まさか今更謝りに」

 

カゲチヨ「そうじゃなくてとんでもないのが来たんだ!」

 

レクイエム「闇の呪縛から解き放たれし漆黒の右翼・・・」

 

ヒサメ・シディ「?」

 

レクイエム「解き放て![[rb:永炎の漆黒 > エターナルブラックフレイム]]」

 

サァァァァ

 

シディ「何だ・・・お祝いか?」

 

ヒサメ「ちょっと!掃除したばかりなのに散らかさないでよ!って、ハック君の言ってたサブロー君?」

 

レクイエム「サブローじゃない!レクイエムだ!鎮魂歌と書いてレクイエム!分かったか!」

 

ヒサメ「この子、カゲと同じ厨二病?」

 

カゲチヨ「俺はとっくに卒業したわ!」

 

ヒサメ「でもこないだアサヲ君から・・・」

 

レクイエム「僕を無視するな!」

 

カゲチヨ「あ、悪い。」

 

ヒサメ「それで何の用なの?」

 

レクイエム「僕は秘密結社ダークサクリファイスを壊滅させる為にユーベルファイブのサブメンバーとなったのだ!」

 

ヒサメ「しかもユーベルファイブって・・・頭痛くなってきた。」

 

レクイエム「だから今日はいいものを持ってきてやった。」

 

シディ「いいもの?何だ?プリンか?」

 

ヒサメ「絶対ろくな奴じゃないでしょ!」

 

レクイエム「我が邪眼の力で顕現せよ!出でよ!特級呪物!」

 

ヒサメ「と、特級呪物・・・?」ガタガタ

 

シディ「特級呪物とは・・・何だ?」

 

カゲチヨ「呪いの道具の中でも特にヤバいやつの事だよ。」

 

ヒサメ「そ、そんな物持ってこないでよ!」ブルブル

 

レクイエム「漆黒の堕天勇者は誰の指図も受けない・・・見せてやろう、特級呪物を!」

 

~~

 

レクイエム「まずはコレだ。」

 

シディ「これは・・・ミイラか?」

 

レクイエム「ただのミイラじゃない・・・特級呪物、アイスマンだ!」

 

ヒサメ「アイスマン?」

 

シディ「雪女と似たような異宙人か?」

 

ヒサメ「そんなわけないでしょ!?」

 

カゲチヨ「アイスマンは1991年に雪山で発見された男性のミイラの事だよ。」

 

レクイエム「噂によるとアイスマンに関わった者はみんな死んでしまうらしい。」

 

ヒサメ「ひ、ひぃぃぃぃぃっ!?」ギュー

 

カゲチヨ「ちょっ、抱き着くなよ///」

 

レクイエム「既に複数のアイスマンの関係者が犠牲となっている。まさに氷結の呪縛だな・・・だが僕の右手に眠る黒竜の炎の前には無力だ!フハハハ!」

 

ヒサメ「(何だろう?無性にイライラして来た・・・)」

 

シディ「黒竜の炎・・・俺のホルスの力と似たような物か?」

 

ヒサメ「シディは知らなくていい世界だから!」

 

レクイエム「次の特級呪物はこれだ!」ジャキン

 

シディ「これは・・・刀か?」

 

レクイエム「日本史で最も有名とされている妖刀・村正だ。」

 

ヒサメ「聞いた感じでもうヤバい奴じゃん!」

 

レクイエム「妖刀・村正は室町時代に村正という人物が作成した刀だ。徳川家康の親族三人がこの刀で死亡している事から徳川家に災いをもたらす妖刀として恐れられている。」

 

ヒサメ「・・・」ガクガクブルブル

 

カゲチヨ「(予想以上にビビっているな・・・)」

 

シディ「妖刀・・・とは何だ?」

 

レクイエム「この刀は僕の右腕でも制御するのがやっとの代物だ・・・くっ、僕の右腕が・・・」

 

シディ「大丈夫か?」

 

レクイエム「心配ない、僕の右手には黒竜の力が宿っているからな・・・」

 

シディ「黒竜の力?俺と戦ったアヌビスみたいな感じか・・・?」

 

カゲチヨ「多分違うと思う。」

 

レクイエム「さてと次は・・・」

 

ヒサメ「ま、まだあるの?疲れてきちゃったからそこの椅子に・・・」ガクブル

 

レクイエム「やめておけヒサメ!呪われるぞ!」

 

ヒサメ「ひぃぃぃぃぃっ!?無理無理無理無理無理ぃぃぃぃぃ!」

 

シディ「ウヌッ?この椅子も特級呪物なのか?」

 

レクイエム「それはバズビーズチェア、「座ったら死ぬ椅子」と言われている」

 

