小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
舞台・ジャンル
※オリジナル
■舞台


■ジャンル

絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:原作:モンスターハンター (763件)

連載 1 話
全 3,036 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/05/27
18:21
[!]
病気で死んでしまった女子高生は、何の因果かミラルーツに転生してしまう。▼しかもまだシュレイド王国が健在で、モンスターが存在していない太古のモンハン世界に。▼どうやらゲーム設定より世界観設定が優先されているらしく、ミラルーツの体は本当に数日で世界を滅ぼせるチートスペック。▼これは何やっても大参事になりそうな古龍のスペックに辟易しながら、弟妹であるミラボレアス、ミラバルカン、アルバトリオン、グランミラオスに舐められないよう威厳を保とうと必死…
☆10:2
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):212/212/-|お気に入り:18|感想:8|投票者:3|平均:3,036 字 除外
連載 32 話
全 85,677 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/05/27
17:58
[!]
現在の人間が住む世界とはまた別の世界……。▼ そこでは人間とモンスターが互いに殺しあい、モンスター側が勝利を納め世界の頂天に立った。▼ ……しかしモンスター側を率いて戦った『ある龍』はこの結果に満足せず彼の統べてを見る目に人間達が発展した文明の中暮らす世界が写しだされる。▼ これを見て龍はある指令を下す……。▼ ▼ 人類とモンスター(怪物)……光を見るのはどちらだ……。▼ ▼
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:1
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):5,582/93/170|お気に入り:13|感想:0|投票者:2|平均:2,677 字 除外
連載 1 話
全 2,002 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/05/27
15:27
[!]
生きる事は悩む事の続編を勢いだけで、▼設定は前作と同じです。
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):28/28/-|お気に入り:0|感想:0|投票者:0|平均:2,002 字 除外
連載 46 話
全 529,452 字
調整平均:7.80
 7.80
2020/05/27
03:24
[!]
荒々しくも眩しかった数世紀……世界は活気に満ち溢れていた。そんな時を生き、モンスターを狩る事をこそ生業とする者達 ――「ハンター」。その世界に存在するとある大陸に、1人のハンターが居た。彼の者はある依頼を切欠に『別の大陸』を訪れ、王立古生物書士隊としての立場を得る。大陸を跨いだ故の苦難はあれど、変わらず、ハンターとして自然とモンスター達に挑んで行く。▼■第二章、書き中。▼ 第一章はちまちまと改稿中です。▼
☆10:1
☆9:2
☆8:4
☆7:4
☆6:1
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):28,808/212/52|お気に入り:121|感想:35|投票者:12|平均:11,510 字 除外
完結 5 話
全 29,609 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/05/26
18:30
[!]
 わずか13歳でG級になり、16歳で「朧月」の称号を授与された天才ハンターキルトはある日水没林で白疾風ナルガクルガと出会う。敵意を見せないその竜と少しずつ距離を縮めていき、彼の狩道「共存」に賛同する者が少なくキルトはハンターの中で孤立しがちだったこともあって、そのナルガクルガは次第にかけがえのない存在へと変わっていく。▼ そんな中、ギルドは白疾風ナルガクルガの存在を感知し、捕獲作戦を展開させ生態研究の後素材研究をしようと動き出した…▼ …
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,917/110/12|お気に入り:15|感想:3|投票者:0|平均:5,922 字 除外
連載 2 話
全 5,600 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/05/25
16:26
[!]
注意:これは完全なる二次創作です。▼先駆者兄貴姉貴がいないので私が最速なRTA、はーじまーるよー!▼なお、これは処女作なので、沸かしてから4時間ほどのお風呂のような生暖かぁ~い目で見てね!(ねっとり)▼後、超確率で失踪します。(断言)▼それでも良ければ、どうぞー。
