小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
会話率 最終更新日
舞台・ジャンル
※オリジナル
■舞台


■ジャンル

絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:怪談 (86件)

 猿の言葉に、聞く耳もたぬ
原作:呪術廻戦 作:夏油傑は敗北者じゃけぇ……
短編 1 話
全 22,069 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/19
17:06
[!]
怪談『耳なし芳一』の噂を耳にした夏油は、2人の少女を連れて調査に向かう。
☆10:0
☆9:3
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):205/8/197|お気に入り:4|感想:2|投票者:4|平均:22,069 字 除外
連載 1 話
全 2,215 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/19
13:42
[!]
▼学校の学校で年齢操作をして学パロ的なモノを書いてみました!▼火神大我の成り代わり小説です。クロスオーバーしている特殊な成り代わり小説です。▼大前提で注意することは黒バスの女子キャラが男体化してます!しかもショタになってます(キャラの中には中学生も含まれてます)!これを踏まえた上で読むことをおすすめしますm(__)m▼後、執筆者は腐女子なのでBLが入る可能性大です!BLが苦手な方や嫌いな方は無理に読まず引き返してくださいm(__)m 逆…
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):237/12/225|お気に入り:1|感想:0|投票者:0|平均:2,215 字 除外
連載 10 話
全 29,223 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/18
21:00
[!]
科学の光とは進歩したもので、今の時代、夜道の暗がりを見ても妖怪を信じる声など上がらなくなりましたが、▼どうやら聞くところによると、私たちの住む場所の近くには、文明開化の足音もにわかに聞こえず、お化けと人の楽しく暮らす秘境があるそうな。▼これよりお話ししますのは、そこに住む奇人・怪人・天人達が、夜な夜な語る、化物たちの物語でございます。▼なんてね。▼▼東方Projectの世界で巻き起こる不思議な日常と、怪談ミステリーが書きたくなって書いた…
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):310/1/126|お気に入り:3|感想:2|投票者:1|平均:2,922 字 除外
連載 4 話
全 7,407 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/02/14
21:14
[!]
始めて4人のリプレイです、至らない点ありますがごゆっくりと閲覧下さい
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):110/2/16|お気に入り:0|感想:0|投票者:0|平均:1,852 字 除外
短編 1 話
全 4,615 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/01/29
11:57
[!]
酒場の男が淡々と語り聞かせる怪奇譚──。▼名産ワイン作りに沸く田舎村で、素性不明の貴族が不穏な一石を投じる。▼連れ去られた村娘の命運は如何に?▼レ・ファニュ名作『シャルケン画伯』に影響されて書いた怪奇掌編。
☆10:0
☆9:0
☆8:1
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):31/-/1|お気に入り:2|感想:0|投票者:1|平均:4,615 字 除外
連載 8 話
全 11,202 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/01/23
01:01
[!]
様々な人から聞いた奇妙な話たちを書く怪談集。
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):219/-/4|お気に入り:2|感想:0|投票者:0|平均:1,400 字 除外
連載 130 話
全 669,091 字
調整平均:8.76
 8.76
2020/01/08
21:10
[!]
怪談と他者の悲鳴が大好きな変人、四ツ谷文太郎。▼彼が自分を怪異に仕立て創った怪談が、時と共に忘れ去られることにより、彼自身が本物の怪異となって幻想入りしてしまう。▼彼が織り成す怪談に東方キャラクターたちが関わっていくことにより生み出される、複雑怪奇な物語が幕を開ける――。
☆10:22
☆9:67
☆8:19
☆7:8
☆6:1
☆5:7
☆4:1
☆3:1
☆2:0
☆1:2
☆0:0
UA(通算/今週/先週):180,331/46/369|お気に入り:1,475|感想:225|投票者:128|平均:5,147 字 除外
連載 9 話
全 120,851 字
調整平均:0.00
 -.--
2020/01/05
07:36
[!]
 僕、鈴笛至は就職活動の最中、一人の銀髪の少女?が暴漢に襲われるのに出くわした。▼ 普段の僕ならさっさと見捨てて逃げていたはずが、その日はどういう訳かその暴漢と少女の間に割って入るなんて馬鹿な事をしてしまった。結果、当然の如く暴漢の持っていた包丁で胸を刺されて死んだ……はずだった。▼ 何故か、目を開ける事が出来た僕の前には、その銀髪の少女が居て、▼「やあやあ、助けてくれてありがとう。君は鈴笛至くんだね? ああ、何で君の名前を知っているか…
☆10:1
☆9:2
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,450/2/20|お気に入り:28|感想:5|投票者:3|平均:13,428 字 除外
完結 11 話
全 70,484 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/11/23
18:40
[!]
新聞部所属の蛍と燐。二人は学校新聞に載せるコラムの為に旧校舎に纏わる七不思議の記事を企画する。その為に噂を知っていそうな生徒を集めて放課後に話を聞くことになっていたのだが約束の時間を過ぎても誰一人こなかった。そんな折、現れたのは顧問のオオモト様だった。何故か七不思議の噂を知ってるオオモト様。二人は噂の真相を確かめて記事にするべく旧校舎を駆け回る。だがその度に奇怪な出来事に遭遇してしまう。果たして燐と蛍は七不思議の調査を終えて無事に帰宅す…
☆10:0
☆9:0
☆8:0
☆7:0
☆6:0
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):215/1/4|お気に入り:1|感想:1|投票者:0|平均:6,408 字 除外
連載 10 話
全 56,749 字
調整平均:0.00
 -.--
2019/11/17
19:44
[!]
『白蓮、お主怖い話は好きか?』▼ そんな問いかけにはじまり、何故か自身の働く寺での怪談大会に巻き込まれた住職、聖白蓮(ひじりびゃくれん)。▼ 集まったのは性格さまざまな人妖の六人。聞けば、七不思議に合わせようと七人誘ったはずだと言うが、主催者の物部布都(もののべのふと)は深く気にせず怖い話をはじめる。▼ 内心、辺りを包む雷雨と、これから襲い来る恐怖に怯えながら……
☆10:0
☆9:1
☆8:0
☆7:0
☆6:1
☆5:0
☆4:0
☆3:0
☆2:0
☆1:0
☆0:0
UA(通算/今週/先週):1,782/-/13|お気に入り:16|感想:1|投票者:2|平均:5,675 字 除外



配信者系小説の原点の一つと言える物です

推薦作品:tsプロゲーマー配信者なぎちゃん 原作:オリジナル_SF_日常

【あらすじ】
世は正に平成時代、突如空から流星の如く到来してきた謎の宇宙船【パァールツヴァルシュ号】とその船員達により、世界は大変な事になる…………と、言ったこともなく、船員はなんと未来のオタク達。
...
(全文表示)


推薦:ラムコーク 評価: (参考になった0ならなかった0)


ダンジョンコアが砂漠を開拓していく物語

推薦作品:霊晶石物語 原作:オリジナル_ファンタジー_ノンジャンル

【あらすじ】
気が付けば私は石の様な物体へと変貌していた。
私は確か生前人間だった筈、命を落とした人間は必ずしも人間に生まれ変わる訳でもない様だ。
この体は、青白く発光する透明な結晶体で、不思議な事に...
(全文表示)


推薦:ラムコーク 評価: (参考になった0ならなかった0)


同原作推薦一覧