小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率    
絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:アンリ・マユ (5件)

 マシュの姉が逝く
原作:Fate/ 作:VISP
完結 43 話
全 200,755 字
調整平均:8.36
 8.36
2019/01/13
00:40
[!]
 数多く存在したカルデアのデザインベビー達。▼ その一体に転生してしまった人間のお話。▼ このSSはバッドエンドを前提とした鬱展開で何処まで逝けるか?と言う実験作です。▼ なので、鬱展開は無理と言う方はブラウザバック推奨です。▼ 挿絵を頂きました。どらいばー様、ありがとうございます。▼ ttps://syosetu.org/?mode=img_view&uid=154175&imgid=27605▼ 更なる挿絵を頂きました。本当にありが…
☆10:58
☆9:146
☆8:51
☆7:13
☆6:4
☆5:19
☆4:8
☆3:8
☆2:4
☆1:14
☆0:4
UA(通算/今週/先週):727,330/76/760|お気に入り:6,269|感想:666|投票者:329|平均:4,669 字 除外
連載 8 話
全 10,973 字
調整平均:0.00
 -.--
2018/06/03
11:02
[!]
第四次聖杯戦争にて、泥に飲み込まれそのまま大聖杯に囚われた少年■■■■。後の第五次聖杯戦争で聖杯が聖剣に破壊されると同時に脱出する。そして十年囚われていた少年は青年になった。十年の年月と共に空っぽになった青年は恩人との正義の味方としての旅をしていき抑止力と契約し、悲惨な最後を遂げる。▼彼は正義の味方になりたかった。けど…その身はすでに復讐者だった。▼
☆10:1
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:1
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):12,330/4/17|お気に入り:157|感想:7|投票者:3|平均:1,372 字 除外
連載 13 話
全 73,464 字
調整平均:7.22
 7.22
2018/03/17
20:44
[!]
第五次聖杯戦争に於いて、ブリテンの騎士王をして驚愕を隠せない程の剣術を披露した佐々木小次郎の皮を被った亡霊。▼そんな彼に、フ○ムの悪意だろうがアンリ・マユの泥だろうが楽々踏み越える様な自覚なし超人をぶち込んでみるテスト。▼なお続くかは本気で未定の模様。▼※本作は決してマジメな作品では御座いません。納得のいかない展開、狂人の論理、強引な設定等々気に入らない方はブラウザバックを推奨致します。▼※作者のモチベーションの問題により実質失踪中。更…
☆10:6
☆9:62
☆8:27
☆7:14
☆6:9
☆5:13
☆4:5
☆3:8
☆2:6
☆1:14
☆0:0
UA(通算/今週/先週):421,115/17/181|お気に入り:5,553|感想:236|投票者:164|平均:5,651 字 除外
連載 16 話
全 31,852 字
調整平均:7.00
 7.00
2017/08/17
21:44
[!]
士郎とアンリマユコンビが頑張る物語
☆10:3
☆9:10
☆8:6
☆7:3
☆6:7
☆5:7
☆4:3
☆3:1
☆2:1
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):117,067/7/74|お気に入り:1,747|感想:75|投票者:41|平均:1,991 字 除外
短編 2 話
全 8,257 字
調整平均:0.00
 -.--
2015/11/26
22:02
[!]
すべての悪をその身に宿した神とその神を愛してやまない狂った少年の。▼どこまでも救いようのない、英雄譚にもなれない。たった一つの物語。▼―――――――――――――――――▼無論ノリと勢いである。気分が乗ったら更新するかもしれないという形で、やらせて頂きます。▼
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):4,826/2/11|お気に入り:50|感想:3|投票者:1|平均:4,129 字 除外



誰もがこんな夢を見ていた

推薦作品:みだらふしだら 原作:オリジナル作品

あらすじの通り、少年と少女は歪んだ契約をした。
最初はその期間が終わってもなんだかんだ関係が続いていくのだろうと思っていた。

断言してもいい。
この二人が見つけて手に入れるもの、そして迎える物語の終...
(全文表示)


推薦:あるふぁnt 評価: (参考になった26ならなかった5)


桃太郎現代版

推薦作品:課金戦士ももたろう 原作:桃太郎


初投稿ながら読みやすい文章に良く練られた構成、正直戦慄を覚えました。このまま短編の山に埋もらせてはならないと思い、この推薦文を書いています。この作品について様々な感想をお持ちになるかと思われますが、...
(全文表示)


推薦:おおきなかぎは すぐわかりそう 評価: (参考になった61ならなかった6)


同原作推薦一覧