カゲヒサのハチャメチャな日常   作:黒い幻想

3 / 19
うちのオリキャラ、ゼノンの初登場回にヨーメイを加えました。


謎の怪人

 

キリン「何か面白い事ないかな~?綺麗なお姉さんが部室に来るとか」

 

ハック「キリンさん・・・(呆)」

 

タブー「本当どうしようもねえな・・・」

 

ガチャ・・・

 

???「突然ですまない!カゲチヨとヒサメはいるか?」

 

キリン「わぁっ!って、シディ!?」

 

ハック「どうしてここに?」

 

シディ「実はカゲチヨとヒサメがいなくなって、こんな手紙が・・・」

 

ヨーメイ「何が起こっているんでしょう?」

 

【カゲチヨとヒサメを返してほしければ、ここに示してある場所に来い。】

 

ハック「これって、ヤルミナティーの部室じゃないっすか!?」

 

タブー「ギャパパッ!どういうことだ・・・?」

 

キリン「カゲチヨとヒサメに電話はしたのか?」

 

シディ「しようと思ったが仕方が分からない・・・」

 

ヨーメイ「シディさん・・・相変わらず機械には弱いんですね。」

 

キリン「仕方ない、俺が電話するか。」プルルルルル

 

カチッ・・・

 

???『えー、マイクテストマイクテスト、聞こえてますか皆さん。』

 

キリン「誰だお前!」

 

ハック「いきなり表示されたっす!」

 

タブー「ギャパパッ!変な仮面と緑フード着やがって!誰だお前は!」

 

ヨーメイ「もしかして変質者ですか?」

 

???『俺の名はゼノン。見ての通り、怪人だ。』

 

ハック「自分で自分の事怪人っていうんすか・・・」

 

ヨーメイ「こういう悪党も珍しいですね。」

 

ゼノン「黙ってろ!結構考えたんだぞ、この名乗り!」

 

シディ「カゲチヨとヒサメを誘拐したのか!?」

 

ゼノン「安心しろ、危害は加えていない。だがカゲヒサを返してほしければ、俺が考えたゲームに参加してもらおう。」

 

ハック「ゲーム・・・?」

 

キリン「どういうことだ?」

 

ゼノン「君達には私の出題する10問のクイズに答えてもらおう。ただしもし間違えたら、カゲヒサには私の作ったメカによるお仕置きを受けてもらう。」

 

シディ「お仕置きって何だ?」

 

ヨーメイ「あんな変質者が考える事ですからロクな事じゃありませんよ!」

 

ゼノン「それは楽しみにしていなさい。」

 

ハック「い、一体どんな・・・?」

 

キリン「ってか、カゲチヨとヒサメを誘拐したのって嘘なんじゃないか?あの二人が簡単には捕まるわけ・・・」

 

ゼノン「信じていないようだな・・・?じゃあこれを見てもらおう。」

 

カゲチヨ『シディ!助けてくれー!』

 

ヒサメ『変なやつに捕まっちゃったの!』

 

キリン「おいおい、万歳させられて背中合わせに縛られてるぞ!?」

 

シディ「カゲチヨ!ヒサメ!」

 

ヨーメイ「いつの間に捕まっているんですか!?」

 

ゼノン『これで信じてもらえたかな?』

 

ハック「でもタブーさんの時みたいに演技ってパターンも・・・」

 

ゼノン『ほう?なら、例の装置を・・・』

 

カゲチヨ『おい!まさかアレをやる気じゃ・・・?』

 

ヒサメ『やめてええええ!それだけは本当に!』

 

ゼノン『これで信じてもらえたかな?』

 

シディ「くっ・・・」

 

ヨーメイ「カゲチヨさん!ヒサメさん!」

 

ゼノン『では準備を・・・』

 

キリン「おい!誰もそんなゲームやるなんて・・・」

 

ゼノン『最後に半分以上正解したら、私がこっそり撮ったヒサメのとてもいい写真を数枚あげよう。』

 

キリン「よし、やってやろうじゃないか!」

 

ハック「キリンさん・・・(呆)」

 

ヨーメイ「話に聞いた通り、気持ち悪いですね。」

 

ゼノン『それでは第1問 この中で私のモチーフとなった星のカービィのキャラクターはどれ?』

 

1 ドロシア

2 ハイネス

3 マホロア

 

