カゲヒサのハチャメチャな日常   作:黒い幻想

8 / 19
悪者大集合!?

 

~どこかの倉庫~

 

キリン「こんなところに呼び出して何の用なんだ?」

 

エマ「そうですよ。」

 

パンダ「全くこっちは忙しいっていうのに・・・」

 

ゼノン「実はお前ら以外にも一人呼んでいる。」

 

モブ男「グランドマスターにエマにパンダ!?どうしてこんな所に?」

 

ゼノン「俺が呼んだ。」

 

エマ「それで用件は何ですか?」

 

ゼノン「実はかの有名なシニスターシックスにならって俺もヴィランで何かチームを作りたくなってな。取り敢えずplott landに参加した作品で考えた結果、君達が呼び出されたというわけだ。」

 

エマ「そういう事ですか・・・ってヤルミナはキリンさん、テイペンはパンダさん、エマエマは私、フラグちゃんはモブ男さんって考えるとカレコレ枠がいないじゃないですか!?」

 

キリン「本当だ!どうすんだよ!?」

 

ゼノン「心配ない、カレコレ枠は俺がやる。」

 

モブ男「マジか・・・」

 

ゼノン「では早速、我らユーベルファイブを世に知らしめる為の活動を行おうか。」

 

エマ「名前もう決めてるんですね。」

 

キリン「活動って何だよ?」

 

ゼノン「ああ、ちょうど適任の人物達がいる。」

 

パンダ「適任の人物?」

 

~カゲチヨとヒサメの家~

 

ヒサメ「これで来ていた手紙は全部だね。」

 

カゲチヨ「そうだな・・・ん?」

 

ヒサメ「あれ、一枚手紙がある・・・ええっ!?」

 

【シディは預かった、返して欲しければこの倉庫に来い。ユーベルファイブ】

 

【縛られたシディの写真】

 

~~

 

ヒサメ「確かここだったよね・・・」

 

カゲチヨ「シディ・・・どうか無事でいてくれ。」

 

ヒサメ「思ったほか何もないね。」

 

???「ハッハッハッハッ!よく来たな!」

 

カゲチヨ・ヒサメ「・・・!」

 

ゼノン「カゲヒサパワー!ゼノンカイザー!」

 

パンダ「社畜パワー!テイコウパンダ!」

 

キリン「童○パワー!ヘンタイキリーン!」

 

エマ「お金パワー!エマエンマジーヌ!」

 

モブ男「フラグパワー!モブオブルーン」

 

「五人そろって!悪者戦隊ユーベルファイブ!」

 

ヒサメ「丸パクりかよ!」

 

カゲチヨ「絶対怒られるぞ!?」

 

ヒサメ「それとシディはどこ!?」

 

ゼノン「あれはお前らカゲヒサを誘き寄せる為の嘘だ。では、ポチッとな!」

 

シュウウウウウ・・・

 

カゲチヨ「な、何だこのガス・・・」

 

ヒサメ「急に眠たく・・・」

 

ドタッ・・・

 

~エマと零士の家~

 

零士「エマの奴、どこに行ったんだ?ん?何だこのビデオ。気になるし、再生してみるか」

 

ウィィィィン・・・

 

カゲチヨ・ヒサメ『・・・』

 

零士「あれはカゲチヨとヒサメちゃん!?どうして・・・」

 

カゲチヨ『はっ!確か俺達は・・・って、何寝てるんだヒサ!』

 

ヒサメ『うーん・・・ここどこ!私達、縛られてる?それに何この服装///』

 

零士「何だこれ・・・二人とも戦隊が着てるようなスーツ着てるし(それにぴっちりしてるせいかヒサメちゃんは体のラインが・・・///って何考えてるんだ俺は!?)」

 

ゼノン『はっはっは!お目覚めのようだなカゲヒサ!』

 

零士「アイツは確か・・・水着事件の時にいた変なヤツ!」

 

カゲチヨ『俺達に何する気だよ!?』

 

ヒサメ『そうよ!』

 

零士「これは・・・まずい状況だな・・・」

 

ゼノン『悪いようにはしない。二人がこれを着て写真撮影してくれたらすぐに解放してやる。』つきわどい水着やメイド服

 

カゲチヨ『はぁっ!?俺男だぞ!?』

 

ヒサメ『そ、そんな服着るわけないでしょ!?』

 

零士「へ、変態だ・・・早く助けが来るといいが・・・」

 

ゼノン『なら、仕方がない。エマ、パンダ!やっておしまい!』

 

エマ・パンダ『アラホラサッサー!』

 

零士「今回パクりネタ本当多いな・・・」

 

エマ『ひっひっひっ。』つあまり痛くなさそうな鞭

 

パンダ『おらお前ら~、僕達に逆らう事はここにおける死を意味するからな~。』つあまり痛くなさそうな鞭

 

零士「っていうか、エマ!?お前何やってんだ!?」

 

エマ『あと零士さ~ん、見てますか~?これ生放送ですよ~?』

 

零士「生放送なのかよ!」

 

エマ『くらえ!』ベチッ

 

ヒサメ『ひうっ!?』

 

パンダ『おらっ!』

 

カゲチヨ『ぎゃあっ!?』

 

ベチッベチッベチッ!

