【美少女】なんか知らんのだが部屋にウマ耳ウマ尻尾の美少女が現れたんやが【降臨】 (カフェイン中毒)
しおりを挟む

ウマ娘ってなんだよ

1:我らは名無し

とりあえず俺の話を聞いてくれ

 

2:我らは名無し

いやです

 

3:我らは名無し

>>2で終わってた

 

4:我らは名無し

糸冬 了

 

5:我らは名無し

聞いてくれたらあとで美少女の写真張るよ?

 

6:我らは名無し

何を聞けばいいんだ?

 

7:我らは名無し

遅いぞナッパ!

 

8:我らは名無し

話だけなら聞いてやる

 

9:我らは名無し

しょうがねーなー

 

10:我らは名無し

スレ民特有の華麗なる掌ドリル

 

11:我らは名無し

様式美だから

 

12:我らは名無し

んで?美少女はよ

 

13:我らは名無し

はよ!

 

14:我らは名無し

はよ!

 

15:我らは名無し

おちけつ。んじゃあ順を追っていくぞ

 

16:我らは名無し

>>15はイッチ?コテハンかなんかつけてくれ紛らわしい

 

17:他称トレーナー

んじゃあこれで。そんで話は2時間ほど前にさかのぼるんだけど

 

18:我らは名無し

他称トレーナーってなんだよ

 

19:我らは名無し

長いから3行でたのむ

 

20:我らは名無し

まだなんも言ってないのになww

 

21:我らは名無し

イッチに手厳しいスレはここですか?

 

22:他称トレーナー

ワイ、自宅に帰る

部屋の鍵が開いていることに不信感を覚える

ドアを開けたらなんと獣耳と尻尾をつけた美少女がおったのだ←イマココ

 

23:我らは名無し

はい解散

 

24:我らは名無し

妄想は小説スレでやれよおっさん

 

25:我らは名無し

時間無駄にした~~

 

26:他称トレーナー

この画像を見てもそんなことが言えるのかね

 http:specialweek.com

 

27:我らは名無し

ファッ!?

 

28:我らは名無し

何だこの美少女!?

 

29:我らは名無し

不思議そうにこっちを見るのが実に可愛らしい

 

30:我らは名無し

というか、頭の上にあるの…ナニ?

 

31:我らは名無し

何ってどっからどう見ても獣耳ですな?( ,,`・ω・´)ンンン?

 

32:我らは名無し

ふむ、茶髪のショートカットで額の部分と三つ編みを側頭部で編み込んでいてそれが白色、頭に突き出た獣耳が実にプリティー、右耳の紫リボンがいいアクセント。そして…現実に存在しえないほどの超美少女!

 

33:我らは名無し

>>32が全部言ってた

 

34:我らは名無し

やべーなちょう可愛いじゃん!どこ住み?てかラインやってる?

 

35:我らは名無し

待て待て待て、おいイッチ、まだいる?

 

36:我らは名無し

どうやってこの画像作ったかおせーてよ

 

37:我らは名無し

もしかしてイッチ女だったりする?

 

38:他称トレーナー

話聞く気になった?

 

39:我らは名無し

聞くから、一から全部

 

40:我らは名無し

スレ民うそつかない

 

41:我らは名無し

出来ればもっと画像が欲しい

 

42:他称トレーナー

まあ3行が全部なんだけどとりあえずくわしくいくね。部屋でこの子と遭遇したところから

 

43:我らは名無し

はよ!

 

44:我らは名無し

ところでこんな美少女作り出すなんてイッチプロかよ

 

45:他称トレーナー

部屋に入った途端、こんな美少女がどこぞの知らない学校の制服で部屋の中に居たわけなんだが、ワイにはとんと覚えがないわけだ。知らない子ですねと

 

46:我らは名無し

ほう、これはもしや…

 

47:我らは名無し

通報案件?

 

48:他称トレーナー

まあそれは待ってほしい。釣りだとでも思って楽しんでくれ。ちなみに加工も何もないぞ

 

49:我らは名無し

なるほど、釣りスレであったか

 

50:我らは名無し

釣りなら何が起こってもしょうがないな!

 

51:我らは名無し

そう言う設定なのね

 

52:我らは名無し

なるほど、それで?

 

53:他称トレーナー

それでな?彼女は俺を見てこういうわけだ「あっ!トレーナーさん!やっと会えました!」と。その時点で俺の脳みそは???となったわけだが

 

54:我らは名無し

コテハンの由来はこれか

 

55:我らは名無し

絶対かわいい声してる!俺には聞こえるんだ!

 

56:我らは名無し

お薬出しておきますね

 

57:他称トレーナー

混乱で頭が上手く回らなかった俺はポカンとしながら彼女に聞いたわけだ。君は誰なんだ?とな

 

58:我らは名無し

当然の反応だけど

 

59:我らは名無し

判断が遅い!

 

60:我らは名無し

URKDKさんは鍋でも作っててもろて

 

61:我らは名無し

んでその気になる美少女の正体は?

 

62:他称トレーナー

それで彼女こういうわけよ「はいっ!スペシャルウィークです!」って…んんんんん?ってなったんだけど

 

63:我らは名無し

スペシャルウィーク?すんごい名前だな。

 

64:我らは名無し

どっかで聞いたことあるような、ないような

 

65:我らは名無し

はっ!?スペシャルウィーク?!マジで!?

 

66:我らは名無し

おっと自信ニキ?ワイらに教えてくださいな

 

67:競馬で全財産を溶かす男

スペシャルウィークってのは競走馬の馬名だよ。生きる伝説なジョッキーに初めてダービーをプレゼントした名馬だ。日本の総大将なんて二つ名があるくらいのすんごい馬なんだぞ

 

68:我らは名無し

はぇー、でもそれがその美少女の名前なのはどうなのさ?

 

69:我らは名無し

競馬バカにしてんのか?

 

70:他称トレーナー

いやな?俺もそう思って色々聞いてみたんだけどこれがどうもそうっぽいのよ。まず彼女、人間じゃなくてウマ娘っていう種族らしいの

 

71:我らは名無し

はぇーウマ娘(鼻ホジ

 

72:我らは名無し

知ってる知ってる、あれでしょ?あれあれ

 

73:我らは名無し

スレ民のこの適当さよ

 

74:競馬で全財産を溶かす男

あー、なるなる。写真の子の頭についてるの確かに馬の耳だわ。尻尾もあるってことは馬尻尾なん?

 

75:他称トレーナー

ケツの写真撮らしてもらったわ

http:specialweek.com

 

76:我らは名無し

はぇーたしかに馬の尻尾ですな。スカートに尻尾穴があるのはゲイコマだけど、一歩間違えば犯罪というか犯罪じゃね?通報していい?

 

77:我らは名無し

この制服見たことないな、小道具もこりすぎだろ俺らを釣るためだけに

 

78:我らは名無し

ウマ娘とか安直すぎるでしょ、もうちょっとひねれよイッチ

 

79:他称トレーナー

まあそれは俺も思ったよ。そんでな?彼女らウマ娘は別世界の魂と名前を受け継いで生まれる神秘的な種族らしいんだよ。まあスペシャルウィークちゃん自体もアホの子なのか自分でもうまく説明できないみたいだから、釣りってことでふんわり納得して?

 

80:我らは名無し

アハイ

 

81:我らは名無し

んじゃあ釣りってことで話の内容を鵜吞みにするとその美少女は競走馬スペシャルウィークの魂を受けついだ女の子って解釈でよろし?

 

82:我らは名無し

雄の馬がこんな美少女になるのか…

 

83:我らは名無し

じゃあ俺らも今タヒんだら来世美少女ワンチャン?

 

84:我らは名無し

>>83 ないです

 

85:我らは名無し

ドヒドイデ…

 

86:競馬で全財産を溶かす男

イッチイッチ、仮に全部それが丸っと本当だったとして、なんでその子はここにいるんだい?

 

87:他称トレーナー

俺に会いたかったんだと。正確には前世の俺に

 

88:我らは名無し

は?

 

89:我らは名無し

ここにきての新設定は読者を置き去りにするからやめろとあれほど

 

90:他称トレーナー

スペちゃんのウマ耳触り心地ええな。頭撫でたら大変可愛らしくはにかんでくれた

 

91:我らは名無し

何しとんねんおまえは

 

92:我らは名無し

許さんぞ

 

93:我らは名無し

説明を放棄しやがってそこかわれください

 

94:我らは名無し

さらりと愛称呼び、俺じゃなきゃ見逃してたね

 

95:他称トレーナー

俺は前世で彼女らウマ娘をレースで勝たせるために鍛えるトレーナーなるものだったらしい。スペちゃん(そう呼べって言われた)曰く、たくさん担当がいてスペちゃんが初めての担当だったらしい

 

96:我らは名無し

レース!?この子が走んの?

 

97:我らは名無し

人のレース見て何が楽しいねん

 

98:他称トレーナー

>>97 一応時速60㎞くらいで走れるって言ってた。それはともかく、スペちゃんが所属する学園にある3女神様っていうのにもっと俺と一緒に居たいって願ったら、俺のところにこれたんだって

 

99:我らは名無し

車並みの速度で走れるとかうさんくせー

 

100:我らは名無し

信じて欲しいならもっと証拠よこせイッチ!

 

101:他称トレーナー

しょうがねえなあ。スペちゃんに協力してもらうわ。ちとマテ

 

102:我らは名無し

へいへーい

 

103:我らは名無し

ウマ娘ってなんだよマジで

 

104:我らは名無し

俺の前世がイッチと同じだったら俺の部屋にも美少女が来てたのか?

 

105:我らは名無し

はー浦山

 

106:我らは名無し

これ釣りスレって忘れてないかお前ら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「えーっと…スぺシャルウィークちゃん、ちょっと協力してくれない?」

 

 「スぺって呼んでください!トレーナーさんに信じてもらうためならなんだって協力しますよ!ここは一回走るのがいいですか!?」

 

 「落ち着いて落ち着いて。もう目の前の君が十分証拠だから」

 

 トレーナーさん、と呼ばれた彼は目の前で目をキラキラと輝かせた女の子にタジタジとなりながらそう答える。男は混乱の極致にあった。コンビニで食料を買いだしに行ってみれば、一人暮らしには贅沢ともいえるファミリータイプのマンションの自室内に馬の耳と尻尾を生やした美少女が所在なさげに立ち尽くしていたのだから。

 

 自分を見た瞬間にトレーナーさん!と顔を太陽のようにきらめかせた満面の笑みでこちらに呼びかける彼女、泥棒か?と思ったがどうも何かが違う気がして、詳しく話を聞いてみたのが運の尽き、前世がどうだのああだのと訳の分からない話をされた上でウマ娘なる種族なんですときたもんだ。

 

 確かにその頭にある耳とおしりについた尻尾は馬っぽいんだけど…作り物なんて目じゃなく自然なもので、動くし触れるし繋がってるし、こんな特大の証拠を突き付けられたらとりあえず信じるしかない男であった。

 

 だけど、不思議と否定する気にはなれなかった。彼女の顔を見た瞬間になぜか彼女の事をとても大切で代えがたい何かだと自然に思ってしまっていたのだ、もしや自分だけがおかしくて彼女が正常なのかと血迷った挙句掲示板に助けを求めるという頭のおかしいことをしたが無事自分が正常なのを知れたのでよしとした彼は、カメラを回すよと彼女に了解をとって話し始める。

 

 「じゃあ、とりあえず自己紹介してもらえる?」

 

 「はい?分かりました!日本ウマ娘トレーニングセンター学園中等部のスぺシャルウィークです!日本一のウマ娘を目指しています!」

 

 ウマ耳をぱたぱた、尻尾をフリフリしながら元気いっぱいにそう言ってくれる彼女を見て何となく懐かしいような、そんな気分になってしまう。これでいいですか!?と勢いよくこっちに詰め寄る彼女の勢いに苦笑いしてしまう男は大丈夫だよ、と思わず頭を撫でてしまう。

 

 しまった、と男は顔を青くする。思わず手が出てしまった、まるでそうするのが必然のように、当然であったかのように手が彼女の頭をそのウマ耳ごとよしよし、と撫ですかしてしまっていた。思わずごめんと謝ってパッと手を離すが目の前の彼女は眉をハの字にして至極残念そうだ。耳もペタンと倒れてしまっている

 

 手を上げると彼女の顔が大輪の花かのごとく輝く笑顔になる。今度は手を下げると一瞬でシュンとなる。手を上げる、下げるをするたびに万華鏡のようにコロコロと表情が変わるスぺシャルウィークに面白くなってそれを繰り返した。何度か繰り返して可哀想だとようやく気付いた男はもう一度改めて彼女の頭を撫でる。幸せそうだな、と他人事のように考える男。これウマ娘じゃなくてイヌ娘って言われた方がしっくりきそうなんて考えながら、スマートフォンをパソコンにつないで、掲示板に撮りたてほやほやの動画をアップロードするのだった。

 

 彼女は何なんだろうか?という一番大事な疑問を棚に上げたまま…

 

 

 

 

 

 

 

200:他称トレーナー

で、どうよ?

 

201:我らは名無し

すげー作り物だぁ(震え声

 

202:我らは名無し

イッチやっぱプロ?

 

203:我らは名無し

みんな、ここは釣りスレだ!ノッテやろうぜ!

 

204:我らは名無し

しっかし、かわいい子だな。そして聞き逃さなかったぞ?中等部だって?

 

205:我らは名無し

中学生ですか。いかんですよな?

 

206:我らは名無し

いかんでしょ?

 

207:競馬で全財産を溶かす男

日本トレーニングセンター学園…トレセンかぁ、その子の世界の話めっちゃ気になるね。

 

208:我らは名無し

毒を食らわば皿までよ。盛大につられてやろうじゃないか!

 

209:他称トレーナー

お腹が減ったらしいので何かをあげようと思うのだが何がいい?

 

210:我らは名無し

それは、なんだろうな?

 

211:我らは名無し

人と同じでええんか?

 

212:我らは名無し

ウマ娘っていうくらいだしニンジンでどうよ

 

213:競馬で全財産を溶かす男

別に馬はニンジンだから好きってわけじゃないぞ。甘いもので一番管理がしやすいからニンジンなんや。甘いもんやりすぎると糖尿病になるでな。

 

214:我らは名無し

はぇーそうなんや

 

215:我らは名無し

馬も生活習慣病に悩まされるんやね

 

216:他称トレーナー

ニンジン大好きっぽいぞ。生で今ポリポリかじってる。めっちゃ幸せそう

 

217:我らは名無し

_(┐「ε:)_

 

218:我らは名無し

動画はないんですか!?

 

219:他称トレーナー

ないです。というかめっちゃ食べるんだけど。親が送ってきた段ボールいっぱいのニンジンがみるみる減っていく。美味しそうに食べてくれて気持ちいいくらい

 

220:我らは名無し

いっぱい食べる君がなんとやら

 

221:我らは名無し

微笑ましいですなぁ

 

222:我らは名無し

んでさ…いい加減はっきりしないといけないんだけど…なんでその美少女イッチの所に来たんや

 

223:我らは名無し

俺じゃダメだったんですか!?

 

224:我らは名無し

ぜんせがどーとかこうとか、よくわかんないです

 

225:我らは名無し

んにゃぴ…

 

226:他称トレーナー

わかんないけど、目的自体は俺に会いに来たで確定。なんで何も覚えてない俺に会いに来たのかは知らないけど

 

227:我らは名無し

タヒね!

 

228:我らは名無し

こんな美少女に求められて何疑問符浮かべてんだ!

 

229:他称トレーナー

どうしろってんだよ

 

230:我らは名無し

つまり…!

 

231:我らは名無し

やることは決まっている!

 

232:我らは名無し

抱けーーーーっ!

 

233:他称トレーナー

無茶言うな

 

234:我らは名無し

こういえばむふふな画像が投下されるかなって

 

235:我らは名無し

スレ民は相変わらず汚いのだ

 

236:他称トレーナー

えぇ…何してんのこの子…

 

237:競馬で全財産を溶かす男

どうした?

 

238:我らは名無し

なんかすっごいどうでもいい感じがする

 

239:他称トレーナー

ニンジンの食い過ぎで腹が妊婦レベルになってる。初めて見たこんなの

 

240:我らは名無し

えぇ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっと会えた、なんて嘘だとスぺシャルウィークは思考する。トレセン学園に入学し、3年間を共に駆け抜けた大好きなトレーナーさん。その幸せは唐突に終わりを告げた。3年間トゥインクルシリーズを駆け抜け、一区切りついた時、唐突に時間が戻った。3年前のあの日に。覚えているのは自分だけで。

 

 そして、トレーナーはスぺシャルウィークじゃなくて別のウマ娘を担当していた。なんで、どうして?と痛む胸を押さえながらまた、3年間を過ごした。また、時間が巻き戻った。そして、それを何度も何度も何度も何度も繰り返した。もう何回繰り返したかを忘れてしまうほどに。そうして、気づいた。他のループで、彼に担当してもらったウマ娘たちも記憶を宿していることに。

 

 彼は私のものだ、なんて恋人でもない関係で言えないし、きっとこの気持ちは恋慕じゃなくて父や兄に向けるようなものなのかもしれないとスぺシャルウィークは記憶を持っている仲良しの友達とそう話し合ったものである。

 

 そして、また幾度かのループの終わり際に、想定外の事が起こった。トレーナーが車に跳ねられ、亡くなってしまったのだ。そして、ループは終わった。皮肉なことにループの原因はトレーナーで、彼がいなくなったことにより3年間という制約が消えて時間は正常に動き出した。

 

 藁にも縋る気持ちだった。記憶を持っている子たち全員、そして彼が最後に担当した子たちはまるで暗闇に投げ出されたかのような気持ちになってしまった。繰り返す3年間よりも、トレーナーのいない未来の方がつらかったのだ。

 

 ウマ娘の神と言われる3女神、トレセン学園に設置してある銅像に、正気を失ったスぺシャルウィークは戯れに願ってしまった。どうか、もう一度トレーナーさんに会えますように、と。絶対にかなわない願いを3女神は何を思ったのか予想外の方向で叶えた。

 

 だけど、彼が覚えていないのはループの中では当たり前で、顔も、しぐさも、声も…全部全部、私の大好きなトレーナーさんだった。泣き出しそうな顔を押さえて、笑顔で挨拶できたのは奇跡かもしれない。きっと、他の子たちもやってくる。私がいなくなったのはきっと知られているはず、とスぺシャルウィークは考える。

 

 なら…一番最初に来た特権として、少しだけ彼を独り占めしたって罰は当たらないだろう。ちょっとだけ、ちょっとだけ。貴方の声と、貴方のその暖かい手を私一人に向けてもらってもいいですか?ループの始めにしてもらった時のように、私の頭を、撫でて欲しいんです、とスぺシャルウィークはパソコンで何やらやってる彼を見つめながら、そう思ったのだった。




 どういう話なのか一応説明

 主人公
 前世でウマ娘のアプリをやっていたただのヒト耳族。前世の記憶は一切なし、唐突に部屋に獣耳美少女が現れても冷静に対応できる鋼メンタルの持ち主。前世では車に吹っ飛ばされて死亡
 

 スぺちゃん
 主人公の前世のアプリ内にいたスペシャルウィーク、ループはただの周回。唯一違うのは最後に主人公が死んでしまったためループから解放されたこと。そして同じアプリ内世界にいたウマ娘たちと一緒に目が死んだ。愛は重くないはず。まだ良馬場。
 
 3女神
 スぺちゃんからクソデカ感情を叩きつけられて思わず願いをかなえてしまった女神様。この後たくさんのクソデカ感情で殴り飛ばされることをまだ知らない


 あ、続かないです。一発ネタです


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

全力疾走のちライブってまじ?

256:他称トレーナー

で、信じてもらったところで本題なんだけど

 

257:我らは名無し

まあここまでやってもろたんやで聞いたるわ

 

258:我らは名無し

可愛い美少女を見せてくれた礼くらいはしようかね

 

259:他称トレーナー

助かる。本題はな、今現在スぺちゃんが帰るという意思を一切見せてないことなんや。居座ってもらう分には構わんのやけど、その内ワイ逮捕されるんちゃうか

 

260:我らは名無し

それはもう諦めたら?

 

261:我らは名無し

前世超えた愛だろ。受け止めてやれよ

 

262:我らは名無し

いいじゃん匿ってやれよ

 

263:我らは名無し

というかイッチは今どこに住んでるんや

 

264:他称トレーナー

じい様が残したマンション(入居者俺だけ) 最寄り駅まで1時間弱

 

265:我らは名無し

秘境か何か?

 

266:我らは名無し

仕事は何をしてるんだ?

 

267:我らは名無し

実は割と田舎?

 

268:他称トレーナー

仮想通貨で7発くらい当てたので人生10周豪遊しても大丈夫なくらい金はある。だから現在引きこもりニートマン、周辺ド田舎よ。このマンションもじい様が畑やってた時の住み込みの人のための寮だったし。管理人室で悠々自適ですわ。やることといえばじいさまが残した山の手入れくらいか。

 

269:我らは名無し

ははぁん?さては貴様勝ち組だな?

 

270:我らは名無し

カーッ!ペッ!

 

271:我らは名無し

助けなくてももうお前自力で何とかなるだろ

 

272:他称トレーナー

まあ実際それはそう、部屋ならあるし居てもらう分にはいいんだけどさ。なんでそこまでして俺に固執するのかなって

 

273:我らは名無し

あー、それは

 

274:我らは名無し

聞いて見なければ分からないなー

 

275:競馬で全財産を溶かす男

それはそうとイッチ、ウマ娘についてもっと詳しく。できれば証拠と共に

 

276:我らは名無し

ナイス全財産ニキ!イッチもっと美少女をおくれ!

 

277:我らは名無し

びーしょうじょ!あそれ!びーしょうじょ!あそれ!

 

278:我らは名無し

もっとかわいいをよこせ!

 

279:他称トレーナー

お前ら他人事だと思いやがって…!

 

280:我らは名無し

まあ実際他人事

 

281:我らは名無し

釣りスレなんだろ?はっちゃけさせろ

 

282:我らは名無し

んだんだ

 

283:我らは名無し

もっとかわいいをよこせ!さもなくば…!

 

284:我らは名無し

さもなくば?

 

285:我らは名無し

何も思いつかなかった…

 

286:我らは名無し

えぇ…

 

287:競馬で全財産を溶かす男

しかし、スペシャルウィークかぁ…あの女の子が日本の総大将かあ…人懐っこい感じではありそうだけど

 

288:我らは名無し

というと?

 

289:我らは名無し

よーできた設定だな。これでなんか作品作ればいいのに

 

290:我らは名無し

競走馬擬人化ですか。艦これ的な?

 

291:我らは名無し

割とありじゃね?

 

292:競馬で全財産を溶かす男

スペシャルウィークは母馬が病死しちゃって人間に育てられたんだ。だから、非常に人懐っこいことで有名だった。サンデーサイレンスっていうメタクソに凶暴な馬の息子のくせしてな。だから、あの女の子も人懐っこそうな顔してるなって思ったんだよ

 

293:我らは名無し

はぇー、馬もそういうことあるんですね

 

294:我らは名無し

親が狂暴だから子も狂暴は安直なのでは

 

295:競馬で全財産を溶かす男

そうでもない。競馬ってのはブラッドスポーツって言われるくらい血統を最重要視するんだ。親の得意距離や脚質を継がせるために意図的に交配させたりな、だから性格も遺伝するって言われてるんだよ

 

296:我らは名無し

ほへー、そうなんや

 

297:他称トレーナー

お待たせ。とりあえずウマ娘についてスぺちゃんからヒアリングしたことを報告するべ。あと滅茶苦茶可愛いものが撮れたから期待するように

 

298:我らは名無し

待ってたぞイッチぃ!

 

299:我らは名無し

この気持ち!正しく愛だ!

 

300:我らは名無し

もったいぶるなよ早くしてくれ!

 

301:我らは名無し

もう我慢できないよ!

 

302:他称トレーナー

うむ。まずウマ娘というのは娘という通り女しかいない種族らしい。ウマ娘からウマ娘が産まれることもあれば人からウマ娘が産まれることもある、かなり神秘的な種族とのこと。そして、例外なくみんな見目麗しい、美少女美女しかいない最高の種族だそうだ

 

303:我らは名無し

素晴らしい

 

304:我らは名無し

俺もそっちの世界いきたい

 

305:我らは名無し

はぇー人からも生まれるんですね

 

306:我らは名無し

なんてすばらしい種族なんだ

 

307:他称トレーナー

そして身体能力がヤバすぎる。時速60㎞以上で走れて、それを3000m維持するスタミナ、規格外のパワー、人間が勝てる要素が見当たらない。うっそだー、と思ったらこんなことされてビビったんゴ

 http:specialweekpower.com

 

308:我らは名無し

えっ何これは

 

309:我らは名無し

スぺちゃんが持ってるの、何?

 

310:我らは名無し

トラクターのロータリーが持ち上がってる…?

 

311:我らは名無し

コラだよな?コラだと言ってくれ

 

312:我らは名無し

抱えてる感じだけどこれてこの原理で実際の重さよりパワーがいるハズなんだけどなんでこんな笑顔で…

 

313:我らは名無し

重量はいかほどで…?

 

314:我らは名無し

多分500㎏くらい。うっそだろお前…

 

315:競馬で全財産を溶かす男

馬力とは言うが流石にこんな事されたらなあ。というかイッチこのスぺちゃんと一緒にいて怖くないのか?

 

316:他称トレーナー

やってもらってなんだけど引いたら滅茶苦茶悲しそうな顔するもんでそういうの全部吹っ飛んだ。可愛いはすべてに勝るのです。趣味の畑の畝作りとかで役立ちそう。まあそんなことはどうでもいいとして

どうやらウマ娘のいる世界には馬がいないらしい。画像みせたら何ですかこの動物?って言ってたからロバとかの馬系もいないのかも。んじゃあ競馬はどうなってるのさ?という話なんだがそこはやはり彼女らウマ娘が走っているらしい。彼女もどうやらそのようで、3冠ウマ娘なんですよ!と誇らしげだった。

 

317:我らは名無し

馬の代わりにウマ娘がいる世界ってことか

 

318:我らは名無し

女の子を賭けの対象にしてるのか…

 

319:競馬で全財産を溶かす男

まtって!?今3冠つった!?ありえねーぞ!?

 

320:我らは名無し

どうした急に

 

321:我らは名無し

落ち着け

 

322:我らは名無し

そんでkwsk

 

323:競馬で全財産を溶かす男

こっちのスペシャルウィークは3冠なんてとってないんだ!一応念のため、スぺちゃんにレースの名前聞いてくれ!

 

324:我らは名無し

ほほう、何かが違うと

 

325:他称トレーナー

皐月賞、日本ダービー、菊花賞だそうな

 

326:我らは名無し

はいクラシック3冠確定

 

327:我らは名無し

うーむ、にわかには信じられん

 

328:我らは名無し

何言ってんだ釣りスレだぞここ

 

329:我らは名無し

そうだった

 

330:競馬で全財産を溶かす男

何その反則スペシャルウィーク…他の黄金世代はどうなったんだ…?

 

331:他称トレーナー

あと、レースでは賭け禁止になってるらしい。そして重要なのがレース後に行われるウイニングライブというものだそうだ

 

332:我らは名無し

賭け禁止?

 

333:我らは名無し

どうやって収益得てるんだよ

 

334:我らは名無し

ウイニングライブ?何そのとってつけたようなものは

 

335:他称トレーナー

何でもレースで一着になったウマ娘をセンターとして歌って踊り、観客と喜びを共にするのだとか

 

336:我らは名無し

wwwwwwwwww

 

337:我らは名無し

レース後にwwww歌って踊るwwwww

 

338:我らは名無し

何その地獄

 

339:我らは名無し

60㎞で走った後それって滅茶苦茶きついのではなかろうか

 

340:競馬で全財産を溶かす男

もしかしたらウィニングランみたいなものか?歌って踊るのは訳が分からないが

 

341:他称トレーナー

ちなみにさっき一曲やってもらったよ?スぺちゃんの携帯の中に入ってた曲をCDに焼いてラジカセで流して歌って踊ってもらった

 

342:我らは名無し

ガタッ!

 

343:我らは名無し

なぜそれを早く言わないんだ!

 

344:我らは名無し

まさかそれがその可愛いやつですか!?

 

345:我らは名無し

神様仏様イッチ様!ぜひうpして!お願い!

 

346:我らは名無し

美少女!ダンス!歌!ヒャッハー!

 

347:他称トレーナー

えーどうしよっかな~

 

348:我らは名無し

ごめんなさいもう疑いません

 

349:我らは名無し

許してください

 

350:我らは名無し

哀れな豚にお恵みを!

 

351:我らは名無し

オナシャス!センセンシャル!

 

352:他称トレーナー

しょうがないにゃあ

 

 

 

 

 「トレーナーさんのおうちって広いんですね~」

 

 「まあ、これ全部じい様が残した土地だから、二束三文だよ。お金の方は全部弟と妹に渡したから」

 

 真昼間ではあるが、全く誰も通らないだだっ広い土地。大地主だった男の祖父が残した山に畑に何にもない土地にぽつんと立つ寮というかマンションというかとにかく自宅から出てきた男とスペシャルウィーク。きょろきょろと、懐かしそうでいてそれでいて新鮮なものを見る目をしているスペシャルウィーク。しっぽがゆらゆらふりふりと大きく動いていて、なんだかとても可愛らしいと男は自分にはついてないそれをじっと見つめる。

 

 「うわ~~広いなあ!北海道を思い出します!走ってみてもいいですか!?」

 

 「いいけど、その恰好で大丈夫なの?それに危ないかもよ?」

 

 「大丈夫です!ちょっと流すだけですから!それじゃ、いきますね!」

 

 男はハンディカメラを録画モードにしてスペシャルウィークを映す。言うが早いがスペシャルウィークは人間ではとても出せないスピードで猛然と走りだした。農道のため除草はすんでおり男が乗るトラクターが土を踏み固めてあるからかそれなりに安定感のあるフォームに見える。あっという間に遠くまで行ったスペシャルウィークが爆速で戻ってくる。これで流すだけか、と男はまた一つ人間と違うウマ娘の事を知れたとカメラを確認してそう思ったのだった。

 

 「ん~~!気持ちいい~~!あの、他の人のおうちとかはないんですか?」

 

 「ここ、ほとんどじい様の土地だからね。後ろの山含めて全部、俺の土地。基本的に誰も通らないし、誰もいない。君がいてもまあ、大丈夫だけど。耳と尻尾がある人間はどうなるか分からないから、色々考えないとね」

 

 「すっごいです!トレーナーさんお金持ちなんですね!」

 

 「お金があるからこんな田舎に引きこもってるのさ。その内引退馬でも飼おうかなって思ってたけど」

 

 「馬…っていうと私たちの代わりにいるっていう…私じゃ、だめですか?」

 

 競馬には特段興味はないが余生の楽しみとして動物が好きだった男は大型動物を飼いたいという願望をするっと話してしまう。こんな話をするほど親密な間柄ではないはずだがなぜだか彼女にはするすると普段は人に話さないような内容まで言葉にしてしまう。不思議と、そんなことが不快ではないのだった。

 

 私じゃダメですかというとんでもないことを口走る少女に困った男は、何も言わずポンポンと彼女の頭を撫でて誤魔化した。まだ会って5時間も経ってないけどこうすれば彼女が一番喜ぶのがよく分かったのだ。まるで男に触れられることがとてももう取り戻せない大切なことだったかのように、彼女は男とスキンシップを求めた。父や兄に向けるような目を見て男は小さなころの妹を思い出し懐かしい気持ちになったのだった。

 

 「あっ!あっちゃー、しまった耕運機トラクターから外したままだった」

 

 「これですか?」

 

 「えっ?」

 

 目的地の大きな倉庫の中、メンテナンスのためにトラクターから外した耕運機が入り口近くを占領していた。奥のトラクターに連結させてどかすかと考えていた男をよそに、彼女はひょいっと500㎏はある鉄塊を持ち上げたのだ。ちょっと重いですね、というがちょっとどころではない。これがウマ娘なのかとハンディカメラでパシャリと一枚。思わず出た驚きの声に彼女が眉を下げて悲しそうになってしまったので慌てて謝る男。

 

 「いやいや、凄いと思ってね。それ人力じゃ持ち上がらないと思うんだけど」

 

 「はい!私はウマ娘ですから!車だって持ち上げられますよ!」

 

 「そっちの世界の人間よく生き残ってるな」

 

 率直にそんな感想が出る男、身体性能が違いすぎる。人間が分からせられる未来しか見えない、と男は向こうの人間がどうなってるか心配になってしまった。それはともかくとして、男は機械類をがさがさ漁ってCDラジカセを取り出した。多少古いが動くだろう。CDを入れて延長コードにつなぐ。

 

 「しかし、ウイニングライブかぁ。競馬なんてとんと見ないから分からないけど走った後に歌って踊るなんてすごいんだね」

 

 「私も最初は驚きましたけど、レースとライブは切って離せないものですから!それに、トレーナーさんに見て欲しいんです!覚えてなくても、貴方のウマ娘ですから!」

 

 軽々と耕運機を片隅に移動させた彼女は腕をむん!とあげて張り切っている。けっぱるべー!と言っているところを見ると北海道の出身なのだろうか?きちんと動いてくれたラジカセとカメラをスタンドに設置した男は尋ねる。

 

 「えーっと、この曲でいいんだっけ?」

 

 「はい!メイクデビュー!っていう曲です!じゃあ見ててくださいね!トレーナーさん!」

 

 

 

 

 

 

 

472:我らは名無し

まじか

 

473:我らは名無し

ぱねえ

 

474:我らは名無し

すまん、いつデビュー予定ですかね?

 

475:我らは名無し

これはアイドルですわ

 

476:他称トレーナー

いやー間近で見れて大変よろしゅうございました。滅茶苦茶可愛いね、歌も上手だし

 

477:我らは名無し

うぐぎぎぎうらやましいい

 

478:我らは名無し

本当に可愛いな…動画で改めて思ったけどこれ合成ってレベルじゃないでしょ

 

479:我らは名無し

流石に自然すぎるんだよなあ

 

480:我らは名無し

おーいここは釣りスレだからあんまり考えると落差がひどいぞ

 

481:我らは名無し

そうだなこれは釣りこれは釣り

 

482:我らは名無し

最早一種の呪文で草

 

483:我らは名無し

かわいいなーかわいいなーイッチそこ変われ

 

484:他称トレーナー

嫌です

 

485:我らは名無し

即レスで草

 

486:我らは名無し

しかしまあ、聞いたことない曲だな

 

487:我らは名無し

メイクデビュー、っつったっけ?検索しても競馬のことしか出てこないし

 

488:我らは名無し

これ流出したらヤバくね?

 

489:他称トレーナー

消しとくわ

 

490:我らは名無し

あっ馬鹿!

 

491:我らは名無し

ああああきえたああああ!

 

492:我らは名無し

おのれおのれおのれ!

 

493:他称トレーナー

とりあえずスレ民限定で見せる手段を探すわ。とりあえず証拠として出せたんだからええだろ

 

494:我らは名無し

チクショウメー!

 

495:我らは名無し

ところでスぺちゃん今何やってる?

 

496:他称トレーナー

農道を爆走してる。速い速い、芝だったらもっとスピードが出せるんですけど…って言ってる。うそでしょ…

 

497:競馬で全財産を溶かす男

馬場の概念があるのか。ほんとに馬とウマ娘が入れ替わっただけなのかな?

 

498:我らは名無し

もはやスぺちゃん呼びを使い始めるスレ民

 

499:我らは名無し

着替え、どうすんの?

 

500:我らは名無し

アッ!

 

501:我らは名無し

下着とか?

 

502:我らは名無し

まずいですよ!

 

503:他称トレーナー

…とりあえず俺のジャージに穴をあけよう。下着に関してはその…ネットに頼るしか…!

 

504:我らは名無し

尻尾対応した下着なんてないでしょうよ

 

505:服飾屋

協力できるかも

 

506:我らは名無し

おっと?

 

507:服飾屋

イッチ、どこ住み?釣りだとして全部信じる前提で行くぞ。騙されても構わん

 

508:他称トレーナー

▲▲県の■■山あたり

 

509:服飾屋

おっけー、それなら手伝える。詳しくは後でフリーメールでやり取りしよう

 

510:我らは名無し

これはイケメン

 

511:他称トレーナー

スぺちゃんに聞いたら合宿に行く前だったみたいで運動着やら何やら詰まったバッグがあったけど…できれば協力してくれるとありがたい。彼女が帰るって決める時までは協力したいと思うから

 

512:我らは名無し

よういうた!それでこそ男や

 

513:我らは名無し

ワイらも手伝わせてもらおう

 

514:我らは名無し

何時出発する?私も同行しよう

 

515:競馬で全財産を溶かす男

とりあえず俺も自分のできることは協力させてもらうわいや

 

516:他称トレーナー

ありがたやありがたや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

720:他称トレーナー

速報、部屋に帰ったらもう一人ウマ娘が増えてた

 

721:我らは名無し

うぷ!うぷ!

 

722:我らは名無し

流石はイッチ、持ってますねえ

 

723:我らは名無し

はよはよ!

 

724:我らは名無し

今度は誰なんだ

 

725:他称トレーナー

ごめん、俺を見た瞬間ボロボロ泣き出してそっと抱き着いてきた。暫く慰めるために留守にする

 

726:我らは名無し

はよいってやれ

 

727:我らは名無し

女の子泣かすとかこいつ最低だな

 

728:競馬で全財産を溶かす男

イッチ、名前はわかるか?最後にそれだけ教えてくれ

 

729:他称トレーナー

スぺちゃんが、デジタルさんって言ってた

 

 




 皆さんの熱い声援にお応えして初投稿です。ですがあまり続けられるようなネタではないと思うのでいつ途切れるかは不明。

 最後に出てきたのはいったいダレなんだ~~?

 感想のほどよろしくお願いいたします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

担当滅茶苦茶いたってマジかよ

1:競馬で全財産を溶かす男

このスレは他称トレーナーことイッチが送る釣りスレである。現在のっぴきならない事態なようなので代わりにスレ立て

 

2:名無しで何が悪い

よくやった

 

3:名無しで何が悪い

まさか二人目が来るなんてな

 

4:名無しで何が悪い

デジタルさん、か

 

5:名無しで何が悪い

しかしまあ、イッチ見た瞬間泣きついてくるとか

 

6:名無しで何が悪い

イッチ羨ましい

 

7:名無しで何が悪い

ウマ娘ってことは美少女なんざんしょ?

 

8:名無しで何が悪い

美少女しかいない種族らしいしな

 

9:名無しで何が悪い

はー羨ましい

 

10:名無しで何が悪い

イッチを殴るスレを立てたい

 

11:名無しで何が悪い

おまえが殴られるだけで終わるからやめとけ

 

12:服飾屋

大丈夫かなーイッチ。泣いてる女の子相手にするのはともかく、その泣いてる子に手加減する理性が余ってればいいんだけど

 

13:名無しで何が悪い

ああ、そっか根本のパワーが違うんだった

 

14:名無しで何が悪い

もしかしてイッチ鯖折りされてるフラグ?

 

15:名無しで何が悪い

勝った!第三部完!

 

16:名無しで何が悪い

内臓クラッシュイッチとは業が深い

 

17:名無しで何が悪い

イッチ死んでたらあの可愛い動画も画像も見れないんだけどな

 

18:名無しで何が悪い

死ぬなあああイッチぃぃぃ!

 

19:名無しで何が悪い

お前が死んだら俺らはどうすればいいんだ!

 

20:名無しで何が悪い

がんばれがんばれ出来る出来る絶対できる!なんでそこでやめるんだそこで!

 

21:名無しで何が悪い

流石に草

 

22:名無しで何が悪い

掌くるっくるじゃん

 

23:名無しで何が悪い

だってだってもっと美少女みたいんだもん!

 

24:名無しで何が悪い

もっとお歌うたって踊ってるのが見たいんだもん!

 

25:服飾屋

あわよくばワイがデザインした服を着ていただきたい

 

26:名無しで何が悪い

それが狙いか貴様

 

27:名無しで何が悪い

だが許そう。ワイもみたい

 

28:他称トレーナー

ちょっと見ない間に好き放題されてる…

 

29:名無しで何が悪い

イッチィ!

 

30:名無しで何が悪い

大丈夫か!?

 

31:名無しで何が悪い

胴体が分断されたりしてないか!?

 

32:名無しで何が悪い

内蔵は無事か!?

 

33:名無しで何が悪い

つーかいきてる!?

 

34:名無しで何が悪い

死んでる前提は草

 

35:他称トレーナー

悲報 前世ワイぐう畜だった

 

36:名無しで何が悪い

腹を斬れ

 

37:名無しで何が悪い

今世で罪を償わせようとするのは草

 

38:名無しで何が悪い

とりあえずどういうことかね

 

39:他称トレーナー

順を追っていくぞ。何でもスぺちゃんたちがいる世界は時間がループする現象が起こっていたらしい。それの原因がおそらく俺だったという話だ

 

40:名無しで何が悪い

はあ?

 

41:名無しで何が悪い

いきなりオカルトな話されても

 

42:名無しで何が悪い

聞くだけ聞いてやろう

 

43:名無しで何が悪い

前スレで否定はしないって決まったしな

 

44:他称トレーナー

続き レースに挑戦するための3年間を過ごした後、時間が巻き戻っていったのだそうだ。そして、前世の俺に担当されていたウマ娘だけがそのループが起こってる事実と全ての記憶を持っていたのだそう

 

45:名無しで何が悪い

ほうほう

 

46:名無しで何が悪い

ふむ、つまりスぺちゃんはそのループを何らかの方法で脱してお前に会いに来たと

 

47:名無しで何が悪い

復讐では?

 

48:他称トレーナー

いや、もうループは起こってないらしい。だからスぺちゃんはここにいるんだ

 

49:名無しで何が悪い

はあ?前世のお前がループの原因だとしたら無限構造になるハズ…

 

50:名無しで何が悪い

おいまさか

 

51:名無しで何が悪い

お前が死んだからループが解除されたのか?

 

52:他称トレーナー

大正解

 

53:名無しで何が悪い

救いがなさすぎる

 

54:名無しで何が悪い

まて、原因がお前だとしたらお前に会いに来る理由がないだろ。牢獄に閉じ込めた本人だぞ

 

55:名無しで何が悪い

この畜生野郎!スぺちゃんに土下座した後腹を斬れ!

 

56:他称トレーナー

これが俺が前世の俺をぐう畜だと評する理由なんだが、普通にいいトレーナーだったらしいんだ。前世の俺は。担当のウマ娘と3年を共に歩んで絆を深め、レースに勝たせてそのウマ娘のためにすべてをささげるトレーナーだったって

 

57:名無しで何が悪い

そう聞くとぐう畜ではなさそうだが

 

58:名無しで何が悪い

ほんそれ

 

59:名無しで何が悪い

ちゃんとした指導者やんけ

 

60:他称トレーナー

そして、無自覚にループをした後全てを忘れる。全てを覚えている担当を置き去りにして、新しい担当を選んで

 

61:名無しで何が悪い

はあ?

 

62:名無しで何が悪い

これはクソ野郎ですわ

 

63:名無しで何が悪い

マジでぐう畜じゃん

 

64:名無しで何が悪い

お前生きてる価値ある?

 

65:他称トレーナー

それに関しては全く返す言葉がない。前世の俺は最低野郎だ。そして、最後のループで俺は死んだ。車に轢かれそうになった担当を庇って

 

66:名無しで何が悪い

うっわーまた心に来る死に方を

 

67:名無しで何が悪い

なるほど、スぺちゃんたちはお前が心に焼き付きすぎてしまったんだな?お前の幻影を求めて何らかの手段でこっちに来たと

 

68:名無しで何が悪い

イッチさぁ…カッコいい死に方だったかもしれんが残された方が一番つらいやつだぜそれ…

 

69:他称トレーナー

ああ、だから俺は決めた。スペシャルウィークを、これからこっちに来てしまうウマ娘たちをきちんとケアして立ち直らせて、向こうの親元に返してあげると!だから協力してくれ、おまいら!

 

70:名無しで何が悪い

前世の自分の責任を取る男の鏡

 

71:名無しで何が悪い

よういうた!手伝わせてもらうぜ!

 

72:服飾屋

とりあえず協力はさせてもらうよ。手伝えることがあれば言ってくれ

 

73:競馬で全財産を溶かす男

金方面は無理だが必要なら力を貸すべ

 

74:名無しで何が悪い

スレ民が団結すればできないことはない!

 

75:名無しで何が悪い

まかせておけ!

 

76:他称トレーナー

ありがてえ、ありがてえ…それで相談なんだが

 

77:名無しで何が悪い

うむ

 

78:名無しで何が悪い

どんとこい

 

79:他称トレーナー

現在俺にセミのように抱き着くウマ娘ことアグネスデジタルちゃんをどうすればいいのか考えたい

 

80:名無しで何が悪い

解散

 

81:名無しで何が悪い

カーッペッ!

 

82:名無しで何が悪い

いちゃついてるんじゃねーよオオン!?

 

83:競馬で全財産を溶かす男

アグネスデジタルか。変態、もしくは勇者アグネスデジタル。G1を6個もとるという偉業を成し遂げた馬だな。それが何でそんな抱っこちゃん状態になってるんだ?

 

84:名無しで何が悪い

変態は草

 

85:名無しで何が悪い

芝もダートも国内も国外も走れるという異次元の足を持つ馬だぞ。だから変態でもかっこいい

 

86:名無しで何が悪い

真の勇者は戦場を選ばないってポスターかなんかで見たな

 

87:名無しで何が悪い

めっちゃすごい馬なのは分かった。

 

88:名無しで何が悪い

ちなみに容姿は?

 

89:他称トレーナー

こんなの【涙目でこちらを見上げるアグネスデジタルの画像】

 

90:名無しで何が悪い

ファッ!?なにこれ超可愛い!?

 

91:名無しで何が悪い

つーか現実にはない髪の色してるな

 

92:名無しで何が悪い

というか小っちゃくね?

 

93:名無しで何が悪い

座ってるから分かんないけど小さい感じはある

 

94:名無しで何が悪い

それでなんでアグネスデジタルちゃんはそんなぐしゃぐしゃに泣いてしまってるんだ?

 

95:他称トレーナー

彼女が前世の俺の最後の担当だったらしい

 

96:名無しで何が悪い

えっ

 

97:名無しで何が悪い

おいおいおい、そりゃきついわ

 

98:名無しで何が悪い

ってことはもしや

 

99:名無しで何が悪い

流石にそれはダメージがでかい

 

100:他称トレーナー

俺が車から庇ったのは、彼女だったってことだ

 

 

 

 

 

 「トレーナーさんっ!トレーナーさんっ!ごめんなさい!私は…私はっ…ひぐ、うえええ…」

 

 男は困惑していた。なぜかといえば、部屋に帰ったらまたウマ娘が増えていたからだ。アグネスデジタル、と名乗ったツーサイドアップのウマ娘はその小さな体躯を震わせて男の胸の中で涙をこぼしている。嗚咽をこらえながら途切れ途切れに話してくれた事情を纏めると、前世の自分は彼女を車から庇って死んでしまったとのこと。今の自分が思うとすれば、確かに俺なら彼女を庇っただろうということくらいか。 

 

 男からすれば、前世の自分は全く覚えていない何かだ。ウマ娘という動かない証拠があるから信じてはいるが、彼女らに抱く謎の親近感を除けば少し不気味ですらある。だけど男は泣いている一回りは年下の少女を放置できるほど冷たくなく、黙って胸を貸す程度の甲斐性はあった。

 

 「デジタルさん…」

 

 「スペシャルウィークさん、うぐっ…貴方が姿を消してすぐに私も3女神に祈ったんですっ…そうしたら、この人に、トレーナーさんに謝れるかもって!私の、私なんかのために!死んでしまったトレーナーさんにぃ…」

 

 「それは、ちがうだろう」

 

 男はアグネスデジタルの嗚咽の中から出た言葉に強く言葉を重ねた。私なんかのために、そう本気で思ってるのだとすれば前世の自分はよっぽどこの子に入れ込んでいたのかもしれないが、俺が命を懸けて君を守るほどの価値が君にはあったはずなんだ、頼むから自分なんかと言わないでくれ。俺は何も覚えてはいないが、君を守った俺は間違いなく自分の命よりも、君が大切だったはずなんだと、男はアグネスデジタルの涙にぬれた瞳をしっかり見て、そう伝える。

 

 「はいっ、はいっ…デジタルは…勇者アグネスデジタルは!トレーナーさんの自慢の愛バです!貴方が覚えてなくても私が覚えています!だけどっ、トレーナーさんが死んじゃったのが…私は…」

 

 「いい、いいから。今は吐き出しちゃえ。ごめん、スぺ。ご飯は後でな」

 

 「いいえ、トレーナーさんはやっぱり、トレーナーさんですね」

 

 そして、泣きつかれて寝てしまったアグネスデジタルをとりあえず布団の上に置いて、スペシャルウィークに詳しい話を聞く。どうやらきちんと腰を据えて何が起こっていたかを聞く必要があるからだ。そうして、向こうの世界の自分の話を聞いた。

 

 時間がループしてたんです、という切り口で始まったそれにかなり面食らった男ではあるが話を聞いていくうちに恐ろしく現実味のある話の数々に納得してしまっていた。はっきり言えば電波な話であるが自分が何十人ものウマ娘を同時に担当していたと考えるよりは辻褄が合う。何よりも、勝ったレースの数が合わない。男は競馬に詳しくはないが、G1と呼ばれるレースの数がかなり限られることくらいは知っていた

 

 「それで、どうやってこっちにやってきたんだ?」

 

 「トレセン学園の中に設置されているウマ娘の女神様…3女神の彫像に祈ったんです。そしたら、トレーナーさんの部屋に…」

 

 「またオカルトな…いや、信じてないわけじゃないぞ?現に君たちがここにいるんだからな」

 

 男の呆れたような声にスペシャルウィークの耳がシュンと垂れてしまう。喜怒哀楽が表情より分かりやすい便利な耳だな、と思いつつもフォローをする男。結局のところ彼女らがここに来た理由は俺と会うためだけなのか…と思案しつつももぞもぞ動き出したアグネスデジタルをちらりと見る。スペシャルウィークがパタパタと心配そうにのぞき込んだ。パチリと碧眼を開けたアグネスデジタルはビックゥと震える。

 

 「ひょ、ひょわああああ~~!?ス、スペシャルウィークさん!?ウマ娘ちゃんが目覚めで飛び込んでくれるなんてここは天国ですかっ!?」

 

 どうやら、本来はかなり面白い性格をしているらしい。アグネスデジタルの奇声に何時ものデジタルさんです!と嬉しそうにするスペシャルウィークと女の子がしてはいけない表情になりかけているアグネスデジタルを見て男は席を立つのだった。多分一人暮らし用の炊飯器じゃ足りないので祖父の時代に使っていた業務用炊飯器を洗いに、外へ出るのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

454:名無しで何が悪い

イッチ大丈夫かな~

 

455:名無しで何が悪い

アグネスデジタル、調べたらとんでもねえお馬さんじゃん

 

456:名無しで何が悪い

それがあのピンク髪の少女かあ

 

457:名無しで何が悪い

でもさ

 

458:名無しで何が悪い

なんだよ

 

459:名無しで何が悪い

滅茶苦茶可愛かったよな

 

460:名無しで何が悪い

せやな

 

461:名無しで何が悪い

出来ればあれで踊っていただきたい。スぺちゃんと並べて

 

462:他称トレーナー

速報 アグネスデジタル復活

 

463:名無しで何が悪い

いよっしゃああああ!

 

464:名無しで何が悪い

よくやったイッチ!

 

465:名無しで何が悪い

今日は祝杯だ!

 

466:名無しで何が悪い

ってけっこー遅い時間だな今

 

467:名無しで何が悪い

うむ、学生はもう寝る時間だな

 

468:他称トレーナー

なのでご飯食べてるよ今

 

469:名無しで何が悪い

はぇ~食料足りたん?

 

470:名無しで何が悪い

スぺちゃんの食いっぷり見るとウマ娘って燃費悪そうだな

 

471:名無しで何が悪い

食費ヤバそう

 

472:他称トレーナー

うむ、だからニンジン多めのカレーを作ったのだが鍋いっぱいのカレーと業務用炊飯器で炊いた米が一瞬で消えた。でも二人とも満足そう

 

473:名無しで何が悪い

ウマ娘の食生活は人間とほぼ同じでいいのか

 

474:服飾屋

イッチ、メールで送ったけど読んでもらえた?

 

475:名無しで何が悪い

仕事が早い

 

476:他称トレーナー

ありがたい。読んだよ。概ね大丈夫だから来てくれるならめっちゃありがたい。お金はきちんと払う

 

477:服飾屋

お仕事にしてくれるなら言い訳が立つからこっちもありがたいね。それで、今どうしてるの

 

478:他称トレーナー

アグネスデジタルがとんでもねえキャラだってのが発覚したことくらいか?

 

479:名無しで何が悪い

は?

 

480:名無しで何が悪い

あの美少女のキャラ?

 

481:他称トレーナー

うむ、あのアグネスデジタル…自称デジたんはウマ娘が大好きなウマ娘オタクだったのだ!

 

482:名無しで何が悪い

あら~^

 

483:名無しで何が悪い

キマシタワー?

 

484:名無しで何が悪い

ほう、百合の花ですか。挟まったらぶっ殺すぞイッチ

 

485:他称トレーナー

というかデジたんってなんだよ

 

486:名無しで何が悪い

かわいいな。いいじゃんデジたん

 

487:名無しで何が悪い

スぺちゃんと一緒だな!

 

488:他称トレーナー

いや、そういう意味じゃなくてな。デジタルはどうやらウマ娘という存在そのものを推す箱推しと呼ばれるタイプのオタクらしい。10分くらいの高速詠唱で教えてくれた

 

489:名無しで何が悪い

ながいながい

 

490:名無しで何が悪い

オタク特有の早口

 

491:他称トレーナー

なおそれはスぺちゃんがいっちゃった目で話し続けるデジタルを心配して顔を覗き込んだことにより強制終了した。デジタルは推しの過剰供給により死んだ

 

492:名無しで何が悪い

 

493:名無しで何が悪い

なんか親近感湧くな

 

494:競馬で全財産を溶かす男

 変態変態とは思ってたがそうなるか~。そういう意味の変態になったか~

 

495:他称トレーナー

では、俺はちょっと出かける

 

496:名無しで何が悪い

なして?

 

497:他称トレーナー

二人がお風呂に入るそうなので。デジタルはある程度に荷物を纏めて持ってきたみたいだから多分大丈夫。ゆっくり風呂に浸かってもらいたい

 

498:名無しで何が悪い

お風呂!実況!

 

499:名無しで何が悪い

馬鹿じゃねぇの

 

500:名無しで何が悪い

イッチー、とりあえず困ったことがあったらいいに来いよ~

 

 




 なんか知らんが日刊ランキング上がってました。皆さんのおかげですありがとうございました。なんでスぺちゃんとデジたんなのかっていうのは作者が好きだからですね。そこには何のつながりもないです。作者競馬には無知なので。

 あと最初皆曇って湿度マシマシになると思いますが最終的にハッピーエンドにしたいのでご安心ください

 ではでは、次回で会いましょう。感想評価よろしくお願いいたします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

本能って大事だよな

754:他称トレーナー

ただいまー

 

755:名無しで何が悪い

おーおかえりイッチ、どこいっとったん?

 

756:名無しで何が悪い

残り湯詰めて販売してくんね?

 

757:名無しで何が悪い

流石に気持ち悪いぞ

 

758:名無しで何が悪い

というかイッチいなくなって大丈夫だったんか?

 

759:名無しで何が悪い

あの様子だとダメな気がするんだが

 

760:他称トレーナー

勘がいいなお前ら

 

761:名無しで何が悪い

ってことはまさか

 

762:名無しで何が悪い

お前もうトラウマ製造機か何かじゃねーの?

 

763:名無しで何が悪い

もしかして何も言わずにどっか行ったのか

 

764:他称トレーナー

順を追って説明する。二人が我が家自慢の浴場(祖父時代の産物)を堪能しているときに俺はご近所さんに根回しに行った

 

765:名無しで何が悪い

田舎ネットワークは怖いからな

 

766:名無しで何が悪い

ネットの比じゃない拡散速度

 

767:名無しで何が悪い

いい判断だ

 

768:他称トレーナー

親戚とその友達が遊びに来ていて今後もっと増えるかもという感じで騒がしかったらすんませんって言いに行ったんだけどこんな離れてたら騒がしいも何もないわよ!って笑い飛ばされたよ。口の軽い人だから明日には近所中に広まっていることだろう

 

769:名無しで何が悪い

なんだろう、肝っ玉母さんが目に浮かんだ

 

770:名無しで何が悪い

カーチャン…

 

771:名無しで何が悪い

そんな人に話して大丈夫なのか?興味本位で見に来られても困るだろ。耳と尻尾とか特に

 

772:他称トレーナー

それは大丈夫、うちの私有地の中に入ることは絶対にない。うちの力の方が地域の力より強いというじいちゃんマンセーな地域だったから。別にみられても流されそうだけどね。うちの地域おおらかで大きいことすら気にしないから。そして、話を戻そう。ついでに車を走らせコンビニに寄ってアイスとかそういうものを買って戻ってきたわけだが…

 

773:名無しで何が悪い

だが…?

 

774:名無しで何が悪い

不穏な空気

 

775:名無しで何が悪い

やめてくれよ…

 

776:他称トレーナー

部屋の中に入ったらいないいないと俺を探す涙目のウマ娘二人、俺を見つけて号泣

 

777:名無しで何が悪い

あっちゃー

 

778:名無しで何が悪い

まて、スぺちゃんもか?

 

779:名無しで何が悪い

これ、お前に会いに来たんじゃなくてお前に依存してるんじゃねえの?

 

780:名無しで何が悪い

前世のお前イケナイ薬か何かだったの?

 

781:他称トレーナー

否定できん。彼女らの中で前世の俺がどれだけでかい存在だったのか、想定が足りんかった。これからはきちんと行先を伝えることにする

 

782:名無しで何が悪い

それがいい

 

783:名無しで何が悪い

シリアスに偏ってきたのでここで修正を入れて欲しいんだが

 

784:名無しで何が悪い

びーしょうじょ!あそれ!びーしょうじょ!あそれ!

 

785:名無しで何が悪い

こんな重い空気耐えられないわ!

 

786:他称トレーナー

ふむ、たしかに。ならばウマ娘のレースについてちっと詳しくいこう。デジタルが嬉々として語ってくれた

 

787:名無しで何が悪い

なんだろう、なんか目に浮かぶ

 

788:名無しで何が悪い

高速詠唱かな?

 

789:競馬で全財産を溶かす男

それは俺も気になるな

 

790:名無しで何が悪い

全財産ニキ!全財産ニキじゃないか!今日のレースは勝てたかい?

 

791:他称トレーナー

ウマ娘のレースのグレードはこの世界と変わらないらしい。G1レースが一番すごくて、その下にG2、G3、OPと続いていくみたいなんだけど、そこら辺は割愛しておく。重要なのは、勝負服の存在だ

 

792:名無しで何が悪い

勝負服とな?

 

793:競馬で全財産を溶かす男

へえ、そこは変わらないんだ。勝負服ってこっちだと騎手がレースの時に着る服だけど、そっち騎手いないだろ??あとレースは負けたよクソァ!

 

794:服飾屋

そこら辺はとても気になる話題

 

795:他称トレーナー

うむ、G2以下のレースでは体操服でみんな走るらしい。そして重要なのが、向こうの世界ではブルマが生き残っているらしいことだ

 

796:名無しで何が悪い

ファッ!?

 

797:名無しで何が悪い

ブルマーですと!?

 

798:名無しで何が悪い

生足魅惑のマーメイド!?

 

799:名無しで何が悪い

素晴らしい、ぜひそっちに行きたい!

 

800:名無しで何が悪い

スぺちゃんたちもブルマーなんですか!?

 

801:名無しで何が悪い

教えてくれ!このままでは夜しか眠れない!

 

802:名無しで何が悪い

ブルマとか…いいっすね…

 

803:服飾屋

こっちとしては体操服の素材が気になるな。話によると車並みのスピードで走るんでしょ?素材もかなりしっかりしたものじゃないとダメなはず

 

804:他称トレーナー

二人は短パン派だったよ。話を聞くにダイワスカーレット、ヒシアマゾン、カレンチャン、ハルウララなどがブルマ派だったらしい。ハルウララくらいしか知らねーな

 

805:競馬で全財産を溶かす男

見事にみんな牝馬だな…つーかほぼ名馬じゃん。ハルウララは…まあ。頑丈だったのは間違いないし伝説が騎乗したりもしたけど

 

806:名無しで何が悪い

なんでや負け組の星やぞ

 

807:名無しで何が悪い

馬券が交通安全のお守りになる馬

 

808:名無しで何が悪い

いい馬なんですよ…脚が遅いだけで

 

809:名無しで何が悪い

致命傷で草

 

810:名無しで何が悪い

そっかー、二人は短パン派なのかー

 

811:名無しで何が悪い

残念なような、健全でよろしいような

 

812:名無しで何が悪い

ブルマが不健全みたいだろ

 

813:名無しで何が悪い

不健全だから淘汰されたんだよなあ…

 

814:他称トレーナー

話を戻そう。G2以下のレースでは体操服と言ったが格式高いG1以上のレースでは勝負服と呼ばれるウマ娘専用の衣装でレースが行われる

 

815:名無しで何が悪い

ほう!

 

816:名無しで何が悪い

なにそれ面白そう

 

817:競馬で全財産を溶かす男

ジョッキーが着る勝負服も個性豊かだしな。気になるじゃない

 

818:名無しで何が悪い

アイドル性高いですよ

 

819:他称トレーナー

勝負服はウマ娘やトレーナーがデザインした世界でそのウマ娘しか持っていない服だ。G1レースで勝負服を着るのがウマ娘の夢と言われるくらいに特別視されている

 

820:名無しで何が悪い

ん?待てよ?スぺちゃんってG1出てたよな?3冠だっつってたし

 

821:名無しで何が悪い

ってことは!

 

822:名無しで何が悪い

勝負服、ありますね!?

 

823:名無しで何が悪い

うーp!うーp!

 

824:名無しで何が悪い

はぇー、クッソ走りにくそうな服とかありそう

 

825:名無しで何が悪い

ピンヒール勝負服wwwwとかwwww?

 

826:名無しで何が悪い

なにわろとんねん

 

827:他称トレーナー

すまん、写真撮ってない。持ってきてはいるみたい。

 

828:名無しで何が悪い

何持ってきてんの?荷物の中身教えて欲しいわ

 

829:名無しで何が悪い

女の子の荷物の中身知りたがるとか変態もいいところですね

 

830:名無しで何が悪い

ちゃうわ!否定できんけど

 

831:名無しで何が悪い

じゃあ変態じゃん

 

832:名無しで何が悪い

イッチ大丈夫?美少女と一緒で理性崩壊しない?

 

833:他称トレーナー

今のところどう頑張っても妹にしか思えないから大丈夫。一応判明してるだけ持ってきてるものを上げとく

・数日分の衣類

・体操服数着

・スマートフォン(ウマホというらしい。技術は一緒なのかPCにつなげる)

・筆記用具

・貴重品類

・勝負服(勝負服を着て走るトレーニングをするから持ってることが多いとのこと G1に出る子限定の話らしい)

・蹄鉄付きシューズと予備の蹄鉄

まだ何かありそうだけども荷物漁るのもおかしいしこんくらいにしとく。あと勝負服広げて見せてもらったけどめちゃんこかわいかったよ。アイドルが着ても違和感ないくらい。

 

834:名無しで何が悪い

有能イッチ

 

835:名無しで何が悪い

うわああああ勝負服みてみてえええええ!

 

836:名無しで何が悪い

あの美少女がきらびやかな衣装着て走るんでしょ!?

 

837:名無しで何が悪い

そんなの楽しいに決まってますやん!

 

838:名無しで何が悪い

まて、ウイニングライブがあるよな?ってことは個性豊かな衣装を着たウマ娘たちが歌って踊るのが間近で見られるってこと!?

 

839:他称トレーナー

らしいよ?デジタルが滅茶苦茶力説していた。スぺちゃんはカレーで口がいっぱいだったからうんうん頷くだけだったけど

 

840:名無しで何が悪い

スぺちゃんは…腹ペコキャラやな?

 

841:名無しで何が悪い

そう言えば食費大丈夫なん?

 

842:名無しで何が悪い

金はあるだろうけど物がねーだろ

 

843:名無しで何が悪い

というかデジたんも大食いなの?

