T県三門市。

そこには「近民界」とよばれる異次元からの侵略者がと戦う組織があった。

その中にひとりひどく目が腐った少年がいた。


俺ガイルとワートリのクロスものです。興味がある方はぜひご覧になってみてください。


 感想欄にて皆様からご指摘がありました『モッド八幡』のご説明をさせていただきます。
 『モッド』とはワールドトリガー内において第二次大規模侵攻にて投入されたトリオン兵『ラービット』の内、通常体を『プレーン体』、改造体を『モッド体』と分けていたところから取りまして、原作八幡を『プレーン八幡』、この小説内の八幡を『モッド八幡』と私が勝手に名付けて読んでいます。
 説明が遅れて申し訳ありませんでした。

1/31 に運営よりご指摘があった「感想欄でのアンケート」により一時非公開状態となっておりました。訂正したため、再度投稿させて頂きました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
  第0話「比企谷八幡は腐っていてもボーダー隊員である」2015年06月14日(日) 12:26()
  第1話「迅悠一の予言はろくなもんじゃない」2015年06月21日(日) 12:37()
  第2話「小南桐絵はとても騙されやすい」2015年07月03日(金) 22:11()
  第3話「意外にも由比ヶ浜結衣は真剣だった」2015年07月07日(火) 11:36()
  第4話「ただの言葉に説得力はない」2015年07月16日(木) 16:32()
  第5話「雪ノ下雪乃は厳しくも、どこか優しい」2015年07月23日(木) 09:41
  第6話「ここには変人しかない」2015年07月31日(金) 21:15()
  第7話「戸塚彩加はそれをかなえた」2015年08月13日(木) 08:05()
  第8話「みんな貧乏くじを引く」2015年08月25日(火) 12:00
  第9話「人はそれを副作用という」2015年08月31日(月) 10:28()
  第10話「俺はそれを友達とはよばない」2015年09月09日(水) 12:55()
  第11話「一迅の風は嵐となり、南方より修羅を連れてくる」2015年09月22日(火) 22:07
  第12話「私はそれが嫌いである」2015年10月21日(水) 21:06()
  第13話「雪ノ下雪乃は勝手に動く」2016年01月07日(木) 17:20()
  第14話「雪ノ下雪乃はやはり頭がいい」2016年01月31日(日) 12:40()
  第15話「やはり玉狛の隊員達は人外揃いである」2016年03月17日(木) 08:46
  第16話「彼の同僚はみんな変わっている」2016年04月06日(水) 11:52
  第17話「それでも川崎沙希は姉である」2016年05月06日(金) 16:01
  第18話「比企谷八幡は空気を読む」2016年05月14日(土) 19:17()
  第19話「そして雪ノ下雪乃は皆と戦う」2016年05月30日(月) 20:46()
  第20話「そして臆病者達は真実に触れる」2016年07月01日(金) 21:09()
  第21話「比企谷八幡は仕事に勤しむ」2016年07月15日(金) 14:01()
  第22話「比企谷八幡は臨時収入を願う」2016年08月02日(火) 14:23()
  第23話「それでも彼はボーダー隊員である」2016年08月18日(木) 10:03()
  第24話「みんな歪に日常を廻していく」2016年09月11日(日) 07:00
  第25話「彼女達は彼の一端に触れる」2016年10月08日(土) 15:10()

読者層が似ている作品

特別S級隊員比企谷八幡(作者:ケンシシ)(原作:ワールドトリガー)

眼の腐った特殊なS級隊員の少年の物語▼9/10 比企谷八幡のステータスを変更しました。


総合評価:1960/評価:6.29/話数:59話/更新日時:2017年03月03日(金) 20:27 小説情報

俺ガイル×ワールドトリガー (作者:るょー)(原作:ワールドトリガー)

4年前、この街にネイバーと呼ばれる怪物が現れた。▼突如現れたこのネイバーと呼ばれる怪物には普通の兵器が効かなかったのだ。▼誰もが世界の終わりを覚悟したが、謎の一団、のちにボーダーと呼ばれる組織がこれを撃退した。▼ボーダーは、ネイバーに対する防衛体制を整た為、▼依然として門から近界民が出現するにも関わらず、この街に住む人々は今日も平和に暮らすことができている。…


