小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
舞台・ジャンル
※オリジナル
■舞台


■ジャンル

絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:原作:ストライク・ザ・ブラッド (106件)

連載 122 話
全 256,225 字
調整平均:4.71
 4.71
2019/11/12
01:05
[!]
吸血鬼や獣人などが、当たり前に住んでる世界▼そこには、世界的に認められた三人の真祖と、非公式の第四真祖が居た▼しかし、その第四真祖はおバカで優しかった!?
☆10:2
☆9:3
☆8:0
☆7:1
☆6:0
☆5:2
☆4:0
☆3:2
☆2:1
☆1:5
☆0:0
UA(通算/今週/先週):111,157/363/264|お気に入り:431|感想:330|投票者:16|平均:2,100 字 除外
連載 4 話
全 21,415 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/11/11
20:00
[!]
 絃神島に現れた第四真祖である暁古城。そしてその監視役である姫柊雪菜は、立場を隠して学生生活を送っていた。▼ そこへ、国家公安委員会により一人の過適応能力者が派遣される。▼ その名はバビル2世。世界最強の過適応能力者と呼ばれる男である。▼ ▼ 作中であまり過適応能力者がメインの活躍をしていないので、好きな作品であるバビル2世を混ぜて見ました。
☆10:0
☆9:0
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,017/286/316|お気に入り:7|感想:6|投票者:1|平均:5,354 字 除外
連載 3 話
全 10,819 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/11/10
19:28
[!]
十二宮Xレアをモチーフとした眷獣を持った真祖を作ってみました。▼10thXレアのみ召喚します。
☆10:0
☆9:0
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:1
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,589/839/750|お気に入り:41|感想:1|投票者:3|平均:3,606 字 除外
連載 3 話
全 35,283 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/11/04
01:02
[!]
魔族と人が混在する世の中──対魔族戦闘に特化した特務機関が秘密裏に創設されていた。▼異端を狩る者、犯罪者を裁く者…多岐にわたる役職の中でもエリート集団の一つとされているのが、魔族の中でも最強とされる吸血鬼を殺す者たち──"処刑人"▼
☆10:0
☆9:1
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,622/185/1,313|お気に入り:24|感想:0|投票者:2|平均:11,761 字 除外
連載 74 話
全 675,551 字
調整平均:8.74
 8.74
2019/10/21
01:34
[!]
“第四真祖”が治める暁の帝国に一人の半端者がいた。その名は昏月凪。人間にも吸血鬼にもなりきれない半端者と皇女たちの物語、の予定。▼これは、原作の二十年後を勝手に妄想した作品です。▼極めて独自色の強い設定となっております。オリジナルの皇女も出るかもしれません。
☆10:17
☆9:46
☆8:9
☆7:5
☆6:3
☆5:4
☆4:0
☆3:1
☆2:1
☆1:2
☆0:0
UA(通算/今週/先週):327,034/372/688|お気に入り:1,268|感想:218|投票者:88|平均:9,129 字 除外
連載 109 話
全 672,016 字
調整平均:7.51
 7.51
2019/10/07
00:11
[!]
十二の眷獣を従える、最強の吸血鬼。――第四真祖。 そして、真祖たちと同等か、それ以上の力を持つと噂されている――紅蓮の熾天使。▼この人物たちの存在は伝説とされていたが、獣人、精霊、半妖半魔、人工生命体、吸血鬼が住む魔族特区――絃神島に存在していた。▼この物語は、――伝説の存在が織り成すものである。▼※駄文です。他の小説も書いている為、亀更新です。ええ、マジで亀更新です。▼ご了承くださいますよう、お願い致します。
☆10:19
☆9:22
☆8:5
☆7:3
☆6:2
☆5:5
☆4:4
☆3:2
