どうも三國志のシーラカンスです   作:呉蘭も良い
<< 前の話 次の話 >>

11 / 67
覇王様が突撃です。


突撃!隣の覇王様

なんかあからさまにヤバイ奴が来たな。

 

それが俺のドクロの少女に対する第一印象だった。

 

しかもこの少女はかなりのお嬢様なのだろう。

護衛らしき美少女が二人もついている。

 

一人はおでこが素敵な長い黒髪のオールバックでアホ毛が可愛い。

もう一人は水色の髪で右目が隠れるヘアースタイル。

ねぇそれ右目見えてんの?

 

この二人は多分冥琳達とそんなに年齢が変わらないだろう。

 

俺はとりあえず何事も無いかのように、接客してみる事にした。

 

「いらっしゃいませ。 お客様の仰る通り、私が当店の店主を勤めております、廖 元倹と申します。」

 

「店主?……へぇ。 それは初耳だわ。」

 

と言う事は、やっぱり書物関連の奴か。

はぁ、嫌だな~。何か怖いな~。(稲○風)

 

「質問する事が増えたわね。 まぁいいわ。 まずは最初の用件から尋ねましょう。」

 

そう言ってドクロの少女が出したのは名君論だった。

 

「この書は貴方が書いた物で良いかしら?」

 

……まじで気づく奴いたのかよ。

ご、誤魔化さねば。

 

「はっはっはっ、私はしがない店主ですよ? そんな大それた物を書ける訳が無いじゃないですか?」

 

「貴様! 誤魔化すな!」

 

ちょっと恐いよ、オデコちゃん。

 

「落ち着きなさい、春蘭。……まずは確認をしましょうか。」

 

その言い方だと俺が犯人で貴女が探偵なんですが?

 

「貴方はこれまでも数々の書を出しているわね? ……秋蘭。」

 

「はっ。」

 

そう言って水色ちゃんが取り出したのは俺の著者名が書かれた、俺が今までに出した小説だった。

 

「貴方はそもそも書物の作者でしょう?」

 

うむ、想定通りだ。

 

「……えぇ、まぁ。 しかし私は目立つのを好みませんので、公表は控えさせて頂いてます。 ですがだからと言って、その書物とは関係ありませんよ? そもそもその書物の発信地は揚州ではありませんか。」

 

「えぇ、そうね。 細かい表現方法や、章の作り方等、同一の人物と思われる所もあるけど、決定的な証拠にはならないわね。」

 

ふっ、勝った。

その通りだ。証拠を出せ、証拠を。

 

「けれど貴方の義姉と呼ばれる、楊 威方には既に確認が取れているわ。」

 

姉さーーーーーん!!!

や、野郎、俺を裏切りやがった!

あんたが気を付けろとか言ってた癖に、あんたがばらしてるじゃねーか!

 

それにしてもこいつ、……推理ゲームかと思わせといて、こんなん只の確認ゲームじゃないか!

 

「これで認めるかしら?」

 

「……それを口にする事は出来ませんが、……私は名君論に“詳しい”ので質問にはお答えさせて頂きます。」

 

「貴様! 潔く認めろ!」

 

それは出来ないんだオデコちゃん。

 

「良いのよ春蘭。」

 

「しかし、華琳様…。」

 

「この書の内容は捉え方によっては、漢王朝への批判とも取られかねないわ。……真意はどうあれ、著者である事を認めないのは当然の事なのよ。」

 

そう言う事だ。

それがわかっていながら、何故俺を追い詰めた?

嫌がらせ?

 

「それと勘違いしてる様なので説明すると、楊 威方は今までの書物の著者が貴方である事は認めても、名君論に関しては何も明言していないわ。」

 

こっ、こいつ、会話の中で俺にミスリードを仕掛けてやがった。

ニヤニヤしやがって、……化け物が。

 

っていうか、すまない姉さん。

あんたが俺を裏切るはず無かった。

あんたを信じきれなかった俺が馬鹿だった。

 

くそっ、どれもこれも冥琳が悪い! 陸遜が悪い!

 

「……場所を変えて話をさせて下さい。」

 

もう良い。

とうにでもなーれー。

 

 

_____

 

 

とりあえず数少ない個室のグループ席に少女一行を案内して、いざ話を切りだそうとした所で、雇っている店員が俺の所に来た。

 

「お話の最中に申し訳ありません店長。 公瑾様と伯符様がお見えになられました。 なんでも詫びに来たとか…。」

 

やった! 冥琳来た! これで勝つる。

 

「直ぐにここに通してくれ。」

 

ナイスタイミングだ冥琳。

詫びと言うなら後は全部お前に丸投げさせて貰うぜ。

 

「申し訳無い。 今私の友人が店に来たのですが、その友人は名君論に“詳しい”のです。 恐らく貴女の希望に沿うかと思われるので、ここに招待させて頂きます。」

 

「へぇ、そう。……貴方よりも“詳しい”のかしら?」

 

「同等であるかと。」

 

言外にもう一人の作者が来たから呼んだぜ? って言ったのがきちんと通じて良かった。

まぁ、この少女になら通じると思ったから言った訳だが。

 

コンコン

 

「公瑾様と伯符様をお連れしました。」

 

「入ってくれ。」

 

頼むよ冥琳。後はお前が頼りだ。

そして雪蓮さん、あんたは何で来たの?