 

844:他称トレーナー

スぺちゃんはウマ娘からしても大食いの範疇らしい。でもデジタルも成人男性の倍は食べるからウマ娘自体大食いなのは多分そう。野菜に関しては規格外のやつを周りの農家さんたちから引き取ればいいけど…米だな。なくなるスパンがかなり早くなりそう

 

845:名無しで何が悪い

ふむふむ、いっそ畑を再開しては?

 

846:名無しで何が悪い

とれるまで半年は先だぞ

 

847:名無しで何が悪い

ふむ、やはりここはネットか

 

848:名無しで何が悪い

スレ民総出で大量買いのやっすいサイトを探すのだ!

 

849:他称トレーナー

畑はな~趣味の分しかトラクターかけてなくて今ガチガチなんよな。整備してる所も改造しちゃったし。やはりネットはすべてを解決する

 

850:名無しで何が悪い

とりあえずイッチ、今日はどうするん?

 

851:名無しで何が悪い

もう結構夜も更けてきたな

 

852:名無しで何が悪い

学生に夜更かしはいかんぜよ

 

853:名無しで何が悪い

んだんだ

 

854:他称トレーナー

そうだな、そろそろ休むことにする。明日以降またちょくちょく報告入れるよ

 

855:名無しで何が悪い

可愛い動画と画像まってるぞ

 

856:他称トレーナー

報酬

【アグネスデジタルとスペシャルウィークがカレーを幸せそうに頬張る画像】

 

857:名無しで何が悪い

ホワアアアアアア!

 

858:名無しで何が悪い

ありがとうございます!

 

859:名無しで何が悪い

てえてえ…

 

860:名無しで何が悪い

サイッキョコレ!

 

861:名無しで何が悪い

有能

 

862:名無しで何が悪い

サッキューイッチ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 「おはよう、二人とも。客用の布団でごめんな」

 

 「いえいえ!突然押し掛けたのにこっちこそ申し訳なかったです。それと…昨夜の記憶を消去していただけるとありがたく…」

 

 「おはようございます!トレーナーさん!」

 

 「はい、おはようスぺちゃん。すまんな、暫く消えそうにない」

 

 「そんな~~~」

 

 田舎の朝は早い。というか男はかなりの多趣味なので必然的に活動時間が早くなっただけである。二人が起きるまで仮想通貨でまたひと稼ぎしていた。金はいくらあっても困らないが信条の男は今稼げるなら稼いでしまえをモットーに自堕落な生活を営んでいたのだが、転がり込んできたウマ娘二人を養うためという大義名分ができたのでそれはそれは張り切っていた。他人に尽くすタイプである。

 

 家の米びつが心配になってくる朝食を済ませた後、すっからかんの冷蔵庫を見てどうしようかと思案する男、冷蔵庫を新設するところまで考えたところでそういえばと思いだしたことを尋ねる。

 

 「そういえば、ウマ娘って走るのが好きなんだよね?」

 

 「はい!ウマ娘ちゃん…まあ私も含めてですが走るのが大好きです!ただトレーナーさんのご迷惑になるかもしれないので暫くは…」

 

 「ウマ娘がいないん、ですよね。じゃあ私たちの尻尾も耳も見られたら…」

 

 「いや、好きなことを押し込めるのは良くないよ。怪我をしたら困るけど、いい場所があるんだ」

 

 大丈夫です!と二人してそう言ってくるが耳と尻尾が大丈夫ではない。きっと何より走ることが大好きなのだろう。ぺたんと倒された耳としんなりと垂れる尻尾が彼女らのコンディションを伝えてくれているような気がした。というか、こんな美少女に我慢をさせていいものだろうか?いや良くない!と男は自己解決しつつ疑問符を浮かべる二人の頭を撫でた。

 

 さらさらと指通りのいい髪とピクピクと手の下で震える触り心地のいい耳、いつまでも撫でていたい気分ではあるが流石に女の子を触り続けるのはよろしくないので、運動できる格好でついておいでと声をかけて部屋を出るのだった。

 

 「トレーナーさん、どこへ行かれるのでしょうか?デジたんはトレーナーさんに会えただけで今は十分ですよ?」

 

 「いいとこだよ、いいところ。まさかこんな風に役に立つとは思わなかったけど」

 

 言われた通り体操服で出てきた二人を連れ立って男は自宅の裏手遠くにそびえたつ山に向かって歩みを進める。二人もあわててついてきた。

 

 アグネスデジタルは殊勝にそんなことを言っているが隠しきれないワクワクを尻尾がよく表現している。今向かっているのは自宅から少し離れた山のふもとあたり、個人の土地としてはとんでもない規模のメガファームだった祖父は頑なに法人化をせずにあくまで個人事業としてスタッフを雇い農家を続けていた。もうほとんどの土地は寝かせているが、男がかなり手塩をかけて育て上げたものがそこにはある。

 

 「えっ…これ…芝…!?」

 

 「しかもかなり広いです!トレセン学園の校庭と同じくらい!」

 

 そこにあったのは芝の広場だった。かなりの広さを誇るが、芝はきちんと切りそろえられて手入れが行き届いている。かなりの力を入れているのが一目でわかる出来だ。青々と茂る芝の匂いがウマ娘としての本能を呼び覚ましたのか目をキラキラと輝かせ始めた二人。尻尾なんか一瞬ぴんっと反ってその驚きを表現している。男は得意げに語りだした。

 

 「スぺちゃんには言ったよね?引退馬を買おうと思ってたって。ここ、馬を買った時に放牧場にしようと思って3年前に畑3反くらい埋め立てて2年かけてエクイターフを育てたんだ」

 

 「すごいっ!凄いですトレーナーさん!」

 

 「はは、ありがとう。ここなら、誰にも見られないし、思いっきり走ってもいいよ」

 

 「でも、いいんですか?その…目標があって育ててきたものなんじゃ…」

 

 純粋に喜んでいるスペシャルウィークと何かを目標にしていたと聞いて若干気後れしているアグネスデジタル。男は大丈夫と改めて二人に諭す。

 

 「好きなことをできないのは辛いでしょ?暫くは手入れするだけしかしてないし、使う時が早まっただけだよ。それに、思いっきり走ったら気分も晴れるんじゃないかな?」

 

 ニコニコとそう言って自分の頭を撫でる男に対し、アグネスデジタルはこみ上げる熱いものを飲み込んで笑顔で礼を言うことにした。そして、スぺシャルウィークに先立って、思い切り駆けだす。男はスぺシャルウィークにも行っておいで、と優しく声をかけた。スぺシャルウィークも元気に返事をして駆けだす。あっという間に凄まじい速度で走りだす二人を男は顔を綻ばせて見守っていた。

 

 

 

 

 

 

 

54:名無しで何が悪い

イッチが投稿してくれた動画やべえな

 

55:名無しで何が悪い

あんな速く走れるとかウマ娘やべえ

 

56:名無しで何が悪い

つーか個人で芝を所有してるとか何者だイッチ

 

57:他称トレーナー

速報 帰ったらウマ娘が増えた

 

58:名無しで何が悪い

ま た か

 

59:名無しで何が悪い

今度は誰だよ

 

60:他称トレーナー

帰ったらすっげえナイスバディな短いポニテのウマ娘が居たんだ。そして俺を見た途端「ウエエエエン!トレーナーさぁぁん!」ってこれは確定ですわ

 

61:名無しで何が悪い

まーたトラウマ呼びおこしているよこいつ

 

62:名無しで何が悪い

今度は誰だ?

 

63:他称トレーナー

デジタル曰く「タイキシャトル」だって。実際どうなのかはわからんが

 

64:名無しで何が悪い

なんでさ?

 

65:名無しで何が悪い

そんな号泣してるのか?

 

66:他称トレーナー

いや、だって泣いてるのもそうなんだけど出てくる言葉が英語なんだもん。わかんねーべや。俺の中学英語では対抗できん

 

67:名無しで何が悪い

はぇー

 

68:名無しで何が悪い

タイキシャトルってこれまた名馬だな…

 

69:競馬で全財産を溶かす男

タイキシャトル?おっかしいな

 

70:名無しで何が悪い

可笑しいって何が?

 

71:名無しで何が悪い

別に不審なところはないっしょ?ウマ娘が不審だっていうならまあその通りだけど

 

72:他称トレーナー

あっ、そうか。確かに変だわ

 

73:名無しで何が悪い

はー?

 

74:名無しで何が悪い

イッチまで何言ってんねん

 

75:競馬で全財産を溶かす男

だってそうじゃん。タイキシャトルはまだ存命なんだぞ?なんかおかしくね?

 

76:名無しで何が悪い

異世界だしそういうこともあるだろ

 

77:名無しで何が悪い

時間軸的に向こうが未来の可能性がある

 

78:名無しで何が悪い

というか考えたらもう負けの領域まで来てるぞ

 

79:名無しで何が悪い

そう言うならデジタルが亡くなったのだって結構最近だし、二人の年齢と合わないだろ。納得した?

 

80:名無しで何が悪い

納得した

 

81:名無しで何が悪い

おまえじゃねえ!

 

82:他称トレーナー

とりあえずまた慰める方向で行くわ。だけどやべえ、こんな子まで担当してたのか俺…

 

83:名無しで何が悪い

そんなこと言われるときになるんだが?

 

84:名無しで何が悪い

画像、画像くれ!

 

85:他称トレーナー

すまん、本格的にやばそうなので落ちる。あばらがミシミシいってきた

 

86:名無しで何が悪い

それはさっさとスマホおけ馬鹿野郎

 

87:名無しで何が悪い

これはイッチ轢断事件が真実味を帯びてくる?

 

88:名無しで何が悪い

やめてやれよwww

 

89:名無しで何が悪い

生きてたら会おうぜイッチー

 

 




 お待たせしました。ぶっちゃけ一発ネタを続けてるんでネタが枯渇しだしたりしてますが私は元気です。

 日刊ランキング1位、ありがとうございます。まさか乗れるとは思ってなかったので望外の喜びです。

 3人目、やってきました。これでウイニングライブが3人体制になってセンター一人サブ二人体制で完璧やながはは!

 ではまた次回にお会いしましょう


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ご近所づきあいは大事ってワケ

245:名無しで何が悪い

イッチ遅いな~

 

246:名無しで何が悪い

本当に轢断されてたりしてwww

 

247:名無しで何が悪い

シャレにならん

 

248:名無しで何が悪い

でもウマ娘の身体能力見るとあながち…

 

249:名無しで何が悪い

怖いからやめてけれ

 

250:名無しで何が悪い

タイキシャトルか~

 

251:名無しで何が悪い

すげえマイラーなんだよな?

 

252:名無しで何が悪い

検索するとすげえカッコいいんだよな。イケメン

 

253:名無しで何が悪い

もうお爺ちゃんなのにな

 

254:名無しで何が悪い

羊と一緒に暮らしてるのかわいい…かわいくない?

 

255:名無しで何が悪い

超かわいい

 

256:他称トレーナー

いやー、死ぬかと思った

 

257:名無しで何が悪い

イッチ!下半身忘れてないか!?

 

258:名無しで何が悪い

両断された前提じゃねえか

 

259:名無しで何が悪い

生きててよかったって思うわけ

 

260:他称トレーナー

若干幸せだったのは秘密だ

 

261:名無しで何が悪い

は?

 

262:名無しで何が悪い

ひょっとしてお前マゾか?

 

263:名無しで何が悪い

うっわー

 

264:名無しで何が悪い

性癖は隠せとあれほど

 

265:他称トレーナー

【ぎゅむっとスぺシャルウィークをハグするタイキシャトルの画像】

 

266:名無しで何が悪い

は?なに、この…なに?

 

267:名無しで何が悪い

こんなナイスバディな子にぎゅっとされてえな俺もな

 

268:名無しで何が悪い

イッチ貴様!幸せとは…おっぱい押し付けられたんだな!?そうなんだろう!?

 

269:名無しで何が悪い

貴様っ!ゆるさんぞ!

 

270:名無しで何が悪い

かわれ!今すぐその場所変われ!

 

271:名無しで何が悪い

ヤロウオブクラッシャアアアアアー!!!

 

272:他称トレーナー

こうなってもいいのなら譲る

【見事な青あざが一周してる腹回りの画像】

 

273:名無しで何が悪い

正直すまんかった

 

274:名無しで何が悪い

イッチ、よく無事だったな

 

275:名無しで何が悪い

ウマ娘こえ~

 

276:名無しで何が悪い

よく無事だったなイッチ…!

 

277:他称トレーナー

で、タイキシャトルちゃんのことなんやけど

 

278:名無しで何が悪い

アハイ

 

279:名無しで何が悪い

この切り替えの早さである

 

280:名無しで何が悪い

死にかけたとは思えない鋼メンタル

 

281:他称トレーナー

やっぱり彼女も俺が担当していた子らしい。こんな子まで巻き込んだのか前世の俺、腹を斬れ

 

282:名無しで何が悪い

遂に自分でも責め始めた

 

283:名無しで何が悪い

イッチの罪悪感が天元突破

 

284:他称トレーナー

だってさあ、手加減出来てなかったことに気づいた途端顔真っ青にしてごめんなさいごめんなさいって謝り始めたんだぜ?捨てられた子犬のような目で。もう許すしかないよね

 

285:名無しで何が悪い

それはしょうがない

 

286:名無しで何が悪い

ところでタイキシャトルってどんな子?

 

287:名無しで何が悪い

あ、それめっちゃ気になる

 

288:他称トレーナー

大型犬。しいて言うならデロデロに懐いたゴールデンレトリバー。ウマ娘というかイヌ娘。

 

289:名無しで何が悪い

なにそれメタクソかわいい

 

290:名無しで何が悪い

こんなナイスバディな子が…!

 

291:名無しで何が悪い

お手って言ったらお手しそう

 

292:名無しで何が悪い

気のすむまでわしゃわしゃ頭を撫でてあげたい

 

293:他称トレーナー

うむ、実際お手って言ったらお手した

 

294:名無しで何が悪い

なにしとんねん

 

295:名無しで何が悪い

こいつwwww

 

296:名無しで何が悪い

くっそwwww

 

297:他称トレーナー

さて、こんだけ時間がかかった理由があるのだが

 

298:名無しで何が悪い

なんじゃらほい

 

299:名無しで何が悪い

前回浮上してから軽く10時間経ってるからな

 

300:他称トレーナー

ウマ娘の皆さんと買い物に行ってみた~~~!をお送りするぞ!

 

301:名無しで何が悪い

なにしとんねん

 

302:名無しで何が悪い

どうやって尻尾とウマ耳隠したんですか

 

303:他称トレーナー

もういっそコスプレと開き直った。エンゲル係数の前ではすべてが些事なのだ

 

304:名無しで何が悪い

やりやがった!やりやがったぞコイツ!

 

305:名無しで何が悪い

タブーを真正面からブチ破りやがった!

 

306:他称トレーナー

というわけで繰り出しますはこの地域唯一の商店街!ハイエースに全員を詰め込んでいったぞ!

 

307:名無しで何が悪い

は?

 

308:名無しで何が悪い

え?マジで言うてる?

 

309:名無しで何が悪い

馬鹿じゃねーの?

 

310:他称トレーナー

【八百屋の前で子供とスペシャルウィークが見つめ合う画像】

 

311:名無しで何が悪い

ガチじゃねーか!

 

312:名無しで何が悪い

馬鹿じゃねーの!?

 

313:名無しで何が悪い

スペちゃんの私服かわいい…!

 

314:名無しで何が悪い

一応帽子被ってるけど尻尾は丸出し…!!

 

315:名無しで何が悪い

まずいですよ!

 

316:他称トレーナー

みんなコスプレなんですよー、で納得してくれた。でも買い込む量にドン引きしてたけど

 

317:名無しで何が悪い

どんくらいかったの!?

 

318:他称トレーナー

ウマ娘パワーが必要なくらい

 

319:名無しで何が悪い

おおふ、それは…!

 

320:名無しで何が悪い

でも買い込むスパンが短いと怪しまれるよな。どうにかせんといかん

 

321:他称トレーナー

そこは計画的にやるよ。おまいらが教えてくれたサイトで並行して注文してる。次商店街に行くのは1週間以上あと

 

322:名無しで何が悪い

なるほど

 

323:名無しで何が悪い

おまえさては有能だな?

 

324:他称トレーナー

おねえちゃんかわいい!って幼女に言われてスペちゃんやタイキの方が可愛いですよって話を逸らすデジタルとか

 

325:名無しで何が悪い

褒められ慣れてない感じがいい

 

326:名無しで何が悪い

あら~~^

 

327:名無しで何が悪い

もしかしてデジタルって自分が可愛いと自覚してないのでは?ボブは訝しんだ。

 

328:他称トレーナー

ちなみにお姉ちゃんがいいの!って子供特有のストレートに沈んでたぞ。どうやらピンクの髪とでっかいリボンがお姫様みたい!とのこと

 

329:名無しで何が悪い

流石は子供、ようしゃねえ

 

330:名無しで何が悪い

可愛いじゃん?

 

331:名無しで何が悪い

ウマ娘と幼女の絡み、これはよき

 

332:他称トレーナー

それでこんなに買ってどうするんだい?と聞かれたのでBBQやるんですよ。よかったら来ますか?とお世話になるであろう問屋の人たちを誘ったのであるが

 

333:名無しで何が悪い

は?(本日二度目

 

334:名無しで何が悪い

何その攻めの姿勢

 

335:名無しで何が悪い

無敵の人かお前は

 

336:名無しで何が悪い

それマジで大丈夫なん?

 

337:他称トレーナー

近所の人を誘ってのイベントというかお祭りとかそういうのの土地は大体俺が貸してるからいつも通りっちゃいつも通り。別に耳と尻尾見られてもそういうこともあるよねで流してたよ、全員

 

338:名無しで何が悪い

すげーなそこの土地の人

 

339:名無しで何が悪い

特異点かよ

 

340:名無しで何が悪い

イッチの胆力ヤバすぎる

 

341:他称トレーナー

新しい人がきたら顔合わせしとくと後で軋轢がないからね。幸い全員人見知りではなさそうだから

 

342:名無しで何が悪い

うーんこの

 

343:名無しで何が悪い

このイッチ振り切れ過ぎである

 

344:名無しで何が悪い

こやつやりおる

 

345:名無しで何が悪い

凄いなイッチ、褒めてるんだぞ一応

 

346:他称トレーナー

そんなこと言っていいのか?

 

347:名無しで何が悪い

ひょ?

 

348:名無しで何が悪い

これは、まさか…!

 

349:名無しで何が悪い

くるぞ!

 

350:他称トレーナー

BBQの様子を配信しようと思ってたんだけどな~

 

351:名無しで何が悪い

ああああああすいませんでしたああああ!

 

352:名無しで何が悪い

神様仏様イッチ様!なにとぞこの哀れな豚にお恵みをっ!

 

353:名無しで何が悪い

ウマ娘ちゃんからしか摂取できない栄養があるんですっ!

 

354:他称トレーナー

しょうがないにゃあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 町内との交流のため夕方にBBQやるよ、発表した時一番大興奮したのがタイキシャトルだった。どうやら元の世界にいた時からBBQが大好きだったらしい。トレーナーさん!大好きデース!と真正面からむぎゅっとハグをされたのではあるが、出会った時と異なりかなり繊細な手加減をしているらしく、痛くも何ともなかった。というか幸せだった、男も男である。かわいそうだからこれ以上責めるのは止めよう。

 

 「それで、BBQの準備が終わったわけだし、そろそろ火を起こすかな~あ、そうだ。ちょっと3人そこに並んでもらえる? そうそう」

 

 男の指示にタイキシャトル、スペシャルウィーク、アグネスデジタルの順で並ぶ3人をパシャリと一枚写真を撮って掲示板にあげる。案の定大興奮のコメントが散見されるのをサービスはこんくらいでいっか、と私がヤリマース!と慣れた手つきで火おこしを始めたタイキシャトル。確かに好きだったんだろうな、と思いつつ男は大型クーラーボックス5つの中にぎっしり詰まっている食材を確認した。

 

 「うわ~~~!楽しそうですっ!」

 

 「タイキシャトルさんの火起こし…!貴重なショット…!」

 

 「デジタル、さっきハグされて昇天してたのに元気だな」

 

 「そっそれはぁ…!その、ウマ娘ちゃんの余りの尊さにそうなるのも必然といいますか何と言いますか」

 

 男にそれを指摘されたのが恥ずかしかったのかどうか分からないが、男が顔を近づけてにんまりとしながら言われるとデジタルは真っ赤になってしまう。俺がこうしても平気なのにな、と続けてタイキシャトルと同じようにデジタルをハグした男に頭を撫でられるデジタル。為されるがままの彼女はどうやらまんざらでもない、どころかかなり上機嫌らしくうぇへへ、とだらしない声が漏れている。パラメーターで表すなら絶好調、というやつであろうか。

 

 「あ~~~!ずるいですっ!トレーナーさん!私も!」

 

 「あーはいはい、おいでスペちゃん」

 

 デジタルに構っているのをスペシャルウィークに見つかった男は自分も!と主張するスペシャルウィークの頭を撫でる。にへら、と心底嬉しそうな顔になるスペシャルウィーク、尻尾がご機嫌にゆらゆらと揺れていた。暫く両手で二人の頭を撫でまわしてるとノーーー!とタイキシャトルの声が聞こえてくる。何事かとそっちを見るとこっちを見ているタイキシャトルが両手を頬に当てているところだった。視線の先には、ご機嫌な二人。

 

 「トレーナーさん!二人ばっかり構っちゃダメデース!私にもプリーズナデナデ!」

 

 「お前もかよ。もう高等部なんだろ?卒業したらどうだ?」

 

 「う~~~!」

 

 「わかったわかった。そんな泣きそうな目でこっち見るな。ほれ、おいで」

 

 「イエーース!」

 

 トタタタ!と火が付いた3つのBBQ用コンロがある場所からダッシュで男の下まで駆け寄るタイキシャトル。男が軽く調べて元の馬は最強のマイラーとまで言われていたが、それにふさわしい俊足だった。一瞬で男に思い切り抱きつくタイキシャトルに、本当に犬みたいだななんて思いつつわしゃわしゃと頭を撫でる男。タイキシャトルの口からんふ~~っ!と満足げな息が漏れる。とても幸せそうだった。

 

 「そろそろ焼き始めるか。お腹減ったろ」

 

 「え、でもお誘いした人がまだ来てないんじゃ…」

 

 「いいからいいから。先に始めてた方が入りやすいよ。どうせ、食材も追加されるだろうし」

 

 いいんですか?と問いかけるスペシャルウィークに大丈夫と返す男。どうせ誘ってない人たちも来るという確信があった男は先に始めて雰囲気だけ作っておこうという魂胆でぐうっとお腹がなって恥ずかしそうに押さえるスペシャルウィークを見ないふりしつつそう返した。言葉よりもお腹が雄弁だな、と思ったがそこは武士の情けで言わないでおくことにするのであった。

 

 

 

 

 

 

 「あ!お姫様のお姉ちゃん!」

 

 「えっ!?私ですか!?あの~デジタルもしくはデジたんとでも呼んでくださるとありがたいと申しますか何といいますか…」

 

 「だめなの?」

 

 「ダメじゃないですよ!?ダメじゃないんですけどほらお姫様とか柄じゃないですし…」

 

 「だって頭のリボンがとっても素敵!いいな~」

 

 「…つけてみますか?」

 

 「いいのっ!?」

 

 そんな感じで2時間ほど経つとほとんどの町内の顔ぶれが男の自宅の広い庭に集まってきた。初めこそ付いてる尻尾や耳を不思議そうに見ていた町人たちであったが、責任者張本人の男が素知らぬ顔をしていたので気にするほどでもないだろうと思ったのか、それとも外見より中身を重視するのかまったく気にしていなかった。お土産と称して各々持ってきた食材や自分のコンロを追加して酒盛りすら始まっている。

 

 一番人気はアグネスデジタル、目立つ髪色に大きなリボンと低身長が小さなお子様に大人気なのである。商店街で軽く顔見せをしたときにもすぐに素直が取り柄の幼女たちに取り囲まれてお姫様みたいだのかわいいだのほめそやされていた。きらきらと自分のリボンを羨ましそうに見る幼い女の子に自分のリボンをつけてあげたりしている。

 

 「いい食べっぷりだな嬢ちゃん!ウチで穫れた野菜はうまいだろう!」

 

 「はいっ!とっても美味しいです!」

 

 「いやだよこの人は。お嬢ちゃん、無理してたくさん食べなくてもいいんだからね?」

 

 「いえ!私食べるの大好きなんです!美味しくてもう止まりません!」

 

 「がっはっは!こりゃあ坊主のところの食費が大変だな!」

 

 打って変わってご年配に可愛がられているのがスペシャルウィークである。気持ちのいい食べっぷりに加えて、どこか牧歌的なのんびりとして親しみやすい空気を持っている彼女はお年寄りのあれ食えこれ食えうまいか攻撃を全く気にせずに全て平らげている。昨日のようにお腹が出るのも時間の問題だろう。

 

 ちなみに坊主とは男のことであり、この町内でご年配が坊主といえばだいたい男を指すことが多い。なぜ名前で呼ばれないのかとんと不思議な男ではあるが、祖父の時代からの顔見知りの方々ばかりなので彼らにとってはいつまでも自分は坊主なのだろうと納得している。大体農家や畜産家しかいないので男が手伝いに行くこともしばしばでかなり男としても可愛がられている自覚はあった。

 

 「ふっふっふ、まだまだデスネ!シュギョウがたりまセーン!」

 

 「タイキさんめっちゃはええ!」

 

 「くっそー!追いつけねえ!」

 

 「お姉ちゃんとっても速い!すごいすごい!」

 

 「イエース!毎日トレーニング頑張ればきっとアナタも速く走れマス!」

 

 そして最後のタイキシャトルは同年代の悪ガキや体力自慢ボーイズなどの相手をしているがいつの間にか始まった追いかけっこを差をつけすぎず、されども絶対捕まらない絶妙な力加減で行っている。特に低学年男子たちにとっては足が速いというのは最強のステータスであるので正しく俊足のタイキシャトルは憧れのお姉さんポジションに収まったらしい。

 

 「おっ坊主、今日は悪いな。招待してもらってよ」

 

 「あっ、健さん。いえいえ、受け入れてもらってよかったです。もしかしたらまだまだ増えると思いますけどその時はよろしくお願いします」

 

 「ああ、こんないい子たちなら大歓迎だよ。んで急で悪いんだけど明日の午後入れるか?カミさんが腰やっちまってよ。1日でいいから」

 

 「いいですよ。何だったら三日ほど代わりましょうか?腰なら長引いたら大変ですし」

 

 「いいのか?悪いな。午前は俺一人でいいからよ、午後だけ頼むわ」

 

 「勿論です。あっ、あの3人も連れていってもいいですか?」

 

 「そりゃあ構わんが…」

 

 「折角田舎に来たんですから、田舎らしいことをたくさん体験させてあげたいですからね。ずっと俺がいない中家にこもってるのも退屈でしょうし」

 

 「なるほどな、いいぞ。しかしまあ、別嬪を3人もどこで見つけてきた?本命は誰だ?坊主、いわんから教えてくれよ」

 

 男に話しかけてきたのは小規模の酪農家の健さんと呼ばれている男。町内会の代表でもある彼曰く、妻が腰をやって仕事が出来なくなったので代わってくれないかとのこと。男は金は稼いではいるがかなり暇を持て余しているのでこうして困った時のピンチヒッター代わりにいろんな農家や畜産家を手伝っている。これもその一環である。持ちつ持たれつなので断るのも悪いと快諾した男ではあるが、3人を残していくのも可哀想だという考えの下同行の許可を求め、それがあっさり通って胸をなでおろした男であった。

 

 頼み事をしてきた時と違い、好奇心をにじませニヤニヤ笑いながら肩を組んでボソボソ内緒話をする健さんに苦笑いしつつ、話を逸らす。既にかなり飲んでいるらしい健さんのアルコール臭で酔っているだろうとあたりをつけていた男はビールをカパカパ開ける健さんに水を手渡すのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

541:名無しで何が悪い

こんなに堂々とウマ娘を公開してよかったのか?

 

542:名無しで何が悪い

いやでも滅茶苦茶馴染んでるぞ

 

543:名無しで何が悪い

スぺちゃんめっちゃ食ってて草

 

544:名無しで何が悪い

タイキちゃんの輝く笑顔プライスレス

 

545:名無しで何が悪い

デジたん幼女にタジタジでかわいい

 

546:名無しで何が悪い

これが桃源郷か…!

 

547:他称トレーナー

速報、明日からウマ娘が牧場に勤務することが決定

 

548:名無しで何が悪い

は?(本日3度目

 

549:名無しで何が悪い

どういうことやねん

 

550:名無しで何が悪い

説明ももとむイッチ

 

551:他称トレーナー

いやな?町内会の会長さんが酪農やってるんだけど、奥さんが腰やっちゃって働けなくなったんよ。俺は基本暇だから周りの農家さん手伝ってるんだけど、代わりにやってくれないかって言われてオッケーだした

 

552:名無しで何が悪い

なるほど

 

553:名無しで何が悪い

なしてそれがウマ娘が3人を連れていくことに?

 

554:他称トレーナー

表向きは思い出作り、裏は…残しておくと嫌な予感しかしない。俺がいないことで取り乱すくらいなら一緒にいたほうがいいと判断した

 

555:名無しで何が悪い

ああ~~~…そゆことね

 

556:名無しで何が悪い

コンビニ行ったくらいで取り乱したからな…

 

557:他称トレーナー

あともう一つ決めたことある。レース場作るわ

 

558:名無しで何が悪い

は?(本日4度目

 

559:名無しで何が悪い

くどい!

 

560:名無しで何が悪い

どうしてそうなった

 

561:他称トレーナー

いやさ?3反使ったターフで走り回る3人を見たんだけど…狭いんだわ多分。スピードが乗る前に端についちゃうから物足りないって顔してる。だもんで一周2000mくらいのレース場的なもの作る。外周が芝、その内にダートみたいな感じで。というかもう町内の土木屋複数に発注した。土地ならまだまだ余ってるし。なんなら山崩してもいいわ

 

562:名無しで何が悪い

何でこいつこんな覚悟ガンギマリなん?

 

563:名無しで何が悪い

ちなみにご予算はおいくらほどで?

 

564:他称トレーナー

とりあえず1億提示、足りなかったら追加する。彼女らはアスリートなんだから、もし元の世界に戻った時に運動能力が衰えてたら困るだろ。前世の俺が本当にトレーナーだったとしたらまず間違いなくこうすると思う

 

565:名無しで何が悪い

イッチ…!

 

566:名無しで何が悪い

これはトレーナーの鑑

 

567:名無しで何が悪い

お前…男やな!

 

568:他称トレーナー

(余ってる土地の有効利用ができると喜んでるなんて言えない)

 

569:名無しで何が悪い

それがなかったら立派だったよこの野郎!

 

570:名無しで何が悪い

あげて落とさんと気が済まんのかお前は!

 

571:名無しで何が悪い

なーイッチ、手伝えることなんかないか?

 

572:名無しで何が悪い

んだんだ、もう乗りかかった船だし

 

573:他称トレーナー

だってだって固定資産税食うだけなんだもん!二束三文だから安いけど!なら多少貯金を切り崩しても有効利用したほうがいいに決まってるじゃないか!

 

574:名無しで何が悪い

まあ、そりゃあなあ

 

575:名無しで何が悪い

1億を多少で済ませるな

 

576:他称トレーナー

あとスレ民内でいないと思うけど蹄鉄とか作れる人いない?鍛冶屋とかやってる人

 

577:名無しで何が悪い

いるわけねーだろwwww

 

578:名無しで何が悪い

何でそんなピンポイントww

 

579:装蹄師

呼んだ?

 

580:名無しで何が悪い

ガチプロじゃねーか!

 

581:名無しで何が悪い

いるところにはいるんだなwww

 

582:他称トレーナー

ウマ娘のシューズ、蹄鉄付きなんだよね。同じもの作れるかどうか聞きたくって。走るたびすり減るんだってさ

 

583:装蹄師

なるほどな。じゃあ近いうちにそっち行かせてくれ。現物見て判断したい。▲▲県だよな?隣の県だわ。

 

584:他称トレーナー

助かる。もちろん金は払う。お前らもありがとな!今日はこれで終わらせてもらうわ!

 

585:名無しで何が悪い

おつかれイッチ!お大事にな!

 

586:名無しで何が悪い

そう言えばこいつ朝に死にかけてたんだった

 

587:名無しで何が悪い

元気すぎるだろ

 

588:名無しで何が悪い

しかしウマ娘が牛の世話しに行くのか。

 

589:名無しで何が悪い

まあ何事も体験よな

 

 




 今更ですがこのお話はリアリティをある程度無視して優しい世界を構築しております。なのでイッチの世界が原因でウマ娘が曇ることは基本ありません。大体イッチのせいで曇ってます。こいつホンマ…

 まあなので今後ウマ娘がテレビデビューしようが中山でサラブレッドと一緒に走るようなことが起ころうが基本楽しいこととして描きます。裏の黒い話とかそういうのは一切なしで行きますのでよろしくお願いします。

 次回は3人が牛と触れ合うよ!もう二人くらい追加してもいいかなって思ってる。誰にしようかな~

 感想評価よろしくお願いします。ではまた次回!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

耐性できたと思ったら貫通した

1:他称トレーナー

というわけで新スレ立てたよ~。今日のウマ娘牧場見学について報告していこうと思います!

 

2:名無しの厩務員

まってたぞイッチ!

 

3:名無しの厩務員

動物と戯れるウマ娘ちゃんはよ!

 

4:名無しの厩務員

癒し画像ヒャッハー!

 

5:名無しの厩務員

死ぬほど待ってた

 

6:服飾屋

ワイ将、ウマ娘ちゃんと直接話して3サイズまで測る。感無量

 

7:名無しの厩務員

貴様ああああああっ!

 

8:名無しの厩務員

いくらなんでもそれは許さんぞ!

 

9:名無しの厩務員

あの、タイキシャトルのサイズをですね…教えていただければなと

 

10:名無しの厩務員

お前男だとしたらよくやったな。イッチだったら測らせてくれたかもしれないけど

 

11:他称トレーナー

服飾屋さんが女の人で良かった~。サイズって聞きづらいんだよね。とりあえず前金は渡したのでよろしくお願いします!

 

12:名無しの厩務員

それでも羨ましい

 

13:名無しの厩務員

あの子たちと直接話せるとか

 

14:服飾屋

服屋さんだよ!って言ったらそうなんですか!?凄いですっ!って純粋なセリフがスぺちゃんから返ってきたんだよ。溶けそう。

 

15:他称トレーナー

沢山持ってきていただいた服はありがたく使わせてもらいます~。タイキのサイズの服まであるのは驚きました

 

16:服飾屋

下着に関しては尻尾の穴をあける必要があるわね。ブラに関しては特に問題なさそうだわ。そっちで作ったのは間に合わせだから10日以内に新品の可愛いやつ送らせてもらうわ~

 

17:名無しの厩務員

おお、さすがはプロっていうか仕事はやない?

 

18:他称トレーナー

彼女、服飾界では仕事の速さで有名な人やった。誰かはいわんけど、お礼になるか分からないけど勝負服を3人に着てもらって写真撮影しました

 

19:名無しの厩務員

うおおおおあああああ!

 

20:名無しの厩務員

俺らまだ見てないのに!1ミリも見てないのに!

 

21:名無しの厩務員

見たい!俺たちも勝負服とかいうステキ衣装の3人を見たい!

 

22:他称トレーナー

いや~、流石にあの衣装を晒すのはちょっと…

 

23:名無しの厩務員

どんな衣装なんだよ!その書き方は気になるだろ!?

 

24:名無しの厩務員

もしかしてとんでもねえドスケベ衣装なのか!?

 

25:名無しの厩務員

素晴らしい!是非とも晒してくれ!

 

26:他称トレーナー

いや、えっちぃ衣装なわけじゃなくて…タイキシャトルちゃんのは出すところに出せば少年の性癖が歪みそうだけど…どうせなら勝負服で歌ってる所とか走ってる所とか見たくない?

 

27:名無しの厩務員

見たい

 

28:名無しの厩務員

超見たい

 

29:名無しの厩務員

そんなん見た過ぎるに決まってるやろ!

 

30:他称トレーナー

だもんで現在すさまじい音を立てて工事が進んでるレース場の完成の暁には勝負服のレースを配信したいと思うの。そんなわけでそれまでお預け!

 

31:名無しの厩務員

ちょっとだけ!ちょっとだけだから!

 

32:名無しの厩務員

先っぽだけでいいから!

 

33:他称トレーナー

【アグネスデジタルの耳の先と思われる画像】

 

34:名無しの厩務員

そうじゃねーよ!

 

35:名無しの厩務員

いやそれでもいいけど!

 

36:名無しの厩務員

いいのかよ

 

37:名無しの厩務員

はぇー耳こうなってるんすね

 

38:名無しの厩務員

馬っぽいけど柔らかそう

 

39:名無しの厩務員

馬の耳って案外硬いもんな

 

40:名無しの厩務員

触ったら蹴られそう

 

41:他称トレーナー

じゃあ本日の報告、午前は服飾屋さんが来てくれて、午後に牧場に働きに行ったぞ!主に俺が

 

42:名無しの厩務員

労働の尊さを思い出すがいい

 

43:名無しの厩務員

楽して稼ぎやがってよおおん?

 

44:名無しの厩務員

もう許さねえからなあ?

 

45:名無しの厩務員

これが人間の醜さですか

 

46:名無しの厩務員

でもどうせお前らニートなんだろ

 

47:名無しの厩務員

ちげーよ?自宅警備員だよ?

 

48:名無しの厩務員

誇れないんだよなあ

 

49:他称トレーナー

初手ジャブ

【セントバーナードとタイキシャトルが触れ合っている画像】

 

50:名無しの厩務員

デッッ

 

51:名無しの厩務員

ワンちゃんじゃん!

 

52:名無しの厩務員

牧場あるある、意外と他の動物もいる。猫とかヤギとか

 

53:他称トレーナー

オーナーのペットのリンちゃんだ!人懐っこくてかわいいワンコです。で、俺はまあ搾乳作業するから好きに見ててね~って言ったらタイキがとても有能だった

 

54:名無しの厩務員

というと?

 

55:名無しの厩務員

なんかタイキちゃん大型犬みあるな。かわいい

 

56:他称トレーナー

なんとタイキの実家は牧場だったのだ!肉牛という違いはあれど牛の扱いを心得ているようで、子牛のお世話をやってもらった。あとデジたんが子牛に大人気だった

 

57:名無しの厩務員

画像!画像はよ!

 

58:名無しの厩務員

デジたんは子供に好かれるのか…?

 

59:他称トレーナー

あとスぺちゃんが大人の牛に好かれるタイプなのが分かった。ベロベロ舐められてあぷあぷしてたよ。これが繋ぎだったから良かったけど放し飼いだったらまずかったかも

【子牛に指を吸われているアグネスデジタルの画像】

【子牛に哺乳瓶でミルクをあげるタイキシャトルの画像】

【興味深そうに牛に匂いを嗅がれるスペシャルウィークの画像】

 

 

60:名無しの厩務員

デジたんおっかなびっくりかわいい。

 

61:名無しの厩務員

子牛の吸う力って予想以上に強いからびっくりするのあるある

 

62:名無しの厩務員

哺乳瓶でっか!?何リッター入るやつだこれ!?

 

63:名無しの厩務員

2リットルくらいかな?スぺちゃん牛さんに懐かれて楽しそうね

 

64:名無しの厩務員

牛ってこんなに可愛かったのか…

 

65:名無しの厩務員

ウマ娘ってやっぱり可愛いな(確信

 

66:他称トレーナー

あとこんなこともあった

【大人の牛に尻尾をもっしゃもっしゃとされている困り顔のタイキシャトル】

【アグネスデジタルの揺れる尻尾を追いかける子牛の画像】 

【牧草のロールを軽々と持ち上げるスペシャルウィーク】

 

67:名無しの厩務員

助けてやれよ。つーかスぺちゃんすごっ!?

 

68:名無しの厩務員

尻尾がwww

 

69:名無しの厩務員

子牛は人の後ろによくくっついてるからなあww

 

70:名無しの厩務員

ホースとか気になるものよく舐めるんだよね動物ってww

 

71:名無しの厩務員

尻尾いいなあ。三人とも違って個性があるね

 

72:他称トレーナー

タイキの尻尾の手入れさせてもらったけどやばかった

 

73:名無しの厩務員

は?

 

74:名無しの厩務員

はあ?

 

75:名無しの厩務員

なにしとんねん

 

76:名無しの厩務員

セクハラやな?

 

77:服飾屋

ちょっとちょっと、それは…いいのか。あの子たちの様子見てたらあなたにゾッコンだったし。

 

78:競馬で全財産を溶かす男

今日も負けたぜふっははは~。馬の尻尾って付け根から数10センチまであってそっから長い毛が生えてるんだけどそこら辺如何なん?

 

79:名無しの厩務員

これケツ触ってるようなものなのでは?

 

80:他称トレーナー

ちゃうねん。トレーナーさん!尻尾のお手入れ手伝ってくだサーイ!って言われて仕方なくだな…!尻尾本体に触ってしまったのはそうだけど!ひゃんっ!?って声が聞こえたけれども!俺は悪くねえ!

 

81:名無しの厩務員

はーこいつホンマ

 

82:名無しの厩務員

あー羨ましい羨ましい

 

83:名無しの厩務員

まて、尻尾の手入れってどうやったんだ…!?

 

84:他称トレーナー

いや?それ自体は特別なことないと思うよ?お風呂入って、シャンプーリンスした後乾かして、ブラッシングのちオイルで保護する感じらしい。スぺちゃんが次は私もお願いしますっ!て言ってきたから明日はスぺちゃんの予定

 

85:名無しの厩務員

我らがデジたんは?

 

86:名無しの厩務員

そーだそーだ!差別いくない!ここは平等にやってやるべきだ!

 

87:名無しの厩務員

本音は?

 

88:名無しの厩務員

デジたんにやったら他の2人よりもかなり面白いことになりそう

 

89:名無しの厩務員

ゲッスwww

 

90:他称トレーナー

タイキをやっていた時に羨ましそうな顔をしてたのでスぺちゃんの後にでもやってあげようかなと思います。

 

91:名無しの厩務員

有能

 

92:名無しの厩務員

出来れば動画で残しておいてもろて

 

93:名無しの厩務員

オイルってどうすんの?こっちで似たようなやつある?

 

94:他称トレーナー

動画はとりあえず考えておく。オイルはヘアオイルでもいいらしいんでいろいろ取り寄せてみる。あとはまあ、風呂上がりの湯冷ましにみんなでコンビニに来てるんだ

 

95:名無しの厩務員

ほぇ~

 

96:名無しの厩務員

おまえコンビニ利用しすぎでは?

 

97:名無しの厩務員

コンビニは便利だけどたっかいんだよなあ

 

98:他称トレーナー

普段は車で行くのだが今回はウマ娘が居るとのことなので…!

 

99:名無しの厩務員

なので?

 

100:他称トレーナー

歩きで行くことにしたよ。散歩だ散歩、まあ今帰りなんだけどね。みんなにソフトクリーム買ってあげて、飲み物とおやつを俺が持ってる

 

101:名無しの厩務員

家族かな?

 

102:名無しの厩務員

父親の所業

 

103:名無しの厩務員

見ようによっては馬の散歩である

 

104:名無しの厩務員

どんな見方www

 

105:他称トレーナー

とりあえずタイキに構えとタックルを受けたのでここまでにしとく。続きは帰ったらか明日ということで

 

106:名無しの厩務員

りょうかーい

 

107:名無しの厩務員

タイキシャトルちゃんほんとワンコだなwww

 

108:名無しの厩務員

いいなー。あのダイナマイトボディが抱き着いてくるなんて

 

109:名無しの厩務員

タックルっつったよな?

 

110:名無しの厩務員

あれ?もしかして車に撥ねられるのと同じでは?

 

111:名無しの厩務員

また死の危機に瀕している…!

 

112:名無しの厩務員

1日に1度死にかけないと気が済まない男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日はとっても楽しかったデース!久しぶりにカウに思いっきり触れマシタ!」

 

 「私もとっても懐かしかったです!故郷を思い出しました!」

 

 「はうぅ…まさか子牛ちゃんにあんなに集まられることになるなんて…」

 

 「いやーデジタルは大人気だったな。子供に好かれるタイプだね。お母さんだと思われたんじゃない?」

 

 4人そろって街灯もまばらな農道を歩いて男の自宅に向かう。今日は健さんの牧場の仕事をだいたい男が全てやっていたわけではあるが、予想外だったのはタイキシャトルとスペシャルウィークの仕事っぷりとアグネスデジタルの子牛吸引力である。

 

 もともとタイキシャトルは実家が牧場らしく仕事で何をすればいいのかということを分かっていてかなり頼りになった。そしてスペシャルウィーク、彼女の故郷は人の数より牛の数の方が多いと言われるくらいの田舎だったらしく牛自体も珍しいものではなかったらしい。力仕事を女の子にやらせるというのは気が引けたがその女の子がかなりの力持ちだった場合どうすればいいのだろうと男は宇宙猫顔で乳しぼりをしながらそう考えていたりしていた。

 

 そしてアグネスデジタル、彼女はもうすごかった。親牛も子牛も彼女をガン見である。興味をひかれた子牛が彼女に群がっていた…といっても7頭くらいだけど。ただ、哺乳作業がかなり楽に終わったのでありがたい限りではあった。尻尾を口に含んで舐められないように本人は必死であったが。

 

 そんなこんなで自宅についた男一行。ウマ娘3人の手の中に有ったソフトクリームはすっかりなくなり、コーンの包み紙だけになっている。鍵を開け、いざ部屋の中に…とドアに手をかけたところで中に誰かいることに気づいてしまった男。悟った、またウマ娘増えるんだな…と。スレに報告しなければ、いやまず前世の俺が不幸にしたウマ娘がどれだけいるのかという話を聞かねばならないのでは?もう最悪金だけ残して今世で切腹を考えるべきかもしれない。介錯は弟にでも任せよう…と混乱した頭を振り切ってドアを開けた男。

 

 「あっ…その…お邪魔してます…?えっ!?お兄さま…!?」

 

 「あーっ!トレーナーだー!スぺちゃんにタイキシャトルさんにデジタルちゃんもいるっ!」

 

 そこにいたのは対照的とも言える二人のウマ娘だった。一人は青薔薇が付いた帽子を斜めに被り、髪で右目が見えないながらも大きな耳と長い黒髪が目を引く小柄で可愛らしいウマ娘、オドオドとしているのでかなり大人しそうな感じではある。

 

 そしてもう一人、桜色の髪の毛のポニーテール、ハチマキに赤い耳当てをつけて、キラキラと純粋そうな瞳には嬉しさと驚きがこれでもかと詰まっている。黒髪のウマ娘と違いかなり元気かつはつらつとした声でトレーナーだ!わーい!と全身で喜びを表現する彼女、そしてこれまた小柄である。二人とも男からしたら見下ろせるくらいには小さい。

 

 「ウララちゃん!?ライスシャワー先輩も!?二人とも女神様に祈ったんですね!?」

 

 「う、うん。あのね、ライス…お兄さまにもう一度会いたくって…それで、それで…ぐすっ…お兄さまぁ…」

 

 スペシャルウィークの驚きの声が引き金になったのか、大きな瞳に涙を浮かべたライスシャワーと呼ばれたウマ娘はへたり込んで泣き出してしまった。慌てて駆け寄る男を見たライスシャワーは震える言葉で男に問う。

 

 「ふえ…お兄さま…トレーナーさん、だよね?覚えてない、と思うけれども…ライスシャワー、だよ?」

 

 そう問われると確かに男は答えに窮する。彼女らのトレーナーと男が同一人物であるという保証は今のところ彼女らがそう言うから、それだけである。確かに男は彼女らに対して不思議な親近感を覚えているが、それに男は応えることが出来なかった。それを見たライスシャワーの顔が泣き笑いとも言うべき表情を作る。

 

 「一緒だあ…お兄さま、前にそうやってライスが尋ねた時と、いっしょの反応…やっぱりやっぱり、お兄様なんだ…!」

 

 どうやら彼女は、ループの中で今と同じ質問を前の男にぶつけたことがあるようで、それをもって目の前の男がトレーナーであることを確信したらしい。ポロポロと涙をこぼすライスシャワーの顔をそっとハンカチで拭う男、その手をライスシャワーは捕まえて、そっと頬ずりするのだった。

 

 そして、もう一人の方、ウララちゃんと呼ばれた彼女が元気いっぱいな様子でデジタルに抱き着いてその意識を奪い、タイキシャトルに嬉しそうにじゃれついている。ハグ魔のケがあるタイキシャトルはそれをかなり嬉しそうに受け入れているが、かなりの力を使っているようで仮に男がやられたら潰されそうである。幸せとかじゃなくて物理的に。

 

 一通りライスシャワーが泣き止んだ後、スペシャルウィークにも絡んでいたそのウマ娘は男の意識が自分に向いたことに気づくとばびゅんという感じで男の前にやってきてあれこれと語りだす。

 

 「トレーナー!トレーナー!えっとね!えっとね!わたし、トレーナーがいなくなった時、トレーナーが褒めてくれるウマ娘になろうって思ったの!だから、だから!いっぱいトレーニングして、沢山寝てきたんだ!」

 

 開口一番のその言葉に男は戸惑うが、どうやら男に会えたことが嬉しくてたまらない様子であるので、いったんすべてを黙って聞くことにした。

 

 「沢山トレーニングして、お友達をいっぱい作って、それでレースにも勝って…天国のトレーナーにうんと褒めてもらうんだって。それで、3女神様にトレーナーが見てくれますようにってお願いしたんだー!」

 

 「うん」

 

 そう言って男を見つめる彼女の瞳が潤んで、涙が盛り上がる。雫をぽたぽたと落としながらそれでも彼女は言葉をつづけた

 

 「…あれ…嬉しいのに、おかしいな?どうして涙が出ちゃうんだろう?トレーナーに見てもらうんだから笑顔でいなきゃって、決めたのに…ぐすっ。ねえトレーナー、忘れちゃったかもしれないけど、わたし、ハルウララ…」

 

 段々と尻すぼみになっていく言葉、増える涙、男は何となく、このウマ娘…ハルウララがどうして欲しいかを理解した。まるで長い付き合いの末に、お互いのやりたいことが以心伝心するかのように彼女が何をしてほしくて、どうして欲しいかを理解していた。震える桜色の頭に手を乗せて、優しく撫でる。

 

 「すごいぞ、ウララ。頑張ったんだな」

 

 「わああああああんっ!トレーナー!会いたかったよぉ!」

 

 胸の中に飛び込んできた桜色を男は優しく受け止めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

308:名無しの厩務員

おっせーなー

 

309:名無しの厩務員

もう深夜だぜ

 

310:名無しの厩務員

なんだかんだイッチの浮上を楽しみにしてる俺らである

 

311:名無しの厩務員

もう釣りとか関係ねーぜ!盛大につられてやる!

 

312:他称トレーナー

誰か俺を殺してくれ

 

313:名無しの厩務員

どうした急に

 

314:名無しの厩務員

なにがあったし

 

315:名無しの厩務員

おいおいおい、鬱だわこいつ

 

316:名無しの厩務員

かなりお疲れの様子

 

317:競馬で全財産を溶かす男

マジでどうした?何時もの鋼メンタルはどうしたんだイッチ

 

318:他称トレーナー

ウマ娘が増えました、二人

 

319:名無しの厩務員

あらま~

 

320:名無しの厩務員

それ関係か

 

321:他称トレーナー

来たウマ娘がな?二人とも健気を形にしたような子でな?今世の俺も死んだほうがいいんじゃないかと思い始めている

 

322:名無しの厩務員

イッチがここまで追い詰められるとは相当なアレ

 

323:名無しの厩務員

かといって今まで来たウマ娘が健気じゃないのかっていうと違うよな

 

324:名無しの厩務員

自分の世界捨ててここまで来てるんだろうけどなあ

 

325:他称トレーナー

むりぃ…なんでこんないい子たちを忘れてるの俺…

 

326:名無しの厩務員

かなり来てるなこれ

 

327:名無しの厩務員

イッチ!ここでお前が死んだら誰がウマ娘ちゃんをケアするんだ!

 

328:名無しの厩務員

おまえしかいないだろ!

 

329:名無しの厩務員

頑張れ頑張れ出来る出来る!絶対できるって!だからこそ!ネバーギブアップ!

 

330:他称トレーナー

俺頑張る。頑張ってきたウマ娘たちを笑顔にする

 

331:名無しの厩務員

それでこそイッチ

 

332:名無しの厩務員

んで聞きたいんだけどさ。誰が来たん?

 

333:名無しの厩務員

それそれ、今度はどんなナイスバディな子?

 

334:他称トレーナー

【並んで映るライスシャワーとハルウララの画像】

黒髪の方がライスシャワー、桜色の方がハルウララ。ちなみにライスシャワーは高等部、タイキと同じらしい

 

335:名無しの厩務員

マジで言ってる?

 

336:名無しの厩務員

小さいな?つーかお前身長いくつよ

 

337:名無しの厩務員

ハルウララの瞳どうなってるん?桜咲いてる?光の加減でそう見えるだけ?

 

338:名無しの厩務員

馬は瞳孔横長だしそういうこともあるだろ(すっとぼけ

 

339:名無しの厩務員

全財産ニキ、解説

 

340:競馬で全財産を溶かす男

ライスシャワー、黒い刺客、レコードブレイカーとも呼ばれるステイヤーの馬だ。長距離が強いってことだな。打って変わってハルウララ、これは有名かもしれない。113連敗という一度も勝てなかった馬ではあるがそれが話題を呼んだアイドルホース、高知競馬場の経営を立て直した凄いお馬さんだぞ

 

341:名無しの厩務員

刺客とか何それかっけえ。可愛いとしか思えないけど

 

342:名無しの厩務員

113連敗wwwザッコwwwww

 

343:名無しの厩務員

>>342 でもお前よりだいぶ立派だな。競馬場の経営立て直しなんてなかなかできない

 

344:名無しの厩務員

ハルウララはまだ存命だな。でもなんでピンク色?

 

345:名無しの厩務員

魂の色じゃね?つーかこのハルウララ強いの?

 

346:競馬で全財産を溶かす男

イッチ、勝利レース聞いてきて?一番すごいやつ

 

347:名無しの厩務員

ハルウララって地方競馬の馬だからG1もクソもない気がするが

 

348:他称トレーナー

有馬記念っつってるけど。耳を疑って他の子にも聞いたらループ中で1回勝ってるって

 

349:名無しの厩務員

はああああああああああ!?

 

350:名無しの厩務員

いやいやいやいやいや

 

351:名無しの厩務員

は?はああ?

 

352:名無しの厩務員

距離適性とは…馬場適性とはいったい…うごごごごごご…

 

353:競馬で全財産を溶かす男

俺は今正気を失おうとしてる

 

354:他称トレーナー

と、とりあえず残りは明日で。あとはまかせた

 

355:名無しの厩務員

ここ1年で一番混乱した

 

356:名無しの厩務員

最弱の馬が有馬記念を…?

 

357:名無しの厩務員

競馬を嗜む者たちが混乱しておるわ

 

358:名無しの厩務員

無知だからこそ俺らは正気でいられる

 

359:名無しの厩務員

たぶん、前世のイッチが頭おかしい存在だったのは理解した

 

360:名無しの厩務員

それ真理だとおもう

 




 というわけでウラライス参戦です。ちなみにペアで出すつもりだったので他の候補もいました。ネイチャとマチタンとか、フクキタルとドトウとか。

 あえて言いますが前世の男、つまりアプリをやっていた方の男は廃課金の変態です。ガチャが更新されるたび全天井を前提で課金をして育成をぶん回してました。それでも有馬ウララが1回というところに難易度を感じますね!

 次回はどうしよっかなあ。時間飛ばしてもいいしまたゆっくり別の話かいてもいいよね。暫くはゆっくり更新ということでお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

割と時間が経つのは早かったりする

230:名無しの厩務員

そう言ってイッチが消えてから3日経ったわけだが

 

231:名無しの厩務員

イッチ、本当に死んでしまったん?

 

232:名無しの厩務員

ウマ娘ちゃん不足で俺が死にそう

 

233:名無しの厩務員

イッチもコテハン勢も戻ってきてくれよ~

 

234:他称トレーナー

【ウマ娘たちと外でピクニックをしている画像 男が三人と女性が一人映っている】

 

235:名無しの厩務員

イッチぃ!

 

236:名無しの厩務員

つーかなんだこの画像!?

 

237:名無しの厩務員

写ってるの誰!?

 

238:競馬で全財産を溶かす男

ワイや

 

239:装蹄師

 

240:服飾屋

私も

 

241:他称トレーナー

そんで俺

 

242:名無しの厩務員

コテハン勢なにしとんねん!

 

243:名無しの厩務員

というかどこそこ?

 

244:名無しの厩務員

お弁当でかすぎて笑う

 

245:他称トレーナー

いや、全財産ニキ以外のコテハンメンバーが奇跡的に来る日が被ったから全財産ニキ呼んだら来てくれてん。そんでうちの山の麓でピクニックしてた

 

246:名無しの厩務員

なんというか…楽しそうですね?

 

247:競馬で全財産を溶かす男

ハルウララちゃんめちゃんこかわいかったよ。こんなピュアガールが存在してていいのかと疑った

 

248:名無しの厩務員

そうだな、その写真でも蝶追いかけてるもんな

 

249:名無しの厩務員

これが有馬記念勝者かぁ…

 

250:装蹄師

蹄鉄見に行っただけなのに気づいたら酒盛りして泊まることになってた。スぺちゃんの食べっぷりは圧巻だった。あとちらっと見たけど走るのほんとに速いわ

 

251:名無しの厩務員

羨ましい

 

252:名無しの厩務員

俺もイッチの家行きたい。ウマ娘ちゃんと戯れたい

 

253:他称トレーナー

スマンが増えるかもしれないウマ娘のために部屋がないんや。諦めてくれ。もしまた増えるなら家増築も視野に入れてるくらいなのでヒト息子を養う余裕はない

 

254:名無しの厩務員

増えるんだろうなあ、ウマ娘

 

255:名無しの厩務員

増えてるしなあ、実際増えてるんだしな現在進行形で

 

256:名無しの厩務員

あれでもこの3日で増えたのか?

 

257:他称トレーナー

いや、増えてない。増えてないんだけど…みんなの話を聞くに来るのも時間の問題かもしれない

 

258:名無しの厩務員

聞きたいような聞きたくないような

 

259:名無しの厩務員

もうウマ娘村でも作ったらどうなの?

 

260:名無しの厩務員

ウマ娘には男おらへんのやろ?そんで人と結ばれるのが普通なんやろ?

 

261:名無しの厩務員

纏めてイッチが抱いたら解決じゃね?

 

262:名無しの厩務員

リアルハーレムだねー羨ましいね~

 

263:他称トレーナー

他人事なのはそうだろうけどもうちょっと何とかならんかスレ民よ。この動画を放出できないじゃないか

 

264:名無しの厩務員

ガタッ

 

265:名無しの厩務員

服脱いだ

 

266:名無しの厩務員

全裸待機なう

 

267:名無しの厩務員

せーのっ!

 

268:名無しの厩務員

すいませんでしたああああ!

 

269:名無しの厩務員

画面の前で土下座するんでお許しください

 

270:服飾屋

いやー、デジタルちゃんとは話があうわ~。ライブ用の服、作らなくちゃね~

 

271:名無しの厩務員

服飾ネキここで迫真の原爆投下

 

272:名無しの厩務員

情報の濁流に俺氏困惑

 

273:名無しの厩務員

ライブ用の衣装っつった!?

 

274:名無しの厩務員

ライブというかあれか!ウイニングライブとかいうやつ!

 

275:他称トレーナー

そうそう、それそれ。今基礎工事が進んでるんだけど1か月の突貫工事になるからね

 

276:名無しの厩務員

は?

 

277:名無しの厩務員

1か月とか無理では?

 

278:名無しの厩務員

いや、土盛ってコースに沿って柵を立てるなら…いけるのか?

 

279:名無しの厩務員

芝どうすんの?

 

280:他称トレーナー

コースしか作らないからね。なんか2000の範囲を全て埋め立てていろいろあれこれするってなったらそりゃ年工事だけど幅20Mの道を埋め立てだけだから割と何とかなりそう。

 

281:名無しの厩務員

それでもおかしい。速すぎる

 

282:他称トレーナー

ああそれは頼んだ土木屋があいてる知り合いの会社全部総動員してるからマンパワーの暴力で何とかなってる。四六時中重機が動いてるぜ?金があるからできること。高低差どうしよう、あった方がいいよね?

 

283:競馬で全財産を溶かす男

あった方がいいかも。東京競馬場参考にしてみたら?

 

284:名無しの厩務員

それだ

 

285:名無しの厩務員

多分単純な一周コースやんな?競馬のレースならあった方がいいんだろうけど走るのは人型だしな~

 

286:名無しの厩務員

それはもうご本人に聞いた方がいいのでは

 

287:他称トレーナー

いや、聞いたらあった方がいいっていうのが大多数なんだよね

 

288:名無しの厩務員

じゃあ作れよ

 

289:名無しの厩務員

大多数?反対派がいたのか?

 

290:他称トレーナー

いや、反対派っていうか。あってもなくても大丈夫!みんなと走れるだけでとっても楽しいんだよ!っていうハルウララとかいう子がいてですね

 

291:名無しの厩務員

あらま~

 

292:名無しの厩務員

なんて可愛らしい

 

293:名無しの厩務員

ダートと芝両方作るんだよね?芝と土どっから持ってくる気?

 

294:他称トレーナー

とりあえず内周のダートを優先で行く。競馬で使う土は買えた。青森の砂なんだけど大量注文したら電話かかってきて趣味で馬のコース作るんすよっつったらご予算は?って聞かれて札束で殴りつけてきたところ。めっちゃ嬉しそうに準備します!って気持ちよくいってくれたよ。

 

295:名無しの厩務員

仕事が早い

 

296:名無しの厩務員

芝は?

 

297:名無しの厩務員

またお前のとこで育てるんか?

 

298:名無しの厩務員

芝はな~

 

299:他称トレーナー

芝は買うことにした。青森の人にダートコースですね?って言われて芝も考えてるんだけど当てがないって言ったら農家さん紹介してくれた。こっちでも札束で殴りつけてきた

 

300:名無しの厩務員

イッチの財布冷えてるか~

 

301:他称トレーナー

大丈夫っすよ、バッチェ冷えてますよ~収支でいうならまだプラスやけえ問題ない。この間買った株が跳ねたからそれ全部売って工賃に当てる。

 

302:名無しの厩務員

金転がしは儲かるんやなって

 

303:名無しの厩務員

イッチに金があってよかったな。なかったらヤバかっただろ

 

304:名無しの厩務員

ウマ娘ちゃんの笑顔が曇ってた…?

 

305:名無しの厩務員

全然あり得るのが笑えない

 

306:名無しの厩務員

いまだに全部仕込みの壮大な釣りスレだと思っている。そうだと言ってくれ

 

307:他称トレーナー

【とんでもない量の食事を片付けていくウマ娘たちの画像】

 

308:名無しの厩務員

食いすぎぃ!

 

309:名無しの厩務員

これが一番信じられない。どこに収まってるの?

 

310:名無しの厩務員

正直写真が加工じゃないのは十分わかったんだけど、現実味が中途半端なんだよな

 

311:他称トレーナー

収まってないんだよなあ

【腹が膨れたスペシャルウィークとタイキシャトルの画像】

 

312:名無しの厩務員

うそでしょ…

 

313:名無しの厩務員

収まってるというか収まってないというか

 

314:名無しの厩務員

こんだけ食って太らんのか?

 

315:他称トレーナー

あとライスシャワーも結構食べる。恥ずかしがり屋だからここだけの話。指摘すると真っ赤になっちゃうから画像はなしで

 

316:名無しの厩務員

あら~~^

 

317:名無しの厩務員

いっぱい食べる君が好き

 

318:名無しの厩務員

いっぱいしゅき

 

319:他称トレーナー

あとウマ娘たちやっぱ走るの好きでほっとくと2時間くらいランニングしてたりする。多分太らないのはそれ、俺の土地の内を何度も往復してるんだよね。そりゃ蹄鉄もすり減るわ。靴も考えないとな、シューズが何時まで持つか分からん。近所の靴屋の爺様に頼むか

 

320:名無しの厩務員

なあ、それって市販の靴とどれだけ違うんだ?

