似ているけれど別?

転生で

死んだと思ったら赤ん坊

死んだと思ったら何歳かになってて前世の記憶が蘇った状態

例えば

首領パッチは死に、気付けば赤ん坊になっていた 名は炭治郎

竈炭治郎は累との戦いの途中で思い出した、前世の自分が首領パッチだった事を


前者の場合、中身の年齢は+前世分扱いで良いかな?


日時:2020年02月09日(日) 23:55

<< キャラクター募集 情報追記 パワハラ上司無惨様 >>

▼コメントを書く

返信コメント

天城

その二つは別だと思います、主従が逆転するわけですし。

前者なら首領パッチが炭治郎としてふるまう
後者なら炭治郎に首領パッチの主観記憶が追加される

って感じの差でしょうから。
また、中身の年齢は前者ならその通り、後者ならあくまでも記憶を思い出しただけなので変わらず、って感じになるかと。


日時:2020年02月10日(月) 14:12

ケツアゴ

このタイトル

鬼滅の刃(但し葱)

鬼滅のハジケリスト


日時:2020年02月10日(月) 00:20

浅漬けの素

いいのではないでしょうか。例で言えば前者は前世も来世(今世?)も意識が連続しているというわけでしょうし。


日時:2020年02月10日(月) 00:01


返信

    現在:0文字 10~1000文字