小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
舞台・ジャンル
※オリジナル
■舞台


■ジャンル

絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:アスラン・ザラ (12件)

連載 41 話
全 520,401 字
調整平均:7.73
 7.73
2019/12/09
20:32
[!]
 ザフトの最高権力者である父と決別したアスラン・ザラは、中立国のコロニー、ヘリオポリスに疎開していたが、そこで地球軍とザフトの戦いに巻き込まれてしまう。▼ アスランは友人であるイザークらを守るため、イージスガンダムに乗り込み、バルトフェルドやクルーゼといったアークエンジェルのクルーと共に、嘗ての親友、キラ・ヤマトが所属するネオ・ロアノーク隊と熾烈な戦いを繰り広げる!▼---------▼キャラクターの陣営入れ替えたガンダムSEEDです。…
☆10:0
☆9:7
☆8:5
☆7:0
☆6:3
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:1
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):64,845/92/108|お気に入り:333|感想:34|投票者:17|平均:12,693 字 除外
連載 11 話
全 101,363 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/07/11
02:15
[!]
ユニウス戦役の最終戦、メサイア攻防戦においてシン・アスカはアスラン・ザラとの決戦を放棄し、突如信号が途絶えたミネルバとルナマリアの救援へと向かう。そんな中、シンはオーブ軍に裏切ったかつての同胞を切り捨て、ルナマリアを救ったが逃げ込んだレクイエムの暴走に巻き込まれ、目が覚めるとそこはクラウドセンチュリーと呼ばれる異世界だった。▼帰る当てもないシンはやむなく、自身を救ってくれた老人の提案に従いこの世界で生きることを決意する。▼そしてシンは己…
☆10:0
☆9:1
☆8:1
☆7:1
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):4,253/9/22|お気に入り:35|感想:8|投票者:3|平均:9,215 字 除外
連載 3 話
全 10,929 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/02/18
00:58
[!]
キラ・ヤマトとアスラン・ザラ。▼この二人が現れたことによって、世界は大きく変わる。▼今、新たな伝説が始まる。▼参戦作品▼魔法少女リリカルなのは▼機動戦士ガンダムSEED▼神姫プロジェクト▼Fate▼真恋姫無双▼クレヨンしんちゃん▼アニメ店長▼【OP:innocent starter】▼【ED:涙の誓い】
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):6,067/8/13|お気に入り:41|感想:1|投票者:1|平均:3,643 字 除外
連載 6 話
全 26,102 字
調整平均:7.33
 7.33
2018/12/16
10:00
[!]
 慟哭の空終了直後のアスラン・ザラ(偽)が艦これの世界ではなく、ハイスクール・フリートの世界に飛ばされた世界線です。▼ アスラン・ザラ(偽)が苦手、又はこんなやつ出すんじゃねー! という方はお戻りください。▼ 息抜きの息抜きの息抜きです。過度な期待はしないでください。
☆10:1
☆9:5
☆8:0
☆7:0
☆6:1
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):10,932/61/103|お気に入り:125|感想:3|投票者:9|平均:4,350 字 除外
完結 82 話
全 759,885 字
調整平均:7.44
 7.44
2018/06/17
22:45
[!]
少年は一度すべてを失い、地獄を見た。そして、もう失わない為に戦う事を決めた。▼少年は母親を亡くし、守る為の銃を取った。そして、もう同じ事を繰り返させないと誓った。▼交わる刃が互いのものを奪い合い、取り返しのつかない深い傷を刻んだ先で、彼らは互いを相容れない宿敵であると認識する。▼C.E.76 燻っていた小さな火は煽られ、やがては世界を戦いの炎に包み込む。そして終わらぬ戦火は彼らを戦場で引き合わせた。▼アスト・サガミとアスラン・ザラ。▼イ…
☆10:3
☆9:2
☆8:2
☆7:0
☆6:0
☆5:2
☆4:0
☆3:1
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):106,862/119/140|お気に入り:163|感想:66|投票者:11|平均:9,267 字 除外
連載 99 話
全 1,489,441 字
調整平均:8.69
 8.69
2018/06/09
13:00
[!]
