スランプ小説家と新星作家   作:猫カイト

1 / 5
プロローグ第一話 コーヒーと出会いとメイドさん?

一発屋という言葉をご存じだろうか?

 

分かりやすく言うとテレビで一時は流行っていたが少したって見なくなった芸人や作家のことをいう作家として呼ばれたくないだろうNo.1の言葉だ

猪瀬はそう呼ばれている。

猪瀬《いのせ》 優也《ゆうや》

ラノベ作家である。

いや、元ラノベ作家というべきか?

猪瀬のデビュー作 『少年と愛』はそこそこ売れたがそれからはスランプに陥りいい作品を書けないでいる作家だ。

担当の編集者矢崎《やざき》が言うには

「よくあるバーンアウトシンドロームですよ!すぐいい小説がかけますよ!」

と励ましの言葉を貰ってはや2年

猪瀬は何をかいていいか分からなくなっていた。

このまま異世界物を続けていいのか、

思いきって新しいジャンルに挑戦してみるか

だがうまく行くのか?

なんて考えを延々と繰り返す不のスパイラルに入っていた。

猪瀬はそのスパイラルをダークノーエンドスパイラルと名付けた。

「ダークノーエンドスパイラルってどこのバトル漫画ですか猪瀬先生。」

担当の矢崎は腹を抱え笑いながらテーブルに突っ伏す。

「そんなに笑わなくてもいいじゃないですか!こっちにとっては死活問題なんですよ!?」

「悪かったですって、猪瀬先生コーヒーでも飲んで落ち着いて。お姉さんアイスコーヒーミルクマシマシで二つね!」

矢崎はまるでラーメンでも頼むようにおかしな言い方でアイスコーヒーを頼む。

矢崎は自他共に認める変人である。

打ち合わせにメイドカフェなんて指名してくる変人で、テンションがよく分からない人、それが周りからの矢崎の印象である。

薬物で逮捕されたと聞いても知ってる人は誰も驚かないだろう。

そんな人だから新人作家の発掘や編集をやれているのかもしれないが。

「それで次回作のアイデアすら思い付かないと。」

矢崎は突然冷静になり冷たくそう告げる。

「はい。もう引退したほうがいいんですかねー」

「そんな台詞軽々しく言わないでくださいよ!」

このテンションの変わりようがついていけないと言われる原因である。。アイスコーヒーを飲んでいるのにいきなりあつあつのお茶を口に入れられるような変化だ。

「そうだ先生、これ興味ありません?」

と矢崎は何か思い出したかのように鞄を開け一つの原稿を取り出した。

「こういうのって作家に見せていいんですか?守秘義務とか大丈夫ですか?」

「まぁまぁ、それは私と先生の仲ですしね♥️、あっ編集長には言わないでくださいね!」

矢崎は耳元でこそこそそう告げる。

彼女が美人という事もあり羨ましいと周りの視線を感じるが全然そんな事はない。

薬物常習犯ってくらいのテンションの降り幅なのだ。猪瀬はかわって欲しいとすら思っていた。

「編集長にばれたら駄目なら見せないでくださいよ。どれどれ『エルフ』?シンプルなタイトルですね。」

呆れながら猪瀬はその小説を読み始める。

「アイスコーヒーミルク多めです~」

そんな中ウェイターのメイドがアイスコーヒーを運んでくる。

「ありがとねお姉さん!所でLINEやってる?」

「打ち合わせ中にナンパしないでくださいよ。」

「ごめんなさい。デート中に他の人にうつつ抜かすなんて彼女失格ね!」

「誰が彼氏ですか!誰が!」

こんな風なノリが毎回続く。

本当に嫌になる。

「それでどうでした。面白いでしょ?」

矢崎は笑顔で爛々としながらそう告げる。

「そうですか?ストーリーはいいですが、文才は無いですね。」

猪瀬は率直な感想を矢崎さんに伝えた。

 

 

