オリ主が再びIS世界でいろいろと頑張る話だけど・・・   作:どこかのシャルロッ党

15 / 133
前半は明るめの話です!


PHASE-09「やはり翔真のスケベは直らない、あとファーストミッション」

 

 

ニックとの激突がありながらもあの後自分の部屋に

戻った翔真はベッドに寝転んでいた。

 

「今日は嫌な事ばかりだな。それにしてもあの

ウイングゼロに似た機体はなんなんだ?・・・・

取り合えず気晴らしにゲームでもしよ!」

 

机の棚に隠してあるエロゲーを取り出しパソコンを

開きゲームを始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして翔真の部屋の前に大和とフェイトが

立っていた。先程の事もあり心配して来ていたのだ。

 

「翔真君があれほど怒る所なんて久々に見ました。

大丈夫なんでしょうか・・・」

 

「うん、でも翔真なら平気だと思うけど入ろっか」

 

大和とフェイトは部屋のスライド扉が開く。翔真は

もしかしすると落ち込んでいるのではないか?と

二人は翔真を見る・・・・・・

 

 

『ああ!ダメ!こんな所で・・・ご主人様!

ラメ!』

 

「「・・・・」」

 

部屋中に女の子の喘ぎ声が響き渡っていた。

 

「なんでしょうか・・・この抑えきれない殺気は」

 

「大和ちゃん、気持ちは分かるよ」

 

 

「はあ~!やっぱ俺は純愛物じゃないとテンションが

上がらないんだよな~」

 

 

この綾崎翔真という青年は世界を救った英雄、

真壁一騎(EXODUS)に似ている為イケメンなのだが

救いようの無いスケベでもある。

 

 

「さてと!次はどれにしようかな~」

 

「じゃあこれがいいんじゃないかな?」

 

「お!ありがとう・・・・・・フェイト?」

 

誰かに後ろからエロゲーのソフトを手渡され

受け取ろうと後ろを向くとフェイトが物凄く

いい笑顔(目が笑っていない)で待っていた。

 

「あの・・・これは・・」

 

「ねぇ翔真?私達と結婚する時約束した事覚えてる?」

 

「・・・えとエッチな物は禁止・・・・です」

 

「はい!正解です!」

 

「待ってくれェェェェ!!!大和!さすがに

刀で!のわああ!!!」

 

「あ、なのは達にも連絡してあるから安心してね?」

 

「終わった・・・・俺の人生終わった!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前一体何をしてそんなボロボロになるんだ?」

 

「ノーヴェか・・・・・あれを喰らった時初めて死を意識したぜ」

 

MS格納庫では翔真とノーヴェがパイロットスーツを

着て話していた。

 

「んで?今から武力介入するとか言ってるけど

何処に介入するんだ?」

 

「ああ、今から介入というよりもまずは基地の

機能を停止させるんだ。俺達が今から行くのは

トルコからクルジア付近にあるディオキア基地だ。

この基地にはMSが大量に置かれているらしい」

 

「なるほど、つまり破壊するって訳か。なら

私はガンダムアストレアで出ればいいんだな」

 

「そうだ。だが人は殺すなよ」

 

「分かってる」

 

 

 

そして翔真はエクシアの改造機であるイノセント

エクシアに搭乗してノーヴェは赤いカラーが特徴の

ガンダムアストレアタイプFに搭乗する。

 

 

「よし、システムオールクリア・・・・行くか」

 

 

プトレマイオスMSデッキが開き二機が発進の準備を

する。イノセントエクシアはGNソード、シールドを

装備して、アストレアはプロトGNソード、こちらも

シールドを装備する。

 

 

[カタパルトオンライン!システムオール

グリーン!発進いつでも大丈夫ですよ~!]

 

[気を付けて行くのだぞ!]

 

ユーリとディアのアナンウスが響く

 

「了解、綾崎翔真!イノセントエクシア!出る!」

 

「ノーヴェ・ナカジマ!アストレア!行くぜ!」

 

二機は艦から飛び出して下にあるザフト基地、

ディオキアを目指す。

 

 





ちなみにイノセントエクシアはオリジナル機体で
姿はBFのアメイジングエクシアです!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。