大逆転! 大東亜戦争を勝利せよ!!
作者:休日ぐーたら暇人

▼感想を書く

全話感想

SEALs   2022年05月22日(日) 12:16 (Good:0Bad:0) 26話 報告

更新お疲れ様です。
今回は次の段階に備えて行くまで、色々と前回の事件を活かしながら、今回の件で得た貴重なデータもあり、戦力強化、そして最終段階である対ソ連戦にも備えて行くことも順調に進んでおり、同時に東條英機も働きかけも掛けていますし、1年間の間には此方としても色々と備えておくべき事もあります所以に。
後に備えて、トルコ、フィンランド等への外交接触・諜報能力の強化を高めるのも、対ソ連包囲網を形成するには必要不可欠でもありますからね。
これにバルト三国が加われば、諜報活動としては鬼に金棒。実際に杉原千畝氏がやろうとしていた事もあり、満州に亡命した白系ロシア人を結成してソ連国内での諜報活動もしようとした計画、虎に翼というべき事も考えていたという事も。だからこそ、ソ連包囲網を形成する為にトルコやフィンランド等も欠かせないんですよね。

余談話になりましたが、では、どんな展開になるか次回も楽しみに待っていますね。

返信:休日ぐーたら暇人 2022年05月22日(日) 12:45

感想ありがとうございます。

当分は対ソ連ですからね。
まあ、世界情勢はしっかり確認しないとね。


SEALs   2022年05月15日(日) 14:40 (Good:0Bad:0) 25話 報告

更新お疲れ様です。
今回は張鼓峰事件ですか、事実でも良い線まで行っていたが、後のあの戦いでどうもね(汗) こちらの世界では上手く行きましたね。
其れに撃破したソ連軍車輌をユニバーサルキャリアーを使い、出来る限り牽引回収する事が大きいですし。実際にも敵軍の兵器を鹵獲、回収したら研究材料、開発における技術サンプルにも使うのは至極当たり前であるのですから。しかし、皮肉にも当時のソ連軍の兵器は、当時の日本軍が求めていたほど、意外と理想の兵器が多かったということが明らかになっているという。
そして史実では間に合わなかった和製バズーカも、機械化計画も早く出来ますから、此処からどう進化していくのやら。

では、どんな展開になるか今後とも楽しみに待っていますね。

返信:休日ぐーたら暇人 2022年05月15日(日) 15:12

ありがとうございます。

そりゃあ、陸軍には『歩兵個人が持って使える対戦車兵器を!!』と口酸っぱく言ってましたから。


ナイトーテンマ  2022年05月15日(日) 11:47 (Good:0Bad:0) 25話 報告

歩兵携行式無反動砲ですか。これはカールグスタフの始祖ともいえるそんざいですね。まあ、37ミリだけどこれは対歩兵、トラックなどのソフトスキン用の榴弾。対戦車用成形炸薬弾の二種によりだね。

そして37mm対戦車砲もですか。ラ式ということはドイツからのライセンス生産かな。そして補給、負傷者後送手段も充実してるという事はこれは何気にすごいことなんだよなぁ。

そして、擱座したソ連の戦車なども汎用輸送車を使い牽引していくか。
(6行省略されています)

返信:休日ぐーたら暇人 2022年05月15日(日) 12:51

感想ありがとうございます。

ラ式については次号で。
サブマは100式短機関銃があるから…。(震)

では、次号もお楽しみに。


SEALs   2022年05月08日(日) 14:51 (Good:2Bad:0) 24話 報告

更新お疲れ様です。
今回は東條英機との会談ですか。
あの方はいろいろ言われますが、私は高く評価しています。
慎重なところはありましたが、昭和天皇の御言葉を遵守、皇室を御守りしたり、更には日米開戦反対を唱えたり、他にも関東軍参謀長時代では樋口季一郎が人道的支援、ユダヤ人たちを救ったオトポールでの出来事でドイツから抗議した際にはひと蹴り、開戦時でもアメリカの日系人に対しても、其の国に努めなさい、というなどそう言う逸話が残っていますから。一部首相が國民の為とはいえ、そこまでするのかな?ともありますが、非難することなど出来ませんし、そもそも今の価値観を押し付けたり、調べもしないでヒステリックに非難することなど、烏滸がましい以外ありませんから。

では、どんな展開になるか今後とも待っていますね。

返信:休日ぐーたら暇人 2022年05月08日(日) 15:35

ありがとうございます。
日系人の一件、制式な確認がね……。


SEALs   2022年05月01日(日) 15:08 (Good:0Bad:0) 23話 報告

更新お疲れ様です。
私は未プレイですが、アズレンのキャラたち好きですし、現に好きなキャラたちもいますので。
話はさて置き、日本は昔から九十九神、陰陽師の式神伝説がある様に、そして船魂も昔から目撃例があります故に、嘘のようで本当な話が、不思議な話が数多く残されています。
こうした物は今では当たり前と言いますが、当時の日本でも、今で言う擬人化した物も残されており、本当に事実は小説よりも奇なり、私はこういう民俗学、超常現象なども肯定派でもありますから。
其れに中里融司先生の作品、戦海の海女神(テティス)でも、船魂話もありますからね。

