ISアドベンチャー 聖騎士伝説   作:イナビカリ

94 / 121
お気に入りが1500を超えました♪

皆さんありがとうございます♪


第090話:世界の違い:恋愛編

 

 

箒(平行)

「………」

 

 言い合いをしている2人の姉の姿を箒(平行)は何も言えず見ていた

 同じ世界の姉は完全に身内贔屓で行動しているのに対し、別世界の姉は身内だからと贔屓などせずに妹ではなく一個人として見て判断し行動していた…

 普通に考えればこちら側の束の方が人としては正しい行動を取っているのだが箒(平行)にはそちらの束の味方が出来なかった

 もし、そうすれば箒(平行)は【紅椿】を失ってしまう可能性があるからだった

 だからと言って同じ世界の束の味方をすれば鈴や束に言われた『非常識な恥晒しの人間』だと自ら認めてしまうからだった

 その板挟みとなった箒(平行)は何も言えなかった

 そんな時…

 

「そう言えばさ…アンタ達に一つ聞きたい事があるんだけど?」

 

 鈴が一夏達(平行)に話しかけて来た

 

鈴(平行)

「何?」

 

「うん…っと、その前に…そっちの一夏(平行)は少し離れてて。」

 

一夏(平行)

「え!?何でだよ!?」

 

「男のアンタには聞かれたくないのよ。それともあんたにはデリカシーってものが無いの?」

 

一夏(平行)

「うっ!?…そう言う事なら…分かった…」

 

女性陣(平行)

「………」

 

 男には聞かれたくないと言う鈴の理由に一夏(平行)は納得したのかその場を離れた

 だが、残った女性陣(平行)は今の鈴の態度に違和感を感じていた

 

「さて、アイツもいなくなった事だし単刀直入に聞くわよ?アンタ達さ、アイツの事が好きなの?」

 

女性陣(平行)

「!?」///

 

 鈴のその質問に5人は一斉に顔を赤くした

 それは鈴の問いが当たっているという事だった

 

「そう…(やっぱりか…箒(平行)なら分かるけどまさか私(平行)やセシリア達(平行)までとはね…あ~…ホント、見てて気持ち悪い…)」

 

 一方で鈴は自分の予想が的中していたと分かり、更に気分を悪くしていた

 すると…

 

鈴(平行)

「じゃ、じゃあさ?アンタはどうなの?」

 

「私?」

 

鈴(平行)

「そうよ!そっちのアンタは一夏の事が「興味無いわ。」…え?」

 

 平行世界の鈴の同じ質問に鈴は即答した

 だが、鈴のその答えに平行世界の5人は固まってしまった

 

シャルロット(平行)

「今、何て?一夏の事が…」

 

「聞こえなかった?『興味が無い』って言ったのよ。私は織斑一夏に何の関心も無いの。」

 

鈴(平行)

「か、関心が無いって…何で…だって、アンタも私なら…」

 

「そうよ、アイツが初恋の相手よ…忌々しい事にね!!」

 

箒(平行)

「い、忌々しいだと!?」

 

「ええ、私の人生最大の汚点よ!!大失敗よ!!あんな男に惚れるなんて男を見る眼が無い自分に腹が立つ!!情けなくて涙が出て来るわ!!!」

 

女性陣(平行)

「………」

 

 一夏に対して徹底的に悪態を吐く鈴に5人は言葉を失った

 それはとても鈴の口から出るような言葉では無かったからだ

 

「アンタ達が誰を好きになろうと勝手だけどいつまでも『夢』ばかり見てない方がいいわよ。少なくとも私は現実を知って夢から覚めたわ。」

 

セシリア(平行)

「ゆ、夢ですって!?わたくし達の想いが夢だって言うんですか!?」

 

「ええ、夢よ夢、アイツに惚れるなんて『悪夢』としか言いようが無いわね。」

 

ラウラ(平行)

「あ、悪夢だと!?なら悪夢から覚めた結果が今の答えだと言うのか!?」

 

「そうよ、私はもうあの男に対して何とも思ってない。あんな『顔と口先だけしか取り柄の無い男』がどうなろうと知った事じゃないわ。」

 

箒(平行)

「か、顔と口先だけだと!?一夏がそれしか取り柄の無い奴だと言うのか!!」

 

「少なくともこっちのアイツはそうよ。だから私はアイツの事なんてどうでもいい。何処で何をしていようと死のうと生きようとどうでもいい存在なのよアイツは。」

 

セシリア

「し、死んでいても気にも留めないと言うんですか!?悲しむ事すらしないと言うんですか!?」

 

「ええ…『無関心』…それが私の織斑一夏に対する今の気持ちよ。」

 

鈴(平行)

「無関心!?(それって好きどころか嫌いですら無いって事じゃない!?)」

 

「それから一つ言っておくとこっちのセシリアとラウラ、シャルロットは初めからアイツに恋愛感情なんて持って無いわよ。シャルロットはあの法螺吹き男の口車に乗る所だったから危なかったけどね。」

 

シャルロット(平行)

「口車?何の事?」

 

「アンタの家の事情よ。アイツ、アンタの事を知って『自分に任せろ』とかほざいたらしいけど実際は問題を先送りにしただけで何も考えてなかったのよ。」

 

シャルロット(平行)

「先送り…それって…(なんだろ…この先を聞いたら駄目な気が…)」

 

