変わらない環境。変わらない日常。そんな中で起きた一つの交通事故。
そのたった一つの出来事に、たった一人の少年がいたとしたら?
彼ら彼女らの人生は、どう変わったのだろうか。

これは仮定の物語。あの日あの場所から分岐した、あの世界のパラレルワールド。
たとえ世界が分岐しても、彼ら彼女らが歩み寄ろうとする限り、その世界は間違い続けるのだろう。

「The world is missed by them.」

「その世界は彼らの手によって間違えられる」



不定期更新、オリキャラあり、原作ヒロイン×オリキャラの可能性ありです。


2015年4月29日 『原作ヒロイン×オリキャラの可能性あり』のタグを、『原作ヒロイン×オリキャラあり』に、変更しました。

2015年5月19日 『あくまでも主人公は比企谷 八幡』のタグを追加しました。

2015年7月6日 最新話に『●NEW』の文字をつけました。

2015年11月30日 原作の展開を大きく改変した話やオリジナル展開を含む話に、『☆』のマークをつけました。※あくまでわかりやすいようざっと付けただけなので、通常話にもオリジナル描写などが含まれる場合があります。(物語に必要な、伏線なども)

※作者の事情により、更新が滞っています。詳しくは、活動報告をご覧ください。
総武高校 一年目
  Act.0 いずれ終わる彼らの物語はここから始まる ☆2015年03月26日(木) 23:42()
総武高校 二年目
  Act.1 やはり比企谷 八幡は目をつけられる2015年03月27日(金) 00:27()
  Act.1-2 比企谷 八幡と雪ノ下 雪乃の自論とは2015年03月27日(金) 00:44()
  Act.2 偶然か必然か、陽影 夏輝は二人と出会う ☆2015年03月27日(金) 23:08()
  Act.3 しかし由比ヶ浜 結衣は憧れ、感謝する2015年03月28日(土) 15:50()
  Act.4 やはり戸塚 彩加と陽影 夏輝は男らしからぬ2015年03月29日(日) 10:29()
  Act.4-2 満を時してリア充とボッチは火花を散らす2015年03月31日(火) 00:20()
  Act.4-3 ともかく雪ノ下 雪乃は優秀で、それでも……2015年04月02日(木) 10:00()
  Act.5 由比ヶ浜 結衣曰く、メールは口ほどにものを言う2015年04月04日(土) 22:31()
  Act.5-2 しかし、葉山 隼人の居ぬ間の三人は廃人である2015年04月05日(日) 19:13()
  Act.6 なぜか比企谷 小町がお兄ちゃんに依頼するのはポイントが高い2015年04月07日(火) 20:03()
  Act.6-2 川崎 沙希はブラコンで、なおかつ意外と盲目である2015年04月12日(日) 17:59()
  Act.6-3 比企谷 小町によると、姉も弟も互いを思う気持ちは…2015年04月18日(土) 20:11()
  Act.7 だから彼ら彼女らの物語は、唐突にすれ違う2015年04月26日(日) 13:16()
  Act.7-2 まごうことなく、雪ノ下 雪乃は幼い2015年04月29日(水) 10:29()
  Act.7-3 そして、雪ノ下 雪乃は震える2015年04月29日(水) 19:25()
  Act.8 それでも、葉山 隼人はやり方を変えない2015年05月06日(水) 16:34()
  Act.8-2 星の下で、陽影 夏輝は依頼する ☆2015年05月10日(日) 09:52()
  Act.8-3 ついに、鶴見 留美はそれを望む2015年05月17日(日) 23:09()
  Act.8-4 暗闇の中ですべては消え、変わりゆく ☆2015年05月24日(日) 20:46()
  Act.9 比企谷 八幡の決断を、陽影 夏輝は待っている ☆2015年05月31日(日) 11:18()
  Act.10 どんな時も、花火の色は変わらない2015年06月08日(月) 00:39()
  Act.10-2 とうとう、少年は真に自分を嫌悪する2015年06月14日(日) 23:34()
  Act.11 既に夏は終われども、彼らの夏は今だ終わらず2015年06月29日(月) 22:37()
  Act.11-2 ついに、相模 南の依頼は彼らを。 2015年07月05日(日) 21:53()
  Act.11-3 まるで雪ノ下 陽乃は、嵐のように祭りを… 2015年07月12日(日) 22:59()
  Act.11-4 当然、協力とは尊いことでーーならば、それは。2015年07月22日(水) 21:52()
  Act.11-5 彼ら彼女らの言葉に、雪ノ下 雪乃はふと思う 2015年07月26日(日) 16:40()
  Act.11-6 確かに比企谷 八幡のやり方は最低で、されど求める者がいる 2015年08月03日(月) 20:34()
  Act.11-7 彼女との奇跡のような出会いは、なれど偶然ではない ☆2015年08月06日(木) 00:49()
  Act.11-8 ようやく、彼ら彼女らはあの春の日を越える ☆2015年08月11日(火) 09:35()
  Act.12 そして陽影 夏輝は、その双眸を赤く灯す ☆2015年09月07日(月) 23:51()
  Act.12-2 それなら彼は、どちらを選ぶべきなのだろう 2015年09月28日(月) 23:05()
  Act.12-3 されど、人は人を創ることを知らずに 2015年10月04日(日) 00:39()
  Act.12-4 いつかきっと、忘れる時がくるからこそ2015年11月01日(日) 22:25()
  Act.12-5 そして、誰もが認める訳ではない ☆ ●NEW2015年11月29日(日) 21:48()
総武高校 奉仕部室にて (番外)
  profile. 〜Natuki's family members〜2015年04月18日(土) 22:39()
  short story-1. 千葉村への道中・後部座席2015年05月10日(日) 22:42()
  another angle of Act.11-8 〜main charactar : Yui〜 2015年08月18日(火) 00:55()

