ISアドベンチャー 聖騎士伝説   作:イナビカリ

103 / 122
第099話:鉄拳断罪!起死回生の一打!!

 

 

千冬(平行)

「今度は向こうが姿を変えた!?」

 

「【Xモード】…【ジエスモン】もXデジモンになれたんだ…」

 

 地上では【インペリアルドラモン】に続いて姿を変えた【ジエスモン】を全員が目を見開いていた

 特に平行世界の面々は立て続けに起こる出来事に既に混乱し始めていた

 

千冬

「だが【Xモード】を使ったという事は奴はそれだけ厄介な相手という事になるぞ…」

 

クロエ

「そうですね…太一様がアレを使われた以上【メタモルモン】は…いえ、【インペリアルドラモン】は束様の仰る通り魔王クラスのデジモンという事になりますね…」

 

全員

「………」

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

太一

「ハァッ!!!」

 

 ガキン!カキン!ジャリン!ギャリン!

 

 太一は【メタモルモン】と切り結ぶが【Xモード】となった事で盛り返していった

 

メタモルモン

『破壊!破壊ィィィィィッ!』

 

 次第に押され始める【メタモルモン】

 だが、太一の猛攻はこれで終わりでは無かった

 

太一

アウスジェネリクス!!!

 

 太一は【ジエスモン】の能力を一時的に何倍にも引き上げる強化技《アウスジェネリクス》を発動させた

 さらに今の【ジエスモン】は強化形態の【Xモード】となっているので《アウスジェネリクス》の効果と合わせて今の【ジエスモン】は…

 

太一

「ハアアアアアアァァァァァァァッ!!!」

 

 ズガガガガガガガッ!ズシャッ!バキィンッ!ドゴォォォンッ!

 

 【インペリアルドラモン】となった【メタモルモン】を完全に圧倒していた

 

メタモルモン

『ギッ!?ギギギギッ!?』

 

 一気に追い詰められた【メタモルモン】は焦りの声を上げる

 太一の激しい攻撃に【メタモルモン】は変身して回復を行う隙も無かった

 そこに…

 

太一

シュベルトフリューゲル!!!

 

メタモルモン

『!?』

 

 ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザシュッ!!!

 

 太一は全身にある無数の件を射出し、両腕の大剣で同時に斬りかかる技《シュベルトフリューゲル》で滅多切りにした

 

メタモルモン

『ギギャアアアアアアアァァァァァァァァァッ!!!』

 

 《シュベルトフリューゲル》の息をも吐かせぬ連撃に【メタモルモン】は苦悶の声を上げる

 全身を切り刻まれた【メタモルモン】は…

 

メタモルモン

『ギッ…ギギッ…ポジトロンレーザー!!

 

 ドドドドドドドドドドドドドドッ!!!

 

 《ポジトロンレーザー》を乱射し弾幕を張る事で太一から離れる事に成功した

 距離を取った【メタモルモン】だが、他のデジモンに変身はせず…

 

 ガキョン!!

 

 右腕の《ポジトロンレーザー》を切り離すと両腕で構えた

 その体勢を見て…

 

太一

「《ギガデス》か!?」

 

 【メタモルモン】が何をする気なのかすぐに気付いた

 【メタモルモン】が使おうとしているのは【インペリアルドラモン:ファイターモード】最強の必殺技

 着弾すればありとあらゆる物質を消滅させる滅びの光…《ギガデス》だった

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

「マズい!!《ギガデス》だ!?」

 

全員

「《ギガデス》!?」

 

 地上でも束が《ギガデス》の事に気付いた

 

「皆!!巻き込まれないように伏せて!!!」

 

千冬

「待て束!!《ギガデス》とは一体なんだ!?」

 

「《ギガデス》は空間さえ消滅させる【インペリアルドラモン】最大の必殺技だよ!!!」

 

全員

「何いいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!」

 

 空間さえ消滅させる…

 束から《ギガデス》について搔い摘んで説明を受けると全員が驚くと同時に慌ててその場に伏せた

 《ギガデス》が発射されれば一体どんな影響が起きるのか想像出来ないからだ

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

太一

「一気に勝負をつける気か…ならば!!!」

 

 《ギガデス》の発射体制に入っている【メタモルモン】に対して太一は…

 

太一

アン・ポア・トゥールス!!!

