マインドクラッシュは勘弁な!   作:あぱしー

69 / 176
デプレVS遊戯 ダイジェスト版です


バトルシティ編でのデュエル数がかなりの量だったので作者のキャパの問題により

今後のバトルシティ編での
いくつかのデュエルを今回のようにダイジェスト版にすることにしました。

キチンと全ての展開をお書き出来ず申し訳ございません。





前回のあらすじ
デュエリストはみんな迷子なのさ……




第69話 力とは

 デプレの「見定める」との言葉とは裏腹にデプレと遊戯のデュエルは互いが死力を尽くし、苛烈を極めていた。

 

遊戯LP:1000

 

デプレLP:3800

 

「くっ、やるな……」

 

 デプレの猛攻を何とか防ぎ切った遊戯。

 

 一方のデプレは沈黙を守る。

 

 

 その両者の周りにはデプレの発動したフィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》の宇宙の景色が広がり、そこには世界の様々な風景を映した窓のようなゲートが浮かぶ。

 

 

 そんな幻想的な世界に佇むデプレの2体のモンスター。

 

 白い体躯に巨大な爪の付いた両腕を広げるインベーダーの王。

 

《ゼータ・レティキュラント》

星7 闇属性 天使族

攻2400 守2100

 

 蛇のような胴体に鳥のような上半身を持った機械仕掛けの怪獣がその黒と黄の鋭利な装甲を震わせ、威嚇するように駆動音が入り混じった甲高い叫びを上げる。

 

壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》

星10 光属性 機械族

攻3300 守2600

 

 

 一方の遊戯のフィールドのモンスターは己が相棒たる黒衣の魔術師1体のみ。

 

 遊戯を案じるように意識を後ろに向けつつも相手からは目を離さない《ブラック・マジシャン》。

 

《ブラック・マジシャン》

星7 闇属性 魔法使い族

攻2500 守2100

 

 そしてデプレはゆっくりと言葉を紡ぐ。

 

「……辛うじてエースを守ったか……だがお前の残りライフは僅か1000……寿命がワンターン……伸びたに過ぎない……カードを2枚伏せて……ターンエンド……」

 

 そんなデプレの挑発に遊戯は思わず笑みを浮かべる。

 

 強敵の存在に楽しくてしょうがないといったところだ。

 

「俺のターン!! ドロー!! この通常ドロー時に永続魔法《強欲なカケラ》にカウンターが乗る!」

 

 前のターンに遊戯が発動しておいた永続魔法《強欲なカケラ》がその力を示す様に壺の半分だけ再生する。

 

強欲カウンター:0 → 1

 

「そしてこのスタンバイフェイズにお前の発動したフィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》の効果で、前のターンに除外されていた《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》が攻撃表示で帰還するぜ!」

 

 宇宙のような《フューチャー・ヴィジョン》に浮かぶ一つの窓のような空間。

 

 そこからずんぐりとした丸いフォルムのマグネット・ウォリアーが右腕を掲げながら帰還する。

 

電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)

星3 地属性 岩石族

攻 800 守2000

 

 遊戯が前のターンに召喚したモンスターが戻るが傍から見れば状況はさほど好転しない。

 

「だが……そいつの攻撃力は僅か800……アドバンス召喚のリリースにしようとも……新たに召喚された瞬間に……フィールド魔法で《フューチャー・ヴィジョン》の効果で次のスタンバイフェイズまで除外され……異次元送りだ……」

 

 デプレの言う通り普通にモンスターを召喚している限り、遊戯の攻めの手は1ターン遅れてしまう。

 

 

 しかし遊戯は不敵に笑う――このカードの帰還を待ちわびていたのだから。

 

「いいや、これでいいのさ――俺は自分の手札・フィールド・墓地から、

電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー・)α(アルファ)

電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)

電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)

を1体ずつ除外し、手札から特殊召喚!!」

 

 フィールドの《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》の身体が分離し、

 

 墓地の両剣と盾を持った人型のマグネット・ウォリアー、《電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー・)α(アルファ)》と、

 

 どこか動物的なフォルムを持つ、《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》の身体もパーツごとに分離されていく。

 

「現れろ! マグネットバーサーカー! 《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》!!」

 

 そのパーツが合体ロボのように組み合わされ、一つの新たな磁石の巨人となって現れる。

 

 そしてその手に持った槍をデプレの3体のモンスターに向けた。

 

《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》

星8 地属性 岩石族

攻3000 守2800

 

 特殊召喚ならばフィールド魔法で《フューチャー・ヴィジョン》の影響は関係ない。

 

