小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
舞台・ジャンル
※オリジナル
■舞台


■ジャンル

絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

原作:落第騎士の英雄譚 (158件)

連載 47 話
全 112,183 字
調整平均:6.35
 6.35
2022/10/01
23:52
[!]
 ある冬の日。▼ 少年は出会った。▼ 時を超え・・・ある男に出会った。▼ 不殺を誓い「逆刃刀」を持つ男・・・緋村剣心に。▼ そして時は流れ少年は青年となってその戦いを見た。▼ 己の要望の為に戦う者。▼ 己の為、仲間の名誉の為に修羅に落ちようとも戦う者。▼ 己の野望の為に戦う者。▼ 己の敵討ちの為に戦う者。▼ 幾多もの激戦を剣心と共に見て、共に戦った唯一の弟子『緋村 一輝』は▼その戦いの中で得た力と思いと共に元の時代にへと帰った。▼ 自ら…
☆10:1
☆9:6
☆8:3
☆7:1
☆6:1
☆5:1
☆4:2
☆3:0
☆2:1
☆1:3
☆0:0
UA(通算/今週/先週):127,783/2,756/3,724|お気に入り:725|感想:85|投票者:19|平均:2,387 字 除外
連載 11 話
全 55,743 字
調整平均:0.00
 -.--
2022/09/25
23:56
[!]
少女には何もない。▼ 少女は、普通の人が持っているような思い出や幸せを知らない。▼ 両親の顔さえも覚えていない。▼ どうして生きているのか解らない。▼ ただ一つだけ、自分が伐刀者(ブレイザー)だということでだけは理解していた。▼ 物心ついた時から持っていた、固有霊装(デバイス)と能力。▼ 使い方が不明で悩んでいた時、少女は一人の男を見つけた。▼ 何故か知らないが、大勢の横たわっている人を見て、眉一つ動かさない青年。▼ 自分と全く違う存…
☆10:0
☆9:0
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:1
☆0:0
UA(通算/今週/先週):5,872/54/158|お気に入り:15|感想:2|投票者:3|平均:5,068 字 除外
連載 17 話
全 67,335 字
調整平均:0.00
 -.--
2022/09/21
23:36
[!]
サボりすぎて黒鉄一輝と同じくして落第者の烙印を押された主人公。▼自身の興味が沸かないことに一切無頓着の彼が織りなす。▼もう一つの英雄譚(キャバルリィ)。▼落第騎士の英雄譚の二次創作です。▼他作品の用語や設定なども使っている多重クロス作品ですので苦手な方はすみません。▼感想とかくれると筆者は喜びますのでよろしくお願いします。
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:1
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):20,516/128/300|お気に入り:145|感想:2|投票者:2|平均:3,961 字 除外
連載 70 話
全 459,040 字
調整平均:7.93
 7.93
2022/09/04
22:06
[!]
 訳もわからず暴力を振るわれた。▼ 不当に押さえつけられた。▼ 理不尽に貶められ、必死の抵抗は潰された。▼ どいつもこいつも敵だった。味方だと思っていた人すらも、寄ってたかって俺の全てを奪っていった。▼ 理不尽に屈しない力が欲しい。▼ 不条理に打ち勝つ武器が欲しい。▼ 頭から踏みつけてくる奴なんかに負けたくない。▼ そう願い続けた俺に目覚めた魂の形は───▼────皮肉にも、靴だった。▼ キャラ設定がふと浮かんだので書いてみます。▼ 時…
☆10:16
☆9:51
☆8:10
☆7:7
☆6:2
☆5:5
☆4:3
☆3:1
☆2:2
☆1:10
☆0:2
UA(通算/今週/先週):260,134/294/394|お気に入り:1,788|感想:94|投票者:109|平均:6,558 字 除外
連載 41 話
全 726,977 字
調整平均:5.52
 5.52
2022/08/15
15:03
[!]
超常の力を宿した俺は、本能的に己の異能が危険なものになると直感した。▼使う使わないかはその時が来たら考えなさいと両親に言われたけど、誰かを守るため躊躇なくこの"獣"の力を使うと、あの時もう、俺は決めたのだ。▼————二人を失ったあの日に。▼
☆10:3
☆9:7
☆8:1
☆7:1
☆6:1