 

321:名無しの厩務員

市販のシューズを改造できるなら、それが一番いい気がする

 

322:名無しの厩務員

イッチに金があるとはいえすべてオリジナルでは使えなくなった時に困るだろう

 

323:他称トレーナー

こんな感じ

【底が部厚くなっており、蹄鉄をつけるくぼみが開いてるシューズの画像】

 

324:装蹄師

流石に靴はお手上げだな、どっちかっていうと服飾屋さんの範疇じゃないか?

 

325:服飾屋

んー、知り合い当たってみるわね。というかこれ、あれじゃないかしら?ローラーシューズ、あれ底かなり厚いはずだからあれをベースにするのがいいかしらね?完成したら連絡入れるわ。

 

326:名無しの厩務員

ここのコテハン勢有能だよな

 

327:名無しの厩務員

それはそうと蹄鉄ってどうなったん?

 

328:装蹄師

ああ、それは何とかなりそう。かなり細いし薄いけど蹄鉄だしな。作れる範囲だわ。量産してそっち送るよ。自分で打てるんだって?装蹄師要らずだな、靴だからまあ当たり前か

 

329:他称トレーナー

ありがたや。とりあえず今決まってるのはそんなところか。じゃあ今朝あった面白エピソードでも

 

330:名無しの厩務員

ほほう

 

331:名無しの厩務員

気になる気になる。

 

332:名無しの厩務員

わくわくてかてか

 

333:他称トレーナー

ライスって絵が上手いんだよな。デジタルも絵が上手いんだけどデジタルはなんか今風のアニメ絵っぽい感じだけどライスの絵は絵本みたいな温かみのある優しい絵なんだわ。

 

334:名無しの厩務員

ほほう

 

335:名無しの厩務員

こういう情報助かる

 

336:他称トレーナー

それを、ウララがライスちゃんは絵が上手なんだよ~って俺に暴露したんだが、よっぽど恥ずかしいのか真っ赤になったライスを見て俺はこう思った。なるほど、これが赤飯というやつだな、と

 

337:名無しの厩務員

面白くねーわハゲ!

 

338:名無しの厩務員

可愛いけどお前の感想で台無しだわ!

 

339:名無しの厩務員

なんかやる気が下がった…?

 

340:名無しの厩務員

こいつホンマあげて落とさんと気が済まんのか?

 

341:名無しの厩務員

台無しである。

 

342:他称トレーナー

ああそれで本題なんだけど

 

343:名無しの厩務員

切り替えが早い

 

344:名無しの厩務員

今までのがジャブかよ

 

345:名無しの厩務員

かなり重要な話なのでは?

 

346:他称トレーナー

このスレでウマ娘の可愛さ以外に重要な話なんてない

 

347:名無しの厩務員

言い切りやがった

 

348:名無しの厩務員

マジかこいつ

 

349:名無しの厩務員

さっきまでさっむいシャレをいってたくせによ

 

350:他称トレーナー

で、本題なんだけどスぺちゃんのウマホからレースの動画を発掘したんだよね

 

351:名無しの厩務員

ホアッ!?

 

352:名無しの厩務員

それを早く言わんか!

 

353:名無しの厩務員

レース!レース!

 

354:名無しの厩務員

見せてくれよ!

 

355:他称トレーナー

いいよ~、んじゃアップするね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「なんか、こう…全員近くない?」

 

 「そうですか?」

 

 「そんなこと、ないよ?」

 

 「そうですかね?」

 

 「普通デース!」

 

 「トレーナーの近くに居たいんだ~!うっらら~って楽しい気持ちになるの!」

 

 「ウララは素直だね~」

 

 「えへへ~」

 

 外からやったらに重機の音が響いている昼間、男がちゃぶ台に置いたノートパソコンを使ってスレに顔を出しているとウマ娘たちがわらわらと男のそばに寄ってくる。隣に陣取るスペシャルウィーク、真正面に座るタイキシャトルとライスシャワー、反対隣りに座って引っ付くハルウララ、極め付きに背中はアグネスデジタルにもたれかかられ背もたれになっている。両手どころか上下以外全部花状態である。見る人が見れば羨ましいと憤死することだろう。

 

 テレビのニュースを興味深そうに見るハルウララとアグネスデジタル以外のウマ娘たち。耳が一斉にテレビの方に向いているのが何だか面白い。こっちのニュースとなると特段面白いものもないはずだが別の世界の話だし気になるのだろうか。ちなみにハルウララは何してるのー?と脇から顔を突っ込んでパソコンの画面を見ている。アグネスデジタルは背中でガリガリ何やら絵を描いているらしい。

 

 こういったらいけないが暇なのかもしれない。コースができるまでの間は外へ行くといつだってうるさいので走りに集中できないらしい。なのでお勉強するかと男は彼女らにいろいろと中学高校の知識を入れたりしていた。彼女らが通っていたトレセン学園は中高一貫の選ばれたウマ娘のみが通えるスペシャルな学校であるらしい。なので勉強も頑張らないといけないのだ。

 

 男がパソコンにウマホを繋いだ。これはアグネスデジタルのウマホだ。3台ほどウマホを持っている彼女ではあるが見てもいいデータが入っているのがこのウマホらしい。残りの二つのウマホには何が入っているのか…男は気になってしまったが追求しないことにした。

 

 「デジタル~」

 

 「はい、デジたんです」

 

 「この音楽ファイルに入ってるのが全部なのか?」

 

 「そうですね、それが現在URAが公認している、ウイニングライブ用の曲になります。動画ファイルには振付の動画も入っていますうぇへへへへ」

 

 「このバクシンバクシンってひたすら言ってる曲もか?」

 

 「それはサクラバクシンオーさんにお願いして撮りました」

 

 「そっか、じゃあこっちのテイオーテイオーって連呼してるのもそうだな?」

 

 「はい。そっちはトウカイテイオーさんです!いやー歌がお上手ですよね~」

 

 知らない名前の知らない子である。デジタルのウマホにはその容量ギリギリに様々なデータが収められていた。レースの動画に始まり、ウイニングライブの動画、それ用の楽曲、トレーニングのデータ、脚質やらそう言ったこまごました数字のデータ。あとデジタルお気に入りのよくわからないものまで大小さまざまではあるが、必要そうなものをパソコンに吸い出していく。

 

 やはり近いのではないだろうか、と男は思う。それなりの広さがあるリビングルーム、座る場所ならたくさんある。それこそテレビの前のソファーとか、食卓の椅子とか。わざわざ地べたに座る男の近くまで来る必要はないはずである多分。

 

 というかウマ娘というやつは人懐っこい生き物か何かなのであろうか?走りに行くとき以外、男の後ろをカルガモのように付いてくるスペシャルウィークやライスシャワー、見かけるたびにロケットのようにすっ飛んでくるタイキシャトルにハルウララ、そして気づいたら引っ付いているアグネスデジタル。

 

 可愛いのである。そりゃあ、こんなこの世のものとは思えないほど顔が整った美少女(ウマ耳尻尾付き)が自分の周りをくっついて離れないのならば男としては癒しの確保には困らないと思ってはいるがそれはそれ、これはこれ。年頃の女の子が男にこうも無遠慮に引っ付いていいのだろうか、いや良くない。

 

 「おっ、デジタルデジタル」

 

 「はいなんでしょう」

 

 「こっちのお前の動画、見つけたぞ」

 

 「はいっ!?」

 

 素っ頓狂な声を上げてデジタルが背中からこちらに勢いよくやってくる。男が見つけたのは競馬のアグネスデジタルの動画、こちらではもう亡くなってはいるが動画としてその姿は残っている。といっても男が見つけたのは現役時のレースの動画ではなく引退後の穏やかな生活を営んでいたアグネスデジタルであるが。動画を再生した男の後ろにウマ娘が全員集合してパソコンの画面を見る。

 

 「これ…あたし…?全然違うのに、この子…あたしだ…」

 

 ピコピコと耳を動かしながら動画を一心不乱に見つめるアグネスデジタル。画面の中の馬は勇壮な馬体をうねらせて軽やかに走っていた。大きな嘶きが聞こえる。2分ほどの動画はすぐに終わってしまった。

 

 「あれが、馬なんですね?ビックリしました、動物が自分に見えるだなんて」

 

 「俺も今驚いてる。お前と重なるんだよな…今度はレースの動画見てみるか!」

 

 「いいんですかっ!?ぜひお願いしますっ!」

 

 「トレーナーさん!私のもお願いします!」

 

 「デジタルばっかりずるいデース!」

 

 「ラ、ライスのもお願いします!」

 

 「わたしのもー!」

 

 

 男の周りがにわかに騒がしくなる。とりあえず順番と声をかけて男は動画サイトに文字を打ち込むのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

541:名無しの厩務員

ウマ娘のレースやべえ

 

542:名無しの厩務員

何だあれ、何だあれ!?

 

543:名無しの厩務員

走ってる姿が馬に見えるんだけど

 

544:名無しの厩務員

スぺちゃんがスペシャルウィークと同じ走りにしか見えん

 

545:名無しの厩務員

当然か本人なんだから

 

546:競馬で全財産を溶かす男

やべーな、2窓で見比べてみたけどそっくりだ。2本足と4本足の違いがあるのに差し合いとか完全にスぺシャルウィークそのものだぞ

 

547:名無しの厩務員

あと…ナイスブルマ!

 

548:名無しの厩務員

余計だよ馬鹿野郎

 

549:名無しの厩務員

まだ出てきてないウマ娘ばっかりだったしな。みんな個性的な髪飾りとか付けてるよね。王冠とかさ

 

550:名無しの厩務員

でもどっちか片方なんだな。でもおしゃれだし向こうのウマ娘の間じゃアシンメトリーが流行ってるのかも

 

551:名無しの厩務員

でも両耳につけてる子もいるよね。額の真ん中の髪が白くって花みたいな髪飾りつけてた子。何となく高貴そう

 

552:名無しの厩務員

ワイはあれやな。小柄で白くて長い髪してた子。ヘアバンドとリボンが一体化しててなびく姿がかっこいい。稲妻みたいな速さだった

 

553:名無しの厩務員

あのとんでもねえビックサイズな子は誰だ!?180㎝はあるぞ!?

 

554:名無しの厩務員

タッパが高くてケツのでかい女が好みのワイ、撃ち抜かれる

 

555:名無しの厩務員

模擬レースらしいけど気になる子たくさんいるよな。

 

556:他称トレーナー

ちなみにまだまだレースの動画はある。ついでにウイニングライブの動画も

 

557:名無しの厩務員

イッチ!お恵みください!

 

558:名無しの厩務員

たのんますっ!

 

559:他称トレーナー

現状パスワード式にしてるけどあんまり投稿多くて再生数回ると一般の人にも出てきちゃうからちょっと間をおいてあげた奴消してからにするよ。それまでは我慢して

 

560:名無しの厩務員

しょうがないか~

 

561:名無しの厩務員

青い髪のツインテな子、めっちゃ好みやねんけど

 

562:名無しの厩務員

オッドアイが可愛いな

 

563:名無しの厩務員

3着だったモフモフツインテの子がいい

 

564:名無しの厩務員

1着だった気の強そうなツインテの子が好みかもしれん。おっぱいおおきいし

 

565:名無しの厩務員

男っていつもそうですよね!

 

566:名無しの厩務員

そうだよ(肯定

 

567:他称トレーナー

ちなみに今上がった子たち全員こっちの世界で競走馬だった子だぞ。名前聞いて調べた

 

568:名無しの厩務員

まーーーじで?

 

569:名無しの厩務員

これは考察がはかどるやつだな?

 

570:名無しの厩務員

走る姿と重ね合わせば一発よ!

 

571:名無しの厩務員

それかなり根気が要りそう

 

572:他称トレーナー

案外競馬嗜んでる人多いのかな?

 

573:名無しの厩務員

まあギャンブルとはいえ立派な趣味だしなあ

 

574:名無しの厩務員

地方競馬の馬主やっとりますで。もうすぐ引退やから引退したらイッチのとこにお馬さん連れて行っていい?

 

575:名無しの厩務員

無茶言うな

 

576:名無しの厩務員

ウマ娘と会わせたいがために長距離移動させられるお馬さん可哀想

 

577:他称トレーナー

くるのはええねんけど放馬したら柵ないから無限に逃げるぞ

 

578:名無しの厩務員

致命傷やん

 

579:名無しの厩務員

がははなーにウマ娘ちゃんが走って追いかけてくれるさ

 

580:名無しの厩務員

だめじゃん

 

581:名無しの厩務員

やっぱ無理か。普通に牧場に預けよ。それなりに勝ってくれたし大人しいやつだから乗馬用になれるっしょ。最後まで責任は持つさね

 

582:名無しの厩務員

そっか、馬肉にされる可能性もあったんだな

 

583:名無しの厩務員

むしろイッチたちが会いに行ったら?尻尾と帽子隠して

 

584:名無しの厩務員

お馬さんがウマ娘に対してピルサドスキーしたらどうする気だ

 

585:名無しの厩務員

ありえんっしょwwwwないよな?

 

586:名無しの厩務員

多分ないと…思う

 

587:名無しの厩務員

タイキシャトルのとこには行ってほしい気はある。▲▲県なら近いっしょ?

 

588:名無しの厩務員

一応見学できるし、大人数ならともかくタイキさん連れて行ってあげてみて欲しい

 




 悲報、ネタストックが切れる。のでちょっと投稿に時間をかけさせてください。エタったらまあ…そういうことでどうか一つ

 次出すのは誰かなーっていうのも決めないといけないですしね。あと競走馬と会わせるお話を書く場合現実の牧場ではなく、架空の牧場の架空の人物で行きます。現実のお話を書くのはダメですからね。

 ではではでは、次回もよろしくお願いします

 感想をくれると作者が喜びます。にんじんたくさんください!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

現状を改めて確認すると結構やばい

245:名無しの厩務員

イッチどこ行っちゃったんや

 

246:名無しの厩務員

悪質な釣りやったんやろ。姿隠してもう3週間やで?

 

247:名無しの厩務員

ウマ娘…やはり儚い夢だったか

 

248:競馬で全財産を溶かす男

いや?そういうわけでもないとおもうけど

 

249:名無しの厩務員

全財産ニキ!イキワレェ!

 

250:名無しの厩務員

生きとったんかワレ!

 

251:競馬で全財産を溶かす男

ちょっと借金のカタに蟹とっててな

 

252:名無しの厩務員

嘘乙

 

253:名無しの厩務員

で?イッチとかは?

 

254:他称トレーナー

呼んだ?

 

255:名無しの厩務員

イッチィ!

 

256:名無しの厩務員

心配したんやぞ!

 

257:名無しの厩務員

セクハラかまして蹴られて死んだんだと思ってた!

 

258:名無しの厩務員

俺は胴体が分断されたのかと…

 

259:名無しの厩務員

ワイはついに手を出してしまったのかと…

 

260:名無しの厩務員

3日目の佃煮になってるのかと思ってた

 

261:他称トレーナー

俺の信頼度低すぎない?

 

262:名無しの厩務員

前世の所業の結果

 

263:名無しの厩務員

何人絶望させてるか数えてから言えば~?

 

264:名無しの厩務員

正直佃煮にされても文句ないのでは?

 

265:他称トレーナー

たしかに

 

266:名無しの厩務員

納得しおったぞコイツ

 

267:名無しの厩務員

イッチの自己評価低すぎ説

 

268:名無しの厩務員

金転がしで有能なくせに

 

269:他称トレーナー

んでまあ、この3週間いなかった理由やねんけど…クッソ忙しかってん。ウマ娘も増えたし

 

270:名無しの厩務員

やっぱり増えたんか

 

271:名無しの厩務員

何人増えたの~?

 

272:他称トレーナー

10人。あとでそこら辺如何するか話す

 

273:名無しの厩務員

ファッ!?

 

274:名無しの厩務員

フエスギィ!?

 

275:他称トレーナー

しかもまだ増えるって予告をもらった。やべーよどうしよう

 

276:名無しの厩務員

本格的にイッチの財布が心配

 

277:名無しの厩務員

何言ってんだ御大臣だぞこいつ

 

278:名無しの厩務員

やーい太っ腹~!

 

279:他称トレーナー

ウマ娘のトレーニングに付き合いだしてから割と筋肉付いたが

 

280:名無しの厩務員

そう言う意味じゃねーよ

 

281:名無しの厩務員

で?誰が来たの?

 

282:名無しの厩務員

教えてーな!

 

283:他称トレーナー

折角なので一人ずついっていこうか。当ててみてくれ。考察が盛り上がってたみたいだしお前らならいけるっしょ?

 

【紅茶の味に納得がいかないらしいがお菓子が止まらないらしいメジロマックイーンの画像】

 

284:名無しの厩務員

誰だぁ!?

 

285:名無しの厩務員

そこはかとなく漂うお嬢様臭

 

286:名無しの厩務員

ほっぺもっちりしてる

 

287:名無しの厩務員

はぇー超美人。うーん葦毛?はっ!ゴールドシップ!

 

288:名無しの厩務員

ばっかあのUMAがこんなお嬢様してるわけないだろ!

 

289:他称トレーナー

中らずと雖も遠からず

 

290:名無しの厩務員

なんやて!?

 

291:名無しの厩務員

葦毛じゃないかもしれないだろ?白毛かもよ?

 

292:名無しの厩務員

シロインジャー!

 

293:名無しの厩務員

このお嬢様がそんな名前だったらおターフ生えますことよ

 

294:競馬で全財産を溶かす男

はい!メジロマックイーン!

 

295:名無しの厩務員

おっ?これじゃね?

 

296:名無しの厩務員

なるほどなんか納得感ある

 

297:他称トレーナー

はい正解!この子はメジロマックイーン!なんと元の世界ではリアルお嬢様だったそうだ。その…立場を捨ててまで来るのはどうなのかと聞いたら「私とあなたは一心同体ですもの。当然ですわ」って耳をパタパタさせながら言われた。野球大好きっぽい。近所の悪ガキの野球を楽しそうに眺めてた。あとメジロ家って言ってたから十中八九他のメジロもいる。というか聞いた。甘いものに目がないらしい、でも太りやすい体質とのこと。

お次はこの子

 

 【軽やかなステップを踏んで踊るトウカイテイオーの画像。撮影者側に満面の笑みを向けている】

 

298:名無しの厩務員

ロングポニテ来たっ!かわいい!これで勝つる!というかメジロマックイーン!?超々名馬じゃん!うっわーかわいいなーいいなー

 

299:名無しの厩務員

全財産ニキ流石ですね。今度は鹿毛か~?額の白いのって流星だよな?当時稼がせてもらったわマックイーン。まさにターフの名優だった

 

300:名無しの厩務員

うわっ眩しい笑顔だな。流星っつったらマチカネタンホイザじゃね?こんな感じに曲がってなかった?

 

301:名無しの厩務員

ぜったい可愛い声してる。声優ヲタの俺にはわかるんゴ。

 

302:名無しの厩務員

三日月型の流星…シンボリルドルフだ!間違いない!

 

303:他称トレーナー

まーちがーいどぅえーす!

 

304:名無しの厩務員

うっざ!

 

305:名無しの厩務員

ぐぎぎぎ

 

306:他称トレーナー

ヒント ○○○○ステップ

 

307:名無しの厩務員

ステップ?

 

308:名無しの厩務員

テイオーステップ!トウカイテイオー!?

 

309:名無しの厩務員

えっあのイケメンホースがこんなかわいい子になるんですか…?

 

310:他称トレーナー

はい正解!自称無敵のトウカイテイオー様だそうだ。あった瞬間目が死んでいたのは驚いたけど1週間で元の性格らしい明るくて溌剌として自信たっぷりの女の子になったよ。歌とダンスがとっても上手、あと滅茶苦茶体が柔らかい。1週間ぐらい俺に引っ付いて離れなかったけど、俺がもういなくならないって約束したら立ち直ってくれた、のかな?好きなものははちみー(ほぼはちみつドリンク)いい意味でも悪い意味でもお子様。あとあまり太らない体質らしくマックイーンにお菓子片手に無自覚に煽ったりしてる

 

お次はこの子!

【とんでもない勢いで泣いていることがわかるウイニングチケットの画像。どうやらテレビ番組に感動したらしい】

 

311:名無しの厩務員

トウカイテイオークソガキで草生える。というかめっちゃ泣いてるwwwその番組ってお涙頂戴のやらせ番組じゃなかったっけ?

 

312:名無しの厩務員

ほぼはちみつドリンクってなんだよ、それはちみつじゃん。

 

313:名無しの厩務員

今度は…全く分からんが美少女なのはわかった

 

314:名無しの厩務員

ウマ娘全員美少女定期

 

315:名無しの厩務員

イッチイッチ、今度からヒントも一緒にくれ。というかもうクイズ形式いいわ。さっさと全部知りたい。そこら辺は考察スレに投げよう

 

316:名無しの厩務員

楽しいけど時間かかるわ。本題すぱっといかせてくれ

 

317:他称トレーナー

あそう?俺は楽しかったんだけどな。ちなみにさっきの子はウイニングチケットだよ。物事全てがオーバーな子で全力で感情を表現してくれる。感動しいで泣き虫さん、すぐ号泣する。それ以外はとっても元気なパワフルガール。どうやらダービーウマ娘になることが目標で、ループの中の俺と何度も夢をかなえたとのこと。他の子に比べて尻尾がかなりせわしない、顔より尻尾を見れば何考えてるか分かるくらい。あと距離が近い、めっちゃちかい。お前絶対普通の学校行ってたら男子勘違いしてたぞと言ってやりたい。平然と抱き着いてくる、何なんこの子、いろいろ強すぎる

 

318:名無しの厩務員

チケゾー爺さんがそんなキャラに…!?

 

319:名無しの厩務員

無自覚小悪魔いいぞーコレ

 

320:名無しの厩務員

イッチ、多分浮上したからには何かあったんやと思うんやけど、それ先にやらんか?

 

321:他称トレーナー

ああ、んじゃあそれ先に行くわ。まず一つ、食費やべえ、時間足りねえスペース足りねえ。業務用炊飯器追加で買うし、1回の食事で5キロの米が消える、やばい

 

322:名無しの厩務員

なにそれ超やべえ。でも予想通りっちゃ予想通りか

 

323:名無しの厩務員

そもそも住むスペースあるの?

 

324:他称トレーナー

そろそろヤバいので最終手段を解禁、プレハブ住宅を5個ほど注文、一軒家サイズ。総額で…まあこれはいっか。とりあえずはお高いということで。現在ヒアリング中。早ければ1か月後で工事開始。

 

325:名無しの厩務員

行動が早すぎる

 

326:名無しの厩務員

人生での大きな買い物を同時に5つこなす男

 

327:名無しの厩務員

あれでもそれイッチの家に住むのが誰かで喧嘩しない?

 

328:名無しの厩務員

世界超えるほど愛されてるからな、あり得る

 

329:他称トレーナー

そもそも年頃の美少女が俺みたいなうだつの上がらない男と同じ家で寝起きしてるのがおかしいのだ。完成の暁には全てのウマ娘はプレハブ住宅に住んでもらう。というかウマ娘にもプライベートの空間は必要でしょ?そう言うことよ

 

330:名無しの厩務員

嘘だゾ、絶対イッチが一緒の方がウマ娘ちゃんは嬉しいゾ

 

331:名無しの厩務員

そうだそうだー!

 

332:名無しの厩務員

その内イッチ大岡裁きされそう

 

333:名無しの厩務員

大岡裁きされたらイッチリアルに四肢がもげるな

 

334:他称トレーナー

ええい黙れ黙れ!俺だって男なんだ!何かの間違いがあったらどうすればいいと言うんだ!あっ、それはそうと…レース場完成しました(王者の風格

 

335:名無しの厩務員

サラッというなサラッと

 

336:名無しの厩務員

マジで言ってる?

 

337:名無しの厩務員

早すぎないですかね…

 

338:他称トレーナー

ほら、見ろよ見ろよ

【青々と茂った芝のコースの内側にダートコースがある。きちんと柵で囲ってある】

 

339:名無しの厩務員

大マジじゃん

 

340:名無しの厩務員

あーっと確か1周2000mで内周が1周1800mなんやっけ?坂も完備で

 

341:競馬で全財産を溶かす男

競馬場と言われても違和感ないな。ゲートあったら完璧なんだけど…

 

342:他称トレーナー

ゲートは買うよ、つーか買った。2週間後こっちに来る

 

343:名無しの厩務員

マジでコイツガンギマリやな

 

344:名無しの厩務員

ウマ娘キメるとこうなるのか~

 

345:名無しの厩務員

金がある変態の所業

 

346:服飾屋

金があるのは素晴らしいと思うの。金払いがいいというのは素晴らしいわ。追加注文ありがとね~

 

347:名無しの厩務員

強かな女である

 

348:他称トレーナー

とりあえずこれで報告事項は全部。というわけで今からぁ!ウマ娘ちゃんの紹介を再開するぞ!

 

349:名無しの厩務員

待ってましたイッチィ!

 

350:名無しの厩務員

誰だ!?誰が来るんや!?

 

 

 

 

 

 

 

 「いや~トレーナーさん。流石のネイチャさんもこれにはドン引きかなって」

 

 「ひどくね?」

 

 「おお~~広ーい!トレーナーさんお金持ち~!よーし走るぞー!えい、えい、むん!」

 

 「メジロ家のターフとほぼ同じ広さですわね…」

 

 「うん、マックイーン、普通は家にターフなんてないんだヨ?少なくともボクの家にはないもん」

 

 「というわけでウマ娘諸君、これで思いっきり走ってほしい!」

 

 「「「「「やった~~~~!」」」」

 

 工期1か月ほどをかけて完成した個人所有とは思えないほどしっかりとしたレース場、そこに我先にと駆け込むウマ娘総勢15名、そう10人増えたのである。まとめて、まとめてである。帰ったら部屋の中がウマ娘で埋まってただなんて体験はなかなかできるものどころか一生に1度もないだろう。軽く恐怖を覚えた。

 

 男の家がいかに集合住宅を模しているからと言ってうら若き15名の乙女をすし詰め状態にしてしまうのは間違いないのだ。早急に何とかしなければいけないと悟った男はまたも金をフル回転させることにしたのではあるがそれはまた別のお話。これでまだ財産が目減りしないというのだから男の金の稼ぎ方がとんでもないことがわかる。

 

 「うっうっ…あ゛り゛か゛と゛~~!ト゛レ゛ー゛ナ゛ー゛さ゛ん゛!!!」

 

 「うおっ!チケットどうした!?」

 

 「嬉しいんだよ、アンタが私たちのためにここまでしてくれるのが嬉しくてたまらないんだって………私も、だけど……」

 

 「全く、いい加減素直に礼を言うことを覚えたらどうなんだ?チケットを隠れ蓑にするのは良くないな、タイシン」

 

 「うっさいハヤヒデ!べ、別に私は、その……~~~~~っ!!!……あ、ありがと……」

 

 とても女の子が見せていいと思えない顔になってぐすんぐすんえぐえぐと泣きながら男に抱き着いてお礼を言うウイニングチケット、何事も全力な彼女のお礼にあばらが軋む音を立てるがそれをおくびにも出さずよしよしとあやす男、もう完全に慣れてしまっている。男の肋骨が砕ける日がないことを願いたい。そして、素直に礼が言えずツンツンとした態度をとるナリタタイシンとそれを穏やかに諫めるビワハヤヒデ。競馬ファンが聞けば卒倒しそうなトリオである。口をはくはくとさせてから、真っ赤になって小さな声でお礼を言うナリタタイシンに男は和んだがその表情がカチンと来たのか蹴倒されてしまった。チケットごと。いい加減放してもらいたい。

 

 「トレーナーさん、大丈夫~~?」

 

 「あ~~~、チケット剥がしてくれると嬉しい」

 

 「すまないトレーナー君。チケット、そろそろ離れないとトレーナー君が砕ける」

 

 倒れてもなおトレーナーに縋り付くウイニングチケットをビワハヤヒデが引きはがしてなんとお姫様抱っこをしたままターフに向かっていった。なにあれイケメン、と男は思ったが脇に手を入れられて持ち上げられる。やったのは男を含めてダントツの長身を誇るウマ娘のヒシアケボノ。ふんわりと笑みを浮かべて男を立たせたヒシアケボノが、厨房で作ってきたらしいドーナツが入った袋を男に見せる。

 

 「食べますか~?いっぱい作ってきたんだ~☆はいっ、どーぞ?」

 

 「おっ、悪いね。いやー料理ができるウマ娘がいて良かったよ。俺一人じゃ大変だったから」

 

 「気にしないで!私、食べるのも大好きだし、食べてもらうのも大好きなの☆」

 

 そう言ってヒシアケボノは大きな紙袋を持ったまま、ターフのそばにたむろするウマ娘たちの方へ行く。どうやらドーナツを配りに行くつもりのようだ。男も何かするかな、とダートを爆走するタイキシャトルを見ながら歩こうとしたら、ポスッと誰かにぶつかる。よそ見をしていたのは男なので、謝ろうと顔をそっちに向ける。

 

 「はわあああっ!?ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!トレーナーさぁん、お怪我はないですか~?」

 

 「いやいやいやいやいや、これは俺が悪いからそんな土下座しそうな勢いで謝らないで!?ごめんな、ドトウ」

 

 大きく飛びのいて男に何度も勢い良く頭を下げるのはメイショウドトウ。他のウマ娘のウマ耳がピンと立っているのに対して、常に横に垂れているウマ耳を珍しく立てながら何度も謝っている。自他ともに認めるすさまじいドジっ子で、確かに彼女が来てから一日に一つ何かが壊れるが、まあそれはそれ、これはこれ。今回は男が悪いのでこうも謝られるとどうも居心地が悪い。

 

 「うぅ、トレーナーさんにお怪我がなくてよかったです~。はぅぅ、どうして私はまたミスばっかり~」

 

 「大丈夫ですドトウさん!!!!!」

 

 「へぅぅ!?フ、フクキタルさん?」

 

 「今日のあなたのラッキーアイテム、こちらをどうぞ!」

 

 「おい、それ俺の机の上にあったエナドリじゃねーか」

 

 「まあまあ、そう言わず、どうぞ!」

 

 「は、はいい~~、い、いただきまぁす」

 

 自己嫌悪に陥ってしまったメイショウドトウに横からずいっと顔を出して勝手にあれこれし始めたのはマチカネフクキタル、男が飲む予定だった缶のエナジードリンクのプルタブを開けてごくんと口をつけるメイショウドトウに一気です一気!とせかしてふえええええ~~~とやっているが炭酸一気は辛いのでやめてあげて欲しい。案の定一気を失敗してけほけほとやっているドトウの背中をさする。

 

 「ま、まあ一気は無理でしたがこれで今日1日はあなたはラッキーですドトウさん!ハッピーカムカムです!ふんぎゃろ!?」

 

 「とりあえず俺に謝れ。せめて声位かけろ」

 

 「ごめんなさい」

 

 「よろしい」

 

 「あ、なんだか行けるような気がしてきました~~。フクキタルさん、ありがとうございます~」

 

 「エナドリの効果出るの早くね?」

 

 とりあえず無茶をさせたフクキタルに手刀を軽く落とした男と素直に謝るマチカネフクキタルと飲み切ったエナドリの缶を持ったメイショウドトウ、顔がキリッとしていてなんだかやる気がみなぎっている。では一緒にハッピーカムカムです!とフクキタルとターフへ進んでいった。

 

 「あっ!トレーナーさん!あの、お願いがあるんです!」

 

 「ん?スぺちゃんか。どうしたの?」

 

 「あの…私たち全員で、レースしたいなって!距離はターフ1周でどうですか!?」

 

 「いいけど、大丈夫なの?短距離とか専門の子とかウララなんてダートなんでしょ?」

 

 「大丈夫です!みんなやりたいって言ってますよ!」

 

 「ん~~~~、じゃあやろうか。合図は俺ね」

 

 「はいっ!!!みんな~~~!トレーナーさんいいって~~~!」

 

 男の許可が出たスペシャルウィークが思い思いの時間を過ごす他のウマ娘たちに伝えると一斉に歓声が上がった。やはり、フラストレーションがたまっていたのかもしれない、と男はスタート地点まで歩を進めるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

677:名無しの厩務員

これマ?

 

678:名無しの厩務員

まさかこんな名馬ばっかりいるなんてな

 

679:名無しの厩務員

ヒシアケボノでかすぎwwwww

 

680:名無しの厩務員

草生やすな刈り取るぞ

 

681:名無しの厩務員

でっかいことはいいことだるるぉ!?

 

682:名無しの厩務員

あれで中等部ってマジ?でかすぎんだろ…胸が

 

683:名無しの厩務員

最低で草

 

684:名無しの厩務員

ネイチャ…善戦マンが…!ブロンズコレクターがいるぅ!

 

685:名無しの厩務員

ナイスネイチャ引退馬の顔やってるもんな

 

686:他称トレーナー

【ワイドと書かれた紙を咥えるナイスネイチャ 頭の上に疑問符が飛んでいる】

 

687:名無しの厩務員

ワイドネイチャは草

 

688:名無しの厩務員

というかイッチ!何させとるんや!

 

689:名無しの厩務員

色々聞きたいことがあるんやけどマチカネタンホイザとかいう見るからにゆるふわな生物について詳しく

 

690:他称トレーナー

ナチュラルというか素で可愛い行動をする。帽子には一家言ある模様で、自力で穴をあけているとかなんとか。やったやったやったった~~~♪って踊った時はフリーズするほどかわいかった。よく鼻血を出すのでポケットティッシュが欠かせない。勝負服のゆるふわ感すごい

 

691:名無しの厩務員

よくやったイッチ

 

692:名無しの厩務員

出来ればその動画くれ

 

693:名無しの厩務員

なんだその不思議ダンス、見たいに決まってるだろ!?

 

694:名無しの厩務員

メイショウドトウがいるなんてなあ…やっぱりタイキシャトルと仲良かったりするの?

 

695:名無しの厩務員

テイオーとマックイーンが仲いいのなんかほっとする

 

696:他称トレーナー

あ、今からレースするけど見る?

 

697:名無しの厩務員

は?

 

698:名無しの厩務員

何それ見たい

 

699:名無しの厩務員

お願いだから見せて

 

700:他称トレーナー

うん、いいよ。もう俺は覚悟を決めた。この世界でウマ娘を幸せにして見せる。あの子たちが帰りたいというなら帰る手伝いをするし、ずっとここに居たいならそれでいい。だからまず、ウマ娘を世界に公開しようと思う。だから、配信の映像に鍵は掛けないしずっと残す。ウマ娘のレースを見てやってくれ。

 

701:競馬で全財産を溶かす男

イッチ、それでいいのか?帰るべきだって言ってただろ?

 

702:他称トレーナー

うん、それなんだけどね。向こうの世界、いなくなった子の存在が消えてるんだって。覚えているのはループに囚われていた子たちだけ。消えてしまった子は世界から忘れられる。おそらくだけど、何かが帳尻を合わせてるんだ。確証はないけれど、向こうに帰ったらそのいなくなった事実は消えて存在は復帰すると思う。スぺちゃんも「帰ろうと思ったら帰れると思います。だけど、帰りたくないんです」って言ってるから、3女神と呼ばれる存在が何かをしている、これはほぼ確定

 

703:名無しの厩務員

明かされるやばい事実

 

704:名無しの厩務員

普通に失踪事件で取り扱われてるかと思えばそう来たか~~~

 

705:名無しの厩務員

まあ、イッチとウマ娘がいいなら俺たちはそれでいいよ。所詮外野だし

 

706:名無しの厩務員

レースが見れると聞いたのに素直に喜べねえよぉ!

 

707:名無しの厩務員

なんでこんな名馬を集めた夢のレースでこんな気分にならんといかんのだ!

 

708:名無しの厩務員

BNWが揃って、トウカイテイオーにマックイーンまでいて、日本の総大将にブロンズコレクター、世紀末覇王のライバルにマチカネ族二人…そういえばライスシャワーって走らせて大丈夫なんですか(震え声

 

709:名無しの厩務員

あの悲劇を繰り返すのはやめてくれよ

 

710:名無しの厩務員

あの子がああなったら俺もう生きていけねぇよ

 

711:他称トレーナー

俺、前世だと腐っても優秀なトレーナーだったらしいんだわ。担当したウマ娘の引退原因となりうる怪我や病気、事前に回避させるか完璧に回復させてたらしい。だからどのループでもライスシャワーは骨折してないしトウカイテイオーは骨折を全て乗り越えたらしい。

 

712:名無しの厩務員

イッチすげえ

 

713:名無しの厩務員

簡単に書いてるけどそれ並大抵でできることじゃないだろ。

 

714:名無しの厩務員

ってことはライスシャワーは本気で走れるということですか!?

 

715:名無しの厩務員

なんか涙出てきたわ

 

716:他称トレーナー

それで、今回はお試しレースということで距離は分けずに2000m芝1本で行くよ。合図は俺のピストル、服装はみんな体操服だけど。じゃ、はーいよーいスタート

 

717:名無しの厩務員

マジで鍵無しで始めよった!?

 

718:競馬で全財産を溶かす男

お、おお~~~やべえこれ全部元馬に置き換えると壮観すぎる

 

719:名無しの厩務員

燦然と輝くウララちゃんのブルマで草

 

720:名無しの厩務員

どこ見とんねんおまえ

 

721:名無しの厩務員

ドットさんのおむねでかすぎ

 

722:名無しの厩務員

へんたぁい!

 

723:名無しの厩務員

ちょこちょこと一般人入ってきたな

 

724:名無しの厩務員

レース初めてだなあ。馬のレースも見たことないから楽しみ。

 

725:名無しの厩務員

なんか雰囲気違くね?

 

726:名無しの厩務員

なにあの…なに?

 

727:名無しの厩務員

顔つきがガチすぎる

 

728:名無しの厩務員

全員顔は可愛いのに雰囲気が戦士のそれ

 

729:名無しの厩務員

イッチ戸惑ってるやん

 

730:名無しの厩務員

あっスタートくるで!

 

731:名無しの厩務員

録画であれやったんやから配信じゃどうなんだろ

 

732:名無しの厩務員

ん?もしかしてカメラドローンか!?

 

733:名無しの厩務員

うわっ、まじや。金かけすぎだろ

 

734:名無しの厩務員

スタート!

 

 




 どうもお久しぶりです。ネタが切れたので4日ぶりの投稿でございます。本当だったらウマ娘クイズを全員分お届けする予定だったのですがうまい反応が思いつかなくあえなく失敗しました。競馬に詳しくないとこんなところに弊害が出ますね、勉強になりましたハイ。

 というわけで圧巻の10人追加、イッチの財布のひもはガバガバというか底に穴が開いているレベルで大放出しております。選出基準ですか?好きだからです。というよりも来そうなメンツ、ですかね。ちなみに湿度があるのは最初だけの予定です。重馬場はワイには書けん

 向こうの世界ヤバいと思ったので設定追加しました。なんか重くなったけどヨシ!(現場馬)

 レースは…カットですかね?掲示板でどうなったかの反応書いて終わりで行こうと思います。詳細なレース描写は難しいですから。ウイニングライブで発狂する掲示板は書きたい。

 ではではではまた次回にお会いしましょう。感想くれると嬉しいです


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

うまぴょいってなんだよ

1:競馬で全財産を溶かす男

前スレが一瞬で上限まで行ってしまったのでスレ立て。いやはやすげえわウマ娘、マジで競馬見てる気分だった

 

2:レース観戦者

語彙力無くなるわあれは…

 

3:レース観戦者

ワイ見れんかったんやけど誰勝ったん?

 

4:レース観戦者

スぺちゃんだよ

 

5:レース観戦者

流石は日本の総大将

 

6:レース観戦者

当時のダービー思い出したわ

 

7:レース観戦者

まさか第4コーナーでごぼう抜きかますとか思わんでしょ

 

8:レース観戦者

人型生物が出していい速度じゃないよアレ

 

9:レース観戦者

あの末脚は確かにスペシャルウィークそのものですわ

 

10:レース観戦者

俺はそれよりもハルウララが普通に食らいついてたのがびっくりしたわ

 

11:レース観戦者

最後尾にぽつんと一人かと思ったけど普通に走り切ったもんな、よー頑張ったわダート専らしいのに

 

12:レース観戦者

配信のコメ欄おもしろwww

 

13:レース観戦者

ワイらが1か月前に通ったところにおるわ。ウマ娘ってなに!?っていうやつwww

 

14:レース観戦者

最初はコスプレアイタタターみたいなコメばっかりだったのにスタートの瞬間からコメ欄がざわついてたよな

 

15:レース観戦者

やっと見つけた!ココが本スレ!?あの子たちについてkwsk!

 

16:レース観戦者

御新規さんいらっしゃ~い

 

17:レース観戦者

ここは他称トレーナーことイッチが異世界からやってきたウマ娘なる子たちとの日常を語っていく釣りスレだぞ!何があってもこれは釣り!おk?

 

18:レース観戦者

おk!(ズドン

で、ウマ娘ってなにさね?

 

19:レース観戦者

過去スレ行ってどうぞ

 

20:レース観戦者

何でも与えられると思うなよ新人

 

21:レース観戦者

はしゃいでんじゃねえよ

 

22:レース観戦者

当たり強くて草

 

23:レース観戦者

とりあえず順位確認、一着スぺちゃん、2着チケゾーちゃん、3着ネイチャちゃん、以下団子っていうかほぼ団子で辛うじてカメラがとらえてたからだけど。

 

24:レース観戦者

マイル組や短距離組がな、さすがに適正距離があるでな…

 

25:レース観戦者

アケボノちゃん、きゃわわ。でっかわいい

 

26:他称トレーナー

えぇ…

 

27:レース観戦者

イッチ!?

 

28:レース観戦者

どうしたイッチ!?

 

29:レース観戦者

下半身は無事か!?

 

30:レース観戦者

このイッチいつも両断されてるかどうか確認されてんな

 

31:他称トレーナー

うまぴょいってなんだよ

 

32:レース観戦者

俺らに聞くなよ

 

33:レース観戦者

うまぴょい?

 

34:レース観戦者

あ~ウマ娘がぴょんぴょんするんじゃあ~~ってことでは?

 

35:レース観戦者

ぴょい要素はいずこ

 

36:他称トレーナー

いやな?レース配信を終了したわけじゃないか

 

37:レース観戦者

いやはや素晴らしいレースでしたな

 

38:レース観戦者

実況があれば完全に競馬のそれ

 

39:レース観戦者

アナウンサー志望なんやけど勝手に後付け実況していい?

 

40:レース観戦者

色んな人がいるな

 

41:他称トレーナー

変なことしなきゃいいで

 

42:レース観戦者

優しい世界。まじで往時の名馬たちの走りにしか見えないんだよね。走る姿がウマに重なって見える

 

43:レース観戦者

競馬関連のツイートが混乱しておりますわぐふふふ

 

44:レース観戦者

スペシャルウィークだ!ウイニングチケットだ!ビワハヤヒデ!?あれタイキシャトルじゃん!っていうのがTLを埋め尽くしている。愉悦

 

45:他称トレーナー

うむ、盛況でありがたい限りだ。君たちは何かを忘れてないだろうか?ウマ娘がレース後に行うらしいアレである

 

46:レース観戦者

知らんがな

 

47:レース観戦者

あー!ウイニングライブとかいうやつ!見てない!うpはよ!

 

48:レース観戦者

貴様イッチ独り占めは許さんぞ!

 

49:レース観戦者

うーp!うーp!ダンス!歌!ライブ!はよ!

 

50:他称トレーナー

ごめん無理。スぺちゃん達が「これはトレーナーさんだけのライブです!」って言ってくれたからうpするつもりはないんや

 

51:レース観戦者

はああああああああああ!?

 

52:レース観戦者

ウマ娘ちゃんたち何といじらしい…!

 

53:レース観戦者

せめて!せめてどんな曲だったかだけでも!

 

54:レース観戦者

イッチ、腹を斬りなさい

 

55:他称トレーナー

ちなみにここ今スぺちゃんたち見てるよ?

 

56:レース観戦者

イッチ、話はあとにしよう

 

57:レース観戦者

レースについて詳しく

 

58:レース観戦者

掌くるっくるである

 

59:レース観戦者

何時ものこと

 

60:他称トレーナー

いやそれがさっきの話につながるんや。「うまぴょい伝説」っていう曲でな?振付めちゃんこかわいかってん。でもな?歌詞が電波ソングだったんや

 

61:レース観戦者

電波ソング披露されたんかwww

 

62:レース観戦者

うまぴょいってそういうことかよwww

 

63:他称トレーナー

投げキッスもろたでわ~~~い

 

64:レース観戦者

ぶっ殺すぞ

 

65:レース観戦者

あんな美少女たちの投げキッスとかいくら出したらもらえるんですか

 

66:レース観戦者

このイッチなんか調子乗ってねえか?

 

67:レース観戦者

それはそれとして、イッチこれからどうするん?

 

68:他称トレーナー

とりあえず暫く様子見。毎日レースとかありえんっしょ?休養日挟んでみんなの調子みつつ色々やってみるよ

 

69:レース観戦者

まあ、それはそうだろうなあ

 

70:レース観戦者

あんな速度を毎日やってたら骨折れるわ

 

71:レース観戦者

馬だって何か月かに一回とかざらだしな

 

72:他称トレーナー

【私だけにチュウするのところのスペシャルウィーク、ナイスネイチャ、ウイニングチケットの画像】

無理言って今やってもらった。ネイチャが顔真っ赤になってるありがとう3人とも

 

73:レース観戦者

ホアッ

 

74:レース観戦者

イッチ!ありがとう!信じてた!

 

75:レース観戦者

チケゾーとネイチャも映ってるありがてえありがてえ

 

76:レース観戦者

これであと100年は戦える

 

77:レース観戦者

イッチ配信者にならないか?お布施させて。お金要らないかもしれないけど

 

78:レース観戦者

というか欲しいものリスト公開して?食料品とかいくつあっても困らんでしょ?

 

79:他称トレーナー

どうしよう尊みを間近に受けたとかなんとかでデジたんが死んだ。チケゾーが泣いてるし

 

80:レース観戦者

地獄絵図やんけ

 

81:レース観戦者

なんでちょっとしたらこんなカオスになるの

 

82:他称トレーナー

【バナナを食べるビワハヤヒデの画像 不意打ちだったのか顔が赤い】

【こちらの音ゲーをプレイするナリタタイシンの画像 当たり前のようにフルコンしている】

【占いをしているマチカネフクキタルとメイショウドトウ 救いはないのですか~という声が聞こえそう】

サービス

 

83:レース観戦者

バナナwwwwビワハヤヒデバナナ大好きだったもんなwwww

 

84:レース観戦者

にんじん吐き出してバナナ食う動画見たわww

 

85:レース観戦者

マチカネフクキタル、つまり福来るということで占い好きということでよろしいでしょうか

 

86:レース観戦者

しらん!

 

87:レース観戦者

メイショウドトウがこんな気弱そうな子だなんて…!ありだな!涙目で上目遣いをしてほしい

 

88:レース観戦者

わかるけど涙なんて見たくない

 

89:レース観戦者

たしかこの子ナリタタイシンだっけか?音ゲーマーとは驚いた。一緒に太鼓の達人でもやりたい

 

90:レース観戦者

ウマ娘が太鼓叩いたら真っ二つに割れそう

 

91:レース観戦者

ありえそうなのが困る

 

92:レース観戦者

イッチイッチ、もっと写真をおくれ

 

93:レース観戦者

ください!

 

94:レース観戦者

オナシャス!センセンシャル!

 

95:他称トレーナー

いいけど…あら?なんかめっちゃ新しく作ったアカウントにDM来てる

 

96:レース観戦者

おっとお?

 

97:レース観戦者

これは来ましたね?

 

98:レース観戦者

乗るしかない、このビックウェーブに

 

99:レース観戦者

まああんなの注目集めて当たり前だべ

 

100:他称トレーナー

誰が大人の玩具の宣伝なんかやるか!ゴミ箱に捨ててくれるわ!

 

101:レース観戦者

ぶっはwwwww

 

102:レース観戦者

でた新人配信者誰彼構わず案件投げる企業wwww

 

103:レース観戦者

美少女の集まりだからってそれはねーべやwww

 

104:競馬で全財産を溶かす男

イッチイッチ、やばいやばいやばいですよ

 

105:装蹄師

緊急事態!一大事ィィィィ!

 

106:レース観戦者

どうした!?

 

107:レース観戦者

なにごと?

 

108:他称トレーナー

なんじゃらほい

 

109:競馬で全財産を溶かす男

JHAがイッチの配信に気づいた!トゥイッター更新してる!

 

110:レース観戦者

キタアアアアアー!

 

111:レース観戦者

流石はフットワークが異常に軽いJHAさんや!信じてた!

 

112:レース観戦者

JHAの人「ウマ娘というものがあるらしいですが初耳です。JHA発じゃないコンテンツですね」って!イッチ有名人や!

 

113:他称トレーナー

予想の100倍速いんやけど

 

114:レース観戦者

そらそうよ

 

115:レース観戦者

イッチにはこのまま我が道を突き進んでウマ娘を広めていただきたい

 

116:レース観戦者

あわよくば公開レースオナシャス!

 

117:レース観戦者

間近にあの走りを見たいんじゃよー

 

118:他称トレーナー

うむ…どうしよう

 

119:レース観戦者

見切り発車だった~!

 

120:レース観戦者

屈するなイッチ!頑張れ!

 

 

 

 

 

 

 「どうしたもんかな…」

 

 「ありゃ?どーしたのさ、トレーナーさん」

 

 「ネイチャ、実はちょっと厄介なのに目をつけられちゃってさ。捕まるかも」

 

 「…本当に?」

 

 「うん、半分冗談だからその目と足で地面を掻くのやめようか」

 

 男がPCの前でぽつりとこぼした言葉に通りかかりで洗濯ものを抱えたナイスネイチャが反応した。イヤーカバーで覆われたクリスマスカラーのウマ耳を男の方へ向けて畳んだ洗濯物を置いた後にすたすたと軽い足取りで男の元にやってきたナイスネイチャ、軽い冗談のつもりで言ったその言葉をすぐ男は後悔することになる。

 

 ざり、ざりと足で地面を掻くナイスネイチャ。耳は後ろに倒され、目はハイライトが出走している。これは…あかんやつやとすぐさま考えを改めた男に冗談だと言われて足の動きとハイライトが元に戻る、それでも不機嫌なのか耳は後ろに倒されたままだが。

 

 男はこの類、つまりは自分に害が及ぶかもしれない系の冗談はやめようと心に誓った。男にとっては短い付き合いの中でさばさばしているほうだと感じているナイスネイチャがこれなのだ。これが例えば来たときに情緒不安定だったトウカイテイオーやアグネスデジタル、好き好きオーラを振りまくスペシャルウィークやタイキシャトル、ついでにかなり愛が重そうなナリタタイシンだったらどうなっていたことか…想像するだに怖かった。

 

 というか来てまだ2週間ほどなのになんでこんな所帯じみてるんだこのウマ娘、アカン、このままじゃダメにされかねん。俺は自活できる人間なんやと男は考えて最後の一線である下着の洗濯だけはかろうじて守り抜いている。あと洗濯物干す場所分けて?自分の服の隣に女の子の下着が干してあるの心臓に悪いの。物干しざおとか干す場所沢山あるでしょ?と男は嘆いている。多分掲示板に流したら包丁持って襲い掛かられるやつである。

 

 「そーれでー?半分冗談ってなんなのさ~。トレーナーさん悪い人じゃないでしょ?」

 

 「まーその評価は嬉しいんだけど…ほら、レースの動画流したじゃん?」

 

 「あーそれ。うんうん、いつも通りのお馴染3着だったやつ。それがどうしたの?」

 

 「あのメンツで3着って十分凄いと思うんだけどな…まあその動画はJHAの人に見られたらしくてな」

 

 「JHA?」

 

 「ジャパンホースアソシエーション…つまり全日本馬協会、競馬とかを仕切ってる組織だよ」

 

 「あ~URAみたいな?うんうん、なるほどね。それで?」

 

 「いつか目を付けられるとは思ってたけど早かったなって」

 

 ぽすんと男の隣に腰を下ろして画面を覗き見るナイスネイチャ、んん~~~と眉をひそめてかなりの速度で進む掲示板を追おうと頑張っているが、慣れていないのかよくわかってないのか頭に疑問符が飛んでいる。

 

 「でもそれって何か問題なの?」

 

 「問題っていうか…根回しより早くでっかい組織に気づかれたからさ、びっくりしてるだけ。ところでネイチャ、何か食べたいものある?お手伝いのご褒美に聞いてしんぜよう」

 

 「おっ、乗せるのが上手いねトレーナーさん。そうだな~、カレー、なんてどうでしょ?」

 

 「カレー?いいけど…ニンジン多めかね」

 

 「分かってるね~」

 

 PCをぱたんと閉じつつ男は立ち上がる。目的と言えば料理の準備である、ウマ娘の異次元の食欲にそろそろ自分一人では限界を感じている男である。レース後は地獄であった。ウマ娘は燃費がすこぶる悪い生物であるようで、一回本気で走ったら食べる量が倍になったのである。

 

 肉や炭水化物よりどうやら個人差はあれど野菜を好むらしいウマ娘たちであるが、レース、というか本気で走る際に体の中に蓄積させた文字通りすべてのエネルギーを燃やして走るようで、走った後はすっからかんになってしまうようだ。だから普段よりお腹が減るんです!とスペシャルウィークは力説していた。

 

 そうなのか、で終わらないのが食事問題。食費やべえ、というかもう周りの農家から規格外以外の出荷に適した野菜も直売させてもらってるのである。流石にいくらか割り増しで払っているので悪い顔どころか揉み手をされて歓迎されているのだが、手が足りない。大雑把な大皿料理しか作れないのである。野菜炒めとか、焼きそばとか、大量調理に適した料理ばっかりになりつつある。

 

 由々しき問題である。男は覚悟ガンギマリ勢である。日がな一日ウマ娘を眺め、金を転がし莫大な利益を得て生活していた。だが、ウマ娘の問題に関しては敏感であった。ついでに超行動派である。なので行動するときは一瞬であった。男の部屋の机の上には起業をするための書類が置いてあり、そこにはこう書かれていた。「Uma-musume Racing Association」即ち、URAと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

438:他称トレーナー

というわけで起業します

 

439:レース観戦者

は?

 

440:レース観戦者

は?

 

441:レース観戦者

はあああああ?

 

442:レース観戦者

どういうことだってばよ

 

443:レース観戦者

イッチ、ついに頭おかしくなったんか

 

444:他称トレーナー

いやな?そろそろ人を雇わないといかん領域まで来ちゃってるんよな。ウマ娘のみんなに窮屈な思いやひもじい思いをさせていいのか?

 

445:レース観戦者

よくねーに決まってんだろハゲ

 

446:レース観戦者

聞くまでもないわな

 

447:レース観戦者

それが何で起業に結び付くんだ?

 

448:他称トレーナー

個人事業主になっとけば色々経費で落とせるから。なのでこの際3人ほど人を募集するんだけど一応スレでも聞いておく、働きたい人いる?

 

449:レース観戦者

はいはいはいはい!

 

450:レース観戦者

やらせてくださいオナシャス!

 

451:レース観戦者

同じ市にいるっぽいし通えるゾイ!

 

452:レース観戦者

たのんますっ!

 

453:他称トレーナー

うむ、それでは条件を発表するぞ!今回募集するのは料理人3人だ!ウマ娘のみんなが毎日食べる料理を作ってもらう!仕入れや在庫管理も任せるのでそのつもりで!なので料理上手だと自負している人限定!

 

454:レース観戦者

カップラーメンなら作れるから応募していい?

 

455:レース観戦者

それは料理じゃないだろ!

 

456:レース観戦者

むむむ、料理はあまり得意じゃないからな、残念

 

457:レース観戦者

ワイ将、調理師免許&管理栄養士持ち、現在の職場に不満があるで候、応募よろしいか?

 

458:レース観戦者

強すぎる

 

459:他称トレーナー

>>457ぜひ来てくれ!

とりあえず基本給は月25万、完全週休二日制ローテ-ション!社会保険は完備予定、ただ年金は厚生年金じゃないからそこだけ注意!1日8時間勤務の休憩60分!457みたいに経験者や資格取得者には賃金の底上げも検討する!あとちゃんと残業付けるよ!田舎暮らしだから結構不便だけどウマ娘は可愛い!細かいことは面接で話そうじゃないか!昇給もある!ただ条件はウマ娘のみんなを笑顔にする料理を出し続けたらってことで!車とかは貸しだしありだ!

 

460:レース観戦者

ホワイトすぎる

 

461:レース観戦者

実家の料理屋兄貴が継いだけどワイも料理人したいねん、応募させておくんなまし

 

462:レース観戦者

これ滅茶苦茶美味しい仕事では?

 

463:レース観戦者

ウマ娘のあれこれ抜きにしてもかなり額面だけ見ればいい案件

 

464:競馬で全財産を溶かす男

イッチ、それワイも応募していい?

 

465:他称トレーナー

あれ?全財産ニキ弁当屋経営してるんじゃなかったっけ?

 

466:レース観戦者

衝撃の新事実

 

467:レース観戦者

全財産ニキが弁当ニキにジョグレス進化した

 

468:競馬で全財産を溶かす男

ちょっと周りがさびれて売り上げがな…潮時かもしれんのだ

 

469:レース観戦者

全財産ニキ…競馬辞めろよwwwww

 

470:レース観戦者

それなwwwww

 

471:レース観戦者

ファーwwwwww

 

472:レース観戦者

まっとうな指摘である

 

473:他称トレーナー

ん、じゃあ全財産ニキも履歴書持ってきてくんろ。引っ越し費用とか必要ならワイが負担するで。住み込むならワイが持ってるマンションの部屋を提供するわ。とりあえずワイは調理室大改造して業務用コンロとか色々入れる準備するンゴ

 

474:競馬で全財産を溶かす男

あ、それ手伝わせてくれ。本職だし何が必要かはアドバイスできると思う

 

475:レース観戦者

あとイッチマンション持ってんの?

 

476:レース観戦者

こいつやっぱ相当な金持ちだな

 

477:レース観戦者

とりあえずワイ将、履歴書を準備するで候

 

478:他称トレーナー

求人サイト乗っけるつもりではあったんだけどスレの方優先で行くわ。とりあえずすぐ人が欲しいから急いでくれればくれるほどウマ娘が喜ぶ。

 

479:レース観戦者

爆速で退職届書いた

 

480:レース観戦者

まて、採用されるとは決まってないのだぞ

 

481:レース観戦者

そうだった

 

482:他称トレーナー

今はウマ娘の子、ナイスネイチャとかヒシアケボノ、ナリタタイシンみたいな料理上手なメンツが手伝ってくれて成り立っとるんや。ウマ娘の子も料理好きだからいいかもしれんがあんまりやらせるのも可哀想やし、何より走った後に料理しなきゃいけないとか地獄やろ?

 

483:レース観戦者

たしかに

 

484:レース観戦者

ナリタタイシンが料理上手、あのちっこい子が!なんかかわいい

 

485:レース観戦者

ワイは一目ぼれしたで

 

486:レース観戦者

気持ち悪い

 

487:レース観戦者

着々とイッチが勢力を広げておりますわ

 

488:他称トレーナー

あと装蹄師ニキと服飾ネキいる?お願いがあるんだけど

 

489:服飾屋

なにかしら?

 

490:装蹄師

最近ヒマだから割といる

 

491:レース観戦者

悲しい現実である

 

492:他称トレーナー

起業する会社に入ってはもらえまいか?今の仕事はそのままやってもらって、空いた時間でウマ娘の服や蹄鉄を作ってほしいんだ。依頼料に関してはそっちの言い値でかまわないし断ってもらっても全然いい、無理言ってる立場だからね

 

493:装蹄師

繁忙期以外だったらそっち行ってもいいよ~。会社に入るのも了解、とりあえずそっち行って色々聞かせてくれ

 

494:服飾屋

依頼に関しては継続して受けるつもりでいるわ。だけど、ごめんなさい、すでに起業してる身なの。優先するから許してね。

 

495:他称トレーナー

いえいえそんな畏れ多い。それじゃあ今日の報告はこんなところで!

 

496:レース観戦者

お疲れイッチ!

 

497:レース観戦者

色々進んだなこれ

 

498:レース観戦者

なおまだ競馬界隈はレースの動画で揺れてる模様

 

499:レース観戦者

誰だあれ!っていうやつなwww

 

500:レース観戦者

流石にコラ扱いされてて笑う

 

501:他称トレーナー

【ゆらゆらと不思議な踊りを踊るマチカネタンホイザの動画】

偶然取れたので提供

 

502:レース観戦者

なにこれ可愛い

 

503:レース観戦者

なんかふわふわしてて可愛いなこの子

 

504:レース観戦者

可愛さの塊かよ

 

505:レース観戦者

あー癒された

 

 




お待たせしました。大ごとになってきた感ありますね。JRAは流石に出すとまずそうなので名前変更。ここでイッチ、起業する。向こうの世界から名前を借りていますがこれしかないですよね。

 今回ウマ娘を全然出せなかったのが反省点、ネイチャは可愛い(確信

 書いてる途中で何をトチ狂ったのか「ウマ娘ハリボテ記念」なるものを書き上げそうになったりしましたが私は元気です。何やってるんだ俺は…

 ではでは次回にまたお会いしましょう。感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

なんだか大ごとになってきたぞ

345:レース観戦者

イッチの起業宣言からはや2週間か…

 

346:レース観戦者

このイッチ定期的に行方不明になるな

 

347:レース観戦者

でも弁当全財産ニキはたびたび浮上してるんでしょ?コテハン勢も増えたし

 

348:鉄人

どうも、就職成功です。ウマ娘ちゃん可愛いんゴ~、美味しそうにご飯食べてくれて作り甲斐あるよ全く

 

349:栄養士

デジタルさんのお話を聞く限り人間と食べれるものは同じようで候、献立作りでノウハウ活かせて身体作りにも貢献できそうなり、やったぜ

 

350:競馬で全財産を溶かす男

はいどうも、就職に成功した勝ち組です

 

351:レース観戦者

ぶっ殺

 

352:レース観戦者

上二人はいいが全財産ニキの縁故採用感半端ねえな

 

353:鉄人

実は全財産ニキが一番役立ってるんだよね。弁当屋だけあって大量調理と仕込みの速さが素晴らしい。あと和食のレパートリー広い、ワイは中華やけど、栄養士さんは洋食がいける、イッチさん判断力あるな。

 

354:レース観戦者

トゥイッターで活動開始したよなイッチ

 

355:レース観戦者

URAで新規アカウントとったんだよな

 

356:レース観戦者

忙しくてスレまで顔出せないのかなあ

 

357:他称トレーナー

そんなあなたにお応えして!どうもイッチです。重大発表があるよ

 

358:レース観戦者

なんやて工藤

 

359:レース観戦者

イッチ!もっとスレに顔見せて♡

 

360:競馬で全財産を溶かす男

この頃イッチ働きすぎてウマ娘のみんなに心配されるくらいなんだから無茶言ってやるな

 

361:レース観戦者

それはもはや本末転倒説

 

362:レース観戦者

もうゆっくり休め…!

 

363:レース観戦者

頑張ったな、イッチ…!

 

364:レース観戦者

や さ い せ い か つ

 

365:レース観戦者

なんか違う

 

366:他称トレーナー

ウマ娘、増えました

 

367:レース観戦者

そんな冷やし中華始めました見たいな風に言われてもってマジ?

 

368:レース観戦者

今度は誰や!教えろイッチ!

 

369:レース観戦者

もう寒くてたまらないんや

 

370:レース観戦者

>>369何脱いでるねん

 

371:鉄人

ウマ娘ちゃんに変なもの見せないでね?ちょん切るよ?

 

372:レース観戦者

ヒェッ

 

373:レース観戦者

鉄人ニキこっわ

 

374:競馬で全財産を溶かす男

鉄人さんと栄養士さんはネキやで。ワイとイッチだけ仲間外れなんや

 

375:レース観戦者

何やて工藤

 

376:レース観戦者

天丼はやめておこう(提案

 

377:レース観戦者

は?てことは全財産ニキってまさかハーレム築いてるんか?

 

378:レース観戦者

許さんぞ!ウマ娘ちゃんだけに飽き足らず!

 

379:鉄人

…ぽっ♡

 

380:栄養士

…あら~♡

 

381:レース観戦者

うぐぬぬぬ!

 

382:競馬で全財産を溶かす男

鉄人さん既婚者じゃないっすか…。栄養士さんもお付き合いしてる人いるんでしょ?やめよ?シャレにならないよ?

 

383:レース観戦者

あーよかった

 

384:レース観戦者

鉄人ネキ既婚者ってことは家族ごとこっちに来たのっ!?

 

385:鉄人

もともと同じ市内だったから。職場が変わるだけよ。前より随分と早く帰れるようになったしホワイトだし言うことないわ~。子供も喜ぶもの、こっちに連れてきていいだなんて最高ね!たくさんお姉ちゃんが出来て毎日楽しそうよ。

 

386:レース観戦者

子持ちぃ!?