シディ「なんでそんな風に言われてるんだ?」

 

レクイエム「バズビーズチェアは1702年に絞首刑にされた殺人者トーマス・バズビーが愛用していた椅子だ。」

 

ヒサメ「そ、それだけでも呪いがかかってそう・・・」ガクブル

 

レクイエム「バズビーは殺人により絞首刑となり、その生涯を終えた。そしてバズビーの死後、この椅子は「バズビー・ストゥープ・イン」というパブに置かれることになったんだ。そしてパブに置かれた椅子はそれが元殺人犯の物であること、持ち主が絞首刑になったことから呪いがかかっていると噂になり、酔った勢いで座るものが後を立たなかったそうだ。」

 

シディ「これはバチが当たってもおかしくないな・・・」

 

カゲチヨ「確かに・・・」

 

レクイエム「だが信じられない事に噂は本当で、第二次世界大戦中にパブで酒を飲んでふざけて椅子に乗った兵士は全員戦死。ますます有名になったこの椅子は酔った勢いの度胸試しで座られるようになり、その後も面白がって座る者が後を立たずに1971年までに椅子に座った61人が短期間で病気や事故が原因で全員死亡したそうだ。」

 

ヒサメ「61人!?」

 

シディ「もし呪いが本当だとしたらこの椅子は61人も殺しているのか・・・持ち主の怨霊が乗り移ったみたいで恐ろしいな・・・」

 

レクイエム「普通の人間ではバズビーズチェアの呪力に耐えきれないのだろうな、だが僕なら大丈夫だ。なぜかって?僕は漆黒の堕天勇者レクイエムだからだ!」

 

ヒサメ「(それどうにかならないの?)」

 

シディ「俺はホルスの血を持っているが、それでもだめなのか?」

 

レクイエム「ホルスの血?意味が分からないがまあいい、最後はこれだ・・・」

 

ヒサメ「な、何これ・・・?」

 

レクイエム「これは異宙で発見されたと言われている特級呪物・ニーズヘッグの黒衣・・・」

 

ヒサメ「ニーズヘッグの黒衣・・・?」ガクブル

 

レクイエム「過去に異宙の生物・ニーズヘッグがある村を襲い、沢山の人間を食い殺していた。」

 

シディ「生きるためには仕方がないとはいえ、これは惨すぎるな・・・」

 

レクイエム「だが村の人間が大挙してニーズヘッグを仕留め、その証としてその生皮でこの黒衣を作って村に飾ったのだがそれ以来、村では病気や事故などの死が相次ぎ、終いには村が滅んでしまったとか・・・」

 

ヒサメ「いやぁぁぁぁぁぁぁっ!」

 

カゲチヨ「落ち着け、ヒサ!」

 

ヒサメ「もう我慢できない!こんな呪いの道具なんて全部ぶっ壊してやるぅぅぅぅ!」

 

カゲチヨ「ヒサ!大丈夫だから!」

 

シディ「・・・」

 

レクイエム「どうした?あまりの恐ろしさで声も出なくなったか?」

 

シディ「いやそうではない、これは全部偽物なんじゃないかと思ってな・・・」

 

レクイエム「何を言っている!本物に決まってるだろ!」

 

シディ「アイスマンも妖刀村正もバズビーズチェアも、聞いてみる限りそう簡単に一般人が手に入れられる物ではないだろう?」

 

レクイエム「ダークウェブで買ったんだ!偽物なわけ」

 

シディ「それにニーズヘッグの黒衣もカゲチヨがハロウィンで着ていた衣装に似ている気がするんだが」

 

カゲチヨ「ギクッ!」

 

ヒサメ「え?どういう事?」

 

レクイエム「バレては仕方ない、実は・・・」

 

カゲチヨ「い、言うなよ!それ以上言ったらアレが」

 

ヒサメ「アレ?」

 

シディ「カゲチヨ、どうなっているんだ?」

 

カゲチヨ「えーと・・・これはいつもヒサがうるさいから、たまたま会ったレクイエムに協力してもらって怖がりのヒサを脅かそうと思って・・・」

 

ヒサメ「カ~ゲ~!」

 

カゲチヨ「アハハ・・・さらば!」

 

ヒサメ「待てー!罰として家に帰ってお尻ペンペンの刑だからね!」

 

カゲチヨ「(お尻ペンペン!?この年でそれはキツい!)に、逃げろおおおおお!」

 

ヒサメ「絶対逃がさないんだから~!」

 

レクイエム「恐ろしいな・・・この女・・・」

 

シディ「やはりヒサメは怒らせると怖いな・・・」

 

 

※因みに特級呪物は全部偽物だったそうです。

 

 

 

~終わり~

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。