小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
舞台・ジャンル
※オリジナル
■舞台


■ジャンル

絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:原作:ガーリーエアフォース (26件)

連載 8 話
全 17,056 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/24
22:00
[!]
俺の名は明日架橋、元パイロットだ。▼これでも元は見てくれのいい男だったんだがな、ザイとかいうエイリアンじみた集団が侵略してきて、おまけにライノとやらの亡霊に付きまとわれて自分がライノの姿になってしまった、イケメンが台無しだぜ。▼こんな世紀末だっていうのに、ロシアもアメリカも足の引っ張り合いしかしねえ。頼みの綱は俺と日本の独飛だけときたもんだ、ええい、乗り掛かった舟、報酬は倍どころじゃ済まねえからな、覚えてろ。▼ああ、そうだ、なあライノ?…
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:1
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):344/45/299|お気に入り:6|感想:1|投票者:2|平均:2,132 字 除外
連載 43 話
全 189,540 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/23
11:16
[!]
□第一幕『カラフルアロウズ』□▼ ザイと呼ばれる飛翔体が人類を襲い始めた2015年。人類は様々な手段を用いて抵抗してきた。▼ 専用の改造戦闘機『ドーター』とザイのコアを利用した『アニマ』と呼ばれる存在も、その手段のうちである。▼ PMCが製造した『フランカー』と呼ばれるアニマも、国から外れた存在であるもののそうした枠組みにいた。▼軽いアドレナリン中毒な性質と化した彼女は、周囲を巻き込みながら縦横無尽に飛び回る。▼ 僚機であるアニマ『クフ…
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:2
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):3,367/84/16|お気に入り:25|感想:9|投票者:2|平均:4,408 字 除外
連載 17 話
全 96,033 字
調整平均:8.51
 8.51
2020/02/20
18:30
[!]
正しい選択(正しいとは限らない)をして人類とアニマを救済するRTAはーじまーるよ―。▼先駆者兄貴たちに触発されて今回走ったのはこちらっ。「ガーリーエアフォース」▼本作に淫夢要素はありません。また、自分はガチ勢ではありません。これだけははっきりと真実を伝えたかった。▼それでは、ご覧ください。
☆10:5
☆9:22
☆8:7
☆7:4
☆6:3
☆5:0
☆4:0
☆3:1
☆2:1
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):32,525/260/5,960|お気に入り:572|感想:50|投票者:43|平均:5,649 字 除外
連載 2 話
全 7,903 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/08
00:00
[!]
1999年7月に起きたユリシーズ小惑星群の落着は世界規模での大国の支配力の低下、経済的恐慌を巻き起こした。支配力の低下による小国間での戦争の増加、民族間紛争の激化を招いた。▼大国は経済的恐慌の建て直しを図り、軍縮を押し進め多くの軍人が退役を迫られた。▼ドロップアウトした多くの元軍人は傭兵企業へと入り傭兵企業は大きな力を持つ事となった。大国はそれらを使い各紛争、戦争への介入を行った。▼それにより企業は大国を凌ぐ力を持った。そして、さる20…
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:2
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,349/19/124|お気に入り:18|感想:1|投票者:3|平均:3,952 字 除外
連載 13 話
全 99,454 字
調整平均:7.60
 7.60
2020/01/24
20:55
[!]
 ――――――2015年6月。文字としてはたった七文字。しかしそれは、人類に苦しい戦いを強いる『ザイ』と遭遇した歴史の始まりだった。▼ ▼ ソラを押さえようとする『ザイ』に対抗するため、人類は二つの存在へ望みを託す。▼ 一つは専用のチューニングを施した『ドーター』とそれを駆る『アニマ』と呼ばれる少女の姿を持つ操縦機構。▼ そしてもう一つは『ザイ』の機動と能力への対策を施した『AZCC』にそれを扱える『エース』達。▼ そして南洋の地、オー…
☆10:0
☆9:3
☆8:0
☆7:0
☆6:1
☆5:1
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):5,954/13/54|お気に入り:59|感想:12|投票者:5|平均:7,650 字 除外
連載 87 話
全 552,920 字
調整平均:7.83
 7.83
2020/01/10
01:08
[!]
