小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:改変あり (165件)

連載 39 話
全 199,187 字
調整平均:6.71
 6.71
2018/06/24
23:00
[!]
神様に会ったわけでもない。▼特典を選んだわけでもない。▼なのに、身体能力が生前より上がっている。▼とんでもない速度で行動したり、常人離れした怪力だったり…▼そして、良く分からないカラフルな煙や爆発を起こしたり…▼能力名は『解析不能』。▼いや、そうじゃなくて教えてくれ。▼解析してくれ、不能じゃ分からん。▼※すごいパンチ以外の技あり。熱血根性馬鹿ではない。▼オリジナル要素、オリジナル設定あり。風紀委員に所属。▼他キャラの性格改変あり。捏造設…
☆10:13
☆9:65
☆8:40
☆7:20
☆6:6
☆5:16
☆4:10
☆3:11
☆2:8
☆1:21
☆0:9
UA(通算/今週/先週):365,370/772/2,856|お気に入り:4,711|感想:73|投票者:219|平均:5,107 字 除外 タグ報告
連載 74 話
全 551,989 字
調整平均:7.00
 7.00
2018/06/24
22:45
[!]
トリコの世界に一度転生したオリ主が二度目の転生でコナンの世界に行く、そんなお話です。▼トリコの世界で料理の魅力に取りつかれたオリ主は、コナンの世界でも料理人を志す。そんな彼と幼馴染の名探偵の日常を……描けたらいいなと思います。▼注意(本編を読む前に一読お願いします)▼・東京魔人學園シリーズとありますがキャラの画だけで中身は別物です。ぶっちゃけ知らなくても問題ないです。▼・トリコ世界の技術や食材は出しますがキャラはでません。▼・作者の都合…
☆10:18
☆9:54
☆8:17
☆7:8
☆6:7
☆5:12
☆4:11
☆3:7
☆2:6
☆1:16
☆0:1
UA(通算/今週/先週):756,948/1,831/11,804|お気に入り:4,273|感想:234|投票者:157|平均:7,459 字 除外 タグ報告
連載 49 話
全 179,211 字
調整平均:7.92
 7.92
2018/06/24
20:20
[!]
本好きの下剋上の世界を元とした漂流ものです。家に帰るまでが遠足です。▼このマインはあの人物のデッドコピーです。▼本好きって設定が超ダークファンタジーですよね。▼主役はきっとディートリンデ様。▼本編は9話からですが、入る前に序章の流し読み推奨します。▼原作既読推奨(web版のみ)。タグ確認推奨。▼誤字脱字はあきらめてますので指摘して頂けるとものすごくうれしいです。▼
☆10:
☆9:8
☆8:3
☆7:
☆6:1
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:1
☆1:1
☆0:
UA(通算/今週/先週):7,797/299/3,027|お気に入り:160|感想:12|投票者:14|平均:3,657 字 除外 タグ報告
連載 31 話
全 123,215 字
調整平均:5.64
 5.64
2018/06/24
18:24
[!]
仲間だと思ってた、家族だと思っていたものに裏切らた南雲 蓮。▼しかし新たに出会った親友と共に四苦八苦しながらも生きていく、そんな物語▼*後三大勢力にはちょっと痛い目見てもらうby蓮▼作者はアンチもの初めてです。なんかこうしたほうが良いと思ったら是非是非感想でご意見下さい。▼題名変更▼神様と行く→亡霊は神となり新たな道を歩む
☆10:1
☆9:10
☆8:5
☆7:5
☆6:2
☆5:2
☆4:1
☆3:1
☆2:1
☆1:8
☆0:3
UA(通算/今週/先週):138,637/2,288/433|お気に入り:1,007|感想:215|投票者:39|平均:3,975 字 除外 タグ報告
連載 16 話
全 77,584 字
調整平均:0.00
 -.--
2018/06/24
12:00
[!]
世界が戦乱に乱れていたその時に、赤き鎧を着た騎士と白き鎧を着た騎士が、互いに幾度もなく戦っていた。気の遠くなるほどに戦っていた。▼だがある時に赤き鎧を着た騎士と白き鎧を着た騎士は和解を交わした。▼そして再び世界は安泰の時代に入る。▼赤き鎧を着た騎士…赤龍帝と白き鎧を着た騎士…白龍皇は、女神エイドスによって、とあるものに封じられることになった。▼赤龍帝も白龍皇も伝説上の御伽噺のなって人々の話の中で受け継がれていったのだ。▼そして七耀歴11…
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:2
☆0:
UA(通算/今週/先週):7,577/278/1,467|お気に入り:29|感想:0|投票者:2|平均:4,849 字 除外 タグ報告
連載 266 話
全 2,149,473 字
調整平均:6.64
 6.64
2018/06/24
07:00
[!]
