サクラ大戦7人目の隊員   作:真宮寺さくら
<< 前の話 次の話 >>

1010 / 1089
薫の任務1


「私の名は真宮寺薫です。貴方のもう一人の娘です。お父さん」

「そうか、君が薫ちゃんか、たしか君はミズキ達と行動していたはずだね」

「ええ、今まではそうですね。今は私の意思でここに来ています。私の姉である飛鳥が今どこにいるのかを教える為に」


「薫ちゃん飛鳥ちゃんがどこにいるのかを知っているのかい?」

「直哉が薫に聞く。



「ええ、知っています。私の姉は今ミズキ達が治療しています。ですので私が、姉のやる筈だった役目を私がするので、暫く貴方達と行動を共にしますので」


「「えええーーどうしてーー」」



直哉と王様は、薫の言葉を聞いて驚いていた。


「薫ちゃん僕達と敵対してたのに、そんな簡単にこちらが納得できると思う?」


「いえそうは思いません。ですので直哉さんの質問に答えて行きます」



「いいんだねそれで?」

「はいそれで納得してもらえる筈ですから」



「それじゃあ最初の質問。ミズキ達は過去の時代に来て何が目的なの?」



「恐らくですけど、私達の世界が嫌いだからだと思います」


「世界が嫌い?それはどういう意味だい?」


「ミズキとナナはメルクの子供というのは、知ってますよね」

「ああ、それは飛鳥ちゃんから聞いた。


「と、このように紫藤直哉は生きてますよ」


「くそーーーーー何でなんだよ俺は双龍焔武を破壊したのに」



裏直哉は感情を爆発させた。



「少しは落ち着きなさい。真宮寺直哉貴方さえよければ私達が紫藤直哉を殺す事を協力しますよ」


「何だと!!」


裏直哉はミズキの言葉を聞き驚いていた。



「但し直哉さんには、ある契約をして貰いますよ」


「契約だって!!」


「ええそうです。邪神ヴォルクルスとの契約をね」


そう言ってミズキは邪神ヴォルクルスの説明を始めた。


「成る程なそんな邪神が俺の意識が眠っている時に出現したとはな」


「貴方の闇も基本ヴォルクルスとの契約するのには問題はない筈です」



「成る程なそれで契約の仕方はどうやるんだ?」


「それは・・・地底世界に行ってください」


「・・・はあ、地底世界だって!!」



そして、ミズキは紫藤直哉の世界にある地底世界の説明を映像で説明を始めた。


「成る程地底世界とやらで、俺様がヴォルクルスと契約をすればさくら姉さん達を救える力を得れるのか?」



「ええ、確実に得れるかは、あなた次第ですよ」

「裏直哉君」


「おもしれえじゃねえか、それで俺はどうやったらいけるんだ?その地底世界とやらに」


裏直哉がミズキに質問をする。


ああ、それはですねこの子達を貴方に同行させます」


ミズキがそう言うと、ナナと紫藤飛鳥が部屋に入って来た。


「何だとーー」

飛鳥の姿を見て驚く裏直哉だった。


「何でこいつがここにこいつは敵なんだぞ」


「あら何か不都合ですかね?飛鳥は私達の世界の仲間ですからね」


ミズキがそう言うと、裏直哉が不機嫌になった。


「ちっよりにもよってこいつかよ」

そして三人は紫藤直哉の世界に、存在する地底世界に向かった。


「さて薫達はどうなったのでしょうね」


その頃薫は・・・


支配人室・・・


「マリアすまねえなこれは本来お前達に話す内容ではないが、直哉が別件で向こうに行ってるから、帝国華撃団の副隊長としてお前にも見て貰う」




そう言って米田はある資料をマリアに見せた。


「・・・こ、これは・・・」


「我々が初めて真宮寺直哉君の世界で戦った相手黙示録の三騎士の資料じゃないですか?」

「ああ、これは月組隊長の加山が得た情報なのだが、この日本とフランスの武力衝突騒動の背後でこの三人が動いてるらしい」


「それでは今回の武力衝突騒動の背後には・・・」



「嫌そうではないだろう。今回の武力衝突と、こいつら三人の行動は別の思惑だろう」


「それにな日本とフランスの武力衝突は始まってるんだ奴らがこれに介入するとは思えないがな」

「確かにそうですね」

「とにかく今は何時巴里華撃団が投入されるかわからんが、それまでマリア俺と直哉で時間を稼ぐからあとは任せるぞ」



そう言って米田は支配人室を出た。

その時から薫はもう一つの任務を始めたのだった。



「私の名は真宮寺薫です。貴方のもう一人の娘です。お父さん」

「そうか、君が薫ちゃんか、たしか君はミズキ達と行動していたはずだね」

「ええ、今まではそうですね。今は私の意思でここに来ています。私の姉である飛鳥が今どこにいるのかを教える為に」


「薫ちゃん飛鳥ちゃんがどこにいるのかを知っているのかい?」

「直哉が薫に聞く。



「ええ、知っています。私の姉は今ミズキ達が治療しています。ですので私が、姉のやる筈だった役目を私がするので、暫く貴方達と行動を共にしますので」


「「えええーーどうしてーー」」



