絢辻詞 ~footage~   作:北海銀
<< 前の話 次の話 >>

24 / 72
24

 連休明けの輝日東高校。生徒たちは連続した休日の余韻を苦にしながらも、日々学園生活を続けていた。より親密な仲となった隼人と詞は、A組内ではそ知らぬフリをしていた。

 二人が付き合っていることは、担任の高橋教諭以外は誰も知らないままだ。クラスメートには、相変わらずすっとぼけていた。

 化学教室での密会デートは続いていた。しかしながら、麻耶担任が頻繁に現れるようになってしまった。いき過ぎた行為をしないように監視が半分、もう半分はやっかみ混じりのひやかしとなった。

「しっかしなあ、絢辻さんに男ができるとはねえ」

 放課後、化学準備室で、隼人が用意した渋い緑茶をずずっとすすりながら、麻耶担任はしみじみと言った。

「ま、まあ、自分でも意外です」詞は苦笑いだ。

「意外なのは、その相手がよりにもよって十文字だってことだよ」

「すみませんでしたね、俺で」

 担任は、ポケットからスルメのゲソを取り出した。自分のクラスの学級委員に、食うかいと差しだすが、詞は苦笑いしながら断るのだった。思い出したかのように隼人にも差しだす。彼は素直に受け取った。

「絢辻さんのファンって、けっこういるんださ。とくに下級生に人気でさ、わたしのところにも、それとなくきいてくるんだよなあ」

「それは、ちょっとうれしいですね」

 モテて喜ばない人間はいない。詞は、ふふっと笑みを浮かべるのだった。

「先生、そんな奴らは無視してください」

 彼氏としては、当然おもしろくはない。だが、詞ほどの美少女であれば人気がないはずはないとも思っていた。

「それがさあ、奴らばかりではないんだよ。とくに二年生の女子に熱烈なのがいるんだ」

「それはちょっと困ります。無視してください」

 同性からモテるのは、少しばかり気持ちが悪いと思った。

「それにしてもあんたらのことだ。夜中でも携帯とかで話してるんだろう」 

「それが、十文字君はそういったものを持ってないので」

「なに、おまえ持ってないのかよ。あんな高そうなドラム買ったくせして」

 ははは、と隼人は笑って誤魔化していた。

「まったく見かけ通りだな、おまえってやつは」

「ほんと、お金の使い方が偏りすぎるの」

 彼女にそう言われても、隼人は笑うだけだった。しばらく話をした後、麻耶教諭は職員室へと戻った。

「さっきは持ってないと思わせたけど、じつは手に入れたんだよ。ジャジャーン」

 隼人はポケットから取り出したものを、これ見よがしに突き出した。

「え、ケイタイじゃないの。どうしたの、盗んだの」

「人聞きの悪いこというなよ。母さんが買ってくれたんだ。彼女ができた記念だってさ」

 あのネチネチと嫌味なことを言う母を思い出して、詞は苦笑いするのだった。

「ちょっとー、そのストラップって、あの時のじゃないの」

「そうだよ、詞がゲットしてくれた大吉のストラップだ。これは縁起物だからね」

 詞が隼人の手から携帯電話を奪い取った。

「ガラケーじゃないの。どうしてスマホにしなかったの」

「俺、古風のなのが好きなんだ」

 もちろん、安かったという理由もあった。

「さっきはなんで黙ってたのさ」

「高橋先生に見せたら、きっと番号やその他を教えることになるだろう。そうしたら、いろいろとうるさいじゃないか。とくに酔っぱらった時なんか」

 担任の酒癖の悪さは、生徒たちにも周知の事実だ。酔っぱらって、夜な夜な連絡されたら面倒だと考えたのだ。

「それもそうね」

 詞はさっそく自分の情報を登録した。

「これでいつでも呼び出せるね」

「俺、通信アプリとか使えないから」

「まあ、文字でやり取りするのは私も好きじゃないの。直接声をききたい」

 詞が携帯を返そうとすると、隼人はそれを彼女の手ごと握った。そんなことをされても、もう照れる間柄ではない。二人の隔たりが限りなくゼロに近づき、唇と唇が触れ合った。また高橋教諭が来るかもしれないので、ほんの数秒間だけだったが、それは充実したキスであった。

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。