☆5:2
☆4:0
☆3:1
☆2:2
☆1:6
☆0:1
UA(通算/今週/先週):92,934/197/117|お気に入り:453|感想:32|投票者:25|平均:17,731 字 除外
連載 30 話
全 73,938 字
調整平均:1.30
 1.30
2022/07/25
15:52
[!]
伐刀者、それは己の魂を武器に変えて戦う現代の魔法使いの総称だ▼現在は3つの組織が存在することで均衡が保たれている▼その中に含まれない傭兵組織に1人の伐刀者が所属していた。その名を比企谷八幡▼アニメしか見ていないので七星剣武祭以降はオリジナル展開多めですがそれでもよろしければどうぞ▼なるべく原作に近づけるようにはします。
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:1
☆2:1
☆1:9
☆0:0
UA(通算/今週/先週):88,613/117/165|お気に入り:453|感想:5|投票者:12|平均:2,465 字 除外
完結 12 話
全 155,682 字
調整平均:8.21
 8.21
2022/06/30
18:17
[!]
黒鉄家の長女は化け物である。一流の魔導騎士さえ圧倒する強さ、嗤いながら敵を蹂躙する残忍さ。その修羅の如き姿から、人は彼女を『黒鉄の白髪鬼』と呼び恐れ慄いた。……ただ残念なことに、その中身はぽんこつコミュ障なのであった。
☆10:13
☆9:134
☆8:43
☆7:17
☆6:14
☆5:10
☆4:4
☆3:5
☆2:3
☆1:12
☆0:2
UA(通算/今週/先週):370,241/418/500|お気に入り:5,727|感想:289|投票者:257|平均:12,974 字 除外
連載 2 話
全 3,136 字
調整平均:0.00
 -.--
2022/06/03
03:09
[!]
自分を助けてくれた彼女と再び会う約束をした少年は、一度は諦めかけていた夢に挑む…
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,732/16/17|お気に入り:11|感想:0|投票者:1|平均:1,568 字 除外
連載 31 話
全 262,428 字
調整平均:6.94
 6.94
2022/04/10
00:00
[!]
 剣術の才も。魔力の才も。全てが誰よりも劣っている。▼ 心も弱く、技もなく、身体にも恵まれなかった。▼ 伐刀者であるかどうかすら疑わしいと言われた。諦めろと誰もが言った。▼ ▼ そんなすべてに彼は──百鬼紫苑はだからどうしたと吐き捨てる。▼ 才能がない? 技が身に付かない? 身体が脆弱?▼ それがどうした。そんなもの《努力》で覆せ。▼ 天才が努力しているならそれ以上に努力しろ。▼ 凡才が血が滲む程研鑽を重ねるのならそれ以上に研鑽を重ねろ…
☆10:4
☆9:5
☆8:2
☆7:0
☆6:4
☆5:1
☆4:0
☆3:2
☆2:1
☆1:2
☆0:0
UA(通算/今週/先週):53,021/82/101|お気に入り:387|感想:45|投票者:21|平均:8,465 字 除外
連載 41 話
全 199,434 字
調整平均:7.61
 7.61
2022/03/13
14:00
[!]
単身赴任になりました。赴任先には天敵もいますが何とか頑張ってやっていきます。
☆10:9
☆9:34
☆8:7
☆7:8
☆6:7
☆5:7
☆4:5
☆3:2
☆2:2
☆1:4
☆0:0
UA(通算/今週/先週):343,336/322/195|お気に入り:3,381|感想:74|投票者:85|平均:4,864 字 除外



至高のボクっ娘をご覧下さい

推薦作品:銃は剣より強し 原作:原作:落第騎士の英雄譚

最近は、この小説が更新されてないか毎日のようにログインして確認しています。
そのぐらい面白いです。

はじめはオリ主が女というのにあまり気が進まず、さらにカップリング無しとあったので、タグにあったボク...
(全文表示)


推薦:血ロスト 評価: (参考になった18ならなかった3)


告死の兇刃、その研鑽に果てはなく。

推薦作品:落第騎士の英雄譚  兇刃の抱く野望 原作:原作:落第騎士の英雄譚

―――大鎌をこよなく愛する男がTS転生を果たした時、世界に一人の修羅が生まれ落ちた。

刀剣や銃といったメジャー武器と比べると、どうしても普及度で劣る大鎌という武器。そんな現状に一石を投じるべく、転生...
(全文表示)


推薦:弥宵 評価: (参考になった35ならなかった3)


同原作推薦一覧