直哉と王様は、薫の言葉を聞いて驚いていた。


「薫ちゃん僕達と敵対してたのに、そんな簡単にこちらが納得できると思う?」


「いえそうは思いません。ですので直哉さんの質問に答えて行きます」



「いいんだねそれで?」

「はいそれで納得してもらえる筈ですから」



「それじゃあ最初の質問。ミズキ達は過去の時代に来て何が目的なの?」



「恐らくですけど、私達の世界が嫌いだからだと思います」


「世界が嫌い?それはどういう意味だい?」


「ミズキとナナはメルクの子供というのは、知ってますよね」

「ああ、それは飛鳥ちゃんから聞いた。


「と、このように紫藤直哉は生きてますよ」


「くそーーーーー何でなんだよ俺は双龍焔武を破壊したのに」



裏直哉は感情を爆発させた。



「少しは落ち着きなさい。真宮寺直哉貴方さえよければ私達が紫藤直哉を殺す事を協力しますよ」


「何だと!!」


裏直哉はミズキの言葉を聞き驚いていた。



「但し直哉さんには、ある契約をして貰いますよ」


「契約だって!!」


「ええそうです。邪神ヴォルクルスとの契約をね」


そう言ってミズキは邪神ヴォルクルスの説明を始めた。


「成る程なそんな邪神が俺の意識が眠っている時に出現したとはな」


「貴方の闇も基本ヴォルクルスとの契約するのには問題はない筈です」



「成る程なそれで契約の仕方はどうやるんだ?」


「それは・・・地底世界に行ってください」


「・・・はあ、地底世界だって!!」



そして、ミズキは紫藤直哉の世界にある地底世界の説明を映像で説明を始めた。


「成る程地底世界とやらで、俺様がヴォルクルスと契約をすればさくら姉さん達を救える力を得れるのか?」



「ええ、確実に得れるかは、あなた次第ですよ」

「裏直哉君」


「おもしれえじゃねえか、それで俺はどうやったらいけるんだ?その地底世界とやらに」


裏直哉がミズキに質問をする。


ああ、それはですねこの子達を貴方に同行させます」


ミズキがそう言うと、ナナと紫藤飛鳥が部屋に入って来た。


「何だとーー」

飛鳥の姿を見て驚く裏直哉だった。


「何でこいつがここにこいつは敵なんだぞ」


「あら何か不都合ですかね?飛鳥は私達の世界の仲間ですからね」


ミズキがそう言うと、裏直哉が不機嫌になった。


「ちっよりにもよってこいつかよ」

そして三人は紫藤直哉の世界に、存在する地底世界に向かった。


「さて薫達はどうなったのでしょうね」

映像再開


支配人室・・・


「マリアすまねえなこれは本来お前達に話す内容ではないが、直哉が別件で向こうに行ってるから、帝国華撃団の副隊長としてお前にも見て貰う」




そう言って米田はある資料をマリアに見せた。


「・・・こ、これは・・・」


「我々が初めて真宮寺直哉君の世界で戦った相手黙示録の三騎士の資料じゃないですか?」

「ああ、これは月組隊長の加山が得た情報なのだが、この日本とフランスの武力衝突騒動の背後でこの三人が動いてるらしい」


「それでは今回の武力衝突騒動の背後には・・・」



「嫌そうではないだろう。今回の武力衝突と、こいつら三人の行動は別の思惑だろう」


「それにな日本とフランスの武力衝突は始まってるんだ奴らがこれに介入するとは思えないがな」

「確かにそうですね」

「とにかく今は何時巴里華撃団が投入されるかわからんが、それまでマリア俺と直哉で時間を稼ぐからあとは任せるぞ」



そう言って米田は支配人室を出た。

その時から薫はもう一つの任務を始めたのだった。

米田が陸軍の呼び出しを受けてから3日後・・・


帝国海軍とフランス空軍の膠着状態を壊したのは、謎の霊子甲冑の大群だった。


そして謎の霊子甲冑の被害を受けた両政府はただちに帝国華撃団と巴里華撃団に出動を依頼した。

帝劇地下司令室・・・


「皆揃ったわね。先程帝国海軍から緊急の出撃依頼が来たわ」


「一体何が起きたのですわ?」


フランス空軍と、日本海軍の戦闘空域に、謎の霊子甲冑が現れたの」


「「「「「「「ええーーーー」」」」」」」



マリアの説明を受け、花組隊員達は驚いていた。


その頃薫は・・・


山根陸軍大臣と話していた。



「米田君陸軍に復帰しないか?」


「丁重にお断りします。山根さん」


「何故だ米田本来ならお前は、数年前に陸軍クーデターを起こした京極を超える才能を持っていたお前が何故陸軍をやめた?」


「山根さんわしは、あの当時は民間人を助けるには知からが必要だと思っていた」


「だったら何故軍をやめた?やはりあの夫婦のせいか?米田が軍をやめる切っ掛けとなったのは」



「ああ、あの二人との出会いが、ワシの価値観を変えさせたのは事実だ。その点に関しては、山根さん貴方には感謝しておりますよ」


「やはりあの当時お前をあの二人に会わせなければ良かったと今そう思うぞ」

山根はそう言いながら、あの日の事を思い出していた。