「だが……忘れては……いないだろうな……お前のフィールドのモンスターが除外されたことで……オレの墓地の《ゼータ・レティキュラント》の効果を……発動……」

 

 異次元から卵のような物体がデプレのフィールドに現れる。

 

「……オレのフィールドに……『イーバトークン』を1体……特殊召喚する……守備表示だ」

 

 そしてその卵から《ゼータ・レティキュラント》の幼体らしき生物が這い出て「キィ」と小さく鳴く。

 

『イーバトークン』

星2 闇属性 悪魔族

攻500 守500

 

「……攻撃力3000の大型モンスターか……しかしその攻撃力では……オレの布陣を崩す……決定打にはなりえない……」

 

 そう挑発気に語るデプレだが遊戯は問題ないとばかりに《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》を見やる。

 

「焦るなよ――《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の力は攻撃力だけじゃないぜ!」

 

「……なにを……する気だ?」

 

 そんなデプレの警戒の色に応えるように遊戯はその腕を天へとかざす。

 

「《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の効果発動! 俺の墓地からレベル4以下の『マグネット・ウォリアー』モンスター1体を除外し、相手フィールドのカード1枚を破壊する!!」

 

 その遊戯の動きに合わせるように《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》も自身の槍を天にかざし肩の磁石から磁力の力が放出される。

 

「……しかし……お前の墓地のレベル4以下の……『マグネット・ウォーリアー』モンスターは……《磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)》のみ――さぁ、オレのフィールドの……どのカードを破壊……する?」

 

 此処までのデプレとの猛攻で遊戯の墓地のマグネット・ウォリアーの大半は除外されていることは周知の事実。

 

 ゆえにデプレは両手を広げ好きに選べと遊戯を試す。

 

「俺は――――」

 

 遊戯はデプレのフィールドの《ゼータ・レティキュラント》・《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》の2体のモンスター。

 

 そして2枚の伏せカードと表側で発動されている強欲カウンターの1つ乗った永続魔法《強欲なカケラ》。

 

 何を破壊すべきか遊戯は逡巡する。

 

 

 そして己が直感に従った。

 

「――右のセットカードを破壊する! やれっ! 《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》!!」

 

 その遊戯の命を聞きとげデプレの2枚のセットカード内の1枚をその槍から放たれた電磁力で貫く《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》。

 

 

 破壊されたのは攻撃してきたモンスターを除外する罠カード《次元幽閉》。

 

 遊戯の頬に嫌な汗が流れる。

 

――危ないところだった……

 

 他のカードを破壊し攻撃を仕掛けていたら遊戯は手痛いカウンターを受けていただろう。

 

「……惑わされなかった……か……」

 

 その遊戯のデュエリストとしての力に満足気なデプレ。

 

「そして俺は魔法カード《おろかな埋葬》を発動! デッキからモンスターを1枚墓地に送る! 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を墓地に!!」

 

 フィールドに悪魔の笑い声が木霊する。

 

「この瞬間! 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》が墓地に送られことでその効果を発動! フィールドの表側のモンスターの装備カードとなり攻撃力を500ダウンさせるぜ!」

 

 そしてフィールドに現れるのは青い筋肉質な身体を部分的に赤い鎧のような甲殻で覆った悪魔、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》がその赤い翼を広げ身体の至る処から伸びる爪を鈍く光らせる。

 

 しかしその身体は霊体のようにうっすらと薄まっていた。

 

「《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》に取り付け! 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》!!」

 

 その遊戯の声に従い《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》の背後に回り羽交い絞めにする《暗黒魔族ギルファー・デーモン》。

 

 《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》が己が力が霧散する感覚に苛立ち、身をよじり甲高い雄叫びを上げる。

 

壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》

攻3300 → 攻2800

 

「行くぜ、バトル!! マグネット・ベルセリオンで《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》を攻撃!! マグネット・スピア!!」

 

 《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》が《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》の口から放たれる光線をモノともせず接近する。

 

 ならばと《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》はその翼のような爪を振るい迎撃するが、背後の《暗黒魔族ギルファー・デーモン》がその迎撃を抑えた。

 

 その結果《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の槍は苦も無く《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》に深々と突き刺さる。

 

 そしてその槍は磁石の力で放電し、《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》を内側から焼き切った。

 

「……フン……」

 

 煙を上げながら宇宙の藻屑と消える《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》。

 

デプレLP:3800 → 3600

 

 しかしデプレの余裕は崩れない。

 

「まだだ! この瞬間に再び墓地に送られた《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の効果! 次は《ゼータ・レティキュラント》にその力が及ぶぜ!」

 