「誰の文才が無いですって!?」

隣の席の金髪少女が立ち上がり怒り心頭な顔でそう告げる。

「えっ、もしかしてこの『エルフ』作者の子!?」

矢崎さんの方を見ると笑いを堪えながらお腹を抱えている。

だから矢崎は嫌われるのである。

「どういうことよ矢崎さん!すごい人に合わせるって聞いてついてきたのに普通のおっさんじゃない!」

「誰がおっさんだ!23だ!このロリ女!」

「まぁまぁ落ち着いて、二人とも」

矢崎はこの場を納めるためにそう告げる。

笑いを堪えてなかったら百点の行動なのだが。

「説明してください矢崎さん!誰なんですかこのロリ女?」

「誰がロリ女よ!18よ!結婚だって出来るんですからね!」

「まぁまぁ、落ち着いて、こちらの方はエノーラさん、期待の新星作家さんです。そしてこちらは猪瀬さん、ベテラン作家さんです。」

「新星作家?そんな名前聞いたことないけど」

「猪瀬なんて名前聞いたことないわよ?」

二人は同時にレコードを回したみたいに同じタイミングで告げる。

「おっ、二人案外相性よかったり?」

矢崎はニヤニヤしながらそう告げる。

ムカつく顔である。

「そんなわけないです!」

「そんなわけないわ!」

また同時にそう告げる。

「ほらまたー。この仲良さなら猪瀬さんに執筆頼んで良さそうですねー」

「「は!?」」

矢崎からのありえない発言に耳を疑い、猪瀬は目を点にした。エノーラもおんなじ反応だった。

「ええ 猪瀬さんには文章力がありますし、エノーラさんにはストーリーの作り込みが凄くいい。この二つが合わされば最高じゃありません?」

「そんなカレーとケーキを合わせるみたいな理論あげないでください!」

「こんなやつが執筆者ですって!?ストーリーが台無しになるわ!」

エノーラはテーブルを叩きそう告げる。

「猪瀬さんこんなに煽られてますよ?見返したくありません?あっ猪瀬さんには無理か~」

矢崎はこれを待っていたかの用にむかつく顔でそう挑発する。

「やってやろうじゃねぇか!」

その挑発は猪瀬の逆鱗を刺激した。。

猪瀬は店を出て自転車をこぎ家に高速で向かう。

こんなに自転車を飛ばしたのはいつ以来だろう?

初めて出版社に呼ばれたときか?

そんな事を考えながら猪瀬は自転車を漕ぐ。

 

 

急いで帰った猪瀬は早速パソコンをつける。

自分を罵倒したあの女を見返してやろうと暑くなり執筆を始める。

エノーラの『エルフ』は異世界に転生した少女マイがエルフの掟に縛られながら生きているエルフ、エルフィーを自由な世界に連れ出す。よくある異世界モノだ。

だが、独特な世界設定や掟という秘密が隠された物をうまく書けている。

だが文法はイマイチというチグハグな小説だ。

そんな小説に猪瀬は妙な感じを持っていた。

妙ななつかしさを感じていた。

少し昔に読んだことがあるような不思議な感覚に襲われていた。

だが猪瀬は挑発してきた編集やエノーラを見返すために小説を描き続ける。

 

 

 

 

「なんであの男を紹介したの?」

エノーラはチーズケーキを口に運びながら当然の疑問を編集の矢崎に投げ掛けた。

「何て言うかあなた達似てるんです。勿論顔がとかじゃありません。」

「じゃあどんな所が似てるって言うのよ?」

「完璧主義者って言うか。作品を生かしきれてないと言うか。」

矢崎は遠くを見ながらコーヒーに口をつけそう告げる。

「でも猪瀬ってやつは本を出してるんでしょ?それで生かしきれてないってどういうこと?」

「猪瀬さんは確かに本は出しました。でも結果は散々でした。文才はあるが作品にこだわり過ぎました。ハッピーとは言いきれないエンドで読者からの批判が多かった。編集長はその終わり方が気に入らず変えさせようとしました。ですけど私と猪瀬さんは違いました。」

「ふーん それでどうしたの?」

エノーラはケーキの最後の一口を食べ、聞く。

「この終わりをと変えるなら死んだ方がましだってビルから飛び降りようとしました。それで編集長がおれてそのまま出版されました。」

矢崎は大笑いしながらそう告げる。

「ふーん」

エノーラはコーヒーを飲みながら考える。

私ならどうしただろう?

延々と書き続けたのだろうか?