 

ヒサメ『ふぎゃっ///ひゃあっ!?ちょっとやめ///にゃあっ!?』

 

カゲチヨ『ぎゃっ///やめろ///これ以上は・・・ふにゃっ!?』

 

零士「な、何を見せられてるんだ俺は?」

 

~数分後~

 

ゼノン『どうだ?着る気になったか?』

 

カゲチヨ『はあ・・・はあ・・・』

 

ヒサメ『だ・・・だれがこんなの着る』

 

ゼノン『そうか・・・やれ!』

 

ヒサメ『ひゃあっ!?』

 

~また数分後~

 

カゲチヨ・ヒサメ『』ピクピク

 

零士「何分見せるんだよ鞭打ちシーン!どこまでやるんだろうってつい全部見ちまったぞ!?」

 

ゼノン『なかなかしぶといな・・・』

 

カゲチヨ『はあ・・・はあ・・・こんなの・・・トッププレデターとの戦いに比べれば・・・』

 

ヒサメ『貴方達、覚えてなさいよ?そのうちシディが助けに来てくれるんだから・・・』

 

零士「あ、これ敵に言っちゃいけない奴だ・・・」

 

ゼノン『そうか・・・なら趣向を変えようか。キリン!あれを取って来い。』

 

キリン『おう!』

 

~~

 

キリン『取ってきたぞ、改良型ワライムシ。』

 

カゲチヨ・ヒサメ『!?』

 

零士「すごく嫌な予感するんだけど・・・」

 

ゼノン『はっはっはっ。お前らはワライムシに苦しめられたんだったな、だがこれは初期型と違って服の中の皮膚をソフトタッチでくすぐり回すのだ、おい撮影係!こっちに来い。』

 

モブ男『かしこまりー』

 

零士「お前が撮影係かよ!?」

 

~~

 

カゲチヨ『ひひぃ・・・ひゃい・・///』

 

ヒサメ『はあ・・・はあ・・・///』

 

零士「な、何てもん流すんだ。全年齢では見せられない有り様だったぞ・・・///」

 

ゼノン『仕方がないな・・・ならこれを』

 

零士「あれは・・・二匹のタコ?」

 

ヒサメ『な、何これ・・・?』

 

カゲチヨ『ま、まさか・・・』

 

ゼノン『異宙で手に入れたタコだ。これを服に入れられたらどうなるのかを試してやる。』

 

ヒサメ『~~~~!(声にならない叫び声)』

 

カゲチヨ『や、やめろおおおおおお!』

 

零士「やめろおおおおおお!間違いなく全年齢で出せなくなるうううう!」

 

ゼノン『はっはっはっはっ!』

 

ドガアアアアアン!

 

カゲチヨ・ヒサメ『!?』

 

フラグちゃん『やっと見つけましたよ!』

 

ハック『探すのに苦労したっすよ・・・』

 

タブー『ギャパパッ!またろくでもねー事考えやがって!』

 

ペンギン『最近様子がおかしいと思ったらこういう事だったのか・・・』

 

シディ『二人とも、無事か!?』

 

モブ男『フラグちゃん!?』

 

キリン『ハック!?タブー!?』

 

パンダ『ペンギン!?』

 

カゲチヨ・ヒサメ『シディ!』

 

ゼノン『いけね、バッジあったの忘れてた!』

 

零士「おっ、ここから大逆転か!?」

 

~数分後~

 

パンダ・キリン・モブ男『』チーン

 

ヒサメ『ありがとう、シディ。』

 

カゲチヨ『助かったぜ。』

 

シディ『ウムッ!』

 

ペンギン『よし、後は2人だけだな。』

 

フラグちゃん『覚悟はできましたか・・・?』

 

ゼノン『や、やばい・・・』

 

エマ『どうするんですかゼノンさん。』

 

ゼノン『ここは・・・逃げるんだよおおお。』

 

エマ『やっぱりそうなるんですか!?』

 

ヒサメ『フンッ!』足場を凍らせる

 

ゼノン『ぐえっ!?』

 

エマ『ふぎゃっ!?』

 

カゲチヨ・ヒサメ『・・・』黒笑

 

ゼノン・エマ『ひえええええっ!?』

 

(映像が乱れる)

 

零士「………さてとバイト行くか。」

 

 

ユーベルファイブ・・・壊滅!

 

 

 

 

~終わり~

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。