 再び《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の笑い声がフィールドに響き、お次は《ゼータ・レティキュラント》の背後に回り、羽交い絞めにする《暗黒魔族ギルファー・デーモン》。

 

 《ゼータ・レティキュラント》は腕を振るい放せと足掻くが――

 

《ゼータ・レティキュラント》

攻2400 → 攻1900

 

「さぁ行けっ! 《ブラック・マジシャン》!! 黒・魔・導(ブラック・マジック)!」

 

 その足掻く《ゼータ・レティキュラント》に迫る《ブラック・マジシャン》の持つ杖から放たれた黒い魔力球。

 

 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》に動きを封じられた《ゼータ・レティキュラント》に回避する術はなく、その一撃の前にその身を散らした。

 

デプレLP:3600 → 3000

 

「三度墓地に送られた《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の効果で『イーバトークン』に取り付くぜ!」

 

 羽交い絞めなら任せろ、とばかりに三度現れる《暗黒魔族ギルファー・デーモン》。

 

 だが今度の装備先は《ゼータ・レティキュラント》の幼体の『イーバトークン』、体格的に羽交い絞めには出来ない。

 

 それゆえに赤子を抱くように腕の中に抱く《暗黒魔族ギルファー・デーモン》。

 

『イーバトークン』

攻500 → 攻 0

 

「……しかし……それまでだ……」

 

 デプレの言う通りモンスターは倒せど相手のライフに大きな打撃が与えられた訳ではない。

 

「攻めきれなかったか……俺はカードを1枚伏せてターンエンドだ!」

 

 遊戯は攻めきれなかった事実にデプレの地力の高さを垣間見る。

 

「オレのターン……ドロー……この通常ドロー時に……オレの発動していた……永続魔法《強欲なカケラ》に……カウンターが……乗る」

 

 遊戯のフィールドの《強欲なカケラ》よりも一足先に《強欲な壺》として形を取り戻した《強欲なカケラ》に描かれた顔は得意気にニヤリと笑う。

 

強欲カウンター:1 → 2

 

「……スタンバイフェイズに……フィールド魔法で《フューチャー・ヴィジョン》の効果で……前のターンに除外されていた……《ザ・カリキュレーター》が帰還……」

 

 手足が生え、胴体にボタンが付いた、計算機のロボが顔のモニターに「0」の数字を表示する。

 

《ザ・カリキュレーター》

星2 光属性 雷族

攻 ? 守 0

 

「……そして……2つ以上のカウンターの乗った……永続魔法《強欲なカケラ》を墓地に送り……2枚ドロー」

 

 そのニヤケ面が効果の発動と共に壺ごと砕け散り、元のカケラに戻っていった――短い天下なものだ。

 

「オレのフィールドの……1体の『イーバトークン』をリリース……手札から3枚目の……《ゼータ・レティキュラント》を特殊召喚……」

 

 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》の腕の中の『イーバトークン』がメキメキと音を立て肥大化していく。

 

 そして《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を振り払い、両の手を広げ咆哮を上げるのは転生し再び顕現したインベーダーの王。

 

《ゼータ・レティキュラント》

星7 闇属性 天使族

攻2400 守2100

 

「……《暗黒魔族ギルファー・デーモン》が墓地に行くが……効果の発動タイミングを逃す為……その効果は使えない」

 

 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》が《ゼータ・レティキュラント》に手を伸ばすが、その手が届くことはなかった。

 

「くっ、ギルファー・デーモン……」

 

「……さらに《七星(しちせい)宝刀(ほうとう)》を発動……手札のレベル7のモンスター……《グリード・クエーサー》を除外し……2枚ドロー」

 

 宇宙に黄金色に輝く剣が天を差し、その先に北斗七星が光る。

 

「装備魔法《D(ディファレント)D(ディメンション)R(リバイバル)》を発動……手札を1枚捨て……除外されたモンスターを帰還させる……」

 

 そしてその先から空間が壊れるようにヒビが入り、そこから白い骨のような腕を覗かせる。

 

「……オレが呼び出すのはコイツだ……貪欲なる捕食生命体!! 《グリード・クエーサー》!!」

 

 そこから現れたのは髑髏を思わせる巨大なもう一つの顔を腹を持つ貪欲なる捕食生命体。

 

 その腹の顔の口から唸り声のような音を発する。

 

《グリード・クエーサー》

星7 闇属性 悪魔族

攻 ? 守 ?

 

「また攻撃力が定まっていないモンスター?」

 

 能力値が「?」の2体のモンスターを警戒するように見つめる遊戯。

 

 その遊戯の視線に気付いたデプレは己がエースの力を説明する。

 

「…………《グリード・クエーサー》は……己のレベル×300……ポイントの能力と……なる」

 

 《グリード・クエーサー》は腹の大口からその鋭利な牙を覗かせる。

 

《グリード・クエーサー》

攻 ? 守 ?