読者層が似ている作品

やはり赤羽業(カルマ)の悪戯はまちがっている。(作者:sewashi)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

殺せんせーの暗殺に成功し、無事に椚ヶ丘を卒業したカルマが進学した高校は千葉の総武高校。▼ 暗殺教室が楽しすぎたせいで普通の生活を楽しめなくなり、悪戯を繰り返す毎日。▼ そんなカルマは高校での担任、平塚先生に奉仕部に入部させられた。▼ 雪ノ下、比企谷、由比ヶ浜と出会い、奉仕活動をする度に思い出す。


総合評価:155/評価:-.--/話数:11話/更新日時:2015年06月03日(水) 17:14 小説情報

やはり妹の高校生活はまちがっている。(作者:暁英琉)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

小町の高校入学後の比企谷兄妹の千葉兄弟的なお話です▼名前ありのモブキャラはたぶん登場しないかなと▼ペースは週1くらいを目標にしていますが、自分のペースで書きたいので前後する可能性も無きにしも非ず・・・▼原作は執筆開始段階で10.5巻の途中まで読んでいます▼一色と小町がかわいい▼


総合評価:2164/評価:8.10/話数:22話/更新日時:2015年07月13日(月) 00:00 小説情報

声を失った少年(作者:熊0803)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

幼少期、ある出来事によって声を失った少年、比企谷八幡。▼ 平穏に暮らしていた彼はある日、国語教師の平塚によってある部活に導かれる。▼その部の名は奉仕部。▼ 陽だまりが照らす教室で、八幡は一人の少女と再会する。▼ 生まれつき異常な肉体を持ち、心の中にもう一つの人格を持つ少年は、かつて救った少女とどう向き合うのか。▼ 初投稿です。原作を片手…


総合評価:1859/評価:6.50/話数:36話/更新日時:2017年09月18日(月) 15:39 小説情報

俺が青春なんてして良いのだろうか(作者:nasigorenn)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

幼い頃の好奇心から父親を死なせてしまった八幡。▼幼い彼の精神はその事実に耐えきれずに崩壊してしまうはずだった。▼しかし、唯一の家族である小町を残して壊れるなんてことを彼は許さなかった。▼だからこそ彼女の為にも、そして自分の所為で死んでしまった父親の為にも、彼はその仕事を継いだ。▼これはそんな彼が織りなす青春? の物語である。


総合評価:2733/評価:7.13/話数:73話/更新日時:2017年12月10日(日) 00:05 小説情報

試作:やはり俺の青春ラブコメはこわれている。(作者:黒いオオカミ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 この作品の注意書き・・・もしも、比企谷八幡が原作の最初から精神的に壊れていたら? 主人公補正がなかったら? と言うIFで作られた作品。▼ 全てに絶望し、人に対し、恐怖を抱き、人が信じられなくなった比企谷八幡。そんな彼を真人間に更生させようと努力する雪ノ下雪乃と平塚静。▼ そんな彼と彼女達にあざ笑うかのように、人間の欲やどす黒い感情などといった依頼の数々。そ…


総合評価:624/評価:6.50/話数:9話/更新日時:2016年11月10日(木) 20:19 小説情報

心を穿つ俺が居る(作者:トーマフ・イーシャ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

俺ガイルのエピソードを改変したIFの寄せ集めです。各々に関連性はなく、一話一話が独立した話となっています。▼どういう方向が好きか感想が頂きたいです。よろしければ、感想お願いします。▼いつだって俺はこれを読んだお前の心を穿つために居続ける。


総合評価:1026/評価:7.58/話数:13話/更新日時:2015年07月05日(日) 12:17 小説情報

雪ノ下家長男の青春ラブコメもまちがっている(作者:拳骨揚げ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 雪ノ下月乃。▼ 雪ノ下陽乃、雪ノ下雪乃の弟。▼ 受け継いだカリスマ性やら頭脳は素晴らしい、が―――極度のシスコン。▼ 彼の織りなす青春も―――やはりどこかまちがっている。


総合評価:341/評価:5.06/話数:8話/更新日時:2017年06月01日(木) 22:19 小説情報

孤物語(作者:星乃椿)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

高校1年の春休み。▼比企谷八幡は金髪の美しい鬼と出会う。▼孤独を知る彼らの出会いは必然か、それとも偶然か。▼さあ語るとしよう。▼青春の1ページに刻まれた怪異譚を―――▼以前pixivにて『柚木』名義で投稿していた『孤物語』の再投稿になります。▼pixiv投稿分に多少のリメイクを加えつつ、型月要素を加えていくつもりです。▼リハビリも兼ねてますのでお見苦しいとこ…


総合評価:2243/評価:8.20/話数:21話/更新日時:2016年07月24日(日) 17:09 小説情報

陽乃日記(作者:ルコ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

▼陽乃と八幡のほのぼの日記。▼もっと素直に▼もっと陽気に▼陽乃はもっと素敵になれる。▼


総合評価:3673/評価:8.95/話数:7話/更新日時:2016年04月16日(土) 16:31 小説情報

ある日妹が増えまして(作者:暁英琉)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

一人で悲しいなら手を取ろう▼家族がいないなら家族になろう▼それでも悲しいなら▼***▼お兄ちゃんは妹にとことん甘くなる▼だからきっと新しい妹の生活はMAXコーヒーのように甘い▼じゃあ、今いる妹は?▼***▼そんな新しい妹とかわいい妹のお話▼■追記■▼続編[http://novel.syosetu.org/56500/]


総合評価:2220/評価:8.00/話数:7話/更新日時:2015年07月11日(土) 00:00 小説情報