☆2:1
☆1:9
☆0:1
UA(通算/今週/先週):332,459/275/513|お気に入り:1,642|感想:179|投票者:73|平均:6,165 字 除外
連載 11 話
全 35,530 字
調整平均:5.00
 5.00
2019/09/19
23:11
[!]
"絃神島" 東京の南方海上三百三十キロ付近に浮かぶ人工島。島全体が〝魔族特区〟に指定されており、絶滅の危機に瀕している魔族の保護とともに、彼らの肉体や特殊能力に関する研究が行われている。▼その絃神島には、ある噂が存在した。▼"真祖"闇の血族を統べる帝王。もっとも古く、もっとも強大な魔力を備えた〝始まりの吸血鬼〟。公式に認められている真祖は三名だけで、三つの大陸に、それぞれの自治領である〝夜の帝国〟…
☆10:0
☆9:2
☆8:0
☆7:1
☆6:0
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:1
UA(通算/今週/先週):20,237/149/276|お気に入り:198|感想:5|投票者:6|平均:3,230 字 除外
連載 46 話
全 281,639 字
調整平均:8.31
 8.31
2019/09/18
17:00
[!]
もしも、暁古城が第四真祖の悠久の“血の記憶”に耐え切れなかったら。もしも、精神が食い尽くされる直前に暁古城の前世が目覚めたとしたら。これは、そんなもしもの物語。▼注意、この主人公は原作知識持ちです。性格もかなり違う上、紳士を意識しています。それでもよろしければ、どうぞ温かい目で読んでください。
☆10:23
☆9:84
☆8:20
☆7:15
☆6:8
☆5:8
☆4:1
☆3:3
☆2:4
☆1:6
☆0:2
UA(通算/今週/先週):554,837/360/625|お気に入り:4,778|感想:224|投票者:174|平均:6,123 字 除外
連載 67 話
全 496,220 字
調整平均:7.82
 7.82
2019/09/14
17:57
[!]
遥かな時間をかけてエミヤシロウはアヴァロンに至った。▼それはほとんど奇跡のような出来事であり、彼はこのままこの理想郷で彼女と共に過ごすのだろうと考えていた。▼だが、世界とはきまぐれで残酷である。▼エミヤシロウは本体を理想郷に残して再び召喚される。▼そこは魔族と魔術が当たり前のように謳歌し、世界最強の吸血鬼が存在する世界でもある。▼そして、その世界ではにわかに信じられないことが起きていた。▼理想郷から至った故なのか、そこは…▼英雄エミヤが…
☆10:12
☆9:58
☆8:16
☆7:15
☆6:11
☆5:12
☆4:2
☆3:4
☆2:3
☆1:3
☆0:2
UA(通算/今週/先週):1,130,498/600/1,094|お気に入り:4,948|感想:400|投票者:138|平均:7,406 字 除外
連載 2 話
全 11,747 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/09/09
20:53
[!]
災厄の化身たる十二の眷獣を従える世界最強の吸血鬼―――第四真祖・暁古城と、眷獣を持たず、血を自在に操る金髪の吸血姫―――〝鮮血の真祖〟ルミア・ブラッディー・サイス。平和条約を結んで一安心のはずが、様々な事件に巻き込まれて………。この物語は、平和に暮らしたい二人が、平和の為に頑張る(?)、そんなお話。
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,220/20/37|お気に入り:10|感想:1|投票者:0|平均:5,874 字 除外



まさかのコラボレーション(@_@;)

推薦作品:555EDITIØN『 PARADISE・BLOOD 』 原作:ストライク・ザ・ブラッド


電撃文庫発のラノベ『ストライク・ザ・ブラッド』と、平成ライダーの傑作のひとつ『仮面ライダー・555』とのクロスオーバー作品。ストブラの世界に飛ばされた乾巧こと「たっくん」が、獅子王機関が剣巫「姫柊雪...
(全文表示)


推薦:ツルギ剣 評価: (参考になった1ならなかった2)


原作に忠実ながらも設定や伏線を用いバトルもラブコメ要素もバランスよく詰め込んだ良作

推薦作品:ストライク・ザ・ブラッド〜空白の20年〜 原作:ストライク・ザ・ブラッド

二次創作ながらもタイトル通り原作に忠実な文章であり、キャラ崩壊が一切ない。
読む側が、このキャラはそれ言われたらこう反応するだろなと考える通りの反応を示すため読みやすく引っかかるところがないためか、あ...
(全文表示)


推薦:メルたそ 評価: (参考になった18ならなかった10)


同原作推薦一覧