攻2100 守2100

 

「……まだだ……手札を1枚墓地に送り……装備魔法《閃光の双剣-トライス》を……《グリード・クエーサー》に装備……」

 

 《グリード・クエーサー》の爪が剣のように鋭くなるが――

 

「……これにより……《グリード・クエーサー》の攻撃力は500下がるが……2回攻撃が……可能になる……」

 

 肝心の《グリード・クエーサー》の攻撃力は下級モンスター並みに低下する。

 

 それゆえに《グリード・クエーサー》は腹の大口から不満げに音を鳴らした。

 

《グリード・クエーサー》

攻2100 → 攻1600

 

「《グリード・クエーサー》の攻撃力を下げた?」

 

 その遊戯の疑問ももっともだ。

 

 今のデプレのフィールドのモンスターでは遊戯のフィールドのどのモンスターも戦闘破壊出来ない。

 

 2回攻撃による総ダメージの上昇を狙うにも遊戯のモンスターを突破しなければ始まらないのだから

 

――いや、ここは相手のモンスターの攻撃の脅威が下がったことに――

 

 そう考えを纏めようとした遊戯にデプレがその思考を見透かすような言葉を贈る。

 

「……攻撃力が下がって……安心しているようなら……甘いと……言わざるえない……リバースカードオープン……罠カード《ギブ&テイク》……発動……」

 

 遊戯のフィールドに異次元へと通じる穴が開く。

 

「その効果により……オレの墓地のモンスター1体を……お前のフィールドに守備表示で特殊召喚し……エンドフェイズまで……そのレベルの数だけ……オレのモンスター1体の――」

 

 遊戯のフィールドにデプレのモンスターを蘇生させる一見するとデメリットだらけの効果。

 

 しかし今のデプレにはそのデメリットが気にならない程のメリットがある。

 

 

「――レベルを……上げる……」

 

 

「なッ!」

 

 フィールドのモンスターの「レベルを上げる」、今の時代では基本的にあまり意味のない効果だ。

 

 だがデプレのフィールドにはレベルを力に変える捕食生命体、《グリード・クエーサー》の存在。

 

 遊戯はデプレの狙いに辿り着いた。

 

「……お前のフィールドに……オレの《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》を……守備表示で呼び出し――」

 

 遊戯のフィールドでその巨体を丸めるように守備姿勢を取る《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》。

 

壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》

星10 光属性 機械族

攻3300 守2600

 

「――《グリード・クエーサー》のレベルを……そのレベル分……10上がり……更なる力を得る!!」

 

 その《ゼータ・レティキュラント》の星の力が宇宙空間から《グリード・クエーサー》に集まり、その身をより強大に禍々しく変化させる。

 

《グリード・クエーサー》

星7 → 星17

攻1600 → 攻4600

 

「攻撃力4600だと!?」

 

 海馬の持つ《青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)》をも超えたパワーに驚きの声を上げる遊戯。

 

「さらに相手フィールドに……『壊獣(かいじゅう)』モンスターが存在する場合……手札からこのカードを……攻撃表示で特殊召喚……現れろ……邪悪なる宇宙の戦士! 《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》!!」

 

 宇宙の闇より生まれるは黒の巨人。

 

 身体の中心に白い宝玉のようなものがせり出し、その赤い瞳は鈍く光り獲物を探す。

 

多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》

星7 闇属性 悪魔族

攻2800 守2500

 

「そして……《ザ・カリキュレーター》は……オレのフィールドのモンスターのレベルの…………合計×300ポイントだ」

 

 《ザ・カリキュレーター》自身のレベルは2。

 

 そして《ゼータ・レティキュラント》と《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》のレベルは7。

 

 さらに《グリード・クエーサー》のレベルは17。

 

 そのレベルの合計は33だ。よって《ザ・カリキュレーター》の攻撃力は――

 

《ザ・カリキュレーター》

攻  ? → 攻9900

 

 その攻撃力の数値が《ザ・カリキュレーター》の顔部分のモニターに映った。

 

「攻撃力9900!?」

 

 その1万の大台に届くパワーに思わず後ずさりそうになる足を留める遊戯。

 

「……バトルだ……《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》を喰いつくせ……《グリード・クエーサー》……」

 

 同胞であっても《グリード・クエーサー》には迷いは見られない。

 

 それどころか思わぬご馳走に待ちきれないといった具合に腹の大口を開き《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》を噛み砕く。

 