キリン「分かるか!」

 

タブー「これ小説だから読者に不親切だろ!?」

 

ハック「そもそも俺カービィやったことないっすよ!」

 

シディ「・・・」

 

タブー「どうしたシディ?」

 

シディ「いや、問題の答えだが・・・2ではない。」

 

タブー「はぁっ!?」

 

キリン「なんで分かるんだ?」

 

シディ「前にカゲチヨとヒサメと一緒にすたーあらいず?というゲームをやってそれに出てきたハイネスというキャラクターの衣装とゼノンの衣装はかけ離れているからそう思ったんだ。」

 

ハック「ということは・・・1か3?」

 

キリン「ああもう!やけくそだ!答えは1!」

 

ゼノン『・・・』

 

シディ「(頼む!当たってくれ!)」

 

ブッブー!

 

ゼノン『残念。正解は3のマホロアだ。』

 

キリン「はぁっ!?」

 

タブー「こんなの反則だろ!」

 

ゼノン『それでは2人に罰を与える。』

 

カゲチヨ『おい!やめ』

 

ヒサメ『お願いします!なんでもしまひゃははははは!?』

 

カゲチヨ『ぎゃははははは!し、死ぬうううう!』

 

シディ「どうしたんだ二人とも!?」

 

キリン「まさか恐怖で発狂したんじゃ・・・?」

 

タブー「おいゼノン!カゲチヨとヒサメに何したんだ!?」

 

ゼノン『何って・・・見たらわかるでしょう?』

 

ハック「(そういえば・・・二人の服の中で何かが動いてるような・・・?)」

 

ゼノン『これは私の作ったメカ、ワライムシ。団子虫のような外見で素肌を這いずり回ることでくすぐられているのと同じ刺激を与える事ができるんです。もし君達が問題の回答を間違えたら、私のリモコン操作でカゲヒサの服の中に入れたワライムシが上半身をくすぐり回すようになっていて、半分以上間違えたら・・・』

 

ハック「どうなるんすか!?」

 

ゼノン『ワライムシに取り付けた安全装置が解除されて、カゲヒサは3時間くすぐり責めの刑を受けてもらいます、その後は私がその様子を動画に収めて同志に配っていくいく~!』

 

キリン「くすぐり!?なんだよ、もっとエグいのが来るかと思ったぜ。」

 

シディ「いや、くすぐりを嘗めてはいけない。人は長時間くすぐられ続けると笑いすぎによる酸欠で廃人になってしまうケースとあるんだぞ。」

 

ヨーメイ「ひぃっ!?恐ろしいですね・・・」

 

キリン「そうなのか?」

 

ゼノン『続いて第2問!』

 

ハック「?」

 

ゼノン『私がplottアニメにハマるきっかけになったのは次のうちどれ?』

 

1 混血のカレコレ

2 円満解決閻魔ちゃん!

3 秘密結社ヤルミナティー

 

キリン「分かるかよそんなの!?」

 

シディ「ウヌ?この漢字は・・・何て読むんだ?」

 

タブー「お前はそこからか・・・けどよ、これは俺様にも分からねえぞ?カゲチヨとヒサメには悪いがギブアッ」

 

ハック「待ってください、分かったっす。カゲチヨさんとヒサメさんを浚ったんだから・・・1」

 

キリン「待て!引っかけの可能性もあるぞ!正解は3の秘密結社ヤルミナティーだ!」

 

ハック「わっ!何言ってるんすかキリンさん!」

 

ブッブー!

 

キリン「違うのか!?」

 

ハック「ほら・・・1だった」

 

ゼノン『残念!正解は2の円満解決閻魔ちゃんです!』

 

キリン「は?」

 

ハック「え?」

 

カゲチヨ『ぎゃははははは!おい!また間違えたのかひゃははははは!』

 

ヒサメ『あははははは!やめてえ!くすぐったいよー!』

 

シディ「カゲチヨ・・・ヒサメ・・・」

 

ヨーメイ「私はplottあまり知らないんですけどね。」

 

ハック「まずいっす・・・二人ともこの様子だといつまで持つか・・」

 

ゼノン『それでは第3問!俺は昨日、友達2人とplottの女性キャラ3人で合コンをする夢を見ました。私達と合コンをした女性キャラ3人は誰?』

 

タブー「合コンって・・・何だ?」

 

シディ「さあ?」

 

ヨーメイ「あの男・・・割とリア充なんですね。私ですら行ったことがないのに・・・」

 

キリン「おいおい・・・plottの女性キャラって誰を選べばいいんだ?」

 

ハック「もしかしてそもそもそんな夢見てないんじゃ・・・」

 

ピンポーン!