 

387:レース観戦者

ウマ娘が遊んでくれるだなんて羨ましいな

 

388:他称トレーナー

話再開していい?

 

389:レース観戦者

あ、いっすよ

 

390:レース観戦者

ごめんごめんイッチ!忘れてたわwwww

 

391:レース観戦者

コテハン勢キャラが濃いんだよなあ

 

392:他称トレーナー

もういいや、勝手に始める。まずはこの子!マヤノトップガンちゃんだ!見た感じかなりの天才肌で飽き性だけど割と甘えん坊、オトナの女にあこがれるおしゃまさんでもある。あ、テイオーと寮が同じ部屋だったらしい。仲良しさんだったよ。名前繋がりなのか航空用語を時たま使うことがあるね。あ、映ってる子は鉄人さんの娘さんね。撮影許可は出てるよ

【幼女を抱っこするマヤノトップガンの画像 幼女は顔を消してある】

 

393:レース観戦者

ふおおおおおかわいいいい!

 

394:レース観戦者

拙者明るいロリ娘大好き侍、義によって助太刀いた可愛いいいい!

 

395:レース観戦者

せめて最後までメンツ保てよ

 

396:レース観戦者

いやしかしこれがマヤノトップガンか…

 

397:レース観戦者

甘えん坊だと!?けしからん!ぜひ甘えてほし(ry

 

398:レース観戦者

でも甘える相手イッチ限定なんでしょ?

 

399:他称トレーナー

どんどん行くぞ!お次はこの子、ミホノブルボンだ!物静かというか多分感情を表に出さないタイプ、無口無表情だけど尻尾と耳は雄弁なので隠し事はできないだろう。あと俺のことを「マスター」と呼ぶ。新鮮。雷が苦手で尻尾をとられると思い込んでるらしい。あと凄い機械音痴、触っただけで機械が壊れる。壊したときかなりシュンとするのでこっちもいたたまれない、かわいい

【黒煙を上げる電子レンジの前で佇むミホノブルボンの画像 後ろでライスシャワーがオロオロしている】

 

400:レース観戦者

お、おおお!ミホノブルボンとライスシャワー仲良しなの!?

 

401:レース観戦者

3冠阻止された側とした側がこんな仲睦まじく…!

 

402:レース観戦者

無表情娘大好きです

 

403:レース観戦者

この口をちょっと開けて虚空を見つめる表情なんなんwwww

 

404:レース観戦者

これが坂路の鬼でサイボーグかぁ…

 

405:レース観戦者

イッチのとこ坂路ないけどな

 

406:レース観戦者

イッチの事だからぁ…?

 

407:他称トレーナー

はい、着工済みですとも。あとウマ娘用のトレーニング器具を特注したところですハイ。パワーが違うと人間用のもの使えないもんね。トレーニング場所は大型倉庫を改修中

 

408:レース観戦者

やりおるこいつ

 

409:レース観戦者

こいつに金持たせてるといつかヤバいことやりそう

 

410:他称トレーナー

ハイ次、次はまとめて紹介するよ!ツインテールの子がダイワスカーレット、ショートヘアの子がウオッカだ!ダイワスカーレットは負けん気が強い優等生タイプ、ツンデレかと思えばそんなことはない。結構一番にこだわるし、負けず嫌い。ウオッカをかなりライバル視してるし寮も同室。気が強いけど転移時デロデロに崩れてた。ウオッカが止めてくれなければ俺はベアハッグで両断されていたかもしれない。今はかなり平静を取り戻しているな。

 【かなりの至近距離で睨み合うダイワスカーレットとウオッカ 間にあるプリンを取り合っているらしい】

 

411:他称トレーナー

打って変わってウオッカは勝気なのはダイワスカーレットと一緒だけどボーイッシュ、バイクやスキットルなんかの渋い男の趣味に憧れているらしい。こそっとダイワスカーレットに教えてもらったんだけど恋愛系にはかなり耐性がないらしいキスシーンを見ただけで真っ赤になってしばらく頭から離れなくなっちゃうとか。何気にブルマ勢、短パン派じゃないのかと聞いたら動きやすいからこっちがいいって

 

412:レース観戦者

うせやろ…あの名牝2頭が揃ってる…?

 

413:レース観戦者

ライバル同士じゃないか!向こうでもいっしょなんだな!?

 

414:レース観戦者

ダイワスカーレット八重歯じゃん!大好きです可愛い

 

415:レース観戦者

デッッ!

 

416:レース観戦者

ああ、でかいな…ツインテが

 

417:栄養士

上手くかわしたわね

 

418:レース観戦者

ウオッカ純真すぎて可愛い

 

419:レース観戦者

俺ウオッカモロタイプだわ…自分ガチ恋いいっすか?

 

420:レース観戦者

叶わないぞ、イッチが強すぎる

 

421:レース観戦者

それでも好きだ!

 

422:レース観戦者

この自分の性別に鈍感な感じかわいい…かわいくない?

 

423:レース観戦者

で、どっちが強いの?

 

424:レース観戦者

ウオッカだろ

 

425:レース観戦者

ダイワスカーレットに決まってるだろ

 

426:レース観戦者

あ?

 

427:レース観戦者

ああん?

 

428:レース観戦者

場外乱闘始まって草

 

429:他称トレーナー

それマジで言うと喧嘩になるからやめてくれよ?「オレ!」「アタシ!」「走りで決めようじゃない!」「乗った!」ってなって結局引き分けで終わるのがオチだけど。昨日はウオッカが勝って一昨日はダイワスカーレットだった

 

430:レース観戦者

待ってイッチその二人のタイマン眺めてたって認識でよろしいでしょうか

 

431:レース観戦者

何で配信しないんだよふざくるな!

 

432:レース観戦者

あの対決をもう一度見れるなら大枚はたくぞ

 

433:他称トレーナー

あとで1600mでやったやつ撮ってあるから投稿するわ。楽しみにしといて。接戦だったから

 

434:レース観戦者

有能

 

435:レース観戦者

ありがとうイッチ

 

436:レース観戦者

おまえがナンバーワンだ

 

437:他称トレーナー

そしてラスト!だーれだ? ヒントは「スーパーカー」

【幼女を膝の上に乗せて絵本を読んであげるマルゼンスキー にこにこと優しそうな笑顔を浮かべているがその隣にいるスペシャルウィークはニンジンを咥えてもごもごしている】

 

438:レース観戦者

まって出てきた中でダントツ大人っぽいんですけど

 

439:レース観戦者

なんて包容力のあるお姉さんなんだ…!

 

440:レース観戦者

スーパーカー?スーパーカー…

 

441:レース観戦者

ま、まさかと思うんだけど…マルゼンスキー?

 

442:レース観戦者

すぐ出てくるスレ民って優秀だな

 

443:他称トレーナー

正解!彼女がマルゼンスキー、見た目通りに優しくフレンドリー、気さくなお姉さんウマ娘。正直タイキ超えて一番理性がヤバいかもしれない、大人びすぎでは。なぜかセンスが古く、ゲーム機をファミコンと呼んだり、今の流行がイタ飯だと思ってたり、チョベリグなどの死語を口走るセンスが古いところがある。あ、ちなみに滅茶苦茶強いっぽいです。子供に好かれるタイプで本人も嫌いじゃないみたい。走りで勝ち負けよりも楽しさを重視するタイプっぽい。私服が激マブ。

 

444:レース観戦者

すっげえ…伝説の名馬じゃん…

 

445:レース観戦者

8戦8勝無敗の名馬、しかも後の血統は名馬ぞろい!ほんとにすごい馬だったんだよな!

 

446:レース観戦者

あれ?スぺちゃんってマルゼンスキーの系譜では?

 

447:レース観戦者

史実祖父孫関係やんけ

 

448:レース観戦者

すげーなこれいやホントにすごいわ。いつか来たウマ娘が走る動画が上がるんでしょ!?

 

449:レース観戦者

期待高まるわ~~~~!!!!

 

450:レース観戦者

激マブって逆に気になる

 

451:他称トレーナー

何というかバブリーなんだよね、彼女の私服。似合ってるんだけど、今の流行じゃないかな…と伝えたら落ち込んじゃったので二度としないと誓った

 

452:レース観戦者

だからゲーム機ファミコンでチョベリグなのかwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ふぅ、気持ちいいわね~」

 

 「む~~~!マルゼンさん速い!マヤと併走するって言ったのに!」

 

 「ふふっ、ごめんね楽しくなっちゃって。次はちゃんとギアを落とすから、もう一回走りましょ」

 

 「ブルボンさん、ライスと併走…お願いします!」

 

 「了承、行きましょうライスさん。目標設定は2400m、併走を開始。ラップタイムは…」

 

 またまたウマ娘が増えた男のターフでは現在ウマ娘による自主トレーニングが行われていた。男は必ずそのトレーニングに顔を出すようにしている。動画の肥やしになるのは勿論だが、ウマ娘からもそう熱望されたからだ。そして、男もそうするべきだと思っている。

 

 というのもトレーニングをするウマ娘をみると男は決まって勘のようなものが働く。これ以上やったら怪我をする、失敗する、そういったものが何となく見えるのだ。そしてウマ娘に対して危ないんじゃないかと声をかけると彼女たちはそれを当たり前のように受け入れてトレーニングをやめて休憩する。

 

 なんでなのか、とは思ったが前世の自分も同じだったらしい。怪我をする可能性が見える、なんてこぼしていたらしいがそれは違うのかもしれない。だが、勘は勘でも怪我なんてしたら申し訳が立たないので口ははさむことにしている。

 

 「ねーねートレーナー!ボクの方も見てよー!」

 

 「うわっ!?」

 

 ぼふっと音を立てて男の背中に誰かがぶら下がる、慌てておんぶの態勢になった男の肩に斜めに顎を載せたのはトウカイテイオー。ウマ耳をぺしぺしと男の顔に当てて不満をアピールしている。はいはい、とすとんとテイオーを下ろしてやる。ふふん、と得意そうなどや顔を披露したトウカイテイオーは

 

 「トレーナー!昨日見せてもらったダンスの動画、振付マスターしたんだ!見てみて!」

 

 「えっ!?あれ大分難しいやつじゃなかったか?凄いな、テイオー」

 

 「ええ、難しかったですわ。私も巻き込まれましたもの…」

 

 「まあまあマックイーン、ペアダンスだったんだからしょうがないでしょー?トレーナーに見てもらおうよ!それとも、できないのー?」

 

 ため息をつきながら現れたメジロマックイーンに対してにやにやとしながら見え見えのあおりをするトウカイテイオー。だが、メジロマックイーンに対してそれはどうやらかなり有効に働いているらしく、むむっとなったメジロマックイーンは売り言葉に買い言葉で言い返す。

 

 「んなっ!?そんなことはありませんわ!あれしきのダンス、メジロ家の者として当然習得いたしましたもの!さあテイオー、行きますわよ!」

 

 「あれー?僕が誘うはずだったのに~?」

 

 いつの間にか息巻いているのがマックイーンになっているがそれはそれとして持ってきたラジカセをぽちっと押す、軽快なミュージックが流れ出し、二人がそれに合わせて鏡写しのようなステップを踏んでダンスを踊りだす。さっきまで口喧嘩をしていたとは思えないほどの流麗な動きと息の合った振付におお、と感嘆の息が漏れる。他のウマ娘もトレーニングをいったん止めて二人を見ていた。

 

 最後の1音でビシッと決めポーズを決めた二人に男はパチパチと大きく拍手をする、周りのウマ娘もそれにならって拍手をした。トウカイテイオーはにっかりと笑って、メジロマックイーンは誇らしげにそれを受け入れている。

 

 「いや、すごいの見ちゃったな。んで社長、飯の時間だよ」

 

 「お、悪いね平塚さん。じゃーみんなー!お昼にしよう!着替えて食堂に集まってねー」

 

 社長、と男に声をかけたのは掲示板で競馬で全財産を溶かす男、通称全財産ニキこと平塚、弁当屋を閉店しこちらに全ての商売道具を運び込んで就職した男である。もちろん趣味は競馬、貯金は雀の涙、料理の腕は抜群である。得意料理は唐揚げらしく、これがまた好評なのだ。

 

 はーい!と元気良く返事をして更衣室替わりになっている昔は出荷物をしまっておく倉庫だった建物の中に消えていくウマ娘たち。途中でメイショウドトウがコケてマチカネタンホイザを巻き込み鼻血を出してしまう一幕があったがそれ以外はおおむね問題なく着替えは済んだらしい。

 

 「すんすん…ずずっ…あう、すみませんトレーナーざん」

 

 「いやいや気にするなって。もうちょっとじっとしてような」

 

 「あ゛い゛」

 

 鼻血が詰まっているのか変な発音になっているマチカネタンホイザの鼻をつまんでやりながら苦笑する男は、背中にへばりつくマヤノトップガンを背負いなおしながら昼食に思いをはせるのだった。そろそろ体重気になってきたなという思いと共に。

 

 「ねえトレーナーちゃん、太った?」

 

 「ぐっ」

 

 クリティカルヒットだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

665:レース観戦者

そう言えばJHAについてイッチはどうするの?

 

666:レース観戦者

トゥイッター見る限りかなり注目されてるけど

 

667:レース観戦者

URAだっけ?ウマ娘で収益を上げるのが目的じゃないにしても目を付けられたら面倒かも

 

668:他称トレーナー

それについてはもうちょっと放っておくよ。動画撮影に関してもスペシャルウィークってフルネームで出すんじゃなくてスぺちゃんみたいな愛称で呼ぶことにする。フルで馬名出したら権利がどうこうなるかもしれないけど匂わせるだけならセーフでしょ?ゆくゆくは彼女たちの魂が名馬のそれだって認めてもらえたら、フルネームで活動させてあげたいね

 

669:レース観戦者

まあ走り見れば一発だもんな

 

670:レース観戦者

もう既にばれてるんだけどな大多数に

 

671:レース観戦者

まあウマ娘は謎の美少女路線は悪くないと思うで

 

672:競馬で全財産を溶かす男

ワイの競馬仲間からイッチの動画回ってきたwwwワイ関係者www愉悦愉悦www絶対漏らさないけどな。すまんな

 

673:レース観戦者

ウマ娘なら襲い掛かられても自衛できちゃうもんなあ

 

674:他称トレーナー

ウン、ソウダネ

 【丸太を一人で持ち上げるミホノブルボン 後ろでマヤノトップガンがエンジンを切った軽トラを引っ張っている】

 

675:レース観戦者

なにこれホントに?

 

676:レース観戦者

ウマ娘に人間が勝てるわけないわ

 

677:レース観戦者

マヤノトップガンがクッソ笑顔なのが逆に怖い

 

678:他称トレーナー

ちなみに今マヤちゃんは俺の隣でジグソーパズルやってる。「マヤ、分かっちゃった!」って言ってすさまじい速度で組みあがっていくんだけど凄い。え?何それ?

 

679:栄養士

5分目を離しただけなのにはんぶん完成してるんですけど…

 

680:レース観戦者

はぇーすっごい

 

681:レース観戦者

ねえイッチ、ウマ娘のエピソードもっと聞かせておくれ

 

682:レース観戦者

あーそれ気になる!

 

683:レース観戦者

いっそ配信してはどうだろうか

 

684:レース観戦者

剛の者過ぎる

 

685:他称トレーナー

何があるかな…あー!そうだ!ビワハヤヒデがバナナ好きっていうのは流したと思うんだけど、3日前彼女にバナナケーキをご馳走になったんだよ!

 

686:レース観戦者

はぇーいいなー

 

687:レース観戦者

ビワハヤヒデってあの眼鏡知的キャラだろ?見た目しか知らんけど

 

688:他称トレーナー

これがまたおいしくてな~。タイシンの奴なんて対抗心燃やして「ちょっと待ってて」って言ったらフィナンシェ焼いて出てきた。「ん、食べて」って顔真っ赤にして押し付けてきたんだけどそれがまたかわいいんだよな。多分途中で冷静になったんだと思うけど止まらなかったんじゃないかしら

 

689:レース観戦者

このクソボケがぁ!

 

690:レース観戦者

羨ましいぞこの野郎!

 

691:レース観戦者

いっしょに生活してたら口の中甘くなりそう

 

692:レース観戦者

そう言えば料理人組って仕事的に如何なん?

 

693:栄養士

まあそんな変わらないっていうか忙しい時と暇な時が上手く重なっててやりがいはあるよ

 

694:鉄人

楽ではないけど前の職場に比べたら100倍楽しいわね。ウマ娘の子がほんとにいい子ばっかりだし、娘を近くに置いておいても安心できるし、休みはあるし、まあ食欲は凄いわね

 

695:競馬で全財産を溶かす男

まあ弁当屋一人で切り盛りするよりゃ楽かね。接客がなくなった分料理に集中できるし仕込みだってする時間がたっぷりある。必ず笑顔でお礼を言ってくれるウマ娘のためならやる気みなぎるわ

 

696:レース観戦者

続けていけそうかな?

 

697:レース観戦者

合わなくて辞めまーすだとイッチが困るしなあ

 

698:他称トレーナー

辞めるのは自由だから止めないよ?困るのは事実だけどそれをどうにかするのが俺の仕事だし。ああ、あともう一つあるんだけど

 

699:レース観戦者

なんじゃらほい

 

700:他称トレーナー

馬の方のハルウララがいるマリアファームからハルウララに会いに来ないかって話がDMできたんだけど

 

701:レース観戦者

ファッ!?

 

702:レース観戦者

行動早すぎないか!?

 

703:レース観戦者

つまり、ウマ娘のハルウララを連れて競走馬のハルウララに会いに来ないかって話!?

 

704:レース観戦者

何それ激熱!実現すれば別の馬でもあり得るよな!?

 

705:他称トレーナー

うん、それはそうなんだし俺も受けるつもりで行くんだけど…流石に全員連れて行くわけにはいかないからハルウララは確定として誰を連れていくかなんだよね

 

706:レース観戦者

あー!あーーー!それはそうか!今…20人だっけか?

 

707:レース観戦者

流石に多いよな~

 

708:レース観戦者

まずウマ娘を置いていって大丈夫なのか?

 

709:他称トレーナー

これこれこうで数日留守にしてもいいかって聞いたら絶対戻ってくるならって言ってた。空けれるのは移動含めて5日が限度かな。まあ?そうなれば決める方法は一つでしょう。

 

710:レース観戦者

レースか?

 

711:レース観戦者

レースだな?

 

712:レース観戦者

レースでしょう?

 

713:他称トレーナー

いや、安価だ

 

714:レース観戦者

何でだっ!?

 

715:他称トレーナー

得意距離とかのばらつきがあって公平じゃないからいっそお前らに選んでもらおうかと。あとこっちの理由が本命なんだけど、本気で走ったばっかりだから骨折の可能性がある。何となくわかるんだよね。流す程度ならトレーニングになると思うんだけどレースさせちゃうとウマ娘の闘争心のせいで限界以上を簡単に引き出しちゃうからちょっと様子見したいの

 

716:レース観戦者

それなら、まあしょうがないのかぁ?

 

717:レース観戦者

そっか、そうだよなあ。馬だって折れるときは折れるんだし慎重になるのも当然か

 

718:レース観戦者

あの速度で何かあったら…ぞっとするわ

 

719:レース観戦者

分かったイッチ!ならばスレ伝統の…

 

720:レース観戦者

安価だあああああああ!!!

 

721:他称トレーナー

おっしゃ!じゃあ>>750と>>760!君に決めた!

 

 




 どうも、昨日ぶりでございます。時間ができたので一気に書き上げました。そんなわけで次回は競走馬とウマ娘の対面…をかけたらいいなあ。難しいんですよね、感想で指摘された権利関係とか考えだすと複雑になっていくのでいろいろ狭まります。

 あんまりそこら辺考えだすと書いてて楽しくないので…ある程度は無視させてください、ごめんなさい。イッチが営業行脚する話書いてもどうしても面白くならなくってボツになったので…

 ウマ娘かわいい!すごい!競走馬とどっちが速いの!?という小並感くらいの感じが一番書きやすいんですよね。なので今後も作中世界の権利だのなんだのはほぼ無視していきます、お許しください。

 あとアンケートで次回連れてくウマ娘を決めますのでご協力ください

 では次回でお会いしましょう。感想評価よろしくお願いします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

馬が合うとはまさにこのこと

1:他称トレーナー

はいはい、新スレね。今日がお待ちかねの日だぞ~

 

2:レース観戦者

イッチ!

 

3:レース観戦者

大変だったな…

 

4:レース観戦者

まさかイッチがリアル大岡裁きを受けるなんて…

 

5:レース観戦者

スぺちゃんの「行っちゃやーです!」という言葉に揺らぐイッチは面白かったです

 

6:レース観戦者

説き伏せるの大変だったなイッチ

 

7:レース観戦者

タイキシャトルに1日20回のハグをされた感想はいかが?

 

8:レース観戦者

イッチ取り合いステークスが開催されてたもんな

 

9:他称トレーナー

可愛かったです

 

10:レース観戦者

こいつやっぱおかしいわ

 

11:レース観戦者

おいおいおい、最強だわこいつ

 

12:レース観戦者

イッチから離れるのをウマ娘があんなに拒否するとはなあ

 

13:レース観戦者

このリハクの目をもってしても

 

14:レース観戦者

はいはい節穴節穴

 

15:他称トレーナー

連れて行かなかった子たちのお願いを一つ聞くことで何とかオッケーをもらいました

 

16:レース観戦者

たのしそう

 

17:レース観戦者

これもそれも全て安価ってやつの仕業なんだ!

 

18:他称トレーナー

あ、本題に入る前に一つ。ウマ娘たちが来る順番というか基準がわかったよ

 

19:レース観戦者

と言いますと?

 

20:レース観戦者

適当に来てるんじゃないの?

 

21:他称トレーナー

まあ向こうで役割がある子たちは出来るだけ残っていなくなっても大丈夫な準備を進めてるらしい。もれなく全員こっちに来る気らしいけど踏ん切りがつかなかったり色々あって、言い方悪いけど吹っ切れた子たちからこっちに来てるんだってさ…前世の俺は罪深いよ全く。どれだけウマ娘を弄んでたんだろうか。最初期組はまた違うみたいだけど。

 

22:レース観戦者

弄んでたわけじゃないんだろうけど心に来るよな

 

23:レース観戦者

なるほどなるほど…

 

24:レース観戦者

何人いるんだ?

 

25:レース観戦者

イッチの財力が…!

 

26:他称トレーナー

ワイの財力に底はない、なぜなら1年前買った仮想通貨がこの度100倍に跳ね上がったからである。今が売り時なり

 

27:レース観戦者

こいつ金転がしの才能ありまくりでは?

 

28:レース観戦者

それもしかして半年前20分の1に下がったやつでは?

 

29:レース観戦者

負けたと思って手放しちゃったんだよなあ

 

30:他称トレーナー

ほんで現在移動中なんだけど、正確にはSAで休憩中。あと1時間もしないで着くんじゃないかな?

 

31:レース観戦者

運転お疲れイッチ

 

32:レース観戦者

イッチ、イッチ休憩中悪いんだけどウマ娘の面白話頂戴

 

33:他称トレーナー

良かろう。これは出発前のことなんだが…マヤノトップガンがぷくーっと膨れてこう言いだしたのである。「いいなー、マヤもいきたーい」と

 

34:レース観戦者

ある意味で当然の帰結

 

35:レース観戦者

安価とはいえ流石に不満も出るよな

 

36:他称トレーナー

上目遣いでじっと俺を見つめてそう言われれば揺らいでしまうのが俺というしょうもない男である。鋼の意思を持ち断ったら「もーっ!ネイチャちゃんまたマヤの事だましたのーっ!?トレーナーちゃん上目遣いしてお願いしても聞いてくれなかったよーっ!」とソファーに座っていたナイスネイチャに突撃かましてた

 

37:レース観戦者

入れ知恵かよwww

 

38:レース観戦者

実際どうなのさ?

 

39:レース観戦者

揺らいだんじゃねえの~?

 

40:他称トレーナー

正直たまらなかったゾ

 

41:レース観戦者

でしょうねえ?

 

42:レース観戦者

あー羨ましい羨ましい

 

43:レース観戦者

あんな…あんなかわいい子に上目遣いでお願いされる機会なんて俺の人生にはなかったんやが?

 

44:レース観戦者

腹を斬って詫びろイッチ

 

45:レース観戦者

ネイチャさんの反応を知りたい

 

46:レース観戦者

むしろネイチャさんが何を思ってそんなことを言ったのか

 

47:他称トレーナー

「あ~やっぱダメだったか~。ごめんねマヤノ~」「む~っ!今度という今度は許さないんだからね!こうなんだから!」とネイチャのモフモフツインテを永遠にモフモフしてた。そんなのが罰なのか。可愛いしかないんだが。

 

48:レース観戦者

やっぱダメだったとか言ってる時点で確信犯やんけ

 

49:レース観戦者

なにそれ可愛い

 

50:レース観戦者

画像をくれ!是非とも!

 

51:レース観戦者

イッチ独り占めは許されんぞ~~~!

 

52:鉄人

可愛かったです

 

53:栄養士

可愛かったです

 

54:レース観戦者

ちくわ大明神

 

55:競馬で全財産を溶かす男

可愛かったで…誰だ今の!?

 

56:レース観戦者

コテハン勢怒涛の連携で草

 

57:他称トレーナー

【><という顔でナイスネイチャのツインテをモフモフするマヤノトップガンと受け入れているナイスネイチャ】

 

58:レース観戦者

あああ~~~~

 

59:レース観戦者

あのツインテ実際如何なん?

 

60:鉄人

娘曰くもふもふでずっと触っていたいの!とのこと

 

61:レース観戦者

子供の素直な感想は最も信用できるな

 

62:レース観戦者

そう言えば残ってるウマ娘はどうなん?

 

63:競馬で全財産を溶かす男

ちょっと元気ないけど変わりないよ。本気トレーニングは禁止されてるから流す程度だけやってみんな思い思いに過ごしてる

 

64:鉄人

この子おっきいけどお料理上手なのよね。あとビワハヤヒデとかナイスネイチャにナリタタイシンなんかもお料理上手よ

【中華鍋を自在に振るヒシアケボノ】

 

65:レース観戦者

チャーハン作るよ!

 

66:競馬で全財産を溶かす男

お手伝いするよ~☆って手伝ってくれるんだけど助かるのは事実なんだ…だけど俺らの仕事取らないで…これでお金もらうのは申し訳たたないの…

 

67:栄養士

ビワハヤヒデさんはかなり頼りになるわね。知識の範囲が広いしウマ娘に必要な栄養素も知っているから参考になるわ

 

68:レース観戦者

やはりメガネキャラは知的キャラ

 

69:レース観戦者

顔がでかいけどな

 

70:他称トレーナー

本人それかなり気にしてるからやめてあげて。馬の方のレース動画で顔がでかいってコメントに過剰反応してたから。「私の顔は大きくないぞっ!」って。

 

71:レース観戦者

 

72:レース観戦者

草生やすな刈り取るぞ

 

73:レース観戦者

女の子に顔がでかいは可哀想

 

74:レース観戦者

所でイッチ、尻尾の手入れってやってるの?

 

75:他称トレーナー

やってるぞ。昨日はメイショウドトウだった

 

76:レース観戦者

こいつ…!

 

77:レース観戦者

変われ!今すぐ場所を変われ!

 

78:レース観戦者

女の子の尻に生えてる尻尾を弄びやがって

 

79:他称トレーナー

やっぱ尻尾の質?っていうのかな一人一人違うんだよね。ビワハヤヒデの尻尾は癖っ毛ぽくて、メイショウドトウの尻尾は柔らかめ。あと手入れ中滅茶苦茶嬉しそうで可愛かった。こんなおっさんのどこがいいのかね

 

80:レース観戦者

イッチだからだぞ多分

 

81:レース観戦者

イッチの尻尾手入れ人気なんだな

 

82:レース観戦者

逆にやらなくていいいっていうやつおるんか?自分でやるぜっていう子

 

83:他称トレーナー

いない。やろうかっていうとみんな尻尾振って喜ぶ

 

84:レース観戦者

かわいい

 

85:レース観戦者

かわいい

 

86:鉄人

目の毒よね~若い頃を思い出すわ~。あたしも旦那とあんな風にいちゃついてたし、周りの気持ちがよくわかるわ

 

87:レース観戦者

そう言えば出るときなんかあった?

 

88:他称トレーナー

タイキシャトルやウイニングチケットといった感情的なメンツから今生の別れかと言わんばかりに送り出された以外は正常やな

 

89:レース観戦者

なんだ横断幕でも作られたか

 

90:レース観戦者

ねーだろwwww

 

91:競馬で全財産を溶かす男

懺悔します。ウイニングチケットがそれやりそうになってナリタタイシンに羽交い締めで止められてました

 

92:他称トレーナー

マジでっ!?

 

93:レース観戦者

知らねーのかよww

 

94:栄養士

「うわああああ~~~ん!タイシンやめてよ~~~!」「あんたがバカなことするからでしょこの馬鹿っ!」「バカって言われた~~~!」というやり取りがあったり

 

95:レース観戦者

チケゾーちゃん子供かよ

 

96:他称トレーナー

昨日涙目だと思ったらそういうことだったのか…

 

97:レース観戦者

あの身長差で羽交い絞め…?

 

98:レース観戦者

ウマ娘パワーすごい

 

99:レース観戦者

そりゃあ丸太を持ち上げるくらいですから

 

100:他称トレーナー

この前ミホノブルボンがトラクター引っ張ってトレーニングしてたの見て腰抜かしたゾ。1トンくらいあるハズなんやけど…元の世界だと5トンあるタイヤ引っ張ってトレーニングしてたらしい。世界は広い

 

101:レース観戦者

向こうの人類よく生き残ってるなマジで

 

102:レース観戦者

分からせられててもおかしくないだろうに

 

103:他称トレーナー

ウマ娘、人間と仲良くしたいって本能があるのかな

 

104:レース観戦者

そうだったらいいなあ

 

105:他称トレーナー

よし、そろそろ行くわ。行ってきまーす

【後部座席に3人並んで座るハルウララ、アグネスデジタル、ライスシャワーの3人の画像 アグネスデジタルの口から魂がはみ出てるように見えるがその顔は幸せそうであった】

 

106:レース観戦者

デジタルwwww

 

107:レース観戦者

幸せそうww

 

108:レース観戦者

低身長3人組可愛いなww

 

109:レース観戦者

イッチのピースのみ映ってるけど楽しそうでよかった

 

110:レース観戦者

楽しんで来いよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ねえトレーナー、ここが馬の私がいるっていう牧場?」

 

 「ふわ~、お兄様のお家の周りと同じくらい自然がいっぱい。ライス、ここ好きかも」

 

 「そんな感想を抱くお二人が尊い…!!不肖このデジたん、立派にお供を務めさせてふえっ…!」

 

 「デジタルちゃんいっしょに行こ―!」

 

 「おっとデジタル、気絶にはまだ早いぞ。マリアファーム、初めて来たけどいいところかもな。じゃあ点呼と注意事項、君たちの名前は~?」

 

 「はいっ!私はハル!」

 

 「ライス…じゃなかった。ライはライ、だよ?」

 

 「デジです!」

 

 「よろしい。では事務所まで行こうか。もうすぐ着きますって連絡入れてあるから仲良くしっかりついてくるんだぞ」

 

 「「「は~~い!」」」

 

 現在男は自宅のある県を飛び出してとある場所に来ていた。それはこの前、ウマ娘のレースを配信した際に開設したURAのアカウントに来たDMで競走馬のハルウララを現在飼養しているマリアファームという牧場から、あのピンク色の髪の女の子と一緒にハルウララに会いに来ないかと打診を受けて快諾した結果このような形になったのである。

 

 男が普段使いしているワンボックスカーに打診を受けた本人、ウマ娘のハルウララと安価で決まったライスシャワーとアグネスデジタルを詰め込んで県を超えて途中でホテルに宿泊しつつ(部屋はきちんと別)移動してきたわけである。なぜか移動しただけなのにアグネスデジタルはほぼ満身創痍であるが、助手席に座ろうとするたびにハルウララに一緒にすわろーよ!と後ろに引きずりこまれ二人の間に挟まっていたのでしょうがないのかもしれない。

 

 ウマ耳を隠すための帽子と尻尾を上着の中に隠した3人が男の後ろをついてくる。余り観光というものを意識していない牧場…引退馬などを預かる生産牧場などは一般に開かれていないことが多いのではあるがマリアファームはそういうことはないらしくきちんとお客さん用の駐車スペースがあったのでそこを借りて車を停めたわけであるが、3人とも男の自宅の周りにはない景色を珍しそうに眺めていると事務所から一人の女性が出てきた。

 

 「あ!もしかしてURAの方ですか?それとウマ娘さんたち?」

 

 「あ、そうです。本日はお招きいただきありがとうございます。カメラの方回してもよろしいでしょうか?」

 

 「はい、はい!是非ともよろしくお願いします!一応私、牧場長の浦瀬と申します。えっとそちらが…」

 

 「ウマ娘のハルだよっ!よろしくお願いします!」

 

 「ライっていいます」

 

 「デジです!よろしくお願いします!」

 

 「よろしくね。ハルさん、貴方が…うん、やっぱりそっくりだわ。人間相手なのに不思議ね…あの競争の動画も、今競馬界隈ではものすご~~~く話題なんですよ」

 

 「そうなんだ!嬉しいな~~!」

 

 40代後半と言ったところの浦瀬と名乗った女性の許可を得て男はカメラを回しながら3人とのやり取りを収めていく。さっそく行きましょうか、と浦瀬が3人を先導して牧場の施設内に入ろうとしたとき馬の嘶きが聞こえてきた。まるで歓迎するかのようなその嘶きを聞いた浦瀬が不思議そうにぽつりと

 

 「あら?ウララの嘶きだわ…もしかして来たのが分かったのかしら…?」

 

 「そうなの?お馬さんってすごいんだね!」

 

 「いえいえ、普段は私たちが来てもこんなことはないのだけれど…?」

 

 どうやら普段はないことらしいが動物なのでそういうこともあるだろうとあまり気にせずに場内に入り、まだ出していないらしい放牧場を横切って馬房が並ぶ建物の下に入ると、いた。鹿毛の馬、競走馬のハルウララだ。せわしなく落ち着かない様子で馬房の中をうろうろして紐で区切られた馬房の出口から顔をのぞかせている。

 

 「わ、あれがハルウララさん…?可愛いね、ね?デジちゃん」

 

 「はい、やはりどこかハルさんと似ていますね」

 

 「ま、あんな落ち着かないウララを見るのは初めてです。いつもだったらこの時間はうつらうつらと寝ているのですけど…なんせもうおばあちゃんですから…」

 

 馬の方のハルウララが立ち止まる、そしてさっきから無言で見ていたウマ娘のハルウララも立ち止まる。彼女は無言で帽子を取り、上着を脱ぎ捨て尻尾を出した。どう見ても頭から直接生えているとしか思えない耳を見た浦瀬が目を見開いて驚く様子をよそに、デジタルがそれを受け取る。ハルウララはハチマキをポケットから取り出してぎゅっと結び、改めて力強い視線で馬のハルウララを見つめる。

 

 「わかる?私だよね?貴方は、わたし。ハルウララ、初めまして?久しぶり?…よく、分かんないや」

 

 「あっ!危ないっ!放馬!?」

 

 基本的に馬は首の下の高さあたりに1本棒を置いておけば出られないと判断して脱走することはない。だが、例外がその場で起こった。ロープの下をくぐって、ハルウララが出てきた。管理が杜撰なのではなく、そんなことをしない気質の馬だからそういう管理をしていたのだろう。だが、目の前でそれが破られる。嘶きと共に常歩でこちらに駆け寄ってくる。

 

 馬のパワーは人間とはけた違いだ。興奮した馬を止めることは人間では基本的に不可能、けどハルウララはヒトの姿をした自分の目の前で足を止める。顔を近づけるとその自分は頬を撫でてくれた。それはヒトのハルウララも同じだった。動物の姿をした自分が顔を近づけてくる。そっと手を出して、頬を撫で、その顔を胸の内に収める。

 

 「えへへ、よろしくね!私、ハルウララ!貴方も同じ?そうなんだ!じゃあ、走るのは?大好き!?私もなんだ!」

 

 「あの……やっぱりあの子…ハルさんは、ハルウララなんですね?あの尻尾も耳も、本物…」

 

 「ええ、まあそうなります。魂と夢を継いで走る女の子、彼女らウマ娘はそういう存在だと…俺は信じてます」

 

 「ふふ、とんでもない存在がいるものですね。世界は広いです…それじゃあ、貴方たちも?」

 

 ほっと息をついた浦瀬が感嘆の息を吐いてそうこぼす。馬の挨拶、柔らかい口元で体中をハミハミされる毛繕いを受けてくすぐったいと笑っているウマ娘のハルウララ。言葉が通じる、というよりは魂で通じ合っているのだろう。好きなものも好きなことも一緒で、走るのだって大好きだと。名前だって一緒、私たちおんなじだね、と笑っていた。

 

 浦瀬に視線を向けられた二人も帽子をとる。その下から現れたウマ耳に、うんうんと頷いた浦瀬は凄いわね、と顔を綻ばせる。お名前教えてもらってもいいかしらと聞かれた二人がこっちを向いたので男は頷いた。

 

 「あの、ライスシャワー、です。ウララちゃんとは仲良しで、お友達です」

 

 「アグネスデジタルです。ウララさんの明るさにはいつも助けてもらってるんです」

 

 「そう、なのね…言う必要はないかもだけれど仲良くしてあげて欲しいわ。なにせあの子、寂しがりでしょう?放牧場に一頭だと、お友達を呼んでずっと鳴いてるのよ」

 

 わーいわーい!と声を上げてハルウララと触れあうハルウララ、魂が同じだけどちょっと違う二人は、嬉しそうに、楽しそうに、それを続けている。高く嘶いたその声におっきい声だね!と返す。無口をもった浦瀬がハルウララの顔にそれを付けて、放牧場に行きましょうかと声をかける。止まっていた時間が、動き出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

486:レース観戦者

あれ、何だろう…涙が止まらない

 

487:レース観戦者

ええ話や…

 

488:レース観戦者

イッチ、いい話をありがとう

 

489:他称トレーナー

大きなトラブルもなく終われてよかったよ本当に。未編集版はスレ民限定だけど編集したら一般向けに出すぜ。マリアファームにも許可もらったし向こうもブログに書くって

 

490:レース観戦者

ウマ娘に突っ込まれなかったな

 

491:他称トレーナー

多分直接会ったからだと思う。納得感があるんだよ、ああそうなんだって。そういう存在なんだって思えちゃうんだ。

 

492:レース観戦者

ところで他のハイライトをよこせ

 

493:レース観戦者

そうだそうだー!

 

494:レース観戦者

イッチだけ堪能してずるいゾー!

 

495:他称トレーナー

他は写真くらいだけどまあよかろう。ほれ

【ハルウララとハルウララがニンジンを咥えている画像】

 

496:レース観戦者

あらやだシンクロ

 

497:レース観戦者

か わ い い

 

498:レース観戦者

 

499:レース観戦者

やっぱ並んでみると雰囲気そっくりなんだな

 

500:レース観戦者

なお大分年上の模様

 

501:他称トレーナー

超元気だったけど

【ウマ娘3人と走り回る競走馬のハルウララの画像】

 

502:レース観戦者

元気になったのでは?

 

503:レース観戦者

魂パワーが譲渡されたのかな?

 

504:レース観戦者

ってことはこれ他のウマ娘元の競走馬に会ったらその馬元気になるかもってことか?

 

505:レース観戦者

いや確証ないし飛躍しすぎでは

 

506:レース観戦者

でも会わせてみたいよな。チケゾーおじいちゃんとかさ

 

507:レース観戦者

この前盛大に誤嚥する動画見たし元気になるなら是非とも

 

508:レース観戦者

まあそれは後にしよう。今は可愛さを堪能させて欲しい

 

509:他称トレーナー

やっぱ馬とウマ娘って相性いいのかも

【乗れと言わんばかりに屈むハルウララとそれを前にして乗っていいのかとこっちを見るウマ娘のハルウララ】

【ハルウララに乗るハルウララと他の馬に乗っているライスシャワーとアグネスデジタル】

 

510:レース観戦者

自分から騎乗を望むなんてないだろ。やっぱ通じ合うものがあるんだな

 

511:レース観戦者

というかそんなおばあちゃんに乗って大丈夫なのか?ハルウララって人間換算だと80越えだぜ?

 

512:他称トレーナー

いや、普通に軽々と立ち上がった。すげえ嬉しそうにぱっからぱっからやってたよ。馬装だって超々久しぶりにつけたらしいのに全然嫌がらなかったし

 

513:レース観戦者

やっぱり、覚えてるのかな?いろいろ

 

514:他称トレーナー

ハルウララ曰く「全部覚えてる」って。勝てなくても走ってるだけで楽しかったし、見ている人たちが自分を見てくれるのが嬉しかったって言ってるってさ

 

515:レース観戦者

やっぱ自分だから分かるのかな?

 

516:レース観戦者

ワイ、ハルウララを応援する会に募金を決意、振り込んでくるで候

 

517:レース観戦者

ワイも

 

518:レース観戦者

おいどんも

 

519:レース観戦者

イッチ、これからどうするん?

 

520:他称トレーナー

とりあえずホテルまで行って泊ってから帰るよ。3人とも泥んこまみれになったからね。

 

521:レース観戦者

いっしょに走り回ったのかwww

 

522:レース観戦者

いいな、楽しそう

 

523:レース観戦者

ウマ娘と馬が走る、是非とも見たい光景

 

524:レース観戦者

待て、ホテルというたか?

 

525:レース観戦者

あの美少女3人とホテル…?

 

526:レース観戦者

怪しまれそう

 

527:他称トレーナー

意外と通るぞ。部屋別でとってるから怪しまれもしない。まあ常に猫耳帽子被ってるのはあれかもしれんが

 

528:レース観戦者

ウマ耳帽子だろ

 

529:服飾屋

作らせて?ていうか作るわ。任せときなさい

 

530:レース観戦者

強すぎる

 

531:レース観戦者

まあ何はともあれ

 

532:レース観戦者

遠征大成功だぜ!お疲れイッチ!

 

533:レース観戦者

おつかれ!

 

534:レース観戦者

編集したやつ楽しみにしてるぜ~~~!

 

 

 

 

 

 

 




 お待たせしました。ハルウララとハルウララの邂逅でごぜえました。え?薄い?もっと濃く?ごめんなさい作者の限界でございます。

 もう少し更新頻度を早くしたい所存、ですが仕事が忙しいなり。次でまたウマ娘増やせたらいいなー、そのあとは初勝負服レースといきたいですね。

 誰を来させようかな~、でももうちょっと来た子にスポット当てたいですね

 ではでは次回にお会いしましょう。感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

お願いイッチ!

230:他称トレーナー

ところで何か忘れてないだろうか

 

231:名無しの観戦者

どうした急に

 

232:名無しの観戦者

前置きなくヌルっと出てきたなイッチ

 

233:名無しの観戦者

忘れてるって何が~?

 

234:名無しの観戦者

遠征は大成功だっただろ?

 

235:名無しの観戦者

向こうのハルウララ号滅茶苦茶元気になってたよな。飛び跳ねてる動画が投稿されたくらい

 

236:名無しの観戦者

おばあちゃん超元気

 

237:他称トレーナー

うむ、それはいいことなんだけど…俺は覚悟を決めねばならんのだ。ウマ娘たちに「何でもしますから!」(お願いを聞くと言っただけ)と告げて遠征に来た身ゆえに

 

238:名無しの観戦者

ん?

 

239:名無しの観戦者

んん?

 

240:名無しの観戦者

 

241:名無しの観戦者

何でもするって?

 

242:名無しの観戦者

言ったよね

 

243:他称トレーナー

(お前らには言って)ないです

 

244:名無しの観戦者

あ、ない…

 

245:名無しの観戦者

あーなるほどそれね

 

246:名無しの観戦者

どんなお願い事されるか今から楽しみだゾー

 

247:名無しの観戦者

もうすでに誰か叶えたんか?

 

248:他称トレーナー

いや、まだ。なので今から聞きに行こうと思うの…安価で

 

249:名無しの観戦者

ほほー!

 

250:名無しの観戦者

いいっすね~

 

251:名無しの観戦者

よっしゃ!一発やったろやないか!

 

252:他称トレーナー

では>>260!君に決めた!

 

253:名無しの観戦者

はやいはやい!

 

254:名無しの観戦者

も、もうか?スぺちゃん!

 

255:名無しの観戦者

ダイワスカーレット!

 

256:名無しの観戦者

ウオッカ!

 

257:名無しの観戦者

ヒシアケボノの可愛いところもっとください!

 

258:名無しの観戦者

いやいやチケゾーちゃんでしょ?

 

259:名無しの観戦者

ここは激マブらしいマルゼンスキーちゃんで!

 

260:名無しの観戦者

ここだぁ!ナリタタイシン!

 

261:名無しの観戦者

メジロマックイーン!

 

262:名無しの観戦者

タイキシャトル!

 

263:名無しの観戦者

お?決まった?

 

264:名無しの観戦者

ナリタタイシンキタコレ!イッチの話を聞くにかなりのツンデレと見た!どんなお願いされるか楽しみ~

 

265:他称トレーナー

タイシンね、了解。多分今なら音ゲーやってるかな、俺の部屋で

 

266:名無しの観戦者

貴様今聞き捨てならんことを言ったな

 

267:名無しの観戦者

自室だと?自室にウマ娘を招いているのか貴様は

 

268:競馬で全財産を溶かす男

実質イッチの部屋はウマ娘の共有財産と化しつつあるぞ

 

269:他称トレーナー

俺のプライバシーはいずこ

 

270:名無しの観戦者

そんなもんはない

 

 

 

 

 

 

 

 「おっタイシンいたいた~」

 

 「…はぁ、なに?見ての通り今忙しいんだけど」

 

 「音ゲーやってるだけじゃん」

 

 ナリタタイシンはドアを開けてやってきた男に対してつっけんどんにそう言った、が字面にすると果てしなく冷たく思えるかもしれないが実際の声音はかなり機嫌がよさげである。その証拠に彼女は音ゲーをいったんやめて顔だけではあるが男をきちんと見つめていた。

 

 ちなみにこれがウイニングチケットであった場合音ゲーを優先することになる。勘違いしてはいけないのがウイニングチケットも彼女にとっては大事に分類されるということだ。ちょっと扱いがぞんざいなだけで。

 

 尻尾は機嫌よさげにフリフリと床を撫で、耳はパタ、パタと少しだけ所在なさげに揺れている。何を言われるのか分からないけど相手が大切なトレーナーな分安心しているということである。スレ民が知れば「抱け」もしくは「爆発しろ」か「もげろ」の大合唱と化すであろうことは想像に難くない。

 

 「いやさ、マリアファームに行く前の話覚えてる?俺一つ約束したでしょ?」

 

 「もしかして、一つお願いを聞くって話?冗談かと思ってた」

 

 「いやそれは信用なさすぎない?」

 

 「私たちを置いて死んだくせに」

 

 「それ言うの超卑怯だし俺には実感ないんだよなあ…あ、やめて?思いだして瞳を潤ませるのはやめて?悪いことしたんだろうけど罪悪感がすごいことになるんだよね」

 

 「…知らない」

 

 すん、と少し鼻を鳴らしたナリタタイシンがそっぽを向く。ここにいる全てのウマ娘に関連することではあるが彼女らは男が傷ついたり目の前からいなくなったりするとひどく狼狽する。それは向こうの世界の男の最期に起因する話ではあるが残念ながら男にはよくわからないのである。

 

 「そんで、今順番に聞きに行く最中なんだけど」

 

 「安価ってやつでしょ」

 

 「なんでわかったんだ!?」

 

 「なんかそんな気がした。アタシが一番っていうのがなんかおかしいし。普通なら来た順でスペシャルウィークからとかじゃない?アンタの性格上さ」

 

 「おっしゃる通りで。それでも一応聞くぞ、なんかない?」

 

 「…ちょっと待って」

 

 ナリタタイシンはそっぽを向く、まだそのお願いを聞いてもらったという話を他のウマ娘からは聞いてない。つまりアタシが一番、順番を他人が決めたとはいえ少しだけ緩んだ頬を見せないように男とは別の方向を向いて頭の中ではレースの時に匹敵するくらいの回転速度でお願い事を考えている。なんせ今なら独占である。トレーナーを、独占。甘くそして犯罪的な響きのそれにナリタタイシンの耳がピンと立った。

 

 右見て、当然誰もない。左見て、勿論誰もいない。正面見て、音ゲーのリザルト画面があるだけ、そして後ろ、トレーナーがいるだけ。左右正面後ろ確認よし!いうぞ!とナリタタイシンは覚悟を決めた。

 

 「じゃあ、さ。その…ここ、座ってくれない?ここ」

 

 すくっと立ち上がったナリタタイシン、脚で自分が座ってたクッションを示す。立ってなおも男に見下ろされる身長差、それが男が胡坐でクッションの上に座ったことで一気に縮まった。だが、ナリタタイシンの目的はそれではない。彼女は男の正面に回り込むと画面の方へ向いて、ぽすんと男の胡坐の中に腰を落としたのである。

 

 「あ~~~…タイシン?」

 

 「暫くこうさせてよ、それがお願い。いいでしょ?」

 

 「いいよ、でもこんなことでいいのか?」

 

 「こんなことがいいの」

 

 そう言ってナリタタイシンは男の胡坐の中でベストポジションを探すためにもぞもぞとお尻を動かし、納得のいく姿勢になったのかコントローラーを持ち直してゲームを再開した。内心はやっちゃった、やっちゃった!とドキドキと嬉しさでパンクしそうであるがそれよりも今のこの幸せを堪能したいとそう感じていた。

 

 男を、トレーナーを独り占めする機会なんてループの中ぐらいでしかない。こっちに来てからはループから解放された代わりに同じ立場のウマ娘がわんさかいる。男が一人になる機会なんてそうそうないし男は忙しくあれこれやっているのだ。それが自分たちのためだというのを理解しているので強引に何かしようとはだれも思わない。

 

 が、それは男が自分から来たら別の話である。何という千載一遇のチャンス、無駄にはできない。誰も見てなくて、素の少し甘えたな自分を出してトレーナーに構ってもらいたいとナリタタイシンはバクバクする心臓を落ち着かせてトレーナーにもたれかかる。すっぽりと自分が収まる安心感に心が安らいだ。

 

 日頃自分の低身長を何かと疎ましく思っているナリタタイシンではあるが、今この時だけは身長が低くてよかったかもと、そう思うのだった。絶対声には出さないけど。

 

 「あ、ミスってる。珍しいな」

 

 「うっさい!」

 

 台無しであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

349:他称トレーナー

ヤバイ。タイシンヤバイ。マジでヤバいよ、マジヤバい。タイシンヤバイ。まず可愛い、可愛いなんてもんじゃない。天使、エンジェル、超可愛い。

 

350:名無しの観戦者

遂にイッチがコピペに動いた

 

351:名無しの観戦者

つーかうらやましいんだが?

 

352:名無しの観戦者

え?なに?あの美少女を胡坐の中に収めてきただと?

 

353:他称トレーナー

安定感のためにお腹に手を廻したのを白状します。細くて大変可愛らしゅうございました。俺後で死ぬんじゃねえのこれ

 

354:名無しの観戦者

今俺が殺してやろうか

 

355:名無しの観戦者

悔しみでヒトガコロセタラ…

 

356:名無しの観戦者

つーか何甘いことやってるんだよオメー

 

357:名無しの観戦者

ああん?

 

358:名無しの観戦者

もう許さねえからなあ?

 

359:名無しの観戦者

ブラックコーヒーがクソ甘い

 

360:名無しの観戦者

これイッチがお願い全部聞く前に俺らが糖尿病で死ぬぞ

 

361:他称トレーナー

で、すまないんだけど次の安価はなしで。帰りにメジロマックイーンからお願い事されたからそれを叶えた話をする。あとこれもらったから上げとくね

【メジロ讃歌のMP3】

 

362:名無しの観戦者

え?なにこれ?

 

363:名無しの観戦者

メジロ連呼してるけどwwww

 

364:名無しの観戦者

ふぁーwwww

 

365:名無しの観戦者

校歌みてえwww

 

366:他称トレーナー

この曲はメジロ賛歌というらしい。由緒正しいウマ娘の名家メジロ家を讃える歌でメジロに属するウマ娘ならば基本歌えるのだとか。マジかwwwwと俺も思ったが目の前で超美声で歌われてしまったので納得しました。

是非ともトレーナーさんにも歌えるようになってほしいですわ!とのことで

 

367:名無しの観戦者

んな無茶な

 

368:名無しの観戦者

これイッチをメジロ家に引き込もうという策略では

 

369:名無しの観戦者

というか改めて聞いたらやべえな。ハモリが滅茶苦茶綺麗。歌ってるの誰よ?

 

370:名無しの観戦者

あ、それ気になるわ

 

371:他称トレーナー

えーともらったのだと

メジロマックイーン、メジロライアン、メジロドーベル、メジロブライト、メジロパーマー、メジロアルダンだって。マックイーン以外はまだ向こうにいるっつってるけど…多分来ますわって断言された。お嬢様のオンパレードやあ…

 

372:名無しの観戦者

ホントにメジロばっかりなんだなwwww

 

373:名無しの観戦者

イッチこれメジロの関係者に聞かせよーぜwww

 

374:名無しの観戦者

無理言うなよwww

 

375:名無しの観戦者

ドーベル現役時代ファンだったから会ってみたい

 

376:名無しの観戦者

いまメジロドーベル号は仔馬のお姉さんやってるんだっけ

 

377:名無しの観戦者

で、イッチ。マックイーンとナニしたんだ?

 

378:名無しの観戦者

露骨に意味深にするな

 

379:名無しの観戦者

ナリタタイシンがあれだったのだからもっと過激でも驚かないよ俺は

 

380:名無しの観戦者

さあキリキリ吐くのだイッチよ!

 

381:他称トレーナー

うむ、あれはタイシンと別れ廊下を進んでいた時のことじゃ…

 

382:名無しの観戦者

昔話風かな?

 

383:名無しの観戦者

メジロマックイーン見た目ドストライクだから正直羨ましい

 

 

 

 

 

 

 

 「まあ、トレーナーさんではありませんか。おひとりだなんて珍しいですわね」

 

 「マックイーンこそ、テイオーは一緒じゃないのか?」

 

 「彼女と一心同体扱いされるのは少々複雑ですわ…今はスぺさんの所で一緒に遊んでいるでしょう。わたくしは、その…貴方を」

 

 「探していたって?」

 

 「え、ええ!そうですわ!何か問題ありまして!?」

 

 「いや、ないけど」

 

 最終的に寝落ちしてしまったナリタタイシンを自室のベッドで寝かせて部屋を出た男を呼び止めたのは清楚な私服に身を包んだメジロマックイーンであった。仲がいいのかライバル同士通じ合うものがあるのかトウカイテイオーとよく行動を共にする彼女にしては珍しく一人でいる。そして男を探していたのだというからには何か用があるのだろうと踏んだ男が問いかける。

 

 「何か用か?あ!もしかしてお願いが決まったのか?」

 

 「実はそうなんですの。察しがいいですわ、今よろしくて?」

 

 「ん、いいよ。タイシンに続いて君が2番目だ」

 

 「入着とはいえ1着ではないのは釈然としませんわ…」

 

 「おっとこれはすまん。競争じゃないから気にすんなよ」

 

 ぷくぅともちもちと柔らかそうなほっぺを膨らませたマックイーンが耳を寝かしてそう言ってくるので男は平謝りするのであった。ほっぺをつついて空気ぷしゅ~とやりたいところではあったがそんなことをすればメジロマックイーンのご機嫌を損ねるのはよくわかっている男は苦笑をするだけでメジロマックイーンの次の言葉を待つことにする。

 

 こほん、と咳払いをしたマックイーンが少しだけ緊張しているのか白い肌を僅かに朱に染めて意を決したように言葉を放った

 

 「トレーナーさん、わたくしとお散歩に行ってくださいませんこと?」

 

 「ん、いいよ。今から?」

 

 「は、はい!出来れば二人で!ふ・た・り・で!」

 

 「はいはい、じゃあバレないうちに出ようか」

 

 家の中はウマ娘でごった返しているのであるが、メジロマックイーンの可愛いお願いを叶えるために本気を出した男は本当にどのウマ娘にも気づかれることなく自宅を出発することに成功した。男が持つ広大な土地と農道を抜ければ少しだけ合間が広いが住宅街があるし、それなりの施設も立ち並んでいる。

 

 服飾屋と掲示板で名乗っている女性が作ったウマ耳が違和感なくすっぽり入る帽子、個人で違うウマ耳をきちんとサイズを測りほぼオーダーメイドで作られて被り心地のいいそれを被ったメジロマックイーンはまさに良家のお嬢様といった風情である。

 

 メジロ家はウマ娘の名家であるらしいが一本芯が入った立ち姿や雰囲気からして確かにそう頷けるものがあるだろう、メジロマックイーンが持つちょっとムキになりやすいところが親しみやすさを演出していて、近寄りがたいわけではないが、高嶺の花というのはそうなのかもしれない。

 

 「では…その、エスコートをお願いしますわ」

 

 「はいよ、お手をどうぞ?お嬢様?」

 

 くっさいセリフである。内心男は気持ち悪ぃな俺と思っているわけであるがクソデカ感情をため込んでいるウマ娘たちにとっては男は何をしてもかっちょいい大人の男に映ってしまうのである。諸行無常、これにはスレ民も持っているビール缶とつまみをぶん投げてくるだろう。

 

 嬉しそうに尻尾と耳を動かしながら男の手を取ったメジロマックイーンと手をつないだ男はあてもなくふらふらとお出かけ散歩を楽しみに出発するのであった。

 

 

 

 「あら?…あれは」

 

 「ん、ああ。近くの高校の野球部だな。健さんのお孫さん、大樹くんが入ってるとこだ」

 

 「まあ、あのお方の…その、少し見ていってもよろしいでしょうか?」

 

 「いいよ、あっちにベンチあるしそこで見てこっか」

 

 かっとばせー!という声の合唱にウマ耳をピクリと帽子の中で声の方向に動かしたメジロマックイーンが見つけたものは高校生と思しき坊主頭の野球少年たちが練習試合を行っているところであった。どうやら同じ高校での紅白試合ということらしく白熱しているらしい。

 

 メジロマックイーンは隠しているつもりらしいが野球が好きということを男は知っている。というかトウカイテイオーが既にバラしたし、男が戯れにつけていた野球のナイター中継に釘付けになっていたことからもう筒抜けである。目を煌めかせて紅白試合を見ているマックイーン、野球少年たちはいきなりの超級美少女の出現にそわそわしている。

 

 そしてキャッチャーをやっているらしい少年がプロテクターを脱ぎ捨てて攻守を交代した時にこちらに気づいた。何を隠そう彼が町内会の代表の健さんの孫である。既に何回か行っている町内とウマ娘の交流の際に健さんとは面識のあるメジロマックイーンではあるがその孫と会うのは初めてだろう。ちなみに男はきちんと面識がある。

 

 よう、と片手を上げると大樹少年は礼儀正しくぺこりと会釈をした。周囲の別の野球少年が知り合いかよ!と肘でつついている。マックイーンも微笑んでひらりと手を振った。野球少年たちが色めきたつ、監督から檄が飛んで慌てて攻守を交代する少年たち、心なしか士気が高い。ビバ青春パワー。

 

 そしてバッターボックスに立つのは健さんの孫である。男が名前を教えてぴっと指さしてやるとふふっと笑ったマックイーンが手をメガホンのように口に当てて

 

 「かっとばせー!!だ・い・き!!」

 

 大声で声援を飛ばした。鈴の音のような美声の声援を受けた大樹少年はピッチャーの少年が投げたストレートをジャストミートで当て、大きな山なりの大砲を打ち放った。文句なしのホームランである。メジロマックイーンはきゃー!ホームランですわ!と腕を振り回して喜んでいる。

 

 男はそんな様子を微笑ましく思いながら見つめるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

476:他称トレーナー

とまあそんな感じであったのだが

 

477:名無しの観戦者

いたいけな少年の性癖が捻じ曲がるだろ

 

478:名無しの観戦者

野球好きとはギャップが素晴らしい

 

479:名無しの観戦者

というかこれは…デートじゃな?

 

480:名無しの観戦者

デートだな

 

481:名無しの観戦者

デートでしょ

 

482:名無しの観戦者

あとで怒られそう

 

483:他称トレーナー

怒られました。主にずるーい!と

 

484:名無しの観戦者

そらそうよ

 

485:名無しの観戦者

でもこっからデートラッシュじゃん良かったなイッチ

 

486:他称トレーナー

ちなみにこの後行きつけの喫茶店に行ってお茶してきたよ

【チーズケーキを食べるマックイーンの画像】

 

487:名無しの観戦者

羨ましいああああああああ!

 

488:名無しの観戦者

何でおれの周りには美少女がいないんだ!

 

489:名無しの観戦者

居ても仲良くなれないだろコミュ障

 

490:名無しの観戦者

そうだけどさああ!

 

491:名無しの観戦者

ちなみにこの後野球少年たちはどうなったん?

 

492:他称トレーナー

どうもなにも、知り合いのお孫さんにちょっと話して別れたよ。その内家に来るんじゃない?

 

493:名無しの観戦者

ああ、ウマ娘に恋しちゃったかな?

 

494:名無しの観戦者

一目惚れかぁ…

 

495:名無しの観戦者

アオハルですねえ!

 

496:名無しの観戦者

で、希望はあるんですか?

 

497:名無しの観戦者

少年よ、幸あれ

 

498:他称トレーナー

んで連絡なんだけど

 

499:名無しの観戦者

あはい

 

500:名無しの観戦者

温度差ァ!

 

501:他称トレーナー

そろそろガチレースを開催したいと思うの

 

502:名無しの観戦者

キ、キタアアアア!

 

503:名無しの観戦者

マジで!?

 

504:名無しの観戦者

一生待ってた!!

 

505:他称トレーナー

で、この前みたいな適正ガン無視レースじゃなくて本気のレースにしたいから適正を持ってる子しか出ないよ。芝の2400m、ダービーと同じ距離だな

 

506:名無しの観戦者

出る子は!?

 

507:名無しの観戦者

ダービー!いいじゃん!

 

508:他称トレーナー

スペシャルウィーク、ライスシャワー、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、マチカネフクキタル、メイショウドトウ、ナイスネイチャ、マチカネタンホイザ、トウカイテイオー、メジロマックイーン、ウオッカ、ダイワスカーレット、マヤノトップガン、ミホノブルボン、マルゼンスキーの16名でお送りしたいと思います

 

509:名無しの観戦者

ぎゃああああ夢のレースだああああああ!

 

510:名無しの観戦者

こんなもんどの子応援したらいいかわからんやんけ!

 

511:名無しの観戦者

競馬おじさん発狂不可避

 

512:競馬で全財産を溶かす男

実際発狂したけど

 

513:名無しの観戦者

疑ってねーよそこは

 

514:他称トレーナー

そんで、勝負服で走ってもらいます!そしてそしてウイニングライブもちゃんとやります!楽しみにしてるように!以上!

 

515:名無しの観戦者

イッチ愛してる!

 

516:名無しの観戦者

何が日本一やおまえ世界一や

 

517:名無しの観戦者

有能の塊

 

518:名無しの観戦者

今まで謎のベールに包まれていた勝負服が解禁ですと!?

 

519:名無しの観戦者

ありがてえありがてえ!

 

520:名無しの観戦者

あれ?アグネスデジタルは?適正あるっしょ?

 

521:他称トレーナー

実況兼解説をやるっておっしゃってます

 

522:名無しの観戦者

走れよウマ娘

 

523:名無しの観戦者

お願い走って!みたいの君の走り!

 

524:名無しの観戦者

イッチ何とかして!

 

525:他称トレーナー

とりあえず説得頑張ってみるよ

 

 




 とりあえず初レースまではこのまま行きとうございます。増やすかどうかはまたちょっと考えますね。掘り下げが浅いかもしれないんで

 お願いを全部書こうと思ったのですが流石に長すぎるのでカットカットカットでございます。ちなみになぜこの二人かと言えばダイスロールの結果ですね。

 あと1話くらいお願い話を書いてもいいかもしれません。

 ではではまた次回でお会いしましょう!感想評価よろしくお願いします!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

これがウマ娘のレースだ

1:他称トレーナー

ハァイジョージィ。今日が待ちに待ったレースの日だぞ!期待してくれよな~

 

2:名無しの観戦者

誰がジョージじゃい

 

3:名無しの観戦者

イッチ、待ってたで

 

4:名無しの観戦者

待ちきれないよ!早くしてくれ!