平和を謳歌していた中国に【ザイ】という飛翔物体が現れる。▼ 世界は【ザイ】に対抗する為の専用のチューニングを施した戦闘機【ドーター】とそのパイロットである【アニマ】と共に世界の空を護る為に【ザイ】との空戦を繰り広げることになる。▼ ▼ だが、人類の中には別のベクトルで【ザイ】に抵抗しようという者もいた。▼ 【AZJシステム】▼ それを搭載した戦闘機を操るパイロットの1人に【バトラ】という人物がいた。▼ 【バトラ】この世界の住人ではなか…
☆10:2
☆9:6
☆8:2
☆7:0
☆6:0
☆5:2
☆4:1
☆3:0
☆2:1
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):33,461/35/140|お気に入り:210|感想:81|投票者:14|平均:6,355 字 除外
連載 14 話
全 50,085 字
調整平均:6.86
 6.86
2019/11/14
17:46
[!]
この空には、例え味方を囮にしても必ず生きて帰ってくるそんな飛行隊があった。▼人類の生存をかけた戦いを記録し続けたその少女は何を思うか。▼これは電子の妖精の記録の一部。▼「生きて情報を持ち帰る。それが私の存在意義」▼戦闘妖精雪風とガーリーエアフォースのクロスオーバーになります。ご了承ください。
☆10:1
☆9:2
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:2
☆4:0
☆3:0
☆2:1
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):6,111/10/51|お気に入り:69|感想:1|投票者:7|平均:3,578 字 除外
連載 23 話
全 87,032 字
調整平均:6.00
 6.00
2019/11/07
08:23
[!]
これは、あり得たかもしれないライノのもうひとつの物語──▼上海にてザイに呑まれつつあったライノ。▼そんな彼女を救おうとしている存在があった。▼イランで生まれた銀色のドーター、F-14A-ANMトムキャット。▼オーストラリアで生まれたマゼンタのドーター、EA-18G-ANMグラウラー。▼そして、ライノと絆を結ぼうとした、一人の男。▼紡いだ絆は、ライノを破滅の運命から救い出せるのか──▼※この小説はtwitterやpixivで投稿した短編を…
☆10:1
☆9:2
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:3
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):4,227/17/26|お気に入り:42|感想:6|投票者:8|平均:3,784 字 除外
連載 65 話
全 184,997 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/09/15
16:00
[!]
とある作戦中にザイの攻撃を受け、仲間を失ったアメリカ空軍大尉、ジャック・ユウキ・カサハラ。▼失意のどん底にある彼の前に、ある男が現れ、極秘部隊に引き込む。▼それは、"ドーター"と呼ばれる機体を操る"アニマ"と呼ばれる少女の部隊だった。
☆10:0
☆9:0
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:2
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):4,597/2/21|お気に入り:27|感想:1|投票者:3|平均:2,846 字 除外
連載 9 話
全 56,369 字
調整平均:6.40
 6.40
2019/07/04
22:48
[!]
現代の航空戦において重要とされることはいくつもある。▼航空機の航続距離、機動性・ミサイルの射程、携行弾数・レーダーレンジ・ステルス性能など様々だ。その中でも特に重要でありながらあまり目立たないものがあるECM・ECCM等の電子戦能力だ。▼今後もその重要性が下がることはないだろう。例え戦う相手が正体不明の飛翔体『ザイ』であったとしても。▼注意▼超鈍足更新▼ガバ英語・残念文章
☆10:0
☆9:2
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:2
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):2,593/3/17|お気に入り:26|感想:18|投票者:5|平均:6,263 字 除外



羽衣狐がゲゲゲの鬼太郎の世界に

推薦作品:犬山さんちのハゴロモギツネ 原作:ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎の世界にぶち込まれた元男の人間で現羽衣狐の妖怪が色々あって犬山まなの姉になっているお話。

▼読む際の注意事項など
現在、更新停止中なので新しい話は見られません
複数のクロスオーバー作品...
(全文表示)


推薦:ラムコーク 評価: (参考になった0ならなかった0)


配信者系小説の原点の一つと言える物です

推薦作品:tsプロゲーマー配信者なぎちゃん 原作:オリジナル_SF_日常

【あらすじ】
世は正に平成時代、突如空から流星の如く到来してきた謎の宇宙船【パァールツヴァルシュ号】とその船員達により、世界は大変な事になる…………と、言ったこともなく、船員はなんと未来のオタク達。
...
(全文表示)


推薦:ラムコーク 評価: (参考になった5ならなかった0)


同原作推薦一覧