 

ハック「え?」

 

ゼノン『正解!私はそんな夢見たことがありません!』

 

ヨーメイ「まさかのそういうパターン!?」

 

キリン「はあっ!?そんなのありかよ!」

 

タブー「問題になってないじゃねえか!」

 

 

 

 

ゼノン「知りません。続いて第4問!この中でヒサメが経験していない状態変化はどれ?」

 

1 ドラゴン化

2 老化

3 ぬいぐるみ化

 

シディ「1のドラゴン化だ。」

 

ピンポーン!

 

ゼノン「正解!やりますねー!」

 

キリン「ぬいぐるみ化!?ヒサメのぬいぐるみにアレコレしてみたいー!」

 

タブー「おめーはそればっかだな。」

 

ハック「本当っすね・・・」

 

ゼノン「続いて第5問!この中でカゲヒサがしたことのないシチュエーションはどれ?」

 

1 添い寝

2 膝枕

3 顎クイ

 

キリン「はぁっ!?そんなの分かるわけないだろ!」

 

シディ「添い寝?顎クイとは・・・何だ?」

 

タブー「クソッ!分からねえ・・・」

 

ハック「3の顎クイっす!」

 

ピンポーン!

 

ゼノン『正解!』

 

キリン「何で分かったんだ?」

 

ハック「カゲチヨさんにそんな事できると思うっすか?」

 

キリン「確かに・・・」

 

シディ・タブー「?」←よく分かってない

 

ゼノン『続いての問題は・・・今、何問目?』

 

ハック「はぁっ!?」

 

ヨーメイ「そんなのか」

 

シディ「6回だ。」

 

ゼノン『正解!』

 

キリン「何で知ってるんだ!?」

 

シディ「数えていたからな。」

 

ハック「そうなんすか・・・」

 

ゼノン「第7問!私のゼノンという名前は何を意味してるでしょうか?」

 

キリン「はぁっ!?」

 

ヨーメイ「またインチキ問題が・・・」

 

タブー「そんなの分かるわけねーだろ!」

 

シディ「・・・?」

 

ハック「えーと、未知を示すゼノ・・・っすかね?」

 

ブッブー!

 

ゼノン『残念!不正解!正解は私が考えていた二次創作のラスボスの名前でした!』

 

ヨーメイ「二次創作!?」

 

キリン「分かるかよそんなの!」

 

カゲチヨ『ぎゃーはっはっはっは!やめろキツいぎひひひひひひ!』

 

ヒサメ『今息整えてるからあははははははは!』

 

タブー「おい、アイツら苦しんでるぞ!?」

 

ハック「このままだと、いつ笑い死にしてもおかしくないっす・・・」

 

シディ「そんな・・・」

 

キリン「これ以上は間違えられねえな・・・」

 

ゼノン『続いて第8問!私のアニメにおける嫁は誰でしょう!?』

 

キリン「はぁっ!?分かるかよそんなの!」

 

ヨーメイ「陽キャか陰キャか分からなくなってきました・・・」

 

ハック「えーっと・・・plottキャラだから、フラグちゃんかエマさんっすかね?」

 

タブー「おい!?迷ってる場合じゃねえぞ!?」

 

キリン「分かったぞ!お前は変態だから・・・フラグちゃんだな!」

 

ブッブー!

 

ゼノン『不正解!正解は・・・ラブライブ!サンシャイン!の高海千歌ちゃんでしたーっ!』

 

キリン「はぁっ!?」

 

ハック「そんなの分からないっすよ!?」

 

シディ「ラブライブとは・・・何だ?」

 

タブー「さあ・・・?」

 

カゲチヨ『ぎゃははははは!げほっ!げほっ!まて・・・いひひひ・・・ひひ・・・』

 

ヒサメ『もう無理いひひひひ!げほっ・・・ぎひひひ・・・・はははは!』

 

キリン「おいおい!もう酸欠じゃねえか!」

 

シディ「カゲチヨ!ヒサメ!大丈夫か!?」

 