「この瞬間…………《グリード・クエーサー》の効果……発動」

 

 食い千切った《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》を咀嚼する《グリード・クエーサー》。

 

 そして残った《壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル》の半身をペロリと平らげた。

 

「……コイツが戦闘で破壊した……モンスターの元々のレベルを……自身に……加える」

 

 《グリード・クエーサー》は宇宙の(そら)に向かって咆える。

 

 己が身体に満ちる破壊の力に酔う様に。

 

《グリード・クエーサー》

星17 → 星27

攻4600 → 攻7600

 

 レベルの上昇と共に際限なく攻撃力を上げていく《グリード・クエーサー》――だがその攻撃はまだ残されている。

 

「……そして……《グリード・クエーサー》の……2回目の攻撃――いや、捕食! ……ベルセリオンを共々……ヤツのライフを……喰らいつくせ!!」

 

 己の高まった攻撃力を思う存分振るわんと《グリード・クエーサー》が《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》に迫る。

 

 《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》もその槍を振るうも《グリード・クエーサー》の腹の大口に噛み千切られ、お返しといわんばかりの《グリード・クエーサー》の鋭利な爪に貫かれ逃げ場を失った。

 

 そして《グリード・クエーサー》の腹の大口からゼロ距離から放たれる業火によって《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》は焼かれ、その余波というには膨大な熱量が遊戯に迫った。

 

 

 そのダメージは4600、遊戯のライフを削り切って余りある威力。

 

 

 しかしその炎が吹き止んだ中で佇む遊戯は健在だった。

 

「……《クリボー》か……」

 

 そう呟いたデプレの言葉通り、遊戯の前に《クリボー》がススだらけで真っ黒になった身体で遊戯を守り切っていた。

 

「ああ、その通りだ! 俺は手札の《クリボー》の効果で戦闘ダメージを0にさせて貰ったぜ!!」

 

 その遊戯の言葉に照れるように顔を擦る《クリボー》。しかし顔を擦った部分だけススが取れ白黒が茶黒に変わったパンダのようになっていた為、少し間抜けに見える。

 

「……だが……《グリード・クエーサー》が……レベルを奪い……糧とする……」

 

 そのデプレの言葉に焼け崩れている《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》を頭から噛り付き、捕食していく《グリード・クエーサー》。

 

 その凄惨な現場に《クリボー》は目を覆いながら、仕事は終わったのだからと早々に墓地に去っていった。

 

 

 やがて捕食を終えた《グリード・クエーサー》はその身体を更なる異形へと変貌させる。

 

《グリード・クエーサー》

星27 → 星35

攻7600 → 攻10000

 

「……忘れてはいない……だろうな……《グリード・クエーサー》の……レベルが上がったことで……《ザ・カリキュレーター》の攻撃力も……さらにアップ……」

 

 指を天に突き上げ、自身の計算機能を使って算出した攻撃力をアピールする《ザ・カリキュレーター》

 

《ザ・カリキュレーター》

攻9900 → 攻12900 → 攻15300

 

 その攻撃力は1万を超えにまで達する。

 

「……これで……今度こそ止め――」

 

 そのデプレの命に《ザ・カリキュレーター》がその手にエネルギーを貯めるも、それより先に遊戯の言葉が響く。

 

「待ちな! 《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》が戦闘もしくは効果で破壊されたとき! 除外されている3体の『電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)』α・β・γを特殊召喚出来るぜ!」

 

 《グリード・クエーサー》に食い千切られた《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の残骸が遊戯のフィールドに集まっていく。

 

 そして互いに手や足を見比べ手渡しながら次々に遊戯を守るべく立ち塞がる。

 

 あるものは両剣を腰に差し両の手で盾を構え、

 

電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー・)α(アルファ)

星3 地属性 岩石族

攻1700 守1100

 

 あるものはその動物的なフォルムを極限まで伏せることで姿勢を低くし、どんな攻撃にも対応するべく相手を伺い、

 

電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)

星3 地属性 岩石族

攻1500 守1500

 

 あるものはその身体を球体のように押し丸め、衝撃に備えていた。

 

電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)

星3 地属性 岩石族

攻 800 守2000

 

「……3体の壁を新たに並べたか……だが……お前のフィールドに……攻撃表示の獲物は……残っているぞ……」

 

 《ザ・カリキュレーター》は《ブラック・マジシャン》を見据え、腕をダラリと下げ、腰を落とす。

 

「《ザ・カリキュレーター》!! ……《ブラック・マジシャン》を……攻撃!!」

 

 すると《ザ・カリキュレーター》の周囲に雷の球体が現れる、その数はデプレのフィールドのレベルの合計と同じ51個。

 