『歩兵道』………▼男性の嗜みとして受け継がれてきた伝統的な文化。▼礼儀を弁え、信義を重んじ、男らしい教養の高い立派な紳士を育成する事を目指した武芸である。▼また、歩兵道と戦車道は非常に親密な関係を持っている。▼歩兵道を嗜む男性は、戦車に乗る女性を守る事が出来るのだ。▼男性からすれば、戦車に乗っている女性を守るのは名誉な事であり、また女性にとっても歩兵の男性に守られる事は憧れなのである。▼戦車の行動には、それを支援する随伴歩兵の存在がつき…
☆10:12
☆9:15
☆8:8
☆7:2
☆6:
☆5:6
☆4:4
☆3:1
☆2:2
☆1:10
☆0:2
UA(通算/今週/先週):420,730/703/1,651|お気に入り:1,053|感想:2,034|投票者:62|平均:8,081 字 除外 タグ報告
連載 16 話
全 110,719 字
調整平均:8.60
 8.60
2018/06/23
22:03
[!]
▼あるスリザリンの女子生徒が突然前世の記憶を思い出してしまい、今自分がいる世界の未来を知ってしまう物語。▼▼親世代から始まっていきます。▼作者は一応原作は一通り目を通していますが、読んだのは随分と前なので主に映画沿いになるかもしれません。原作の内容も少し含まれると思います。▼▼所々矛盾しているところがあるかもしれませんが、勢いで書いた作品なので雰囲気で楽しんでくれると嬉しいです。▼何せ作品を作るのは初めてのことなので、色々と慣れていない…
☆10:2
☆9:
☆8:2
☆7:1
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):4,277/462/1,169|お気に入り:59|感想:6|投票者:5|平均:6,920 字 除外 タグ報告
連載 42 話
全 87,692 字
調整平均:6.83
 6.83
2018/06/23
08:08
[!]
 ある兄と妹が魔法科高校に入学したときから、その波乱の日々が幕開いた……が!▼ ある2人組が……少女と少年が同じ時期に入学したせいで、その波乱は更なる混沌となる。▼ ▼ 1人は少女。独特な口調な白い少女。▼ ▼ 彼女はまだいい。優秀な魔法技能師である。▼ ▼ 1人は少年。髪と肌が日本人離れした少年。▼ 彼が大問題。▼ ▼ 古式魔法と現代魔法に喧嘩を売っているとしか思えない魔法を使う。▼ 誰がどう見てもおかしい武器やCADを使いこなす。▼…
☆10:2
☆9:18
☆8:7
☆7:3
☆6:1
☆5:5
☆4:3
☆3:1
☆2:2
☆1:6
☆0:
UA(通算/今週/先週):149,211/1,424/19,837|お気に入り:1,689|感想:45|投票者:48|平均:2,088 字 除外 タグ報告
連載 35 話
全 163,253 字
調整平均:7.20
 7.20
2018/06/23
06:49
[!]
もし、あの時…あの場所に…俺がいたら何かが変わっただろうか……▼西暦2022年浮遊城《アインクラッド》で起こった壮絶なデスゲーム。そこで紡がれるもう一人の英雄の物語▼SAOIFが楽しすぎてちょっと書いてみました!不定期更新なのでそこは勘弁。キャラクターの一部武器チェンジあり(例コハルの武器が曲剣から細剣に変更)性格改変ありなど。とりあえず、頑張って書きますのでよろしくお願いします!▼本編はインテグラル・ファクター編からです。幕間の物語は…
☆10:3
☆9:4
☆8:1
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:1
☆3:1
☆2:
☆1:2
☆0:
UA(通算/今週/先週):24,304/91/1,745|お気に入り:220|感想:23|投票者:12|平均:4,664 字 除外 タグ報告
連載 47 話
全 194,032 字
調整平均:0.00
 -.--
2018/06/21
12:26
[!]
普通に現代で生活していた少女。▼いつものように眠ったら知らない場所に!?▼いや、よく見ると博麗神社…?▼そう思うが否や、前の自分についてのことをほぼ忘れていた!▼でも、人間だったという証拠になる記憶があればいい!▼あれ?先代の博麗の巫女もいるんだけど?▼まあ、いいや。一緒に暮らそう!▼……という感じの小説です。▼※息抜きを兼ねた小説でしたが、比較的更新頻度があがった為、今まで以上に不定期的に更新してます。…はい、更新頻度が余計にぶれるよ…
☆10:
☆9:1
☆8:1
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):10,086/10/235|お気に入り:59|感想:3|投票者:2|平均:4,128 字 除外 タグ報告