ヨーメイ「これ以上はまずいです!」

 

タブー「おい!死んだらどうしてくれんだ!」

 

ゼノン『あと1問正解できたら、解放してあげましょう。第9問!私が気に入っているコンビは次のうちどれ?』

 

1 ブラックとさとし

2 モブ男とフラグちゃん

3 零士とエマ

 

キリン「また分からない問題が出たぞ!?」

 

ハック「こういうのは・・・えーと・・・」

 

シディ「うーん・・・?」

 

タブー「案外モブ男とフラグちゃんじゃねえか?」

 

ハック「ちょっとタブーさん!」

 

ブッブー!

 

ゼノン『不正解!正解は3の零士とエマでした!このコンビのドタバタっぷりが面白いんですよね(特にエマが)』

 

キリン「そんなのどうでもいいわ!早くカゲチヨとヒサメを解放しろ!」

 

ゼノン『次の問題に正解できたらね?』

 

ハック「・・・」

 

タブー「どうしたんだハック?」

 

シディ「まさか・・・」

 

ハック「何だか嫌な予感がするっす・・・カゲチヨさんとヒサメさんの笑い声が聞こえないっす・・・」

 

ゼノン『それなら、カメラを切り替えて見ましょう。』

 

カゲチヨ『あはは・・・ひひ・・・ひひひ・・・』

 

ヒサメ『ひひひ・・・ひひ・・・ひひひひ』

 

タブー「嘘だろ!?」

 

ハック「笑いすぎによる酸欠で・・・こんな姿に・・・」

 

シディ「カゲ・・・チヨ?・・・ヒサ・・・メ?」

 

ゼノン『安心してください、次の問題に正解したら解放します。但し、間違えたら3時間くすぐりの刑ですからね?』

 

キリン「おい!この状態で3時間もやったら・・・」

 

ハック「これは間違えられないっす・・・」

 

シディ「待っていろ、カゲチヨ、ヒサメ。」

 

ゼノン『続いて第10問!カゲチヨとヒサメにしてほしいシチュエーションは次のうちどれ?』

 

1 添い寝

2 なでなで

3 耳かき

4 ハグ

 

シディ「前も出てきたが添い寝・・・とは何だ?」

 

ヨーメイ「シディさん・・・」

 

キリン「知らないのか?男なら誰だって憧れるシチュエーションだろ!」

 

シディ「そうなのか?」

 

ハック「そんな事よりこの問題に正解しないと!」

 

タブー「そうだった!しかし、アイツ変態だから、どれが正解か分からないぞ。」

 

キリン「案外全部じゃないのか?」

 

ピンポーン!

 

ゼノン『正解!ゲームクリアおめでとうございます!』

 

キリン「ええええっ!?マジかよ!」

 

ゼノン『それにより、カゲヒサは解放したいと思います、それとこれは優勝商品です!』

 

パラパラパラ・・・

 

キリン「おー!ヒサメの写真!どんなのが写ってるかなー?」

 

ゼノン『それでは、皆さんアディオス!』

 

パチッ・・・

 

シディ「待て!カゲチヨとヒサメは・・・」

 

カゲチヨ「うーん・・・」

 

ヒサメ「私達、助かったの・・・」

 

シディ「カゲチヨ!ヒサメ!」

 

ヨーメイ「無事だったんですね!」

 

カゲチヨ「あ、シディ、ヨーメイ。あまり触んなよ?」

 

ヒサメ「くすぐりで敏感になってるから。」

 

シディ「良かった・・・無事で・・・」

 

ハック「これで一件落着っすね・・・」

 

タブー「そうだな・・・」

 

キリン「おい!何だこの写真は!?」

 

ハック「キリンさん?」

 

キリン「あいつ騙したなー!ヒサメの写真だけど全部カゲチヨと一緒の写真じゃねえか!手つないで一緒に歩いてたり、チューしてたり・・・俺への当てつけか!?」

 

タブー「アイツがロクな優勝商品用意する奴だと思うか?」

 

キリン「oh!ジーラフ!」

 

シディ「それにしても、あのゼノンという男は何者だったんだ?」

 

カゲチヨ「確かに・・・」

 

ヒサメ「誰だったんだろうね?」

 

ヨーメイ「さあ・・・?」

 

 

~終わり~

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。