 それらが《ザ・カリキュレーター》の掌に集まりその腕に紫電が奔る。

 

 そして《ザ・カリキュレーター》は光の一線となって突き進み《ブラック・マジシャン》をその腕で貫き、抜き去った。

 

「ぐぅううううう!!」

 

 圧倒的な攻撃の余波に腕でガードするように攻撃の余波を凌ぐ遊戯。

 

「――だが、罠カード《ガードブロック》でダメージを0にさせて貰うぜ! そして1枚ドロー」

 

「……これも防いだか……」

 

 風穴の空いた身体で地に膝を付き倒れ伏す《ブラック・マジシャン》をその直線状にいた遊戯の背後からチラと見やる《ザ・カリキュレーター》。

 

「次だ……《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》で……《電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー・)α(アルファ)》を……攻撃……」

 

 《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》の腕に渦を巻くように力の奔流が波を打つ。

 

 そして放たれた拳の一撃は《電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー・)α(アルファ)》の持つ盾ごとその身体を貫き、破壊した。

 

「最後に……《ゼータ・レティキュラント》で……《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》を攻撃……プラズマ・ブラスター!!」

 

 《ゼータ・レティキュラント》がその爪で《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》を貫き、もう片方の爪でその丸い身体を引き裂いた。

 

 

 しかし遊戯のマグネット・ウォリアーたちは全て守備表示。ダメージは発生しない。

 

「……存外しぶといな……オレはカードを1枚伏せて……ターンエンド……」

 

 ターンを終えつつデプレは仕留めきれなかった事実に眉をひそめる。

 

――これでヤツの墓地とフィールドに……3体の『電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)』が……揃った訳か……

 

 デプレの考えるように《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の効果は自身の召喚条件を助けるもの。

 

――だが……同じ手が通用するとは……思わないことだ……

 

 そう考えながらデプレは僅かに今伏せたセットカードに意識を向けるも直ぐに遊戯に視線を戻した。

 

「……エンドフェイズに罠カード《ギブ&テイク》の効果が終了し……上がっていた分の《グリード・クエーサー》のレベルが戻る……よって《グリード・クエーサー》と《ザ・カリキュレーター》の攻撃力も……下がる……」

 

 《グリード・クエーサー》から漏れ出るように光が周囲に霧散していく。

 

《グリード・クエーサー》

星35 → 星25

攻10000 → 7000

 

 それに伴い自身の攻撃力を再計算する《ザ・カリキュレーター》。

 

《ザ・カリキュレーター》

攻15300 → 攻12300

 

「……さぁ……お前のターン……だ……」

 

 

 圧倒的な攻撃力を更に高めたデプレ。

 

 しかし今の遊戯にそのパワーに対抗する手段はない。

 

「俺のターン! ドロー!! そしてこの通常ドローで永続魔法《強欲なカケラ》に2つ目のカウンターが乗るぜ!」

 

強欲カウンター:1 → 2

 

 壺の形を取り戻した《強欲なカケラ》。だが「どのみちその末路は変わらない」と、壺の模様は笑みを浮かべる。

 

「そして俺も《強欲なカケラ》を墓地に送り2枚ドロー!!」

 

 砕けた壺から新たな2枚のカードを引いた遊戯。

 

 そのカードは待ちわびた逆転の一手となるカードだがその手が不意に止まる。

 

 その遊戯の視線は一点を見つめる。その先にあるのはデプレが前のターンに伏せた最後のカード。

 

 

 遊戯は直感で感じ取っていた「罠である」と、そして「その罠にかかれば負ける」と。

 

 

 だが遊戯は止まる訳にはいかないと突き進む。

 

「俺はフィールド魔法《マグネット・フィールド》を発動! 新たなフィールド魔法が発動されたことで今発動しているフィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》は破壊される!」

 

 《フューチャー・ヴィジョン》の宇宙を思わせる景色がガラスのように砕け散り、新たに近未来的な基地のような場所へ戦いのフィールドを移す。

 

「そしてフィールド魔法《マグネット・フィールド》の効果発動!」

 

 その近未来的な基地の至る処にある5重の丸模様の一つが光を放ち、起動する。

 

「俺のフィールドにレベル4以下の地属性・岩石族モンスターがいるとき! 墓地のレベル4以下の『マグネット・ウォリアー』1体を特殊召喚する!」

 

 その5重の丸模様に《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》が電磁波を放つ。

 

「戻ってこい! 《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》! 攻撃表示だ!」

 

 するとそこから丸い身体を投げ出し、空中で手足を広げる《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》が現れた。

 

電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)