 

5:名無しの観戦者

配信キタアアアアア!

 

6:他称トレーナー

ではでは、第一回ウマ娘プリティーダービーを開始していこうと思います!俺はこれで完全に向こうに行くから自由に楽しんでいってくれよな!あ、デジタルの説得は無理でしたぐすん、無理強いは出来ないってはっきりわかんだね

 

7:名無しの観戦者

デジたん…

 

8:名無しの観戦者

絶対自分にもファンがいるなんて思ってないだろあの子

 

9:名無しの観戦者

プリティーダービーwww言い得て妙www

 

10:名無しの観戦者

おーパドックから!?

 

11:名無しの観戦者

あれステージと一体化してるっぽいな。ってことはあれの上でライブが開かれるのか

 

12:名無しの観戦者

地元の人めっちゃおるwww観客席で酒盛りしとるわwww

 

13:名無しの観戦者

イッチが町内会とか発注した業者の人とか誘いまくったらしいからな

 

14:名無しの観戦者

おっ!カーテン開いた!来るぞ!1番は…スぺちゃんだ!

 

15:名無しの観戦者

ス、スペちゃん!?何そのクソ可愛い衣装は?!

 

16:名無しの観戦者

あれが勝負服か!うっわ似合ってる!滅茶苦茶かわいい!

 

17:名無しの観戦者

あだ名じゃなくて番号で紹介か。紫色ってことはもしかして騎手の勝負服と一緒?考察が捗るんゴ!似合ってるわ

 

18:名無しの観戦者

左右で靴の色違うのはなんかいい。すばらしい。

 

19:名無しの観戦者

もう終わりか、2番、次はライスちゃんだ!

 

20:名無しの観戦者

ふおおおおお!なにそのドレス!黒と青薔薇がよく似合う!

 

21:名無しの観戦者

肩だしドレス、踵のリボン…!どれだけ俺を狂わせれば気が済むんだ!ドストライクだぞ!

 

22:名無しの観戦者

短剣持ってるけどそれがまたマッチしてるな。儚い危なさを感じる

 

23:名無しの観戦者

画面越しじゃわからないけどかなり呼吸が深くないか?かなり気合が乗ってる感じする

 

24:名無しの観戦者

放送席のデジたん曰く、好調らしいぞ。絶好調だと瞳がかなり鋭くなるって

 

25:名無しの観戦者

ああ、極限まで絞った体に鬼が宿るということか?まだ上があるのかな?

 

26:名無しの観戦者

ああ~行っちゃった。3番はウイニングチケット!チケゾーだ!かなりスポーティーだな!

 

27:名無しの観戦者

待って脇開きすぎ、胸元見えすぎ、スパッツエッッ!

 

28:名無しの観戦者

言いたいことは分かる、これ青少年の性癖が捻じ曲がるぞ。脇フェチを生み出しかねん

 

29:名無しの観戦者

あーいけませんいけません!その恰好で両手をぶんぶん振るのはいけません!あーいけませんお客様!ヌッ!

 

30:名無しの観戦者

最低で草。でも正直動きやすそうだね。靴もしっかり運動靴だし、一番動きやすそうまである

 

31:名無しの観戦者

次は4番か。ビワハヤヒデだ!いつ見ても顔がでかい!

 

32:名無しの観戦者

顔がでかいんじゃなくて髪が長いだけだとあれほど…!

 

33:名無しの観戦者

ミニスカガーターベルト!?ニーハイ…!フェチが詰め込まれておるぞ!

 

34:名無しの観戦者

ウマ娘の衣装、ワイらの好みが詰まりすぎでは

 

35:名無しの観戦者

立ち姿がしゃんとしてて見ごたえあるな。太ももの筋肉、すごいわ

 

36:名無しの観戦者

ああ、むちむちだ

 

37:名無しの観戦者

そう言う意味じゃねーよハゲ

 

38:名無しの観戦者

5番のナリタタイシン入りまーす

 

39:名無しの観戦者

かなりパンクだな。片足がないダメージジーンズとか、シャツ結んでへそ出しとか…!俺が狂う要素しかない

 

40:名無しの観戦者

いかん、惚れそう

 

41:名無しの観戦者

どのウマ娘でも惚れそう定期。上着の袖を腰で縛ってるのいいな、ファッション性高い

 

42:名無しの観戦者

走りにくそう

 

43:名無しの観戦者

イッチ曰く「勝負服を着ると気合が乗りまくっていつもより速くなる」そうで

 

44:名無しの観戦者

すげえなウマ娘、やっぱ不思議存在ですわ

 

45:名無しの観戦者

6番、フクちゃんことマチカネフクキタル

 

46:名無しの観戦者

シンプルだな、大吉絵馬以外は普通のセーラー服か

 

47:名無しの観戦者

いや背中ァ!

 

48:名無しの観戦者

そう言う小物もありなの…!?重そうなんだけど…

 

49:名無しの観戦者

考察スレが伸びる伸びる

 

50:名無しの観戦者

その水晶玉も小道具だったりするのか?あ、その猫リュックサックなんですね…

 

51:名無しの観戦者

瞳がキラキラしててかわいい

 

52:名無しの観戦者

デジたんの高速詠唱がとまらない

 

53:名無しの観戦者

イッチの強制カット入りました

 

54:名無しの観戦者

えー続いて7番、デッッッ!?失礼しました。メイショウドトウの登場です

 

55:名無しの観戦者

何あの乳袋、いかんでしょ。パイスラも加えて攻撃力が倍増してるよ

 

56:名無しの観戦者

でかすぎんだろ…それはともかく青い衣装がすげえ似合うな。レースの手袋に袖口、白いタイツに靴、すごいお清楚

 

57:名無しの観戦者

デジたんいわくちょっと調子よくないらしい

 

58:名無しの観戦者

そうなのか?わからん。ω口がかわいいくらいしかわからん

 

59:名無しの観戦者

おっそうだな

 

60:名無しの観戦者

お次8番、ナイスネイチャはいりまーす

 

61:名無しの観戦者

あらかわ

 

62:名無しの観戦者

左足につけてるベルトがいかんですよ

 

63:名無しの観戦者

イヤーカバーと色合わせたデザインなんだ

 

64:名無しの観戦者

落ち着いててかわいいな、何だろう安心感ある

 

65:名無しの観戦者

編み上げブーツとは俺の性癖をよくわかってらっしゃる

 

66:名無しの観戦者

そんな意図は恐らくないぞ

 

67:名無しの観戦者

まああんだけ可愛ければ誰かしらの性癖には刺さるさね

 

68:名無しの観戦者

ナイスネイチャ号のファンだった俺氏、全力で応援を決意する。うちわつくったよ

 

69:名無しの観戦者

ガチすぎて草

 

70:名無しの観戦者

お次は9番、マチカネタンホイザ!ゆるっと登場しました!

 

71:名無しの観戦者

えっかわいい。肩だし、コルセット、腰のポーチ、全てが俺のストライク。ファンになった

 

72:名無しの観戦者

えい、えい、むん!だって!何そのフレーズ!耳に残る!

 

73:名無しの観戦者

あ、これ絶好調なの?デジたんいわく

 

74:名無しの観戦者

デジたんのウマ娘センサーは何なんだろうか

 

75:名無しの観戦者

ファンサされたら気絶しそう

 

76:名無しの観戦者

お次は10番、トウカイテイオーだ!

 

77:名無しの観戦者

うわ、ステップがトウカイテイオー号のテイオーステップまんまだ!

 

78:名無しの観戦者

右肩マントすげえ似合う!王子様っぽい感じ!

 

79:名無しの観戦者

ふふんとしたどや顔、きゅんと来た

 

80:名無しの観戦者

11番、メジロマックイーン。カーテシーした、ミニスカなのに

 

81:名無しの観戦者

一部の高校生男子が盛り上がってて草

 

82:名無しの観戦者

シャツの裾が斜めになってて左腹が腹チラしてるのたまらん

 

83:名無しの観戦者

チラリズムをわかっている

 

84:名無しの観戦者

12番、ウオッカ。かなりきわどいなこれ

 

85:名無しの観戦者

腹だしホットパンツとか、眩しい太ももとか、これで恋愛弱者らしいのちょっと信じられん

 

86:名無しの観戦者

うわ、にやって笑うのが凄いさまになってる

 

87:名無しの観戦者

カッコいい系だな。デザインの幅がかなり広いんだな勝負服、規定はないのかな?

 

88:名無しの観戦者

13番、ダイワスカーレット。

 

89:名無しの観戦者

身体のライン見ると結構絞ってるのがわかるな

 

90:名無しの観戦者

ツインテと良く似合う衣装だなあ。絶対領域が眩しい。

 

91:名無しの観戦者

イッチ曰く「去年までランドセル背負ってた」そうな

 

92:名無しの観戦者

えっそれマジ?

 

93:名無しの観戦者

いやいやいやいや、発育良すぎでしょ

 

94:名無しの観戦者

メイショウドトウも中等部

 

95:名無しの観戦者

ウマ娘すげえ

 

96:名無しの観戦者

14番、マヤノトップガン!

 

97:名無しの観戦者

あれフライトジャケットだよな?

 

98:名無しの観戦者

徽章とかいろいろついてて使い込まれたもの感ある

 

99:名無しの観戦者

この子もニーハイホットパンツかよ!さいこうですありがとう!

 

100:名無しの観戦者

ぶーん、って両手広げてポージングするの凄い可愛い

 

101:名無しの観戦者

ハイ次、15番ミホノブルボン!ふぁっ!?

 

102:名無しの観戦者

何だこの服?!今までとは異質すぎるわ!

 

103:名無しの観戦者

レオタードにスカートまでは分かるがその近未来的なパーツは何ですか?

 

104:名無しの観戦者

腰元見えてるのすげえいい。足のそれすげえ走りにくそう

 

105:名無しの観戦者

いかんいかんですよこの服は性癖が捻子れる!やばいやばい

 

106:名無しの観戦者

こんなぴっちり服を見せられた男子高校生がいるらしい、ほらあそこ

 

107:名無しの観戦者

かわいそうに…

 

108:名無しの観戦者

ケモ耳尻尾にプラスしてこれだからな…

 

109:名無しの観戦者

本人無表情で何考えてるのかわかんないの草

 

110:名無しの観戦者

ウマ耳で判断しろ。多分機嫌いいぞ

 

111:名無しの観戦者

最後、16番マルゼンスキー!

 

112:名無しの観戦者

真っ赤だなぁ!

 

113:名無しの観戦者

腰の後ろのリボンがいい、すごい

 

114:名無しの観戦者

なんか雰囲気違うな。強者ってかんじする

 

115:名無しの観戦者

あれ?放送席デジたんいなくね?

 

116:名無しの観戦者

イッチだけになってるな

 

117:名無しの観戦者

マルゼンスキーだけなんか別格だわ、雰囲気というか強さというか。気合いの乗り方が

 

118:名無しの観戦者

パドックだけで見ごたえありすぎ

 

119:名無しの観戦者

えっ!?17番…デジたんじゃないかっ!

 

120:名無しの観戦者

なんだって!?

 

121:名無しの観戦者

よくやったデジたん!よく説得したイッチ!

 

122:名無しの観戦者

この短い時間でよく勝負服に着替えたな

 

123:名無しの観戦者

カラフルな衣装だな、アイドルっぽい。よく似合ってる可愛い

 

124:名無しの観戦者

放送席一人空いたけどどうするんだろ

 

125:名無しの観戦者

でじたああああん!かわいいいよおおおおお!

 

126:名無しの観戦者

うるせえ!

 

127:名無しの観戦者

観客席の幼女がすごい喜んでる可愛い

 

128:名無しの観戦者

実況変わって…ああ、全財産ニキか

 

129:名無しの観戦者

おい投げ捨てられたぞ!?

 

130:名無しの観戦者

誰だあのウマ娘!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「お姫様のお姉ちゃんは、走らないの?」

 

 「はうっ!?そ、それはそのお…」

 

 放送席でウマ娘に対して熱弁をふるっていたアグネスデジタルを正気に戻したのは近くまで来ていた商店街でいっとうアグネスデジタルを慕っている小さな女の子の言葉だった。お姫様のお姉ちゃん、という言葉を存外悪く思っていなかったアグネスデジタルは今回サポートに回るつもりでいたが、残念そうな、悲しそうな、それでいて期待が籠っている瞳を前に言葉に詰まる。

 

 そうなのである、男から再三出てもいいんじゃないかと言われていたが運営が大変なことを知っている彼女はそれを固辞していた。走るだけがレースではない、熱い実況と解説があって初めてウマ娘のレースたり得るのである。その部分を自分ならこなせると思っているからこその辞退であった。

 

 「いいんじゃないの?行ってきてってずっと言ってるし。俺もデジタルの走ってるところみたい」

 

 「でもやっぱりレースには実況解説があってのものですし」

 

 「よしデジタル、二つに分けて考えよう。走りたいか、走りたくないか」

 

 物凄く意地悪な質問である。そんなことをウマ娘につきつければ走りたいという言葉しか出てこない。ふぐぐ、と悩むアグネスデジタル、走りたい。それは走りたいのである、本能と趣味がそう叫んでいる。でもいまさらその役目を放り投げたくはない。そう悩んでいると視界の隅に葦毛の長身のウマ娘が映った。男も少女も気づいてないようであるが、そのウマ娘は自分をビシッと指さして行ってこいと言わんばかりに決め顔をしている。彼女がいるなら、まあ。デジタルは本能を選んだ。

 

 「分かりました、走ります!」

 

 「ほんとっ!?」

 

 「ええ、ええ!走りますとも!マッハで着替えてきますので後はお願いします!」

 

 「よし、よくいったデジタル!良かったね、マキちゃん」

 

 「うん!お姫様のお姉ちゃんを応援するの!」

 

 マキちゃんと呼ばれた少女は嬉しそうに爆速でステージの横の更衣室へ消えていくアグネスデジタルを見送った。そして数分後、まるでアイドルのような煌びやかな衣装を着たアグネスデジタルが飛び行ってパドック兼ライブステージに姿を現す。とんでもない早着替えである。飛び入りの参加者に男が招待&物見遊山で勝手に観戦している観客たちから歓声が飛ぶ。

 

 「さて、平塚さん手伝いをお願いしますね」

 

 「おう、任せとけトレーナー!」

 

 「え、誰?」

 

 「んだよどこからどう見てもゴルシちゃんだろ?そんなことも忘れちまったのかトレーナー!」

 

 「うん、初めましてだよね?」

 

 困惑顔の男の隣にどっかりと腰を下ろしたのは奇麗な葦毛のウマ娘、物々しいヘッドギアを付けているがかなり美人の部類に入るだろう。唐突に現れたそのウマ娘の後ろで放送席に座ろうとしていた平塚が投げられたのか尻もちをついて同じく困惑顔をしている。ゴルシ、と名乗ったそのウマ娘は気にすることなくスイッチを入れた。

 

 『ぴすぴーす!改めてウマ娘プリティーダービー、実況と解説を担当するゴルシ様だぞ!初めましてよろしくぅ!ハイトレーナーも挨拶しろ!』

 

 『あっはい。どうも、URA代表兼社長のトレーナーです。本日はウマ娘のレースを初開催、となりますので不慣れですがよろしくお願いします。本日のレース、芝、馬場状態は良、距離は2400mです。では全ウマ娘ゲートインを』

 

 あっ!ゴールドシップさんだ!というウマ娘のざわめきを聞いてなるほどこの子がウマ娘のゴールドシップか。不思議な子なんですという全員一致の評価が頷ける。というかいつ来たの?そして何でいろいろ把握してるの?疑問は尽きない。この日のために設置した数十台のレース場の各所に設置されたカメラが配信にゲート入りするウマ娘を映している。

 

 『一番大外枠の16番が入ったな!しかしトレーナー、あいつを大外にするとは分かってるな!』

 

 『本人の希望だけどね。一番大外でお願いできないかしら?って。他の枠番は基本番号順になってるけど次回以降はシャッフルを予定しております。さて、では全ウマ娘体勢完了』

 

 馴れ馴れしいゴールドシップに苦笑いしながら、男がゲートの操作をしているスレ民から募ったアルバイトに合図を出す。数瞬後、バカン!と景気のいい音を立ててゲートが開き、ウマ娘がスタートダッシュを決める。

 

 『始まったな!きれいにスタートを決めたのは16番、続いて15番そして7番だ!16番と15番は逃げウマ娘だから分かるが9番は差しじゃなくて先行っぽいぞ!』

 

 『彼女は最近先行の練習を重ねていたみたいだから、練習の成果を発表できるといいね』

 

 『なるほど、それはいいこと聞いたぜ!では現在500m、前から16番、15番、13番、10番、7番、9番、11番、12番、14番、17番、3番、4番、1番、2番、6番、8番、最後尾に5番だ!追い込みウマ娘としては5番の位置はかなり燃える位置だぜ!あそこから巻き返すのが楽しいんだ!』

 

 『なるほど、16番はかなり早いな。もう4バ身は離れている。現在1000mをあっという間に通過します』

 

 このゴールドシップというウマ娘、かなり実況が上手い。男はするすると言葉が出てくる目の前のウマ娘を見て素直にそう思った。空撮でドローンを動かしているスレ内では鉄人と呼ばれている橋本が男の隣にいる見慣れないウマ娘を見て小首をかしげているが、もう始まってしまったものはしょうがない。

 

 レースは異様な盛り上がりを見せている。男はウマ娘を馴染ませるため入場料等は取ってないのだがそれにしても見物人が多い。人ではありえないほどの速度で走るウマ娘、カーブを曲がり切って観客席を一瞬で通過し、その速度が生み出す風が観客を叩いた。熱狂が加速する。

 

 先頭を行くのはマルゼンスキー、その魂は無敗の名馬、そしてその後ろにぴったりとくっつくサイボーグミホノブルボン、虎視眈々と1着を狙うダイワスカーレット、逃げのレースになりつつある。だが、それを許さないのが他の作戦のウマ娘、脚をため機会をうかがっている。

 

 『さてここから直線と坂になりますが16番、15番は速度が落ちない!ここで5番が追い込んできた!さあどうなる!?』

 

 『もちっとスパートかけるの早くていいかもしんねえ。アタシだったらもう400は早くスパートかけるな!ココから末脚の見せ所だぜ!』

 

 『おっと16番、遊びは終わりだと言わんばかりに再加速!そしてもう一人、内から9番が上がってきた!』

 

 後ろをちらりと確認したマルゼンスキーは一拍おいて爆発的な加速を見せて後ろのミホノブルボンとダイワスカーレットを引き離す、必死に食らいついていた二人の後ろから軽やかなステップで二人を抜き去ったのは、マチカネタンホイザだった。

 

 「きたのねマチタンちゃん!勝負しましょ!」

 

 「はいっ!負けませんよー!むん!」

 

 レース場で走っている中で彼女らにしか通じない言葉で通じ合った二人の一騎打ち、直線での末脚勝負。ギアを上げたマルゼンスキーとそれに猛追する足を残したマチカネタンホイザが食らいつく。残り100mで二人が並ぶ。

 

 『16番、9番並んだ!いや若干16番が速いか?負けじと差しに行く9番!ゴールはすぐそこだぜ!』

 

 50m地点で、マチカネタンホイザが深く息を吸う、その瞳をみた観客たちは後に炎が灯ったようだったと言うだろう。深く踏み込んだマチカネタンホイザが一瞬前へ出る、微妙な差であるがそれでも差である。そして、ゴールを過ぎ去る。

 

 『ゴーール!1着判定は写真判定となります!しばらくそのままお待ちください』

 

 『体勢的には9番有利だな。3着は一瞬の隙をついて差した11番だ。さて、写真判定はどうだ?』

 

 配信画面にハイスピードカメラで撮影された映像が流される、編集担当のアルバイトスレ民の操作によって1着判定に使う部分で動画が止まる、結果は

 

 『クビ差!クビ差で9番1着!第一回ウマ娘プリティーダービー!1着は9番です!解説のゴルシさん、ありがとうござ…あれ?』

 

 男が上手い実況をしてくれたお礼を言おうと隣に目を向けて口を開くが、そこに件のウマ娘は始めから何もなかったかのようにいなくなっていた。男は何だったのだろうか?どこに行ってしまったのかという疑問を脇に置いて、自分の仕事を進めることにした。あとで隅々まで探そうと決意して。

 

 「やったやった!やったった~~~♪わ~~~い!」

 

 「すごかったぞー!」

 

 「お姫様のお姉ちゃんすごかった!」

 

 「こっち向いてくれー!」

 

 「やべえ!なんだ今の!言葉にできねえわ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

461:名無しの観戦者

なにあれ超やべえ

 

462:名無しの観戦者

前イッチが投稿したレースの数倍速いぞ

 

463:名無しの観戦者

というか…勝ったの?マチカネタンホイザが?マルゼンスキーに?

 

464:名無しの観戦者

競馬に絶対はないというけど…いくら大外スタートだからって、追いつけるレベルの逃げじゃないぞ

 

465:名無しの観戦者

2段階加速したしなあのマルゼンスキー

 

466:名無しの観戦者

最後の喜びダンスなんなん?クソ可愛い

 

467:名無しの観戦者

というか実況してたウマ娘誰だ!

 

468:名無しの観戦者

ゴールドシップやろな。うんなんか納得

 

469:他称トレーナー

そのゴルシさんなんだけど…いなくなっちゃった

 

470:黄金船

おうトレーナー!アタシなら今無人島にいるぜ!こっちの世界じゃねーけどな!

 

471:名無しの観戦者

もしかして本物?

 

472:黄金船

【ジャングルで自撮りをするゴールドシップの画像】

いやー谷から落ちたと思ったら見慣れねえ場所にいるし死んだトレーナーは生きてるしでびっくりしたぜ!ちょっと懐かしくて話したかったんだ、許せよな!アタシは自分の世界に戻るぜ~。あ!また行くからな!むしろ拉致ってやろうか!?

 

473:名無しの観戦者

やべえ何だこのウマ娘

 

474:名無しの観戦者

気軽に世界線超えてるし

 

475:他称トレーナー

一つだけ、君は無事なんだね?何か困ってないかい?

 

476:黄金船

んだよ~心配性なところは一緒だな!ゴルシちゃんなら大噴火してるから大丈夫だ!それよりも!今度またそっちに行くっていうやつらがいるから準備しとけよ~んじゃな!

 

477:名無しの観戦者

確信した、こいつゴールドシップだわ

 

478:名無しの観戦者

い、いなくなった?

 

479:名無しの観戦者

おうおう、ツブヤイターのサジェストが面白いことになってるわ

 

480:名無しの観戦者

はっは~なんか芸術的☆

 

481:名無しの観戦者

注目度一気に上がったな

 

482:名無しの観戦者

大番狂わせもいいところだろ。俺テイオーが勝つと思ってた

 

483:名無しの観戦者

むっきゃ~みたいな感じで地団太ふんでるけどテイオーさま

 

484:名無しの観戦者

バ群に飲まれちゃったからなあ

 

485:名無しの観戦者

あっ、ついに騎手の人たちにもバレたっぽい

 

486:名無しの観戦者

来てしまったか

 

487:名無しの観戦者

レジェンドの反応が早いwww

 

488:名無しの観戦者

私が乗った馬によく似た子たちが私が乗った馬みたいなレースしてますねってwwww

 

489:名無しの観戦者

溢れるパワーワードwww

 

490:名無しの観戦者

あれ?イッチは?

 

491:名無しの観戦者

配信でウマ娘に囲まれてるのを確認

 

492:名無しの観戦者

うらやましい

 

493:名無しの観戦者

あっステージに集まってる

 

494:名無しの観戦者

ホントにやるのか!?

 

495:名無しの観戦者

走ったばっかりだぞ!?

 

496:名無しの観戦者

あ、でも一応休憩とるのね

 

497:名無しの観戦者

マルゼンスキーがマチカネタンホイザをハグしてる

 

498:名無しの観戦者

男子高校生、メジロマックイーンに接近、トウカイテイオーはにやにや

 

499:名無しの観戦者

アグネスデジタル、幼女タワーを建設する

 

500:名無しの観戦者

抱き着かれて昇られているだけでは?

 

501:名無しの観戦者

ビクともしない体幹をお持ちのようで

 

502:名無しの観戦者

くやしいです~~~!となっているスぺちゃん他数名

 

503:名無しの観戦者

号泣のチケゾーを慰めるBNWのBとN

 

504:名無しの観戦者

お互いをたたえ合うダイワスカーレットとウオッカ

 

505:名無しの観戦者

いい光景だぁ

 

506:名無しの観戦者

ここから女の子が歌って踊るライブまで見れるってマジ?

 

507:他称トレーナー

大マジやで。それでは再開したいとおもいまする

 

508:名無しの観戦者

よっしゃきたああ!

 

509:名無しの観戦者

たのしみいいいい!

 

 

 

 

 

 

 




 1話じゃ終わらなかったらしい。散々待たせてこれは…うむ、度し難い。もうちょっと描写詰めれたかもしれないけど文字数がね。

 あ、ゴルシちゃんの再現度が低いのは仕様です。わしには難しなんだ。ちょこちょこ出していけたらいいな。ゴルシちゃんは世界線を反復横跳びして3女神を片頭痛と肌荒れにするのが仕事になります。

 では次回、ウイニングライブの感想からいきとうございます。どの曲が来るのかは内緒!それでは感想評価よろしくお願いします!次回でお会いしましょう!

 追記
作者は誤字が多いので、皆様が送ってくださる誤字報告には感謝しかございません
ですが、ちょくちょく誤字報告以上(文章の整形、文の削除、はちゃめちゃな文に改変など)の事をなさる方がいらっしゃいます
ハーメルンの規約上これらは違反になりますのでどうか誤字報告以上のことはなさらないようお願いいたします
生意気かもしれませんがどうかお願いいたします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

晴れのち暗雲もある

430:他称トレーナー

えー、以上ウマ娘たちで「GIRLS' LEGEND U」をお送りしました。これで本日のプログラムはすべて終了!お疲れさまでした!

 

431:名無しのレース観戦者

おわらないで

 

432:名無しのレース観戦者

アンコールもとむ

 

433:名無しのレース観戦者

いやでも走った後にあんなのやるだけでも十分ヤバい!

 

434:名無しのレース観戦者

というかヤバすぎる

 

435:名無しのレース観戦者

まさか始まった途端に書き込み殺到でスレが落ちるなんて

 

436:名無しのレース観戦者

イッチが立てたスレが一瞬で埋まりそしてこれが2スレ目よ

 

437:名無しのレース観戦者

終わったからこんなこと書き込めるけどやってる途中ずっと口ぽかんよ

 

438:他称トレーナー

ちなみに本来はメインボーカルは3位までの3人だけど今日は特別に全員歌唱でお送りしました。記念日だからね、しょうがないね。

 

439:名無しのレース観戦者

よくやった

 

440:名無しのレース観戦者

イッチ、お前最高だよ

 

441:名無しのレース観戦者

歌もダンスも完成度が高すぎる

 

442:名無しのレース観戦者

カーテンの中からWow Wow…って聞こえて来たときにはワクワクで心臓止まったゾ

 

443:名無しのレース観戦者

成仏してクレメンス(心肺停止

 

444:名無しのレース観戦者

オマエモナー

 

445:他称トレーナー

いやー凄かったな、ちなみに今アンコール中ですぞ。流石にレースでた子は無理だけど。ボノとウララとタイキがメイクデビューやってくれてる。

 

446:名無しのレース観戦者

はぁ!?

 

447:名無しのレース観戦者

貴様なぜそれを放送しない!(床バン!

 

448:名無しのレース観戦者

なんで?なんで?なんで?

 

449:他称トレーナー

これ協力してくれた町内会の人のためのやつだし。あと急ピッチで工事を進めてくれた業者さんとか

 

450:名無しのレース観戦者

それはそうなんだろうけど!そうなんだろうけどぉ!

 

451:名無しのレース観戦者

みたい!みたいんだよぉ!

 

452:他称トレーナー

後日これの編集版、カメラワークとかを追加したやつを投稿するんでそれまで待って

 

453:名無しのレース観戦者

ちなみにセンター誰?

 

454:他称トレーナー

ウララだゾ。でっかいの二人に小っちゃいのが真ん中におるんや

 

455:名無しのレース観戦者

可愛すぎて憤死しそう

 

456:名無しのレース観戦者

まって、勝負服ですか?

 

457:服飾屋

いえ、デジちゃんが書き起こしたデザインを元に作ったウイニングライブ用の統一衣装です

 

458:名無しのレース観戦者

ファッ?!

 

459:名無しのレース観戦者

あああああああああ!

 

460:名無しのレース観戦者

あばばばば!羨ましい!現地行けばよかった!飛行機とればよかった!

 

461:名無しのレース観戦者

ガチすぎて草

 

462:名無しのレース観戦者

まあ後で投稿されるのであれば後の楽しみにとっておこう。それよりも続きだ続き!

 

463:名無しのレース観戦者

カーテンがバッって開いて「やっとみんなあえたね」でもう一回死んだ

 

464:名無しのレース観戦者

心臓の予備があって助かったぜ

 

465:名無しのレース観戦者

俺にあれを表せる語彙力があれば…

 

466:名無しのレース観戦者

全員で手繋いでたの激エモ

 

467:名無しのレース観戦者

そっから間奏のWowでリズムに合わせて次々と決めポーズ取ってくの好き

 

468:名無しのレース観戦者

ミホノブルボンの片手を前に出すポーズ好き

 

469:名無しのレース観戦者

テイオーの3本指立てて前に出すのって3冠意識してるんかな?

 

470:名無しのレース観戦者

ネイチャさん途中でアドリブ投げキッス入れてましたよね

 

471:名無しのレース観戦者

えっ!?それマ?!

 

472:名無しのレース観戦者

あー、途中で一回沸いた奴かな?

 

473:名無しのレース観戦者

ターンアップの一回目でセンター3人がターンして次のターンアップで残り全員ターンしたのだいすこ

 

474:名無しのレース観戦者

分かるマン

 

475:名無しのレース観戦者

トレセーン!ファイ!オー!のところ絶対ライブでコールしたら楽しいやつ

 

476:名無しのレース観戦者

やりたい

 

477:名無しのレース観戦者

次のレースに行かねば

 

478:名無しのレース観戦者

これイッチ次のレース入場制限とかかかるんじゃない?現地はチケット制にしたら?

 

479:名無しのレース観戦者

テンバイヤー沸くぞ

 

480:名無しのレース観戦者

既に行く気満々のジョッキーがひとり

 

481:名無しのレース観戦者

レジェンドか

 

482:名無しのレース観戦者

レジェンドだな

 

483:名無しのレース観戦者

いつになくフットワークが軽い

 

484:名無しのレース観戦者

でも今レースが立て込んでるからもうちょっと先になりそうという残念そうな報告が

 

485:名無しのレース観戦者

憧れの地へからのゆっくりと曲調が変わるところでマチカネタンホイザとマルゼンスキーが両手を繋いで見つめ合う振付がえぐいほど刺さる

 

486:名無しのレース観戦者

というか滅茶苦茶ダンス激しいのに歌がめちゃんこうまい

 

487:名無しのレース観戦者

途切れ、擦れ、音程の不自然さがほとんどない。生歌なのに、間違いなく生歌だったのに

 

488:名無しのレース観戦者

ウマ娘って肺活量やばいのかな?

 

489:名無しのレース観戦者

あの速度で走るんだから相当な酸素がいるハズ。したがって身体能力全般人間の比じゃないだろ。もちろん肺活量も

 

490:名無しのレース観戦者

走り競いゴールめざしから始まる曲調の急激な変化とそれに伴う激しいダンス、かっこよかった~

 

491:名無しのレース観戦者

夢はきっとかなうからでマジでずきゅんってきた

 

492:名無しのレース観戦者

そんで最後のあれよ

 

493:名無しのレース観戦者

走れ!で両手で前を指さすポーズヤバかった

 

494:名無しのレース観戦者

あそこね、ほんとね、もう、こう…!

 

495:名無しのレース観戦者

何と言い表したらいいか…

 

496:名無しのレース観戦者

でも、ああこの子たちは競技者なんだなってしっくりきたよ

 

497:名無しのレース観戦者

目の鋭さよね、あそこのフレーズの重さがさ

 

498:名無しのレース観戦者

こんなのを見ていいんですか?ほんとにいいんですか?

 

499:名無しのレース観戦者

全くだ

 

500:名無しのレース観戦者

あの……JHAさんがガチ反応してるんですがそれは

 

501:名無しのレース観戦者

公式サイトで見解を表明してるんやが?

 

502:名無しのレース観戦者

えーっと…受け入れる方針っぽいぞ。各馬主さんもうちの馬はいるか?みたいな感じ

 

503:名無しのレース観戦者

信じるのか…

 

504:名無しのレース観戦者

いやだって信じるしかないでしょ。走りを見て確信を深めたよ、ウマ娘に馬が重なるんだ。空撮の映像だって上から見たら馬にしか見えないもん

 

505:名無しのレース観戦者

イッチの所に連絡が来るのも近い

 

506:他称トレーナー

実は地元のレース場から既にオファー来てる。馬と一緒に走れないか?って。だけどダートだからデジタル、タイキ、ウララに走ってもらおうかとも思ってるんだけどちょっとそこら辺調整中。デジタルは今回走ったのでちょっと見送りたいかな。

 

507:名無しのレース観戦者

おおおおお!

 

508:名無しのレース観戦者

きてますねえ!これは流れきてますよ!

 

509:名無しのレース観戦者

ハルウララちゃんじゃない?実際馬主というか所有者から名前の許可出てるっしょ

 

510:名無しのレース観戦者

ハルウララがまた走るとかなったらレース場人であふれちゃう

 

511:名無しのレース観戦者

というかイッチのハルウララ、強いよね?

 

512:名無しのレース観戦者

そうやった有馬勝ってるんやった

 

513:名無しのレース観戦者

いや、勝つハルウララとか泣いちゃう

 

514:名無しのレース観戦者

やっぱ地方はダート多いのかな

 

515:名無しのレース観戦者

ダートタイキとか見たいしかない。出来れば雨で走ってほしい

 

516:名無しのレース観戦者

なんか変なこと言われてないイッチ?ハンデとして斤量乗っけろとか

 

517:他称トレーナー

言われたらすぐ断るわ。斤量はありえん

 

518:名無しのレース観戦者

なぜだイッチ。パワーを見るに問題なさそうだが

 

519:名無しのレース観戦者

素でトラクターを引っ張る超パワーなら重量増えても問題なさそうだが

 

520:他称トレーナー

うむ、そうなのかもしれない。だが考えて欲しい、普段身に着けない重量を背負い、全速力で走るウマ娘…転んだら?

 

521:名無しのレース観戦者

ヒェッ

 

522:名無しのレース観戦者

そっか、4本足じゃないからバランスが違うんだ。2本足で既に4本足よりバランスが悪いのに

 

523:他称トレーナー

そう言うことだ。実際ウマ娘たちの世界でもレース中にこけて引退、あるいは命を落とすこともあるそうなんだ。そんな可能性は出来る限りゼロにしたい。無論レースをしたいという彼女たちの要望を邪魔する気はないけど怪我をする可能性は限りなくゼロに近づける。それが彼女たちのトレーナーだった前の俺の役目で、今の俺の使命なハズなんだ。

 

524:名無しのレース観戦者

イッチ…

 

525:他称トレーナー

そんなわけで俺ちょっとデートしてくるわ

 

526:名無しのレース観戦者

は?

 

527:名無しのレース観戦者

展開ジェットコースターやめろ

 

528:名無しのレース観戦者

訳が分からないんだが

 

529:名無しのレース観戦者

誰と?まさか貴様ウマ娘というものがありながらヒト娘の恋人がいるのではあるまいな!?

 

530:名無しのレース観戦者

どこまで勝ち組なんだお前えええええ!!!

 

531:名無しのレース観戦者

ゆるさん!ゆるさんぞ!今すぐスぺちゃんを俺によこせ!

 

532:他称トレーナー

>>531 やるわけねーだろ

 

533:名無しのレース観戦者

当然の反応

 

534:名無しのレース観戦者

茶番はここまでにして実際なんなん?

 

535:他称トレーナー

うん、レース一着の賞品何がいいってみんなに聞いたら全会一致で俺を独占する権利が欲しいっていうから

 

536:名無しのレース観戦者

カーッ!ペッ!

 

537:名無しのレース観戦者

いい立場でござんすなあ?

 

538:鉄人

ちなみに社長、昨日まで3徹で準備してた。無理やり寝かして今日を迎えたんだよね。ウマ娘の皆さんの寝てください攻撃は有効でした

 

539:名無しのレース観戦者

ブラック企業(セルフ

 

540:名無しのレース観戦者

他の人たちはどうなんだよ

 

541:栄養士

契約通り、給料いいしサビ残ないし、サビ残しようとすると怒ってくる。自分は永久サビ残してるのに

 

542:名無しのレース観戦者

セルフブラック企業辞めろ

 

543:名無しのレース観戦者

事務員雇え、金はあるんだから

 

544:競馬で全財産を溶かす男

というわけでイッチをデートという名の休憩に送り出したいんだけど

 

545:名無しのレース観戦者

許した

 

546:名無しのレース観戦者

楽しんで来いイッチ

 

547:名無しのレース観戦者

しょうがない

 

548:名無しのレース観戦者

他のウマ娘のフォロー忘れるなよ~

 

549:他称トレーナー

今日は地元のお祭りだから社員含めて全員でそこへ行くよ、その中でマチタンとちょっとのんびりさせてもらうわ。それじゃね~

 

550:名無しのレース観戦者

ごゆっくりどうぞ

 

551:名無しのレース観戦者

出来れば実況!

 

552:競馬で全財産を溶かす男

それは俺らで我慢して

 

553:名無しのレース観戦者

あはい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「デートっ!デートっ!トレーナーさんとデートっ!うーっ!まんぼぅ!」

 

 「いいなー、マチタンちゃん、マヤもついていってわーっ!ネイチャちゃん何するのーっ!?」

 

 「はいはい、マヤノは私と一緒にいこうね~。タンホイザ、楽しんでらっしゃいな~」

 

 「みんな揃ったか?ほいじゃいくぞ~」

 

 はーいっ!と姦しい返事がウマ娘たちから返ってくる。総勢20名、プラス従業員の大所帯が農道を抜けて祭りが開かれている広場へ行進していく。今日行われた初めて外部に公にしたウマ娘のレースは大成功を収めることが出来た。男はひとまず胸をなでおろす。何といってもレースである、危険は多い。接触に転倒などあろうものならそれはもうとんでもないことになったであろう。

 

 だが、男の心配をよそにウマ娘たちは闘志を燃やし、心を燃やし、ゴールただ一つを目指して走り切った。無事に怪我無く終わったことに対しての安堵が心を支配していた男は、ウイニングライブの最中目をずっと潤ませていたのだがそれは誰にもバレてはいない。

 

 で、大盛況で終わったウマ娘のレースの1着には賞品があった。それは男を少し独占する権利である。その賞品が決まった瞬間、ウマ娘全員が鬼気迫る勢いでトレーニングに打ち込みだして若干怖くなったのは秘密である。

 

 ちょうどよいことに、というか狙ったのではあるが町内の祭りとレースの日取りを被せたのでレース後のご褒美としてウマ娘全員をお祭りに連れていくことに成功したのである。それで、男とマチカネタンホイザはここで暫く羽を伸ばそうというわけだ。ウマ娘たちはいくつかのグループに分けて従業員が一人必ず付くようにしている。少し心配なのはふらふらとどこかに行きそうなマヤノトップガンやハルウララであるが、保護者を付けておくので大丈夫だろう。マヤノトップガンにはナイスネイチャ、ハルウララにはビワハヤヒデである。あんしんであった

 

 「それじゃー、夜の9時ここ集合ね!橋本さんは娘さんがお眠になったら先に連れて帰ってもらっていいよ!その時は平塚さんと合流して頂戴な」

 

 「分かりました。引率させてもらいますね」

 

 「既に視線がヤバいんですけど社長」

 

 「サインでも考えておいて」

 

 「無茶言うな」

 

 そう、目立つのである。美少女がそろいもそろって20人、地元には既にばれているし今日全力で公にしたのでウマ耳と尻尾を隠さずさらけ出している。視線が痛いがそんなのはウマ娘にとって屁でもない。何万人のファンがレース場には詰めかけるし、その何万人に一斉にみられるのだ。何をいまさらということであろう。何なら手を振る余裕まである。

 

 

 「じゃ、行こうかマチタン。何か食べたいものある?」

 

 「そ~ですね~…むむぅん…トレーナー、まずは遊びませんか?ほら!射的ありますよ~!ばばんっっと!」

 

 「いいねえ、じゃやろうか」

 

 「ふふ~ん!私射的得意なんですよ!ガンマンおマチちゃんの力を見せてあげます!」

 

 「マン…?」

 

 他のウマ娘と別れてマチカネタンホイザとぶらぶらと屋台が並ぶ並木道を歩く男、さらりと男の腕を捕まえて腕を組むという傍目から見たらカップルのような行いをしたマチカネタンホイザにぎょっとした男ではあるがその際のきょとんとした顔から計算ではなく天然であることを見抜いた男は好きにさせることにした。可愛いのは事実だが恋心を抱いてはいけないのである。妹か娘だな、うんと無理やり納得した男、スレ民が見れば槍が飛んでくるであろう。

 

 男がまず腹ごしらえという感じで何か買うか尋ねたらマチカネタンホイザは帽子から突き出した耳をくるくる回して一方向にピンと向けた。その先にあったのは射的の屋台。テキ屋のおじさんが柔和な笑顔で子供たちの相手をしている。二人が近づくとレースを見ていたらしい子供が目をキラキラさせて

 

 「あ!昼にかけっこで1番だったお姉ちゃんだ!ねえねえ!どうしたらあんなに速く走れるの!?」

 

 「こんばんは~。そうだね~、いっぱい食べていっぱい走ったら、速くなるんじゃないかな?」

 

 「この尻尾本物なの~」

 

 「わわ、ごめんね~。尻尾さわっちゃ嫌なの」

 

 「そうなんだ、ごめんなさい。お姉ちゃん」

 

 「いいよ~」

 

 「おっちゃん、二人分ね」

 

 「おう、坊主。ちょっとは成長したか~?いいとこ見せてやんなよ」

 

 「どうだろ、久しぶりだからさ」

 

 

 尻尾に触ろうとした一人をやんわりと注意したマチカネタンホイザに謝る男児、親らしき人物が彼を呼んでおねえちゃんまたね!と子供らしい挨拶を残して帰っていった。実際、町内の子供であればまたねになる確率は高いのだが、ここには町外の人間も多いので彼がどっちなのかはまだ分からないだろう。

 

 ふふんとどや顔でコルクを空気銃に詰めるマチカネタンホイザに苦笑いをした男も自分のコルク銃に弾を詰める。そして、狙いを定めて引き金を引くのだった。

 

 

 「とれませんでした~~!!」

 

 「親父、置き方狡猾になってやがったな…お、かき氷。マチタン食べるか?」

 

 「はいっ!じゃあ、ぶる~はわい!」

 

 「俺メロンで」

 

 10分後、5回のチャレンジで一つもとれなかったマチカネタンホイザと男はお情けのぬいぐるみをもってまたぶらついていた。テキ屋のおやじの置き方が倒れそうで倒れないという絶妙な神業じみた置き方をしていたのでむきになって全弾を使い尽くし、何も残らなかったのである。

 

 そして、昔懐かしい紙のカップに入ったかき氷を売る屋台を見つけた男がマチカネタンホイザに気分を変えるために提案をするとすぐに食いついた。男が金を払い、かき氷を受け取る。ベンチに座ってそれを食べる。悔しいのかマチカネタンホイザはむむん!と気合を入れるとさくさくさくっ!とカップの中に入っているかき氷をやけ食いしだした。当然そんなことをすれば…

 

 「はう~~!あ、あたまがキンキンキン~~~!」

 

 「あー、ほら、急いで食べるから…」

 

 「えへへっ!トレーナー、べー」

 

 「お、真っ青。俺もか、緑色?」

 

 「そうだよ!トレーナートレーナー!次あっち!輪投げやろ!」

 

 「あーはいはい」

 

 キーンと頭を鋭く貫く頭痛に顔をしかめたマチカネタンホイザがべっと小さな舌をだす。その舌はかき氷のシロップで真っ青に染まっていた。男もそれにならって自分の舌を出して見せる。わー!緑色!と嬉しそうに笑ったマチカネタンホイザが次行こ!と男の手を掴んで引っ張る。ウマ娘の強い力に引っ張られ、男は引きずられていった。その顔は満面の笑みを浮かべていたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

710:他称トレーナー

た す け て

 

711:名無しのレース観戦者

どうしたイッチ!?

 

712:名無しのレース観戦者

楽しかったんじゃないのかお祭り!?報告を聞く限りイッチが追い込まれるようなことはないはず!

 

713:他称トレーナー

ウマ娘、増えたぁ!

 

714:名無しのレース観戦者

あー…

 

715:名無しのレース観戦者

ゴルシ様が予告してたやつ…

 

716:名無しのレース観戦者

で、誰?

 

717:他称トレーナー

お前ら慣れすぎじゃないか!?

 

718:名無しのレース観戦者

イッチだってそうだろ

 

719:名無しのレース観戦者

もう気になってしょうがないぞ

 

720:他称トレーナー

それもそうだけど。じゃあとりあえず比較的問題がない子から。こちら、スマートファルコンちゃんです。

【アイドル的なキラキラ笑顔を決めているスマートファルコンの画像】

 

721:名無しのレース観戦者

ほほう、すばらしい。かわいい

 

722:名無しのレース観戦者

スマートファルコン、ダートの馬だな

 

723:名無しのレース観戦者

比較的問題がない…問題自体はあるんですね

 

724:他称トレーナー

はい。俺を見た瞬間ギャン泣きしちゃいました。罪悪感…ごめんよ、ごめんよ。それでこっから3人くらいこの子より重いんだけど

 

725:名無しのレース観戦者

待ってこれ以上なの?

 

726:名無しのレース観戦者

イッチ久しぶりに轢断の危機

 

727:名無しのレース観戦者

わらえねえ

 

728:他称トレーナー

えーお次、セイウンスカイちゃん。のんびり屋でマイペースらしいんだけど、とてもそうは見えない

【目から生気を失い無表情で涙をポロポロ流すセイウンスカイの画像】

 

729:名無しのレース観戦者

えっこれマジ?

 

730:名無しのレース観戦者

ほぼPTSDじゃんこれ

 

731:名無しのレース観戦者

イッチ療法が必要ですね。いや草も生えんわ。

 

732:他称トレーナー

うん、多分今一番危ない子だと思う。だから俺が付きっきりで面倒見る。今も服の袖つまんでずっと俺のそばから離れないし。ただ、俺がいるという事実が安心するみたいで少しだけ表情が蘇った。

んで次。セイウンスカイが心配すぎてついてきたニシノフラワーちゃん。この子は別の意味でヤバい、なんと御年10才の飛び級少女なんだって。流石にたまげた

【オロオロと心配そうにセイウンスカイの面倒を見るニシノフラワーの画像】

 

733:名無しのレース観戦者

は?まってそれヤバくないか?

 

734:名無しのレース観戦者

10才?小学生じゃん!

 

735:名無しのレース観戦者

それが友達のために世界を超えて、と

 

736:名無しのレース観戦者

イッチのカルマが重くなっていく…

 

737:名無しのレース観戦者

イッチこれ流石にやばすぎひんか

 

738:他称トレーナー

うん、俺も間違いなくそう思う。だけど来てしまったからには俺は全力を尽くすよ。そして最後多分お前らも思い入れが沢山あるであろう馬、サイレンススズカだ。俺が死んでからいつも見えてた景色が見えなくて本当につらいんだって。今はスぺちゃんとゆっくり話してる。

【スペシャルウィークに背中をさすられて泣いているサイレンススズカの画像】

 

739:名無しのレース観戦者

ススズ…!?

 

740:名無しのレース観戦者

やめてまって俺らの方が泣いちゃう

 

741:名無しのレース観戦者

イッチ、何としてでもこの子たちを笑顔にするんや!

 

742:名無しのレース観戦者

俺らにできることなら惜しまんぞ

 

743:他称トレーナー

助かる。とりあえずサラッとだけ報告な。今日はもうこれでいなくなるし、暫くケアに集中させてもらう。また会おう

 

744:名無しのレース観戦者

イッチ!頼んだで!

 

745:名無しのレース観戦者

あの日曜日のような悲劇を二度と起こしてなるものか!

 

746:名無しのレース観戦者

者ども!全力で保守するのだ!

 

747:名無しのレース観戦者

イッチお布施させて♡

 

748:名無しのレース観戦者

ワイ、住所がわかったのでニンジン贈らせてもろたで。農家やってて良かった

 

749:名無しのレース観戦者

有能

 

750:名無しのレース観戦者

ワイも何かできることを探さねば

 




 お待たせしました。セイウンスカイの登場です。曇りに曇らせてありますがイッチにかかればなんとかなるハズです。多分。

 あとニシノ神だしたのちょっとまずいか?いや何とかなるはずだ!まふてぃーが何とかしてくれる(丸投げ)やってみせろよ!

 で、残りは逃げシスですね。アイネスちゃんどうしようかな…とりあえずもう何話かはこのままで増やす予定はないです。

 では次回よろしくお願いします。ネタがなくなってきたので投稿遅れるかも…もう結構遅れ気味だけど!

 感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

やりたいことをやるのって大事

1:名無しのウマ娘ファン

専スレ独立よりはや2週間…とんとイッチの姿は見なかったのである

 

2:名無しのウマ娘ファン

ちょこちょこ従業員コテハンが覗きに来たりしたけどな

 

3:名無しのウマ娘ファン

デジたん降臨したせいでスレ独立に至ったの草

 

4:名無しのウマ娘ファン

芝生い茂る

 

5:名無しのウマ娘ファン

ウマ娘のすばらしさを語ってくれて嬉しかったゾ

 

6:名無しのウマ娘ファン

イッチのどこが好きかを語りだして胃もたれしたがな!

 

7:名無しのウマ娘ファン

好かれてるなーイッチのやつ

 

8:名無しのウマ娘ファン

あんなクソ重感情が20人以上いるんでしょ?奇跡的なバランスで大事になってないんやなって

 

9:名無しのウマ娘ファン

あれでイッチクソボケかましてるんでしょ?許されるんですかね

 

10:名無しのウマ娘ファン

まあ責任とろうと奔走してるので許したれ

 

11:名無しのウマ娘ファン

だめです

 

12:名無しのウマ娘ファン

厳しい

 

13:他称トレーナー

お前ら厳しくない?

 

14:名無しのウマ娘ファン

残当

 

15:名無しのウマ娘ファン

女の子にあそこまで語らせてってイッチじゃないか!

 

16:名無しのウマ娘ファン

イッチ!ついに20分割されて全員に共有されたかと!

 

17:名無しのウマ娘ファン

猟奇的すぎて…

 

18:名無しのウマ娘ファン

それよりもセイウンスカイどうなったんだ!?

 

19:名無しのウマ娘ファン

そうだそうだ!

 

20:名無しのウマ娘ファン

あんなズタボロな子をほってネットとか感心しませんことよ!?

 

21:他称トレーナー

あー、それな。一応解決というか元の状態に戻ったといっていいのか…

 

22:名無しのウマ娘ファン

嫌に歯切れ悪いですね

 

23:名無しのウマ娘ファン

詳しく頼む。このままでは主菜と副菜と汁物と主食しか喉を通らない

 

24:名無しのウマ娘ファン

健康的生活じゃんか

 

25:他称トレーナー

とりあえずこちらをご覧ください

【ごめん寝のポーズで地面に伏せるセイウンスカイの画像、首筋まで真っ赤】

 

26:名無しのウマ娘ファン

なにこれ?

 

27:名無しのウマ娘ファン

これがこの世の終わりのような顔をしていた子ですか?

 

28:名無しのウマ娘ファン

愉快なポーズしてますね

 

29:他称トレーナー

そもそもセイウンスカイがあんなに絶望してたのって、俺が車に跳ねられたの直視しちゃったかららしいんだわ。校門と寮の間の道で事故ったらしくて、目撃者になってしまったわけですよ。

 

30:名無しのウマ娘ファン

うっげえ

 

31:名無しのウマ娘ファン

トラウマ必至辞めろ

 

32:名無しのウマ娘ファン

デジたんと同じか…

 

33:他称トレーナー

他のウマ娘のみんなは俺が死んだのは伝聞だから、もしかしたらっていう希望があったみたいなんだけど、セイウンスカイは認めざるを得なかったんだ。俺が即死したっていう現実を。それにデジタルも立ち直ってるわけじゃない、夜中にちょくちょく俺がきちんと生きてるか確かめに来てる。

 

34:名無しのウマ娘ファン

クソ重いんやけど

 

35:名無しのウマ娘ファン

やめてくれよ…

 

36:他称トレーナー

で、見かねた友達に背中を押されたのとゴールドシップによってこっちに送り込まれたわけだ。そして接すること2週間、前の俺ではないが、俺が生きているということを認識したセイウンスカイ氏、世話を焼かれた日々がフラッシュバック、キャパオーバーしこうなる

 

37:名無しのウマ娘ファン

 

38:名無しのウマ娘ファン

何したんイッチ

 

39:他称トレーナー

いや特別なことはしてないよ?できるだけ一緒に行動して、お風呂やトイレなんかは勿論別行動だし着替えだってそう、まあ昔妹にやったみたいに甲斐甲斐しくお世話したのは事実だよ。寝落ちしたら抱っこしてベッドに寝かせたりとか、甘えてきたら甘えさせただけ。まあちょっと幼児退行してたからそれじゃないの?

 

40:名無しのウマ娘ファン

これセイウンスカイちゃんイッチが好きだったのでは?

 

41:名無しのウマ娘ファン

イッチ懐が深いな。俺だったらめんどくさくなって病院に投げてる

 

42:他称トレーナー

いや前世とはいえ自分がやったことだしケツは拭かんとな。まあ元気になった、かな?まあ確かに飄々としたところはあるし、気ままで猫みたいな子だけど可愛いもんだよ。たま~~に誰もいない時、無言で頭を差し出して撫でてアピールしたりするけど。

 

43:名無しのウマ娘ファン

元気になったんやなって…!

 

44:名無しのウマ娘ファン

コテハン勢の報告で心配の言葉が上がってはいたが持ち直して来たんだな

 

45:名無しのウマ娘ファン

ちなみにイッチ、どれくらい今持ち直してるの?

 

46:他称トレーナー

高い高いすると顔真っ赤にしてうつむいちゃうくらいには回復してる

 

47:名無しのウマ娘ファン

どうしてそれをしようとしたんだ

 

48:名無しのウマ娘ファン

高い高いwwww幼児かwwww

 

49:名無しのウマ娘ファン

マジで幼児扱いしてるのかお前

 

50:他称トレーナー

いや、ニシノフラワーって小さいから何となくやってみたらすごい喜んだんだよ。それと同じノリでセイウンスカイにやったら、な?

 

51:名無しのウマ娘ファン

な、じゃないが

 

52:名無しのウマ娘ファン

そりゃあ10才なら小さいだろうけど

 

53:名無しのウマ娘ファン

きゃっきゃいうのがわかるけど

 

54:名無しのウマ娘ファン

…!ヒシアケボノか!

 

55:他称トレーナー

そう、正解。ヒシアケボノ、身長180㎝あるんだけどよく小さなウマ娘、まあマヤノトップガンとかそういうのにせがまれて肩車とかやってたらしいんだよ。その延長線上で俺にせがむこともあるからつい同じノリで…

 

56:名無しのウマ娘ファン

でかいなヒシアケボノ

 

57:名無しのウマ娘ファン

元の馬もでかいからな

 

58:名無しのウマ娘ファン

ワイ将、でっかわいいが好きなのでウェルカム

 

59:名無しのウマ娘ファン

おっきいことはいいことだ

 

60:他称トレーナー

ちなみにヒシアケボノ中等部だってさ

 

61:名無しのウマ娘ファン

は?

 

62:名無しのウマ娘ファン

発育の暴力

 

63:名無しのウマ娘ファン

うせやろ?

 

64:他称トレーナー

それがウマ娘の本格化というやつらしい。一気に成長が来て、走るのに完全適合した身体能力と体つきになるとのこと。本格化の時期や成長率はまちまちだけどかなり体つきが変わることもあるらしい。あ、セイちゃん復活した。にゃはは~お恥ずかしいところを~だって

【顔の前で手をパタパタふるセイウンスカイの画像。若干顔がまだ赤い】

 

65:名無しのウマ娘ファン

表情が戻ってるうううううう!

 

66:名無しのウマ娘ファン

イッチ!よくやった!

 

67:名無しのウマ娘ファン

やっぱ病んだウマ娘にはイッチをぶつけとけばいいんだな!

 

68:名無しのウマ娘ファン

なお原因もこいつの模様

 

69:名無しのウマ娘ファン

マッチポンプやんけ

 

70:鉄人

ねえ社長、ニシノフラワーちゃん…できすぎた子なんだけど。なんでこんないい子に育つんだろう。うちの子にもこうなってほしい。

 

71:名無しのウマ娘ファン

ん?どゆこと?

 

72:鉄人

お料理できるでしょ?自分で自習してお勉強するでしょ?気配りちゃんとできるでしょ?お友達を大切にして、さりげなく助けてお手伝いする。これが10才よ?私がこの年齢の時なんか…実家で鉄鍋振り回してたわ。

 

73:名無しのウマ娘ファン

鉄人ネキの幼少期の闇は置いておいて確かにいい子だな。というかホントに10才?

 

74:名無しのウマ娘ファン

そう言えばイッチウマ娘の子たちって学生なんざんしょ?お勉強どうするの?

 

75:他称トレーナー

若干また闇が深い話だが一応ワイ大学で高校の教員免許取ってるから授業してるんだけど…この子たちループにはまってただけあって高校程度の勉強ならあっさりできる、ビワハヤヒデとかに至っては大学の数学の証明問題とかも解ける。俺が担当じゃなかった時に勉強してたんだって…正直前の俺のどこがいいのかさっぱり分からんのだけど

 

76:名無しのウマ娘ファン

ふむ、イッチ。ウマ娘のみんなからお前がどんなトレーナーだったか聞いたりした?

 

77:名無しのウマ娘ファン

ここまで好かれてると何かあるのかと勘繰る

 

78:他称トレーナー

む、そうかもな。ちょうどテイオーが近くにいるから聞いてくるぞ

 

79:名無しのウマ娘ファン

聞いてなかったのか

 

80:名無しのウマ娘ファン

むしろ何で聞いてなかったのか

 

81:名無しのウマ娘ファン

何があの子たちをそこまで駆り立てるのか

 

82:名無しのウマ娘ファン

その謎を解き明かすため取材班はAmazonの奥地に向かった…

 

83:名無しのウマ娘ファン

その後、彼らの行方を知るものは誰もいなかった…

 

84:名無しのウマ娘ファン

段ボールに箱詰めにされてるんじゃね?

 

85:他称トレーナー

聞いてきたぞ。我がことながらこれが自分とはとても信じられん

 

86:名無しのウマ娘ファン

はよ

 

87:名無しのウマ娘ファン

寒いからはよ

 

88:名無しのウマ娘ファン

脱いでんじゃねーよ

 

89:他称トレーナー

・トレーニングの効率がすさまじく高い、他のトレーナーのおおよそ3倍ほど。3年たつと他のウマ娘と隔絶した実力を身に着けることが出来る

・それに伴ってのレースの勝率、3冠やトリプルティアラ、天皇賞連覇は当たり前、有馬記念連覇も。

・怪我をさせない上にしても確実に回復させる。サイレンススズカをあの悲劇から完全に復活させたらしい。テイオーが3回骨折しても最終的に有馬記念をとらせる。BNWが発症した屈腱炎を完全回復させる

・親身に担当ウマ娘と向き合い真正面から全て受け止める。蹴られようが怪我をさせられようが見捨てず問題の解決に尽力する。自分を実験体にすることすら厭わない

・やさしい

・包容力がある

 

 とのこと。ほんとに俺か?疑いしかないんだが

 

90:名無しのウマ娘ファン

人外か何か?

 

91:名無しのウマ娘ファン

化け物かお前

 

92:名無しのウマ娘ファン

異世界転生チート野郎だったんじゃねえの?

 

93:名無しのウマ娘ファン

さり気にサイレンススズカを守り抜いてて涙ちょちょぎれる

 

94:名無しのウマ娘ファン

最後二つが雑いのはテイオーの本心なんやなって

 

95:名無しのウマ娘ファン

こんなインテリジェンス溢れる受け答えするの?半角で喋ってそうなあの子が?

 

96:他称トレーナー

言っとくけどテイオーは確実に天才の部類に入るぞ。走りも、頭脳も。あと凄い体が柔らかい。この間なんて「ねえ見て見てトレーナー!I字バランス~~!!」ってI字バランスをご披露してくださった。隣で頑張ってたライスは体カッチカチだったんだけど

 

97:名無しのウマ娘ファン

トウカイテイオー号も体の柔らかい馬だって話だな

 

98:名無しのウマ娘ファン

もしかしてそこら辺共通部分あるのかな?本人…本馬?だから当然なのか?

 

99:名無しのウマ娘ファン

ライスちゃん体硬いのかわいい

 

100:名無しのウマ娘ファン

それはそうとサイレンススズカの話題出たけどそっちの方も心配なんやが?

 

101:名無しのウマ娘ファン

せやな、どうなん?

 

102:他称トレーナー

それに関しては大丈夫。サイレンススズカ、元気に走ってるよ。というか止めないといつまでも走ってる。俺が見てるだけでも物凄く嬉しそう。止めると左回転でくるくるしだすけど

 

103:名無しのウマ娘ファン

うっ、涙が

 

104:名無しのウマ娘ファン

回転癖も共通なのかwwww

 

105:名無しのウマ娘ファン

もしかして、サイレンススズカの抱える不調って軽かったの?

 

106:他称トレーナー

彼女の場合、走る理由が先頭の自分だけの景色を見たいっていうのがあるんだけどそれを唯一叶え続けたのが俺で俺がいなくなったせいでとんと調子が悪くなっちゃったらしい。んで、俺がここ変じゃね?って指摘してフォームを改善したら一気に調子が上がって不調が解消した。つまり、元気になった

 

107:名無しのウマ娘ファン

な、なるほど?

 

108:名無しのウマ娘ファン

軽く言ってるがマジ?

 

109:名無しのウマ娘ファン

前世の片鱗ありますねこれは

 

110:他称トレーナー

とまあそんなことを言ってるわけだけど…きちんと証拠がないとダメですよね?

 

111:名無しのウマ娘ファン

そっすね

 

112:名無しのウマ娘ファン

信じられんなあ?

 

113:他称トレーナー

そんな声にお応えして、サイレンススズカの走る姿の動画をご用意いたしました。お納めください

 

114:名無しのウマ娘ファン

まじでっ!?

 

115:名無しのウマ娘ファン

見れんの!?

 

116:名無しのウマ娘ファン

あの大逃げを?レースじゃないのに?

