気がつけばモブハンターになってた。   作:ドーモ。ギルドナイト=サン。

14 / 19
お気に入り登録、アンケート投票、ココすき、感想をしていただきありがとうございます!
恐れ多くも好評価を下さった読者様!神かよぉ!
今後ともお付き合いよろしくお願いします!


気がつけば金欠(1回目)

 

 リストに書かれた防具は2つ。

 その両方が実際にゲームの中で最初の装備として使う事になる、いわば初期装備と言えるものだ。

 

 1つ目の防具は、モンスターの丈夫な皮を部分的に用いて作られた"レザー"シリーズ。

 

 シンプルな構造のため着込みやすく、皮素材の為軽く、使い込めば自分の体に馴染む加工が施されているらしい。また、装備が軽いため無駄にスタミナを消費せずに済むのだとか。

 火に強い皮素材を採用していると記載されているが、ゲーム的に言い換えれば"火耐性"があるって事なんだろう。

 

 2つ目の防具は、皮服の上に鎖帷子と金属板を当てて作られた"チェーン"シリーズ。

 

 機能性、防護性が十分な伝統的な作りらしく、破損した部分の交換や修理のしやすさから広く愛されているらしい。

 金属を使っている分、レザー装備よりも確実に重く防御力も高そうだが…ゲームでは同じ数値だったはず。

 防具の中に水を溜め込まない作りを採用していると書いてあるが、これもゲームで言う"水耐性"が高いって事だろうな。

 

 総じて2つとも新米ハンターには扱いやすく、新しい装備を作るまでの繋ぎとして十分な性能のようだ。

 そのお値段は…両方とも1部位につき300zか。ふむ。

 

「手持ちの所持金を残すなら、頭防具以外を買うことになるかな…また金かぁ。」

 

 金欠故にか、独りごちてしまう。

 現在、俺の所持金は1590zある。

 頭、胴、腕、腰、脚の5部位の防具をギリギリ揃えられる金額だが、そうすると探索に出る前の食事をするお金が尽きてしまう。

 

 流石に食事を抜きにはしたく無いので、購入出来る部位は4部位が最大となる。

 それに、今回の防具の購入は身だしなみを整える理由が大部分を占める。外見にあまり影響しない頭防具は候補から除外することになるだろう。

 

 俺は再びリストに目をやり、胴から脚までの防具を確認していく。

 ふむふむ…見れば見るほど、レザー装備は快適性を重視した設計で、チェーン装備は金額を抑えつつ防御力を高める設計になっているようだ。

 …っていうか。

 

「冷静に考えて、この2つの防御力が同じなわけが無いよな…」

 

 そうだ。これだけ分かりやすく方針が異なる装備なら、もっと早く気づくべき事だった。俺の常識が知らぬ間にゲームの知識に引っ張られていたのだろう。

 素材に革を使った装備と、鎖帷子と金属板を使った装備。どちらが防御力が高いかは想像に容易い。

 モンハン世界のモンスターの皮とはいえど、同じモンハン世界の鉱石を使っている防具より頑丈だとは考え難い。

 

 ゲームだと"スキル"の有無や"防御力"、属性耐性"の数値で決めていた。しかし、薄い布の方が分厚い鎧より防御力が高い事例も少なくないゲームの数値を、そのまま鵜呑みにするのは危険だ。

 ならば、そんなゲーム要素を除外して、この世界のハンターとして装備選びをすれば良いのだろうが…

 

「…問題は、俺にハンターの経験が足りて無い事だよな。」

 

 ゲームの知識を除外すれば、俺の理解が及ぶ範囲は途端に狭くなる。

 現に今も防具の詳細に、あると便利なポケット付き、足運びが楽になる等と書かれているが、それらの有無による違いが正確に理解出来ていない。

 一度も防具を身につけたことがない俺には、防具の良し悪しなど分かる筈が無かった。

 

「うーん…仕方ない。ここは直感で決めるか。」

「……?なんだい、あんた新顔かい。」

 

 思考を諦めかけていた俺へ、唐突に"武具屋"が話かけてくる。

 …考えに時間をかけ過ぎたのだろうか?若干呆れているような声色だった。

 "武具屋"から新顔かと聞かれたが…新しく来た五期団かどうか確認をしたいのだろう。すぐに返答する。

 

「はい。五期団のハンターです。」

「防具について悩みでもあるのかい?