星3 地属性 岩石族

攻 800 守2000

 

「……攻撃表示……だと? ……何を企んでいる……」

 

 そう不審に思うデプレを余所に遊戯は手を打っていく。このターンこそが活路だと信じて。

 

「さらに墓地の罠カード《マグネット・コンバージョン》を除外し効果発動! 除外されている俺のレベル4以下の『マグネット・ウォリアー』を1体呼び戻す!」

 

 空中に異次元からのゲートが開く。

 

「帰還しろ! 《磁石の戦士α(マグネット・ウォリアー・アルファ)》!」

 

 そのゲートを潜り抜けたのはU字磁石の頭を持ったマグネット・ウォリアーの戦士。

 

 その手に持つ盾を構え、剣をデプレのモンスターに向ける。

 

磁石の戦士α(マグネット・ウォリアー・アルファ)

星4 地属性 岩石族

攻1400 守1700

 

 ここでデプレの頭に何かが引っ掛かった。

 

――先程も……そうだったが……何故攻撃力の低い方の……マグネット・ウォリアーを……帰還させた?

 

 あの状況ならより攻撃力の高いマグネット・ウォリアーも呼べる筈であるというのに。

 

「まだだ! 自分フィールドのモンスターが岩石族のみの場合! 墓地の《岩石の番兵》を蘇生!」

 

 マグネット・ウォリアーの間に現れたのは大きな岩の塊。

 

 だが突如としてその岩の塊が展開し、その両の手に持つノコギリのような武器を掲げる岩の戦士となって現れた。

 

《岩石の番兵》

星3 地属性 岩石族

攻1300 守2000

 

 またもや攻撃力のあまり高くないモンスターにデプレは思考する。

 

――オレの伏せた罠カード《奈落の落とし穴》を……見抜いているのか……だが……それでは……ベルセリオンは呼べまい……

 

 罠カード《奈落の落とし穴》――攻撃力が1500以上のモンスターが呼び出されたときそのモンスターを破壊し、除外するカード。

 

 だが遊戯が呼び出すモンスターは狙ったようにどれも1500以下の攻撃力だ。

 

 しかし実際には遊戯は完全にデプレの伏せカードを見抜いている訳ではない。

 

 より攻撃力の高いモンスターの召喚を直感的に避けているだけだ。

 

「さらに《翻弄するエルフの剣士》を召喚!」

 

 お馴染みの遊戯のデッキの切り込み隊長のエルフの剣士の1人が剣を構える。

 

《翻弄するエルフの剣士》

星4 地属性 戦士族

攻1400 守1200

 

 これで遊戯のフィールドのモンスターは5体、数の上ではデプレの4体のモンスターを上回る。

 

「魔法カード《渾身の一撃》を《岩石の番兵》を対象に発動!!」

 

 《岩石の番兵》の2本の剣に薄っすらと光が灯る。

 

「最後に装備魔法《レインボー・ヴェール》を《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》に装備!」

 

 その丸みを帯びた《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》の身体に虹の光が宿る。

 

「《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》を攻撃表示に変更してバトルだ!!」

 

 先ほどまで警戒するように伏せていた身体を起こす《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》。

 

「《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》で《ゼータ・レティキュラント》を攻撃!」

 

 両の手を広げながら獣染みた様相で《ゼータ・レティキュラント》に突き進む《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》。

 

「……返り討ちにしろ……」

 

 《ゼータ・レティキュラント》は口からレーザーを放つが被弾しようとも《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》の歩みは止まらない。

 

 そしてその磁石の爪が《ゼータ・レティキュラント》に届き傷をつけるが《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》の胴体に《ゼータ・レティキュラント》に爪が深々と突き刺さっていた。

 

「ぐぅっ!」

 

 爆散する《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》の余波を受ける遊戯。

 

遊戯LP:1000 → 100

 

「……何を……狙っているかは知らんが無駄死に――」

 

 デプレのその言葉は最後まで続けられなかった。

 

 その目に映るのは煙のように消えていく《ゼータ・レティキュラント》の姿。

 

「……これは……一体……」

 

 デプレに浮かんだ疑問に答えるように遊戯は拳を握る。

 

「フィールド魔法《マグネット・フィールド》の効果さ――1ターンに1度、俺の地属性・岩石族モンスターの戦闘で相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に手札に戻す!」

 

 爆散した《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》の最後の足掻きはフィールド魔法《マグネット・フィールド》によって増幅され、《ゼータ・レティキュラント》に確かな一撃となって届いていた。

 

「俺のカードたちの一撃は無駄なんかじゃない! そしてモンスターが減ったことで合計レベルもダウン! 《ザ・カリキュレーター》はその影響を受けるぜ!」

 

