どうも三國志のシーラカンスです   作:呉蘭も良い
<< 前の話 次の話 >>

54 / 91
少々短いですが、呉ルートverです。
ちなみ作者は恐らく主人公よりもルート選択に葛藤がありました。

半分は本編と同じ流用物です


if 蒼き夜の日、友遠方より来る

物語、三国志の始まりは何時か?

 

諸説あるのかもしれないが、そう問われたら真っ先に出てくるのは黄巾党の反乱ではないだろうか?

 

実際の所、もし黄巾党の大規模な反乱が無ければ宮中のいざこざもそんなに激化しなかった可能性は無いだろうか?

 

大将軍の何進と十常侍の政戦だけで済み、董卓が都入り等せず、時代が進み、曹操や袁昭と言った有名所の人物がいずれは宮中の高位官僚として政治を立て直す事はあり得なかったのか?

 

……実際の所は解らない。

 

俺はいくらか三国志に詳しいと言っても、それはあくまで物語として、登場する人物や戦いの内容を知っているだけで、その時代の詳しい背景なんかを知っている訳ではない。

 

故に、三国志の始まりは?

と、問われたら、黄巾党が現れてから、としか答えられない。

 

つまり、黄巾党が現れたら三国志が、……三国を築く英雄達がこの戦乱を切っ掛けに大いに飛躍し、戦乱が激化していくと思っている。

 

……そしてこの世界。

三国志に良く似ているこの世界で、ついに、……小規模ながら黄巾を纏った賊の噂が流れ始めた。

 

まだ全然見向きもされない小さな話だが、南陽で小さな邑が襲われたらしい。

 

結局そいつらは直ぐに討伐されたらしいが、黄巾を身につけていた、という話を聞いた瞬間に俺は背筋が凍った。

 

……いつかこうなるだろうと思っていたとは言え、実際来ると中々にキツい。

 

もう時間が無い所ではない。

……タイムリミットはもう越えてしまった。

 

 

_____

 

 

その日の夜、俺は一人山に来ていた。

俺が普段から修行をしている山の中腹に、昔建てた小屋があるので、そこの広場で一人、夜空を眺めながら酒を飲んでいた。

 

……今日の夜空は雲一つ無く美しく、星や月が明るく輝いており、天の川がくっきり見えて、まるで、……蒼い夜の様だった。

 

「なーに、一人で黄昏てるの?」

 

「……別に、これからの事を考えてただけ」

 

……どこからともなく声が聞こえて来た。

……よーく知ってる声だ。

 

「ふーん?……それで?」

 

「いやぁ、世が乱れるなぁ、って」

 

全く、何処から嗅ぎ付けたのか、一人になりたかったんだけどねぇ。

 

「……そうね。 で? どうするつもり?」

 

「……どうも。 何すりゃ良いか解らねぇや」

 

……俺が一人ならどうしてたかね。

あるいは隠れてたかもな。

 

でも今更他の連中放ってそんな事する訳にもいかないし。

 

「乱世は嫌いなの?」

 

「あぁ、嫌だな。 嘆き、悲しみ、殺し、殺され、……あほくせぇ、好きな奴の理由が解らねぇよ。 俺はただ、今と変わらない生活が出来ればそれで良かったんだけどな」

 

……こんな風に、自然を肴に友人と一杯出来るだけで俺は充分だ。

 

「……けど、そうも言ってられない。 遠からずこの先は必ず乱れるわ」

 

「……だな。 だからこうして物思いに耽ってる訳だし」

 

俺には何も出来ん。

乱世は始まるし、家族を関わらせないのも無理。

友人は寧ろこれを好機と捉えているのかな?

 

「……私はね、そんな世から呉の家族を守りたいの」

 

「……」

 

……大切なものを守るのは難しい。

きっと誰だってそうしたい。

 

「……母様だったらきっと守りきる。 ううん、これを機会に更に孫家の領地を増やして大陸を制覇し、争いを無くす。……だったら私だってやってみせる」

 

「……アホか、どうやるってんだよ」

 

そんなん出来たら誰も苦労しねぇよ。

 

「それは解らないわ」

 

「はぁ?」

 

こんのど阿呆。

 

「冥琳が居るんだもの、どうにかなるわ」

 

「……冥琳が不憫で仕方ねぇよ」

 

ほんとに、……このど阿呆。

 

「蒼夜も手伝って?」

 

「……あぁ、良いよ」

 

俺がそう言うと、雪蓮は柔らかく微笑んだ。

 

……いつかこうなるんじゃないかと予想した時があった。

 

俺は雪蓮に正式に孫家に仕える様にお願いされたら断る事が出来るか?

 

……最初から答えは決まっていた。

出来る訳が無い。

 

今まで、俺達の関係が近すぎて、改まってそういう事を言ったりする事が出来なかっただけだ。

寧ろ敢えてその話題を遠ざけていた節すらある。

 

だから改まって言われると、断る選択肢なんて無い。

 

 

_____

 

 

「そんで? お前何でここに居んの?」

 

さっきまで普通に話してたけど、おかしいからね?

いつ襄陽に来たんだよ。

 

「あは♪ 蒼夜が作ったっていう護衛隊が建業に来たのよ。 それで冥琳に内緒で抜けて来ちゃった」

 

……はぁ。

護衛隊の面々と来たのか。

 

「……お前、呉の太守が何してんだよ」

 

「大丈夫、大丈夫。 ちゃんと書き置きはして来たし、それに蒼夜も悪いのよ? 最近全然来なかったじゃない?」

 

おい、俺のせいにすんじゃねぇよ。

 

「……お前、俺が臣下になったらそんな事絶対にもうさせねぇかんな?……マジで蓮華様に家督譲っちまえよ」

 

「えー?……前から思ってたけど蒼夜ってさぁ、やれ蓮華に家督を譲れだの、当主交代しろだの言うけどさぁ、……そうした所で私の仕事なくならないでしょ?」

 

……。

 

「……まぁ確かに」

 

「じゃあ意味無いじゃないのよぉー!」

 

う、うーむ、そうなんだけど、なんだろう?

この釈然としない感じは。

 

「と。とにかく、俺の前でサボりなんて絶対に許さないからな!」

 

「ふっふっふっ、解ってない様ね蒼夜。 貴方はもう客将ではなく正式な部下。……ふふん、主命よ、見逃しなさい」

 

「絶対に嫌ですクソ当主」

 

却下に決まってんだろ、アホかこいつ?

……アホだったな。

 

「なんでよー? 主命よ? しゅ・め・い」

 

「おぅ、反乱起こしたり、離反したりして良いならそれも認めてやらぁ」

 

「いや、間違ってもそんな事認めないわよ。 ってかそんな君主の脅しかたってあり? 絶対に臣下の態度じゃないわよねそれ?」

 

「ばっかお前、めっちゃお前の為を思って行動してる半端無い忠臣だろ俺」

 

っべぇわ~、俺マジ忠臣過ぎっしょ!

これもう冥琳から誉められるレベルっしょ!

 

「……蒼夜を臣下にするのは間違えたかしら?」

 

「おぅ、俺も色々後悔しそうだわ」

 

早くも既に頭痛いからね?

 




未だにどちらが良かったのか解らないのです。

一応は魏ルートで進めるつもりですが、中々納得のいかない方も多い様ですしね。
慰み程度ですが、これで暫く勘弁して下さい。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。