 シャルロット(平行)は鈴の話から嫌な予感がしてきた

 だが、すでに遅かった

 

「特記事項21条よ。あの男、()()()()()()()()()校則一つでアンタが守れると思ってたらしいわ。」

 

シャルロット(平行)

「や、役に立たない!?な、何で…」

 

「…アンタも気づいてなかったの?アレって『自分の国の命令』には意味が無いのよ?特に代表候補生の肩書きを持ってる奴には何の役にも立たないのよ?」

 

シャルロット

「!?」

 

「それにあの校則を盾にするって事はアンタをIS学園に3年間監禁するって事になるのよ?」

 

シャルロット(平行)

「か、監禁!?」

 

「少し考えれば分かる事でしょ?そんな事も分からなかったの?」

 

シャルロット(平行)

(そんな…それじゃあ僕は…学園にいても安全でも何でも無いって事じゃないか…)

 

 シャルロット(平行)の予感通りだった

 鈴から聞かされた話は自分がとても危険な状況だと再認識させられたのだった

 

「まあ、こっちはそうなる前に太一が何とかしたけどね。」

 

シャルロット(平行)

「…え?何とかした?ど、どうやって!?」

 

「デュノア社を篠ノ之博士のスポンサーにしたのよ。男女両方使えるISが完成した時の販売元にする為にね。量産型の第3世代の設計図を取引内容にして契約を持ちかせたそうよ。向こうのアンタの父親も喜んで受けたそうよ。」

 

シャルロット(平行)

「し、篠ノ之博士を動かした!?」

 

「そうよ。そう言う訳で向こうのアンタはあの男に靡く事は無かったってわけ。まあ、こっちはアレを見る限り私達の世界と同じ方法は取れないでしょうね。」

 

 鈴はそう言って未だにこちら側の束と口論している平行世界の束を見た

 聞こえてくる会話から太一の取った方法は使えないのは一目瞭然だった

 

「それから言っとくけど、太一は別にあんたの為にやった訳じゃ無いわよ。」

 

シャルロット(平行)

「…え?」

 

「太一は世界を滅ぼさない為の方法としてデュノア社を利用しただけよ。アンタが助かったのはそのついででしか無いのよ。」

 

シャルロット(平行)

「ついで…僕は…ついででしかなかったの…」

 

「そうよ、だから太一に知恵を借りようなんて考えない事ね。それにさっきも言ったけどこっちとそっちじゃ状況が大きく違うわ。特に篠ノ之博士の存在が大きく違うから流石の太一でも無理よ。あれは博士が味方である事が前提の方法だからね。」

 

シャルロット(平行)

「………」

 

 シャルロット(平行)は何も言えなかった

 自分の現状を何とかしたと言う太一に頼もうと考えたがそれも鈴から無理だと否定された

 この方法は鈴の言う通り束が味方である事が大前提で出来た荒業なのだ

 そして、鈴は向こうのシャルロットの話を切り上げると…

 

「そう言う訳であの3人は私と違ってあの口先だけの男に引っかからなかったのよ。」

 

箒(平行)

「な、なら…私は?」

 

「さあ?アンタとは仲がいい訳じゃ無いから私と同じで手遅れって事しか知らないわね。まあ、アイツの事だからまだ惚れてるんじゃないの?こっちのアンタって独占欲の塊みたいな奴だからね。こっちとしてもあんな男願い下げだから別にいいけど。」

 

女性陣(平行)

「………」

 

 一夏に対して更にボロクソに言う鈴に平行世界の5人の怒りが次第に高まって行った

 だが、その時…

 

 コチン!

 

「アタッ!?」

 

 鈴を後ろから誰かが小突いた

 

「誰よ!ってアルファ!?」

 

 それはアルファことマドカだった

 

マドカ

「言い過ぎだぞ!」

 

「…だって…」

 

マドカ

「お前の気持ちも分かるが夢を夢のままにするのか、現実にするのかはその人の気持ちと努力次第じゃないのか?」

 

「それは分かってるわよ!!でもアイツに関してはどんなに努力しても全部『無駄』に終わるじゃない!!実りもしない努力がどれだけ『惨め』になると思ってるのよ!!」

 

女性陣(平行)

「無駄…惨め…」

 

マドカ

「それでもだ!所詮私達は余所者だ!自分の同一の存在に自分と同じ思いをして欲しくない気持ちは分かるがやり過ぎだ!!」

 

 鈴がここまでハッキリと自分の経験を平行世界の自分達に言ったのはこれが理由だった

 自分と同じ思いをして欲しくないと言う気持ちからだった

 

「………分かったわよ…ゴメン…言い過ぎたわ…アンタ達の気持ちが通じるといいわね…」

 

女性陣(平行)

「………」

 

 マドカに言われ鈴は謝るが、あれだけ自分達の思い人を貶された後では謝られても彼女達の怒りが収まる筈なかった

 5人が鈴を睨みつけていると…

 

束(平行)

「だったらそっちのISと勝負だ!!!」

 

全員

「…へ?」

 

 口喧嘩をしていた2人の束の方からそんな声が聞こえた…

 

 




 <予告>

 何故か模擬戦をする事になってしまった2つの世界の面々

 互いの世界の実力を見極める為、誰を出すのか話し合う

 太一達側から出るのは?



 次回!!

 ISアドベンチャー 聖騎士伝説

 それぞれの代表者

 今、冒険が進化する!


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。