 

117:他称トレーナー

軽くっつったのに「いけます!」って全力疾走かました動画ともいう

 

118:名無しのウマ娘ファン

止めろよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「トレーナーさん、見ててくださいね。私の走り」

 

 「おう。しかし大丈夫なのか?もうちっと調整しても…」

 

 「いえ、きっと今なら見えます。私の、私だけの景色。トレーナーさんがくれたあの光景を…早く見たいんです」

 

 「軽くな、軽く。フク、ゲート開けてやってくれ」

 

 「はーい!ではスズカさん!ハッピーカムカムです!行ってらっしゃいませ!」

 

 「スズカさーん!頑張ってくださいね!」

 

 「ヘイスズカ!ユーキャンドゥーイット!自分らしくデース!」

 

 爽やかな晴天の下、芝の上でゲートの中に入るのは明るい鹿毛のウマ娘、サイレンススズカ。男の元にやってきた当初は不調が治らず何とも言えないくすぶった感じではあったのだが男と接するうちに、自分というものを取り戻すことが出来たらしい。

 

 彼女の不調の原因は、男の不在である。彼女の脚質は逃げ、それも大逃げと言われるロマン型である。トレセン学園の一般的なトレーナーはそれを好まず、また逃げは才能頼りで一歩間違えば選手生命を失う大怪我を負うことも往々にして珍しくない。故に王道の先行で育てられることがある。

 

 当然サイレンススズカもその例にもれず先行の足をためるやり方でトレーニングを受けていた。彼女もそれが正しいと信じ、先行を選択していた。だが、意思とは裏腹に重くなる体、見えなくなる景色、調子は下がり体調にも悪影響が出始めたころにサイレンススズカが出会ったのが男だった。

 

 当時ループの事なんぞ知らなかったサイレンススズカの適正を逃げだと見抜いた男はその時の担当トレーナーに直談判し、なぜ彼女のやりたいようにやらせないのかと問うた。当然担当トレーナーも反発する、彼女が長く走り続けるためだと、彼女のためなんだと。

 

 それに対して彼女のトレーナーが放った言葉は絵空事だった。担当ウマ娘をしたいようにさせて、怪我をさせずに勝利に導くことがトレーナーの役割ではないのかと。それに激高した担当トレーナーはやって見せろとサイレンススズカとの契約を解除し、サイレンススズカにとっては新米トレーナーだった男が担当になった。

 

 不安がないと言えば噓だった。だが、男はやってのけた。逃げ、それもサイレンススズカの望む大逃げの育成。スズカの走りたいように走らせつつ負担を減らし、怪我をさせることなくスズカの最後の目標であった秋の天皇賞の盾を彼女に与えたのである。ゴール板を駆け抜けた瞬間、栄光の日曜日の主役と実況が讃えた瞬間彼女の唯一無二は決まってしまった。

 

 異次元の逃亡者という異名を与えられた彼女、トゥインクルシリーズの3年が過ぎた瞬間、時間が巻き戻って奇妙な円環に閉じ込められても、彼がいる事実が彼女の支えになっていた。繰り返す時間の中で何度も担当してもらった。絵空事がかなわず大欅を超えられなかった時もあった。だけど必ず、彼はサイレンススズカを再び走れるようにしてくれた。

 

 もう、他のトレーナーを付けるのは考えられなかった。彼が担当してくれないなら名義貸しでいい。一人でもできる男のトレーニングはサイレンススズカを勝手に天才にできる。天才を超える怪物になるには男が必要だが、男がトレセン学園にいればあの先頭の、サイレンススズカの景色は揺るがなかった。

 

 唐突に終わりを迎えた円環と、男の死による衝撃がサイレンススズカの景色をゆがませるまでは、それでいいと思っていた。だけど、男のいない世界に最早未練などなかった。あの景色と、隣に男がいればもう何もいらないとすら思えた。そして、スペシャルウィークが姿を消し、スペシャルウィークじゃない誰かが同室となって…その思いは強くなる。

 

 ゴールドシップの話を聞いて世界を渡ったサイレンススズカ、目の前で困ったような顔をした嘗てのトレーナーを前にしてあふれる涙が止まらず、やはり世界を渡っていたスペシャルウィークに慰められて落ち着きを取り戻したサイレンススズカが始めたのはやはりランニングである。

 

 急速に嘗ての走りと景色が戻ってくる、満たされる充実感と喜び。呼吸をするたびに清々しい気分になる。そしてサイレンススズカよりも深い絶望の淵にあったセイウンスカイが落ち着きを取り戻した今日この日、本気で走ろうと決意をしてゲートの使用とコースでのランを許可してもらったのだ。

 

 

 ゲートの中、一番内側のそこでちらりと男に目を向ける。レースに自分を送り出してくれた時と同じ表情、不安と期待が入り混じった変わらないその表情を見てああやっぱり彼は私のトレーナーさんなんだと考えたサイレンススズカはきりりと前を向いてゲートが開くのを待つ。

 

 バン!とゲートが開いた瞬間、一陣の風がコースを奔る。見えなかった景色を存分に堪能しながら、サイレンススズカはすべてを置き去りに走り切ったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

441:名無しのウマ娘ファン

なんだろう…涙が止まらない

 

442:名無しのウマ娘ファン

サイレンススズカ…間違いなくサイレンススズカだ…!

 

443:名無しのウマ娘ファン

あの逃げはススズにしかできねえよお…!

 

444:名無しのウマ娘ファン

速い、じゃねえな。疾いって感じだわ。レースをしてるのを早く見たい

 

445:名無しのウマ娘ファン

終盤、さらに加速したよな。逃げつつ脚をためてたのか?そんな馬鹿な

 

446:名無しのウマ娘ファン

最終的に空気が押しのけられてる様子が見えそうな勢いだった

 

447:名無しのウマ娘ファン

ホント、ホントに…!よかった!

 

448:名無しのウマ娘ファン

サイレンススズカ号が粉砕骨折して予後不良になった時、現場にいたんだ。また、走る姿が見れるなんて。

 

449:他称トレーナー

納得できた?

 

450:名無しのウマ娘ファン

ありがとうイッチ!

 

451:名無しのウマ娘ファン

これで府中で走れたら文句ないわ!

 

452:名無しのウマ娘ファン

あの時の続きを見せて欲しい!

 

453:他称トレーナー

よかったよかった。で、こっちも報告があるんだけど。ここ1週間2日おきくらいにゴールドシップがやってきて庭の片隅になにかを組み上げていってるんだけどどうすればいいのだろうか

 

454:名無しのウマ娘ファン

おい高低差ぁ!!

 

455:名無しのウマ娘ファン

耳キーンなるわ!

 

456:名無しのウマ娘ファン

グッピーになるぞ俺らが!

 

457:名無しのウマ娘ファン

なんで感動の場面から展開ジェットコースターするんですか

 

458:他称トレーナー

いやだって報告しとかないと…今んとこ世界行き来してるのあいつだけだし

 

459:名無しのウマ娘ファン

ゴールドシップのやることに意味があるのか?

 

460:名無しのウマ娘ファン

自分のクソ嗅いで小便かける馬だぞ

 

461:名無しのウマ娘ファン

それはステゴ一族の特徴や

 

462:名無しのウマ娘ファン

クラウチングスタートする馬だぞ

 

463:名無しのウマ娘ファン

最早馬かどうかも怪しいんだぞ

 

464:名無しのウマ娘ファン

聞けばイーじゃん

 

465:他称トレーナー

いや聞いても「ゴルゴル星のお告げによりここをキャンプ地とする!」って言って作業再開するし…何なんだろこれ。手伝ったらむふんって凄い嬉しそうににっこりして可愛かったわ~

【何かを置くための台座のようなもの。まだ未完成に見える】

 

466:名無しのウマ娘ファン

息をする様に出るのろけ

 

467:名無しのウマ娘ファン

ホントに実際なんなんだろうなこれ

 

468:名無しのウマ娘ファン

考えるだけ無駄だろ。ゴールドシップだぞ

 

469:名無しのウマ娘ファン

元の馬のせいでウマ娘になってもそんな扱いなの草

 

470:名無しのウマ娘ファン

おいイッチ、なんで一般人にも見れるようにススズの動画上げたんだ!

 

471:名無しのウマ娘ファン

えっ!?ほんまや鍵かかってない!

 

472:他称トレーナー

え?なんかまずいかそれ?

 

473:名無しのウマ娘ファン

そういやこいつ競馬ほとんど知らんのだったわ!

 

474:名無しのウマ娘ファン

もう遅いわ。レジェンドが反応した

 

475:名無しのウマ娘ファン

行く、の一言だけの恐ろしさよ

 

476:他称トレーナー

レジェンドってあれだよな?豊騎武(ほうきたける)騎手。そういえばサイレンススズカ号の騎手ってあっ!?

 

477:名無しのウマ娘ファン

はいそうなんです。レジェンドこと豊騎騎手、サイレンススズカ号をいっとう大事にしておいででありまして

 

478:名無しのウマ娘ファン

ウマ娘に興味津々なんですが、サイレンススズカがいるってわかったら…

 

479:名無しのウマ娘ファン

来ちゃうよね~そりゃあ

 

480:他称トレーナー

もしかしてワイ将、やらかした?

 

481:名無しのウマ娘ファン

イエス

 

482:名無しのウマ娘ファン

とりあえず慎重に対応してね?

 

483:名無しのウマ娘ファン

決して玄関先でサイレンススズカに応対させてはいけないぞ

 

484:名無しのウマ娘ファン

ワイらでさえ泣いちゃうのにレジェンドが来たらどうなっちゃうのか

 

485:名無しのウマ娘ファン

というかレジェンドが乗った馬のウマ娘そっちにわんさかいるよね

 

486:名無しのウマ娘ファン

スペシャルウィーク、メジロマックイーン、スマートファルコン、ウオッカ、ナリタタイシン、マヤノトップガン、マチカネタンホイザ、マチカネフクキタル、ウイニングチケット、ハルウララ…わぁたくさん!乗った回数順だけど

 

487:名無しのウマ娘ファン

荒れますねえ!

 

488:名無しのウマ娘ファン

レジェンドの情緒ボロボロになっちゃーう

 

489:名無しのウマ娘ファン

これヤバいのでは

 

490:他称トレーナー

メーデー!メーデー!!たすけてえええええ!

 

491:名無しのウマ娘ファン

なんてことだ。もう逃げられないゾ♡

 

 

 

 

 

 

 




 お待たせしました。遂に見つかっちゃいましたねえ!もちろん現実のレジェンドではないのであしからず。規約の関係上実在の人間は扱えないので。

 次回、騎手とウマ娘の対面…をかけたらいいなあ…難しいですよね。なんせ作者競馬はからっきしなので。何かいてもすべて捏造ですイエーイ。

 もっと言えばセイちゃんのクソ重デカ感情を書きたかったんだなあ。ドッロドロで今までの流れをぶち壊しちゃうので残念ながらカットです。書いていいなら書くけど。

 では次回でお会いしましょう!感想評価よろしくお願いします!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

逃亡者と伝説

1:他称トレーナー

緊急事態のため別スレ立てた。競馬界のレジェンドが俺の家に向かってるってマジ?

 

2:名無しの会議参加者

大マジやぞ

 

3:名無しの会議参加者

イッチの方に連絡来たりしてなーい?

 

4:名無しの会議参加者

多分もう新幹線の中ちゃうか?

 

5:名無しの会議参加者

ありそうで困る

 

6:他称トレーナー

ええ、はいそうですね。幻想であってほしかったんですけど公式アカウントからDM来ました。一目でいいからあの動画のウマ娘に逢わせて欲しいってそれはもうご丁寧な文面で

 

7:名無しの会議参加者

ふぁーwww

 

8:名無しの会議参加者

レジェンドがガチすぎて草

 

9:名無しの会議参加者

で、結局どうするんべ

 

10:名無しの会議参加者

会わせてあげて欲しいけどなあ、個人的な考えとして

 

11:名無しの会議参加者

じっさいスズカさんは何と言っているんだい?

 

12:他称トレーナー

それなんだよ。サイレンススズカ号の毎日王冠の動画見せてこの人が君に会いたいって言ってるって伝えたんだよね

 

13:名無しの会議参加者

覚えてたりする?

 

14:名無しの会議参加者

でも継いでるのは魂なんでしょ?

 

15:名無しの会議参加者

忘れられててもレジェンドは会いたいやろなあ

 

16:名無しの会議参加者

そらそうやろ。唯一酔いつぶれるまで吞み明かした馬やぞ

 

17:他称トレーナー

それでな、スズカさん…朧げに覚えているみたい。というか、たまに夢に見るらしい、これはスぺちゃんとかファル子も一緒っぽいの。誰かと一緒に走ってる夢。自分が自分なのに自分じゃなくてよく分からないうちに走って、それで目が覚める。おそらくこっちのレースの記憶が魂に刻まれてるんじゃないかな。

 

18:名無しの会議参加者

なんですとぉ!?

 

19:名無しの会議参加者

これはこれでまずいのでは?

 

20:名無しの会議参加者

まさかとは思いますけど…

 

21:名無しの会議参加者

秋天の記憶とかも、おありに?

 

22:他称トレーナー

あるって。自分のようで今の自分じゃないから不思議らしいんだけど、そういうウマ娘多いみたい。ウマソウルがどうだのって言ってたけど多分こっちのレースの記憶を夢に見てるんだと思う

 

23:名無しの会議参加者

あああああああああ!

 

24:名無しの会議参加者

やめてくれよ

 

25:名無しの会議参加者

地獄やんけ

 

26:他称トレーナー

聞かせてやろうか?スズカの秋天の夢の話を

 

27:名無しの会議参加者

ふぐううう

 

28:名無しの会議参加者

聞きたいけど聞きたくない

 

29:名無しの会議参加者

俺の情緒が死ぬ

 

30:名無しの会議参加者

もしやイッチ…貴様既に…っ!?

 

31:他称トレーナー

そう、俺の情緒は既にスズカの話やライスの話を聞いてボドボドだ。お前らにも道連れになってもらう

 

32:名無しの会議参加者

ふざっけんなやめろバカ!

 

33:名無しの会議参加者

ヤメロー!シニタクナーイ!シニタクナーイ!

 

34:名無しの会議参加者

なんで俺たちまで道連れにされる必要があるんですか

 

35:名無しの会議参加者

俺は聞きたい

 

36:名無しの会議参加者

聞きたくないと言えば嘘になるが確実に泣く

 

37:他称トレーナー

さて、スズカたちの夢は必ずゲートの中から始まるらしい。その中で自分はウマ娘ではなく別のナニカで周りもそう。背中には大切な誰かが乗っていて、ただ前へ行きたいとだけ思っている状態なのだそうだ

 

38:名無しの会議参加者

もうこの時点でダメ

 

39:名無しの会議参加者

やっぱ、騎手が好きな馬が多いんやなって

 

40:名無しの会議参加者

ゲートの中から始まるのか

 

41:他称トレーナー

色んなパターンがあって、背中に乗ってる人が違ったりとか、調子が違ったりとか…急に寂しくなってゲートをくぐってしまったりとか…色々みたい。レース以外の話もなくはないけど圧倒的にレースの方が見る回数が多いとか

 

42:名無しの会議参加者

ほぼ史実とリンクしてるくさいな

 

43:名無しの会議参加者

厩務員がいなくなってゲートくぐった話あったな

 

44:名無しの会議参加者

やっぱこっちの記憶を垣間見てるのか?

 

45:他称トレーナー

その夢の中ではスズカは類を見ないほど調子が良かったんだそうだ。体が羽のように軽くて、空だって飛べそうなほど調子が良かった。スタートも抜群に巧く決まって、知らないはずの自分の上の人と意思疎通が完璧にできる。不思議な感覚の明晰夢だってさ

 

46:名無しの会議参加者

ふむ、ふむ

 

47:名無しの会議参加者

ごめん涙で画面がかすむ

 

48:名無しの会議参加者

ここまでにしようそうしよう

 

49:他称トレーナー

当然、サイレンススズカはハナを行く。大逃げだ。ある意味で自分の脚質の理想はあの夢だったとも言ってたな。どこまでもどこまでも加速して、先頭の先にあるあの景色に届かんとしたところで、左足から何かが砕ける音がして、遅れてきた痛みで脚が壊れたことを理解したと

 

50:名無しの会議参加者

うわああああああっ!やめろ!やめてくれえ!

 

51:名無しの会議参加者

そこまで、そこまで言えば十分だよイッチ…!

 

52:名無しの会議参加者

これイッチ直接本人から聞いたんだよね?地獄の拷問じゃん

 

53:他称トレーナー

痛くて痛くて、転びそうになったんだけど、上に乗る人を絶対投げ出しちゃいけないって思った。だから、少しずつスピードを落として、脇へそれた。他のやつらが行き切ったところで、夢が覚めるらしい。上の大切な誰かがどうなったのかは、分からないんですって耳をへにょらせて言ってたよ

 

54:名無しの会議参加者

すげえ辛い明晰夢やめろ

 

55:他称トレーナー

で、それを含めて言うんだけど…どうしようかな。返事待ちだと思うんだよね

 

56:名無しの会議参加者

急だしなあ

 

57:名無しの会議参加者

心の準備があるでしょ

 

58:名無しの会議参加者

サイレンススズカはどう言ってるの?

 

59:他称トレーナー

スズカ本人は会ってみたいって言ってる。何ができるか分からないですけどって。他のウマ娘もそう、ウオッカやスぺちゃん、あとファル子も会いたいって言ってる

 

60:名無しの会議参加者

じゃあもう決まりだな

 

61:名無しの会議参加者

覚悟決めろイッチ!

 

62:名無しの会議参加者

豊騎レジェンドも気が気じゃないだろうしな、サイレンススズカ号にもう一度会えるなら。

 

63:他称トレーナー

よし、受け入れることにしよう。とりあえず了解の返事して客間の掃除を他の子に頼んで…誰に案内してもらおうかな?乗ったことのある馬の子はちょっとアレかも

 

64:他称トレーナー

返信はやっ!?と、とりあえず2時間後に来るそうです。こわい、動画あげて1日しかたってないのに。

 

65:名無しの会議参加者

ふぅむ。そうなればマルゼンスキーかな?

 

66:名無しの会議参加者

中等部の子たちやニシノフラワーはちょっとあかんかもね

 

67:他称トレーナー

ファル子がけっこーワクワクしてらっしゃる。スぺちゃんはいまいちピンときてない様子。個人差があるみたい

 

68:名無しの会議参加者

スマートファルコンは割と覚えているタイプなのかな?

 

69:名無しの会議参加者

ウオッカも割と覚えているのかな?乗った回数それなりにあると思うんだけど

 

70:他称トレーナー

なんとなく、のレベルっぽい。むしろスズカやライスみたいにはっきりと夢の中で何があったかまで覚えているウマ娘の方が少ないらしい

 

71:名無しの会議参加者

さて、イッチ。覚悟はよろしいか?

 

72:他称トレーナー

助けてマルゼンスキー!

 

73:名無しの会議参加者

こいつ女に逃げやがった

 

74:名無しの会議参加者

ヘタレめ

 

75:名無しの会議参加者

おうイッチ腹を決めろや

 

76:他称トレーナー

ふー、すっとしたぜ

 

77:名無しの会議参加者

何この変わりよう

 

78:名無しの会議参加者

何があったし

 

79:他称トレーナー

マルゼンスキーに助けを求めに行ったらおぎゃる寸前までバブみを与えられて持ち直してきた。もう少しで尊厳が消えるところだった

 

80:名無しの会議参加者

まじで何があったんや!?

 

81:名無しの会議参加者

犯罪的な絵面

 

82:競馬で全財産を溶かす男

普通に相談してただけだけどな。膝枕してあげましょうか?って誘われてたけどイッチが鋼の意思を見せつけた。なおニシノフラワーからの元気出してくださいのハグは受け取った模様

 

83:名無しの会議参加者

クソァ!

 

84:名無しの会議参加者

マジで羨ましい。羨ましいああ羨ましい

 

85:名無しの会議参加者

マルゼンスキーの膝枕とか土下座超えて地面めり込んでもやってほしいレベル

 

86:名無しの会議参加者

で、イッチ実際大丈夫なん?

 

87:他称トレーナー

ワイ将、有名人に直接会うの初めて。失礼なことしたら業界の闇に消されそうで震える

 

88:名無しの会議参加者

ないから

 

89:名無しの会議参加者

ないない

 

90:名無しの会議参加者

仮にやったらウマ娘の皆さんが黙ってないでしょ。間違いなくやった人が物理的に八つ裂きになっちゃうよ

 

91:他称トレーナー

ヒェッ、もう私有地にタクシー入ってきた。速い速いよ!

 

92:名無しの会議参加者

レジェンドさん異次元の速度

 

93:名無しの会議参加者

覚悟決めろイッチ

 

94:競馬で全財産を溶かす男

あ、ボノちゃんに抱っこで空輸されていった

 

95:名無しの会議参加者

抱っこですと?

 

96:競馬で全財産を溶かす男

とりあえず出迎えるからここまでにしとくわ。あとで報告するね

 

97:名無しの会議参加者

たのんだぜよ

 

98:競馬で全財産を溶かす男

着替えたイッチ、ナリタタイシンに蹴っ飛ばされてマルゼンスキーとタクシーへ向かう

 

99:名無しの会議参加者

これはダメ亭主に喝をいれる良妻

 

100:名無しの会議参加者

イッチ、ファイトだぜ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「やばい、ヤバいよマルゼンスキー。俺これどうしたらいいかわかんないよ」

 

 「大丈夫よトレーナーちゃん、お姉さんが付いてるわ。ふふっ、なんだか担当されたてのころを思い出すわね~」

 

 現在、男が作り出したURAは上を下へとひっくり返したような騒ぎに包まれていた。というのもサイレンススズカが男所有のレース場を調子を取り戻した脚で疾走する様子を収めた動画をサイトにアップロードされたその日に競馬界、ひいてはジョッキーのレジェンドとも呼ばれる男、豊騎武から直接の連絡がメールという形とはいえ男の元に届いたのである。

 

 男は競馬に関して詳しくはない。なので全財産ニキこと平塚に聞いて色々と知識を詰め込んでいるわけであるがここ最近はそれもできなくなっていた。というのもセイウンスカイのことやその他諸々立て込み過ぎたせいで3徹ほど頑張ったからであるがそれはどうでもいいので割愛。

 

 重要なのは男は有名人、それもテレビ番組やCMに登場するような有名人と会うのはこれが初めてであり、ありえないくらい緊張しているのである。だってレジェンドだぜ?競馬に詳しくない俺でも知ってるんだぜ?と錯乱してビワハヤヒデに頭をはたかれて再起動した男である。男の持つでかい土地は当然私有地なので農道含めてタクシーが入ってくることはできない。したがって誰か用がある場合は私有地の外にあるカメラで確認するわけであるがそこにタクシーが来た以上行かねばならんのだ。

 

 今回は相棒にマルゼンスキーを連れているわけである。理由は落ち着いていて大人っぽいからである。これで見た目が完全に中学生なウマ娘を連れて行ったら通報されかねない。ニシノフラワーとかまさにそれで、流石にまずいのではないかと男は混乱する頭を振り絞りタクシーの前に近づいた。

 

 するとタクシーから一人の壮年の男性が下りてきた。男はすぐにピンとくる。間違いなく豊騎武騎手である、その体はジョッキーらしく引き絞られており、騎手としては高い身長なのがうかがえる。荷物も少なく、かなり急いできたことが分かる。タクシーが出発し、豊騎が男へ近づく。

 

 「こんにちは、URAの代表の方ですか?」

 

 「ええ、そうです。遠路はるばるこんな僻地へようこそお越しくださいました。こちら、ウマ娘のマルゼンスキーです」

 

 「ハァイ、マルゼンスキーよ。一応お迎えってことになるかしら。よろしくね」

 

 「豊騎武です。ええ、動画で見させてもらいましたけど本当に尻尾に耳が生えてらっしゃるんですね。それにマルゼンスキー…」

 

 「ふふっ、この世界の私はかなり昔の馬だったみたいね。ちょっとだけショックだったけど…そんなに時間が経ってても覚えてくれる人がいるなんてステキなことだわ」

 

 「立ち話もなんですのでご案内させてもらいます。詳しい話はそこで」

 

 「すみません。よろしくお願いします」

 

 内心バックバクの男は豊騎を伴って自宅兼事務所の応接室まで案内する。部屋の中のソファで対面して座り、口を開こうとしたとき、厨房へつながるドアが開いてそこからスペシャルウィークが闖入してきた。お盆の上に置いたコーヒーとお茶請けを机の上に並べた彼女に対して豊騎が大きく目を見開いて思わず呟く。

 

 「スペシャルウィーク……?」

 

 「はいっ!スペシャルウィークです!豊騎さん、ですよね?不思議です、初めましてなのに、初めましてじゃないって感じで…うーん、これがデジャヴ……?でも、とっても懐かしい気分、この世界の私は貴方と走ってたんですね」

 

 「そう、だね。そっか、そっか…また君に会えるなんて思わなかった。ううん、君はきっと初めましてなんだね。豊騎武、ジョッキー…馬の背中に乗ってレースを一緒に走る仕事をしてるんだ。よろしくね」

 

 「よろしくお願いします!ウマ娘のスペシャルウィークですっ!夢は日本一のウマ娘!」

 

 「はは、日本一か。それは凄い目標だね。叶えられるよう応援させてもらいたいな」

 

 呼びかけられたスペシャルウィークは当然のように自分はスペシャルウィークだと返答する。スペシャルウィークはあまり魂が見せる夢を覚えているほうではない、それでもやはり感じ入るものがあったのか初めましてでも物怖じせずに対応している。そして、豊騎も感慨深そうに、彼女を微笑んで見つめていた。

 

 「豊騎さん、と呼ばせていただきます。単刀直入にお聞きしますが貴方はここにいる一人のウマ娘に会いに来た、と考えてよろしいですか?」

 

 「そうなります。スペシャルウィークやウオッカ、他にも私が乗った馬たちがいらっしゃると思いますが…彼だけは、サイレンススズカだけはどうしても我慢できなかったんです。こういったら他の馬たちに失礼だから決して言わないようにしていましたけど…彼は私の中で特別なのです。あの秋の天皇賞は、今でも思い出してしまいます」

 

 「…確かに、ここにはサイレンススズカがいます。会って、話すことはできますし、本人も会うと言っています。ですけど、いいんですか?競馬に関しては不勉強ですが、悲劇であったと聞いています。非常に失礼な話ですが、自ら傷を抉りだすことは、ないはずです」

 

 「承知の上です。悔しいレースはいくつもありましたが、その中でもやはりあれは私がいまだ乗り越えてないものです。謝りたい、と言えば虫のいい話です。覚えているなら、彼がどう思ってるかを聞きたい」

 

 男の瞳をしっかりと見据えた上でそう言い切る豊騎を見た男は、グイッと一気にコーヒーを飲みほした。男はもとから彼とサイレンススズカを引き合わせる気ではあったが、万が一お互いが傷つく結果になるのは本意ではないためかなり失礼な対応をとった。それでも真摯に頼み込む豊騎を見て、腹を決めたのである。

 

 「スぺちゃん、スズカ呼んできて。マルゼンスキーは自由でいいよ」

 

 「はい、スズカさんならいまは…」

 

 「一緒に行きましょ、スぺちゃん」

 

 二人が出ていき、男と豊騎だけが残る。手持ち無沙汰だった男は、他にも貴方が乗った馬の魂を継いだウマ娘が居るがあっていくかと尋ねる。豊騎は破顔し、それだけではなくいる娘全員に会ってみたいと話した。動画を見る限り名馬の集まりですから、ジョッキーなら気になるものですと話す。男も了承し、スズカの件が終わったら全員で練習用コースに行きましょうと話していると、ドアが控えめにノックされる。

 

 入っていいよ、と男が声を掛けると静かにドアが開いてサイレンススズカが入ってくる。彼女は豊騎を一目見ると、ふわりとほほ笑んで彼の元へゆっくりと歩いて近づく、豊騎もソファから立ち上がってサイレンススズカを出迎えた。男は邪魔しない方がいいだろうと無言でそれを見つめる。

 

 「よかった…無事、だったんですね。振り落としちゃったんじゃないかとずっと思ってたんです。初めまして、サイレンススズカです」

 

 「そっか、やっぱり君が守ってくれたんだね。骨が砕けて痛かっただろうにじっと耐えて、僕を安全なところまで運んでくれた。初めまして、サイレンススズカ。豊騎武です」

 

 「私はこっちのサイレンススズカ号(わたし)のことは分かりません。ですけど、魂はきっと貴方を覚えています。貴方とあの大欅を超えられなかった、だけど貴方を守れた。それだけで私の魂は誇らしい気持ちでいっぱいです。今も、レースをしてらっしゃるんですか?」

 

 「うん、うん…!僕は今もジョッキーだ。だけど、君を壊してしまったことを、どうしても謝りたい。君に謝ってもしょうがないのは分かってるけど…それでも」

 

 「いいえ、謝られることはないと思います。だって、私は…サイレンススズカ号は貴方を恨んでなんかいない。大切な相棒を恨む理由なんて何一つなかったんです。何度あの夢を見ても貴方に嫌悪感は沸きませんでした。私が継いだ魂は最初から最後まで、貴方へ感謝しています」

 

 「すまないっ…!スズカ…!」

 

 こぶしを握り締めて男泣きに涙を流す豊騎騎手を、気にすることはない、と諭すサイレンススズカ。彼女は覚えていないのだろうけど彼女の継いだ魂がそれを覚えている。それを彼女は言葉にして彼に伝えた。それだけできっと、彼は救われるのだろう。豊騎が落ち着くまで、男は無言を貫くのだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

411:他称トレーナー

とまあこんな感じでレジェンドとサイレンススズカのやり取りは終わったんや。スズカ曰く「会ったから分かったけどトレーナーさんとは別ベクトルで大切な人。あえて関係性を表すなら親とか兄妹とかそんなイメージ」だそうだぞ

 

412:名無しの会議参加者

良かった、よかったよおおお

 

413:名無しの会議参加者

レジェンドの心のしこりがとれてよかった!

 

414:名無しの会議参加者

イッチおまえ世界一や

 

415:名無しの会議参加者

今レジェンドどうしてる?

 

416:他称トレーナー

今はレース場でウマ娘たちのトレーニング見てるよ。ファル子がコールの練習させようとしてる。止めてくるわ

 

417:名無しの会議参加者

何しとんねん

 

418:名無しの会議参加者

ああ、この前投稿された「ファル子が逃げたら~?」のやつか

 

419:名無しの会議参加者

追うしかなーい!

 

420:名無しの会議参加者

追うしかなーい!

 

421:名無しの会議参加者

追うしかなーい!

 

422:名無しの会議参加者

調教済みで草

 

423:名無しの会議参加者

いやしかし本当によかったよ。一生の心残りかもしれないことを晴らせたんだから

 

424:名無しの会議参加者

これレジェンドが帰ったら他の騎手も来るんじゃないか?

 

425:名無しの会議参加者

ライスシャワーの屋根がヤバくね?

 

426:名無しの会議参加者

絶対ヤバい

 

427:名無しの会議参加者

というかライスちゃんの性格上まずすぎるのでは?

 

428:名無しの会議参加者

ヤバい

 

429:名無しの会議参加者

ごめんなさい連呼されて斗馬騎手が曇る未来しか見えない

 

430:名無しの会議参加者

あの人も大概引きずってるもんなあ…

 

431:他称トレーナー

レジェンド、ウイニングライブを鑑賞する

 【サイレンススズカをセンターにした豊騎が乗ったウマ娘によるライブの様子の画像】

 

432:名無しの会議参加者

どうしてそうなった

 

433:名無しの会議参加者

だめだ、サイリウムを持つレジェンドで腹筋が崩壊した

 

434:名無しの会議参加者

>>433 ふざけんなよてめー俺の山崎20年返せ

 

435:名無しの会議参加者

いいもん呑んでんじゃねーよ

 

436:名無しの会議参加者

うるせえ祝い酒じゃ。いいもん呑ませろ

 

437:名無しの会議参加者

良かったねえレジェンド…!

 

438:他称トレーナー

ウオッカがレジェンドの戦績聞いてすっげえすっげえ言ってる。君に乗ったレースでも勝ったんだよって言われたら瞳キラキラにしてへへっ!当然だけどな!って誇らしげよ

 

439:名無しの会議参加者

エモい…!

 

440:名無しの会議参加者

ファル子は!?ファル子は!?

 

441:他称トレーナー

ファル子はむしろレジェンドが驚いてた。ウマドルだのなんだのっていうくだりで。むしろかなりはっきり覚えてるのがマヤノトップガンで「あーっ!マヤとダート走って…?あれ?トレーナーちゃんマヤ初めましてだよね?」ってレジェンドも「覚えててくれて嬉しい」って

 

442:名無しの会議参加者

嫌われてたらしいメジロマックイーンはどうなの?

 

443:他称トレーナー

マックイーンは記憶薄目だけど「なるほど、一心同体とは…そういうことでしたのね」って納得顔だった。嫌いではありませんわ、とも言ってたし魂の方はともかくマックイーン本人としては好ましい部類みたい。あとナリタタイシンははっきり勢「……久しぶり、それとはじめまして。元気そうでよかった」ってさ

 

444:名無しの会議参加者

レジェンド嬉しくてたまらないだろうなあ

 

445:名無しの会議参加者

多かれ少なかれ生まれ変わっても覚えられてたなんてさ、騎手冥利に尽きるんじゃないか?

 

446:他称トレーナー

とりあえずレジェンドは明日の朝まではいるみたいだから宿泊提案してみる。おーい料理人3人

 

447:競馬で全財産を溶かす男

はいよ

 

448:鉄人

呼んだ~?

 

449:栄養士

はいな

 

450:名無しの会議参加者

ここで業務連絡するな

 

451:名無しの会議参加者

携帯使え

 

452:名無しの会議参加者

使ってるけどな

 

453:名無しの会議参加者

そう言う意味じゃない

 

454:他称トレーナー

とりあえず夕飯一人追加だけどまだ仕込みやってないよね?

 

455:鉄人

あと2時間後に始める予定

 

456:他称トレーナー

おっけー、じゃそれBBQに変更頼むわ。無礼講でパーティーしようぜ。料理できるウマ娘そっち送ったからよろしくね

 

457:栄養士

はいはーい。ふひひ、社長の金で酒が飲める…

 

458:競馬で全財産を溶かす男

この人ウワバミなのがなあ

 

459:名無しの会議参加者

いいなー、レジェンドにいろんなお話聞いてみたい

 

460:名無しの会議参加者

イッチの会社本当の意味でアットホームだな

 

461:他称トレーナー

とりあえず今日はここまでね。あと明後日あたり重大発表するからよろしく。もちろんいい話だぞ

 

462:名無しの会議参加者

ほう

 

463:名無しの会議参加者

気になるではないか

 

464:名無しの会議参加者

イッチ、今日はお疲れさん

 

465:名無しの会議参加者

レジェンドをうまいこと味方に付けろよ~

 

466:名無しの会議参加者

もう味方じゃないか?

 

467:名無しの会議参加者

確かに

 

468:他称トレーナー

ではまた今度

【豊騎とサイレンススズカを中心にウマ娘全員が写った画像】

 

469:名無しの会議参加者

レジェンド満面の笑みや…

 

470:名無しの会議参加者

ありがと~~!

 

 

 

 




 はい、というわけでレジェンドとサイレンススズカのお話でした。分かっていると思いますがここでのレジェンドの内心やその他は全て作者の捏造で現実世界のあれこれとは一切関係ありません。

 なかなかに難産でした。ウマ娘が魂に刻まれた記憶を覚えているっていう設定をどこまで深く掘り下げていいものか迷いますがあんまり気になさらない方がいいかもですね。でも絶対、覚えていて欲しいと作者は思っています。

 では次回お会いしましょう!次回と次々回はレースで行きたいですね。おっとゴルシちゃん何してるの…?まあそれはそれとしてまたどこかで!

 感想評価よろしくお願いします!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

重大報告って聞くと身構えるよね

134:名も無きファン

えー、レジェンドこと豊騎騎手の大差勝ちを祝って、カンパァイ!

 

135:名も無きファン

乾杯!

 

136:名も無きファン

乾杯!

 

137:名も無きファン

いやー、ヤバかったな。

 

138:名も無きファン

ああ、今までパッとしない馬だったのに。まさかの大外からの末脚勝負で大差だ大差

 

139:名も無きファン

多分、ウマ娘のせいやな

 

140:名も無きファン

ススズに会えたからだろうなあ

 

141:名も無きファン

全盛期以上の騎乗のキレだったよな

 

142:名も無きファン

ああ、めっちゃ馬と息ぴったりだった。実況の「正しく伝説の騎乗!豊騎武の復活です!」って馬じゃなくて騎手を指して言うんだから相当だったんだよな

 

143:他称トレーナー

こちら、実況を見ていたウマ娘の方々

【テレビの前で大盛り上がりするウマ娘たち】

 

144:名も無きファン

かわいい

 

145:名も無きファン

かわいいってイッチ!?

 

146:名も無きファン

イッチ、改めてよくやった!

 

147:名も無きファン

スぺちゃんとススズが手を取り合って喜んでて可愛い

 

148:名も無きファン

流石ですわって感じのマックイーンの顔よ

 

149:名も無きファン

ウオッカとナリタタイシンが誇らしげでなんか嬉しい

 

150:名も無きファン

なんだかんだ騎手も大事なんだね

 

151:他称トレーナー

んだんだ。比重が俺ばっかに偏ってるわけじゃないことが知れてうれしい

 

152:名も無きファン

馬鹿言え

 

153:名も無きファン

9割9分お前に矢印向いてるわ

 

154:名も無きファン

イッチ、そういえばこの前なんか報告できるかもって言ってなかった?

 

155:名も無きファン

いい報告を心待ちにしてたんだが?

 

156:名も無きファン

ワクワクが止まらねえぜ

 

157:他称トレーナー

えー、それかあ。聞きたい?聞きたいの?ねえ

 

158:名も無きファン

うっざ

 

159:名も無きファン

過去最高のうざさ

 

160:名も無きファン

こちとらウマ娘に飢えてるんだもったいぶらずに早くしたまへ

 

161:名も無きファン

こんなうざいイッチは焼却だ

 

162:名も無きファン

真面目な話どうなん?

 

163:他称トレーナー

ウッス、お遊びはこの辺にして…3つ!報告事項がございます!まず一つ!JHA、ジャパンホースアソシエーションの方から正式にウマ娘の名前を公に使う許可を得ることが出来ました!

 

164:名も無きファン

お、おおおおおお!!!

 

165:名も無きファン

ってことは公にスペシャルウィークだのセイウンスカイだの言ってもオッケー!?

 

166:名も無きファン

これは凄いことですよイッチ!

 

167:名も無きファン

まさかこれはレジェンドの働きかけで!?

 

168:他称トレーナー

その通り。それと所属する馬主の方々だね。レジェンドの呼びかけでもともとどういうものか気になってた馬主さんの方々もウマ娘のことを知ることが出来たみたいで。悪いことに使わなければいいよと寛大な対応をしてくださった。まあどっかで遊びに行かせて欲しいというお話になったけど、そんなもん屁でもないね。

 

169:名も無きファン

レジェンド!流石!

 

170:名も無きファン

イッチじゃできないことだしな!

 

171:名も無きファン

これイッチ必要か?もういらないのでは

 

172:名も無きファン

貴様、イッチがいなければウマ娘ちゃんもいないんだぞ

 

173:名も無きファン

そうだそうだー!

 

174:他称トレーナー

それでこれからの動画なんだけど今まであだ名で呼んでたのをやめて完全に本名でいくよ。ふっつーにスマートファルコンとかライスシャワーって呼んでやるからな。ほれみろ、ドトウさんも喜んでらっしゃる

【きりりとω口のまま耳をピンと立てるメイショウドトウの画像】

 

175:名も無きファン

なんかすごい誇らしげ

 

176:名も無きファン

ドットさんどうしたん?

 

177:他称トレーナー

俺と接触するとき必ずコケるんだけどたまたまコケなかった時の顔

 

178:名も無きファン

 

179:名も無きファン

必ずコケるんか…

 

180:他称トレーナー

この前なんかランニング中に畑に落ちてドトウの形のミステリーサークル作ってたぞ。俺の畑でよかった~、耕しなおしたけど。ニンジン用になる予定

 

181:名も無きファン

なにそれ可愛いけど痛そう

 

182:名も無きファン

怪我はないんか?

 

183:他称トレーナー

ウマ娘は人型だけど自分のパワーに耐える程度には頑丈だ。人間なんかよりよっぽど丈夫だよ。ちなみに今ドトウは鉄人さんのお嬢さんとお昼寝中

 

184:名も無きファン

えっうっそ何それ見たい

 

185:名も無きファン

ぜったいかわいい

 

186:名も無きファン

イッチ、たまには日常を報告するだけのスレ立ててもいいのよ?

 

187:他称トレーナー

>>186 俺じゃちょっと時間ないけど考えておくわ。

 

188:名も無きファン

需要しかないのでやって?いややれ(豹変

 

189:名も無きファン

これは命令だ!

 

190:名も無きファン

無能司令官っぽいのでその言葉はNG

 

191:他称トレーナー

ほいじゃあ次行くよ~。地元の競馬場からお話が来てるっていうのは前報告したと思うんだけど、正式に通りました!

 

192:名も無きファン

んん?ってことは…

 

193:名も無きファン

競走馬とウマ娘のレースが成ったということかっ!?

 

194:名も無きファン

う、うおおおおお!!!

 

195:名も無きファン

祭りじゃ祭りじゃ!

 

196:名も無きファン

ルールは!?ルールはどうなってる!?

 

197:他称トレーナー

おまいらもちつけ

 

198:名も無きファン

ぺったんぺったん

 

199:名も無きファン

つるぺったん!

 

200:名も無きファン

すらぁ

 

201:名も無きファン

くっ

 

202:名も無きファン

なんでそうなる

 

203:他称トレーナー

ではまず馬場はダート、距離は短距離、マイル、中距離だ。ウマ娘が馬群に飲まれるとどうなるか分からないので必ず大外スタートになる。安全上の配慮ということで納得して欲しい。しかし、ダートマイルならともかくダート中距離をやるっていうのには驚いた。地方馬主でそれに手を挙げた人がいることにもな

 

204:名も無きファン

距離は?

 

205:名も無きファン

ああ、それだけじゃわかんねえべ

 

206:他称トレーナー

短距離は1200、マイルは1600、中距離は2000で行くことになった。開催日は追って告知するけど近いとだけ言っておくよ。

 

207:名も無きファン

さて、出るウマ娘を教えてくれ

 

208:名も無きファン

分かってるけど、予想はついてるけど…!

 

209:名も無きファン

教えてイッチ!

 

210:他称トレーナー

良かろう!教えてしんぜようではないか!まず短距離、ハルウララ!マイル、タイキシャトル!中距離、スマートファルコン!どうよ?

 

211:名も無きファン

やっぱりきたあああ!

 

212:名も無きファン

いく!絶対現地で見るから!

 

213:名も無きファン

ってこれはマジなのか!?ほんとに信じていいのか!?

 

214:他称トレーナー

信じていいぜよ。既に契約書も交わしたぞ。ウマ娘のやる気もマックスだぞ

【3人で円陣を組んでおー!とやっているハルウララ、タイキシャトル、スマートファルコンの画像】

 

215:名も無きファン

あの…デジたんは?

 

216:名も無きファン

脚質が変態すぎるからっていつでも走らせようとするのやめろ

 

217:名も無きファン

だって可愛いんだもん!

 

218:他称トレーナー

デジたんは今回は流石にお休みだよ。これ、向こうの世界のお話なんだけど勝てないからってレースに出しまくってウマ娘を壊すトレーナーっていうのがいるらしい。俺はそうなりたくない、わかるな?

 

219:名も無きファン

イエス

 

220:名も無きファン

そんなトレーナーはぶっ転がせ

 

221:名も無きファン

許されませんねえ!

 

222:他称トレーナー

それに伴ってワイは3人を中心にトレーニングを見ることにした。これは全員納得済み、勿論他の子も見るけどちょっとバランスを崩す。今回地方のテレビとはいえ映るから下手なレースをさせたくない。ワイ将、本気出す

 

223:名も無きファン

イッチがガチだ…!

 

224:名も無きファン

これまでもガチガチ定期

 

225:名も無きファン

あー楽しみだな~

 

226:他称トレーナー

あ、そうだこれも言わねば。当日は勝負服、それと他のウマ娘を加えてウイニングライブやるよ。全部で18人のフルウイニングライブ。衣装も服飾ネキが作ったウイニングライブ用統一衣装だ!レース後パドックに即席のステージを立ててくれるらしい。はい喜んでいいよ~

 

227:名も無きファン

や、やった!

 

228:名も無きファン

流石イッチ!俺たちにできないことを平然とやってのける!そこにしびあこ!

 

229:名も無きファン

そこまで言って略すな

 

230:名も無きファン

ってマジで!?

 

231:名も無きファン

ホントにそこまでやるんか!?

 

232:名も無きファン

いいねいいね!絶対見に行くという心の覚悟が決まるぜ!

 

233:名も無きファン

沸いてきたぜ!

 

234:名も無きファン

うおおおおおお!

 

235:名も無きファン

なあイッチ?もしかしてレジェンドにそれ話した?

 

236:他称トレーナー

やだなあ…話したに決まってるじゃん。来るって言ってるよ

 

237:名も無きファン

こいつwwww

 

238:名も無きファン

まあスマートファルコンだからなあ

 

239:名も無きファン

あっやべ。コールの練習しないと

 

240:名も無きファン

曲!曲なにイッチ!?

 

241:他称トレーナー

まだこっちじゃやってない曲だべ。向こうじゃダートG1とかで使われる曲らしい。相応しいだろ?

 

242:名も無きファン

うおおおおおきになるうううう

 

243:名も無きファン

くそう!こうなったらカレーしか喉を通らない!

 

244:名も無きファン

飲み物と食物両方取れてるじゃん

 

245:名も無きファン

そうだけどお!比喩ってやつでえ!

 

246:名も無きファン

あーはいはい

 

247:名も無きファン

辛辣で草

 

248:名も無きファン

たのしみだあ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「併走始めてくれ!タイムはこっちで測るから」

 

 「はーい!」

 

 「イエスっ!」

 

 「がんばるよ~!」

 

 男が持つスタート用のピストルがバンっと音を立てた瞬間、3人並んでいたウマ娘が一斉にスタートを切り、並んで走り始める。走っている場所は男の持つレース場の芝コースの内側に併設されているダートコース、そして走っているウマ娘はスマートファルコン、タイキシャトル、そしてハルウララだ。

 

 土煙を上げながらほぼ同じ速度でコースを回る彼女たちをストップウォッチとにらめっこしながら男がラップタイムを切る。1ハロン約12秒、指示した通りのペースだ。あっという間に1周の1600mを走り切った3人が男の前で止まる。どうだった!?とキラキラと輝く瞳に押された男はにっこりと笑って3人を褒める。

 

 「よし!1ハロン12秒だ。完璧だな。調整的にはこれでいいだろうけど、当日は…もちろん全力で走っていいぞ」

 

 「うんっ☆ファル子のウマドルへの道、この世界での第一歩!逃げ切りシスターズをメジャーにするためにもファル子頑張るよ!」

 

 「あれ?そう言う話になってるの?うそでしょ…」

 

 「ステータス、高揚を検知。ファル子さん応援しています」

 

 「そうね!ウマドル!アイネスちゃんが来る前に土台を作っておきましょ!」

 

 なんだかスマートファルコンの方はおかしな話の流れになっているがそれはそれでやる気がわくならいいことだ。今回の競走馬とウマ娘とのコラボレーション企画を持ち込んだのは最近少し話題に事欠いたせいで入場者が減っているらしい男の地元にある競馬場。1周1200mのフルゲート12頭の競馬場だが最近は客が少なくなってきたことにより若干の斜陽を迎えているらしい。

 

 今すぐ倒産だのそういうことではないらしいが続けば緩やかに死に至る。ここらで一発話題性のあることをしておきたいという話を直接、健さんを通して男に持ち込んできたのだ。現在男が発信し続けているウマ娘はメジャーではないが競馬関係者の間の話ではそれなりの知名度とうさん臭さを持っている。馬並みの速度で走る美少女とか何の冗談だという笑い話として。

 

 動画を見たものは半信半疑、ウマ娘を直接見た場合は100%信じるという感じではあるが男はとりあえずウマ娘に話を聞くことにした、が聞くまでもなくやりたいという即答がウマ娘から返ってきて考える必要はなかったかもと苦笑したものだ。

 

 ウマ娘たちは、男を求めてこの世界にやってきた。これは覆せない事実だ。レースも家族も何もかも捨てて尚、男の方の比重が重かった。だから、この世界で男のトレーニングの下にレースを走ることが出来るのならば、それは紛れもなくかえがたい喜びなのである。

 

 そして、男もトレーナーとしてそれなりに見られるようになっている。ビワハヤヒデを筆頭にした専門知識を持つウマ娘からの聞き取りなどで男は失っていたものを取り戻したかのようにトレーナーとしての完成度を高めている。話を聞くだけで正解を導き出すあたりおかしいはずであるがそれに突っ込む者は誰もいなかった。結果、ウマ娘たちは速く強く、それでいて故障することなくトレーニングをしている。

 

 一種の妄信、依存、もはや時間の牢獄に囚われていた彼女たちにとって男は自分の一部に等しく、なくなったら呼吸すらままならない存在へと化している。それに気づいてない本人たちは今が幸せなのだとそう思っているのであるが。

 

 「トレーナーさん、当日のサクセン、これでいいんデスか?」

 

 「ああ、これで行く。というかこれ以外でお前らの安全を確保しつつ本気で走らせることはできないと思う。ウララはちょっと、難しいかもだけどな。馬と一緒に走っても安全そうなのが確認出来たらもっといろいろやってみようか」

 

 「ん~ん!私、トレーナーにこれ教えてもらったことあるもん!だから大丈夫だよ!」

 

 「そっか、でも勝とうって思わなくてもいいんだぞ?」

 

 「ううん、勝つよ。トレーナーさん。私たちウマ娘は走るために生まれてきた…だから、負けていいなんて絶対に思わない!目指せウマドルド根性!うーーーっ!っしゃいっ☆」

 

 「「おーーっ!」」

 

 野暮を言ったのは自分の方だったか、と男は恥ずかしくなり頭を掻く。スマートファルコンを中心にした円陣を組んだ3人が気合の雄たけびを上げてさあ、もう一周!となったところでひゃああああ~~~と特徴的な悲鳴が上がった。何事かと悲鳴の方を向くと、男は脱力した。

 

 「ひゃああああ~~~!?とととと、トレーナーさぁん…この子たち、どうしたんでしょう~~?」

 

 「あ~~~、多分重さんのとこの子だね。こりゃまた大所帯で」

 

 悲鳴の主であるメイショウドトウを囲んでいるのはメェ~、メェ~と鳴いているもこもこの動物…羊の群れである。男の隣、というか祖父時代から土地を貸し出して羊農家をやっている重孝という男の所の羊だろうと男はあたりを付ける。ざっと10匹ほどであろうか?たまに柵の下を掘って脱走するアグレッシブな奴がいるという話を聞いたことがあるが実際に脱走した羊を見るのは初めての男はメイショウドトウにすり寄って撫でてアピールをしたりジャージを食んでみたりする羊を見て感心している。

 

 「ふわっ、もこもこですぅ~可愛いですぅ。あっ羊さん尻尾食べないでくださいい~~」

 

 「おっと、大丈夫かドトウ」

 

 「はい~この羊さんたち、どこからいらっしゃったんでしょう?」

 

 「ぎゃわ~~~っ!?私の今日のラッキーアイテムの天然紙のタロットカードが~~!」

 

 「……食われたのか」

 

 「あっ、ね、羊さんたち。その、芝食べないで欲しいなってライスは思うんだけど…」

 

 「まあ待ってれば重さんから連絡が来るでしょ。羊でよかったわ、監視してればばらけないし」

 

 男は牛とかじゃなくて助かったと息をついた。追えば逃げる牛と違ってのんびりとした羊は脅かさなければ早々ばらけない。群居性という群れを作る性質も相まって最初の一匹を動かそうとしない限りその場で固まってくれる。そしてなぜか羊はウマ娘に興味津々だ。

 

 特にメイショウドトウとタイキシャトルにめぇめぇ集まってきている。毛刈り前らしくもっこもこの毛皮に包まれて干し草の匂いが漂う羊にウマ娘たちはメロメロだ。餌をやるわけにはいかないが撫でてみたりそのパワーでぬいぐるみのように軽々抱っこしてみたりと好きに触れ合っている。

 

 「お~~~い!スマン坊主っ!そっちに羊…やっぱりか!柵が一部腐ってたみたいでなあ」

 

 「あ、重さん。逃げ出したのってこれで全部です?」

 

 「あ、ああ。コースに傷つけたり怪我した子はいねえか?そんな狂暴な羊じゃねえが…とにかく場内に収めんと」

 

 「全然、むしろ楽しかったみたいですよ。柵の修理は終わってますか?」

 

 「今若いのがやってる。とりあえず運送車回してくるから暫くこのまま置いといてもらえんか?」

 

 「いえ、このまま運んじゃいましょう。みんな、話は聞いてたと思うから持ち上げて運ぶぞ!」

 

 「「「「「「「はーいっ!」」」」」」

 

 「……こら、たまげた」

 

 男の指示でウマ娘たちは地面で芝を食んでいた羊を次々ひょいっといかにも軽そうに持ち上げた。羊は完全に身動きを封じられ鳴くだけになっている。そのままウマ娘たちはぞろぞろとコースを出て、男と重孝に続いて羊牧場まで歩いていくのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

472:他称トレーナー

それで、落ち着いた?

 

473:名も無きファン

うん、落ち着いた

 

474:名も無きファン

興奮しすぎちまったぜ☆

 

475:名も無きファン

お許しください

 

476:名も無きファン

ん?まだなんかあるのかそう言えば

 

477:名も無きファン

衝撃が大きすぎて忘れてましたわwwww

 

478:名も無きファン

んで次なによwww

 

479:名も無きファン

これ以上のあれはもうないでしょwww

 

480:他称トレーナー

そうかな?

 

481:名も無きファン

ひょ?

 

482:他称トレーナー

そう言えばそろそろ春ですな

 

483:名も無きファン

そうだな~。この時期と言えば花見だよね

 

484:名も無きファン

まだ気が早いwww

 

485:名も無きファン

まあ個人的には皐月賞と桜花賞ですわな

 

486:他称トレーナー

それよ、それ

 

487:名も無きファン

それ?

 

488:他称トレーナー

えー、この度ウマ娘、皐月賞と桜花賞にて…特別ライブを開催する運びになりました!!!

 

489:名も無きファン

な、ななななななんですとおおおおお!?

 

490:名も無きファン

は?

 

491:名も無きファン

マジで言ってる?

 

492:名も無きファン

えっマジ?ほんとに?

 

493:名も無きファン

冗談はよしてくれ

 

494:他称トレーナー

マジよ、マジ。流石にG1レースだからウマ娘と一緒に走らせるのもコース使うのもアレって話だったんだけど…レジェンドが広めたほうがいいっていうからJHAと協力してもらってレース場を一部ジャック、レース後にガチでウイニングライブを行う運びとなりました

 

495:名も無きファン

す、すげえええええええっ!?

 

496:名も無きファン

イッチ、どんな裏技使ったんだ!?

 

497:他称トレーナー

ウマ娘に直接会いたい中央の馬主さんって多いみたいよ?

 

498:名も無きファン

あっなるほど

 

499:名も無きファン

なるほど、JHAも巨額をもつ馬主には逆らえんかったのか

 

500:名も無きファン

で、イッチホンマにやるん?

 

501:他称トレーナー

やる。やるったらやる。衣装は全員勝負服、今24人いるから12人でざっくり半分に分ける。曲も向こうの皐月賞と桜花賞のライブで使われてるやつを使う。

 

502:名も無きファン

話がでかい

 

503:名も無きファン

すげえな、ってことは地方じゃなくて地上波でウマ娘が映る可能性があるのか

 

504:名も無きファン

胸が熱いな

 

505:名も無きファン

熱くなるほどの胸があるのか?

 

506:名も無きファン

デブだからあるぞ、脂肪たっぷりだ

 

507:名も無きファン

豚も食わなそう

 

508:他称トレーナー

それで、これが上手くいけばワンチャンダービーにも呼んでもらえるかもしれない。ひいては中央でウマ娘が走れるようになるきっかけになればいいかなって。今はとりあえずウマ娘という存在そのものを知ってもらいたいわけだ

 

509:名も無きファン

なるほど

 

510:名も無きファン

中央の芝でウマ娘が走る…!みたいやつ!

 

511:名も無きファン

レジェンド全面協力だな

 

512:他称トレーナー

うん、俺たちが中央で受け入れられやすいように動いてくれてるみたいで頭が上がらない、ので今度こっちでやる模擬レースにご招待したいと思う。

 

513:名も無きファン

それがいい

 

514:名も無きファン

そう言えば皐月賞って多分レジェンド出るよな?馬は違うけど

 

515:名も無きファン

楽しみですなあ

 

516:名も無きファン

ウマ娘たちにとってはレジェンドを直接応援できるのか!

 

517:名も無きファン

ススズの声援で勝つ未来が見える見える

 

518:他称トレーナー

それでこっちはおまけなんだけど人員増強しようかなって。今回は書類仕事してくれる事務員とコースの整備をしてくれる人、それと動画編集と撮影をしてくれる人を募集するよ。詳細はDMでもしてね~

 

519:名も無きファン

ワイ将、しがないカメラ小僧。応募不可避!

 

520:名も無きファン

そっか、イッチ全部一人でやってたんだもんな

 

521:他称トレーナー

そうなんだよね。それでニシノフラワーに寝てくれないと…困っちゃいますって言われたからもう金で解決できる部分は解決しようかなって。

 

522:名も無きファン

10歳女児を泣かせる事案が発生

 

523:名も無きファン

デトロ!開けろイト警察だ!

 

524:名も無きファン

これは重罪

 

525:名も無きファン

まず寝ろ、話はそれからだ

 

526:名も無きファン

このかなり言葉を選んでる感じからして本当に心配してるのが伝わる

 

527:他称トレーナー

とりあえずは直近の地方競馬でのコラボレースに向けて頑張るよ。今日の報告はここまでにする!今からお茶会に呼ばれてるので行ってくる!

 

528:名も無きファン

いってこいいってこい

 

529:名も無きファン

ついでに癒されてこい

 

530:名も無きファン

イッチマジで体壊さないか心配

 

531:名も無きファン

ま、ウマ娘が強制的に休ませるでしょ

 

532:名も無きファン

今日は驚きすぎて疲れた…

 

533:名も無きファン

 

 

 

 

 

 




 お久しぶりです。ここで一気に話を進めることにしましたがどうでしょうかね?次回は馬とのレースで行きます。作戦は秘密ですがもしかしたらバレバレかもですね。

 ついにウマ娘が中央に殴りこむ時が着々と近づいてきました。作者も頑張って書いていこうと思います。

 あ、作中に出てくる馬ですが作者が競馬に詳しくないので全部架空のお馬さんになります。なのでここは何年の競馬なんだっていうのは完全になくなりますのでそこら辺はご理解ください。

 では次回にお会いしましょう!続けばですが!

 感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

エキシビションレース

1:他称トレーナー

さあやってきました。ウマ娘と競走馬のエキシビジョンレース!■■競馬場より他称トレーナーことイッチがお送りしたいと思います

 

2:名無しのウマ娘ファン

テンション高え

 

3:名無しのウマ娘ファン

いやまあそうなるのもやむなし

 

4:名無しのウマ娘ファン

むしろ俺らの方が高いまである

 

5:名無しのウマ娘ファン

いえええええええええええええええええええええええい!!!!

 

6:名無しのウマ娘ファン

ジャァァスティス!

 

7:名無しのウマ娘ファン

違う、そうじゃない

 

8:名無しのウマ娘ファン

それはそうともうテレビ中継繋がってるってマ?

 

9:名無しのウマ娘ファン

繋がってるけどウマ娘はまだ出てない。もうすぐパドックじゃない?

 

10:名無しのウマ娘ファン

これほど地方に住んでて良かったと思ったことはあっただろうか?いやない

 

11:名無しのウマ娘ファン

現地参上ワイ、パドックでわくわく

 

12:名無しのウマ娘ファン

いーーーーなーーーーー!!!飛行機の距離だからいけんかったわ

 

13:名無しのウマ娘ファン

ケーブルテレビ様ありがとうありがとう!

 

14:他称トレーナー

おっ、出番だ。というわけで行ってきます!楽しんでくれよな~

 

15:名無しのウマ娘ファン

イッチ行ってらっしゃい!

 

16:名無しのウマ娘ファン

ウマ娘によろしくな!

 

17:名無しのウマ娘ファン

ハルウララちゃんにワイが応援していたとよろしく伝えておいてくれ

 

18:名無しのウマ娘ファン

しっかしまあ…人多いなwww

 

19:名無しのウマ娘ファン

競馬界隈だとそりゃ話題のコンテンツですし?

 

20:名無しのウマ娘ファン

がっつりJHAがホームページでウマ娘について触れたからな。こっちの競馬場のHPでもハルウララ、タイキシャトル、スマートファルコンが走ります!と断言したわけですし。

 

21:名無しのウマ娘ファン

馬の方が走ると思ってるやついて草

 

22:名無しのウマ娘ファン

おじいちゃんおばあちゃんに無理させちゃいかんぜよ

 

23:名無しのウマ娘ファン

おっ紹介来た!ウマ娘とは、から始まり今日走るウマ娘の紹介だな。そういえば3人の勝負服は今日お披露目…

 

24:名無しのウマ娘ファン

まって?ハルウララの勝負服あれなん?体操服やんけ

 

25:名無しのウマ娘ファン

いや、でもらしいっちゃらしいよな

 

26:名無しのウマ娘ファン

あれがハルウララの魅力でしょ

 

27:名無しのウマ娘ファン

タイキシャトルの勝負服やべえ!?

 

28:名無しのウマ娘ファン

これは青少年の健全な育成に以下略

 

29:名無しのウマ娘ファン

都条例に引っかかりそう

 

30:名無しのウマ娘ファン

下手な水着より露出多くて草。

 

31:名無しのウマ娘ファン

いかんのか?いかんでしょ

 

32:名無しのウマ娘ファン

自己解決しとるやんけ

 

33:名無しのウマ娘ファン

そうだけどそうじゃない

 

34:名無しのウマ娘ファン

ファル子ちゃんアイドルじゃん

 

35:名無しのウマ娘ファン

完璧なアイドル衣装で草

 

36:名無しのウマ娘ファン

でも似合ってるというか一番正統派では?

 

37:名無しのウマ娘ファン

これでマイク持ったら完璧ですわ

 

38:名無しのウマ娘ファン

イッチがマイク渡して草

 

39:名無しのウマ娘ファン

きゃぴっ☆って感じのポーズがとてもよく似合う。マイク没収wwwパフォーマンスのためだけに渡したのかwww

 

40:名無しのウマ娘ファン

高くあげられたマイクをぴょんぴょん飛んで取り返そうとしてるのかわいい

 

41:名無しのウマ娘ファン

おっ!?パドック来た!!!短距離からか、イッチとハルウララが一緒に歩いて手振ってるのかわいい

 

42:名無しのウマ娘ファン

馬が2度見してるの草

 

43:名無しのウマ娘ファン

気になるんだろうな~

 

44:名無しのウマ娘ファン

触っちゃだめなの!?っていう顔をしてらっしゃるわ。

 

45:名無しのウマ娘ファン

後ろのお馬さんが厩務員の静止を無視してハルウララの匂い嗅ぎまくってて草

 

46:名無しのウマ娘ファン

「一緒にがんばろーね!」と言われたお馬さん、嬉しそうに飛び跳ねる

 

47:名無しのウマ娘ファン

厩務員さんがんばえ~

 

48:名無しのウマ娘ファン

やっぱ会場は困惑が勝ってるな

 

49:名無しのウマ娘ファン

ホントにやるの?あんなかわいい子を走らせるの?っていう反応

 

50:名無しのウマ娘ファン

そういえば現地馬券ってどうなってるの?

 

51:名無しのウマ娘ファン

ハルウララの馬券はないし、レースでハルウララが一着になっても2着の馬が1着扱いになって配当金が回される。

 

52:競馬で全財産を溶かす男

イッチに変わってお応えしよう!ウマ娘のレースでは賭けはないからね。これからもそうなるよ。収益は…グッズとかかな?実はもう完成してたり

 

53:名無しのウマ娘ファン

まーじで?あとで詳しく教えて

 

54:名無しのウマ娘ファン

お隣のおっちゃん、ハルウララが歩いてる…!ってめっちゃ感慨深そう。もしかして往時のファンなのかな?

 

55:名無しのウマ娘ファン

あっ、ウララちゃんこっち気づいて手振ってくれた!もうヤダ最高可愛い

 

56:名無しのウマ娘ファン

走る前なのにもう俺は骨抜きよ

 

57:名無しのウマ娘ファン

ゲート入りは割とスムーズね

 

58:名無しのウマ娘ファン

お隣のお馬さんウララちゃんガン見で草。騎手の人困惑でしょ

 

59:名無しのウマ娘ファン

いやまあわかるっちゃわかるけど。あれ?ウララちゃんが何か話したらすんなり前向いた?

 

60:名無しのウマ娘ファン

一斉にスタート!ってあれ?これまさか逃げか!?

 

61:名無しのウマ娘ファン

ハルウララが逃げぇ!?

 

62:名無しのウマ娘ファン

追い込みか差しだったよな?あ!これがイッチの作戦か

 

63:名無しのウマ娘ファン

すっげえ!ハルウララが一番前にいる!結構開いてるな!

 

64:名無しのウマ娘ファン

うっそ、ハルウララってこんな速いのか!?

 

65:名無しのウマ娘ファン

すげえ3馬身差くらいか?そこでとどまってる?ってことはこれ脚ためてるのか!?

 

66:名無しのウマ娘ファン

自己測定だけど3ハロン35.9だぜ

 

67:名無しのウマ娘ファン

速くね?ハイペースだよこれ

 

68:名無しのウマ娘ファン

残り200でハルウララ再加速っ!

