小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

原作:宇宙戦艦ヤマト (143件)

連載 34 話
全 121,212 字
調整平均:6.25
 6.25
2024/02/28
07:45
[!]
 無限に広がる大宇宙。星間航行が確立された文明からすれば、夢と希望に満ち溢れている世界である一方、…理不尽で満ちている。▼ 「何故、こうなった…」▼ これは、SFゲームの要塞と共に現実世界へと転移した、とある人物の物語である。▼ なお、好き勝手にやっていく内、気づかぬ内に畏怖される存在となってしまうよう。▼*原作開始前よりスタート。現在、投稿されている小説『同志諸君、これが理不尽な世界だ!』に登場する人物と兵器等が登場する可能性あり。▼…
☆10:3
☆9:5
☆8:3
☆7:1
☆6:2
☆5:1
☆4:2
☆3:4
☆2:2
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):19,225/1,357/1,781|お気に入り:177|感想:20|投票者:24|平均:3,565 字 除外
連載 67 話
全 681,374 字
調整平均:8.64
 8.64
2024/02/26
00:00
[!]
西暦2199年、ガミラスからの遊星爆弾攻撃により、地球は滅亡の縁に立たされていた。人類は、この状況で奇跡を引き起こすべく、奇跡の名を冠す宇宙戦艦「Wunder」を建造。はるか16万8000光年先のイスカンダル星に向けて旅立つ。▼学業とかもあるので、ちょくちょくお休みするかもしれません▼表紙画像です▼【挿絵表示】▼プロローグ 火星で確認された未確認物体の記録▼----------▼第一章 贖罪の船から奇跡を起こす船に▼第二章 我赴くは宙の…
☆10:3
☆9:6
☆8:2
☆7:0
☆6:0
☆5:2
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):27,099/269/377|お気に入り:138|感想:95|投票者:13|平均:10,170 字 除外
連載 21 話
全 107,978 字
調整平均:0.00
 -.--
2024/02/25
15:10
[!]
▼ 西暦2203年。イスカンダルへの航海を成功させたヤマトの活躍により、地球は再び蒼い姿を取り戻していた。民主制へと移行したガミラスの助力も得て復興への道を突き進む地球であったが、その裏では『波動砲艦隊構想』に基づいた過剰な軍備拡張も進んでおり、かつてのヤマト乗組員たちは地球の現状に疑問を抱き始める。▼ 波動砲の再装備も決定し、改修を受けたヤマトは戦列に復帰する事となるが、そんなある日ヤマトの乗組員たちの元に謎のメッセージが届く。▼ そ…
☆10:0
☆9:1
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):7,412/249/49|お気に入り:40|感想:45|投票者:2|平均:5,142 字 除外
連載 194 話
全 2,469,875 字
調整平均:7.93
 7.93
2024/02/25
00:00
[!]
無限に広がる大宇宙。そこには様々な生命の営みで溢れている。そして、次元の壁を越えると、そこには数々の可能性の世界が広がり、いくつもの宇宙が存在していた。▼ ▼宇宙戦艦ヤマトと魔法少女リリカルなのはのクロスオーバーで、他の二次サイトに展示していたものをリメイクしました。▼ ▼話の展開、一部設定についてEF12 1さんのご承諾・ご協力を頂いております。
☆10:9
☆9:22
☆8:4
☆7:3
☆6:2
☆5:4
☆4:1
☆3:2
☆2:0
☆1:4
☆0:1
UA(通算/今週/先週):286,016/1,147/713|お気に入り:589|感想:999|投票者:52|平均:12,731 字 除外
連載 118 話
全 368,693 字
調整平均:8.36
 8.36
2024/02/24
09:00
[!]
このお話は宇宙戦艦ヤマト世界に舞い降りた多数の転生者達によって強化された地球防衛軍の物語▼*この作品は『嗚呼、我ら地球防衛軍』をリスペクトして書かせて頂いています。▼なお本作には様々な艦艇やキャラクターが登場しますが、スポット出演的な感じになりますのでご容赦ください。▼未熟者ですので皆様の感想を参考にさせていただきます。また誤字報告もよろしくお願いいたします。▼少し内容を改正しました。9/21▼艦艇紹介と本編の改型3種の設定について矛盾…
☆10:7
☆9:17
☆8:6
☆7:3
☆6:1
☆5:0
☆4:2
☆3:2
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):241,643/998/1,727|お気に入り:794|感想:253|投票者:39|平均:3,125 字 除外
連載 148 話
全 690,718 字
調整平均:6.62
 6.62
