畜生先生ポチま!   作:お話下手
次の話 >>

1 / 29
簡易ながらポチま!の年表と重要人物の軽い説明を載せました。けして更新を先伸ばしとか、そんな悪あがきではございません。ございませんとも。


年表

 【西暦900年】“とあ”、アマテルから狗族の里、地中深くに封印される。

 

 【西暦1443年】エヴァンジェリン、アマテルと???に出逢う。更に真祖の吸血鬼化、父親を殺害。

 

 【西暦1850年】相応しくない者がズルをして手に入れようとしたが、“とあ”暴走。 狗族は壊滅に追い込まれるまで虐殺。

 

 【西暦1976年】冬、日本京都にて“とあ”とナギ出逢う。 正式に主として選ばれる。 更に詠春と出逢い、助太刀、友人となった。

 

 【西暦1983年】紅き翼、アリカとテオドラ救出。 隠れ家にてアリカ・バスター喰らう。

 

 【西暦1986年】“とあ”とエヴァンジェリンと出逢う?

 

 【西暦1991年】3月、エヴァンジェリン、登校地獄にかかる。

 

 【西暦1993年】ナギ、“とあ”、アリカ、アルビレオ、イスタンブールで事故?により死亡。

 

 【西暦1994年】ポチ、全裸で麻帆良学園に現れる。 エヴァンジェリンに変態不審者として追われる。

 

 【西暦1994年】???がエヴァンジェリンを襲う。 ポチ、式を使い撃退。

 

 【西暦1995年】始業式、ポチ先生始まる。

 

 【西暦1995年】明日菜転入。 あやか、エヴァンジェリン、ポチ、顔を合わせる。

 

 【西暦1997年】2月、ポチ、チャチャゼロからバレンタインチョコ?を貰う。

 

 【西暦2001年】春、必殺技を考える。 初めての合コン。

 

 【西暦2001年】夏、Konozama。

 

 【西暦2003年】ネギ登場。

 

 

 

 ◆エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル

 

 みんな大好きブロンド髪の最強ロリ。主にツッコミ担当。ポチが起こすイタズラを物理的に止める。

 原作よりも若干当たりが優しく、学園内の立場も良心的。本人が知らぬところでファンクラブもある。しかし、周りに毒されたせいか少々アホな行動を取る場合も。色々溜まるとポチに対しセクハラを仕掛けるが上手くいかず、思考が汚いおっさんみたいに。時には文字通り食す。バリバリムシャムシャ。

 

 吸血鬼になる前や、登校地獄を掛けられた後など、過去に関する話しは主人公であるはずのポチよりも圧倒的に多い。彼女が登場しない話しの方が少なく、ポチが登場しない場合は彼女が主人公になりシリアス濃厚。もはや吸血鬼先生 エヴァま!

 

 ◆ナギ・スプリングフィールド

 

 ヤンキー魔法使いで始祖アマテルに封じられたポチを解放した最初?の飼い主。若くしてアマテルの仕掛けた罠や自動人形を全て撃破する強者。

 ポチは彼を気に入っているが、彼自身は手放したいと思っておりエヴァに譲ろうとするなど微妙に扱いが酷い。実はポチを嫌っているのではなく、エヴァならばポチを任せられると、彼なりの思いやりがあってのこと。

 ポチが我が儘で自由奔放な性格になったのは、彼のせいでもある。ペットは飼い主に似る。

 

 ◆始祖アマテル

 

 造物主の娘にして仮契約のモデルとなった人物。一人の従者を引き連れ世界を救った女性でもある。900年前にポチを京都の狗族の里に封じた張本人。

 

 【本作品では、原作にて墓所の主と呼ばれる神楽坂明日菜によく似た女の子をアマテルとして扱います】

 

 英雄の立場でありながら幼女の獣姦(未遂)を見逃したり、吸血鬼化に助力するなど、割りとえげつない行為がちらほら。被害者はエヴァ。べろちゅー。

 言動を見る限り、ポチとはただの敵対関係には見えない。没ネタだけの内容だが肉体関係もあり、異母姉妹であるエヴァとは因縁めいた物が。容姿も大人から幼女になっているなど、恐らく作中で最も謎が多く、何を考えているのかわからない。

 

 

 




ちょこちょこ増やしていきます。年表もそうですが、造物主や明日菜など。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。