DESTINYに登場するステラ・ルーシェが、アスラン・ザラの妹としてSEED時代に転生し、ヤキン・ドゥーエ戦役を生き抜いてゆく物語。▼※アスラン・ザラの妹がステラだったなら、という設定の下で展開していく物語です。▼※バタフライエフェクトを題材としているため登場人物の崩壊等、原作への侵食要素が含まれます。▼※自己満足で書き始めたものですので、サービスよりエゴを優先して書いています。▼
☆10:25
☆9:76
☆8:17
☆7:8
☆6:2
☆5:2
☆4:4
☆3:3
☆2:2
☆1:5
☆0:0
UA(通算/今週/先週):432,575/340/371|お気に入り:2,194|感想:602|投票者:144|平均:15,045 字 除外
連載 4 話
全 11,757 字
調整平均:0.00
 -.--
2018/05/12
00:59
[!]
原作16話でシンとアスランが衝突したあと、和解して仲良くなれていたら…というところから物語は始まります。▼別のサイトに投稿したSSの再編集版です。
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):4,830/15/19|お気に入り:43|感想:4|投票者:1|平均:2,939 字 除外
連載 22 話
全 134,319 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/12/31
21:23
[!]
C.E.71。かつての親友だった者に友を討たれたキラ・ヤマト、そして、アスラン・ザラは憎みあい、そして殺し合った。激しい戦闘が続き、やがてイージスはストライクを拘束し、自爆した。▼その衝撃により、ストライクのパイロットである少年、キラ・ヤマトは死亡…ではなく、この『世界』から消えた。▼目がさめるとそこは見知らぬ一室のベッドの上で、更には黒いマントを羽織る金髪の少女と出会い、『魔法』の存在を知ることとなる。しかし、元の『世界』に帰れるまで…
☆10:1
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:1
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):39,658/14/29|お気に入り:206|感想:30|投票者:3|平均:6,105 字 除外
連載 12 話
全 57,689 字
調整平均:7.00
 7.00
2017/12/02
01:19
[!]
月面にて、激闘を繰り広げるシン・アスカとアスラン・ザラ…▼その戦いの最中、アスランはシンの意中を知る事となり、彼と向き合えずに道を違えしまった事を後悔する。▼そして、彼らはメサイアより放たれたネオ・ジェネシスの光に飲み込まれた。▼飲み込まれた彼らが行き着いた先はあの世ではなく女性にしか扱うことのできない兵器「インフィニット・ストラトス」の存在によって、女尊男卑の風潮が広まってしまった異世界……▼注意事項▼この小説は【インフィニット・スト…
☆10:1
☆9:3
☆8:3
☆7:0
☆6:0
☆5:3
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):22,989/29/40|お気に入り:181|感想:34|投票者:12|平均:4,807 字 除外
連載 16 話
全 40,414 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/03/28
21:54
[!]
ガンダムSEEDDESITINYの世界にあらわれた艦これの深海棲艦。▼ストライクフリーダムとインフィニットジャスティスを操る▼キラ・ヤマトとアスラン・ザラの二人は深海棲艦を倒そうとした瞬間▼突如ブラックホールのより艦これの世界へ飛ばされる。▼そこで彼らは、艦娘と呼ばれる娘たちと▼自分たちの世界に現れた深海棲艦を倒すため共に手を取り戦う。▼*注意事項▼ご存じのとおり ガンダム種運命×艦隊これくしょんのクロスオーバー作品です▼キラ達は、それ…
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:1
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):21,996/16/24|お気に入り:87|感想:9|投票者:2|平均:2,526 字 除外



無職転生を読んだ人には問答無用でお勧めする快作

推薦作品:無職転生if ―強くてNew Game― 原作:無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

 原作を過ごしたルーデウスが、原作開始時に逆行するお話です。予備段階として、逆行への理由付けとなる切欠の話が原作時間軸でスタートします。
 思考基準は大人デウスなので一人称視点での展開は理路整然として...
(全文表示)


推薦:紫苑試験式 評価: (参考になった0ならなかった0)


日常とシリアスの使い分けが見事

推薦作品:鎮守府の床屋 原作:艦隊これくしょん




この作品はまさしくタイトル通りの作品でちょっと地味に感じるかもしれませんが、読み終えた後にはきっとこれ以上ない程にこのタイトルが似合うと思うでしょう。

主人公と艦娘達との間で行われる日々の掛け...
(全文表示)


推薦:ホテルベルリン 評価: (参考になった1ならなかった1)


同原作推薦一覧