 良かったら、他のハンターから人気の装備でも言うよ。」

「!本当ですか…是非お願いします!」

「お礼はいいさ。いつもしてる謳い文句を言うだけなんだから。」

 

 悩んでいる俺を見かねたのか、"武具屋"が防具の説明をしてくれるらしい。

 装備の詳細を見ても、いまいち凄さが理解出来なかったから、正直とてもありがたい。

 

「まず、レザー装備からは腰装備のレザーベルト。サブポーチの多さによる機能性が売りで、熟練者の愛用者も多いよ。」

「なるほど。サブポーチですか。」

 

 "武具屋"の話に出てきた熟練ハンターよると、サブポーチの1つがハンターの命運を分ける事もあるらしい。

 ゲームでも、使いたいアイテムを選んでる間にモンスターの攻撃を受ける事があるからイメージはしやすい。

 この情報は今後の装備選びでも参考にできそうだ。

 

「さて、次にチェーン装備だね。金属部分の劣化を防ぐ為に定期的なメンテナンスが必要だけど、自分でやる癖が身に付くとかで新顔によくおすすめされてるね。」

「!装備のメンテナンス…盲点だった。」

 

 どうやら防具をメンテナンスする必要があるらしい。当たり前のことだが、ゲームにはそんな要素が存在しないため、俺の頭からは抜け落ちていた。

 レザー装備も天然皮だから手入れは必要だろうが…やはり金属製の装備の方が扱いが面倒だと思われる。

 

 "武具屋"の言葉から察すると、装備のメンテナンスが出来なくて困るエピソードなども多いのだろう。ハンター生活を今後続けるなら、俺もメンテナンスのやり方を覚えておく必要があるかも知れない。

 

 これは…決まりだな。

 念のため他の装備の説明も聞いておき、最後に"武具屋"に結論を話す。

 

「…チェーン装備の胴から脚までを購入します。」

「はいよ!…丁度だね。まいどあり!」

 

 俺は注文と共に1200zを手渡す。

 "武具屋"の話を聞くことが出来て良かった。

 買うからには長く大切に使いたいし、手間は掛かるけど手入れの勉強も出来そうなチェーン装備を選択した。

 

「はい!この中にチェーン装備が入っているからね。

 ここで装備するなら調整を見てあげられるよ。」

「えっと…装備していきます。」

 

 カウンターの下から木箱を取り出した"武具屋"が、ゲームでおなじみのここで装備しますか?を聞いてくる。

 どうやらハンターの体に合わせて、紐の括りなどの大雑把な調整が必要ならしい。"武具屋"から説明を受けながら、俺は購入した防具を身につけていく。

 

「…バッチリだね。違和感は無いかい?」

「大丈夫です。」

「次回からも同じ要領で装備すれば良いからね。」

「はい!ありがとうございます!」

 

 鏡が無いため、自分の姿をしっかりとは確認できないが…身嗜みは間違いなく改善された事だろう。もちろん防御力も。

 防具の鎖帷子や金属板によって、装備したら体が重くなり動きにくい…なんてことは微塵も感じられない。

 これはチェーン装備が重さを極力減らした作りをしているからだろう。リストにそう書いてあったし。

 

「やっと、ハンターらしい格好になったな…」

 

 俺はほれぼれとした目で、これからの相棒となるチェーン装備を見つめる。

 新品の防具だからか、各部に取り付けられた金属板が工房の揺らめく炎を綺麗に反射していて美しい…ふぅん。

 汚れ一つ無い装備なので、周りからは装備を新しく買ったばかりの新米ハンターとして見られる事だろう。

 …これなら、もう変態や不審者と思われる心配も無さそうだ。本当に良かった…!

 

「これで安心だな………いや待て。」

 

 防具を手に入れた感動が収まり初め、少し冷静になってきた俺は、ようやくこの装備に不足している物に気がつく。

 ……あれ、腕にスリンガーが付いてない。

 よく見れば腰に"導虫かご"らしき物も無い。

 な、何故!?新大陸に生きるハンターの標準装備の筈だろう、装備につけ忘れたのか…?

 確認してみるか…

 

「すいません"武具屋"さん、この防具にスリンガーや"導虫かご"が付いてないんですけど…これって何かの手違いですか?」

「あんた何言ってんのさ。新大陸のハンターならみんな1つは持ってるだろう?」

「……すいません。持ってない場合はどうすれば良いでしょうか。」

「あらま、壊れたりでもしたの?