☆10:2
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):405/283/122|お気に入り:11|感想:3|投票者:2|平均:2,800 字 除外
連載 30 話
全 226,595 字
調整平均:6.33
 6.33
2020/05/25
10:00
[!]
──『狩猟開始(クエストスタート)』▼◇◆◇◆◇▼時は現代。▼世界は突如、意思や感情に反応するエネルギー体『龍力』に包まれ、それの影響を受けて変異した生物や、龍力で肉体が構成された謎の生物——後に〈モンスター〉と呼ばれる存在——が出没するようになった。▼龍力でしか傷を付けられない〈モンスター〉達に対抗するため、人類は龍力を利用して戦う〈ハンター〉を生み出した。▼これはそんな世界に生きる少年少女達の、戦いと日常の物語である。▼◇◆◇◆◇▼…
☆10:0
☆9:1
☆8:1
☆7:3
☆6:2
☆5:0
☆4:1
☆3:1
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):9,772/134/20|お気に入り:36|感想:25|投票者:9|平均:7,553 字 除外
連載 99 話
全 424,225 字
調整平均:6.17
 6.17
2020/05/24
23:59
[!]
 アオイは訓練所を卒業してハンターになった。ボウガンを手にモンスターを狩り、人を守りたいという幻想のために彼は日々、努力する。▼ 色々な人と出会い、夢を聞き、才能を見、温もりを感じ、少しずつ成長していく。▼ しかしそんな頑張りも虚しく、彼の故郷、ルルド村は地図から消え、消滅してしまう。▼ 村はなぜ消えたのか、アオイはなぜ人を守りたいと思ったのか――。▼ ただそれだけの、どこにでもあって唯一無二の物語。▼
☆10:0
☆9:1
☆8:1
☆7:1
☆6:1
☆5:0
☆4:1
☆3:1
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):18,683/70/9|お気に入り:72|感想:12|投票者:6|平均:4,285 字 除外
連載 3 話
全 13,605 字
調整平均:6.75
 6.75
2020/05/24
07:00
[!]
「私を退屈させてくれるなよ?」▼女体化したミラルーツがハンターになって世界のあれこれに巻き込まれつつ無双する系の物語です。(予定)▼※世界観に竜大戦や古代文明系のボツ?設定が含まれます▼何番煎じか分からない白いドレスの少女ネタです。▼無印、2、F以外の原作はプレイ済。アプリ、小説関連は追えてないです…▼不定期更新と中途半端Wiki知識ですががよろしくおねがいします。▼
☆10:1
☆9:2
☆8:1
☆7:1
☆6:1
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,560/369/18|お気に入り:34|感想:2|投票者:8|平均:4,535 字 除外
連載 31 話
全 258,278 字
調整平均:9.28
 9.28
2020/05/23
20:00
[!]
タンジア周辺の狩猟環境が乱れている。▼不穏な噂を頼りに、一人のハンターが海の都を訪れた。▼背に担ぐは龍を穿つ双棍。モガの森の調査を請け負い、村の専属ハンターの協力を得ながら、タンジアに忍び寄る気配を探っていく。▼やがて、ハンターズギルドが緊急クエストを打ち立てた。▼「かの伝説の黒龍が出現する」────その迎撃作戦を。▼各地から凄腕のハンターが招かれる。何隻もの撃龍船が集う。大砲やバリスタの運用人員まで含めた参戦者は千人を超え、誰も姿を見…
☆10:23
☆9:24
☆8:5
☆7:1
☆6:1
☆5:3
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):25,512/713/691|お気に入り:342|感想:56|投票者:57|平均:8,332 字 除外



少女と竜のおとぎ話から始まるモンハンの作品

推薦作品:こころの狭間 少女と竜の物語 原作:モンスターハンター

【あらすじ】
舞台はMH3Gに登場するモガの村。主人公はそのモガの村専属の女性ハンター。
そして、篝火焚かれる村の広場で、老婆が語る“おとぎ話”を主人公が聞くところから物語は始まります。
その老婆の語...
(全文表示)


推薦:puc119 評価: (参考になった31ならなかった8)


ハーメルン名作選モンハン部門:GWに読み終える感動作品(完結済み)

推薦作品:瘴気の底で死に愛でられる 原作:モンスターハンター

私的にハーメルン小説でも不朽の名作です。
MHW世界観を保ちつつ、小説シリーズモンスターハンターの設定とそして本作独自の設定による幻想的で温かい描写は、物語に読者を引き込み、読後には何処かノスタルジッ...
(全文表示)


推薦:跳橋踏切 評価: (参考になった11ならなかった1)


同原作推薦一覧