 

 両腕を広げた

 太一の言葉と同時にタクティカルアームズが切り離され、左右上方と真下にそれぞれ移動した

 そして、分離した3体のタクティカルアームズは互いを光のラインで繋ぎ逆三角形の陣を構築した

 コレが【ジエスモン】の奥の手…

 大地を砕く光の砲撃《アン・ポア・トゥールス》だった

 生前、太一はこの砲撃の余波を喰らって一時期行方不明になった事があった

 【メタモルモン】と同じく太一も《アン・ポア・トゥールス》のチャージを始めた

 互いに必殺の砲撃を放つ為、一瞬だが静寂が辺りを支配した…

 そして…

 

メタモルモン

ギガデス!!!

 

 ドゴォォォォォォォンッ!!!

 

太一

アン・ポア・トゥールス!!!

 

 ドギュゥゥゥゥゥゥンッ!!!

 

 《アン・ポア・トゥールス》と《ギガデス》が発射された

 太一の放った凄まじい光の束と【メタモルモン】の撃った光の球体…

 

 バコオオオオオオオォォォォォォォォォンッ!!!

 

 その二つが中間でぶつかり合った

 

太一

「グググググッ!!!」

 

メタモルモン

『ギギギギギッ!!!』

 

 互いに押し合う二つの光…

 その激突は押し合うだけでなく周囲にも凄まじい衝撃を放っていた

 地上にいる束達は事前に伏せて身構えていたお陰で何とか持ち堪えているがそれでも衝撃が強すぎて飛ばされないように必死に地面にしがみついていた

 そして…

 

太一

「オオオオオオオォォォォォッ!!!」

 

 カッ!!

 

 ズドオオオオオオオオォォォォォォォォォォンッ!!!

 

 均衡していた二つの光が限界を迎え巨大な爆発を起こした

 爆発は今まで以上の衝撃を生み出し、地上で踏ん張っていた束達は勿論吹っ飛ばされた

 太一と【メタモルモン】も地上の人達ほどではないが同様に飛ばされた

 そして、爆発の光が消えると《アン・ポア・トゥールス》と《ギガデス》の激突した場所を中心に球体状に消滅していた

 海面もすり鉢状に消えており、暫くして海面は元に戻った

 

メタモルモン

『ギ…ギギ…』

 

 吹き飛ばされた【メタモルモン】はこれ以上ダメージを受けた【インペリアルドラモン】では戦闘継続は無理と判断し、別のデジモンに変身してダメージを回復させようとした

 だが…

 

太一

「ハアアアアアアァァァァァァァッ!!!」

 

メタモルモン

『ギ!?』

 

 先に体勢を立て直した太一が既に【メタモルモン】に肉薄していた

 太一は巨大な腕となっているタクティカルアームズを自分の腕に覆うように装着するとそのまま振りかぶった

 

メタモルモン

『ギギッ!?』

 

 急いで変身しようとする【メタモルモン】だが既に遅かった

 そして…

 

太一

鉄拳断罪!!!

 

 ドゴオオオオオオオオォォォォォォォォォォンッ!!!

 

 巨大な両腕が【メタモルモン】の頭に振り下ろされた…

 

 




 <予告>

 太一の一撃によりコピー能力を失ったメタモルモン

 だが、メタモルモンの変身はまだ失われてはいなかった

 無事だったメモリ能力を使ってメタモルモンは最後の切り札へと変身する

 それはかつてオメガモンとインペリアルドラモンすら圧倒したデジモン

 だが、コピー能力を警戒する必要の無くなった太一もまた相棒を伝説の炎の竜へと進化させる

 今ここに、2体の超究極体デジモンが激突する



 次回!!

 ISアドベンチャー 聖騎士伝説

 超獣大激突!!炎の究極竜(エンシェントグレイモン)VS破滅の超獣(アーマゲモン)

 今、冒険が進化する!


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。