 拳を握り《電磁石の戦士β(エレクトロマグネット・ウォリアー・ベータ)》の健闘を称える遊戯の言葉に気圧されるように《ザ・カリキュレーター》は後退る。

 

《ザ・カリキュレーター》

攻12300 → 攻10200

 

「……だが……その効果は1ターンに1度のみ……ここから……どうするつもりだ……」

 

「勿論攻撃あるのみさ! 《岩石の番兵》で《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》を攻撃!!」

 

 《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》の剛腕が《岩石の番兵》を捉えるが、その剣で辛うじて受け止める《岩石の番兵》。

 

 ならばと更に力を込める《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》だが《岩石の番兵》はビクともしない。

 

「……どうした……ラディアン!!」

 

「無駄だ! 魔法カード《渾身の一撃》を受けたモンスターの戦闘でのお互いのダメージは0! 戦闘破壊もされない!」

 

 そのデプレの言葉に遊戯はそう返し、握りこぶしを握って《岩石の番兵》の背を押す様に言葉を続ける。

 

「さらにこのターンその効果を受けたモンスターとバトルした相手モンスターをダメージ計算後に破壊する! 《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》を破壊!!」

 

 そして《岩石の番兵》のもう一つ剣の一撃が《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》の身体の中央の白い宝玉に突き刺さる。

 

 すると突如として苦悶の声を上げて《多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン》の身体は崩れていった。

 

「これでまた《ザ・カリキュレーター》のパワーはダウン!!」

 

 確実に減っていく己が攻撃力に《ザ・カリキュレーター》は不安げだ。

 

《ザ・カリキュレーター》

攻10200 → 攻8100

 

「次だ! 《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》で《グリード・クエーサー》に攻撃!」

 

「……なら……今度こそ返り討ちにしろ……《グリード・クエーサー》!! ……プロミネンス・ナパーム!!」

 

 《グリード・クエーサー》の腹の大口から《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》を葬った業火球が放たれる。

 

 しかしその拳を突き出し、虹の光を推進力として炎の中を突き進む《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》の勢いは全く衰えない。

 

「……その装備魔法の……効果か!!」

 

「その通りだ! 装備魔法《レインボー・ヴェール》を装備したモンスターがバトルするとき! そのバトルの間そのモンスターの効果を無効にする!」

 

 そして《グリード・クエーサー》に虹の光を纏い激突する《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》。

 

「よって《グリード・クエーサー》はその力を失う!!」

 

 その激突の均衡は一瞬。

 

《グリード・クエーサー》

攻7000 → 攻 0

 

 力を失い攻撃能力を失った《グリード・クエーサー》はその巨体を虹の弾丸と化した《電磁石の戦士γ(エレクトロマグネット・ウォリアー・ガンマ)》に貫かれた。

 

 

 怨嗟の雄叫び上げながら沈む《グリード・クエーサー》。

 

「ぐぅうう!!」

 

デプレLP:3000 → 2200

 

「これでさらに《ザ・カリキュレーター》のパワーはダウン!!」

 

 かつては1万を超えた攻撃力も《ザ・カリキュレーター》だけとなれば見る影もない。

 

 しかし《ザ・カリキュレーター》は周囲を見やることがやめられない――もはや誰も味方はいないというのに。

 

《ザ・カリキュレーター》

攻8100 → 攻600

 

「《磁石の戦士α(マグネット・ウォリアー・アルファ)》で《ザ・カリキュレーター》を攻撃! マグネットソード!!」

 

 恐怖に腰の引けた《ザ・カリキュレーター》は《磁石の戦士α(マグネット・ウォリアー・アルファ)》の剣撃に倒れ、その剣撃の余波がデプレを襲う。

 

デプレLP:2200 → 1400

 

「……こ、これが……武藤 遊戯の――」

 

 圧倒的に己が有利だった盤面を覆した遊戯の姿にデプレは思わず言葉を零す。

 

「《翻弄するエルフの剣士》でダイレクトアタック!!」

 

 そのデプレに《翻弄するエルフの剣士》の上段に構えられた剣が止めとして振り下ろされた。

 

「ぐぉおおおおおお!!」

 

デプレLP:1400 → 0

 

 

 

 

 





今作のデプレのデッキは

「宇宙『壊獣』をムシャムシャする」デッキ



しかしダイジェスト版のくせにこの長さ……丸々1話って(ダイジェスト版の意味って……)

信じられるか? このデュエル……当初は2話構成だったんだぜ?(よって負担は半分?)

やっぱり手札枚数の計算なしは負担が減るなぁ……(社畜感)


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。