 

「失礼する。」

 

「どうもー。」

 

「よく来てくれた。 冥琳、雪蓮。」

 

「うっわ、蒼夜が歓迎してくれるなんて……どしたの?」

 

なんっつー事を人前で言うんだ。

俺は何時も歓迎……してないな。

 

「……どうやら間が悪い時に来たようだな。」

 

何言ってるの、今までで一番最高だよ。

 

「さて改めまして、この方が私の友で、私と同等に名君論に“詳しい”、周 公瑾です。 隣にいるのがそのご友人の孫 伯符です。」

 

「……なんですって?」

 

おっほー。 俺から一気に視線が冥琳と雪蓮に移った。

いいぞ。もっとだ。

 

「……そう言う事か。……はぁ。 今紹介にあった、周 公瑾だ。 よろしく頼む。」

 

「なんかよくわからないけど、よろしくね?」

 

理解力が高くて無駄な説明をしなくて済むから助かるぜ、冥琳。

雪蓮、お前は帰れ。

 

「まさかこんな所で、美周郎と江東の虎の娘に会えるとはね。 廖 元倹に会いに来たつもりが、それと同等以上の人物に会えるとは、……遠出はしてみるものね。」

 

こんな所で悪かったな。

それと、俺がこいつらと同等な訳無いだろうが。

 

「まだ私も名乗っていないからちょうど良いわね。」

 

そう言えばまだ聞いて無いな。

でもどうせ有名人でしょ? 知ってる、知ってる。

もうこの二人で慣れたよ。

 

「私の姓は(そう)、名が(そう)、字が孟徳(もうとく)よ。 よろしく頼むわ、周 公瑾、孫 伯符。 そして、廖 元倹。」

 

「ヒェッ」

 

「どうした蒼夜?」

 

「……なんでも無い。ちょっとしゃっくりしただけ。」

 

ヤバイ。

ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ!

 

「貴女達も挨拶なさい。」

 

「はっ! 私は姓は夏候(かこう)、名は(とん)、字が元譲(げんじょう)。 ここに居られる曹 孟徳様一の家臣だ。」

 

「同じく、姓は夏候(かこう)、名は(えん)、字は妙才(みょうさい)だ。 よろしく頼む。」

 

………。(白目)

パクパク

 

「ほぅ。……洛陽北部尉官の曹 孟徳に、それに付き従う夏候姉妹か。 聞いた事あるな。」

 

「ふふっ。 無論私達も貴女達の事は知っているわ。」

 

「私も聞いた事ある。 確か、元譲ちゃんは強いんだよね?」

 

「あぁ! 私は華琳様の剣だからな!」

 

「姉者、ここは店の中だ。 もう少し静かに。」

 

………。

 

「ちょっと、皆様のお飲み物をお持ち致しますので、席を外します。」

 

 

_____

 

 

事案発生

俺の店で赤壁勃発

 

うぉーい!!! 曹操かよ!!!

何でこのタイミング!?

 

冥琳と雪蓮も、間が悪いってレベルじゃねーぞ!

 

頼むよー。 もう勘弁してくれよー。

俺の胃に火計仕掛けるの止めろよ。

胃炎になっちゃうだろ。

 

……帰りたい。

姉さんの邪気の無い笑顔が恋しい。

助けてあねえもん。

 

あー気が重い。

 

_____

 

 

かなり時間をかけてお茶を入れた俺は、戻って来て驚いた。

 

「へぇ、それで名君論が出来上がったのね?」

 

「あぁ、だが結局見ての通り雪蓮には意味が無く、無駄に蒼夜に借りを作ってしまった。」

 

「成る程。 元倹殿は意図して名君論を世に出した訳では無いのか。」

 

 

 

 

「ねぇ元譲ちゃん、後でちょっと死合わない?」

 

「む? 私は構わんが、華琳様の赦し許しが必要だ。 まぁ華琳様は寛大なお方なので赦してくれると思うがな。 後ちゃん付けは止めろ。」

 

キャッキャッウフフ

 

あんれー?

何このムード?

 

意外とこいつらって気が合うの?

 




という事で小さくても頭脳は大人、名探偵カリンの回でした。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。