 

69:名無しのウマ娘ファン

うっそ、ホントに脚ためてたんだ!?

 

70:名無しのウマ娘ファン

お隣のおっちゃんの口あきっぱでアイスが地面に落ちてて草

 

71:名無しのウマ娘ファン

いや誰だってそうなる、俺のビールもそうなる

 

72:名無しのウマ娘ファン

ハルウララ、ゴール!6馬身差の余裕の勝利だ!うおっ!?どっか爆発したか!?

 

73:名無しのウマ娘ファン

会場の声援が爆発したんだ!実況の「砂上に桜が満開っ!!」っていうのが合図になって。

 

74:名無しのウマ娘ファン

びっくりした、速いのは分かってたけどハルウララでこれか…!中央並みの速さじゃん

 

75:名無しのウマ娘ファン

こ、これであれだけど…まだ最強のマイラーと砂上のハヤブサが待ってるんだよな…?

 

76:名無しのウマ娘ファン

あっ、お馬さんがハルウララに群がってる。凄い楽しそう

 

77:名無しのウマ娘ファン

いかん、いかんですよ…このままでは会場がファンの声援で壊れる

 

78:名無しのウマ娘ファン

きちゃったか…!タイキシャトル!露出が高いから分かるけど腹筋うっすら割れてるし腿も筋肉付いてるよな。健康的な体ってああいうのだろうか

 

79:名無しのウマ娘ファン

あ、これカウガールモチーフ?

 

80:名無しのウマ娘ファン

モデルガンだよな?そうだと言ってくれ

 

81:名無しのウマ娘ファン

撃とうとしてイッチに止められてるあたり火薬は入ってそう

 

82:名無しのウマ娘ファン

にっこにこでイッチとつないだ手をにぎにぎしてるのかわいい

 

83:名無しのウマ娘ファン

イッチすげえ胃が痛そう

 

84:名無しのウマ娘ファン

そりゃ(あんな美少女と手を繋いで)そう(大観衆の前にでれば)よ

 

85:名無しのウマ娘ファン

仕方ないね

 

86:名無しのウマ娘ファン

あれ?今度はお馬さんたち見ない?っていうかちょっとビビってる?

 

87:名無しのウマ娘ファン

風格があるもんな、あんな服装なのに。これ期待できるんじゃないか?

 

88:名無しのウマ娘ファン

というか会場よくこんな人が入ったな

 

89:名無しのウマ娘ファン

ネットの同接2万こえたぞwwww

 

90:名無しのウマ娘ファン

往時のファンが沢山いそう

 

91:名無しのウマ娘ファン

観客からもタイキシャトルだ…なんで?って声がちらほら

 

92:名無しのウマ娘ファン

あっ気づいてくれた!?うっそ俺この前のレースの時ちょっと話しただけなのに覚えててくれたのか…?

 

93:名無しのウマ娘ファン

は?羨ましい

 

94:名無しのウマ娘ファン

そっか、あの時タイキシャトル出てなかったもんな。話したのか貴様

 

95:名無しのウマ娘ファン

これは許されざる蛮行

 

96:名無しのウマ娘ファン

オレァクサマモムッコロス!

 

97:名無しのウマ娘ファン

ハイゲートいりってああん?

 

98:名無しのウマ娘ファン

うっわイッチ思いっきり抱き着かれた!

 

99:名無しのウマ娘ファン

これは視線が痛い

 

100:名無しのウマ娘ファン

きまずそーにそそくさ去るイッチで草

 

101:名無しのウマ娘ファン

フンスフンスとやる気マックスタイキシャトルちゃん可愛い

 

102:名無しのウマ娘ファン

ハルウララがあれだったからこの子がどうなるか…

 

103:名無しのウマ娘ファン

スター…ファッ!?

 

104:名無しのウマ娘ファン

ゲートが開いてる途中で駆けだしたぞ!?反応速度どうなってるんだ!?

 

105:名無しのウマ娘ファン

やっぱこっちも逃げか!うっげこれ大逃げレベルじゃん!?

 

106:名無しのウマ娘ファン

もう6馬身差はついてる!

 

107:名無しのウマ娘ファン

すげえ、踏み込みの深さと蹴り上げる強さが半端じゃない。ドカッ!って音が聞こえる

 

108:名無しのウマ娘ファン

砂が巻き上がってるな。ぎらついた瞳がかっこいい

 

109:名無しのウマ娘ファン

タイキシャトルだ、完全に。現地で見れてよかった

 

110:名無しのウマ娘ファン

会場が静かだな、衝撃的なのは分かるけど

 

111:名無しのウマ娘ファン

あの足跡見ろよ、ふっかいな

 

112:名無しのウマ娘ファン

脚ためてるわけじゃないな、どんどん引き離してる

 

113:名無しのウマ娘ファン

言っちゃ悪いけど当たり前か。中央マイル最強と地方競馬じゃ差がありすぎるもんな

 

114:名無しのウマ娘ファン

おいおいなんてハイペースだ。これじゃ大差で終わるぞ

 

115:名無しのウマ娘ファン

ある意味馬券なくてよかったな。普通の人型生物が馬に勝てるなんて誰も思わないだろうからマジで馬券が舞うぞ

 

116:名無しのウマ娘ファン

つっよ、なにこれ?

 

117:名無しのウマ娘ファン

自己測定3ハロン34.2だ。現役の時の芝と同じタイムで走ってる

 

118:名無しのウマ娘ファン

うそぉ…

 

119:名無しのウマ娘ファン

それシャトルの最速記録では?

 

120:名無しのウマ娘ファン

小ばかにして否定してた競馬おじさんたちが軒並み黙ってるwwwwおもしろwww

 

121:名無しのウマ娘ファン

ゴーーーール!堂々1着!12馬身差の大勝利だ!うせやろ?これダートマイルだよな?

 

122:名無しのウマ娘ファン

これある意味逃げだからできることだよな。差しとか先行であの体格差、位置取り争いが有利とは思えない。囲まれたら脱出できないだろうし

 

123:名無しのウマ娘ファン

接触したら目も当てられないからイッチの選択は正解か…

 

124:名無しのウマ娘ファン

でも、なんだろう。あっさりと突破しそうな気がする。あのウマ娘たちなら

 

125:名無しのウマ娘ファン

そうかもな。でもまず、最後のレースを見ようぜ

 

126:名無しのウマ娘ファン

ファル子ちゃん!頑張れよ~!

 

127:名無しのウマ娘ファン

ダートのハヤブサ!

 

 

 

 

 

 

 

 「パドック行こうか、ファル子」

 

 「うん!トレーナーさん!」

 

 控室、と言っていいものかウマ娘3人に与えられた部屋の中で、すでに走り終えてクールダウンをしている実力差を見せつけたハルウララとタイキシャトルに目配せをして男とスマートファルコンは立ち上がる。■■競馬場におけるウマ娘と競走馬のエキシビションレース、かなり大当たりの手ごたえがすでにスタッフより伝えられている

 

 ウマ娘には馬券を出さない、代わりに払い戻しがない特別デザインのチケットを買うことが出来、それがかなりの売り上げを叩き出しているらしい。一番人気はハルウララのチケットなのだそうだ。ウイニングライブも準備が着々と進んでおり今回辞退したBNWの3人とまだ心情的に人前に出たくないというセイウンスカイ、サイレンススズカ、今度こそ最前列で応援をしたいというアグネスデジタルを除いた18名によるウイニングライブ。センターは強い希望を出したスマートファルコンにハルウララとタイキシャトルの納得と共に決められた。

 

 控室から煌びやかなアイドルのような勝負服に身を包んだスマートファルコンの手を取って男が3度目のパドックへ姿を現す。馬は勢ぞろいで興味深げにスマートファルコンの事を眺めている。綱を引く厩務員の視線は先の二人の圧倒的なレースを見たことからか奇異なものを見るよりも油断できない強大なライバルを見るものに変わっていた。

 

 「ファル子ちゃ~ん!」

 

 「頑張ってくれ!」

 

 「はぁ~い!ファル子、頑張っちゃいます☆」

 

 どうやら紛れ込んでいたスレ民の声援に手を振ってこたえたスマートファルコンが先頭を切ってパドックを一周する。後ろに続く馬たちは、これが日常であるため特になにも思うこともなさそうにポクポクと蹄の音を立てて自らの鍛え込んだ馬体を晒している。

 

 ウマ娘のパドックは動き回るのではなくステージで自らの身体をアピールすることを目的としているためぐるっと一周回るのはかなり新鮮らしい。パレードみたい、と笑いながら四方八方へ愛想とファンサービスを振りまくスマートファルコン、その肢体にホースマンと呼ばれる人物たちは秘かにため息を漏らした。

 

 もちろんウマ娘と競走馬は違う、が馬にかかわる人物たちはウマ娘と馬のある共通点を見抜いていた。それは筋肉である。先のハルウララやタイキシャトルもそうであったがその人型の体の中に馬並み、もしかしたらそれ以上のパワーを搭載している。そしてそれは勿論体に現れる。太ももや脹脛の筋肉の隆起、肉付きのいい腹の薄く割れた腹筋、立ち姿と堂々たる歩き…見る人間が見ればこう漏らすだろう「恐るべき完成度」だと。

 

 くしくもその視点はウマ娘の世界でトレーナーと呼ばれる人間と同じ視点であった。世界は違えど役職は似通っている。馬を見るプロとしての目線がウマ娘の完成度を見抜いていたのだ。往時のミホノブルボン号の引き締まり鍛え上げられた馬体を指してほめたたえるホースマンがいたようにこの日のためのトレーニングを積んできたウマ娘の完成度をプロとして彼らは正しく見抜いていた。中央並み、あるいはそれを超えるかもしれないと。

 

 『始まりました競走馬とウマ娘の競演、エキシビションレース3戦目。圧倒的な強さを見せつけるウマ娘たちを■■競馬場が誇る競走馬は打ち破れるのか。出走するウマ娘を紹介いたします。大外枠番外、スマートファルコン、ダートのハヤブサの魂をついだウマ娘です。それでは競走馬の紹介を、1枠…』

 

 「よし、ファル子。応援してるぞ、頑張って来いよ」

 

 「うんっ!ねえトレーナーさん、ファル子が逃げたら~?」

 

 「追うしかなーい!ってか?」

 

 「大きな愛で…捕まえます!今回はファル子も本気も本気!貴方に勝利を持って帰ります!見ててねトレーナーさん!最後もファル子が勝っちゃうんだから!」

 

 「……行ってこい」

 

 「うんっ!」

 

 大きく気合を入れるスマートファルコンに頼もしさを覚えて男は彼女の肩をパンとはたき気合を入れてやる。顔を引き締めたスマートファルコンがゲートに収まった。男は関係者用の観戦席まで歩いて席に座る。その席の隣に座っているのはジョッキーの伝説、豊騎武。

 

 「豊騎さん、どう見ますか?」

 

 「ここの人たちにすれば物凄く失礼な話ですが…スマートファルコンが勝つでしょうね。かなりトレーニングを頑張ったと思いますし…僕が乗った馬です。強さは僕がよく知っています。砂のサイレンススズカ、なんて呼ばれていましたけどとんでもないですよ。あの子はスマートファルコンです。サイレンススズカじゃない、僕の乗った中でもダートのトップだ」

 

 うんうんと頷きながら最後にゲートに収まったスマートファルコンを見る豊騎、自分が乗った馬がもう一度走る。その感慨深さは男にはわからない。男は元はトレーダー紛いの自由民であり、今となってはトレーナーだからだ。それでも共通するのは、スマートファルコンに無事に戻ってきてほしいという気持ち。

 

 『ゲートイン完了、出走準備が整いました』

 

 実況の声がレースの始まりを知らせる。そして、ゲートの中のスマートファルコンの顔つきが変わる。ウマドル、アイドルとしての顔から競い合い戦う競技者の顔へ。鋭い瞳を見た観客たちは後にこう述懐する。「スマートファルコンの瞳が黄金色に燃えていた」と。彼女の気迫か、それとも闘志の具現か。それを証明するレースが始まる。

 

 景気のいい音を立ててゲートが開く。馬が土煙を上げて飛び出す、そしてスマートファルコンがすさまじい速さで大外のままハナをとった。この競馬場で3回目となるウマ娘の逃げ、だが基本先行のタイキシャトルと差しのハルウララと違い主戦術が逃げのスマートファルコンのそれは彼女らより洗練されている。

 

 逃げによるレースコントロール、ただ思いっきり逃げる破滅逃げではなく自分のスタミナと残る脚を考慮してのレースのペース作り、1ハロン11.8秒のハイペースながらも自分の中ではまだ余裕のペース。地方競馬では立派なハイペースのソレもスマートファルコンの中では足をためるためのスローリーなペースとなる。

 

 2000mの中での正確なペース配分、あとで確認すればどの時計も11.8秒かそれに近いペースを記録しているだろう。

 

 『ハナをとるスマートファルコン!砂のサイレンススズカの逃げは伊達じゃない!それを追う2番人気ブレイクピラー!3番人気フレッシュパインがそれに続きます!』

 

 馬身差が縮まらない。砂に汚れるスマートファルコンの輝く瞳は虎視眈々と自らを飛ばすタイミングを伺っている。

 

 「いけっ…いけっ!スマートファルコン!」

 

 「頑張れ!ファル子~~!」

 

 思わずこぶしを握り締めて応援をする豊騎と男、残り400を切った瞬間、スマートファルコンが深く、深く踏み込んだ。爆発するような音を立ててウマ娘の中でも怪力と称されるパワーが完全開放される。まさに飛ぶように。ぐんぐんと後方を置き去りにしてハヤブサが砂の上をかけた。

 

 『速いっ!速いぞスマートファルコン!後続を置き去りに今ゴール!勝ち時計は…2分00秒02!コースレコードであり現役の時のタイムを塗り替え堂々と飛び去りましたスマートファルコン!砂のハヤブサ、ここにあり!』

 

 腕を振り上げて勝利を宣言しながらも観客へ手を振ることを忘れないスマートファルコン、彼女に降り注ぐ万雷の拍手に男と豊騎が加わりながらコース内で競走馬たちに称えるように鼻で押されて笑っているスマートファルコン。彼女は応援席に目を向けると、ウマドルらしく決めポーズをとるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

371:名無しのウマ娘ファン

う、うおおおおお!!!

 

372:名無しのウマ娘ファン

レースもライブも最高だった!

 

373:名無しのウマ娘ファン

すげえ、レコード縮めちゃったよスマートファルコン!

 

374:名無しのウマ娘ファン

ファル子最高!

 

375:名無しのウマ娘ファン

というかさ~~~

 

376:名無しのウマ娘ファン

馬たちの反応だよねwww

 

377:名無しのウマ娘ファン

うるせえの嫌いだろうからパドックでやってるのに馬運車から首出して音に合わせてヘドバンですよwww

 

378:名無しのウマ娘ファン

面白がった現地馬主が馬運車から降ろして近くで見せたらすげえ楽しそうだったよなwww

 

379:名無しのウマ娘ファン

おーおーツブヤイターが爆発しておるわwww

 

380:名無しのウマ娘ファン

ふふふ、これでウマ娘がまた世界に…

 

381:名無しのウマ娘ファン

中央のジョッキーたちもロックオンし始めたっぽいな

 

382:名無しのウマ娘ファン

というかあれがフルのウイニングライブか~!振付が18人用だったんだね。

 

383:名無しのウマ娘ファン

というかあんなカッコいい曲を歌って踊って…やっば語彙力死んだ

 

384:名無しのウマ娘ファン

衝撃なら受けまくりですが

 

385:名無しのウマ娘ファン

ハルウララってあんなきりりとした顔できたんだな…

 

386:名無しのウマ娘ファン

失礼www

 

387:名無しのウマ娘ファン

でも凄いかっこいい曲だったよね。振付もさ

 

388:名無しのウマ娘ファン

服だよ服!あの青と金と白が合わさったすげえいい服!センター3人がスカートで他が短パンスタイルだったの!

 

389:服飾屋

自信作よ。向こうのウイニングライブ用の衣装なんですって。

 

390:名無しのウマ娘ファン

GJ

 

391:名無しのウマ娘ファン

よくやった

 

392:名無しのウマ娘ファン

褒めてつかわす

 

393:名無しのウマ娘ファン

いやホント…ねえ!

 

394:名無しのウマ娘ファン

溢れるこのリビドーをどうしたらいいのかっ!

 

395:名無しのウマ娘ファン

スマートファルコン、すごかったな~。歌もうまくて踊りも上手、足も滅茶苦茶速い。そして可愛い。

 

396:名無しのウマ娘ファン

中継の走り、一瞬ちらっと眼が見えたけど…燃えてるように見えたんだよな

 

397:名無しのウマ娘ファン

確かにな。

 

398:名無しのウマ娘ファン

いやっそれにしても競走馬とこんな開きがあるのか、ウマ娘?

 

399:名無しのウマ娘ファン

ウマ娘だから、じゃないぞ多分。彼女らの継いだ魂とイッチのトレーニングのせいや

 

400:名無しのウマ娘ファン

イッチ、はよ帰ってこねえかな

 

401:他称トレーナー

只今。ひと悶着あったけど何とかなったよ。

 

402:名無しのウマ娘ファン

不穏

 

403:名無しのウマ娘ファン

何があったし

 

404:他称トレーナー

いや、競走馬のうち2頭がなんか変だから獣医さんに診てもらったんだけどそこで軽い故障があったみたいで。早期発見できたから治療すれば何とかなるらしいけど。そしたら他の馬の馬主がウチもうちもとなって全部観察してたら遅くなった

 

405:名無しのウマ娘ファン

こいつまた変な特技を…

 

406:名無しのウマ娘ファン

というかそれ大分凄いんじゃない?

 

407:他称トレーナー

いやいや、ウマ娘のおかげだって。何となく馬の言ってることが分かるらしいからそれのおかげ。まあ俺から見ても確かに変だったんだけど

 

408:名無しのウマ娘ファン

それよりもイッチ!成功だな!

 

409:名無しのウマ娘ファン

おめでとう&ありがとう!

 

410:名無しのウマ娘ファン

素晴らしいぞイッチ!

 

411:他称トレーナー

おう、ありがと!かなり話題になったみたいだし■■競馬場もツブヤイターのトレンドに乗れたから暫く安泰だろうって!というわけで今から祝勝会!回らないお寿司行ってくるぜ!

 

412:名無しのウマ娘ファン

イッチの財布がっ!?

 

413:名無しのウマ娘ファン

やべーぞ破産だ!

 

414:名無しのウマ娘ファン

24人連れて回らないお寿司…?

 

415:他称トレーナー

やだなあ会社のスタッフも全員連れてに決まってるじゃん。500万くらいあれば足りるよな?なかったら下ろすだけだけど

 

416:名無しのウマ娘ファン

桁がちげえ

 

417:名無しのウマ娘ファン

おのれ金のあるニートめ

 

418:名無しのウマ娘ファン

完璧生物じゃん

 

419:他称トレーナー

あ、それとお知らせ。URAと服飾ネキで合同ブランド立てたよ。ぬいぐるみのブランドで、これを始めとしたファングッズをURAの資金源にしていく予定なんだ。名付けて第一弾の「ぱかぷち」!

【デフォルメされたウマ娘のぬいぐるみが並んでる画像】

 

420:名無しのウマ娘ファン

おっ!可愛いじゃん欲しい

 

421:名無しのウマ娘ファン

このイッチ…いくらだ!言い値で買おう!

 

422:他称トレーナー

服飾ネキのブランドのサイトで販売するからそっちを見てね!

 

423:名無しのウマ娘ファン

うおおおおいくぞおおおお!

 

424:名無しのウマ娘ファン

ハルウララとスマートファルコンとタイキシャトルのやつ欲しい!

 

425:名無しのウマ娘ファン

戦じゃあああああ!

 

426:名無しのウマ娘ファン

このタイミングでそれは売れる要素しかない!

 

 

 

 

 

 




 お待たせしました。ぶっちゃけ難産でした。分かりやすくすげえってするためにタイムを具体的にやりましたけどこれおかしいところあると思います。なので気にしないようにしてください。お願いします。

 実は2話分割にしようと思ってたんですけどちょっと無理そうだったんで合体させました。ウイニングライブ…

 ま、まあそれはそれとして個人的にはファル子に思いっきりスポットを当てられたので満足しております。うちのトレセンにも来ていいのよファル子…

 では次回、よろしくお願いします!感想評価をくれると作者が狂喜します!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

番外編 ウマ娘との日常を語るスレ

 本編かと思ったな!?番外編だっ!

 見なくてもいいどうでもいい話を詰め込みました。本編にいれようとして1話分の分量が足りなかったボツ話を合体させたものです。

 なので掲示板だけで3人称視点はないです。それでも良ければどうぞ~


1:URA広報

立ったら書く

 

2:名無しのファン

遅いじゃないかイッチって誰だお前は!?

 

3:名無しのファン

イッチを騙った釣りか?!

 

4:名無しのファン

悪質じゃないか…!

 

5:名無しのファン

ふむ、特定して進ぜよう

 

6:名無しのファン

ピザマルゲリータを20枚Lサイズで送りつけてやろう

 

7:URA広報

いやあの調子乗ったのは悪かったので勘弁してクレメンス

 

8:名無しのファン

で、実際誰?

 

9:URA広報

あ、はい。この度イッチこと社長にやとわれて動画編集、SNS管理を担当することになったものですハイ。社長、すいませんけど助けて

 

10:他称トレーナー

お前ら新人いじめるなよ

 

11:名無しのファン

あ、イッチ

 

12:名無しのファン

ってことはマジの話か

 

13:名無しのファン

悪い悪い、上下関係って大事だからさあ?

 

14:名無しのファン

獣かよ

 

15:名無しのファン

タチが悪すぎる

 

16:他称トレーナー

いやさあ?お前らがさあ?俺の報告以外でもウマ娘の話に飢えてるっていうからさあ?わざわざ広報くんに仕事として依頼してるんだけど?どうする?やめる?

 

17:名無しのファン

すんませんっっした!!!!

 

18:名無しのファン

いやそのそう言うわけではなくてですね

 

19:名無しのファン

どういうわけだよ

 

20:名無しのファン

ありがとうイッチ、フォーエバー広報、サンキューURA!

 

21:名無しのファン

お許しください

 

22:他称トレーナー

とりあえず広報くんはうち公認だから。優しくしてあげてね?じゃあ俺は忙しいからこれで~。JHAとお話してくるから

 

23:名無しのファン

お、おう…

 

24:名無しのファン

イッチがどんどんとでかい存在になっていってる

 

25:名無しのファン

既に社長なんだけどな

 

26:URA広報

それでは、お話させていただきます。社長とウマ娘の皆さんが頗る仲がいいのはみなさんご存じだと思いますが

 

27:名無しのファン

せやな

 

28:名無しのファン

イッチ矢印向きすぎてハリネズミだもんな

 

29:名無しのファン

羨ましい

 

30:URA広報

ですがここ最近の社長はとてもお忙しいのです。ひとところにじっとしていることがほぼないほど。ウマ娘の皆さんはちょっとだけ寂しそうですね。ですが、一昨日珍しく休みをとった社長が疲れをとるためにお昼寝をしていた時のことです。とりあえずはこちらをどうぞ

【タオルケットを被って寝る男を緊張した面持ちで見つめるナイスネイチャの画像】

 

31:名無しのファン

おっとお?

 

32:名無しのファン

ネイチャさんではありませんか

 

33:名無しのファン

イッチホンマ自分を大切にしてもろて…

 

34:URA広報

5分後

【男の隣に寝転ぶナイスネイチャの画像、顔が真っ赤】

10分後

【ナイスネイチャに加えてナリタタイシンが隣で寝ている画像】

20分後

【ウマ娘が周りで寝ており真ん中に男が寝ている】

 

 

35:名無しのファン

んぶっはwwwww

 

36:名無しのファン

人気すぎて草www

 

37:名無しのファン

癒しスポット扱いかな?

 

38:名無しのファン

ネイチャさんの勇気出しました感www

 

39:名無しのファン

20分でウマ娘の団子になるのか…w

 

40:名無しのファン

上下左右でウマ娘ねてて草www

 

41:名無しのファン

さり気にセイウンスカイがイッチの頭の所で寝ているの草。何その寝方?猫みたい

 

42:URA広報

そして30分後

【ほぼ全てのウマ娘ぎゅうぎゅうになりつつも男の周りで思い思いに過ごしている画像。寝ている男の上にニシノフラワーが乗っかっている】

 

43:名無しのファン

ニシノフラワーwwwなんでイッチの上で寝てんのwwww

 

44:名無しのファン

甘えてるのかな?www

 

45:URA広報

いや、セイウンスカイさんがピンと耳を立てたと思ったら立ち上がってニシノフラワーちゃんを持ってきて社長の上に置いたんですよ

 

46:名無しのファン

持ってきてwwww

 

47:名無しのファン

でもほっぺをイッチの胸板にすりすりしてて可愛いなww

 

48:名無しのファン

ウマ娘ちゃんたち幸せそう

 

49:名無しのファン

イッチが近くにいるだけで満足なのかもな

 

50:URA広報

それから30分後に鉄人さんの娘さんの必殺技「死者の目覚め」で起こされるんですけどね。ご飯の時間だから

 

51:名無しのファン

あれキッツいよなあww

 

52:名無しのファン

ウマ娘の皆さんきつそう

 

53:URA広報

いやすごかったですよ。耳と尻尾がピーンッ!!ってなってて。毛が逆立った猫みたいでした

 

54:名無しのファン

馬だろwww

 

55:栄養士

いいスレ立ってんじゃな~い

 

56:名無しのファン

栄養士ネキ!

 

57:名無しのファン

この前の打ち上げで一升瓶の大吟醸を5本開けた栄養士ネキじゃないか!

 

58:名無しのファン

ビワハヤヒデちゃんに梅干し食べたみたいな酸っぱい顔させた栄養士ネキじゃないか!

 

59:名無しのファン

アルコール臭がヤバくてウマ娘から露骨に避けられてた栄養士ネキじゃないか!

 

60:栄養士

君たち私に恨みでもあるん?

 

61:名無しのファン

ないけどいろんな意味で凄かったからつい

 

62:名無しのファン

そんだけ呑んでほぼ素面っていう恐ろしさよ

 

63:名無しのファン

マヤノトップガンが「栄養士ちゃんちょっとお酒臭い~!」とストレートに言ったんだから相当だぞ

 

64:栄養士

まあいいや、ここで吐きださせてもらおうかね

 

65:名無しのファン

トイレじゃねえんだぞここは

 

66:名無しのファン

まあ便所の壁の落書きとは言うけどな!がはは!

 

67:栄養士

では行くぞ。私が語るのは「ミホノブルボンPC強制シャットダウン事件」だ!!

 

68:名無しのファン

なんだそれww

 

69:名無しのファン

もう草生えるわ

 

70:名無しのファン

嫌な予感

 

71:栄養士

もう察した人もいるかもだけどイッチ…というかURAの資金源は社長の無限の懐なんだよね。そしてそれを稼いでいるのは株やら仮想通貨やら家賃収入やら投資やらなんだけど。当然社長はそれを楽にするために仕事部屋を作ってるんだ。そこの中にサーバーとかハイスペックPCとかがあるわけなんだけど

 

72:名無しのファン

ふむ

 

73:名無しのファン

アメリカドラマのナードの部屋みたいな?

 

74:栄養士

で、ある時ミホノブルボンちゃんが社長にトレーニングを見て欲しいってお願いをしたくて探し回ってたんだよね。凄いよ、無表情なのになんだか子犬に見えるんだよ、雰囲気だけで

 

75:名無しのファン

子犬ブルボンちゃんかわゆい

 

76:名無しのファン

可愛いお願いじゃないか、是非とも叶えてあげたいね

 

77:栄養士

で、私に「マスターがどこにいらっしゃるかご存知でしょうか?」と聞きに来て、ちょうど社長に用があったから一緒にサーバールームに行ったんですよ。

 

78:名無しのファン

マスター呼びかわいいかよ

 

79:名無しのファン

ワイ、この前のレースでミホノブルボンに性癖を破壊された民なんです。なんであんなに可愛いんですか

 

80:名無しのファン

元のミホノブルボン号の仕上がり凄いよなあ、あのダービー距離のレースの時のミホノブルボンちゃん思い返すと凄いかっこよかった

 

81:栄養士

それで、サーバールームのドアノブにミホノブルボンちゃんが手を置くじゃん?ドア開けるじゃん?瞬間、中の機械が全部電源落ちたんだよね

 

82:名無しのファン

ふぁーwwwwww

 

83:名無しのファン

いや機械音痴のレベル超えてるがなwww

 

84:名無しのファン

あれ?これイッチ損害やばない?

 

85:名無しのファン

致命的なエラーが起こってないといいんだけど

 

86:栄養士

ミホノブルボンちゃんまさかそんなことになるとは思ってなかったみたいでお口ぽかん。社長、呆然後再起動、機械も再起動して一応問題なし。「す、すみませんマスター…」って言ったんだけど珍しく声が震えてたね

 

87:名無しのファン

正直イッチが怒るとは思えない

 

88:名無しのファン

あいつウマ娘にはゲロ甘だからな

 

89:名無しのファン

イッチのことだから損害とか10分で回復させそう

 

90:栄養士

それがミホノブルボンちゃんファインプレーだったみたいで、社長が珍しく操作ミスをして損害を出しちゃうところだったのをミホノブルボンちゃんが強制シャットダウンしてくれたことで未然に防ぐことができたみたいなの。凄いお礼言われてこうなっちゃってたわ

【無表情ではあるが顔が赤いミホノブルボンの画像。雰囲気で嬉しそうなのが伝わってくる】

 

91:名無しのファン

あ~~~~~~~かわいいい~~~~~

 

92:名無しのファン

表情が乏しいのに感情がわかるわかる

 

93:名無しのファン

よかったね~

 

94:栄養士

そしてこうだ

【超巨大なタイヤを引っ張るミホノブルボンの画像 男がタイヤの上に乗っている】

 

95:名無しのファン

なんだこれ?!

 

96:名無しのファン

タイヤでかすぎぃ!?

 

97:名無しのファン

ウマ娘ヤバすぎる。改めて思うわ

 

98:栄養士

えっと確か世界最大のタイヤで5トンの重量があるらしいわ。ウマ娘ちゃんたちの世界でも根性を磨くために同じ大きさのタイヤを引っ張ってトレーニングをしていたみたいね。

 

99:名無しのファン

素でばんえい競馬できそう

 

100:名無しのファン

ばんえいウマ娘

 

101:栄養士

スペシャルウィークちゃんがばんえいのそり欲しがってたわね。トレーニングに使いたいです!!って、勿論社長は購入したわ

 

102:名無しのファン

ゲロ甘イッチ

 

103:名無しのファン

でもそりだけなら450㎏だろ?5トンのタイヤよりゃ軽いなww

 

104:競馬で全財産を溶かす男

ウマ娘のみんなは軽トラくらいなら持ち上げられるからなあ…

 

105:名無しのファン

えぇ…

 

106:名無しのファン

ウマ娘やっべえって全財産ニキじゃないか!

 

107:名無しのファン

仕事しろよ

 

108:名無しのファン

そうだそうだー!

 

109:競馬で全財産を溶かす男

いや、仕込み終わって暇なんよ。だから俺も一つ話をすることにするわ

 

110:URA広報

あれ?なんか乗っ取られてない?

 

111:名無しのファン

気のせい気のせい

 

112:名無しのファン

そう思うなら主導権を握ればよろしくてよ

 

113:URA広報

いやわし一番新人なんすけど…

 

114:鉄人

しょうがないから手取り足取り教えてあげようじゃない…スパルタで

 

115:URA広報

その鉄鍋は何に使うんですか…?

 

116:名無しのファン

尊い犠牲が出てしまった

 

117:名無しのファン

とりあえず全財産ニキ続き頂戴

 

118:競馬で全財産を溶かす男

アハイ、これはサイレンススズカ達が来た直後くらいのお話なんだけど…とりあえずこの写真をどうぞ

【体重計の前でがっくりと膝をつくスペシャルウィークとメジロマックイーンの画像】

 

119:名無しのファン

まさか…これはっ!?

 

120:名無しのファン

乙女の天敵…体重っ!?

 

121:名無しのファン

つまり太ったと

 

122:名無しのファン

身もふたもねえ

 

123:競馬で全財産を溶かす男

始まりはトウカイテイオーだったんだ。「ねえ、マックイーン、それとスぺちゃん。太った?」そう言ってやつは…二人の服のすそを捲り上げた。そしておもむろに…!

 

124:名無しのファン

ご、ごくり

 

125:名無しのファン

キマシ?

 

126:名無しのファン

ノットキマシ

 

127:競馬で全財産を溶かす男

むにい、とお腹の肉をつまんだっ…!そこにあった…くびれっ…!跡形もなく…!スカートに少しのる…贅肉っ!上がる悲鳴…エンドレス…!

 

128:名無しのファン

いや何その語り口

 

129:名無しのファン

そりゃ悲鳴も上がるわ可哀想に

 

130:名無しのファン

これイッチに太ったって知られたのが一番ダメージでかそう

 

131:競馬で全財産を溶かす男

じっさいそうみたいでな。スぺちゃんはトレーナーさん!見ないでくださ~い!って感じだったけど。マックイーンちゃんはくっ!貴方はどうなんですのっ!?とトウカイテイオーちゃんの服を捲り上げるわけじゃん?でもそこにあるのはいっそ美しいくらいに完成されたくびれつきのお腹なわけですよ。ふふんとドヤ顔テイオーちゃんに負けましたわと呆然となるマックイーンちゃん。

 

132:名無しのファン

いや草

 

133:名無しのファン

草だけどさり気にお腹をみんなに公開してるのヤバくない?

 

134:名無しのファン

天才は体重コントロールも完璧なんですな

 

135:競馬で全財産を溶かす男

認められないマックイーンちゃんは体重計へ。そしてさっきの画像につながるんだけど…そう、この日からマックイーンちゃんとスぺちゃんの地獄のダイエット生活が始まったのだ…!社長を巻き添えにして

 

136:名無しのファン

いやなんでさ

 

137:名無しのファン

なぜにイッチが?

 

138:名無しのファン

そういえば体重気になるとか言ってたような言ってなかったような

 

139:名無しのファン

ウマ娘のダイエットってどうなんだろうね実際。気になるわ

 

140:競馬で全財産を溶かす男

社長が何で巻き添え食ったかというと実際ちょっと体重増えたらしいんだよね。マヤノちゃんがトレーナーちゃん太った?って聞いたみたいだから。で、ウマ娘のダイエットは大別して二つ。すさまじい基礎代謝を利用して短い絶食を行うことにより体重を減らすか、運動量を爆上げして体重を減らすからしいんですわ。で、今回二人が選択したのは運動を増やすことなんだけど…何を血迷ったか社長も付き合うって言っちゃってさ

 

141:名無しのファン

何してんのイッチ

 

142:名無しのファン

バカジャネーノ?

 

143:名無しのファン

これが無謀ってやつですか

 

144:名無しのファン

いや、イッチなら…

 

145:競馬で全財産を溶かす男

翌日より始まったダイエットトレーニング、まず1日目。ウイニングチケット先生による基礎代謝向上のための筋トレメニュー!腕立て腹筋スクワット、超重量を担いでだけど。こんなの

【ウイニングチケットと一緒に丸太を担いでスクワットをしているスペシャルウィークとメジロマックイーンの画像 後ろで男が丸太に潰されている】

 

146:名無しのファン

イ、イッチィィィーーーーーーーー!?

 

147:名無しのファン

し、しんでる

 

148:名無しのファン

生きてるけど死んでそう

 

149:名無しのファン

無茶しやがって…

 

150:競馬で全財産を溶かす男

そして二日目 同じ筋トレメニューだが先生が変わりミホノブルボン先生による地獄の坂路周回が始まった

【ミホノブルボンについて坂路を上るスペシャルウィークとメジロマックイーンの画像 後ろで男が転がり落ちている】

 

151:名無しのファン

イ、イッチィィィーーーーーーーー!?

 

152:名無しのファン

イッチがヤバいですよ!?

 

153:名無しのファン

イッチに何の恨みがあるんだっ!

 

154:名無しのファン

痩せるだろうけど大切な何かが消えそう

 

155:競馬で全財産を溶かす男

ハイ3日目 運動量増加のためのフルマラソン ペースメーカーとしてライスシャワー先生が頑張ってくれた。画像は10キロ地点

【ライスシャワーの後ろについて走るスペシャルウィークとメジロマックイーンの画像 男は小鹿のように足が震えているためかぶれて写っている】

 

156:名無しのファン

イ、イッチィィィーーーーーーーー!?

 

157:名無しのファン

なんでそこまで頑張ってるんだwww

 

158:名無しのファン

もうイッチを許してあげてください

 

159:名無しのファン

イッチがマジで死んじゃうwww

 

160:競馬で全財産を溶かす男

4日目 運動時間を増やすためにトウカイテイオー先生によるダンスレッスン。なお社長はこの時点でニシノフラワーちゃんによる泣き落としでリタイア。強制膝枕の刑に処された。

【メイクデビューらしき振付を踊るトウカイテイオー、スペシャルウィーク、メジロマックイーンの画像 後ろで男がニシノフラワーに膝枕されている】

 

161:名無しのファン

よ、よかった!このままじゃイッチがいろんな意味で壊れるところだった!

 

162:名無しのファン

いいなーイッチ

 

163:名無しのファン

あれ?この絵面…犯罪では?

 

164:名無しのファン

そもそもなんでウマ娘と張り合ってるんだこのイッチはwww

 

165:競馬で全財産を溶かす男

ウマ娘と苦楽を共にするのが俺の仕事って言ってたけど多分そういうことじゃないと俺は思うの。5日目、チートデイということでナイスネイチャ先生、ナリタタイシン先生、ヒシアケボノ先生による高タンパク低カロリーな合作料理を食べてた

【おいしそうに料理を頬張るスペシャルウィークとメジロマックイーンの画像 瞳が輝いている】

【アグネスデジタルを膝に置いてサンドイッチを食べる男の画像】

 

166:名無しのファン

いっぱい食べる君が好き

 

167:名無しのファン

だから太ったんだよなあ

 

168:名無しのファン

無慈悲~

 

169:名無しのファン

イッチ羨ましいってあれ?デジたんってこんな小さかったっけ?

 

170:名無しのファン

ウマ娘と並んでる画像ばっかだから身長よくわかんないけどもしかしてデジたんって小さい?

 

171:名無しのファン

そもそもなんで膝にウマ娘置いてんだこのイッチは

 

172:競馬で全財産を溶かす男

比較画像

【ヒシアケボノとアグネスデジタルが並んで映っている画像】

 

173:名無しのファン

比較出来てないですが

 

174:名無しのファン

ボノちゃんはでかいんだよなあ

 

175:名無しのファン

もうちょっと手ごろなのないか?

 

176:競馬で全財産を溶かす男

まあ冗談としてデジタルちゃん身長低いよ。143㎝だったかな?みんな意外ともっとおっきいと思ってたのかも。俺もそうだったし。あとウマ娘を接触させとくと仕事しなくなるからね、社長は。こうやって強制的に休養取らせてんのよ

 

177:名無しのファン

変な対処編み出されてるの草

 

178:名無しのファン

イッチ…お前ワーカーホリックだったのか…!

 

179:名無しのファン

休めっ…!いい加減に…!

 

180:競馬で全財産を溶かす男

そうして2週間の集中トレーニングにより二人が手に入れたものがこちらっ!

【見事なくびれとプロポーションを手に入れたスパッツとブラトップ姿のスペシャルウィークとメジロマックイーンの画像】

なお社長

【マルゼンスキーの膝枕に沈む男の画像】

 

181:名無しのファン

ふつくしい…!

 

182:名無しのファン

2週間でこんなに変われるものなのか!?

 

183:名無しのファン

ライザ〇プより効果ありそう

 

184:名無しのファン

というかこんな薄着撮られてるのに動揺しないんだな二人とも

 

185:競馬で全財産を溶かす男

許可得てるからね。というかウマ娘ってパドックで体つきを見せるから見られるのが当たり前らしいよ?むしろみられて恥ずかしい体をしているほうがファンの皆さんに申し訳がないって考えみたい。まあ触られるとかは話が別らしいけど。

 

186:名無しのファン

あー、勝負服か。一部水着並かそれ以上に過激っぽいし

 

187:名無しのファン

触るのはそりゃなあ

 

188:名無しのファン

女の子だしな

 

189:競馬で全財産を溶かす男

急に触られて咄嗟に手や足が出ると危ないからって

 

190:名無しのファン

あそっちなの!?

 

191:名無しのファン

脚が出たら壁の染みが増えるからなあ

 

192:名無しのファン

ないでしょwwwないよな…?

 

193:名無しのファン

イッチ、マルゼンスキーの膝枕とか羨ましいにもほどがあるので変われください

 

194:名無しのファン

いいな~~~~~~~~~

 

195:名無しのファン

マルゼンスキーの凄い幸せそうな顔にきゅんときた

 

196:名無しのファン

嬉しそうでよござんす

 

197:競馬で全財産を溶かす男

まあ普通に知らない人に触られるのは嫌だと思うよ?耳とか尻尾とかは特にプライベートゾーンらしいから。ベッタベタ触らせてるけどな社長に。尻尾の手入れとかまさによ

 

198:名無しのファン

うーんこの

 

199:名無しのファン

ほかになにかないの?

 

200:名無しのファン

なかなか面白いじゃないか

 

201:名無しのファン

とりあえずイッチが過労死しないことを祈るわ

 

202:他称トレーナー

そうだな~、俺が小腹が空いて夜中に夜食作ってるとどこからともなくウマ娘が出てきて一口もらっていくから結局俺の分がなくなってウマ娘の料理を食べることになる話とか?

 

203:名無しのファン

本末転倒やんけってイッチ!?

 

204:名無しのファン

仕事はどうした!?

 

205:名無しのファン

いや、続きkwsk!

 

206:他称トレーナー

よかろう

 

 

 

 

 

 

 以下どうでもいい話が続く…………




 はい、お付き合いいただきありがとうございました。本編投稿せず何やってんだって話ですが折角考えた話をボツのままにするのもどうかなと思ったのでここに供養することとしました。

 時間軸的には最新話よりちょっと先の話ですね。掲示板だけだと文字数を増やすのが難しいです。広報くんはこれからもいじられキャラとして本編にも出していく予定です

 ではでは今度は本編でお会いしましょう。感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

転換点って何気ないところからくる

245:我らウマ娘ファン

もう少しで桜花賞ですな

 

246:我らウマ娘ファン

そう言えばイッチはウイニングライブのメンバー決めてるのかしら

 

247:我らウマ娘ファン

誰になるんでしょうなあ

 

248:他称トレーナー

ど、どうしよう

 

249:我らウマ娘ファン

イッチじゃないか、どうした?

 

250:我らウマ娘ファン

何でも話してみるといいぞ

 

251:我らウマ娘ファン

本音は?

 

252:我らウマ娘ファン

ウマ娘の話ください

 

253:我らウマ娘ファン

素直でよろしい

 

254:我らウマ娘ファン

で、どしたんよ

 

255:他称トレーナー

いや、そのさ?桜花賞と皐月賞にてライブを披露する話があるじゃん?そのセンター決めのために模擬レースやるんですけど

 

256:我らウマ娘ファン

ほう

 

257:我らウマ娘ファン

ほほーう!

 

258:我らウマ娘ファン

素晴らしいではないですか

 

259:我らウマ娘ファン

それがなんかあるのかね?

 

260:他称トレーナー

JHAの人にバレてさ?

 

261:我らウマ娘ファン

おっとお?

 

262:我らウマ娘ファン

これは………

 

263:他称トレーナー

JHAのお偉いさんが見に来ることになりました~~~!大丈夫かな…

 

264:我らウマ娘ファン

あっちゃ~

 

265:我らウマ娘ファン

でもJHAでしょ?頭が柔らかい人ばっかりじゃない?老害みたいな人は流石によこさないでしょ

 

266:我らウマ娘ファン

普通に考えてイッチとはいい関係でいたいはずだし

 

267:我らウマ娘ファン

そのために馬名使用の許可を代わりにとってくれたんじゃない?

 

268:他称トレーナー

まあそれはそうだけど…不労所得暮らしニートが百戦錬磨の商売人であろうお偉いさんとやり合えるかな…ウマ娘持ってかれたら俺立ち直れない

 

269:我らウマ娘ファン

でーじょうぶだイッチ

 

270:我らウマ娘ファン

俺らが付いてる!

 

271:我らウマ娘ファン

なんだったらぶっちしちまえ

 

272:我らウマ娘ファン

そりゃダメだ

 

273:我らウマ娘ファン

で、メンバーどうなってるんですかね?

 

274:我らウマ娘ファン

12人と12人なんでしょ?

 

275:我らウマ娘ファン

いつやるんですかねえ?

 

276:他称トレーナー

今日

 

277:我らウマ娘ファン

は?

 

278:他称トレーナー

だから、今日やるの。だから現実逃避にここにいるの!

 

279:我らウマ娘ファン

働け!

 

280:我らウマ娘ファン

で、放送は?

 

281:他称トレーナー

(生放送は)ないです。動画は撮るけど投稿するかは微妙よね。なんせ…体操服だからな!

 

282:我らウマ娘ファン

なんでなんですか!

 

283:我らウマ娘ファン

見せろよ!体操服見せろよ!俺たちにブルマの夢をくれよ!

 

284:我らウマ娘ファン

そういう目で見るなよ

 

285:我らウマ娘ファン

それこそ無茶だろ

 

286:他称トレーナー

それにお偉いさん相手にしながら生放送でお前らの相手する余裕ないし

 

287:我らウマ娘ファン

それはそう

 

288:我らウマ娘ファン

しょうがねえから動画で我慢してやるかあ

 

289:我らウマ娘ファン

何目線だ

 

290:我らウマ娘ファン

上から過ぎる

 

291:我らウマ娘ファン

せめて誰がどれに出るかと結果だけでも教えてくれない?

 

292:我らウマ娘ファン

そうだな、それは気になるかも

 

293:我らウマ娘ファン

ついでに使う曲教えてくれてもいいのよ?

 

294:他称トレーナー

曲はダメだけどレース結果とかについては了解。今から投下するべ

 

295:我らウマ娘ファン

えーけちぃ

 

296:我らウマ娘ファン

wktk

 

297:他称トレーナー

では中距離から皐月賞と同じ芝の2000mだよ。出走ウマ娘はスペシャルウィーク、ライスシャワー、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、マチカネフクキタル、メイショウドトウ、ナイスネイチャ、マチカネタンホイザ、トウカイテイオー、メジロマックイーン、セイウンスカイだよ。

 

298:我らウマ娘ファン

やはりそうそうたるメンツ

 

299:我らウマ娘ファン

あれ?ススズは中距離組じゃないんだ

 

300:他称トレーナー

彼女、走れればぶっちゃけ何でもよろしいからねえ…

 

301:我らウマ娘ファン

あー、うんなんかわかるかもしれない

 

302:我らウマ娘ファン

ウンスの逃げが見られるっ…!

 

303:我らウマ娘ファン

あれ?ミホノブルボンもマイル組なんだ

 

304:他称トレーナー

彼女、どっちかというとスプリンターらしくてね。マジやべートレーニングでスタミナつけて無理やり中長距離走ってるだけで。でもやっぱり目標があってそれに向かえたからこその強さだけどさ

 

305:我らウマ娘ファン

3冠をとったミホノブルボン見たかったなあ

 

306:我らウマ娘ファン

ライスシャワーはやっぱり強い子だ

 

307:我らウマ娘ファン

俺にとっちゃまさにヒーローだったね。ファンなんですよ

 

308:他称トレーナー

そんなあなたにちょうど通りかかったライスシャワーさんのお礼の言葉を上げよう

【ライスシャワーが頬を染めながらありがとう、ライス頑張るねと言う動画】

 

 

309:我らウマ娘ファン

ぐはああああああ!

 

310:我らウマ娘ファン

これであと10年は戦える

 

311:我らウマ娘ファン

ライスシャワーちゃんこんなかわいくてJKってマ?

 

312:我らウマ娘ファン

マックイーンちゃんより小さいのに…

 

313:我らウマ娘ファン

どっちが?

 

314:我らウマ娘ファン

何も言うまい

 

315:他称トレーナー

そしてマイルこちらも桜花賞と同じく芝の1600m、出走ウマ娘はアグネスデジタル、タイキシャトル、ハルウララ、ヒシアケボノ、ウオッカ、ダイワスカーレット、マヤノトップガン、ミホノブルボン、マルゼンスキー、スマートファルコン、ニシノフラワー、サイレンススズカだ!

 

316:我らウマ娘ファン

ウオッカかダイワスカーレット、いやしかしススズも捨てがたい

 

317:我らウマ娘ファン

馬券おじさん、馬券はないんだよ?

 

318:我らウマ娘ファン

うーん、ダート専の二人にはきついかなあ

 

319:我らウマ娘ファン

適性の差がね…

 

320:他称トレーナー

あ、彼女ら芝走れるよ?ダートの方が極めて得意なだけで。足をとられてコケるみたいなことはないと思う

 

321:我らウマ娘ファン

シヴァの上を走るハルウララ…?

 

322:我らウマ娘ファン

破壊神の上を走らせるな

 

323:我らウマ娘ファン

芝ね、芝。じゃあファル子が芝のサイレンススズカになるじゃん!

 

324:我らウマ娘ファン

それはもはやサイレンススズカなんよ

 

325:我らウマ娘ファン

具体的にどんな感じなんか?

 

326:他称トレーナー

うーん、値で表すならなダートS 芝Bってところかな?つってもコンディションで全然変わるからマジで参考にしかならないけど。やはり調子よ、調子でウマ娘はガラッと変わる

 

327:我らウマ娘ファン

プロかな?

 

328:我らウマ娘ファン

実際この世界で一番プロよな

 

329:我らウマ娘ファン

ところでイッチ今からどうするの?

 

330:他称トレーナー

ライスシャワーを膝にのせて休憩の予定

 

331:我らウマ娘ファン

は?

 

332:我らウマ娘ファン

絶対今思いついた奴だろ

 

333:我らウマ娘ファン

なんで膝の上に乗せる必要があるんですか

 

334:他称トレーナー

そこにライスがいるから

 

335:我らウマ娘ファン

こいつ…!

 

336:我らウマ娘ファン

もうダメだ、いろんな意味で手遅れだ

 

337:我らウマ娘ファン

ところでライスちゃんの耳っておっきくてかわいいよね

 

338:我らウマ娘ファン

わかる。ウサギみたい。ウマだけど

 

339:他称トレーナー

触り心地もいいぞ

 

340:我らウマ娘ファン

ダメだ、何言ってもイッチに勝てる気がしない

 

341:我らウマ娘ファン

そもそも俺らに勝ち目あるの?

 

342:我らウマ娘ファン

ないなあ

 

343:我らウマ娘ファン

俺もあんなかわいい子と一緒に暮らしたい

 

344:我らウマ娘ファン

潤沢な財産があってその女の子のために文字通り身を削れればワンチャン

 

345:我らウマ娘ファン

イッチ、そう考えると狂ってらっしゃる

 

346:他称トレーナー

ひでえいわれようだ。よし、行ってくるべ

 

347:我らウマ娘ファン

頑張ってなイッチ!

 

348:我らウマ娘ファン

結果を楽しみに待ってるよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「こんにちは。ようこそURA本部へ、よろしくお願いします」

 

 「ああ、社長さんでいらっしゃる?よろしくお願いします。JHAの幹部をしております花田と申します。急なご訪問をしてしまい申し訳ない。こちらは部下ですが、今回は私が責任者となります」

 

 「いえいえお気になさらずに。では早速ご案内させてもらいます。須藤君、あとは任せるね」

 

 男と業務的な挨拶を交わしているのはJHAの最高幹部の一人だという花田という老人とその後ろに控える中年あるいは初老の男性が数名。部下と言えどもその立場は重役あるいは幹部なのだろうと男は相対しながらシクシクと痛む胃を抑えそうになる。どうしてこうなったか?それはJHAとURAの記念すべき初コラボともいうべきもののせいである。

 

 そろそろ近くなってきたクラシックロード三冠の1つ目の冠、皐月賞と牝馬三冠の桜花賞におけるウマ娘のライブ。世間にウマ娘を認知させようとしている男にとっては渡りに船の提案であった。しいて言うならばレース場を借りてウマ娘のレースとセットにしてあげたかったがそれはまだ時期尚早と判断しJHAの話に乗ることにしたのである。

 

 かといってそれで手を抜くウマ娘たちではない、が問題はセンター決めである。レースなくしてウイニングライブなし。これはウマ娘の不文律である。そして男は考えた、なら模擬とは言えレースで順位を決めればよいのだと。そしてそれに納得したウマ娘たちは12人で半分に分かれそれぞれマイルと中距離でトレーニングを始めた。

 

 男は最近雇った広報の須藤という男に後の事務仕事を託すと事務所の扉を開けて花田たちを案内する。大きく開けた芝のレース場を見た花田たちはそれに深く感心した様子で頷いた。

 

 「これは、ご自身で?」

 

 「そうですね。地元の建設業者さんにご協力いただいて作成しました。なにせウマ娘が本気で走るなら、この程度の距離は必要なので」

 

 「感服しました。そこまで身銭を切るのは相当なご決断でしたでしょう。馬にかかわるものとして尊敬いたします」

 

 「いえそんな。ただ、あの子たちに笑っていてほしかっただけです」

 

 「だからこそです。私の親父は馬主をしていましてね、その影響で私は馬が大好きなのですよ。往年の名馬の魂を継ぐ少女たち、悪いことに使おうと思えばいくらでも使えたでしょう。ですがあなたは彼女らを大切に大切にしていらっしゃる。嘆かわしいことに委託先の牧場に預託料を払わない馬主もいることを考えればどれだけ素晴らしいことか」

 

 「ありがとうございます。では、こちらに。既にゲートの準備は終わっておりますのでゲート入りからですね」

 

 男がレース場内にあるゲートを指さす。花田と部下たちがそちらを向くとマイルの出走ウマ娘が並んでいるところだった。全員が競馬好きなのか思い入れのある馬のウマ娘が居たのか花田や部下の口から馬名がボソボソと漏れ出す。サイレンススズカがこちらに頭を下げてゲートに収まり、それから次々とゲートの中に入っていく。

 

 「なるほど、映像で納得していたつもりでしたが現物で見ると猶更確信を深めました。確かに、あの名馬たちの姿が重なります。レースの前の緊張感が程よくあって、期待値が高まりますね。私としてはダイワスカーレットのファンですので彼女を応援したいと思います」

 

 「スカーレットですと5枠9番ですね。確かに今日は気合が乗っていると思います」

 

 「ああ、ごめんなさい遅れました。まだ始まってないですよね?あ、花田さんお久しぶりです」

 

 「豊騎騎手ではないですか。プライベートでこちらに?」

 

 「ええ、まあ。実は彼女…スズカたちが走ると聞けば見たいと思うものです」

 

 「豊騎さん、大丈夫です。今からですよ。しいて私が見て欲しいと思うのは…ニシノフラワーですかね。今日はちょっと違います」

 

 男は大きなヒシアケボノではなく、豊騎が推すサイレンススズカでも花田が気になるというダイワスカーレットでもなく、一番小さなウマ娘を指し示した。全員が体操服に身を包み、闘志を静かに燃やしてゲートが開くのを今か今かと待っている。

 

 快音を立ててゲートが開かれる。いの一番に飛び出したのはサイレンススズカ、そうでなくてはと豊騎が破顔する。遅れて2番手にダイワスカーレット、その顔はスタート勝負で負けたことにより焦っているのがうかがえる。男の目に掛かってしまったことを教えていた、そして他のウマ娘も出遅れ自体はなくそれぞれの位置争いを開始する。男が推したニシノフラワーは6番手の好位置についている。ダートに特化したハルウララやスマートファルコンはいくら芝も一応走れるとは言え芝専門のウマ娘たちにはやはり一歩及ばないらしく後ろの方にいるが必死に食らいついている。

 

 大逃げでぐんぐんと前へ進むサイレンススズカに対抗して自分もと前へ出るダイワスカーレットだがそれが余計なスタミナを消費させており、800m地点で徐々に後退してしまった。それに代わって早い位置からスパートをかけたのはヒシアケボノ、大きな歩幅でぐんぐんと前へ出る。それに呼応するようにウオッカやアグネスデジタル達差しのウマ娘がスパートをかけた。

 

 残り300m地点で、ニシノフラワーの動きが変わる。差しのウマ娘たちがスパートをかけたことによりウマ娘たちの距離があき、スペースができた。小柄な体を加速させその隙間を潜り抜ける。ぐんぐんと、残しておいた末脚を使い加速をかけ、ヒシアケボノの隣をひらりと躱し、サイレンススズカに並ぶ。そして、ほぼ同時にゴール板を駆け抜けた。

 

 「……なんと。年甲斐もなく興奮してしまいました。どちらの勝ちですかね?いや!素晴らしかった」

 

 花田はいつの間にか力いっぱい手を握りしめていたことに気づき、それを解きながら苦笑いで部下を振り返ると、それは部下たちも同じようで彼らも素晴らしかったと口々に賞賛の言葉を口にする。

 

 「なるほど、ニシノフラワーですね。代表さんの言うとおりになったわけです」

 

 写真判定しますね、という男の言葉を待たずにして豊騎はそういった。ほぼ同時にゴールしていたがジョッキーである彼の目線には何が見えたのか、と花田が尋ねようとするとパソコンからゴール板前のハイスピードカメラにアクセスして動画を確認していた男が口を開いた。

 

 「豊騎さんお見事です。馬で言うならハナ差でニシノフラワーですね」

 

 「やはりですか。一歩でしたね、ゴール前の一歩の踏み込み。負けるもんかという負けん気の発露です。そういう馬は得てして強いと知ってましたから」

 

 「フラワーの気合の入り方が今日は最高潮でしたからね。じゃあ、次は中距離組行きましょう。その前に少し失礼しますね」

 

 そう言って男はラチを乗り越えてコース内に入っていった。そうするとすでにゴールをしていたウマ娘たちが男の周りに集まってくる。駆け寄ってきたニシノフラワーが男に飛びつき、それを優しく受け止めて和気あいあいとした雰囲気で反省会を始めた男たちを花田と豊騎は優しく見守るのだった。

 

 2戦目はスペシャルウィークが差し切り、メイショウドトウをクビ差で押さえつけた。3着はナイスネイチャ、いつもお馴染み~という彼女の頭をかいぐりと撫でまわしながら男はかなり好感触で終われたのではないかと一安心したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

672:他称トレーナー

どうしよう

 

673:我らウマ娘ファン

今度はどうした

 

674:我らウマ娘ファン

中距離はスぺちゃん1位、ドトウちゃんが2位、ネイチャちゃんが3位ね。マイルはフラワーちゃんが1位、2位がススズ、3位がヒシアケボノ、正直意外な結果。ススズの逃げを食い破るとは。スぺちゃんの全身全霊とも言うべき末脚も圧巻だったが

 

675:我らウマ娘ファン

これも調子ってやつかね

 

676:我らウマ娘ファン

で?何があったの?

 

677:他称トレーナー

いや、そのね?お前も馬主にならないか?って

 

678:我らウマ娘ファン

原点に忠実にするならならないっていうところだけどっては?

 

679:我らウマ娘ファン

馬主、イッチが?中央の?

 

680:我らウマ娘ファン

え、うっそマジで?

 

681:我らウマ娘ファン

いやいやいや、ありえんだろ

 

682:我らウマ娘ファン

どうしたイッチ、釣りか?

 

683:他称トレーナー

気持ちまあ分からんでもない。だけど俺一応中央の馬主の条件満たしてるんだよね。年収億単位だし、資産もそれに応じて。まあむこうとしても理由があるのだと思うのだけど

 

684:我らウマ娘ファン

ほほう、その理由とは?

 

685:我らウマ娘ファン

イッチを誘う理由かあ。ウマ娘しか思いつかんが

 

686:他称トレーナー

多分、JHAは俺に日本にいて欲しいんだと思う。ウマ娘は向こうにとってはハルウララやオグリキャップのように競馬ブームを再燃させる起爆剤になりえるから、親密で居たいんだろうしウマ娘についても興味津々だ。

 

687:我らウマ娘ファン

そうだな。往時のファンを呼び込める可能性すらある

 

688:我らウマ娘ファン

よくよく考えれば巨額が動く

 

689:他称トレーナー

そんで、俺は個人で2000mのレース場を有し、坂路などのトレーニング施設を作っている。つまり向こうにとってはウマ娘だけではなく馬にもそれなりに興味があるんじゃないかと思われたんだと思う。もともと引退馬飼おうとしてたのもバレたし

 

690:我らウマ娘ファン

そんな奇特なのはイッチくらいだよな

 

691:我らウマ娘ファン

レース場個人所有ってよくよく考えたらあたおか

 

692:我らウマ娘ファン

それにイッチ、馬を見る目凄いらしいじゃん

 

693:我らウマ娘ファン

ああ、怪我の有無、調子、脚質に適正距離まで一目見れば分かるみたいだしな。

 

694:我らウマ娘ファン

まるで調教師にでもなれと言わんばかりの才能の塊。イッチの地元の馬主がイッチを雇いたがるのも分かる

 

695:我らウマ娘ファン

この前のVS競走馬の時にな、かなーり説得を受けたらしいじゃん?

 

696:我らウマ娘ファン

ねえ、素直になっていい?

 

697:我らウマ娘ファン

どうした急に

 

698:我らウマ娘ファン

いいぞ、言うてみい

 

699:我らウマ娘ファン

イッチとウマ娘が競走馬を育ててレースに挑むの、見たい。面白そう

 

700:我らウマ娘ファン

確かに見たい。それに馬主として中央にかかわり続けてたらチャンスが多くなりそうじゃないか?

 

701:我らウマ娘ファン

中央のレースにウマ娘が出れるようになるかもしれない、レースは無理でもレース場借りたりとかエキシビションとかもあり得るじゃん

 

702:我らウマ娘ファン

イッチはどうしたいんだ?

 

703:他称トレーナー

折角だしやってみたいんだよね。走らなくても俺がそのまま引き取ればいいし、放牧する場所沢山あるし、併走相手には困らないし。

 

704:我らウマ娘ファン

乗る人どうすんべ?

 

705:我らウマ娘ファン

あーそれあるかもね

 

706:他称トレーナー

実はそれ、もう決まってるんだよね。ほら、思い当たらない?

 

707:我らウマ娘ファン

えっまさかレジェンド?ないでしょ?

 

708:我らウマ娘ファン

ありえそうなのが困る…ん?そういえば今乗ってる馬今年で引退予定ではなかったかしら?

 

709:我らウマ娘ファン

ああ、古馬になってきたから種牡馬にするって言って

 

710:他称トレーナー

うん、そうなんだよね。真っ先にレジェンドにこれこれこうで馬主に誘われてるんですけどって言ったら「なるんだったら僕に乗らせてくれないかい?僕じゃダメでも空いてる時間に調教につきあうよ。君たちに興味を持ってる半引退したフリーの調教師もいるからね。斗馬さんって言うんだけど」と滅茶苦茶にプッシュされたんですよね

 

711:我らウマ娘ファン

レジェンド迫真の営業トーク

 

712:我らウマ娘ファン

斗馬ってライスシャワー号の鞍上じゃん。斗馬博元騎手、息子さんも騎手やってるし。

 

713:我らウマ娘ファン

そっかあ、ウマ娘に興味をお持ちなんですね…ライスちゃんに会いたいのかな

 

714:我らウマ娘ファン

中々に重たい矢印が向いておられますな

 

715:我らウマ娘ファン

なんか今日重くない?この板にないほどシリアス

 

716:我らウマ娘ファン

じゃあひと笑い入れるか。せーのっ!

 

717:我らウマ娘ファン

あっはっは~~~

 

718:我らウマ娘ファン

これでヨシ!

 

719:我らウマ娘ファン

投げやりすぎるだろ

 

720:他称トレーナー

そんでな?今ならセリに出す前に良血の馬を買えるように根回ししてくれるっていうの

 

721:我らウマ娘ファン

えっマジで?

 

722:我らウマ娘ファン

とんでもねえ譲歩じゃないかそれ?

 

723:他称トレーナー

うん、多分JHAとしてはだいぶ誠意を見せてくれた感じだと思う。あと、見に来たお偉いさんが物凄い馬を大事にしてる人っぽくて、かなり俺たちのことを好意的に見てくれてたからなのかも。

 

724:我らウマ娘ファン

いや、まず聞くことがある

 

725:我らウマ娘ファン

ウマ娘たちはどう思ってるんだ?