2024/02/24
00:00
[!]
注意!!この小説はステルス兄貴さんの許可をもらって『星の海へ』の設定・文章等を引用させていただいております▼(これ、三次創作いや、四次創作っていうんですかね?)▼EF12 1さんとの確認が取れたので本編復活です!!▼無限の大宇宙には様々な惑星や国、次元を超える組織がある。▼内惑星系艦隊総旗艦▼ガトランティス戦役時~戦役終了時▼アナンケ級アナンケ▼【挿絵表示】▼イスカンダル星救援作戦時~第二次ガトランティス侵攻時▼準アンドロメダ級アマテラ…
☆10:3
☆9:7
☆8:1
☆7:1
☆6:0
☆5:2
☆4:1
☆3:0
☆2:1
☆1:4
☆0:0
UA(通算/今週/先週):112,642/482/1,196|お気に入り:298|感想:132|投票者:20|平均:4,667 字 除外
連載 1 話
全 7,216 字
調整平均:0.00
 -.--
2024/02/21
22:16
[!]
▼【挿絵表示】▼ 無限に広がる大宇宙。▼ 繰り広げられる戦乱、滅亡、復興、繁栄。▼ 地球とガミラスが激しい戦争をして10年。▼ 幾多の困難を乗り越えて、人々の営みは続いていた。▼ ストレス発散で艦艇を建造し続けたので、断章スタイルで投稿します▼ 不定期なのはお許しくださいませませ~
☆10:0
☆9:3
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:1
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):491/79/412|お気に入り:16|感想:3|投票者:4|平均:7,216 字 除外
連載 26 話
全 228,283 字
調整平均:7.71
 7.71
2024/02/18
11:45
[!]
西暦2203年。辛うじて「ガトランティス戦役」に勝利した地球連邦であったが、多くの艦船と将兵を失い疲弊し切っていた。防衛軍司令部は艦隊戦力の再建計画の一環として戦役中に研究開発及び実戦投入されたBBB級や無人型クラスDで構成された「無人艦隊」を見直し「指揮AI制御の無人艦隊」から「人が制御する無人艦隊」へとコンセプトを変更する事を決定し、その研究開発実験艦隊として"新生BBB戦隊"正式名称「第99特殊戦略戦術機動打…
☆10:2
☆9:2
☆8:0
☆7:1
☆6:0
☆5:1
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):8,326/33/227|お気に入り:48|感想:34|投票者:7|平均:8,780 字 除外
連載 7 話
全 37,294 字
調整平均:8.58
 8.58
2024/02/02
10:31
[!]
1975年、ゲッターチームとして戦った大鳥タケルは、自らの築き上げたゲッターと共に、恐竜帝国へと最後の特攻を仕掛けた……はずだった。▼しかし、彼の魂も、ゲッターも滅んではいない。▼今は2199年、宇宙より襲いくるガミラスの脅威を前に、200年の眠りから覚めてよみがえれ!! ▼いや待って、敵性種族を滅ぼした英雄とか大罪人とか呼ばれるだけならともかく、ゲッター崇拝宗教の本尊扱いされてるのはどうして?
☆10:0
☆9:10
☆8:2
☆7:0
☆6:1
☆5:1
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):9,640/109/199|お気に入り:194|感想:22|投票者:14|平均:5,328 字 除外
連載 2 話
全 2,741 字
調整平均:0.00
 -.--
2024/01/24
21:32
[!]
ガミラスとの戦いは終わった。しかし再び宇宙の脅威が地球に襲いかかる…▼この物語は、そんな中決死に戦った男たちの物語。
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):697/7/13|お気に入り:4|感想:1|投票者:2|平均:1,371 字 除外



グエルとかめくん

推薦作品:水星の魔女 第16i話「グエルとかめくん」 原作:原作:機動戦士ガンダム 水星の魔女

すこしふしぎ。とてもふしぎ。機動戦士ガンダム 水星の魔女 第15話 「父と子と」より分岐したひとつの世界。亀そっくりのロボット、レプリカメの「かめくん」と、グエルが出逢います。ボーイ・ミーツ・かめくん...
(全文表示)


推薦:有部理生 評価: (参考になった5ならなかった0)


最高にマニアックな作品

推薦作品:交響詩篇エウレカセブン アナザーデイ・カムズ 原作:原作:交響詩篇エウレカセブン

本編前だなんて「地味な一戦」を臨場感たっぷりに描いた燻銀の渋い読み切り。

想像力次第でコックピットの臭いや風の音を感じられるかも知れない。

野郎二人の会話といい、空中戦好き・ロボ戦好きにはたまらな...
(全文表示)


推薦:ブドウ冷やしんす 評価: (参考になった3ならなかった0)


同原作推薦一覧