作家になるのは夢だ。

だが書きたくもない作品を書くのだろうか。 

「出来たぞロリ女!!」

猪瀬は扉を勢いよくあけエノーラに向かってそう叫ぶ。

「うるさいわよ!そんなに叫ばなくても分かってるわよ!見せてみなさい。」

エノーラは猪瀬の原稿が入ったパソコンを奪い読み始める。

「悔しいけど面白いわね」

エノーラは虫を潰したかのような目をしながらそう告げる。

「だろ!お前の幼稚な文よりは幾分かマシだ!?」

猪瀬は勝ち誇りそう告げる。

エノーラは悔しい顔をしながら

「2話からはこれぐらい面白く書いてやるわよ...」

エノーラは悔しそうな顔ででそう小さな声で呟く。

「2話からじゃ駄目なんです。」

矢崎はやれやれと言った顔で告げる。

「何で!?」

エノーラは驚いた顔でそう投げ掛ける。

「家の編集部は一話で判断します。面白いかどうかを」

「何でよ!最後までみて面白いかどうかを判断しなさいよ!」

エノーラは当然の疑問を矢崎に投げ掛ける。

「家の編集長は掴みでがっしりハートをつかむ作品しか使いません。だから猪瀬さんの方を使いましょう!!」

矢崎はエノーラからパソコンを奪って操作を始める。

「ちょっと何してるんですか矢崎さん!?」

「何って編集部に送っただけです。」

矢崎は笑顔でそう告げる。

「何をかってにやってんのよ!」

「だって締め切りまで時間もないしいい仕上がりなんでしょ?ならいいじゃないですかー」

矢崎は悪びれる様子もなくそう高らかにつげる。

「このくそ女!!私の処女作よ!!」

エノーラは矢崎の常識外れの行動に怒り矢崎を殴ろうとする。

当然だ。

デビュー作を知らない他人の文で提出される。

それは初めてのコンテストで先生が八割書いたのに自分の名前で提出されるようなもの屈辱である。

矢崎はよけながら電話に出る。

「はいはい 佐藤先生が来ましたか~コーヒーでも出して待たせておいてください。」

矢崎は鞄の準備を始める。

「まだ話は終わってないわよ!」

「すいません~用事出来ちゃいまして」

矢崎はそう言い走ってメイドカフェを後にする。

「ちょっ!待ちなさいよ!」

エノーラは窓から叫ぶ。

その声を無視され矢崎は走り抜けていく。

「えーとお会計2万円になります~」

メイドさんが悪そうにそう告げる。

「2万円!?なんでそんなにすんのよ!メニュー表見せなさい!」

エノーラは驚きメニュー表を見る。

「コーヒー一杯3000円!?ぼったくりじゃない!?そんなお金持ってきてないわよ!あんたある?」

エノーラの慌てた顔を目にし、猪瀬はどこか懐かしさを思い出しながら財布を確認する。

「あれ?」

本来そこにあるはずの指の感覚がない。

その代わり紙のような感覚が。

『この前の参考資料代抜いておきますね♥️』

「あの女!全部抜いて生きやがった!」

猪瀬は次あったとき絶対泣かすと思い叫ぶ。

「あんたカ、カードとかないの?」

涙目でエノーラはそう告げる。

「そんなものねぇよ!」

あったら苦労しない

「ならどうすんのよ!」

「なら皿洗いとお手伝いですねー」

メイドさんが笑いながらそう告げるが、目が笑っていない。

 

 

「似合ってますよ~」

「凄く似合ってるぞ!ロリメイド!」

「作家デビュー日初日にメイドカフェでメイドやってるって何なのよー!もうメイドカフェなんてこりごりよ!」

ギャグ漫画ならここで終わるのだろうが世の中はそんなに甘くない。

猪瀬は皿洗い、エノーラはメイドをして代金分を働いた。

終わる頃には二人とも疲れきっていた。

「おつかれさん」

「ありがと」

猪瀬はエノーラの後頭部に缶コーヒーを当てそう告げる。

最初の険悪な雰囲気はなんだったのかいうほど、仲良くなっていた。

これが矢崎の作戦なら大したもんだ。

「..あげるわよ...」

「ん?なんて?」

猪瀬はよく聞こえず聞き返す。

「あんたの方が凄いって認めてあげるっていってんの!」

エノーラは顔を赤くしながらいい放つ。

「ありがとよ、だが次の話はかかないからなエノーラ」

「……じゃなくて」

「?何か言ったか?」

猪瀬はエノーラの声が聞こえなかったので聞き返す。

「夢咲《ゆめさき》遥《はるか》よ!私の名前!」

そういい放ちエノーラもとい夢咲は走り去る。

気のせいかその顔は赤く感じた。

 

 

 

「彼女達青春ですねー」

矢崎は影に隠れながら写真を撮る。

「ヤーちゃん良かったの?作家さんを働かせたりして」

「いいのいいのあの二人にはいいイベントだったでしょ」

矢崎は友達のメイドの椿《つばき》さんにお礼のアイスを渡す。

「あの二人いい化学反応起こすと思いません?」

「どうだろうねー 拒絶反応起こしちゃうかもよ?」

「本当はわかってるんでしょ?大御所作家のアイルさん?」

「その名前で呼ばないでってばーもう引退したんだから。」

椿はぽかぽか殴りながら呟く。

「星になるか無名のまま終わるか。頑張りどころですよ猪瀬さん」

「そのときはメイドカフェで雇ってあげようかなー」


▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。