総合評価:1906/評価:6.00/話数:97話/更新日時:2017年02月23日(木) 00:00 小説情報

やはり俺がA級隊員なのは間違っている(作者:mowさん)(原作:ワールドトリガー)

A級隊員としてボーダーに所属する比企谷八幡。▼ボーダー隊員としての彼の青春ラブコメはやはり間違っているのだろうか。▼※この作品は改稿前の作品です。改稿版はユーザページからご覧ください▼こっちも更新ペースは遅めですが、たまに投稿したいと思います


総合評価:3179/評価:6.52/話数:54話/更新日時:2017年09月09日(土) 00:36 小説情報

目が腐ったボーダー隊員 ー改稿版ー(作者:リア03)(原作:ワールドトリガー)

T県三門市に突如開いた異界からの門から現れたネイバーと呼ばれる異界からの侵略者によりたちまち街は蹂躙された。▼しかし「ボーダー」と名乗る組織により街は救われた。▼そしてそこで働く目が腐った少年、比企谷八幡の物語。▼前作、「目が腐ったボーダー隊員」のリメイクです。大元はあまり変わらないです。キャラ崩壊、ご都合主義にはご注意下さい。できるだけ原作通りに進めていき…


総合評価:4791/評価:7.69/話数:51話/更新日時:2017年10月31日(火) 23:59 小説情報

やはり俺の界境防衛機関での物語は間違っている(作者:つむじ)(原作:やはり俺の青春ラブコメは間違っている )

異世界から攻撃を受け続け4年の歳月がたった▼知り合い、身内をその侵略で連れ去られたもの、殺されたもの。▼残された対抗手段はトリガーと呼ばれる異世界の技術を用いた武器のみだった。▼これは、比企谷八幡とその仲間達の物語である。


総合評価:657/評価:5.33/話数:39話/更新日時:2016年12月05日(月) 21:41 小説情報

やはり俺が太刀川隊に所属してるのは間違っていない(作者:ナインハルト)(原作:ワールドトリガー)

かつてこの都市は後に『近界民』と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めた、その時。 ▼突如、現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究し、『こち…


総合評価:2275/評価:6.86/話数:86話/更新日時:2016年11月20日(日) 23:04 小説情報

やはり俺がボーダーA級部隊隊長をやっているのは間違っている。-改訂版ー(作者:新太朗)(原作:ワールドトリガー)

異世界からの侵略者、近界民(ネイバー)から三門市を守る組織。▼界境防衛機関(ボーダー)。そこに所属する少年 比企谷八幡。▼これは彼が隊長を務める部隊の活躍、日常を書いた物語。▼改訂版です。どうぞ、よろしくお願いします。▼


総合評価:2054/評価:5.13/話数:94話/更新日時:2017年11月20日(月) 05:30 小説情報

やはり俺のボーダーにおける短編生活は間違っている。(作者:ハーマィア)(原作:ワールドトリガー)

ワールドトリガーの世界を舞台にして、八幡とワートリキャラもしくは俺ガイルキャラとの絡みを書いていく短編物語です。


総合評価:990/評価:7.54/話数:37話/更新日時:2017年11月17日(金) 16:09 小説情報

【改稿版】 やはり俺の灰色の脳細胞は腐っている(作者:近所の戦闘狂)(原作:ワールドトリガー)

前作の改稿版です▼ヒッキーがボーダーでの人間関係を通して人として成長していく物語です。▼多分二話あたりから「あれ? 前と違うぞ?」って感じ始めると思います。▼不定期&亀更新です。▼評価バーが5を下回らない限りエタりません。


総合評価:1069/評価:6.58/話数:8話/更新日時:2017年10月23日(月) 20:00 小説情報

ぼっちネイバーのボーダー隊員生活(作者:pq)(原作:ワールドトリガー)

戦争中の国で兵士として戦っていた八幡。▼妹を失い、意気消沈していた八幡は二人の少年からある誘いを受ける。▼「俺たちと一緒にこの国から逃げ出さないか?」▼八幡の選択とは・・・!?


総合評価:848/評価:6.16/話数:46話/更新日時:2017年11月04日(土) 02:53 小説情報