では、どんな展開になるか今後とも楽しみに待っていますね。

返信:休日ぐーたら暇人 2022年05月01日(日) 15:18

ありがとうございます。
さて、どうなるやら……。


ナイトーテンマ  2022年04月24日(日) 10:35 (Good:0Bad:0) 21話 報告

確かにあの当時の日本ではチハが一番の最適解という事が証明されたわけですね。まあ、改良型が出たとしても遅すぎたという事になるわけですよ。
あと、派生としては回転砲塔を外してそこに旧式駆逐艦の12糎砲を搭載した自走砲や20mm機関銃を4連装装備した対空戦車と言う派生型も出てきそうですね。


車両輸送艦かこれは米軍が使っているLSTになるのかな。まあ、日本でも二号輸送艦という車両輸送艦があるにはあったけれどすでに戦局は遅しでほとんどは島への物資輸送任務に従事して敵機や敵潜水艦のご飯にでしたね。

この時期に一号、二号輸送艦が実用化されたとなればすごいことになりそうですね。で、その船は民生の離島にブルドーザーやらトラクターを陸揚げするのに使えるから民間のフェリーとして売るのもありだとおもいますね。
あと、軍の財源としては下世話な話かもしれないけれど赤線、青線地帯に
性病予防としてコンドームの販売を軍が行うというのもありだと思う。
需要は沢山あるし、性病にやられる危険性を減らせるならということで大いに売れそうだね。ついでに農村での子沢山の危険性も減らせそうですね。

返信:休日ぐーたら暇人 2022年04月24日(日) 10:55

何処のキング・チーハーかな?
まあ、大戦中盤には正面の殴り合いにはキツくなるし、派生型は大半の問題を解決する。(えっ、違う?)

実際、敗戦後に揚陸艦艇が漁船(特に捕鯨船)として運用されたから、可能性は無限大ですな。

どーなんだろうな?
なにせ、まだ当時は機械より人海戦術的な農業だから……子沢山危機を回避するなら、先ずは医療方面からメス居れないと……。
(子沢山の理由の一つが『子供が青年になるまでの生存率』だからな……)


ナイトーテンマ  2022年04月04日(月) 15:05 (Good:0Bad:0) 22話 報告

なるほど、それで次のエピソードに艦これが付く訳ね。
そして、汎用装軌式車輌が陸海軍に配備か。此は何気にブルドーザーになり、トラクターとなり水陸両用車輌のベースとして発展しますね。

国土増強計画に道路整備とトラック、サイパン島、パラオに港湾施設の拡充と乾ドックがあれば良いけど難しいなら浮ドックを多数配備させて後方支援の拠点として開発も必要だな。
機械化工事が進めばハイペースで完成もでしょうね。

そして小沢少将は彼女を認識出来る訳ね。
続き楽しみ

返信:休日ぐーたら暇人 2022年04月04日(月) 17:25

感想ありがとうございます。
水陸両用車輌まではいかないと思いますが、歩兵隊や工兵隊へ配備される予定です。

太平洋の島々の事を考えると、浮きドックが現実的かな。


SEALs   2022年04月03日(日) 15:00 (Good:1Bad:0) 22話 報告

更新お疲れ様です。
更新お待ちしていました。

歴史的事実では確かに米軍は勝ちましたが、実際に無敵でもなかったんですし、楽な戦いなんてしていなかったというのが真実という。
レーダーなんて日本も軽視しておらず、他国はまだ初期段階、今の電探になるまでどれだけ開発などをしたやらですし、ガダルカナル島でのサボ島沖海戦なんて、あれは本当に偶然にも起きた事ですし、何よりも敵味方ですら疑心暗鬼で今着状態でどうしろ?と言う醜態。
(9行省略されています)

返信:休日ぐーたら暇人 2022年04月03日(日) 15:12

まあ、楽な戦いなんて思うのは過程を知らないから……。


SEALs   2021年10月11日(月) 15:29 (Good:0Bad:0) 21話 報告

更新お疲れ様です。
今回は戦車開発話、後々に関わる運用話にも当たりますか。前にも述べたように実際には理に合った戦車なんですよね、チハは。
当時はまだ重戦車を容易に運べるような強襲揚陸艦などがなく、島嶼防衛では軽や中戦車の方が適しており、ティーガー重戦車などは満州限定しか配備出来ないほど不向きという実態でしたから。

況してや国内の治安維持や自国防衛時で、当時はまだ今ほどの耐久性が乏しい道路を壊し兼ねない。だから後々に本土決戦用として温存された三式や四式、五式、幻となった六式戦車も元はと言えば、チハの車体を利用して、主砲を換装したり、装甲板やボルト止めなどを施した派生品、各自走砲や工作車などが出来た。一から開発するより遥かに効率も良く、整備部品の調達や補給もし易いのにね……今でも通じるやり方、人それを兵器の近代化改装・改修という。
どの世界でも当たり前のことですしね。

では、どんな展開になるか今後とも楽しみに待っていますね。

返信:休日ぐーたら暇人 2021年10月11日(月) 16:13

悲しかな、現場に出すまでに時間がかかってしまった……。


yamatogo  2021年10月08日(金) 08:13 (Good:0Bad:0) 2話 報告

>「……大丈夫かね? まかさ、転落で記憶を失ったのか?」
まかさは「まさか」の間違い

返信:休日ぐーたら暇人 2021年10月08日(金) 11:46

はい、そうですね。
ありがとうございます。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み