 一応ここでも買えるけど、修理した方がよっぽど値段は安くなるよ。」

 

 話を聞いた武具屋は、そう説明しながらスリンガーと"導虫かご"の商品リストを見せてくれる。

 壊れるどころか所持すらしていなかったが、一応新しく買い直すことは出来るそうだ。

 少し安心した。装備1部位が300zなら、スリンガーや"導虫かご"もそこまで高く無いだろう…

 などと、タカを括っていた俺はリストに書かれた値段に、大きく目を見開く事となる。

 

「っ!?…スリンガーが1つで4000z!?

 しっ、"導虫かご"まで1000zもかかるのか…!」

「作製も簡単では無いから、どうしても高くなるのさ…それでも構わないなら、すぐにでも用意できるよ。」

 

 お値段なんと合計で5000zという、防具1つが安く思える程の必要金額に驚愕を受ける。

 今日の探索の成果で1450zの収入。だが、今後も同じ程度の金額が稼げるかは正直分かっていない。

 新しい装備を作る金も必要になるだろうし、いざという時の貯蓄もしたいとなれば、"導虫かご"はともかく、スリンガーを買えるようになるのはいつになるやら…

 

「…すいません。購入はやめておきます。」

「構わないさ。修理ならいつでも持ち寄っておくれ。

 他に何かみていくかい?」

 

 リストを仕舞いながら、"武具屋"が質問をしてくる。

 必要なものはランタンだろうか…ここで買えるかは分からないけど。

 他にはなんだろう。修理……あっ、そうだ。

 

「腰にかけるランタンと、チェーン防具のメンテナンス道具って置いてますか?」

「両方あるよ。ランタンのオイルは別料金だけど、一緒に買っていくかい?」

「全部一番安いので、いくらぐらいになりますかね。」

「ランタンが700z。ランタンオイルが2日分で80z。メンテナンス道具は種類が多いけど、一番多く使うのは鎖帷子関係だし…一番安くて錆防止用の油で50zだね。」

「……。」

「どうする?買っていくかい?」

 

 高い!こっちも金額を侮ってたみたいだ。

 防具を装備して浮ついていた気持ちが一気に醒める。

 …浮かれてる場合じゃねぇ、もっと稼がないと…っ!

 幸い、錆防止用の油はあんまり高く無い。これだけでも買っておこう。

 

「…すいません。錆防止用の油を買います。」

「はいよ!丁度だね。

 …他にも何かみていくかい?」

 

 商品を受け取った後に軽く考えるが、思い浮かぶ物はない。

 …もし浮かんでも、今度は所持金がないのだが。

 

「いいえ、今日はもうこれで終わります。

 色々と教えて下さり、ありがとうございました!」

「いやいや。あたしも久々に話が出来て楽しかったよ。

 新大陸のハンターはみんな優秀で、質問なんて滅多に来ないからね。」

「そ、そうですか…では、これで失礼します。」

「どうも。また来ておくれよ!」

 

 お礼を言い、工房の外へと足を運ぶ。

 "武具屋"はゲームの印象と同じで、明るくて親切な方だったし、話していて学べることも多かった。最後の会話に切れ味の鋭い言葉が飛んできたが、おそらく悪気は無いのだろう。

 卑屈にならず、俺は俺のできることをやっていこう。

 

「一応、ひと段落は着いたかな。」

 

 現状の最大の問題点だった身嗜みの改善が済んだ今、人目を気にせずに行動できるのは大きい。

 今後の目標は変わらず金策だろうが、効率よく動けるなら一度の探索で収入も上がるだろう。

 なんなら探索ルートを変更してもいいかもしれない。

 

 

 

「せっかくだし、明日は正門を通って探索に向かおうかな。」

 

 

 

 一歩踏み出すたびにカチャカチャと鳴る装備の音を聞きながら、堂々と工房の入り口を通る。

 俺はただそれだけのことが、ずいぶん久しぶりに感じられて仕方がなかった。

 

 

 

 





 お気に入り解除が連鎖する中、たった一人の登録者に歓喜して計画的投稿をか殴り捨てる男…スカベンチュラーマッ!!

 前回の話にココすきをして下さった読者様が、作者が伝えたい所をピンポイントに指しており感動を受けました。うれぴい。

 同じくココすきで、各話で明確に偏った所を指している読者様がおられました。文章の変更などで行がずれてしまっているのが大変申し訳なく思います。
 見つけられた読者様は、この小説を最大限楽しんでいただけると思います。
 ゆっくり更新ですが、ぜひ最後までご覧下さいませ。

 読者様方からの反応がモチベに繋がります。
 本当にありがとうございます!神ィ!!
 今後もこの作品をよろしくお願いします。

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。