 

726:我らウマ娘ファン

んだんだ。ウマ娘がどう思ってるかが重要だね。彼女らが最優先でしょ?でもイッチなら

 

727:他称トレーナー

ウマ娘のみんなは乗り気なんだよね~。お馬さんがここに来るんですかっ!?ってスぺちゃんがかなりワクワクよ。ってこれ言っちゃえばもう決まってるようなもんか

 

728:我らウマ娘ファン

イッチ、分かってるじゃないか

 

729:我らウマ娘ファン

さあイッチ!言ってしまえ!

 

730:他称トレーナー

よし、ならば不肖このイッチ!馬主になりとうございます!よーし馬小屋にプールに温泉!作っちゃうぞー!これでお馬さんを迎え入れてウマ娘と二人三脚で中央のトップを目指すのだ!厩務員も雇わないとね~

 

731:我らウマ娘ファン

ワイ将、立候補。勤めていた生産牧場が再来月に閉まるんよ。どうせなら雇って

 

732:我らウマ娘ファン

判断が早い

 

733:我らウマ娘ファン

勤続何年?

 

734:我らウマ娘ファン

20年。妻と子供を養いたい。馬の世話には自信があるで候。

 

735:我らウマ娘ファン

ベテランや

 

736:我らウマ娘ファン

そういえばイッチ、紹介してもらえる良血のお馬さんってどんなの?

 

737:他称トレーナー

ああ、言ってなかったっけ。ウオッカとディープインパクトの仔らしいんだけど

 

738:我らウマ娘ファン

ファッ!?

 

739:我らウマ娘ファン

何だその組み合わせ!?

 

740:我らウマ娘ファン

タイミング的にウオッカが海外から戻ってすぐ作った仔やな?

 

741:我らウマ娘ファン

むしろ何でそんな組み合わせの仔がせりに出るんや?おかしいやろ

 

742:我らウマ娘ファン

まって、ウオッカさんイッチのとこにいるじゃん

 

743:我らウマ娘ファン

息子オア娘ができるウオッカさん…!

 

744:我らウマ娘ファン

ウオッ母さん…!

 

745:我らウマ娘ファン

それ言いたかっただけだろ

 

 

 

 

 

 

 

 




 えー…やってしまいましたね。一応説明しておきますがこの世界ではウオッカさんやディープインパクトさんは健在です。あと寿命で亡くなってしまったわけじゃないお馬さんも生きてることにしようかと。優しい世界ということで御目溢しいただきたいです。

 作者は競馬に全く詳しくないのでこの組み合わせはアカンっていうのでも流してくれると嬉しいです。それもこれも唐突に思いついたウオッ母さんという訳の分からない言葉のせいで妄想が広がったせいですね。

 しいて言うなら、現実で既に両頭とも亡くなっているので生きていた場合の話を捏造しやすいから、というのがあります。あとウマ娘と競走馬で中央競馬を戦うって話書きたかった。詳しくないのに。

 でもウオッカみたいな子が、優しい母性溢れる顔を見せたらかわいい…かわいくない?作者は見たい、でも絵は描けない。なので文字にしたい。

 中距離組ばっさりカットなのは反省点ですね。構成力の欠如…もともとレース描写がひどく苦手なのでもしかしたらこういうの増えるかも。

 書きたいところがレースにないっていうのがちょっとまずいかもですね。では詳しいことはまず次回に回して今日はここまでにしたいと思います。

 感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

今年の競馬を語るスレ

1:今日の一番人気の名無し

このスレは今年の競馬について語っていくスレになります。馬券が舞っても喧嘩すんなよ。煽り合いよりも馬の事語ろうぜ!

 

2:今日の一番人気の名無し

たておつ

 

3:今日の一番人気の名無し

いや~~来てしまいましたな桜花賞

 

4:今日の一番人気の名無し

おまいらどいつ買った?

 

5:今日の一番人気の名無し

オニアイヅクシ、なんで人気低いの…

 

6:今日の一番人気の名無し

微妙なやつ買ったな

 

7:今日の一番人気の名無し

ハルランマンを買いました。名前的に

 

8:今日の一番人気の名無し

ネタに走るのか…

 

9:今日の一番人気の名無し

サンアライズ、さすが一番人気だぜぇ!

 

10:今日の一番人気の名無し

朝日杯優勝馬だしな、オッズは低いけどまあ有力かも

 

11:今日の一番人気の名無し

そういえばなんか今日いろいろあるらしいじゃん?

 

12:今日の一番人気の名無し

あーなんか桜花賞の後にイベントやるとかなんとか?

 

13:今日の一番人気の名無し

どっかの会社とのコラボらしいけど見る価値ないだろうし帰るっすよ

 

14:今日の一番人気の名無し

競馬場のお料理っておいしいよねえ

 

15:今日の一番人気の名無し

分かるマン

 

16:今日の一番人気の名無し

なー、なんかすごい美少女の集団がおんねんけど。

 

17:今日の一番人気の名無し

スレ違いだ帰れ

 

18:今日の一番人気の名無し

気になるけどスレ違い、お帰り願いますわ

 

19:今日の一番人気の名無し

おっ、ゲートインだ。頼んだぜ~

 

20:今日の一番人気の名無し

今日の実況はベテランの赤居さんか

 

21:今日の一番人気の名無し

あーなんで豊騎が乗ってねえんだよクソ~

 

22:今日の一番人気の名無し

最近復活したんだけどな。みょーにキレがいい騎乗になっててさ

 

23:今日の一番人気の名無し

あの豊騎ならフロックなんて起こさせないだろうからできればサンアライズに乗ってほしかった

 

24:今日の一番人気の名無し

きたっ!スタートだっ!!

 

25:今日の一番人気の名無し

俺の10万!万馬券!ヒャッハー!

 

26:今日の一番人気の名無し

ギャンブルはこれだからやめられねえぜ…!

 

 

 

 

 

 

 

 

187:今日の一番人気の名無し

おれの…おれの10万円…

 

188:今日の一番人気の名無し

儚い夢だったな…

 

189:今日の一番人気の名無し

結局はサンアライズか。まあ当然っちゃ当然だわな

 

190:今日の一番人気の名無し

どうせ早熟系だ。オークスを走れるか見ものだな

 

191:今日の一番人気の名無し

ハルランマン…!ハナ差!ハナ差なんだ!

 

192:今日の一番人気の名無し

写真判定で決着ついたでしょおじちゃん

 

193:今日の一番人気の名無し

正直掲示板入った時点で大金星ではなかろうか

 

194:今日の一番人気の名無し

え?なんか出てきたぞ

 

195:今日の一番人気の名無し

口どり式は?

 

196:今日の一番人気の名無し

あれっ?馬をしまわずに騎手が乗ったまま並びだした?

 

197:今日の一番人気の名無し

URAとのコラボレーションライブ?なんだそれ?知ってるやついる?

 

198:今日の一番人気の名無し

あー、どっかで聞いたような…ああ!あれだ!ウマ娘ってやつ!

 

199:今日の一番人気の名無し

ウマwwww娘wwwwなにそれ新手のコスプレアイドル?www

 

200:今日の一番人気の名無し

JHAも遂に末期に来てしまったなwww

 

201:今日の一番人気の名無し

出てきた出てきたww冷やかしに見たろwww

 

202:今日の一番人気の名無し

なあ、俺の目がおかしくなってなければなんだけど…中央の黄色い衣装着てる子、ニシノフラワー?あれ?隣、サイレンススズカ?んでもってヒシアケボノ?おかしくなったのかな俺

 

203:今日の一番人気の名無し

人間が馬に見えるとか末期も末期だろwwwちょっと待てテレビで確認するからwwwは?まじで?なんで?

 

204:今日の一番人気の名無し

なにあえjfjjd!?

 

205:今日の一番人気の名無し

落ち着け

 

206:今日の一番人気の名無し

無理だよ!なんで人間が馬に見えるんだよ!尻尾と耳生えてるし!なんか見覚えあると思ったら競走馬だし!どうなってんだ!?

 

207:今日の一番人気の名無し

よ、よくできたイベントだな(震え声

 

208:今日の一番人気の名無し

URA、調べてきた。ちょっと前から動画とか生放送で説明したり見せているみたいだけどウマ娘っていう馬の魂を引き継いだ女の子が存在していて、その子たちをサポートするために作られた団体らしい。ウマ娘がなぜ現れたのかは不明、彼女らの世界でのイベントをそのままこっちでやるのだとか。

 

209:今日の一番人気の名無し

は?バカジャネーノ?そんなん信じられるか。たとえ今目の前にミホノブルボンがい…るじゃん。ミホノブルボンいるじゃん。思いっきりいるわ

 

210:今日の一番人気の名無し

よし、一応確認しよう。レース場内に入ってきた色とりどりの衣装を着た女の子たち。全員が全員、馬に見える。そうだな?

 

211:今日の一番人気の名無し

見える見える

 

212:今日の一番人気の名無し

しかも名馬に見える

 

213:今日の一番人気の名無し

あっいかん女の子たちに馬が近づいていくぞ!?

 

214:今日の一番人気の名無し

追い切った後だ、牝馬はカリカリしてるだろうし襲われるかも?!

 

215:今日の一番人気の名無し

あれっ!?思いっきり懐いてる!?

 

216:今日の一番人気の名無し

うっそ、普通に匂い嗅いで撫でられに行ってる。鞍上たちも困惑してるわ

 

217:今日の一番人気の名無し

あの女の子たちの頭の馬の耳どうなってるの?あんな滑らかに動くなんて本物としか思えない。尻尾もさ

 

218:今日の一番人気の名無し

うえっ!?女の子たちが指さした場所に馬が移動してく!?

 

219:今日の一番人気の名無し

実況が淡々とイベントの説明をしていくのがシュール。はあ、今回行われるのはウマ娘によるウイニングライブ、本来ならウマ娘によるレースの順位が決まった後に1位になった子をセンターとして観客と喜びを分かち合うためのもの…なるほど、わからん

 

220:今日の一番人気の名無し

つまりあれだ。キタサンブラックが勝った時に馬主さんがやったあれだ

 

221:今日の一番人気の名無し

ああ、なるほど…なるほど?

 

222:今日の一番人気の名無し

ってことはあの真ん中の小さい子がレースで勝ったってことですか?またまた御冗談を

 

223:今日の一番人気の名無し

おい、URAのチャンネルに件のレース動画転がってたぞ。マジだった。走り含めてあの子たち馬だ。競走馬だよ

 

224:今日の一番人気の名無し

あとで見るわ。なんか始まりそうだし

 

225:今日の一番人気の名無し

フォーメーション組んだ?

 

226:今日の一番人気の名無し

曲紹介だって。曲名は「彩 ファンタジア」?カタカナなのか英語なのかは分からんがそうらしい。ウマ娘たちの世界ではティアラを被るにふさわしい者のための曲、つまりトリプルティアラ路線のG1レースで使われる曲とのこと

 

227:今日の一番人気の名無し

よく出来た設定だな

 

228:今日の一番人気の名無し

始まるぞ、静止した

 

229:今日の一番人気の名無し

はっ!?ガチダンス!?

 

230:今日の一番人気の名無し

動き、バレエっぽい

 

231:今日の一番人気の名無し

歌うまっ!?

 

232:今日の一番人気の名無し

まじか、え?まじなのか?

 

233:今日の一番人気の名無し

すっげえ、ニシノフラワーが歌ってる…

 

234:今日の一番人気の名無し

後ろでバックダンサーしてるのってあれ?タイキシャトル…

 

235:今日の一番人気の名無し

あのピンクの髪の子ってハルウララじゃね!?

 

236:今日の一番人気の名無し

うっそ、そんな子までいるんだ…!

 

237:今日の一番人気の名無し

他にもスマートファルコン、マヤノトップガン、アグネスデジタルにウオッカにダイワスカーレット!?なんで分かるんだ!?

 

238:今日の一番人気の名無し

あの赤い衣装を着た大人っぽい子は誰だろう。馬なのは分かるんだけど

 

239:今日の一番人気の名無し

たぶん、マルゼンスキー。滅茶苦茶古い馬だよ。当時最強の呼び声が高かった

 

240:今日の一番人気の名無し

すげえ、振付も歌もうまい…!そこらのアイドルなんかよりよっぽど!

 

241:今日の一番人気の名無し

今のフリ、手を横にして一回転するのめっちゃかわいい。ファンになる

 

242:今日の一番人気の名無し

JHAえらいコンテンツ出してきたな

 

243:今日の一番人気の名無し

ツブヤイターの投稿、トレンドに乗ってるよ

 

244:今日の一番人気の名無し

ウマ娘、覚えた。調べなければ

 

245:今日の一番人気の名無し

真ん中の女の子、実際の名前が分かんないけどニシノフラワーと呼ぶけどすごいいい表情で歌って踊るね。あんな小さいのに

 

246:今日の一番人気の名無し

隣の滅茶苦茶おっきい子すっごい楽しそう

 

247:今日の一番人気の名無し

ねえ、来賓席に豊騎いるんだけど、サイリウム持ってるんだけど

 

248:今日の一番人気の名無し

うっそだろwwwwドルオタだったのwwww

 

249:今日の一番人気の名無し

あれじゃね?ニシノフラワー(仮)の隣にいるのがサイレンススズカ(仮)だからじゃない?

 

250:今日の一番人気の名無し

ああ、クソデカ感情があるんだったなそういえば

 

251:今日の一番人気の名無し

豊騎の隣にいるの、誰?

 

252:今日の一番人気の名無し

知らん奴やな

 

253:今日の一番人気の名無し

多分そいつがURAの代表。公式サイトの顔写真と同じ顔しとる

 

254:今日の一番人気の名無し

URA uma-musume racing associationか…結構アングラ界隈で有名なコンテンツっぽいな

 

255:今日の一番人気の名無し

ココも十分アングラだろ。便所の壁の落書きだぞ

 

256:今日の一番人気の名無し

おわったか、聞き入っちゃった

 

257:今日の一番人気の名無し

気性難でカワカミプリンセス2世と呼ばれるサンアライズが人を嚙まず、蹴らずに懐いてる…!?

 

258:今日の一番人気の名無し

あんな大音響で音楽流したのに馬がヘドバンして超楽しそうになってたの何事かと疑う

 

259:今日の一番人気の名無し

URA代表何者だ?ウマ娘もそうだけど初対面で馬に懐かれるとかどうなってんの?

 

260:今日の一番人気の名無し

すげえ、サンアライズがデレデレだ…!鞍上の口がぽっか~~ん

 

261:今日の一番人気の名無し

あれ?もしかしてウマ娘と馬、話してる?サンアライズの通訳してるのっていつの間にか抱っこされてるニシノフラワー?

 

262:今日の一番人気の名無し

くそう!遠くて聞こえないぞ!

 

263:今日の一番人気の名無し

あ、口どり式か

 

264:今日の一番人気の名無し

レイ持ってくるのあのでかいウマ娘なんだな

 

265:今日の一番人気の名無し

プログラムにないけど軽く走ってくれるって

 

266:今日の一番人気の名無し

まじで?

 

267:今日の一番人気の名無し

やってきたのはマルゼンスキー(仮)構えて…ファッ!?

 

268:今日の一番人気の名無し

はやっ!?え?はやい!?

 

269:今日の一番人気の名無し

これは馬ですわ

 

270:今日の一番人気の名無し

軽くでこれって本気だとどうなるの?

 

271:今日の一番人気の名無し

あ、マリアファームのブログにハルウララのウマ娘とハルウララがあった話載ってる!

 

272:今日の一番人気の名無し

ほんまや。あそこでハルランマンにベロンベロン舐められて笑ってる女の子はハルウララ確定なんやな

 

273:今日の一番人気の名無し

馬がウマ娘に集まってグルーミング始めてるやんけ

 

274:今日の一番人気の名無し

仲間に思えてるのかな?

 

275:今日の一番人気の名無し

まあ人間よりは仲間に見えやすいのかも

 

276:今日の一番人気の名無し

馬主席見ろよ、馬主のおっちゃんの顔よwwwサンアライズの馬主さんこれURAの代表に粉かけるぞw

 

277:今日の一番人気の名無し

サンアライズがあんだけ懐くんだからな、ほしいよなwww

 

278:今日の一番人気の名無し

馬運車に返そうと厩務員が近づいていったら威嚇されとるwwww

 

279:今日の一番人気の名無し

URA代表さんが引き綱つけるのかwwwそんで大人しく付けられるのかwww

 

280:今日の一番人気の名無し

【速報】サンアライズ人間に一目ぼれ

 

281:今日の一番人気の名無し

マジでウマ娘ってなんなんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

637:今日の一番人気の名無し

いやー皐月賞は接戦でしたね

 

638:今日の一番人気の名無し

おれの…おれの…20万円…

 

639:今日の一番人気の名無し

金額増えてて草生える

 

640:今日の一番人気の名無し

だから馬券は家賃までという名言があるだろう

 

641:今日の一番人気の名無し

何言ってんだ貯金全部使って一発逆転だろ

 

642:今日の一番人気の名無し

逆転できましたか…?

 

643:今日の一番人気の名無し

聞くな!

 

644:今日の一番人気の名無し

明日からどうすんねん

 

645:今日の一番人気の名無し

ところで今回もウマ娘のライブやるみたいですね

 

646:今日の一番人気の名無し

レースの動画見たよ。なんで体操服?ブルマ?という疑問は尽きなかったけど凄かったなあ

 

647:今日の一番人気の名無し

スペシャルウィークが一着かぁ…!凄いな、名馬の走りがまた見れるなんて

 

648:今日の一番人気の名無し

さり気にメイショウドトウがいるのヤバない?

 

649:今日の一番人気の名無し

なんでテイエムオペラオーがいないんですか!?

 

650:今日の一番人気の名無し

なんでスズカをマイルでだしたっ…!中距離逃げを見せてよ!

 

651:今日の一番人気の名無し

セイウンスカイがいるということに感動した

 

652:今日の一番人気の名無し

セイウンスカイとニシノフラワー(両方ウマ娘)かなり仲がいいみたい。ツブヤイターでツーショットがある

 

653:今日の一番人気の名無し

流石は日本の総大将、あの末脚、差し…!今度はじかに見たいな

 

654:今日の一番人気の名無し

URA一応見学できるけど私有地内だから見学日的なものに合わせて来てねだってさ

 

655:今日の一番人気の名無し

トレーニングの動画凄いな。馬力っていうけどまさにだわ

 

656:今日の一番人気の名無し

地方テレビの番組で■■競馬場でウマ娘と馬が勝負してんじゃん!

 

657:今日の一番人気の名無し

まじで?見逃し配信ない?

 

658:今日の一番人気の名無し

すっげえ!ハルウララが勝ってる!何か涙出てくるわ

 

659:今日の一番人気の名無し

ハルウララがこんなに強いわけない

 

660:今日の一番人気の名無し

原作再現が足りない

 

661:今日の一番人気の名無し

原作いうなし。でも凄いな、ハルウララようやく勝てたのか。これにはハルウララ号もにっこり

 

662:今日の一番人気の名無し

勝利の報を聞いたハルウララ号が跳ねまわる動画がマリアファームのチャンネルで配信されておるわ

 

663:今日の一番人気の名無し

かわいい

 

664:今日の一番人気の名無し

馬ってなんでこんなに可愛いんだろう

 

665:今日の一番人気の名無し

将来は引退馬を飼いたい

 

666:今日の一番人気の名無し

うっそタイキシャトルも走ってんの?ぶっちぎりじゃん、かっけえ

 

667:今日の一番人気の名無し

スマートファルコンもやってんのか。気迫半端ねえな

 

668:今日の一番人気の名無し

きたっ!ウマ娘出てきた!

 

669:今日の一番人気の名無し

うおっ!メンツ全然違うじゃん!

 

670:今日の一番人気の名無し

さり気にナイスネイチャがいるの分かってる。3位なのもさすがネイチャって感じする

 

671:今日の一番人気の名無し

ラ、ライスシャワーいる…!やっぱ女の子と馬が重なるって変な感じだな

 

672:今日の一番人気の名無し

お馬さんすっごいウマ娘の事気にしてるな

 

673:今日の一番人気の名無し

でも誰も威嚇しないで撫でられたりグルーミングしに行くの草

 

674:今日の一番人気の名無し

仲がいいのはいいことですわ

 

675:今日の一番人気の名無し

スタンドマイク出てきて草

 

676:今日の一番人気の名無し

まじかwwww

 

677:今日の一番人気の名無し

お馬さん、またもウマ娘のいうことを聞き一列に整列

 

678:今日の一番人気の名無し

なんでそうなる

 

679:今日の一番人気の名無し

むしろ何でいうことを聞くんだ

 

680:今日の一番人気の名無し

もしかして話さえ通じればお馬さんってめちゃくちゃ頭がいいのでは

 

681:今日の一番人気の名無し

競馬を理解する馬がいるくらいだしなあ

 

682:今日の一番人気の名無し

えーと曲名が「ウイニング・ザ・ソウル」英語なのかどうかは不明。

 

683:今日の一番人気の名無し

ロック!?

 

684:今日の一番人気の名無し

馬の苦手な音が含まれまくってるのにお馬さん微動だにせず見てるの笑う

 

685:今日の一番人気の名無し

いやちょっとリズムに乗ってないかあれww

 

686:今日の一番人気の名無し

かっちょいい曲だな

 

687:今日の一番人気の名無し

めっちゃ好みの曲調

 

688:今日の一番人気の名無し

桜花賞の反省を生かし、サイリウムを持参したが同じこと考えてるヤツたくさんいて草

 

689:今日の一番人気の名無し

ラチギリギリまで近づいて歌ってくれるのありがたい

 

690:今日の一番人気の名無し

服装がみんな違うけどもしかしてこれ騎手の勝負服とか元の馬をイメージしてるのかな?

 

691:今日の一番人気の名無し

こんなこった設定を考えるんだからありそうだな

 

692:今日の一番人気の名無し

いい加減現実見ろ。少なくとも人間ではないぞ

 

693:今日の一番人気の名無し

馬に勝つ人型生物がいるらしい

 

694:今日の一番人気の名無し

でも不思議と敵対的とは思えないんだよなあ

 

695:今日の一番人気の名無し

むしろ友好的としか思えない。うおっ!めっちゃかっこいい歌声!走れ!のためのある歌い方最高

 

696:今日の一番人気の名無し

俺今日からドルオタになるわ。ウマ娘限定で

 

697:今日の一番人気の名無し

URA本部飛行機の距離じゃん…!いけねえくそう!

 

698:今日の一番人気の名無し

これ無料で聞いていいやつなんか?

 

699:今日の一番人気の名無し

終わっちゃった…!

 

700:今日の一番人気の名無し

アンコールほしい!

 

701:今日の一番人気の名無し

でもお馬さんをしまわないといけないし口どり式もあるし

 

702:今日の一番人気の名無し

お馬さんテンションぶちあがりで可愛い

 

703:今日の一番人気の名無し

ヘドバンwwwどんだけ楽しかったんだ

 

704:今日の一番人気の名無し

音楽聞かせる厩舎増えそうwww

 

705:今日の一番人気の名無し

あ、代表さん出て来たってはあああああ!?

 

706:今日の一番人気の名無し

白い王子様みたいな服着た子に飛びつかれて抱きつかれるとか羨ましいぞってあの子トウカイテイオーか!?

 

707:今日の一番人気の名無し

お隣の黒っぽい服の子もしかしてメジロマックイーン?

 

708:今日の一番人気の名無し

うっそライバル同士で並んでるの…?

 

709:今日の一番人気の名無し

メイショウドトウちゃん漫画みたいなこけ方するのなwww

 

710:今日の一番人気の名無し

いいな、ウマ娘いいコンテンツだわ

 

711:今日の一番人気の名無し

ちょっと気になってきた

 

712:今日の一番人気の名無し

俺は追いかけることを決意した

 

713:今日の一番人気の名無し

おいなんでまた豊騎いるんだよwwww

 

714:今日の一番人気の名無し

乗ってる馬がもうすぐ引退だからって好き放題し過ぎだろwwww

 

715:今日の一番人気の名無し

お馬さん、興奮気味にウマ娘に駆け寄り乗ってアピール

 

716:今日の一番人気の名無し

うっそ自分から騎乗を望むとかないだろ普通

 

717:今日の一番人気の名無し

脚を折りたたんで乗れと言わんばかりに屈みよったw

 

718:今日の一番人気の名無し

馬主が出てきたぞ

 

719:今日の一番人気の名無し

あっ!許可出たのか。騎手との二人乗りで乗せてもらったみたい

 

720:今日の一番人気の名無し

スペシャルウィークちゃんお目目キラッキラじゃん

 

721:今日の一番人気の名無し

これは面白いことになってきたぞwww

 

 

 

 

 

 




 連日投稿!というわけで今回は桜花賞と皐月賞の一般競馬おじさんの反応です。次回はウオッ母さんとダイワスカーチャンを主体に話を進めていきたいと思います。

 それが終わったら新しい子を入れるかどうかですね。マジで未実装の子どうしようかな、ミスターシービーとかデザイン大好きなんだけど

 では次回にお会いしましょう。感想評価よろしくお願いします


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

常識破りの女帝、母を知る

1:他称トレーナー

やあみんな、元気してたかな?色々決まったことを報告したいと思いまする

 

2:名無しのファン

イッチ、桜花賞皐月賞最高だったぞ!

 

3:名無しのファン

おまえ馬にも好かれるのか

 

4:名無しのファン

逆に何に嫌われるんだお前は

 

5:名無しのファン

俺らでしょ

 

6:名無しのファン

そんなこと言っちゃって~実は好きなくせに

 

7:名無しのファン

イッチ!アイラブユー!

 

8:名無しのファン

ウマ娘の話になるとこれだからスレ民は

 

9:他称トレーナー

サクサク行くぞ~。まず一つ、馬主資格を取りました。放牧場も柵を設置し馬房も立ててる所だよ!一ヶ月もしないうちにできるんじゃないかな?で、前スレの厩務員さんともう一人同じ閉鎖される牧場の人を雇いました。二人体制で見てもらう予定。お給料は前の牧場より高めに設定させてもらいます

 

10:厩務員

サンキューシャッチョ。弟子も受け入れてくれるなんてありがたい話や。

 

11:名無しのファン

頼むぜベテラン!

 

12:名無しのファン

イッチがガチででっかい人になりつつある

 

13:名無しのファン

イッチ、収益的に今後どうなる?

 

14:他称トレーナー

今は俺の稼ぎを軸に入れてるんだけど今後はウマ娘関係の収益を軸にしたいね。できればウマ娘のみんなにもお小遣いじゃなくてお給料渡したいし、働いてくれた分は還元したい。あ、ぱかぷち第一陣完売ありがとうございまーす!第二陣もすぐ発売予定だよ!

 

15:名無しのファン

すげえ争奪戦だったよな

 

16:名無しのファン

当然のように全種類買い揃えるレジェンド

 

17:名無しのファン

あの人愉快な人になっちゃったなwww

 

18:他称トレーナー

そのレジェンドやけど迎える馬をきちんと走らせることになったら騎乗すると約束してくれました。走れないとか走るのが嫌とかだったら今年度は諦めて来年度のセリで新しい子を買うよ。もちろん投げ出さず飼育します。そんで装蹄師は勿論この人!

 

19:装蹄師

こんな良血を俺に任せていいんかね。やる分にはきちんとやるけど

 

20:名無しのファン

装蹄師ニキ!

 

21:名無しのファン

そうだこの人がいた!

 

22:名無しのファン

ウマ娘の蹄鉄を作る縁の下の力持ちさんではないですか

 

23:名無しのファン

なんかみんなやさしい

 

24:名無しのファン

獣医さんとかは?

 

25:他称トレーナー

うちの周りは農地オア牧場やぞ。大動物の獣医さんがいるに決まってるだろ。大丈夫だ。さて、実は今日やることがあるんだよね~

 

26:名無しのファン

なんだい?

 

27:名無しのファン

この入りは凄いことをする予感

 

28:他称トレーナー

あ、その前にこれだけ伝えておかねば。なんかゴルシちゃんが作ってた台座が完成したと思ったらいつの間にか3体の女神像が鎮座してたんだけど

【庭の片隅にある3女神の銅像】

 

29:名無しのファン

えなにこれは

 

30:名無しのファン

まじで女神像wwww

 

31:名無しのファン

しかもウマ娘の女神像www

 

32:名無しのファン

隣でもたれかかるゴルシちゃんのどや顔よ

 

33:名無しのファン

やってやった感www

 

34:名無しのファン

そういえばこの前ゴールドシップ号がいる牧場で謎の人物が目撃されてなかった?

 

35:名無しのファン

ああ、裸馬の状態でロデオを楽しんでたらしいな

 

36:名無しのファン

白い髪で馬の耳が生えてる美少女だったんだっけ

 

37:名無しのファン

……

 

38:名無しのファン

これ、ウマ娘のゴルシじゃね?

 

39:名無しのファン

何やってんだ!?

 

40:名無しのファン

自分に乗ってロデオをするウマ娘が居るらしい

 

41:名無しのファン

なおゴールドシップ号、めっちゃ元気になってたって。食欲旺盛になって毛艶がよくなってたと

 

42:名無しのファン

やっぱウマ娘が元の馬と会うと何か元の馬が元気になったりいいことがあるのかな?

 

43:他称トレーナー

ゴルシちゃん何やってんの…向こうさんに謝らないと

 

44:名無しのファン

と思うじゃん?

 

45:名無しのファン

向こうさん来てくれて嬉しがってたみたいよ。ブログで今度は色々話したいって言ってた。厩務員の今並さんも会えなくて残念って言ってたし

 

46:名無しのファン

とりあえずイッチ問題なさそうよ

 

47:他称トレーナー

そっか、そっかあ…安心した。ウマ娘が何かやらかしたら責任とらんとダメだし

 

48:名無しのファン

まあゴルシちゃん以外は大丈夫でしょ

 

49:名無しのファン

120億円を紙屑にした馬のウマ娘よ?このくらいなら許容範囲ですわ

 

50:名無しのファン

過去があれすぎて今を諦められる馬がいるらしい

 

51:名無しのファン

そんでイッチ、今日やることって?

 

52:他称トレーナー

ウオッカ号とその子供に会いに行こうかと。ウオッカとダイワスカーレットを連れてね。正確には今移動中

 

53:名無しのファン

まーじで?

 

54:名無しのファン

北海道よな?どうやって移動するんだ?

 

55:他称トレーナー

そりゃお前、飛行機使うに決まってるだろ

 

56:名無しのファン

ファッ!?

 

57:名無しのファン

よく乗れましたね…

 

58:名無しのファン

耳と尻尾隠しようがないだろwwww

 

59:他称トレーナー

まあコスプレってことで、雑いけど。まあ桜花賞と皐月賞でテレビ放映(一部分だけ)されたし知ってる人は知っている。実際あのウマ娘の方ですか?って道中声かけられたし

 

60:名無しのファン

というかウオッカは知ってるのか?

 

61:名無しのファン

子供に会いに行くとかちょっとヤバそう

 

62:他称トレーナー

ウオッカもスカーレットもウオッカ号に会いに行くってことしか知らない。子供のことも現地で話そうかと。さぷらーいず

 

63:名無しのファン

たちわりい

 

64:名無しのファン

そういえばイッチその仔馬はもうイッチがお買い上げしたの?

 

65:名無しのファン

ウオッカとディープインパクトの掛け合わせとかすげえ値段しそう。というかそういう馬って最初から馬主が決まってるだろ普通

 

66:他称トレーナー

もうお金払ってお買い上げしました。まけてもらって2億5千万円なり。その話なんだけど、実はその通りで馬主になる予定だった人が急病で亡くなってしまったらしいんだ。親族の人に馬主資格を取る気がある人が他にいなかったらしくて宙ぶらりん、このままだったらセリに行くはずだったんだけどちょうどよく俺がいたと。まだ俺も実際には見てないから楽しみ。その人が持ってた他の馬は別の引き取ってくれる人がいたらしい。引退馬は引退馬協会に引き取られていったからちょっと支援金ぶち込んできた。

 

67:名無しのファン

あー、そういうことだったのか

 

68:名無しのファン

こいつどんどん金落とすな

 

69:名無しのファン

イッチの街だけ高度経済成長しそう

 

70:名無しのファン

そういえば他のウマ娘置いてきて大丈夫だったん?

 

71:他称トレーナー

うん、みんな段々と立ち直って俺の周りにも目を向け始めたみたいなんだ。きっといい調子なんだと思うよ

 

72:名無しのファン

そういえばウマ娘が馬の血縁関係知ったらどうなるんだろう

 

73:他称トレーナー

あーそれね。スぺちゃんがマルゼンスキーのことおばあちゃんって言いかけて笑顔で併走させられたりとかまああったけど

 

74:名無しのファン

なんだそれwww

 

75:名無しのファン

スぺちゃんwww

 

76:名無しのファン

当時ニジンスキー系は強かったからなww

 

77:他称トレーナー

同じことを考えてたチケゾーが両手で自分の口をふさいでむぐむぐ言ってたりとか。今日いっしょにいるスカーレットなんかアグネスタキオンと仲が良かったらしくてタキオンさんがお父さん…って言ってたよ

 

78:名無しのファン

あんまり気にはしてないのかな?

 

79:他称トレーナー

うん、というかウマソウルがそうでもウマ娘としては普通にご両親いるわけだしさ。しいて言うなら気が合いやすいっていうのはあるかもって話。

 

80:名無しのファン

ああ、なるほどね。じゃあやっぱりスぺちゃんとマルゼンスキーとか仲がいいのか?

 

81:他称トレーナー

割と仲良しだよ?チケゾーとかもそう。というかウマ娘で不仲なのは今のところいないかなあ。

 

82:名無しのファン

そういえば今イッチ何してるの?

 

83:他称トレーナー

空港のラウンジで休憩中。ウオッカはブラックコーヒーをちびちび飲んでる。ダイワスカーレットはかっこつけるからよなんて言って空港スゴイカタイアイスをカチカチのまま金属スプーンで抉って食べてる

【失敗したという顔でコーヒーを飲む垂れ耳のウオッカとほら言わんこっちゃないという顔をしているダイワスカーレットの画像】

 

84:名無しのファン

あの小豆バーに匹敵する硬さを誇る空港スゴイカタイアイスを…?

 

85:名無しのファン

釘打てそう

 

86:名無しのファン

なんでそこまでしてブラックコーヒー飲んでんだwww砂糖とミルク入れろよwww

 

87:他称トレーナー

ウオッカさん、かっこよくなりたいらしくて。中二病、とまではいかないけどかっこつけたがるんだよ。スキットルから麦茶飲んだりとか。汚れを取りにくいから洗うの苦労してるらしいわ。ちなみにスカーレットは他人の前というか俺とウマ娘たち以外には猫被ってる。

 

88:名無しのファン

スキットルでwww麦茶www

 

89:名無しのファン

なんかかわいい

 

90:他称トレーナー

かわいいぞ~?ウオッカさんギャップがあって可愛いぞ。ボーイッシュながらもきちんと女の子してるぞ。お洒落さんだったりするぞ。耳を触ると真っ赤になって俯いちゃうぞ

【耳をふにふにされて真っ赤になっているウオッカの画像】

スカーレットは耳も髪の手入れも凄い行き届いてて触り心地がすごくいいぞ~

【髪をポニーテールにまとめて掃き掃除をしているダイワスカーレットの画像】

 

91:名無しのファン

こいつ惚気やがって!

 

92:名無しのファン

ウマ娘のかわいいポイントをたくさん知れて嬉しいがその相手がイッチなのが気にくわん

 

93:名無しのファン

でもこいつがいないとウマ娘が来ないで困るのが事実

 

94:名無しのファン

去勢しよう(提案

 

95:名無しのファン

恐ろしい脳みそをしている奴がいるものだ

 

96:他称トレーナー

そろそろ搭乗の時間だわ。行ってくるわ~。ウオッカのやつ半分も飲めてないじゃん

 

97:名無しのファン

おう、いってらっしゃい

 

98:名無しのファン

苦いコーヒーはダメだってwww

 

99:名無しのファン

ウオッカさんどんだけちびちび飲んでたんだ。すっかり冷めてるだろうに

 

100:他称トレーナー

残すのももったいないな、俺が飲むか

 

101:名無しのファン

は?

 

102:名無しのファン

おいアホ

 

103:名無しのファン

ちょ待てよ

 

104:他称トレーナー

あ、これ間接キスか。もう遅いけど、スマンなウオッカ。妹にしてたみたいにしちまった

【真っ赤になってフリーズするウオッカとどことなく羨まし気なダイワスカーレットの画像】

 

105:名無しのファン

そらそうよ、とりあえず現実で謝れ

 

106:名無しのファン

こいつやりやがったぞ

 

107:名無しのファン

ウオッカちゃんかわいそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「よし、ついたな。ここがウオッカ号が飼育されている牧場、ついでに俺たちの所に来る仔馬がいるところでもある」

 

 「俺じゃない俺かぁ…こっちだと女がダービーとったのはすげえ記録なんだよな?なんだか嬉しいぜ」

 

 「牝馬よ、ひ・ん・ば。全くなんであんたが先なのよ…」

 

 「あ?いいじゃねえかお呼びがかかっただけだし丁度良くトレーナーが契約した仔馬がいるんだからよ」

 

 「分かってるわよ。でもアタシだってまだいるんでしょ?会いたいに決まってるじゃない」

 

 「はいはい口喧嘩はそこまで。先にウオッカ号に会いに来たのはちゃんと理由があるから」

 

 「「理由??」」

 

 さっきまで二人でいがみ合っていたウオッカとダイワスカーレットは男の言葉に二人シンクロして頭をかしげる。今現在3人がいるのは試される大地北海道のとある場所。ウオッカを含む繁殖馬を飼養している生産牧場である。なぜ今ここにいるかと言えば男は馬主の資格を取ったと同時にとある競走馬の幼駒を庭先取引で購入したので実際に会いにいこうかということでウオッカとダイワスカーレットを連れ立ってきたという話だ。

 

 「あのな、俺が買った仔馬…ウオッカ号の子供なんだよ」

 

 そう、それである。ウオッカ号の産駒、まだ名前も付いていないその馬を購入したのであれば母親に挨拶をするのが筋であろうという話、なのだがその母親のウマ娘が男のそばにはいてついでにライバルのウマ娘もいる。もともとウオッカもダイワスカーレットも自分に会いたいという話を兼ねてから男にしていたのでこれ幸いと連れてきたのである。

 

 なんでそのことを秘密にしていたのかというとウマ娘が沢山いるところで話してしまうとウオッカの精神衛生上よろしくない、なので二人きりでとなるが先に話した場合ウオッカが、特にダイワスカーレット相手に隠しきれるとは男は思えずウオッカ号に会いに行く直前にネタバラシすることになってしまったのだ。

 

 申し訳なさそうに頭を掻く男を前に二人のポカンとした顔がみるみる赤く染まっていく、ウオッカははく、はくと口を動かしダイワスカーレットはウオッカと男の顔を交互に首を振ってみつめる。

 

 「ちょ、ま、え?ワ、ワタじゃなかった。俺の子供!?俺まだ子供なんて産んでないぞ!?」

 

 「お、落ち着きなさいウオッカ。アンタじゃな、いんじゃないんだったわ!?そうよね、アンタよね!?」

 

 「だよな!?俺なんだよな!?あれあれでも俺まだトレーナーと、キ、キ、キス……も、してないし」

 

 「あ、アンタ何言ってんのよ!キスぐらいで子供ができるわけないでしょ!?そ、そういうのは…~~~~~~っ!バカッ!」

 

 「いや、ウオッカ号の子供だからね?ウオッカが産んだわけじゃないからね?今言ったのは家でそうなったら困るからだから、ごめんな?」

 

 混乱し、ぐるぐると目が回っているような二人がいささかおかしいことどころか聞かれたら男が逮捕されてしまうような言葉を大声で言いだした。二人に困った男はどうどうとまるで馬にする様に落ち着かせにかかる。5分ほど時間をかけてウマ娘の高い体温と北海道の低い気温が合わさったせいか顔からホントに湯気が出ている二人がようやく落ち着いた。

 

 「うん、言い方悪かったけど。牝馬は次の代へバトンを渡すために子供を産むんだ。ダイワスカーレット号もウオッカ号もそう。今回そのバトンを奇跡的に俺たちが受け取れることになった。だけど、お母さんに何も言わず子供を遠くにやってハイさよならはちょっと、ね。だから、ウオッカ号に約束しに行こう」

 

 「……お前の子供を立派に育ててやるって?トレーナーらしいな。でももうちょっと心の準備が欲しいぜ…」

 

 「…何よ、いいじゃない。どうせならアタシ…ダイワスカーレット号の子供も育ててあげたいところだわ」

 

 「…かもな。ヨシ!トレーナー!気を使ってくれてサンキュな!俺…ワタシに会いに行こうぜ!」

 

 顔が赤いながらもようやく後ろにある牧場に向き直ったウオッカがそういったので男は二人を連れて牧場の事務所まで足を進めるのだった。

 

 

 

 牧場関係者の案内でウオッカ号が放牧されているという放牧場まで歩くことになった。ウオッカ号の子供はもう離乳まで行っているらしく別の場所で生活しているそうなのでまずはウオッカ号に会いに行こうと話がまとまったからである。

 

 「いや、しかしウオッカがもう一人いるなんて変な気分ですね。ダイワスカーレットまでも、不思議なものです」

 

 「俺からすりゃ動物の自分がいるっていうのも変な気分なんだけどな~」

 

 「いいじゃない。私は悪くないと思うわよ?アタシの魂の元になった(ひと)と出会えるなんて素敵だわ」

 

 ウオッカを担当する厩務員だという壮年の男性が優しげかつ穏やかな顔で案内してくれている。猫を被り切れずウオッカに雑に当たるダイワスカーレットとそれを腕を頭の後ろに組んで聞き流すウオッカと春の芽が出始めた放牧場を歩く。ややもして大きな嘶きが聞こえてきた。男はこれはハルウララ号の時と同じだと気づく。ウオッカが佇まいを直し

 

 「呼んでやがるな」

 

 「…アンタね、間違いなく」

 

 「分かるものなのですか。あそこです。あそこにウオッカがいます」

 

 「わり、トレーナー!先いくぜ!」

 

 「あ!待ちなさいよ!」

 

 ウオッカがそう言って駆け出し、それを追いかけてダイワスカーレットも走りだした。尻尾を翻してウマ娘ならではの人に出せない速度で静かに駆ける二人はすぐにウオッカ号のいる柵にたどり着く。遅れてたどり着いた男と厩務員の前で、特徴的な流星をした馬…ウオッカの前髪にあるそれとそっくりな形のそれが付いた頭を振りながら大きく嘶いた馬が近づいてくるところだった。ウオッカも柵に手をかけ身を乗り出す。そして、ウオッカ号とウオッカは言葉を交わした。

 

 「よう!初めまして…っつったらなんかアレだけどな!俺、だよな。ああ、うん、俺だよ。俺はお前、お前は俺。あ?何でそんながさつなんだって?んなこと言われてもなあ」

 

 「…こっちのウオッカかなり落ち着いてるわね。代えて欲しいくらいだわ」

 

 「んだとスカーレットぉ!」

 

 ウオッカ号はしきりにウオッカの匂いを嗅ぎ、挨拶をする様に柵越しにグルーミングを始めた。ウオッカもくすぐったそうではあるがそれを受け入れウオッカ号の頭を強めにガシガシと掻いてやる。どうやら力加減的に一番好きな塩梅らしくウオッカ号は気持ちよさげに目を閉じた。ダイワスカーレットが言うにはウオッカ号は大人びた話し方をしているらしい、馬の言葉がとんと分からない男は理解できないが、ウオッカ号はどうやら歓迎してくれているらしい。

 

 「え?アタシ?そうよ、ダイワスカーレット。何しに来たって?そんな当たり強くしなくてもいいじゃない。そっちの付き添いよ。アンタとは戦わないわ、あたしのライバルはそこにいるソレだもの」

 

 「おう、お前に代わって俺がコテンパンにしてやるよ。にしてもお前かっけえなあ!」

 

 当然だ、と言わんばかりにウオッカ号が鼻を鳴らす。その馬体は現役時代よりも多少の衰えは見られるものの姿勢もよく筋肉質で男から見てもかっこいいと言わざるを得ないものだった。ウオッカ号が前掻きをしてブルルッ!と鳴いた。

 

 「こっちに来いってよ。なあ、中入ってもいいか?」

 

 「え、ええ。構いませんよ」

 

 「んじゃ、お邪魔しますっと」

 

 厩務員に許可を取りウオッカはヒトの身長程度はあろうかという柵を軽々と飛び越えて向こう側に着地する。ダイワスカーレットは呆れながらも柵をくぐり男と厩務員も中に続いた。直接相対したウオッカに体を触られているウオッカ号はじっと男を見つめる。それに気づいたウオッカが男を紹介した。

 

 「ん、ああこいつ?俺のトレーナー。まあ、その…大事な人ってやつだ。つがいぃぃ!?そんなんじゃねーよ!ああ、トレーナー、話があるんだろ」

 

 ウオッカ号に何を言われたのか瞬間湯沸かし器のように頭から湯気を出す程真っ赤になったウオッカが慌てて否定をする。そして彼女はそのまま男に話を促した。男はウオッカ号にゆっくりと近づきウオッカ号も男を受け入れるように動かず耳と顔を向けてじっと待っている。

 

 「初めましてウオッカ号。俺はこの子たち、ウマ娘のトレーナーをやっているものだ。今日君に会いに来たのは…俺が君の子供を引き取ることになったから挨拶をしたかったんだ」

 

 『律儀なニンゲンね。ワタシの周りのニンゲンはワタシの子を持っていくとき挨拶なんてしやしないし、まだかわいい時に引き離すんだもの。それで、どうしたの?』

 

 ウオッカがウオッカ号の言葉を翻訳して男に伝える。ウオッカ号にとっては子供を取りに来たという襲うには十分な理由があるにもかかわらず怒ることも興奮することもなく理性的な光を讃えた瞳でじっと男を見つめるままだ。

 

 「母親から子供を引き取るんだ。きちんと挨拶をしたかった。だからウオッカ号、約束させてくれ。君の子供は俺が責任をもって天寿を全うするまで面倒を見る。もし俺が死んでも必ず信用できる人に預けて面倒を見てもらう。そして、いい競走馬に育ててみせる」

 

 ウオッカ号は男のその言葉を聞くと、ゆっくりと男に近づく。男は後ろに下がることもなくそのままの姿勢でウオッカを待った。ウオッカ号は顎を男の肩にやりグイッと引いて男を馬体にくっつける。まるで抱きしめるかのような体勢のまま、しばらくたつ。

 

『『俺が信頼してる人だもの。否とは言わないわ。私の可愛い娘を、よろしくね』』

 

 その言葉は男にとって2重の声で聞こえた。一つはウオッカの声ともう一つはウオッカ号自身の声、聞こえるハズのないその声を聞いた男は深く頷き礼を言った。ウオッカ号はそれを受け取ると一歩下がって男を鼻で押し始める。ウオッカがハハッ!と笑って告げた。

 

 「私の娘に会ってきなさいだってさ!行こうぜトレーナー!」

 

 

 

 

 またあとで来る、とウオッカ号に言葉を残してまた厩務員の案内で今度はウオッカ号の子供が他の幼駒と共に放牧されている放牧場にやってきた男たち。厩務員が入り口を開けて男たちを中に招き入れると幼駒たちがなになにと寄ってくる。大人になり切れていないその成長途中の幼い馬たちを見たダイワスカーレットとウオッカは可愛いと漏らした。

 

 「ライは…ああ、いました。あそこです」

 

 「ライ?もう名前付いてるんですか?」

 

 「いえ、幼名です。馬主が付くまで馬に名前はないですから、あだ名みたいなものですね。なんでそうなのかは見れば分かりますよ」

 

 ダイワスカーレットの疑問の声に厩務員が答えると遠くでこちらを見ていた一頭の幼駒が速足でこちらに駆け寄ってくるところだった。あれが、ウオッカの娘のライですという厩務員の言葉の理由を男たちはすぐに理解した。そのライと呼ばれた母親譲りの鹿毛の仔馬、その流星はまるで雷のようにギザギザとしていたからだ。雷みたいだから、ライか。と男が理解すると同時にウオッカがぽつりとつぶやく。

 

 「……ミスティストリーム」

 

 「えっ…ウオッカ、「降りて」きたの?」

 

 「うん。母ちゃんはこんな気分だったのかあ…あ~~~~、俺の娘なんだな…おっ、よしよし。お母さん?いや、まあそうだけどさ…なんか、恥ずかしいな」

 

 ひゅんひゅんと母に甘えるような声を出した仔馬がウオッカに顔を擦り付ける。お母さんだよね?でも全然違う…と困惑と愛情が入り混じって混乱しているその仔馬と優しい顔で受け入れされるがままにしているウオッカをそっとしておいてやることにした男はダイワスカーレットに尋ねる。

 

 「降りてきたってどういうことなんだ?」

 

 「アタシたちウマ娘が産まれた時に、お父さんかお母さんのどっちかに名前が降りてくるの。アタシだったらお父さん、ウオッカだったらお母さんに降りてきたんだけど。さっきウオッカがつぶやいた言葉覚えてるかしら?」

 

 「…ミスティストリーム…ってことはもしかして」

 

 「そ、ウマ娘だったらそれがあの子の名前ってことになるわ。でも馬の名前は馬主が決めるのよね?だったらトレーナーが決めればいいんじゃないかしら」

 

 「いや、それでいこう。ミスティストリーム、いい名前じゃないか。きっと、そのほうがいい」

 

 だってほら、と男はウオッカを指さす。仔馬にじゃれつかれてはいるが、その顔は優しく微笑み、瞳は愛しい子供を見る母の眼差しをしていた。母親が決めた名前が一番いい、男はそう言って触れ合う娘と母を見つめるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

373:他称トレーナー

とまあそんなことがあったんすよ

 

374:名無しのファン

ええ話や…

 

375:名無しのファン

涙が止まらへん…

 

376:名無しのファン

ウオッカーチャン…

 

377:名無しのファン

カーチャン…

 

378:名無しのファン

J( 'ー`)し

 

379:名無しのファン

それじゃねえ!

 

380:名無しのファン

ウオッカがウオッカ号と会えたのもよかったしイッチがウオッカ号に認められてよかったしウオッカに娘ちゃんができたのもよかったし…!あーもうどういったらいいか!

 

381:名無しのファン

ミスティストリーム、いい名前じゃないか

 

382:名無しのファン

女の子らしくもありかっこよくもある

 

383:他称トレーナー

愛称はミスティ、かな。うん、あの後俺もミスティストリームと触れ合ったけど凄い甘えん坊のいい子だよ。あとこれ重要だと思うんだけど、走るよあの子。根拠はないけどそう思う

 

384:名無しのファン

娘さんってことは牝馬レース、ティアラに行くのかな?

 

385:名無しのファン

まだ気が早いんだよねえ

 

386:名無しのファン

イッチが走るって言ってるってことはホンマに走るんやなきっと

 

387:名無しのファン

来年が楽しみ…!

 

388:名無しのファン

で、イッチこれからどうするん?

 

389:他称トレーナー

とりあえずはうちの方で引き取るよ。移動の時は俺とウオッカ、それから何人か移動に付き合おうと思う。ウオッカがいればとりあえず安心だし今10か月らしいから馴致は俺たちの方でやることになりそう

 

390:名無しのファン

おかーちゃんが一緒なのはいいな

 

391:名無しのファン

産んだ本人公認おかーちゃん

 

392:名無しのファン

魂が一緒なだけなんだよなあ

 

393:名無しのファン

十分だろ

 

394:他称トレーナー

とりあえずは仲は良さげだよと

【ウオッカ、ミスティストリーム、ウオッカ号の順番で並んだ写真 ミスティストリームは両側に母親がいて混乱しているようだ】

 

395:名無しのファン

そらそうなるわwww

 

396:名無しのファン

ダスカはどうなんだ?

 

397:名無しのファン

あ、ウオッカが近づけないとかww

 

398:名無しのファン

早々に親ばか?www

 

399:他称トレーナー

いや?普通に触れ合ってたよ。お姉ちゃんポジに収まったらしい。

【ミスティストリームに頬をすりすりされてキュンキュンしているダイワスカーレットの画像】

 

400:名無しのファン

骨抜きじゃん 

 

401:名無しのファン

ダイワスカーレット号って子煩悩らしいしダスカちゃんももしかしたら子供好きなのかね?

 

402:名無しのファン

いい光景じゃないか

 

403:名無しのファン

もうウオッカちゃんの方は平気なの?

 

404:他称トレーナー

うん、というか本当にお母さんみたいだよ。ほらこの画像みてよ

【座ったミスティストリームが横座りしたウオッカの膝の上に顎を置いている画像 ウオッカはミスティストリームを慈しむように撫でている】

 

405:名無しのファン

なんちゅう画像じゃ…!

 

406:名無しのファン

あかん、浄化される

 

407:名無しのファン

汚かったとかお前

 

408:名無しのファン

えんがちょ!

 

409:名無しのファン

言葉の比喩だろうがぁ!!!

 

410:名無しのファン

芝生えるわ

 

411:他称トレーナー

では、一か月後を楽しみにしてここで今日の報告を終了しようと思いまする!

 

412:名無しのファン

おっつイッチ!

 

413:名無しのファン

いい話をありがとうな!

 

414:名無しのファン

ミスティストリームが走る日を楽しみにしてるぜ!

 

415:他称トレーナー

ではまた今度!

【海鮮丼を頬張っているウオッカとダイワスカーレットの画像 からのどんぶりが何杯も置いてある】

 

416:名無しのファン

満喫してんなあ!

 

417:名無しのファン

食いすぎwwww

 

418:名無しのファン

後ろの大将の口があんぐり開いてるの笑うwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 よしっ!ちょっと長いけどこれでウオッカとウオッカが会う話をかけましたね!いやー思いついてからここまで一気に駆け抜けることが出来ました。次回からは通常通りのペースで投稿しようかな。

 ではここでうちの架空馬ことウオッカーチャンの娘ミスティストリームの名前の由来を説明したいと思います。

 ミスティア、というお酒がありましてそのお酒を使ったカクテルにミスティアストリームというものがあります。ミスティア、ですと東方プロジェクトのキャラクターと被る&馬名の文字数制限に引っかかるのでミスティアからアをとってミスティストリームとなりました。

 個人的にはかっこよくもかわいくもあるんじゃないかと思います。どうしてもお酒の名前からとりたかったので個人的には大満足です!

 ではまた次回でお会いしましょう!感想評価よろしくお願いします!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ウマ娘と馬

1:他称トレーナー

えー、こんにちは皆さん。今日は馬運車よりお送りしております。ミスティストリームの運搬も終盤に差し掛かりまして、もうすぐうちにつくよ!

 

2:名無しのURAファン

なんと

 

3:名無しのURAファン

もうか!というかいつのまに!?

 

4:名無しのURAファン

なんでもっと最初から実況してくれないの!

 

5:名無しのURAファン

ウオッカーチャンはどうなんですかね?

 

6:他称トレーナー

ウオッカーチャンは後ろをしきりに気にしてるよ。「なあ、大丈夫だよな?ミスティのやつ寂しがってねーかな…」って。休憩でSA寄るたびに後ろに入ってミスティを可愛がってるよ

 

7:名無しのURAファン

あら^~~~

 

8:名無しのURAファン

これはお母さんの風格

 

9:名無しのURAファン

他の同行者はいたり?

 

10:他称トレーナー

じゃんけんに勝利したナイスネイチャが一緒だったり

【コメ食いてー顔でマヤノトップガンのもふもふ攻撃を受けるナイスネイチャの画像】

 

11:名無しのURAファン

またやられてるのかwww

 

12:名無しのURAファン

受け入れ態勢はどうなってるの?

 

13:他称トレーナー

とりあえず20頭は入れる馬房を作って(引退馬用に設計と基礎だけは済ませてた)プールと温泉は今工事中、ウマ娘からもスタミナトレーニングでプールが欲しいって話をもらってたからウマ娘のプールと並べて見えるような構造にする。温泉も同様。流石に水着着用必須だがな!

 

14:名無しのURAファン

イッチが一緒に入ったり?

 

15:他称トレーナー

ないです

 

16:名無しのURAファン

あ、ない

 

17:名無しのURAファン

当たり前だよなあ

 

18:他称トレーナー

あと短いけどウッドチップコースを今工事中、あと手入れ用の場所も作ってある。畑がめっちゃ潰れたがどうせ耕作放棄地だからいいや。有効利用有効利用

 

19:名無しのURAファン

イッチここ数か月でいくらお金飛んだんだろう

 

20:他称トレーナー

ウマ娘の笑顔、プライスレス。地元の建設業者に最近髪のようにあがめられつつある

 

21:名無しのURAファン

髪様?

 

22:名無しのURAファン

また髪の話してる…

 

23:名無しのURAファン

でも実際お金落としまくりだろうしな

 

24:名無しのURAファン

またですかあ!?って言われてそう

 

25:名無しのURAファン

イッチの地元は笑いが止まらんだろうな

 

26:他称トレーナー

一応向こうさんの牧場であったことを話していくやで

 

27:名無しのURAファン

ふむ、今度はウオッカとネイチャさんなわけですか

 

28:名無しのURAファン

ナイスネイチャってファン多いから向こうさんの方にもファンいたりして

 

29:他称トレーナー

居ましたねえ!いるんだよなそういうファン。良かったねネイチャ

【色紙にサインをしている顔が赤いナイスネイチャの画像】

 

30:名無しのURAファン

サインwwwふぁーwwww

 

31:名無しのURAファン

どこに飾られるんだwww

 

32:他称トレーナー

ウオッカ号の馬房に飾られるよ。あとウオッカとミスティのトリプルショットとスカーレットとの連名サインも飾られるよ。見学に行く際は見てみてね~

 

33:名無しのURAファン

ワイ将、さっそく競走馬のふるさとを使い日時を確認するで候

 

34:名無しのURAファン

今のシーズンを考えてみろ

 

35:名無しのURAファン

出産シーズンであった、憤死

 

36:名無しのURAファン

そういえばウオッカ号は今妊娠してるの?

 

37:他称トレーナー

うん、というか2か月前の種付けで懐妊したんだって。それまで不受胎が続いていたみたい。なんでやろな

 

38:名無しのURAファン

やっぱりウマ娘パワー?

 

39:名無しのURAファン

ウマソウル?だっけ。それから元馬にパワーが移ってる可能性はあるよな

 

40:名無しのURAファン

でも元気になるならいいことじゃないか?

 

41:他称トレーナー

あ、そうだ!一番大事なことを伝えなければならん!斗馬調教師がちょっと前にやってきたよ。今日もレジェンドと一緒に来るって言ってた

 

42:名無しのURAファン

ふぁああああっ!?

 

43:名無しのURAファン

めっちゃ大事じゃん!ライスちゃんと会っちゃったり!?

 

44:名無しのURAファン

やべえよレジェンドに並ぶクソ重感情元騎手じゃん…

 

45:他称トレーナー

うん、あえて写真は載せないけどちゃんと会えて話して、心のしこりは取れたんじゃないかな

 

46:名無しのURAファン

あの…もうちょっと詳しく…

 

47:名無しのURAファン

うん、そのどんな反応だったのかとか

 

48:他称トレーナー

あー、うんわかった。ちょい詳しめに行くね。ライスシャワーの宝塚記念の事はみんなも詳しいと思う。左前脚の開放脱臼と複雑骨折、ライスはその夢を鮮明に覚えてた。前のめりに崩れ落ちて斗馬調教師を投げ出してしまったことをずっと気に病んでたみたいだよ。大丈夫か気になりすぎて痛いのに無理やり立とうとするくらいには

 

49:名無しのURAファン

ああああああ

 

50:名無しのURAファン

イッチてめえ…

 

51:名無しのURAファン

現場にいたんや…馬運車にも載せられへんでそのまま…ふぐうう

 

52:他称トレーナー

だから、直接会った時無事だって分かって泣けてきちゃったみたいでね。斗馬調教師の腕をとって「良かった…良かったよぅ…」って。斗馬調教師も俺たち陣営が無茶な出走をさせたせいですまないって謝って、ライスは気にしてないよっていう感じで。

 

53:名無しのURAファン

うおおおお、聞きたくないのに聞かざるを得ない…!

 

54:名無しのURAファン

和解、というよりも両方とも相手に謝りたかったみたいな感じか

 

55:名無しのURAファン

事故は不意に起きるから事故であってこの場合どっちが悪いとかはないと思うんだけどなあ

 

56:他称トレーナー

それでな、斗馬調教師はライスシャワーの馬主さん、飯田さんに許可を得てあるものを持ってきたらしいんだ

 

57:名無しのURAファン

あるもの…?

 

58:他称トレーナー

それはライスシャワー号が宝塚記念の時につけていた蹄鉄、京都競馬場の土がついたままのそれをライスに返したいと。ライスは神妙な顔でそれを2つ、受け取ったんだ。4つあった内のもう二つは斗馬調教師に返してちょっと待っててほしいなって自分の勝負服の靴から蹄鉄と胸の青薔薇のコサージュを取り外して斗馬調教師にライスの持ち主に持っててほしいって渡した

 

59:名無しのURAファン

蹄鉄の交換かあ

 

60:他称トレーナー

それで、いつか馬主さんに直接会わせて欲しいって斗馬調教師にお願いしてた。近いうちにライスと一緒に出向こうと思う

 

61:名無しのURAファン

おおん、よかったよお…!

 

62:名無しのURAファン

青薔薇の花言葉は夢はかなう、奇跡。きっと斗馬調教師も馬主の飯田さんもあるはずのない奇跡にあえて良かったと思うよ

 

63:他称トレーナー

ライス、あの時の夢をもう一度背負いたい。お兄様、手伝ってくださいってお願いされたのでよーしトレーナー頑張っちゃうぞ~~!一刻も早く中央レースにウマ娘が交ざれるように頑張るのだ!

 

64:名無しのURAファン

斗馬調教師と言えばアグネスデジタルもだけどデジたんは?

 

65:他称トレーナー

デジタルははっきり勢じゃないから普通に接してたよ。お茶いかがです?って自らお茶を淹れて談笑してた。あと衝撃の事実、デジたん英語ペラペラ

 

66:名無しのURAファン

まじで?

 

67:名無しのURAファン

海外遠征してた元馬の影響?

 

68:他称トレーナー

いや~オタクしてるとグローバルな人たちと話すことがありましてうぇへへ~コミケとか!とのこと

 

69:名無しのURAファン

あ~~~~…???

 

70:名無しのURAファン

ワイコミケ行くけど英語使ったことない

 

71:名無しのURAファン

外国人は割といるけどなコミケ

 

72:他称トレーナー

では元の話に戻そう、というか今から最後の休憩なので中のミスティと一緒に写真撮ろうかな。かわいいぞ~ミスティストリーム。とっても人懐っこくて穏やかなんや。ネイチャが骨抜きになるの初めて見た

 

73:名無しのURAファン

いいなーイッチ

 

74:名無しのURAファン

馬を1才から育ててレースに出すなんてなかなかできないよな

 

75:名無しのURAファン

2億5千万の馬とかやべえ

 

76:名無しのURAファン

値段だけ聞いて盗みにかかる輩とかいそうwww

 

77:名無しのURAファン

イッチの周りにはいないっしょwwwやったらやったでウオッカが地獄の底まで追いかけて蹴りを入れるだろうさ

 

78:名無しのURAファン

ついでに俺らもな

 

79:名無しのURAファン

あっはっは~~~

 

80:他称トレーナー

後ろに入った瞬間これである

【ピンと耳をたてて目をキラキラと輝かせるミスティストリームの画像】

 

81:名無しのURAファン

か わ い い

 

82:名無しのURAファン

こんなかわいい子がいていいんですか

 

83:名無しのURAファン

めっちゃ前掻きしてるwww

 

84:他称トレーナー

ウオッカに甘えてご満悦のミスティ、ウオッカがニンジンを分けて半分こしてる。ネイチャのもうお母さんじゃんという顔でちょっと笑った

 

85:名無しのURAファン

ネイチャも相当お母さんであるということは忘れてはならない

 

86:名無しのURAファン

お母さんというか…嫁さん?

 

87:名無しのURAファン

ワイフネイチャ…!

 

88:名無しのURAファン

誰が上手いこと言えと

 

89:名無しのURAファン

ミスティちゃんどんな感じなん?長距離輸送耐えてる?

 

90:他称トレーナー

ついてきた獣医さんによると食の進みもいいし多分体重も落ちてないだろうって。適宜ウオッカが構ってるから寂しさからくるストレスがないんだろうって話。あとネイチャの骨抜き画像が撮れた

【ミスティの首筋に顔をうずめるナイスネイチャと何してるの?という顔を向けているミスティストリームの画像】

 

91:名無しのURAファ